森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨年から取り組んでいたある商品が完成しました。この数年、行政関係の仕事をさせていただく際に担当者の方が口を揃えておっしゃるのが「愛媛県産の木」というキーワード。またこれは大いにイメージ的な意味合いもあるでしょうが、「森の多様性」という言葉。ならば愛媛県産で多様な木を使えば条件を満たすではないかという事で、作り出すことにしたのが愛媛県産の広葉樹のみを使ったモザイクボード!長い準備期間を経て本日遂にその完成品が手元に!材はすべて弊社で用意し、荒加工までして県外の集成材工場で加工してもらっています。

愛媛県産の木を使うというと多くの人は、生産量が全国でも有数のヒノキスギをイメージされるかもしれませんが、私は生来のひねくれ者ゆえそんな誰にでも出来る事なんてしません。しかもスポットライトを浴びる機会の多い針葉樹は使いません。愛媛県産の広葉樹だけでそんなに樹種が揃うの?と思われるかもしれませんが、そこは『都市林業』で集めて来た蓄積あります。モザイクボードであれば大きくて長い材は必要ありません。まさに多彩な木が揃う『都市林業』にとっては絶好の出口でもあります。

しっかりと梱包されて届けられるので、本来はまだ開封する予定ではなかったのですが、初の試みである愛媛広葉樹限定モザイクボードの仕上がりが気になったのでスタッフと共にご開帳~!県産材のみという事で、ブビンガパープルハートみたいな刺激的な色合いの木は入っていませんが、あえて筋や色染み、色ムラ、小節なども大胆に取り込みましたので結構メリハリの効いた仕上がりになっていると自画自賛。まだまだ県産広葉樹って確保するのが難しいので、今回はトライアルで2000×500㎜サイズを10数枚のみ作っただけで量産化はもう少し先の話。

今回使用したのは、ヤマザクラトウネズミモチ、ハマセンダン、クスノキミズナラ、アラカシ、エノキ、カゴノキ、モミジバフウセンダン、シウリザクラ、ユリノキヤマグワホルトノキムクノキクロガネモチなどなど。すべて愛媛県内で伐採した木です。ただしすべての板にこれらの木が均等にバランスよく入っているというわけではなくて多少の樹種の偏りはあります。近日販売予定ですが「吾輩は愛媛県産広葉樹限定モザイクボードである。名前はまだない。」状態ですので、名称と価格決まれば改めてご紹介致します。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up