森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今月の端材コーナーの特集である『ホルトノキ』について、200歳の老木の履歴やその名前の由来などについてはご紹介してきましたが、なにせ今回のホルトノキが200歳を越える特殊なケースという事で、材質についていえば、街路樹などとして植栽されている一般的なホルトノキとは一線を画しています。ネットで『ホルトノキ』と検索すれば沢山の画像が集まりますが、そのほとんどは街路樹や公園木、庭木など『樹木』としての姿で、ホルトノキの『材』としての画像はほとんど見当たりません。つまりそれぐらい、材としてホルトノキが利用されていないかという事の証明でもあります。

私もこの200歳のホルトノキに出会うまでは、ホルトノキがどういう材質をしているのかは、辞典の解説文でしか知りませんでした。『えひめの木の名の由来』(財団法人愛媛の森林基金発行)によれば、「辺・心材の境が不明瞭で、また城辺町(現愛南町)や九州でシラキと呼ばれるように材質が黄白色であることから、杓子を作るのに適するからであろう」と書かれているように、本来のホルトノキは清潔性を求められる杓子に使われるほど白っぽい木なはずです。少し前にホルトノキの若木を割ったら年輪は不明瞭ですがミズキのように白っぽかったので、杓子に使おうと思うのも納得。

本来のホルトの色合いと、すっかり変質して別モノになった200歳の老木を並べた写真を撮ってその比較を説明したかったのですが、なかなか比較できるぐらいの適サイズの健康的なホルトに巡り合えなかったのでそれが出来ていませんでした。それが今回特集として取り上げたことで、整理していたら200歳の老木の一部に、あまり菌に侵されてなくそこそこの幅の板が出てきました。部分的に『加齢の洗礼』は受けているものの、これぐらいの面積があれが本来の質感がイメージできるのではないでしょうか。この写真だけを見てこれがホルトだと断定できる人が果たして世の中にどれだけいるか?!

それが何の木なのか、材を見て分かるにこしたことはありませんが、材木屋の仕事は何も材の識別だけが仕事ではなくて、それをどう生かすか(または生かせる人につなげるか)という事だと思っているので、あまり「この木はなんだ?」的なクイズに興味はありません。ただ、それがどういう木でどういう特徴をしていて、経年変化でこういう風に変質するなどという事は知識として得たいと思っています。そういう基本的な事を若い頃からしっかり学んでおけばよかったと後悔ばかりですが、自分が材木屋としての現役を終えるまでの少しでも多くの木に出会い記録として残していきたいと思っています。

 

昨日の続きですが、端材目当てに来店される人からは、今までいろいろ探していたけど松山では広葉樹の端材を売っている店が無いので遠くにまで買いに行ったりネットで買っていた。もっと早く知っていたら、これからは通いたい、などという声を聞きます。そういえば私も若い頃は、いろいろな種類の広葉樹のサンプルが欲しくて東京の東急ハンズに出かけていたものです。当時はネットもなく、まだまだ木青連ネットワークも活用できてなかったので、広葉樹の端材を集めるってかなりの時間と労力を要することでした。

その頃から考えればボタン一つで世界中から欲しいものが届く便利な時代になったとは思いますが、私としては若い頃に木を求めて各地を訪ね歩いた時間も経験も無駄ではなかったと思っています。目的地に辿り着くまでに脳内で広がる妄想、少ない小遣いでどこまで買えるかという駆け引き、実物に出会える喜びとどれを選んでどれを諦めるかという葛藤。それは子供のころ地元に映画館が無くて、雑誌などを穴があくほど読み込んで、脳内劇場で自分が監督になり、きっとこういう内容に違いないと独り映画を堪能していた感覚に似ています。

来店される方の中には結構若い方もいらっしゃいます。若い方はSNSにも精通していてネットで端材を購入されているようですが、やはり実物を手に取って質感なども確認して購入したいはず。県外からも、いつか行きたいとか、休みを利用して行きたいので休みに店を開けて欲しいなどの声がかかるようになりました。そこで、若い方にもっと木のモノづくりを楽しんでもらいたい、木に触れてほしい、という事から端材コーナーに限り『学生はいつでも20%OFF‼』とさせていただきます。あくまでも端材コーナー限定です

こういう事をすると、必ず「精神年齢だけは学生」とか「頭の中は今でもあの頃のまま、中学二年」、「財布の中は学生並み」という『自称学生』が登場してきますが、それは認めません!一応学生証などで学生であることを確認させていただきます。それでも学生価格で購入したいという猛者は、どうしてもこの木を20%OFFで購入しなければならないという理由を、筆が折れるほどの筆圧で、心の奥から絞り出した言葉で、木への愛情を綴った原稿用紙20枚分の小論文『木と私』をご提出下さい。本物の学生さんと関所破りに挑む果敢な自称学生さん、お待ちしています(^^♪

オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up