森のかけら | 大五木材

昨年の6月に金沢に行った紀行ブログ、遅ればせながら少しずつ更新しています。

もし読んでやろうなんて奇特な方がいましたら、こちらからどうぞ

北信越大紀行 2016年6月10日現在7月22日分まで

春までには完結(予定)・・・

 

昨日に続いて松山市内のイタリアンレストラン&ワインショップ『UGGLA(ウグーラ) 』さんにテーブルを納めさせていただいた話。ご希望に合わせて、丈夫でかつシンプルに、木の表情が楽しめる『ホワイトオーク』材を使わせていただきました。『キング・オブ・フォレスト(森の王様)』の異名を持つホワイトオークは、力強く雄々しい木目が魅力で、この木なら北欧風なお店の雰囲気にもうまく溶け込んでくれそうです。ちょうどホワイトオークの板材が入荷したところでしたので、木目のしっかりした板で幅剥ぎ加工。

機能性を重視したシンプルなデザインですが、木そのものに力のある木の場合は、下手な小細工をするよりも木の力を信じてシンプルに仕上げるほうが絶対にいいと思っています。今回は製作から納品まで時間的な余裕があったので、油を使われる飲食店でのご使用ということもあり、丹念に植物性オイルを3回塗り。植物性オイルは、ウレタン塗装に比べるとどうしても耐水性で劣るものの、そこは事前に重ね塗り(塗装後に時間をかけてしっかり乾燥させて、研磨してまた塗装の繰り返し)することと、定期的にオイルを塗るという日頃のメンテナンスで補えると考えています。そこで大切なのがオーナーやスタッフの方々のご理解ということになりますが、そもそも弊社に直接お越しになられるよう方は、木大好き人間ばかりなのでその心配もご無用。

いくら「森の王様」であろうと、オイルを重ね塗りしようとも、触れば温もりを感じる自然素材『木』ですから、傷にも汚れにも無縁の存在ではありません。そこに、これからこのテーブルの「育ての親」となられるオーナーの「子育て感」ならぬ『木育て感』が反映されていくのです。どんな育て方をされるのか、どんな風に育ったのかを見させていただくのも『生みの親』の隠れた楽しみ!『育ての親』たる岡田オーナー㊨、シェフ、スタッフの皆さんに座っていただき記念写真。


最近このように直接お店のオーナーからお問い合わせをいただき、お仕事をさせていただく機会が増えてきました。私の怠慢でほとんど営業らしい営業もしていないのですが、過去に納めさせていただいた家具や内装材たちなどが、代わりに無言の営業をしてくれているのではないかと勝手に解釈・・・。素敵なご縁をいただきましたので、美味との評判のイタリア料理とワインを堪能させていただくべく今度は改めて客としてお邪魔させていただこうと思っています。カウンターも、クスノキで作られた席も十分に魅力的なのですが、やはりそこはホワイトオークのテーブルで。

UGGLA(ウグーラ)

〒790-0003 松山市三番町4 丁目1-9 城南ビル1F Tel/Fax 089-993-6331
営業時間 ワインショップ/ 立ち飲みワインバー 12:00~24:00  レストラン/ ワイン酒場 18:00~24:00(23:30 L.O.)

オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
Scroll Up