道傍の甘き李

20160318 1本日は『スモモ(李)』の物語について。中国ではかなり古くから栽培されていたようで、古い諺などにもよく引用されていて、有名なものに「李下に冠を正さず」があります。この場合のスモモは栽培種だと思われますが、諺が出来たのは漢代と言われていますので,既にその時代にはスモモの栽培がされていたことからもスモモと人の付き合いの古さが伺い知れます。霊力があるとされるモモ(桃)と並んで栽培されたようですが、果実とともにその花の美しさも愛でられたのでは。

 

20160318 2諺の意味は言うまでもありませんが、「瓜田に履を納れず」と並んで、「賢明な人は事件が起きる前に、あらぬ疑いを抱かれるような立場に身を置くことはしない。」という戒めですが、こういう言葉があるということは、実際にスモモの木の下で曲がった冠をかぶり直してスモモ泥棒と間違われた事件や、瓜畑で靴を履き直していて瓜泥棒に間違われた事件もあったのかも。戒めの対象として諺に残るぐらいなので、それぐらいスモモもポピュラーで人気のある果実だったのかもしれません。

 

20160318 3他にも中国ではスモモが使われた諺に「道傍の苦李(どうぼうのくり」というものがあります。四文字で「道傍苦李」とも表わされます。昔、王戒が七歳の時に友達たちと一緒に通りかかった道端にスモモの実がたわわに実っていました。友達たちは争って実を取りましたが、王はまったく無関心であったそうです。そこで人々が不思議に思いその理由を尋ねると、道端にあってしかも実が沢山なっているから多分美味しくない、苦いスモモでしょうと答えた事に由来しています

 

20160318 4そこから、「人々から顧みられない事。人から見捨てられ、見向きもされない物事の例え。」に使われるのですが、こちらは道端にあってたわわに実っていたということから野生種だったのかもしれません。中国においても本来の目的は果実にありますが、材は緻密で耐朽性もよいことから、彫刻や農具などに利用されこともあるとか。そう考えれば、苦いからと人から見向きもされなくとも、決して役に立たないわけではないという事。ならば尚更活用を進め「道傍の甘い李」を目指そう!

キング・オブ・早生品種!

20160317 1話はブラックバスからスモモ(李)に戻します。サンタ・ローザの幹や枝をいただいてから数日後に、「スモモの木、もう1本伐ったよ」とのご連絡がありました。早速取りに伺わせていただきました。今度は「大石早生(おおいしわせ)」とい品種。明治時代に海を越えて、後に逆輸入されたサンタ・ローザは、日本で更に手が加えられて改良され「大石早生」や「月光」などの品種に発展したということで、福島の大石さんが育成した大石早生は現在日本で一番多く栽培されている品種。

 

20160317 2近くて栽培されていることもあって、食べ頃になるとどこからかおすそ分けが舞い込んできて、毎年美味しくいただいているのですが、こうして名前の由来などを知ると、これからスモモを見る目を変わってきそうです。大石早生の旬は7月中旬ということなのでそれまで覚えておかねば。この大石早生には「キング・オブ・早生品種」の別名もあるとか。ちなみに「キング・オブ・フォレスト(森の王様)」は言わずもがなですが『ホワイトオーク』。
20160317 3さて、材としてもスモモについてですが、サンタローザと大石早生と合わせて実に軽トラック2台分ぐらいの幹、枝を分けていただきました。これだけあれば、全部を35㎜角の【森のかけら】に加工したとしたら、向こう10年どころか一生「スモモのかけら」では苦労することもないと思われます。樹齢だと30年そこそこということで幹回りは大きくても300㎜前後で、「かけら」を取るには十分な大きさなのですが、小枝までいただきましたので「かけら」以外のも作りたい。

 

20160317 4とりあえず大きなサイズのものは芯で割って荒加工して、重しを載せて天然乾燥させるわけですが、それでも結構な量を確保できました。小口から見ると『モモ』のような複雑で濃厚な赤~橙褐色。これから少なくとも半年は乾かしますので、半年後にどれぐらいねじれや暴れが抑えられるかが勝負ですが、当然『スモモのりんご』は作りたいと思います。分かりにくいでしょうが、『森のりんご』仕様のスモモという事。スモモの材をまざまざと見た人も少ないと思いますが驚くほど緻密