森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

それは2013年11月に始動しました。当時のブログを読み返してみると、「秋晴れの空のもと、波光きらめく肱川沿いの某所で「清須会議」ならぬ現代版の『肱川会議』が開催された」とありますが、それがモンスターたちとの最初の出会いでした。松山から同行した初代・猛獣使い/藤田雅彦氏から、大洲に向かう道中こんこんと女傑・帽子千秋の伝説を聞かされて、このあと煮られるのか焼かれるのか、我が身に訪れるであろう事態に恐怖し、ハンドルが汗でジトッと濡れた懐かしい思い出はもう5年も前の事。

帽子千秋は噂通り、いやそれ以上の女傑でありましたが、また違った異能の持ち主・『無茶々園』から柑橘類ベースのコスメブランド『yaetoco(ヤエトコ)』を立ち上げた高瀬英明君を加えた3人でスタート。『おとなの部活動』という名前や参加メンバーの個性ばかりが目立って、そもそもの活動母体が分かりにくくなっているようですが、主体えひめ産業振興財団のライフサポート産業支援事業、正式な名称は「愛媛の宝の育て方!磨き方!届け方!研究部会」というものでした(というか、今も)。

集めて異能なる暴れ馬たちのぶつかり合い、化学反応を楽しもうともくろんだ藤田氏の思惑は、その後アメーバ的な増殖を遂げて最終的には日本を飛び出して海外(台湾)まで行ってしまうのですから、大成功だったと言っていいのではないでしょうか。2期(2年+3年)にわたって展開されたこおとなの部活動もいよいよこの3月で終了ということになります。2期ではメンバーも増えてイベントも沢山開催できていろいろ刺激を受けました。振り返りは最後にまた改めてさせていただきますが、なにはともあれ新年会。

杉浦夫妻のB家に開催された新年会には参加企業全社が集まるという貴重な瞬間であったにも関わらず、集合写真を撮ろうなどと言い出す者は皆無で、場の雰囲気に流されていくただ飲みたいだけのおとなたち・・・。ひとより少しでも大きな声を出して、いかに話を盛るか、いかにひとの話にかぶせられるか、そうでなければこの饗宴では生き残れません。貴重な20代の恋バナに異常なほどにくらいつき燃えあがる30~50代の紳士淑女。何度も何度も繰り返されほぼ原形は無くなったイベントの失敗話、痛快無比。

楽しくて楽しくてたまらないおとなの部活動。それは、まったく違う仕事に生きるその道のプロフェッショナルが集まり、「真剣に遊んだ」からこそ味わえる成果でもあります。しかし何事にも必ず終わりはやって来るもの。その最後の「真剣なる遊びの時間」は、愛媛の四国中央市で開催されることとなりました。3/10(土)~3/11(日)の2日間、場所は四国のおいしいものセレクトショッピングの『まなべ商店』さん。モンスターたちが勢揃いする最後の機会となります。怖いもの見たさの皆さんのご来店を待つ!


日のキーワード】  #森のかけら #えひめのあるくらし #おとなの部活動 #まなべ商店 #愛媛産業振興財団 #yaetoco #高瀬英明 #帽子千秋




戦後の名横綱、名大関たちの足跡を網羅したDVDマガジン『大相撲 名力士風雲録』がベースボールマガジン社から創刊され、書店本棚でその姿を見たのは2016年の1月のこと。このブログでも何度も書いてきましたが私・高橋照国の名前「照国」は、全国で唯一プロとアマが対戦できる「乙亥大相撲」が160年以上も続く相撲好きな土地柄に生まれた祖父・国松が、当時人気のあった名横綱・照国にちなんで命名してくれたものです。なので自分の名前のルーツである横綱・照国の文字には敏感に反応してしまいます。

それで、その名横綱・名大関を特集した『大相撲 名力士風雲禄』の存在を知った時には、とりあえあず横綱・照国が掲載された号は買っておかねばという使命感にも似た感情が湧き起り、まずは掲載号一覧を確認。ずると、第1号の北の湖から千代の富士、大鵬、貴乃花と歴史に名を刻んだ名横綱が連なります。照国はいずこ?と探してみれば、随分後ろの方。全30巻中25巻目でした。まあそれも致し方ありません。というのも照国が生まれたのは大正8年、当時の最年少記録の23歳で横綱に昇進したのが昭和17年

記録も写真も少なく、当時ライバル関係にあった前田山、羽黒山、安藝ノ海との4力士が1冊にまとめられています。ちなみに前田山は、照国の次の第39代横綱で、この人は何と愛媛県西宇和郡喜須来村(現:愛媛県八幡浜市)出身で、愛媛県出身の唯一の横綱なのです。前田山は戦後初の横綱ということで、恐らく愛媛でも相当人気があったことと思われます。照国とは同時代に活躍された人なので、もしかしたら私の名前も照国ではなく、英五郎(前田山 英五郎)になっていた可能性もゼロではなかったかも・・・


こういうルーツ探しなどには異常に執着するタイプなのですが、それが高じて『今日のかけら』のような木の名前のルーツ探しにのめり込んでいるのかもしれません。そうやって若い頃からむやみやたらに蒔いてきた好奇心の種が、最近になって意外なところで繋がる事が多くて、何事も考え方ひとつで無駄になることなんて何も無いと感じているところです。木がキーワードで繋がるというよりも結局は「ひと」で繋がっているのですが、私の場合はそれを無理矢理木に関連付けようとさせているのでややこしいのですが・・・

以前から横綱・照国の事は気になっていて、いろいろな資料なども集めていたので、あまり新しい情報はなかったものの、貴重な取り組みの映像が見れたのは収穫。ところで、照国引退後、その四股名を受け継ぐ力士は現れていません。四股名は、部屋で継承されていくのですが、照国がいた伊勢ヶ浜部屋は無くなってしまった(現在の伊勢ヶ浜部屋とは系統が違う)ため、なかなか継承しにくいという事情もあります。照国襲名の可能性のあった日馬富士もいろいろあって引退しましたし、照国から一文字取った照ノ富士も体調不良で休場と、ルーツに関連のある力士に元気が無いのは寂しい。最近何かと不祥事続きの相撲界ですが、そんな土俵外の雑音を吹っ飛ばす播磨灘のような日下開山よ、現れよ!

※「横綱照国物語」無明舎出版  簗瀬 均 /

【本日のキーワード】 #森のかけら #横綱照国 #大相撲名力士風雲禄 #乙亥大相撲 #前田山 #ああ播磨灘 #今日のかけら 




神社木であったため、推定樹齢200年との説明書きがあったものの、推定ということなので定かではないでしょうがその歴史を振り返ってみます。今から200年前といえば江戸時代寛政~文化時代あたりで、その頃日本では何があったのかと思って調べてみると、1800年(寛政12年) 伊能忠敬が蝦夷地を測量する。1804年(文化元年) ロシア使節ニコライ・レザノフが長崎に来航し通商を要求。1808年(文化5年) 間宮林蔵が樺太を探検・・・そんな時代に生を受けた『江戸ホルトノキ』だったようです。

ところで気になるのはホルトノキというその変わった名前だと思います。その名前の由来についてはかなり有力な説があるようで、植物学者の深津正氏によると、エレキテルの発明家として知られ、日本のダヴィンチとも言われる平賀源内が自書『紀州産物志』の中で記述している文章にその根拠があるようです。和歌山県湯浅に深専寺に大きな珍木があって、源内はその木がポルトガルに多く生えているオリーブだと思い込んでいたようで、そこからその木の果実を採って搾って油を作りました。

本来のホルトノキの実から油は採れません。実はこれはホルトノキではなくて『ズクノキ』だったのです。樹形が似ていたかとからオリーブの木(ポルトガルの木)と誤認してしまったようです。後日、源内がそのズクノキの実を江戸に来ていたオランダ人医師のポルストルマンに見せたところ、本物だと鑑定されたしまったことから、その木(ズクノキ)をポルトガルの木と誤認してしまいました。それが転訛して『ホルトノキ』となったのです。つまりふたつに誤認が重なってこの名前になってしまったというのです

なので、本来はオリーブの木にあてられるはずであった名前が、ズクノキにあてられてホルトノキになってしまったのです。ズクノキというのは和歌山周辺の方言名ですが、一般的に知られている別名は『モガシ』。これも深津氏によれば、「この木には鮮やかな紅色をした老葉が交じっており、これがこの木を遠くから識別できる特徴であり、濃い緑色の葉の中に交じる鮮紅色の葉を紋または模様に見立てて、『紋ガシ』あるいは『模様ガシ』と呼んでいたのが、つまって『モガシ』となったのでなかろうか」との解釈。なるほど。この話、明日にも続く・・・




本日は、お得意様のアカマツハウジングさんが建設中のモデルハウスにフローリングを納品するために宇和島市へ。無垢のフローリングは弊社にとって主力商品なのですが、ホームページやこのブログでの紹介が少なかったり、オンラインショップで販売していないためか、時々県外の方から「おたくではフローリングも扱っているのですか?」なんて問い合わせを受けることがあります。PR不足を猛省しています。ただし取り扱いの説明が絶対必要な無垢のフローリングについては、基本的に相対での販売を考えています

なので今のところフローリングやパネリングなどの無垢材の内装材についてはオンラインショップでの販売を行うつもりはありません。また、時々はこのブログでも取り上げているものの、最終完成品であるため耳付板などの素材に比べると、『化けしろ』が少ないので、何度も繰り返し取り上げにくく、どうしても露出度が少なくなってしまうのかもしれません。しかしもともとタイトルにも冠しているように、基本的には【森のかけら】を前面に押し出したHPなので、それも致し方ないところではあります。

ここで言うところの無垢のフローリングは、合板の下地に表面を薄く削った単板を張り合わせて作った複合フローリングではなくて、一枚板の木で作られた単層フローリングのうち、継ぎ手の無い一枚もの(ソリッド)、あるいは短尺ユニットを4~6枚のピースで繋いだユニFJ(フィンガージョイント)の事です。その中には、120㎜の幅広材ヘリンボーンで知られる短尺材なども含まれます。仕上げについても植物性オイルを推奨していて、弊社でオイル塗装したものを販売させていただいています。

余程事情がなければウレタン塗装品は扱っていません。なぜ複合フローリングやウレタン塗装された施工しやすいフローリングを扱わないにかと問われることもありますが、難しい理由はありません。材木屋としてなるべく木の魅力をナチュラルに引き出せるものと考えた結果です。ありがたいことに弊社の周辺には、今回納品させていただいたアカマツハウジングさんをはじめ、そういう考え方に共感していただく施主、設計士、工務店さんが多いので、こんな身勝手なスタンスでもどうにか商売が成り立っています。明日に続く・・・




近くの町に住んでいるカリフォルニア出身の青い瞳の常連さん・Chris Crewsさんが先日も木材を求めてご来店。本職は英語塾の先生なのですが、器用に自分で木工をされるので、その都度弊社にやって来ては端材を買って帰って自分でいろいろ作られています。前は塾の看板を作られましたが、今回はクリマスの飾りつけを作られるとの事。奥さんは日本人で、日本語もそこそこ話せるので、英語の出来ない私でも何とか出来ます。まあ、ご来店される方の目的は決まっている(木が欲しい)ので、カタコトでもどうにかなるもの。

アップするタイミングが遅くなって今頃時季外れのネタなのですが、今回は教室の前に生徒さん向けにクリスマスの看板を作りたいので、スギの板が欲しいと事でした。クリスは、ダグラス・ファー(ベイマツ)ウェスタン・レッドシーダー(ベイスギ)などの北米を代表する針葉樹の一大産地として知られる西海岸のカリフォルニア州の出身で、地元では野球チームにも入っていたということだったので、西海岸周辺で産される木材や、ドジャースやエンジェルスなど、ありとあらゆる『自分の中の小さなカリフォルニアネタ』でどうにか共通の認知項目を探っていきます。

まあ話が広がったかどうかは分かりませんが、小さなきっかえさえあればどうにかそこを力技で広げていくスタイルに国籍は関係ないので私的には大丈夫!まあそういう事で少しは親しくなって、クリスも声を掛けやすくなったのかもしれませんが、少しは彼の希望する材の好みくらいは分かるようになりました。それで今回の看板は、こちらで角材に板をバランスよく張り付けて欲しいということで、作ったのがこちら。ここに海で拾ってきた色とりどりのシーグラスでモミの木とクリスマスのメッセージを飾り付けるとの事。

翌日、取りに来たクリスは希望通りだと喜んでくれて、完成したら画像を送ると約束。最近Youtubeなどで海外の木工の動画を見ることが多いのですが、あちらの方はうまく自然の木の造形を取り入れたモノづくりをしていますが、あまり細かなところは気にしていないようで、作りもかなり豪快。まあ室内土足の文化圏ですから、日本人のように重箱の隅を突くような細部までトコトンこだわり抜く完璧主義ではなくて、全体のデザインや機能性を重視されるのでしょう。木の扱い方にもお国柄が現れます。

なのであまり職人気質を出したりせずに(もともとそんな腕も無いのですが)、細かなところにはこだわらず、リクエストに応えるべくバランスよくリーズナブルな作りにさせてもらいました。以前は、自分のものづくりの基準を下げたりしてまで注文を受けないという偏屈なポリシーに凝り固まっていましたが、ようやくこの歳になって相手に合わせた商売もようやく出来るようになってきました。『森の出口』の扉に内部からつっかえ棒をしていたようです。カタコトのコミニュケーンだからこそ、相手を喜ばせる本質が何かよく見えてくるもの。ということで、こちらがクリスが子供たちと一緒にシーグラスを張り付けて作った渾身の一作。さあ、次はいかなるリクエストがくるのか?

ちなみにこちらがクリスの英語塾、Trinity School In Japan トリニティスクールインジャパンのロゴマーク。このマークからもカリフォルニアっ子のマウント愛が伝わってきます。松山市堀江のご自宅で開塾されています。一応こどもが中心の英語塾なのですが、時間があれば個人的には『木材業界で使えるウィットに富んだ大人の英会話』を習いたいところなのですが・・・。ご興味のある方いらっしゃいましたら是非直接ご連絡を!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
Scroll Up