森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

森のかけら』は現在、日本の木が120種、世界の木が120種の合計240種があり、その中からお好きなモノを100あるいは36種選んで専用の桐箱に入れて、240種の解説書付で販売しています。価格は100入りで¥44,000(税込)、36入りで¥17,600(税込)で販売しています。『森のかけら』は、世界の森の縮図だと考えているのでバラ売りはしません。安い木でもAtoZの中においては高い木とも同価値になります。ただしそれでは学生とか購入しにくいので、1つのテーマに即し5種ずつセレトしたのが『森5のかけら』。

大昔から暮らしに木を上手く取り入れて来た日本人にとって木は身近な存在だったので、多少頭をひねれば大概1つのテーマに5個ぐらいは木と絡んできます。それで作った『5かけら』の中のいくつかをご紹介。まずは、最近急に問い合わせが増えて来た「音楽と木」。ギターやバイオリンなどの弦楽器がよく知られていますが、大なり小なり多くの楽器には木が重要なパーツとして活用されています。パドック(木琴)、キリ(琴)、オバンコール(高級オルゴール)、ケヤキ(太鼓)、スプルース(ピアノ)の5つで『音色の5かけら』。

続いてのテーマは「薬と木」。若い頃は気にもしませんでしたが、50歳も越えると健康や薬の事にも関心が向かざるを得ません。葉や実が漢方薬や生薬に使われている西洋事例は多く、医学が取り入れられるまで日本人の健康を陰で支えてきました。ピーター・コンウェイ著『TREE MEDICINE(ツリーメディシン)・くすりになる木』という本に出合ってから更に関心が高まりました。あまりお世話にはなりたくないですが、知識として知っておきたい。キハダ、クスノキ、ニガキ、イチョウ、トウネズミモチで『薬になる木の5かけら』。

次はストレートな木の活用方法である『木彫りの5かけら』。やわらかくて彫刻や版画に使われるホオ、大径木になるので大作の彫刻などに向いているクスノキ、能面などに利用される木曽ヒノキ、刃物の切れがよくて初心者でも楽に彫れるカツラ、浮世絵の版木として有名なヤマザクラの5つ。『森の5かけら』シリーズは既に30ほどあって各¥2,750(税込)でオンラインショップで販売しています。結構いろいろなシチュエーションで考えてみましたが、かけらも400種になればまだまだバリエーションが増えてしまいそう(笑)




時の皇太子・劉拠に対する謀反に加わったとして捕らえられ、獄中で刑の執行を待つ身だった同じ境遇で友人の任安に対して、「腐刑」という汚辱を甘受したわが身の心境を綴ったものでした。自分には父親から厳命されていた史記の編纂という大仕事があったので、屈辱的な罪を受けようとも生きてその仕事を成就させなればならなかったという苦しい心の内を吐露した言葉だったそうです。それが年月ともに曲解されて、司馬遷の忠義を称えた言葉として伝わったというのが真相らしい。
本来の意味がタイサンボクの苗に影響を与えたかどうかは定かではありませんが、当のタイサンボクにしてみればそんな話知ったこっちゃないという事でしょう。しかし言葉でその木のイメージが形作られていくことってあるので、本来の意味を知ると複雑な思い。まあこの場合は、曲解された「義のために命をすてることは少しも惜しくない」という思いを込めて名前に使われたと考えたほうがよさそうです。そういう名前のタイサンボクですが、折角手に入ったのだから骨までしゃぶって使わせてもらわねば申し訳ない。
森のかけら』には取れないサイズの小さなものも出来る限り耳を落として製材しました最終的は「ストラップ」という最小サイズの出口がありますので、そこに使おうと思っているのですが、それならストラップも400種類作ってみたい・・・メインの木取り(森のかけら)で十分元が取れるのだから、端の端まで使い倒そうなんて欲の皮の突っ張ったことをいいなさんなとよく言われます。そうですが、そこは、『(骨までしゃぶり尽くしてこそ材木屋の使命と考える)義は泰山より重し。泰山木は重し(生木だからね)。』

大振りで立派な花と樹形から文字通り「大きな山のような木」という意味を込めて『大山木』と書いてタイサンボクと読ませることもあります。大山の木、大山と言えば・・・そう、わが愛する阪神タイガースの4番大山悠輔選手!で妄想で『阪神タイガースの5かけら』を考えてた際に、選手、選手、選手、タイガーウッドらと共にどうしても持っておきたかった樹種でした。これで虎と木にちなんだ『虎の5かけら』のご用命いつでもお受けできますのでご安心下さい阪神球団様!




長々と芥川龍之介の『河童』の疑問について書いてきましたが、もともとは『日本の文学の5かけら』という商品について説明しようと思って書き始めたのですが、すっかり寄り道をしてしまいました。『河童』における水松がイチイだと分かった(あくまでも私の脳内では)のですが、私が気持ち的に引っかかったので、ここまで捜査網が広がりましたが、物語の中においてはわずかに1度だけその言葉が出てくるだけでテーマに深く関わっているのでもないので、それで〔河童=イチイ〕と連想させるのはさすがにこじつけが強すぎる。

まあ「河童」に関しては、最初に「物語に登場する木ありき」ではなく、何かしらの形で木が登場しないかしらという下心で聴き始めたので、無理にこの作品を木につなげる必要はないのです。それでもたぶん今の小説なら、イチイとかブナとか特定の樹種名まで描かないと思うし、それ以前に若い作家さんって木の名前って知っているのかしら?イメージしやすいサクラなどはよく使われていますが、身近にある木の名前すら分らなければ、その背景にある物語も分らないわけで、それではモチーフにはなりえないでしょう。

森の5かけら』は文学に関わらず、われわれの身近なところにある木のモノ、無意識のうちに普段から使っている木のモノなどを改めて見直してみませんか、という意味合いもあります。そうすればさまざまな種類の木が、それぞれの特徴を活かして無数の用途に使われている(いた)という事に気づくと思うのです。もう一度そんな暮らしに戻ろうなんて声高に叫ぶつもりはありませんが、気づいてもらう、知ってもらうことでもしかしたら少しでも木に関心を持つ人、木のモノを使う人が増えてくれると嬉しいと思うのです。

私たちやそれより上の世代だと懐かしさを感じる木のモノも、若い世代にすれば新鮮に感じることもあるはず。いま木のおもちゃが若い子育て世代に見直されているのもそういうことだと思います。小難しい理屈抜きに、感覚的・本能的にわが子に触れさせる、遊ばせるものは木のモノがいいと感じている、考えている人は増えています。なんとなく、漠然と、よく分らないけど木が好き。森の入口の扉をあけるきっかけはそれで充分です。そこから先は油断すると、芥川龍之介が橋の上から河童を見たがごとく、森のかけらの底なし沼に引きずり込まれますのでご注意下さい!

 




昨日の続きですが、『森の5かけら』の中の『日本の文学の5かけら』について。この5種は、アスナロ(明日檜)モミ(樅)、ウメ(梅)、シラカバ(白樺)キリ(桐。それぞれ文学にまつわる木という事でセレクトしました。解説しますと、アスナロ(文豪・井上靖の『あすなろ物語』より)、モミ(山本周五郎の『樅の木は残った』より)、ウメ(天神様・菅原道真の『飛梅伝説』から)、シラカバ(明治時代に起きた文芸思潮の白樺派から)、キリ(坪内逍遥桐一葉』より)。異論もあるとは思いますがあくまで私の独断と偏見の産物。

実はこの『日本の文学の5かけら』は改訂版で、最初に作ったものに痛恨のミスがあったのです!当初は『キリ』の代わりに『ツバキ』が入っていました。椿といえば・・・椿姫。椿姫といえば文豪・森鴎外、いける!何のためらいもなくそれで設定して解説書まで印刷してから、重大な間違いに気が付きました。森鴎外の作品は椿姫ではなくて『舞姫』でした!『舞姫』はジュゼッペ・ヴェルディ作のオペラ。完全な記憶違いでした💦。それがあってというもの自分の曖昧な記憶に頼らずに確認をするようになりました。

そういう事があったのでより慎重になって、余計に「古典小説を聴いて」ネタを探すようになりました。そんなある日、いつものネタ探しで芥川龍之介の名作『河童』を聴いていました。この時代の小説には、抽象的な「木」ではなく、樹種名までハッキリ明記した木がよく登場します。それはただの風景描写としてだけでなく、その樹を使うことで主人公の気持ちを暗示させたり、物語に奥行きを与えたりする役割もあるからです。そしたら案の定、後半部分に木の名前がいくつか出てきました。『イチイ』と『ブナ』と『生命の樹』。

主人公である私が連れていかれる大寺院に生えている『生命の樹』は、金(善の果)と緑(悪の果)から成るというのは、映画『アバター』に出てくる生命の樹のような架空のものなのでパス。河童の町にあるのがブナですが、ここにはあまり意味がないようなのでこれもパス。イチイは河童の国の巡査が持っている棒として登場します。昭和2年に発表された作品ですので、河童の国の巡査もかなり高圧的な「おいこら警官」として誇張して描かれていますが、そんな巡査が持っているのがカシ(樫)でなく針葉樹のイチイ(一位)であることに違和感を覚えました。続く・・・




高校生や大学生相手に木の話をするときに、少しでもイメージが広がるのではと思って、直接的な樹木としても木そのものだけでなく、その木が使われた小説や映画、歌、落語などを例に出したりするのですが、それがほぼ無反応。私の例えが古いというのが問題なのかもしれませんが、今の学生が「古典」といわれるものにほとんど触れていない、学校でも教わらない事に驚かされます。しかい考えてみれば、我々が思う古典は今の子どもたちにはもはや古典を越えた「歴史の彼方」なのかもしれませんが・・・

そういう私も多少齧っている程度で、未読・未見の小説や映画ばかりで今頃になって焦って読んだり観たりしているという有様なのですが・・・。特に文豪と呼ばれている作品については、学生時代に読みはしたものの、それは文字を目で追っただけで内容やテーマがまったく頭に入ってないものも多く、いま読み返してそういうことだったのかと膝を打つことしきり。という事で古典にも触れるようにはしているのですが、なかなか時間が取れないので、ブログを書きながら小説の朗読に耳を傾けることが多いので、「小説を聴いています

さて、国内外合わせて240種に及ぶ【森のかけら】は、個別に選んで数個だけ買うという事は出来ません。100個のセット(あるいは36個のセット)をひとつの森と見立てているので、建築や家具に向いているとか木目が美しいからといった価値基準だけで木を選ぶのではなく、美しい花を咲かせるとか、虫や鳥たちに住処を提供するとか、水を貯え豊饒な森を作るといった地味だけど大切な役割をすべての木は持っているという事を考えていただきたくてそのようにしています。ただそれだと結構お高いので木に興味のある学生さんたちがなかなか購入しずらい。

そう思って作ったのが、あるテーマに則して5つの木を集めた【森の5かけら】です。例えば単純にサクラというテーマであれば、ヤマザクラ、シウリザクラ、ミズメザクラフレンチチェリーブラック・チェリーで、『さくらの5かけら』といった具合。『音色の5かけら』とか『酒好きに贈る5かけら』、『どんぐりの5かけら』など様々なテーマがあって、中にはかなり力技で強引に結びつけているものもありますが(笑)。その中に『日本の文学の5かけら』というものもあります。こういうものを作るためにはそのための基礎知識、情報が必要となります。それで・・・。

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Scroll Up