森のかけら | 大五木材

材木屋にとってもっとも困るのが木の名前が分からないという事。弊社のような小売店が木材を仕入れる方法としてはいくつかありますが主なものとしては、製材所で挽いた材を仕入れる、木材市場に出品された材を買う、原木市場で丸太を仕入れて賃挽きする、木材商社から仕入れる(特に外材の場合)などです。それらほとんどの場合、樹種名が明示されていて、それを確認してこちらも買うかどうか判断するわけですが、稀に樹種が分からないというケースがあって、そうい時は『雑木』と名付けられていたりします。

雑木(ざつぼく、ぞうき)』というのは、「この木の名前は分かりません」と言っているようなものですが、木材市場では時々こういう事もあります。一般の方の中には、「えっ、木材市場って木のプロの集まりなのに木の名前が分からないの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら事実その通りなのです。業界は違いますが、例えば市場などの場合どうなんでしょうか。恐らく一部の深海魚みたいな魚を除けば、名前の分からない魚なんてほとんどいないのではないでしょうか。

魚市場の場合は獲れるエリアが限定される(獲れる魚の種類がある程度限定される)のと、魚って特徴が分かりやすいので、最悪分からなくてもネットで調べれば大体分かると思うのです(実際は正体が分からない魚も獲れたりするものの、市場に出てこないのかもしれませんが)。それに比べて、木の場合は灌木などまで含めると種類が膨大なうえに、製品市場だと外材も混ざってきますので樹種の見極めは非常に困難、だと思い込んでいました。でもこれって実際に数字で見てみるとどれぐらい差があるのだろうか疑問が沸きました。

そこで調べてみることに。いろいろな統計調査があって、多少誤差はあると思うのですが、世界の海には約3万種の魚がいて、日本には約3千種。我々が日頃食するのはその内の約500種だとか。木の場合は植物園自然保護国際機構(BGCI)が加盟500団体が持つデータを集計した結果によると、全世界で6万65種に及ぶそうです。ちなみに世界でもっとも多様な樹種が存在する国はブラジルで、樹木の種類は8715種日本には約1500種の樹木があり、そのうちおよそ100種が比較的知られている木だとされています。

単純に数字で比較すると、魚は世界で3万種、樹木は世界で6万種。日本では魚が3千種、樹木が1500種、その中でよく知られているのが魚500種、樹木100種。こうして数字を並べると世界規模では樹木が圧倒的に多いものの、日本に限れば魚の方が多いことに。しかし日本でよく知られている木が100種となると、【森のかけら・日本の120】より少ないということになるのでちょっと基準が甘いようにも感じますが、「比較的知られている木」ということであればそれぐらいが妥当なのかもしれません。続く・・・

このブログを書き始めて9年目になりますが、つい錯覚して一度取り上げると、もうそれでみんな分かってもらっているなんて気になってしまう事があり、「OOの商品はどうなっているのですか?」「ブログでの説明とかしないんですか?」などとご指摘を受けて慌てて取り上げる事が多いのですが。それも喉元過ぎればすぐに熱さを忘れてしまう駄目な性格・・・。ということで、このところオンラインショッピングでもご注文の多い【森のかけら36】について改めて紹介させていただきます。

【森のかけら】は、日本の木120種と世界の木120種の合計240種の中から、好きな組み合わせで100種選べる『森のかけら100』と、36種選べる『森のかけら36』の2タイプがあります。全部で240種あるのに、100+100+36=236しかないとコンプリート出来ないじゃないかと思われるかもしれませんが、これは【森のかけら】の出自に関わっています。そもそも『端材を捨てるのがモッタイナイ』というケチ根性と『世界中の木を見てみたい』という好奇心の両親の間に生まれたのが【森のかけら】なのです。

端材がベースという事もあって、常に240種が1つも欠けることなく常時揃っているというわけではないのです。なので日本、世界それぞれ120種に対して20種ぐらいのゆとりを設定して100種選べるようにしました。また当初は全種を揃えるというようなコンプリーターが続々と出てくるなどとは想像もしていませんでした・・・。また、240種もあると選ぶのも大変という人向けにこちらでセレクトした企画商品も作りました。それがこちらの『設計士なら知っておきたいに日本の木36世界の木36』。オンラインショップでは16,000円(税抜)で発売中。

個人的には、240種の中から36種、100種を選ぶ工程そのものが楽しいはずと考えていたのですが、さすがに購入される方すべてがマニアというわけでもないので、ある程度指針になるものがあった方がいいという事でこういう企画商品を作らせていただきました。そういった企画商品の中で今までもっとも売れたのが、こちらの『今だからこそこどもに伝えたい日本の木36』。第4回キッズデザイン賞を受賞した際に記念セレクションとして作らせていただいたもの。オンラインショップでは16,000円(税抜)で発売中。

これらすべての商品には、240種の木の簡単な説明が書かれたールカラーの解説書が付きます。これだけ単独で購入したいという声も聞くのですが、これはあくまでも【森のかけら】本体の付属品という事ですので、解説書単体での販売をしておりません。解説はすべて私が書きましたが、かなりの時間とそれなりのコストを費やしています。【森のかけら】をご購入された方への手引きのひとつになればと考えています。さあ、ご興味の沸いた方はオンラインショッピングへGO~!

オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up