森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

欲望の脳内在庫

20151021 1好奇心旺盛の私は、趣味と実益を兼ねて国内外のさまざまな木を集めておりますが、すこしずつつまみ食いするレベルで、それぞれの木が大量にストックされているわけではありません。例えばひとつの樹種をとってみても、長さ、幅、厚み、耳の有無、節の有無、杢目、木柄、産地、それだけでも無数の組み合わせがあって、全部揃えようなんて考えるなんて狂気の沙汰。またそうなったらそうなったで、すべてを味わい尽くすなんて事もできなくなるので、身の丈に合った在庫で愉しむに限る

 

20151021 2 小さな弊社の倉庫の中にもいろいろな広葉樹が所せまいと並べてありますが、同じ樹種は同じスペースで管理したいものの、長さや幅、厚み、そして重さなどの問題から、全部が全部まとめて管理する事は出来ません。なので、枠材とか棚板を全部同じ樹種で揃えるとかなると、台帳を片手に、あれはどこに置いたか、どの木の下に並べたかと、大捜査が始まります。特にあと1枚とかが足りない時って、確かあそこに残っていたはず・・・と記憶を手掛かりに板をめくって担いで奥へ、下へ・・・。

 

20151021 3先日も『オニグルミ』が必要になって捜索が始まったのですが、台帳にも記憶の隅にも確かに倉庫のどこかに3mのオニグルミが残っている(た)はずなのに、どうしても見つけられず。かなり雑多に置いているように見えても、大体の見当をつけて置き分けているので、どこに何があるのかおおよそのイメージはあるものの、お客さんが木を見に来られたら必要以上に材を引っ張り出して並べたりして、出す時は勢いもあってかなり重たい気も無理してでも引っ張り出すものの、商談が終わるとトーンダウン。

 

20151021 4特に重たい板をもう一度元の場所に担いでいくには、モチベーションが上がらないことが多く、入口付近にそのままにしておいて、またお客さんが来られると同じような事を繰り返すため、木の下に埋没してしまう事態に陥ります。結局その時はオニグルミを見つけることが出来ず・・・。消えてしまう事はないので、使って(売って)しまったのに、記録のつけ忘れたのか、まだ残っていてほしいという欲望が強すぎて、脳内イメージで勝手に在庫にしてしまっていたのかも、脳内在庫




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Scroll Up