森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

過日、大相撲を引退した玉春日関(盾山親方)が弊社に来店されました。玉春日関は西予市野村町の出身で、母校・野村高校の後輩にあたります。野村町は、全国でも唯一プロとアマが真剣勝負する乙亥大相撲が大相撲が有名です。そのため学校や地域でも相撲にとても熱心で、玉春日関は地元の英雄です。野村町出身者としては、ずうっと応援させていただきましたし、松山に住むようになって地元の方と話をするきっかけも玉春日関の勝ち負けが話題で、そいうい意味でも野村町出身者は玉春日関の存在は大きな誇りでした。しかし市町村合併で、大相撲の土俵入りの際の「玉春日~方男波部屋~愛媛県野村町出身~」という口上が響き渡る事もなくなり(西予市出身と呼ばれるようになったので)寂しさを感じていた野村町出身者は多かったはずです。

今回来店されたのは、弊社が毎月発行している「適材適所」の先々月号で、玉春日関の引退の事と大相撲で使う拍子木(大相撲では『き』と呼びます)の事を書いたのでがそれがきっかけでした。この「tr基材適所」は毎月500部ほど郵送でお配りさせていただいているのですが、日頃から付き合いのある㈲中西組の中西龍仁専務(これまた野村高校の後輩)が、これを読んで学校の相撲部の先輩後輩の間柄の玉春日関に見せてくれて、折角なのでということでわざわざ来店いただいたという経緯です。このふたり、実に顔が似ていて兄弟のように見えるのですが(決して悪い意味じゃないですよ!)。そいうい訳で大柄なご一行様がやって来られました。折角なので「森のかけら」の前でパチリ!

 

その時の「適材適所」にも書いたのですが、私も相撲とは浅からぬ関係にあります。相撲熱が盛んで、子供の頃はまわしをつけて相撲も取ったりしましたが、祖父が相撲好きで名前は『国松』。その1字がある横綱・照国のファンだったようで、その偉大な名前にちなんで『照国』と名づけられました。子供の頃はこの大仰な名前がプレシャーでもありましたが、いつしか国を照らすような立派な人間になるように頑張れと、名前が自分を鼓舞してくれるようになりました。まだまだその願いは叶いそうにはありませんが・・・。はからずも時代を超えて、玉春日と照国が競演となった訳です!

しかしなにぶん急なことだったので色紙もなく、苦肉の策で「森のかけら・コースター」の裏にサインをいただきました。そしたらこれが凄くいい感じで、それでまたあることが浮かび上がって現在企画中です。なんでも商売に結びつける貪欲さがなくては、この業界でも金星は挙げられません!

前述した乙亥大相撲では、稚児の土俵入りというのがあり、数年前わが息子も玉春日関に抱いていただきました。大きくなった姿でもツーショットと、息子を探しましたが、こういうときに限って子供は遊びに行っていないものです・・・残念!5月30日には両国国技館で「玉春日引退・盾山襲名の披露大相撲」があるようです。これから第二の人生、現役時代以上に波も嵐もあるでしょうが、現役の実直な渾身の押し相撲同様まっすぐに頑張っていただきたいです。引退してもあなたは郷土の誇りだ!ありがとう玉春日!頑張れ、盾山親方!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Scroll Up