森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

先日、カスケードについて触れましたが、その言葉を書くたびに気になる事があって、それがパニック映画などでよく舞台となる悪名高き「サンアンドレアス断層(San Andreas Fault)」!ダグラスファー(ベイマツ)の産地でもあるカスケード山脈は、このサンアンドレアス断層の太平洋プレート側に位置しています。この断層はアメリカ太平洋岸のカリフォルニア州南部から西部にかけて約800マイル(約1300km)にわたって続く巨大な断層で、映画ではこの断層が原因で大地震が起きるという設定で度々登場します。

はっきりと「サンアンドレアス断層」という言葉が出たので覚えているのは、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが主演の『カリフォルニア・ダウン』。断層のズレから起きた大地震は、ゴールデンゲートブリッジやフーバーダムを決壊させていきます。この2つの巨大構造物はカリフォルニアで発生した大地震の脅威を示す象徴のごとく常に破壊されていきます。昔の映画だと名優チャールトン・ヘストン主演の『大地震』もロサンゼルスが舞台となっていたのでこの断層が原因だったかも。

古代マヤ文明の終末予言が現実のものとなる映画『2012』も確かカリフォルニアで発生した地震が世界中に広がっていく設定だと思います。こうした映画のお蔭で行った事も無いのに、おおよその置関係を覚えたりしました。ゴールデンゲートブリッジはリブートされた『猿の惑星: 創世記』で登場します。猿たちが逃げ込んだのが樹齢1000年を越える巨木が聳えるミューア・ウッズ国定公園。大木越しに金門橋が見えていましたが距離にして20キロ足らずなるほど猿vs人間の争いにも緊張感が生まれる設定だなと。

フーバーダムは『トランスフォーマ―の舞台となったり『カリフォルニア・ダウン』では破壊されますが、日本の大林組が造ったダムが破壊されるのは心苦しい。この巨大ダムはロッキー山脈から流れ出るコロラド川の水をせき止める形で作られた貯水量は約400億トンの巨大ダム。そんな情報が材木屋として何の役に立つのかと思われるかもしれませんが、最近弊社に外国人の方が来られる割合が妙に高くなっていて、施主さんであったり、飛び込みであったり。そんな時こんな情報の1つが遠い世界を繋いでくれることも。

そんな事があるのか?なんて思われるかもしれませんが、実際に今回もクリスの故郷カリフォルニアとダグラスファーが繋がったし、ニュージランド人の方とは故郷の大木カウリの話で盛り上がりました。外国の方に限らず、出身地の事で共通認識できるネタがあれば距離感は急速に縮まります。まあそれが目的というよりは、『森のかけらのそれぞれの生まれ故郷の事も知っておきたいというのが最大の理由。そこに自分の趣味嗜好をどこまで絡ませれるか!興味の無い事はすぐに忘れてしまうもの。好奇心が「森のかけら」をより熟成させる。

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up