森のかけら | 大五木材

弊社もそうなのですが、今月が決算月という会社は多く、年度末ということもあって何かと慌ただしい3月ですが、それに伴って【森のかけら】への注文も増加しています。オンラインショップをリニューアルしたことで、そちらからの注文も順調に増えていますが、直接弊社に問い合わせ電話(またはメール)もそれに比例して増えてありがたい限りです。しかし油断していると、『かけら』の補充がおろそかになってしまい、いざ出荷しようとした時にそれに気づいて大慌てすることもしばしば、毎度毎度の繰り返し。

何度も何度もそんなタイトロープ(綱渡り)を経験してきたので、普段からきちんと整理しておけばいいだけの事なのですが、喉元過ぎれば熱さ忘れるという能天気な性格なもので、我ながら反省がない・・・。ちなみに【森のかけら】はどういう状況で保管しているかというと、240種+プレミア36+αの約280種ほどの樹種がそれぞれ10個ずつ収納できる専用の棚を作っていて、とりあえず急ぎの分はすぐに取り出せるようにしています。そこに収まらないものは樹種ごとに分けて別のところに保管しています。

なにしろ種類が多いので、1樹種100個の在庫(それだけで考えるとちょっとなんですが)で全種あるとすると単純計算でも3万個近いになります。実際には、品薄でわずか数個しかないものもあれば、数百個あるものもあって3万どころではないのですが・・・。もっと均等になるように在庫すればいいじゃないかと思われるでしょうが、基本的に『端材ベース』の商品なので、端材が発生した時にここぞとばかり作ってしまったり、原料の端材に節が多そうだから、多めに作っておこうかという老婆心が過剰に作用。

不足気味な樹種はその都度追加加工しているのですが、その整理がなかなか追いつかず。今日は久しぶりに自ら収納棚に「かけら」を詰めました。そうして時々はどれが多いか少ないかを目と体(触る)で体感しておかないと、倉庫を整理した時にたまたま出会った不足気味の『かけらの素材』とニアミスしてしまうことがあるのです。それぐらい覚えておけよと思うのですが、年々記憶があやふやになりつつあって、同じ木ばかり加工してしまうことがあって、網膜と脳髄にしっかり刻み込むためのトレーニングでもあります。




ホームページリニューアルの話の後半です。『今日のかけら』のリストには、【森のかけら】の祭神在庫状況を加えましたので、購入ご希望の方はこちらのリストから在庫のある樹種をお選びください。今までは在庫状況をJPEGで作って張り付けていたので、更新がかなり遅れておりましたが、これでかなりリアルタイムの状況がお届けできるようになりました(なると思います)。合わせて『森のりんご』の樹種もご覧いただけます。☠マークを付けているのは、いずれ『毒りんご』をシリーズ化させるための布石!


この『有毒植物』マークについてはまだまだ不完全で、今後少しずつ時間をかけて掘り下げていくつもりです。『毒りんご』だけでなく、樹の持つ毒性をポジティブに考えた商品の開発を進めたいと思っています。次に新たに各商品ごとに追加した『ものがたり』と『ご購入』のボタンについて。それぞれの商品はオンラインショップで購入できるようになりましたが、商品づくりの背景や思いについて知りたいというリクエストに応えたもので、個別商品ごとにブログ等から抜粋して取りまとめます。

最後に新たに加わった『オリジナルグッズ・ノベルティ』と『木のもの屋・森羅(しんら)』のアイコン。まだそれぞれ準備中ですが、今まで電話かメールで個別対応してきましたが、その詳しい中身などについてある程度まとめてご覧いただけるようにします。実際、企業や行政などから木製のノベルティグッズを作りたいという要望は非常に多くなっていて、その都度サンプルなどを送らせていただいたりしていましたが、価格や個数を含めて弊社でご用意できるものを提示させていただくようにします。


特に『木の玉プール』については最近問い合わせが急増していることもあって、木の玉のサイズや樹種、価格、また実際にイベントなどで使われている様子などについてもある程度示アップできればと思っています。なお『木の玉プール』を含めた木製玩具や『木のもの屋・森羅』については私の家内(高橋佐智子)が担当しております。これでほぼ全体の器が出来上がりましたので、後はその器に中身を入れる作業。いくら立派な器を作っていただいても、中身が伴わなくては意味がないので、ここからが本番!




リニューアルしたホームページですが、更に少しずつ手を加えて見やすく、使いやすく改良しているところです。理屈は全く理解していないものの、日々更新していく基本的なマニュアルの手順だけは(さすがに9年もやっていると)指先が覚えているので、形式の定まったブログなどについては何とか自分の手で更新しています。ただ新しくカテゴリーを増やしたり、形式を変える際はこちら側の意図を伝えてパルスデザインさんにお任せしています。それで今回もトップページが少し変わりました。

なにぶん私が機械全般に弱いので、専門用語もよく分からず、擬音や効果音を含んだザックリしたイメージでしか意図を伝えれないにも関わらず、長い付き合いからこちらの深意を汲み取っていただき、かゆいところに手が届くパルスさんの気配りにいつも感謝です。それで今回新たに手を加えたのは、「今日のかけらのリストの充実」、「個別商品に背景となるものがたりと販売のアイコンを追加」、「オリジナルグッズ・ノベルティのカテゴリーを追加」、「木のもの屋・森羅カテゴリーの追加」など。

ここで、その改良点について少し説明させていただきます。まずは『今日のかけら』について。まだまだ240種+プレミア36+番外篇の完成には遠いのですが、【森のかけら】を購入する際に少しでも樹種の選択をしやすいように、今まで個別に分かれていた「かけらの在庫状況」、「森のりんご(毒りんご)の在庫状況」、「誕生木」などを1つのリストで確認できるようにこちらのページにまとめました。【森のかけら】の最新在庫状況は、O(在庫あり)△(在庫わずか)☓(在庫無し)で表わし、更新もスピーディに出来るようになりました。

このブログは、WordPressで記事を書いていますが、今までずっとビジュアルエディタで作成していまして、超アナログ人間の私は改行やスペースに苦心していました。それでこのたび今まで食わず嫌いであったテキストエディタの基礎の基礎的使い方も教わり、相当時間を費やしていた『今日のかけら』の各樹種ごとの「まとめページ」も少しは簡単に作れるようになりました。これで過去にアップしていた「まとめページ」も、関連記事を含めるなどして少しでも読みやすいように修正していきたいのですが、結構なボリュームがありますので、時間を見つけておいおい修正していきたいと思っています。




公開した当時、「そんな高いもの、誰が買うんやねん!」と総ツッコミを入れられた【森のかけら】をコンプリート出来る『森のかけら289フルセット』ですが、お陰様で全国各地に潜んでいたかけらマニアを刺激して、少しずつながら販売が進んでいます。四国については、愛媛・香川・高知を制覇!後は徳島のマニアの出現を待つのみです。弊社の森のかけら関連商品の中でも単体としては最高額となる『森のかけらフレーム289』ですが、実は詳しい説明不要で売れています。

 

 

オンラインショップでカード決済も出来るようになりましたが、今までご購入いただいたのはすべて現金。しかもホームページをご覧いただいて、突然ご注文が舞い込むというパターンで、詳しい商品説明などしたことがありません。たっぷりとHPをご覧いただいたうえでのご判断だと思いますが、売る方が言うのも何ですが、買う人もかなりのかけらフェチ、あるいは木材大好き人間だと思います。事前にセット組みしているわけではないので、ご注文が入ってから揃えていきます。

 

 

これが結構な作業量。それじゃあ最初からセットしておけばいいじゃないかと思われるでしょうが、そこはおとなの事情(240種+αもあると中には在庫がギリギリのモノとかもあります。特に日本の120種の方はかなりきわどい水面飛行をしているので、ほとんど余裕の無い樹種もいくつかあります)のありまして、いつ売れるとも分からない商品のためにセット組みしておくほどの余裕はないのです。本来はそうならないように、在庫を充実させておかねばならないのですが。

 

 

それはレアな樹種も含む多樹種商品にとっては宿命。なかなか入手の難しい木を安易な気持ち(こんな木が入っていれば喜んでもらえるのでは、という下心もありあり)で入れてしまった事が自分の首を絞めていますが、だからこそ【森のかけら】に付加価値がついたとも言えますので、そこは何とか頑張って集材せねばなりません。今苦心しているのが、ツバキ(椿)、セイヨウナシ(西洋梨)、ヤマボウシ(山法師)あたり。まあこういうものも目に見えないご縁の巡り合わせなのですが。




端材から生まれた【森のかけら】にとって『欠品』は、その出自により運命づけられた背負わされし十字架。毎日が常に欠品との戦いでもあります。最近はさすがに端材だけでは対応できなくるケースも出てきて、誕生秘話の悲劇性が根底から覆されつつあるのですが、それはそれで新たな出口が完全に確立できたという意味で喜ばしい事。在庫が少なくなったものから日々、補充が進んでいて、今日もこうして加工された『かけらたち』に植物性オイルを塗って乾燥させているところ。

 

なんせ240種もあるので、なるべく特定種だけが偏ってしまわないように、追加加工する際は他樹種少量を心がけています。また、似たような色合いや特徴のモノはなるべくタイミングをずらすようにしています。40㎜サイズの荒材の段階では木目や全体の質感から違いがはっきり分かるものでも、35㎜角になってしまうと見極めるのは急激に難しくなります。見分けるのに無塗装の時とオイル塗装後の時では識別基準が変わってきます。前者は主に木目など後者は主に色合い。

 

それ以外にも長年の経験でいくつかの見分けるポイントがありますが、色合いは重要な判断材料になります。塗装することで木の中に眠っていた本来の色合いがオイルに誘われて表に現れてくるので、その時の色合いも考慮して、なるべく似た色合いの木は同時期に加工に出さないように心がけてはいるつもりなのですが、欠品数が多くなったり、急いでいる場合はそうも言ってはいられないので、時にはこのように塗装後に似たような色合いの木が重なってしまうこともあります。

 

例えばこちら。画像は天地が逆さまになっていますが、右からチリ産の『コイグエ』、中南米産の『グリーンハート』、左端が愛媛県産の『スズカケノキ(プラタナス)』。倉庫の水銀灯の下で撮っているので自然光で見るのとは少し違いますが、かなり似た色合いに見えると思います。これ混ざって区別できるの?と思われるかもしれませんが、手に取って近くで観察すればその差は結構明快。どれも同じに見える魚の顔にも個体差があるように、慣れれば違いがよく見えてくるもの。




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up