森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

裏の小屋に少しずついろいろな遊具を設置しているのですが、いま流行りの体幹バランスをとりながら綱渡りをするスラックラインは大人気。小さい子から大人まで挑戦しますが、これが見た目以上に難しくて、ただラインを張り伸ばしただけなのにみんな夢中!ちなみに私は体重オーバーでラインが地面にまで着いてしまうので自粛しています。学校が休みの日とかになると、ここは児童クラブかと見まがうほどに子どもたちが集まってきます。特に宣伝などしていませんが、子供たちの口コミで『遊び場所』として広がっているみたいです。

これも町の中で少しは空いた土地のある材木屋の使命(笑)。最近は違う校区の子供たちまではるばる自転車でやって来るようになっています。その子たちは、小屋のどこに何があって、どういうルールで何をどう使えばいいのか分らないのですが、そこはそれ、「ご近所の常連さん」とかがいらっしゃいますので、彼や彼女たちからルールや遊び方を教わります。そんなご近所のお子さんたちは、何がどこにあるか、おもちゃの遊び方も熟知していて、「さあ、今日はどれで遊ぼうかな~」と、もはや小さなモニターレベル

私は田舎の生まれなので、子どもの頃は近くの山が遊び場で弟たちと秘密基地を作ったり好き放題していましたが、今の子どもたちには秘密基地を作るような場所も無く、遊びに行くにもお金が必要だったりして可哀想。だからといってこれ以上来られても仕事に支障が出るので、ほどほどぐらいで・・・。自分の子どもが小さかった頃は、商品の撮影のモデルを頼むと、喜んでやってくれたのですが、思春期に入ると頑なに拒否されるようになり、武骨なオッサンの手で写真を撮っていました。それで小さな常連さんにお願いしてみると快諾!

森のりんご』をいくつか掌に載せて数枚か写真を撮らせてもらいました。小さな可愛い掌に包まれるりんごのほうが画になります!やや硬めの広葉樹で作られたりんごんの硬質感が華奢でやわらかそうな皮膚のうえで一層引き立ちます。以前はこうしていつでも傍に小さなモデルさんがいて、それが当たり前のことでした。嗚呼、随分と時間が経ったものだとしみじみ。そしたら、写真を撮られることが嬉しかったのか(手モデルですが)「またモデルさんしてあげるね」と小さなモデルさんから心を奮い立たせてくれる嬉しいお言葉!

 




数字的には微々たるものですが、それでも倉庫の中で眠っていた端材が、全国各地のそれを求めてらっしゃる方に届けられる、それが何らかの形で生かされる、そういう機会が増えてきているのは私にとってはある意味で贖罪のようなもの。うちではうまく生かしてやれなかったけど、どこかでいい出口を見つけてもらいなという気持ちもあります。出来ることなら原料としてではなく、最終的な賞品にまでして販売したいというのが本心なのですが、自分としてはお気に入りの出口が出来たからと言ってそれがすぐにうまく機能する訳でもありません。

適正在庫』という解釈の幅の広い言葉のおかげで、ついつい「これぐらいは作っておかないと注文が殺到したときにお客さんに迷惑をかけてしまうから」と大見得を切って過剰に作り過ぎてしまうのはいつものこと。だっていろいろな種類の木があると楽しいと思うじゃないですか!棚卸の時なって、君はいつからそこに居るんだっけと数える時の申し訳なさ。出口は、そこを通って初めて出口として機能するのであって、それが開かずの扉になってしまっていては意味がない。ということで時々、仕方なく出口を広めに緊急開放することもしています。

本来は「セール」とか「値引き」なんてしたくはないのですが、時々は出口開け閉めしないと扉が錆びついてしまいますので。前置きが長くなりましたが、今回ホームページのプチリニューアルに合わせてアップした特価品がこちらの『森のりんご12種セット』です。11種はプレミア価格帯(ウェンジ、パープルハート、コクタン、キンモクセイ、チューリップウッド、ゼブラウッド、レースウッド、リグナムバイタ、アマレロ、ジンダイケヤキ、パオローズ。1種だけスペシャル価格帯の以上11種のスズカケノキ(プラタナス)という合計12種のセットです(丸太の台は含まれていません)。 

『森のりんご』も調子に乗って作り過ぎて、少しだけ過剰在庫(私の尺度だとギリギリ適正在庫・・・)になっていて、私の中に眠る「飽きっぽさ」が覚醒しないうちに少しだけ出口を広げておこうと思っています。詳細・価格についてはオンラインショップをご覧下さい。ブログ内で特別価格を提示すると、それが後から検索に引っかかってややこしい話になったりするので、ブログ内ではなるべく価格の提示はしない方がいいとか、そんな当たり前の事まで書いとかないといけないの!的な事も、実体験として痛い目に合いながら覚えているところ。どれほどの経験値を積めば一人前のウェブ木のもの屋になれるのか!?先は見えない・・・(だからこそやるのですが←懲りない💦)

※ 森のりんごは、店頭でも販売しております。インラインショップはこちら




いろいろなモノづくりをしていると、はからずも生み落としてしまうB品。それをB品と呼ぶのにも抵抗はあるものの、話が面倒になるのでとりあえずB品として話を進めます。中でも【森のかけら】のB品は、『夢のかけら』として(30種セットで税別の¥4,000)、割れせんべい並みに本家を凌ぐような人気を得ているのですが、問題はそれ以外。それらもオンラインショップでは『アウトレット』として細々と販売はさせてもらっているものの、試行錯誤していた初期の頃のB品が大量に在庫として山積みされていて、ちょっとやそっとでは山が低くならない・・・

毎年決算月である3月が近づいてくると、その在庫の山を見て憂鬱になったしまうのです。作ったこと(出来てしまったこと)への悔いはないのです。それよりも、表舞台へ出してあげられなかったこと、誰かに喜んでもらえるモノにしてあげられなかった事に対する懺悔の念が強い。端材を活かしたモノづくりを、なんて謳ってみたって、それが最終的に誰かの手元に行って役に立つとか、喜んでもらえてこその話で、それが出来ていないならば絵に描いた餅。そういう事もありましてどうにかして彼らにもうちの倉庫以外の風景を見せてやりたいと思いまして新商品を企画。

そうです、こういう時こそ詰め合わせセット!『夢のかけら』☓1セット(写真はサンプルです。中身は異なります)、森のりんご』☓1個・クロガネモチ(樹種限定、座面の番号はありません)、森のこだま』☓4個・・・山桜、ブラック・ウォールナット、桧、赤松(樹種限定)、木言葉書』☓2枚・桂、サクラ(旧仕様)※写真は桂2枚ですが実物は桂とビーチ、円き箱』☓1枚・タモ(樹種限定、旧仕様)、森のしるし』☓5個・戦国家紋からランダムに5個、円い森』☓4・・・ビーチ、メープル、ミズナラ、カツラ(樹種限定)

すべて加工中に少し傷がついたり、磨きムラができたり、旧仕様品などで仕様が変更されたものなど、なにかしらの訳あり品です。A品の上代ならば総額で¥19,000相当の商品ですが、すべて訳ありのB品という事で、『森のかけら』シリーズを知っていただく入口として¥9,500の特別価格で販売します(消費税と送料は別途)。まだうち倉庫の中しか知らぬ彼らに外の世界を見せてやろうと思われる奇特な方いらっしゃいましたら是非お願いします。ご注文の場合はオンラインショップの『アウトレット・OUTLET』からお願いします。

 




何度でも書きますが、『森のかけら累積販売個数70,000個突破記念・感謝特別ロングセール』に向けて倉庫も展示室もために大改造中!この連休を利用して倉庫の棚から展示室のレイアウトまで大掛かりにいじっております。それで在庫している商品を整理していて気がついたのですが、今までに作った『森のりんご』で、まだ世に出していなかったモノが多数ありました。どこかのタイミングでと思っていたらすっかり忘れてしまっていました。しかも『森のかけら240種リスト』に含まれていないものも多数あり。

というのも、その240種に含まれない樹種については、いずれ【森のかけら】の続編か何かの形でも作りたいのですが、それをするには最低でも新たな樹種が36は集まらないといけないのと、解説書などの事も考えるとかなり時間がかかりそうな話になります。なので、とりあえず早めに世に出すために『森のりんご』にしようと思って作ったはずだったのに、この有様・・・。一度は微笑んでくれた「モッタイナイの神」もさぞかし呆れていることだと思います。そこで、これらの「りんご」をこの機会に一気に世に出すことにしました

新しい樹種を1個ずつなんて事にしてるとまどろっこしいので、『感謝特別セール』にちなんで、今のところ出来上がっている『森のりんご』全種を、コンプリーター仕様のセットとして特別に販売します。今のところ全部で32種の在庫があるのですが、中には在庫がわずかなものもあり、個別にそれが売れてしまうともう揃わなくなるので、恐らく出せても3~4セットになると思います。果たしてそんなもの好きがいるのか?!

写真を撮った時には気づかなかったのですが、パープルハートブラック・ウォールナットが抜けてしまっていた(!)ので、画像は30個ですが、実際にはあち2個追加で全部で32個になります。それぞれの単価で計算すると本来は、B(ベーシック)x3個(@3000)とS(スペシャル@4000)X9個とP(プレミアム@5000)X20個で合計32 個、金額で言うと合計¥145,000の商品ですが、感謝の気持ちを込めた超特価の¥100,000(税・送料別)で販売させていただきます!コンプリーターの血が騒ぐ方、りんごマニアの方、是非この機会に!※ちなみのこの番号は便宜的なもので、240種のリストナンバーとは関係がありません。

1・ケヤキ 2・チューリップウッド 3・バクチノキ 4・アオギリ 5・アパ 6・アセビ(毒りんご)7・リグナムバイタ 8・パドック 9・カキ 10・マユミ 11・ウェンジ 12・ゼブラウッド 13・リンゴ 14・シキミ 15・レースウッド 16・サーモポプラ 17・パオローズ 18・ボコーテ 19・シラカシ 20・カイヅカイブキ 21・コクタン 22・アマレロ 23・チャンチン 24・アカメガシワ 25・クロガネモチ 26・ジンダイケヤキ 27・スズカケノキ(プラタナス) 28・ヤマザクラ 29・キンモクセイ 30・ソノケリン ※ブラック・ウォールナットパープルハート (この2種は写真には写っていません)

1個ずつ透明ケースに入っています。 植物性オイル塗装品 最終仕上は人間の手によるものですから、1個1個微妙に形は異なります。サイズH55×W50mm ※多少の誤差がありますがご了承ください。※底面にレーザーで「森のかけらリストナンバー」が彫ってあります。納品までに少し時間かかります。

 




森のりんご』を作り始めた時に、いつかは作ろうと思っていたのですが、なかなか実現することが出来なかったモノがようやく完成しました。『森のりんご』は触感が滑らかである程度の重さのある広葉樹を主に使っていて、一応言い訳程度にオブジェ、インテリア委以外にも「ペーパーウェイト」にもなりますよ、という事にしていますが、本来は四角いキューブだけでは物足りなくなって、『曲面のかけら』を作ってみたかったというのが本心です。という事なので、やっぱりいろいろな種類を作りたい。

という事でいろいろな種類の木のりんごを作っているのですが、その中でもどうしても避けて通ることの出来なかったのが、フルーツウッド系のりんご。その商品名に「りんご」という言葉をつけてしまったのでややこしくなったものの、「ミカン(蜜柑)のりんご」や「ナシ(梨)のりんご」、「スモモ(李)のりんご」などの、初めて聞く方には意味の分からないりんごを作ることは私に架せられた使命。その究極が『リンゴ(林檎)のりんご』、つまりリンゴ(林檎)の木で出来た『森のりんごです。

 

『森のりんご』を作り始めて早数年、ようやく念願が叶いました。そんなもの簡単に作れるじゃないのと思われるかもしれませんが、『森のりんご』を作るためには、【森のかけら】よりもふた回りほど大きな素材が必要になります。具体的に言うと、荒材で65㎜ぐらいの角材が必要になります。もちろん芯を外しての大きさ。乾燥に伴い収縮しやすいフルーツウッドの場合、もう少し大きなサイズが望ましいのですが、フルーツウッドってそもそもそんなに大きな径の材は得にくいものなのです

以前にあったリンゴの木も結構大きかったのですが、乾燥に伴い割れが生じて結局使えませんでした。今回出来たリンゴは、フルーツウッドの先輩である武田製材武田誠さんから3年前に分けていただいたもの。割れないように天乾させること3年、奇跡的にうまく乾いたリンゴの木を使いました。割れなかったとはいえ、枝や傷もあって、歩留まりは恐ろしく悪い。逆に考えれば『森のりんご』や『森のかけら』だからこそ活用できるとも言えます。量は少ないのですが是非マニアの方には必須アイテムですぞ~

フルーツウッドのりんご』と聞くと、ほとんどの方がその実の匂いがすると思われて、匂いを嗅ごうと鼻に近づけられますが、残念ながら材からは実のような匂いはしません。伐採直後であれば、実の匂いなどが付着していたりして「匂い香」がうっすら残っていることもありますが、それはあくまでも一時的なモノ。品質そのものよりも、それが本当にその木で出来ているという事が大切。『森のかけら240リスト』に含まれていないので通常ならExtra(番外篇)扱いなのですが、Appleの言葉も捨てがたい!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up