森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20110521 森よ、あれが南海放送ラジオのマイクだ~!①本日南海放送ラジオの『それゆけ!真ちゃん!!』に生放送出演させていただきました。今までにも何度かこちらで収録させていただいた事があるのですが、このスタジオでの収録は初めて。緊張するほどの中身を持ち合わせていませんので、平常心で挑ませていただきます。この番組のプレゼンターのおひとり・下村章子さんは、以前に弊社に来ていただき、『木の玉プール』でお子さんと一緒に遊んでいただいた事もあるとの事。更に、お子さんの通う保育園には『どうぞのいす』があるとの事!

 

20110521 森よ、あれが南海放送ラジオのマイクだ~!②私の愛用軽四トラックには、AMラジオしか掲載されておりませんので、常にラジオは南海放送ラジオさんを愛聴させていただいております。お声を掛けていただいたので決して媚びて言っているのではありません、本当です!なので、プレゼンターの真さんこと、小林真三さんも下村章子さんも日々聞き慣れた親しみのあるお声です。そのお声の持ち主が、目の前にいるかいないかだけの違いで、こちらは勝手に親近感を持たせていただいております。こういうチャンスには、これの出番です!

 

20110521 森よ、あれが南海放送ラジオのマイクだ~!③そう、恒例の桧プレートへのサインです。以前は、『木言葉書』サイズの板にサインしていただていたのですが、最近はこちらにお願いしています。小林画伯には見事な画を描いていただきました。下村さんが描いていただいているように、本日5月20日は『森林の日』なのです。お恥ずかしながら勉強不足で、実は私も知らなかったのですが・・・。漢字の「森林」を分解すると、「木」が5つなので5月、木という漢字の画数が4なので、5×4で20→5月20日に設定されたとの事。

 

20110521 森よ、あれが南海放送ラジオのマイクだ~!④この『それゆけ!真ちゃん!!』という人気番組は、お昼の12時から17時まであるワイドの帯番組なので、番組の進行表もたっぷりあって、打ち合わせも綿密に行われますが、その内容も臨時ニュースや番組の進行に合わせて刻々と変化していきます。目の前で真さん達が「秒単位の打ち合わせ」をされているのを、数十年数百年単位の年輪の木を扱う材木屋が眺めさせていただいております。その数百年の年輪を持つ木の魅力を数秒で伝える事の難しさを、本日もしっかりと胸に刻ませていただきました!真さんの若々しい声と風貌から、実はもっとお若いと思っていたのですが、年齢を訊いてビックリ!常にアンテナの感度を磨かれているお方は、見も心もお若いのでしょう、素晴らしい!お互い強い虎党でもあり、更に以前にも増してファンになりました。放送時間以外でも、木の話をよく訊いていただきました、ほんまにええお方です~!

 

20110521 森よ、あれが南海放送ラジオのマイクだ~!⑤さて肝心の放送の方は、真さんと下村さん、ディレクターの越智康江さんが抜群のタイミングでたくさん絶好球チャンスを投じていただいたにも関わらず、綺麗なセンター前ヒットとはいかず申し訳ありませんでした。思い切りバットは振り抜いたつもりでしたが・・・次回はもう少しうまくバットに当てますので、どうかこれに懲りず、「木材産業」にも光を当てて下さい。視聴率は取れずとも、耳に残る(記録には残らなくても記憶に残る)ような喋りをするという気持ちで頑張ります・・・それじゃあ駄目か・・・。

 

20110521 森よ、あれが南海放送ラジオのマイクだ~!⑥やはり、きちんと言葉として伝える技術が無いと、本当に意味でも『木のファン』を増やす道は遠ございます。私の出番がオフの間は、松本アナ、三瀬雄一さんから『喋りの極意』を教えていただこうとしましたが、またまた一方的に木の事ばかりを語ってしまい反省。しかし誰かが伝えておかねば、スポットライトは彼方に遠ざかります。正攻法でなくとも、どういう形でも「木」や「森」を俎上に乗せなければなりません。三瀬さんには、同郷(野村町)の出身である事を伝え、『森の出口』もまた少し広げれました!

 

20110521 森よ、あれが南海放送ラジオのマイクだ~!⑦何とか無事に放送終了。国際森林年にちなんだ事も話せればよかったのですが、それも後の祭り・・・。明日5月21日は、『翼よ、あれがパリの日だ!』の名言で有名な、大西洋無着陸横断に成功したリドバーグの功績を称えた『リンドバーグ翼の日』でもあります。『国際森林年』という号令だけで一気に森がどうなるものではありません。リンドバーグのように逆境にも屈しない猛き情熱を持って、羽ばたき続けなければならないのです。例え何度噛もうとも、どれ程早口になろうとも、どれほど恥をかこうとも・・・森よ、あれが南海放送ラジオのマイクだ~!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Scroll Up