森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

大学時代映画研究部に入っていた事もあって、80年代の映画はかなりの数観た自負があります。今の時代ほどミニシアターがあったわけではないので、マイナーな映画は広島や大阪まで観に行っていました。最大で年間400本近い映画を観ました(当時は3本立て興行もありました)が、その中でもっとも私の心を震わせてくれた映画、『ストリート・オブ・ファイヤー』!もしもっと早く10代の頃にこの映画に出会っていたら、映画の道(裏方)に本気で進もうと思ったかもしれないマイフェイバリィット・ムービー。★★★★★★

あのお堅いキネマ旬報の読者ランキングでもベストワンに選ばれたほど多くの世代に支持され、何度もテレビでも放送しているので今更ストーリーを説明するまでもないと思います。勿論DVDも持っていて、文字通り擦り切れるまで何度も何度も繰り返し観ました。独身時代の一時は朝、ダイアン・エレン扮するエレン・エイムがライブで『Nowhere Fast 』を熱唱する場面を観てから気合を入れて出社していたこともありました。もう何度観ても何度観ても飽きることがないぐらい大好き!

<ロックンロールの寓話>いう文字がワイプで吹き飛ぶオープニングから心奪われます。監督は、ドリー・スコットと並んで大好きなウォルター・ヒル。この作品の後、『クロスロード』や『ダブルボーダー』といった男くさいアクション映画を連発して我々を熱狂させてくれました。主演のマイケル・パレは久々に現れた正統派アクションスターと騒がれたものの、その後はパッとしませんでした(個人的には「フィラデルフィア計画」をモチーフに造られた『フィラデルフィア・エクスペリメント』が印象に残っているぐらい。横道に逸れますが、この映画のモチーフとなった「フィラデルフィア計画」にはとってもとても興味があって避けては通れないので、ムー世代としてはまた別の項でこの話については触れたいと思います)。敵役はウィレム・デフォーも独特の風貌でこれで一気に有名になって、その2年後の『プラトーン』でアカデミー助演男優賞 ノミネート されスターダムを突き進むことになりました。

もうひとりに主演、ダイアン・レインは子役上がりで名作『リトルロマンス』で人気が出て、80年代にかの巨人フランシス・コッポラ(また横道に逸れそうになる~!我慢)が世に送り出した『アウトサイダー』、『ランブルフィッシュ』などのヤングアダルトムービーで当時人気絶頂であったマット・ディロン、ラルフ・マッチオ、ロブ・ロウトム・クルーズも出ていましたが当時はまだ影が薄かった)らと共演して大人気でしたが、私はダイアン・レインは『ストリート・オブ・ファイヤー』に尽きると断言する!




相変わらずの告知忘れですが、まだ8月中に何回か再放送があるということで今更ですが告知というかテレビでの同級生トーク。愛媛県西予市のケーブルテレビでの話ですが、『そら豆のきもち』という番組で、その番組のパーソナリティを務めているのが、同郷で中学・高校と同級生だった清家ユカリさん。清家ユカリさんは学生時代からギターを弾き語る才媛でした。音痴でまったく楽器など演奏できない私にとっては羨ましい限りでしたが、まさか学校を卒業して数十年後にこういう形でつながる事になろうとは。

ユカリさんとは以前にも、愛媛県伊予市双海町の喫茶『Ledru  Rollin378(ルドリュロラン)』さんにて、『森のかけら 音のかけら』と題したコラボ・イベントを開催させていただきましたし、今回撮影場所となった宇和町のギャラリー喫茶・池田屋さんでも2013年にデザイナーの上田球乃さんと一緒に展示会を開催させていただきました。ユカリさんは、『FMがいや』でも『yukariのon time cafe』という番組のパーソナリティを務めていて、歌った喋れるスーパー主婦!何かに打ち込んでいる人はいつまでも若い!

30分番組という事だったので、ガッツリ商品PRしようと思っていたら、番組の趣旨は「ひととなり」なので、商売っ気の強いPRはダメと釘を刺されました。しかも専門的な木の話も趣旨にそぐわないという事で、自社商品もダメ、木や森の話もダメとなると、戦う前から必殺の武器を封じられてしまいました。今までいろいろなメディアの取材を受けてきましたが、それらはすべて『ちょっと変わった無謀な材木屋』という部分にスポットライトを当ててもらった企画だったので戦い方も心得たものでしたが今回は勝手が違う!

しかしそこは相手が同級生という事で、リラックスしてお話させていただきました。どういう話からでも最終的に木か山の話に導いていくという『材木屋の悲しい性(さが)の話術がどっぷりと身についていて、もう少し話していたら木に繋がりそうでしてが、ユカリちゃんにうまく誘導され、信じられないくらいの脱ビジネストークになってしまい、果たしてそれが面白いのかどうかは甚だ疑問ですが・・・。リクエスト曲に選んだのは谷村新司の『青年の樹』とサイモン & ガーファンクルの『スカボロー・フェア』。

トークと音楽番組という事でしたので、自分の趣味と結びついた曲がいいかなと思い選んだ2曲。『スカボロー・フェア』は初めて買った洋楽のレコード。映画『卒業』でこの曲を知って本格的に映画が好きになりました。『青年の樹』は社会人になって右も左も分からない若い頃に何度も何度も聴いてサビの言葉を心に刻んで魂を震わせていました。「今をのがせば夢などに若さをかける時は二度とない若かったあの頃よりも今の方がこの言葉が心に沁みてきます。今でも「今をのがせば夢などにすべてをかける時は二度とない」心境。お陰で久しぶりに懐かしい日々の事を思い出しました。夢は未だ醒めず。

 

 

 

 




アカデミー賞といえば、今年は辻一弘さんがゲイリー・オールドマンをチャーチル化けさせて、見事に日本初の「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」を受賞(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)しましたが、特殊メイクも新素材の開発や技術の進歩とCGの多用で何がメイクで何が虚像なのか判断も出来ません。こういう技法はあくまでも物語を構築する補助的なものなので、裏事情は知らなくてもいいと思うのですが、『シェイプオブウォーター』の半魚人は着ぐるみで味わいがあります。

ところでアマゾンの半魚人といえば有名なのが、1950年代に作られたモノクロ映画『大アマゾンの半魚人』(Creature from the Black Lagoon)。私も作品そのものは観たことがありませんが、そのキャラクター造形は見事で、半魚人というもののイメージを決定付け、その後の半魚人キャラの造形に多大な影響を与えました。半魚人って実際に見たこともないけど、きっとこんなだよね。もうこれでいいんじゃね~と思わせるほどの説得力に満ちたデザイン。その後多少のアレンジはあれどほぼこれが半魚人のアイコンとなっています。

製作されてかれこれ60年以上経っても色あせないデザインというのは相当なもの。そのデザインについても、水の中で自由に泳げる手ヒレや足ヒレ、エラ呼吸できる大きなエラ、体全身を覆う鱗と、マストアイテムをしっかり取り込みかつ不要な装飾無しのシンプルさ。勿論着ぐるみですが、技術があるがゆえに下手にチャラチャラ余計なモノを足してしまって素材がぼけてしまう昨今のやり過ぎのモンスターデザインには見習って欲しい。ゴジラだって、着ぐるみだけど第一作のあの雰囲気が好きっていうファンは多いですしね。

キャラクターのデザインに限らず、弊社でも木の新商品を作る際にはなるべくシンプルなモノ、なるべく素材の良さを邪魔しない控えめなデザインになるように心がけているつもりなのですが、ついつい不安になって作り込んでしまうのでいつも反省しています。きっとあと一歩というところがくどくなっていて、付け足さないぐらいでちょうどいいんだと思います。ロゴも飾りっ気も一切ない丸いだけのイチョウのまな板を作らせていただいた時、あまりにシンプル過ぎて実はかなり不安がありました。

ところが蓋を開けてみれば、そのシンプルさが受けて大人気商品となり、短期間で累計で100枚を超えるヒット商品となりました。そこには勿論、商品そのものの力だけではなく食生活からライフスタイルまでを提案するBRIDGE大塚加奈子さん、まなべ商店真鍋久美さん、ご両人の魅力あってこそなのですが、まさかただのまるいだけのまな板がこれほど売れるとは驚き以外のなにものでもありません。あまりの販売力の凄まじさに弊社のイチョウも遂に底をついてしまい、素材の入荷待ちとなっている状況。シンプルというデザイン。




この数日間、映画『シェイプオブウォーター』の事について書いてきましたが、本日は久し振りに木の話。この映画に登場する半魚人は、アマゾン川にいて、現地の人々から神のように崇められていたという設定でしたが、私は行ったことがないもののアマゾンにだったらこういう異形なるモノがいたって不思議ではないと思ってしまうほどに、アマゾンは大きくて深い(聞いた話ですが)。今の若い人だとアマゾンと聞くと、ネットのAmazonをイメージするでしょうが、昭和40年代男子は仮面ライダー・アマゾン

あの迷彩色のボディスーツにアマゾンの大密林を重ね合わせた小学生たちは数多い。そしてアマゾンの恐ろしさ、奥深さを頭に叩き込まれたのです。またあるいは久米明の重厚なナレーションが懐かしい「すばらしい世界旅行」。いずれにせよ、行ったこともない異国のブラジルに流れる巨大な川と、野生の動物たちが暮らす鬱蒼として広大なジャングルに我々の心は鷲掴みされ、いまだに人の目に触れることのない未確認生物がいたとしてもなんらおかしくないという確信が根付いたままに大人になっていったのです。

それから数十年、まさか自分がそのアマゾンから運ばれてくる木を買ったり売ったりするようになろうとは青天の霹靂。今弊社ではアメリカをはじめ沢山の国で採れた木を取り扱っています。『世界中の木を見てみたい、触ってみたい』という好奇心が、世界の国の木を手掛けるようになった理由ですが、なかでもとりわけ行ってみたいのがアフリカとアマゾン。リアル生物が苦手で暑さにも弱い者としては、どちらもかなり厳しい環境ではありますが、死ぬまでに、いやこの仕事をしている間に一度は行ってみたい場所。

今日もウッドデッキの注文が入り、アマゾン産の『マニルカラ』を動かしていたら、やっぱりこの木が実際に立っている場所でその姿を見ておかないと、簡単に曲がりがダメとか、反っていないモノを持ってこいという声に対して説得力のある言葉が出ない。資料や情報はあるので、言葉の上だけでならどうでも説明はできるものの、あの場所で生きてきたこの木に対してそれではあまりにも言葉が軽いのです。ボタン一つで届かないモノの中にこそ本当の価値がある。まずはリアル生物に馴れることから始めようかしら。




くどいですが本日も『シェイプオブウォーター』の話。軍の機密機関「航空宇宙研究センター」にやって来たエリート軍人(マイケル・シャノン)の描写が思いっきりタランティーノ風で、意味ありげなアメリカンジョークや偏執狂的なところは狙っている確信犯のようにも思えました。またソ連の科学者のソ連での名前がディミトリというのは、明らかに『博士の異常な異常』へのオマージュでしょう。工作の内容を確認させるために何度も「いいか、ディミトリ」と繰り返すあたりも遊んでいらっしゃる。

『博士の異常な愛情』は、言わずと知れた巨匠・スタンリー・キューブリックの傑作SF映画で、サブタイトルは『または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(原題はDr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)。タイトルがすべてを言い合わらしていますが、米軍の頭のいかれた反共の将軍が勝手にソ連への核攻撃を命令したことで始まる米ソの核戦争の恐怖をシニカルに描いたブラックユーモア。名優ピーター・セラーズの一人三役の怪演が素晴らしい!

その中で核戦争を回避しようとアメリカ大統領に扮するピーター・セラーズが、ソ連の大統領ディミトリに電話で必死に呼びかけます。「いいか、ディミトリ」、「分かるかい、ディミトリ」。本作では肝心のソ連首相は酔っぱらっているという設定で、ピーセラが気を揉んで名前を連呼するのですが、思えば冷戦時代の当時、アメリカにとってソ連はまさに意思の通じぬ異形なる存在であったのでしょう。結局その呼びかけも狂気の前に意味をなさなくなるのですが、『シェイプオブウォーター』でも悲劇は起こります。

ただしキューブリックの方が皮肉たっぷりに、クレイジーで形なる者たちの不条理な争いの果ての絶望を示唆しているのに対して、デル・トロは最後に異形なる者たちにも彼らが生きる舞台を用意しています。そこがこの作品に希望を与えていて、大人のメルヘンへとなっているのです。デル・トロの映画に登場するのは、『異形なるモノ』ばかりですが、その異形なるモノたちは、それゆえに逞しく優しい。故郷のアマゾン川まで無事に戻っていけたかどうかが心配。あ、もしやそこが続編への示唆だったりして?!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up