森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

200種類以上の木を扱っていれば(あくまで種類というだけで量は微々たるものですが💦)、同じ日に全然違うところから同じ木に問い合わせが来るということも確率的にはなんら不思議な事でもないのでしょうが、『ムー世代』のロマンチスト材木屋としては、「こ、こ、これはシンクロニシティ!木の神の見えざる力が発動された~!」などと勝手に盛り上がって、その邂逅を授けていただいた「かけらの神」に手を合わせて感謝しています。今回の巡り合わせは『カイヅカイブキとシラカシとサッチーネ』です!

まずは、街路樹として御馴染みのヒノキ科ビャクシン属の木、『カイヅカイブキ(貝塚息吹』。普段からその立ち姿を見ることは多いのですが、通常木材市場に出材されることは稀なのと、貴重な出口であった「和室の意匠」もほぼ壊滅状態にあって、改めてこのブログを見直してみても、6年目に触れて以来まったく取り上げてもいませんでした。以前は床の間の落とし掛けとか、田舎の大きな家の玄関の飾りなどにも使われていたのですが、出番が無くなりずっと倉庫の奥の方に幽閉状態にあったのです。

それではいかんという気持ちから、この木を使って『森のりんご』も作ってみました。それがこの『イブキのりんご』です。削るとその木肌は淡いピンク色をしていて惚れ惚れするような美しさなのですが、経年変化でその美しさはみるみる失われていき、写真のようなくすんだ赤茶色に落ち着いてしまいます。色止めが出来ればなあと切望する木の1つです。このりんごだって、仕上がった当時はそれはそれは美しゅうございました。しかしこのうつろいやすさの中にこそ、本当の美があるのかもしれません。真実の美は儚さの中にありて目の見えぬものなり。

カイヅカイブキはその立ち姿からも分るようにかなりいびつな樹形をしているので、板に挽いても平面が得にくいので、使いどころに工夫が必要になります。それが「りんご」の曲面の中では、心材の赤身と辺材の白身が混ざり合って得も言われぬ表情を醸し出してくれます。遊び心のある人にはそこがたまらない木でもあり、通好みの木とも言えます。イブキは油分も多くて、「かけら」に加工しても持つと小口がねっとりとする事があります。昔はどうにかしなければとも考えましたが、歳とともにエイジングに寛容になってきました。明日に続く・・・




大五木材で作っている商品は、シンプルで多品種というのが特徴で、その代表が【森のかけら】です。販売開始から10年以上経過してようやく850セットを超えましたが、どの商品にも言えることは、とにかく「足が遅い」。日常生活に不可欠な汎用品でもなければ、斬新な機能が組み込まれているわけでもない、ただ木を削っただけの木工品ですから、飛ぶように売れる要素は皆無。ただ種類が馬鹿みたいに多いということだけが他との違いですから、マニアやコレクターの琴線にいつ触れるかどうか待ちというところがあります

そんな商品のひとつが『森のりんご』。私の独断と偏見のみで、希少性が高いと判断したことにより『プレミアリーグ』に分類された【森のかけら・プレミア36】に含まれる、ちょっと硬質な木を中心に作られた「りんご」です。木って丸く削ると、平面で見ていたのとはまったく違く表情が現れてとても面白いんです。それと手触りの滑らかさがたまらない!というだけの理由(プレミアという縛りを作ったがために自ら出口を狭めてしまったことに対する懺悔的意味もある)で作った「りんご」で特別な機能など備わっていません。

文字通り「森のりんご」なのです。面白い、可愛い、と思って作っているのですが、種類が増えるとこれがまた楽しくて、どんどん増殖させているところです。ただし、それだけのモノなので、好きな人が買ってくれればいいと思っていて、あまり強くPRもしていません。会社の中でも棚の隅にひっそり置いている程度なのですが、目ざとく見つけられた方から「これ何に使うのですか?」と問われることが苦痛。なんでおとなは世の中に存在するものに強く意味を求めてしまうのか?ただ楽しい、可愛い、美しいという事じゃダメなの?

一応、比重が大きいのでペーパーウェイトにも使えますよなんてひきつりながら答えたりもしますが、もうそれはただのりんごなんです!触ってみて下さい、ツルツルして心地いいでしょう。幾つか並べてみて下さい、綺麗でしょう。それです、それがこの『森のりんご』のレゾンデートル(存在価値)のすべてなんですそれを直感的に理解していただく方に買っていただければいいと思っていましたが、この最近急に販売数が伸びていて、少しだけ気になって改めて先日数えてみると思いのほか売れていて、今までに出荷された『森のりんご』の総数はのべ180!これはまだまだ種類を増やさねばと思う私の眼前に広がる、その数倍もある未出荷の在庫のりんごの山。少し減ったらまたりんごの種植えます!




裏の小屋に少しずついろいろな遊具を設置しているのですが、いま流行りの体幹バランスをとりながら綱渡りをするスラックラインは大人気。小さい子から大人まで挑戦しますが、これが見た目以上に難しくて、ただラインを張り伸ばしただけなのにみんな夢中!ちなみに私は体重オーバーでラインが地面にまで着いてしまうので自粛しています。学校が休みの日とかになると、ここは児童クラブかと見まがうほどに子どもたちが集まってきます。特に宣伝などしていませんが、子供たちの口コミで『遊び場所』として広がっているみたいです。

これも町の中で少しは空いた土地のある材木屋の使命(笑)。最近は違う校区の子供たちまではるばる自転車でやって来るようになっています。その子たちは、小屋のどこに何があって、どういうルールで何をどう使えばいいのか分らないのですが、そこはそれ、「ご近所の常連さん」とかがいらっしゃいますので、彼や彼女たちからルールや遊び方を教わります。そんなご近所のお子さんたちは、何がどこにあるか、おもちゃの遊び方も熟知していて、「さあ、今日はどれで遊ぼうかな~」と、もはや小さなモニターレベル

私は田舎の生まれなので、子どもの頃は近くの山が遊び場で弟たちと秘密基地を作ったり好き放題していましたが、今の子どもたちには秘密基地を作るような場所も無く、遊びに行くにもお金が必要だったりして可哀想。だからといってこれ以上来られても仕事に支障が出るので、ほどほどぐらいで・・・。自分の子どもが小さかった頃は、商品の撮影のモデルを頼むと、喜んでやってくれたのですが、思春期に入ると頑なに拒否されるようになり、武骨なオッサンの手で写真を撮っていました。それで小さな常連さんにお願いしてみると快諾!

森のりんご』をいくつか掌に載せて数枚か写真を撮らせてもらいました。小さな可愛い掌に包まれるりんごのほうが画になります!やや硬めの広葉樹で作られたりんごんの硬質感が華奢でやわらかそうな皮膚のうえで一層引き立ちます。以前はこうしていつでも傍に小さなモデルさんがいて、それが当たり前のことでした。嗚呼、随分と時間が経ったものだとしみじみ。そしたら、写真を撮られることが嬉しかったのか(手モデルですが)「またモデルさんしてあげるね」と小さなモデルさんから心を奮い立たせてくれる嬉しいお言葉!

 




数字的には微々たるものですが、それでも倉庫の中で眠っていた端材が、全国各地のそれを求めてらっしゃる方に届けられる、それが何らかの形で生かされる、そういう機会が増えてきているのは私にとってはある意味で贖罪のようなもの。うちではうまく生かしてやれなかったけど、どこかでいい出口を見つけてもらいなという気持ちもあります。出来ることなら原料としてではなく、最終的な賞品にまでして販売したいというのが本心なのですが、自分としてはお気に入りの出口が出来たからと言ってそれがすぐにうまく機能する訳でもありません。

適正在庫』という解釈の幅の広い言葉のおかげで、ついつい「これぐらいは作っておかないと注文が殺到したときにお客さんに迷惑をかけてしまうから」と大見得を切って過剰に作り過ぎてしまうのはいつものこと。だっていろいろな種類の木があると楽しいと思うじゃないですか!棚卸の時なって、君はいつからそこに居るんだっけと数える時の申し訳なさ。出口は、そこを通って初めて出口として機能するのであって、それが開かずの扉になってしまっていては意味がない。ということで時々、仕方なく出口を広めに緊急開放することもしています。

本来は「セール」とか「値引き」なんてしたくはないのですが、時々は出口開け閉めしないと扉が錆びついてしまいますので。前置きが長くなりましたが、今回ホームページのプチリニューアルに合わせてアップした特価品がこちらの『森のりんご12種セット』です。11種はプレミア価格帯(ウェンジ、パープルハート、コクタン、キンモクセイ、チューリップウッド、ゼブラウッド、レースウッド、リグナムバイタ、アマレロ、ジンダイケヤキ、パオローズ。1種だけスペシャル価格帯の以上11種のスズカケノキ(プラタナス)という合計12種のセットです(丸太の台は含まれていません)。 

『森のりんご』も調子に乗って作り過ぎて、少しだけ過剰在庫(私の尺度だとギリギリ適正在庫・・・)になっていて、私の中に眠る「飽きっぽさ」が覚醒しないうちに少しだけ出口を広げておこうと思っています。詳細・価格についてはオンラインショップをご覧下さい。ブログ内で特別価格を提示すると、それが後から検索に引っかかってややこしい話になったりするので、ブログ内ではなるべく価格の提示はしない方がいいとか、そんな当たり前の事まで書いとかないといけないの!的な事も、実体験として痛い目に合いながら覚えているところ。どれほどの経験値を積めば一人前のウェブ木のもの屋になれるのか!?先は見えない・・・(だからこそやるのですが←懲りない💦)

※ 森のりんごは、店頭でも販売しております。インラインショップはこちら




いろいろなモノづくりをしていると、はからずも生み落としてしまうB品。それをB品と呼ぶのにも抵抗はあるものの、話が面倒になるのでとりあえずB品として話を進めます。中でも【森のかけら】のB品は、『夢のかけら』として(30種セットで税別の¥4,000)、割れせんべい並みに本家を凌ぐような人気を得ているのですが、問題はそれ以外。それらもオンラインショップでは『アウトレット』として細々と販売はさせてもらっているものの、試行錯誤していた初期の頃のB品が大量に在庫として山積みされていて、ちょっとやそっとでは山が低くならない・・・

毎年決算月である3月が近づいてくると、その在庫の山を見て憂鬱になったしまうのです。作ったこと(出来てしまったこと)への悔いはないのです。それよりも、表舞台へ出してあげられなかったこと、誰かに喜んでもらえるモノにしてあげられなかった事に対する懺悔の念が強い。端材を活かしたモノづくりを、なんて謳ってみたって、それが最終的に誰かの手元に行って役に立つとか、喜んでもらえてこその話で、それが出来ていないならば絵に描いた餅。そういう事もありましてどうにかして彼らにもうちの倉庫以外の風景を見せてやりたいと思いまして新商品を企画。

そうです、こういう時こそ詰め合わせセット!『夢のかけら』☓1セット(写真はサンプルです。中身は異なります)、森のりんご』☓1個・クロガネモチ(樹種限定、座面の番号はありません)、森のこだま』☓4個・・・山桜、ブラック・ウォールナット、桧、赤松(樹種限定)、木言葉書』☓2枚・桂、サクラ(旧仕様)※写真は桂2枚ですが実物は桂とビーチ、円き箱』☓1枚・タモ(樹種限定、旧仕様)、森のしるし』☓5個・戦国家紋からランダムに5個、円い森』☓4・・・ビーチ、メープル、ミズナラ、カツラ(樹種限定)

すべて加工中に少し傷がついたり、磨きムラができたり、旧仕様品などで仕様が変更されたものなど、なにかしらの訳あり品です。A品の上代ならば総額で¥19,000相当の商品ですが、すべて訳ありのB品という事で、『森のかけら』シリーズを知っていただく入口として¥9,500の特別価格で販売します(消費税と送料は別途)。まだうち倉庫の中しか知らぬ彼らに外の世界を見せてやろうと思われる奇特な方いらっしゃいましたら是非お願いします。ご注文の場合はオンラインショップの『アウトレット・OUTLET』からお願いします。

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年10月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up