森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

推定1000年ともいわれる北海道は『七飯町の一本栗』ですが、数年前に枯れてしまっていたそうなのですが、2016年の10月に北海道を襲った台風10号によってとうとう倒壊してしまいました。その事実をリアルタイムでは知らなくて、この話について調べていた時にその事を知りました。その年に北海道を襲った台風10号が甚大な被害をもたらしたことはニュースでも報道していましたが、その影響はこんなところにも。最近、大規模な自然災害が多発していますが、その陰でこういった巨木も各地でひっそりと倒れているのだと思います。

老いた木が朽ちていくのも自然の摂理。そこに至るまでにどれほど激しい気象現象との格闘があったかた思うと胸が熱くなりそうです。思えば木は大きくなればなるほどに強風や豪雪に晒され、その巨体には日々戦いの跡が刻まれていきます。老木になりそれに耐えかねた時、それは木にとっての死を意味します。巨木には敬意を払っていて、その姿を仰ぎ見た時には命の逞しさに身が引き締まります。これを伐ったら大きな一枚板が何枚取れて、なんて無粋で野暮な事は考えもしませんし、それはまったく別次元の話。

普段丸太ではなく、丸太から板や角になったモノを扱っている材木屋としての感覚的な事なのかもしれませんが、立木を見ても「材」がイメージしにくいのです。例えば料理人は泳いでる魚を見て、どういう感覚で対象を見ているのかなあと考えることがあります。海で泳いでいる魚を見て、いきなり「これを刺身にしたら美味しそう!」とか「あの大きさだと何人前ぐらいになる」という感覚なのか、それとも釣りあげた瞬間、つまり魚にとって命の拠り所である海から出て、その後の運命が決したその時、生き物から食材に切り替わるのか。

同じ命あるものとはいえ、目や口があり自ら動くものと木は同じ感覚では捉えられないとは思いますが、木も同様に命の拠り所である土と切り離され根を絶たれてしまうと、私的には、「樹木」から「木材」に替わったという感覚になります。あれだけ命の脈動に感動していたものに対していきなり算盤勘定をしてしまう自分が随分身勝手だとは思いますが、そこは割り切って考えないと仕事になりません。私の役目としては次のステージでどれだけ輝いてもらえるようにするかという事。ここにある函館の栗にもきっと森でのドラマチックな人(樹)生があったはず!

さて『七飯町の一本栗ですが、様々な伝説・伝承に彩られた木でもあります。この木に刃物を入れると赤い血が出ると信じられてきたそうです。またこのクリの実を食べると不吉な事が起こるとされてきました。それを裏付ける話として語り継がれているのが、「コシャマインの戦いの悲劇」。1450年代半ばにこの地で、和人とアイヌの首領・コシャマインとの間で起きた争いで、口論をきっかけにアイヌが武装蜂起し、一本栗周辺が激戦地となり多くの血が流されました。争いが終結したのち、クリの木の傍らに沢山の遺体が埋葬されました。

その中に河野加賀右衛門政通(河野加賀守)という武将がいました。河野政通をはじめ亡くなられた多くの人の魂がクリの木に宿り、その無念をクリの木を通して世に伝えるためさまざまな怪異現象を起こしてきたとされています。更にこの地は函館戦争の激戦地でもあり、引き取り手のない戦死者がここに埋没されたも。後年、台風で折れたクリの枝から血が流れなかったことから、迷信を信じない若者が焚き火をして後に亡くなったとかで、伝説はますますまことしあやかに語り継がれていくことに。

またこのクリの周辺では何を植えても育たないとされてきましたが、昭和43(1968)年に北海道開拓の基礎となった英魂を顕彰しこの土地を鎮めるために一本栗地主神社を建立。それ以来怪異現象は収まったそうです。しかしそれとともにクリの樹勢は衰えはじめ、それと入れ替わるようにハリギリとクワの木が伸びて、それはまるで弱ったクリの木を守り支えるかのようでもあるとか。函館産のクリが入荷したことで、そんな伝説のある『七飯町の一本栗』の事を思い出しました。この七飯町のクリに限らず、老木になるとそういう鎮魂にまつわる話はつきものでよく耳にします。

こういう話をすると、怖いとか薄気味悪いという方もいますが、人の数倍も生きて、その周辺で生まれ死んでいった人々を見守り続けた高齢の木には魂が宿り、死者の霊を鎮めてきたというのは、自然に対する畏怖から生まれた日本人的な発想で先祖代々受け継がれてきた死生観だと思います。それは高齢木だからというわけではなく、木に限らず命あるのモノを利用する際にはそれなりの敬意と感謝をするべきで、こういう巨木伝説はつい忘れがちになるそういう戒めを思い起こさせてくれます。ところがその一本栗に悲劇が!?

オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up