森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

新・森のかけら400プロジェクト』の始動を告げたところ業界内外からもいろいろお声をかけていただき心強く感じています。中には、早速OOの木ならある、という話までいただきありがたい話なのですが、そんな中でこういう反応もありました。OOみたいな一般的な木なのに、なぜ現在のリストにすら含まれていないのか?あるいは、〇〇なら端材がいくらでもうちの工場にあるけどそんなのが欲しいの?そうなんです、今回探している樹種の中には決して珍しくもなければマイナーでも木もいくつか入っているのです。

それは例えば、日本の木でいえば『レモン(檸檬』であったり『ユズ(柚子』などの果樹木。まあこちらについてはタイミングで得難いのと、かけらサイズ(35㎜角)に取れるものが少ないという理由に依ります。世界の木でいえば、『ウィロー』や『マグノリア』など。決して高価ではないものの日本での明確な出口がないため輸入商社の食指が動かないため端材が得難いもの。そして『メルクシパイン』や『ラバーウッド』などのように、弊社にその端材も沢山あるのに適サイズが無くて悔し涙を流しているものなどです。

中でも『メルクシパイン』や『ラバーウッド』は、代表的な積層フリーボードの素材で、『モザイクボード』を作り出してからはほとんど取り扱いを止めていますが、弊社の倉庫にもかつての残材、端材がいくらも残っています。まだ見ぬ樹種を得たいという欲求と、その樹種なら目の前にあるのに、あとも言う少しだけ大きければなあという悔しさは同列。いや、手で触れるだけにその悔しさの方が強いかもしれません。一般的に流通している積層ボードの厚みは25㎜、30㎜。森のかけらは35㎜角なので、わずかに足りないのです💦

特に現地で加工して商品化されているものについては、完成商品はあれども端材すらに日本には入ってこない状況で、まさに臍を噛む思いなのです。なので、どこの材木屋にでもある木なのになぜ入手が難しいの、と疑問に思うのです。35㎜角にしたことがアダでもある反面、この大きさが掌でかけらを包み込む最適サイズという自負もあるので、根気よく適サイズを捜すのみです。名前も知られている木たちなのでなんとかリストに加えたいところなのですが・・・。楽勝と思って通ったぬかるみが思わず深くて足を取られた、って感じでしょうか。かけら沼深し。




そりゃあ、手に入る事なら私だって、『星の王子さま』に出てくる『バオバブ』だって、ボトルをひっくり返したような姿がユニーク『ボトルツリー』だって、弊社のサイトで一番人気の『ドラゴンツリー』たちも仲間に加えたいのは当然のことです。いや、もしもそんな木たちも集められたら、『新・プレミア100』とかを作ってしまうかもしれませんが!結局沢山集まったら集まったで収集がつかなくなって、更に枠を増やしていかねばならず、永遠に完成しないライフテーマになってしまいそうではあるのですが。

それはともかく現実的な話としては、残りの枠を埋めるためには、樹種がやたらと多い東南アジアとアフリカ、アマゾンあたりにある木が鍵となりそうです。中国にもまだまだ未知の木は沢山あるのですが、こちらに関しては情報が少なすぎて、入手できたとしても正体不明の可能性大なので恐らくほぼ使えなさそう。現在流通している中国産のフローリングですら、ちょっと変わったものとなると、詳しい情報があがってこないし情報が少なすぎて検証のしようもありませんから。現物の木と情報が揃ってこその【森のかけら】です

気長に探せば手に入るかもしれませんが、こちらにも時間に限りがありますし、印刷物等の準備もしなければなりませんのであまり猶予はありません。揃えることが目標ではなくて、あくまでもそれを販売して多樹種フェチの元にお届けするのがゴールですから。という事で、今回は公開捜査ならぬ公開スカウトに踏み切って、全国のいや世界の変わり者な方のご協力を仰ぎたいと考えています。【森のかけら】は35㎜角なので、荒材としては反りやねじれも考慮して45㎜角あれば大丈夫で、長さは最低300㎜以上あればどうにかなります。

今のところ探している樹種は以下の通りです。ウィロー、テレンタン、紅桧、マルーパ、マドローネ、マグノリア、メンガリス、メルクシパイン、コト、木蓮、ラバーウッド、レンガス、広葉杉(コウヨウザン)、プライ、エヨン、ポドカルプス、ホペア、シゾメリア、バターナット、アンベロイ、チアマ、テトラ、モラド、ウルナ、アンブラナ、タララ、ムニンガ、アイリスローズ、タウワリあたりです。別名・商業名、さまざまな呼び名があるのでこちらでもまだ整理できておりませんが。何か情報あればよろしくお願いします。




新・日本代表メンバーについては、あと15~20種ほどを招集せねばなりません。一応こういう木もあればいいなという候補の名は挙げているのですが、正直日本の木についてはかなり楽観的です。むしろあまり張り切り過ぎると、予定の65種の枠を越えてしまうと、それはそれでまた例の「モッタイナイ病」が首を持ち上げ、日本と世界が同数でないと気持ち悪いという面倒くさい性格から、世界の枠も同様に増やして、そしたら数字の区切りが悪いので450にするか・・・なんてことになってしまわないかと。捕らぬ狸の皮算用。

むしろ心配しているのは世界の65種の方です。こちらは現在、大五木材にストックのあるものも含めて25種ほどは確定しています。あと10種ぐらいは、仲間のところにあるのは確認済なので、およそ35種ぐらいの目途は立っています。なので残りは30種~35種程度。日本の1国で120+65の185種もあるのなら、世界で同数なんて楽勝じゃないかと思われるかもしれませんが、あくまでも日本に輸入されている木材の中からの選択なので、実はこちらの方がハードルが高いのです。当然、海外の街路樹や灌木なんて手に入りません。

出版されている木材図鑑を見ても、海外の木についてはせいぜい100種程度で、150種もあればかなり多い方だと思います。日本の木と合わせて250~300種ぐらいが、学名や産地、性質、用途などまで紹介しているものが、紙媒体の木の図鑑としては最大ではないかと思います。185種を目指すという事は図鑑にも載っていない木を捜すという事。また見つけたとしても、その木に関する情報が乏しいと解説書が書けないので新メンバーに加えられないというジレンマに陥ります。これは現在の240種で経験済の、世に語られる『かけらの悲劇』!

幸いにもあれからネットの情報量も飛躍的に増大しており、世界の未知なる木の解説をしているサイトも増えているので、その点では悲劇は繰り返さずに済みそうではあります。しかし、一般的に流通している樹種はほぼ網羅しているし、結構マイナーな木にも手を出しているので、ここからはかなり細いルートを頼ってスカウティングしていかなくてはなりません。残りの枠はあと30~35種!ポイントとなるのは、樹種の宝庫・東南アジアとアフリカとアマゾン。名前だけならいくらでも木はありますが、現実的にそれが手に入るかどうかが問題!




という事で、400種を目指してプロジェクトが動き始めたわけですが、そのハードルは決して低くはありません。従来の240種+プレミア30(36種のうち6種はレギュラーと被り)=270種のほぼ半数の新メンバーを集めようというのですから無謀といえば無謀なのですが、動き出したビーバーは止まりません。目標としては、日本65種、世界65種の130種を加えたいと考えています。あまり木のことに興味の無い方は、そんなに種類があるの?と思われるかもしれませんが、なめてはいけません。世界にはおよそ6万種の木がありますから!

そのうち日本にはおよそ1500種の木があり、一般的に用材などとして流通しているものはおよそ100種あるとされています。それが【森のかけら240】の中の日本120の目安にもなりました。ですので一般的に目にする木のかなりのものは網羅している自負はありました。そこから先は灌木であったり、街路樹や庭木、あるいは分布量が少なくてほぼ流通していない木、建築や家具分野では使いづらい木などになります。いわば木の世界の賑やかな大通りから脇に逸れて、人も行き交わないような暗くて狭い路地に入って行くような気分なのです。

さすがに私も独りでは心細い。そんな私の足元を照らして勇気づけてくださる存在こそが、同属のビーバー・武田隊長なのです!ここから具体的な話になりますが、日本の新代表メンバー65種のうち、現在大五木材にあるものとしては18~20種。よくそれで無謀な旅立ちに踏み切ったなと思われるかもしれませんが、日々の隊長の製材ブログから、武田製材所に25~30種ほどの有望新人がいることは分っていて、既にスカウティングしています。という事で合わせてほぼ50種近くは目途が立っています。残りは15~20種程度ということになります。

数だけ聞けば、楽勝だと思われるかもしれませんが、普段耳にするであろうメジャーどころはとっくに出尽くしいて、この50種にしても聞いたこともない木や、灌木、街路樹、果樹木などが名を連ねています。この先は横道を越えて、けもの道に入っていかねばなりません!しかし、ありがたいことに木は日本中どこにも生えています。たまたま私や隊長の近くには生えていなくても、その木ならいくらでもあるよとか、庭にあった木を伐りますけど、というような方が日本中には沢山いらっしゃるはず、いやきっといる!そんな方のご協力を仰ぎたい。

特に街路樹や果樹木なんて、いつでも伐採するわけではなにのでタイミング次第というところがあって、入手の時期が読めないので、存在するのは分っていてもなかなか得にくいものなのです。また、マングローブガジュマル、デイゴなどぼ沖縄の木も加えたいのですがこれも入手が難しい。更に六甲山のアセビ(馬酔木)のように、増えすぎて活用もされていないような木も加えたい。果樹の木も増やして出来るならば『フルーツ36』だって作ってみたい。あとは、里山の木、街路樹シリーズ、灌木の世界、それからそれから・・・

 




森のかけら】で、国内外の木・240種をリストアップした時にも、まだ新たな木が増える可能性はあったものの、解説書等の印刷物を刷る都合もあったので、とりあえずキリのいい日本120種と世界120種でひとつの区切りとしました。それからボツボツとリストに加えれなかった木が手に入ってくるようになったのですが、もうそれは縁がなかったと諦めていました。それでもそれが20種類近くになると、目途もありませんでしたが、いつの日にか『追加版』か『改訂版』でも出せれればいいなと思っていました。

そんな漠然とした思いが、大きく動いたのは同族のビーバー・武田隊長にお会いしてからのことです。初めて訪れたビーバーハウスで、これでもかと積み上げられた板の山々には、初めて目にするマニアックな木の名前が小さな板にマジックで書かれ無造作に打ち付けられていました。それらは通常木材市場に出てくることはないような灌木であったり、街路樹であったり、庭木、公園木などさまざまでした。植物図鑑でかろうじて名前だけは知っていたり、植物園で見かけるような木ばかり。そんな木を集めている変態がいる!

 

しかも武田隊長は、集めたそれらの木に対して何の明確な出口も定めてはいなかったのです!集めたいから集めるという本当の、真正の、愚かなビーバーだったのです!世の中にはこんなとんでもない人がいるのだ。私は強い衝撃を受けました。その夜は隊長の自宅に泊めていただき、木の話を肴にお酒を酌み交わしました。隊長が引き出しから出して来られたのは、今まで自分が集めて挽いた木のリスト。そこには自筆で木の名前が書かれていました。これを書くときどんな気持ちだったかは容易に想像がつきます。私も同じことをしているから。

そのひとつの樹種名を書くたびに、遂に俺はこの木を征服したぞ~!という満足感に心は痺れていたことでしょう。よ~く、分ります。私もそうしてカーツ大佐のように『かけら王国』を築いてきた同族なのですから。そして思ったのです。隊長はいろいろな木を全部集めることに快感を得る『集めビーバー』ならば、私はその集められた木に出口を見つける『広めビーバー』になろうと!それから数年かけて徐々にマグマは溜まっていきました。そして遂にその時がやって来たのです!みんながやらないことをやる、誰もやらないから俺たちがやる!

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up