森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。
時の皇太子・劉拠に対する謀反に加わったとして捕らえられ、獄中で刑の執行を待つ身だった同じ境遇で友人の任安に対して、「腐刑」という汚辱を甘受したわが身の心境を綴ったものでした。自分には父親から厳命されていた史記の編纂という大仕事があったので、屈辱的な罪を受けようとも生きてその仕事を成就させなればならなかったという苦しい心の内を吐露した言葉だったそうです。それが年月ともに曲解されて、司馬遷の忠義を称えた言葉として伝わったというのが真相らしい。
本来の意味がタイサンボクの苗に影響を与えたかどうかは定かではありませんが、当のタイサンボクにしてみればそんな話知ったこっちゃないという事でしょう。しかし言葉でその木のイメージが形作られていくことってあるので、本来の意味を知ると複雑な思い。まあこの場合は、曲解された「義のために命をすてることは少しも惜しくない」という思いを込めて名前に使われたと考えたほうがよさそうです。そういう名前のタイサンボクですが、折角手に入ったのだから骨までしゃぶって使わせてもらわねば申し訳ない。
森のかけら』には取れないサイズの小さなものも出来る限り耳を落として製材しました最終的は「ストラップ」という最小サイズの出口がありますので、そこに使おうと思っているのですが、それならストラップも400種類作ってみたい・・・メインの木取り(森のかけら)で十分元が取れるのだから、端の端まで使い倒そうなんて欲の皮の突っ張ったことをいいなさんなとよく言われます。そうですが、そこは、『(骨までしゃぶり尽くしてこそ材木屋の使命と考える)義は泰山より重し。泰山木は重し(生木だからね)。』

大振りで立派な花と樹形から文字通り「大きな山のような木」という意味を込めて『大山木』と書いてタイサンボクと読ませることもあります。大山の木、大山と言えば・・・そう、わが愛する阪神タイガースの4番大山悠輔選手!で妄想で『阪神タイガースの5かけら』を考えてた際に、選手、選手、選手、タイガーウッドらと共にどうしても持っておきたかった樹種でした。これで虎と木にちなんだ『虎の5かけら』のご用命いつでもお受けできますのでご安心下さい阪神球団様!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up