森のかけら | 大五木材

 

 

今日のかけら 番外篇E025 

【アセビ/馬酔木】

Olive wood 

ツツジ科アセビ属・広葉樹・兵庫県産 

学名:Pieris japonica subsp. japonica

 

馬酔木の枝に引き結ぶ行方知れずの毒りんご①

 

『アセビ(馬酔木)』、私がこの不思議な名前を持つ木の事を初めて知ったのは、確か中学生の頃だったと思います。その当時、発表されたさだまさしさんの『夢供養』というアルバムに収められた曲『まほろば』の中でこの木の名前が出てきます。シングルカットされた曲でもないし、メロディもその木同様に地味なのでファン方以外知らないと思うのですが、中学性の頃の私の感性はさだまさしさんの繊細で抒情的な文学的歌詞世界に支配されていて、この難解な歌詞にも心奪われたのです。

2 余談ながらこのアルバムに入っている『パンプキン・パイとシナモン・ティー』という曲は、なかなか好きな彼女に告白できない奥手の喫茶店のマスターの恋を、学校をサボっては店にやって来る高校生たちが成就させようとする内容ですが、その喫茶店名「安眠(あみん)」は、後に岡村孝子が自分のユニット名に使った事で有名です。話を戻しますが、その頃にツチノコやネッシー、雪男などのUMA(未確認生物)や超古代文明などの何度目かのブームが起きていました。

超古代文明といえば欠かせないのが邪馬台国。卑弥呼率いるその王国がどこにあったのかという事は昔から大きな論争でしたが、盲目の古代歴史研究家・宮崎康平氏が出版された『まぼろしの邪馬台国』により、日本中で邪馬台国ブームが起こり、1980年に加筆出版されたことで再燃。宮崎康平さんが長崎出身で、さだ氏の父親と古くからの友人だったという事もあってこの曲が出来たそうです。全盲の宮崎さんを支えた和子さんの生涯は、後に竹中直人と吉永小百合主演で映画化されました。 3

4 ちなみに宮崎さんはさだ氏にとって師のような存在でもあったようで、かのヒット曲『関白宣言』のモデルとなったのが宮崎さんであるというのは有名な話。さて、その曲のタイトルにもなった『まほろば』とは、古事記にも登場する古語で、素晴らしい場所とか住みやすい場所を意味するもので、日本の国土やそこに暮らす日本人を讃えた言葉です。タイトルが表わす通り、曲のリズム歌詞も世界観が独特でどことなくエキゾチック。文学者でもあり詩人でもあり師でもある宮崎氏をして、「さだは自分を超えた」とまで言わしめたほど完成度の高い歌詞ですが、同時に「聴き手がついてこれなくなるから、これ以上難しい曲は書くな」との忠告を受けたほど解釈の難しい内容で、私などはなっから意味を探る事を放棄していました。

当時は意味を考えるよりも、短い体言止めを多用した詩的でリズミカルは言葉に感銘を受けていました。後に言葉の意味を考えるようになると、これは本来地理感の無い人間には見えてこない景色であり、アセビ(馬酔木)という木の事や古事記などの古い日本の文学的な知識も知っていなければ、言葉遊びともいえる巧みなロジックや謎かけにすら気がつかない難度の高い詞であることにも気づき、呆然とさせられるのです。では明日はそんなアセビという木についてのお話です。 5

馬酔木の枝に引き結ぶ行方知れずの毒りんご②

1. 今日のかけら, 森のりんご
本日は歌や文学的世界にも登場するアセビ(馬酔木)という木について。『まほろば』という曲で存在を知ったアセビですが、若い頃は実際にその姿を見たこともありませんでしたし、私にとっては曲の世界の中でしか興味の対象としかなりえませんでした。それは木を取り扱う仕事に就いても同様で、建築材としてほぼ無縁のアセビは、その姿はおろか名前すら木材市場で聞く事はありませんでしたので、(住宅や家具などの)木の仕事には無関係な木という印象でしかなかったからです。

改めてアセビの森の写真とかみれば、太陽の光を遮りその曲がりくねった樹形はいかにも魔女の出てきそうな妖しい雰囲気があります。昼さえ薄暗いアセビの森、夜になってフクロウの鳴き声でも聞えた日には・・・。アセビの材の出口については後述するものの、この光景って何かに似ていると考えていたら、ティム・バートンがやサム・ライミの描く映画の世界に出てきそうな悪魔の森へいざなう異空間。そういう映画のロケ地として招致すれば意外と使えたりするのでは?!

さて、見ようと思わなけば、その木が目の前にあっても気づかないものです。曲のイメージから、てっきり奈良の辺りに生育する特殊な木とばかり思っていて、山に入るようになっても愛媛の山にあるアセビの存在はまったく見えていませんでした。アセビは、温帯中部以下の山地に広く分布する常緑の中~低木で、四国では標高標高1000m以下で多く出現するようです。春から初夏にかけて釣鐘形の小さな白い花が穂になって垂れ下がり、満開時にはまるで枝に雪が積もったように見えるほど白い花で包まれます。

この木の枝葉には、アセボトキシンという動物の神経や呼吸中枢を麻痺させる有毒成分が含まれていて、牛や馬、鹿などの大型生物でもこれを食すると酔ったように足がふらつき、足が痺れて動けなくなってしまう。そのため鹿などの草食動物はアセビを嫌うので、鹿の多い場所ではアセビが群生することがあるようです。しかし鹿はそれをどうして知っているのか?匂いなどから危険性を知るのか?万葉の時代から日本にあったわけですから、遺伝的に情報が継承されているのでしょうか?

いずれにせよ馬(鹿)が食べると酔ってしまうから、馬が酔う木で馬酔木(アセビ)。あるいは、酔って足が痺れる事から足痺れの木が縮まってアセビになったとも言われていますが、いずれにしてもその漢字が表わす通り、この木の持つ有毒性を如実に表現したうまいネーミングであることに違いはありません。名前の由来としてはこの他にも、『シキミ』同様に「悪(あ)しき実」から来ている説や、果実が割れる事から「はぜ実」から来ているというのもありますが、ちょっとパンチがないなあ・・・続く。

馬酔木の枝に引き結ぶ行方知れずの毒りんご③

1. 今日のかけら, 森のりんご

今日も『アセビ(馬酔木)』の話の続き。そのアセビですが、愛媛県内ではいろいろな方言名で呼ばれることもあり、アシビ、アセブ、ウマヨイギ、ドクギ、ドクシバなどがあります。アシビは古名の名残りかアセビの音便(語が連接する時、発音しやすい別の音に変わる現象)。アセブは久万高原町や旧面河、九柳谷などで使われる方言名ですが、「アセブ谷」という地名も残っていますので、アセビの群生があった場所だと思われます。しかもその場所からは縄文後期の遺跡も発掘されています。 20150518 1

20150518 2 ウマヨイギは馬酔木の訓読み。ドクギは有毒性を示したもの。このアセビ谷に関わらず、アセビの名前がつく地名は方言名を含めると北は青森から近畿・紀伊半島を経て、中国、四国まで全国各地に多く残っています。万葉の古き時代から日本全国に分布しながらも、ほぼアセビかアシビ、アセボ、アセモなど大きな変化が見られないという事は、余程その毒性が認知されていたという事なのかもしれません。各地で鹿や馬が誤飲して痺れたのか、その逸話だけが各地に伝えられたのか・・・。

アセビはツツジ科の植物ですが、ツツジ科にはアセビに限らず有毒植物が多くあります。例えば『アザレア』(別名、西洋ツツジ、オランダツツジ)は、葉に含まれるグラヤノトキシンやロードヤポニンという成分により、嘔吐、下痢、痙攣、昏睡などを引き起こし、摂取量が多いと死に至る場合もあることから猫に危険な有毒生物として知られているし、『レンゲツツジ』㊨は『羊躑躅(ようてきちょく)』という漢字が表わす通り、 羊がその葉茎を食べると立ち止まりうづくまるほど有毒。 20150518 3

20150518 4
のように有毒植物として知られるアセビですが、扱い方次第では毒も薬になるということで、実は日本人は古来よりこのアセビの毒性を利用してきました。アセビの葉を煮て、その煮汁を牛や馬にたかる虱(シラミ)などの殺虫剤としたり、汲み取り式の和式便所に入れて(あるいは枝葉ごといれた)蛆殺しとしたり、大根などの野菜の害虫駆除にも使われてきたのです。また材は、皮付きのまま床柱にされたり、ろくろ細工や寄木細工、櫛、薪炭などにも用いられてきました。更に明日に続く。

 馬酔木の枝に引き結ぶ行方知れずの毒りんご④

1. 今日のかけら, 森のりんご

昨日ご紹介したように、強い毒性を持つアセビの葉や枝は虱(シラミ)退治や蛆(ウジ)殺しなどとしても利用されるます。その毒性は鹿さえもその葉を食することを避けるほど。繁殖力の強いアセビは、天敵すらいない地域で圧倒的な存在感を示し、アセビの群生が現われる事になります。成長してもせいぜい4m程度にしかならないため、用材としても人気が薄く、定まった『出口』が無い事から伐採も進みません。付近の木々が鹿などに喰い尽くされる中、アセビだけがやたら繁茂するというバランスを逸した森が各地で出現。 41

実は全国各地で同様の事態が発生しており問題となっています。新芽が出るたびに鹿に食べられ次世代の幼樹が育たず、アセビなど有毒植物だけが繁殖した偏った森をどうにか出来ないものか、という事で密生したアセビを伐採することで針葉樹や広葉樹の成長を促し、自然植生を回復させるという取組が行われています。神戸の六甲山でもアセビの大繁殖が問題となりその伐採が進められているのですが、伐採後の使い道を拡げられないだろうかという事で、巡り巡って私の元にやって来たアセビの木。

材木屋として日々木に触れて担いで接していると、木が決して温かみがあって優しいものだと感じられない事は多々あります。アフリカのマメ科の木が足先に落ちて文字通り血豆が出来る事などしょっちゅうですし、ラワンをはじめとする東南アジア系の針のような鋭利なそげらが爪の間に刺さって地獄の苦しみを味わったり、モアビの粉塵を嗅げば一日中その鼻と喉が痛痒くなります。他にも糞尿臭のある木粉塵が喉を襲う木、尋常じゃないぐらい重い木思わぬところに潜むヤニの襲撃等々・・・。 20150519 3

20150519 4 まあそのほとんどがこちらの注意不足と慣れによる取扱いの作法怠慢が原因なので、木が悪いわけではないものの、そういうアクシデントに見舞われた時は、『木の神さまが怒っていらっしゃる』と素直に反省することにしています。ただし、私を傷つけた端材は【森のかけら】に使ってやらずに焼却炉に放り込むという陰湿な仕返しをするのです!?。それはともかく、優しいばかりが美しいばかりが木ではありません。使いにくいとか、毒があるからといってもそれはあくまで木の個性

アセビの木を加工したのは初めてでしたが、径は大きなモノでも150〜160㎜前後、曲がりくねった樹形なので短かくカットしても丸味が付いてしまいます。材は緻密で結構な硬さがありましたが、青染みが全体に広がっていたり、虫穴や節があったりで、やはり用材としては気軽に扱えるというものではないようです。この六甲山のアセビの詳しい出自についてはまた後日詳しく触れますが、こういう木と対峙すると俄然燃えてきます。誰も手を出さないなら私が・・・危険な香り?!

 

馬酔木の枝に引き結ぶ行方知れずの毒りんご⑤

1. 今日のかけら, 森のりんご

私にとって『毒のある木』というのは、日本におよそ1500もあるといわれる木の中でも非常に強く自己主張を発揮する個性に思えます。ならばその毒を否定して商品開発をするのではなく、堂々と毒性を押し出した商品を作ろう!という事で、作り上げたのが『森の毒りんご』です。スペックは従来の『森のりんご』と同じなのですが、毒性植物であるという事を全面に押し出すためにパッケージも一新。森のめぐみがいつも優しいなんて思ったら大間違いあなたの知らないもうひとつの森。 20150520 1

20150520 2 毒があるといっても触る事すらNGというわけではありません。あのハゼノキだって、その『かけら』すら触るのを躊躇する人がいますが、それで肌がかぶれるのなら私はとんでもない事になっています。しっかり乾かせば触っても問題ありません。アセビの毒を含む部位は、全株、葉、樹皮、花枝葉に含まれるという事ですが、いくら触ってもこのりんごを食べたり齧ったりしなければ問題ありません。ですが敢えて毒性を強くアピールするために、『R-18』と表示。

『R-18』というレーティングは、映画ファンなら残酷描写の激しいホラー映画などでお馴染みでしょうが、『18歳未満の未成年者が購入するには不適切』という意味です。実際には18歳未満の木材マニアにも販売しますが、森は決して人間が完璧にコントロール出来て安心・安全なものだけではなく、取り扱いを誤れば大怪我したり痛い目にもあうぞという戒めを含め、大人だろうと購入するならばその覚悟を持ってほしいという思いを込めたものです。台紙も少女漫画ホラー風に。 20150520 3

これらは、『森のりんご』からスピンオフした『森の毒りんご』として、今後『ハゼノキ』や『イチョウ』、『キョウチクトウ』など毒の成分を含む樹も登場させてシリーズ化していくつもりです。これが売れて原料となるアセビの伐採が進むようにとの思いも込めてなるべく安く抑えてみました。¥3,240(本体¥3,000+税)です。世の中、毒にも薬にもならない存在なんてつまんないなんて考えていて遊び心と毒っ気のあるおとなの方、お待ちしています!ひひひ・・・




Archive

Calendar

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031