森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

最近は出張した場合、時間がある時には城に行くことが多いのですが、今年は正月から国宝・彦根城から始まって安土城、尼崎城と城にご縁があります。ということで試合開始までの空いた時間に丸亀城に行くことに。今まで丸亀城は下から見上げたことしかありませんでしたが、ここは江戸時代から天守が現存する12城のうちのひとつで、いつか行ってみたいと思っていました。ちなみその12城のうち四国には4城があります(松山城、宇和島城、高知城)。定かではありませんが日本にはかつて城と呼べるものが25,000以上もあったそうです。


実際に城内に足を踏み入れたのは今回が初めてなのですが、丸亀城はある歌のお陰で昔から意識していました。それが、さだまさしさんの『城のある町』という曲。いつものように情景が浮かび上がるような歌詞で、丸亀城の四季が生き生きと描写されています。その中に『坂道』という言葉が繰り返さし使われています。「城のある町で生まれたから悲しいときこそ坂道のぼれ 二の丸越しに明日が見える石垣の向こうにすぐ春が来る♬」丸亀城だけでなく団扇讃岐富士、金毘羅など地元の名産品や地名が盛り込まれていますがこの曲は丸亀市制施工100周年を記念して作られました。

実際に歩いてみると想像以上の急傾斜に息が切れる!この傾斜を支えるのが『扇の勾配』とも形容される美しい曲線美を誇る石垣です。松山城の石垣にも『扇の勾配』が取り入れられていて、石垣の曲線は見慣れていますが凛とした格が漂います。その石垣の一部が2018年の西日本豪雨の影響で大規模に崩落。修復には10年かかるともいわれていますが、最近自然災害の規模も大きくなっていて、こういう歴史的な建築物ってどこまで(いつまで)守っていけるのだろうと考えます。換金できない歴史という価値とつきあいには相応の覚悟が必要だという事はこの後、天守で実感します。明日に続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up