森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

愛媛出身の有名な俳人というと誰もが正岡子規を思い浮かべると思いますが、他にも沢山の俳人を輩出しています。もっとも私もそんな事に興味を持つようになったのは、歳をとってからの事で、学生時代は郷土の俳人やら俳句やらがこんがらがってもどれが誰の句やら森のかけらを作るようになってさまざまな事、特に身近な郷土の事に興味が湧く(というか知っておかねば引用も紹介も出来ないという切迫感)ようになってからのこと。知りたいと本気で思った時でなければ頭に入ってこず。好奇心こそが人に学びの扉を開けさせる鍵

ということで愛媛の有名な俳人ですが、正岡子規以外にも高浜虚子、中村草田男、石田波郷などがいますが、昔からひとと同じという事がとにかく嫌だったへそ曲がりの私が好きだったのは河東碧梧桐(かわひがし へきごどう)。その俳句がどうのこうのなんて分かりません、ただそのいかにも偏屈で気難しそうな名前の響きの恰好良さに惹かれたのです。名前の中に『梧桐(アオギリ』という木の名前が入ってますが、当時は梧桐なんて知りませんでしたし、そもそも木に興味もありませんでした。読売ジャイアンツが嫌いだったようにただメジャーなるものへの反発心のみ。

読みづらい名前をさも知ってますと得意げに喋るという事に満足感を抱いていた憎たらしいガキでした。ところでその読みづらい碧梧桐という号の命名者は子規です。碧は紺碧の碧、梧桐は植物のアオギリを意味しています。アオギリについてはいずれ機会があれば『今日のかけら』で取り上げるつもりですが、成長しても幹が青い(いわゆる青と緑の混用)ことから、ともに青色に関連した言葉です。これは碧梧桐が端正な顔立ちの色白で、まるで青ビョウタンのように見えたことに由来しているそうで、その事を後から知ってなぜか余計に格好良く感じたものです。

ちなみに碧梧桐は高浜虚子と高校の同級生で、正岡子規の門下生です。説明が長くなりましたがそんな碧梧桐が詠んだ椿にまつわる有名な句がこちら、「赤い椿白い椿と落ちにけり」。凍てつく冬の日に、紅白の椿がパラリと散っていく情景が浮かんできます。実しかしはこの句には、師匠である子規への裏メッセージが込められているという怖い説もあります。子規が病魔に侵され吐血したり痰を吐くことが多かったことから、赤い椿を血、白い椿を痰に見立てて暗喩しているというもの。厳しい指導へのはけ口とも言われたりもしていますが、真相は椿のみぞ知る・・・

 




昨日の流れで、愛媛では春の訪れを告げるとも言われる、季節の風物詩『椿まつり』についてもう少しだけ。人混みは苦手なのですが、子どもたちが小さな頃は屋台が楽しみで連れて行けというリクエストに応えてよく出掛けたものです。家内とふたりで3人に子どもとはぐれないように手をつないで人混みをかき分け、帰りの車の中ではひとに酔ってぐったりする子どもの姿を見るのがいつもの事でした。次第に大きくなると部活で時間が合わなかったり、同級生たちと行くようになって、しばらく椿祭りと遠ざかっていました。

基本的に人混みが嫌いなのでそもそもあまり人の多いところに出かけたくないのですが、今年はいろいろ神頼みも多いので(困った時だけの神頼み)、家内の両親と一緒におとな4人で人混みの中に突入!初日が祭日ということもあって想像以上の人出でした。今年は社殿で御祓いも受けたのですが、社殿の中にもツバキが沢山描かれていました。ツバキは植物図鑑や木の本などには、『藪椿(ヤブツバキ)』と書かれていたり、ただ『椿』とだけ表示されていたりいろいろですが、その呼び名の違いについてはいろいろ意見があるようです。

古くは万葉の時代から観賞を目的としてツバキは栽培されてきて、既に江戸時代にはおよそ600種類もの品種が作られていたという記録もあります。しかしその事がツバキに言われなき汚名を着せられることになるのは皮肉な話。江戸時代には一般庶民にも園芸を愉しむ文化が広がっていたようですが、それを快く思わなかった武家たちが、「ツバキの花はひとの首が落ちるように散ってしまうから不吉だ!」という噂話を流布させたために、ツバキは不吉だという言われなきイメージがついてしまい、今でも病人のお見舞いにはツバキは不吉だとタブー視されています。

1月の誕生木でもあるマツ(松)の時にも触れましたが、日本では古来から寒い冬でも青々と葉を茂らせる常緑樹を神聖化する文化が根づいており、マツを神様の依り代として玄関に飾る門松などの風習が残っています。同じように常緑樹で、雪の中で真っ赤な花を咲かせるツバキは、どことなく健気で寒さに耐え忍ぶ姿が日本人好みの木でもあります。葉は艶やかで青々としていて、邪を祓う木という意味もあるようで神社や寺にもよく植えられています。なので『ツバキ=不吉』というのはまったくの濡れ衣ですが人の口に戸は立てられぬもの。続く・・・

 




★今日のかけら・#073 【椿/ツバキ】ツバキ科ツバキ属・広葉樹・宮崎産

 

愛媛県松山市の市の木は、『ツバキ(椿)』です。正確には『ヤブツバキ(藪椿』なのですが、【森のかけら】では『ツバキ』としているのでここでは『ツバキ』でお話させていただきます。本来であれば、わが市の木をもっと早くに取り上げるべきだったのですが、ツバキは主に観賞用に植栽される木なので、花として見る事は多いものの、材としては滅多に流通していないので、具体的に材として使った事例がなかなか出来なかったのでここまで引っ張ってしまいました。ツバキを市の木に選定しているところは多いのですが、新潟県長崎県では県の木となっています。

松山市では昭和47年にツバキが市の木に選定されました。その昔聖徳太子が道後に訪れた時に、それを記念して建てられた碑に刻まれた句に由来しているそうです。碑文には「温泉の周囲には椿の樹が茂って温泉を取り囲み、その壮観なことは、実にたくさんのキヌガサをさしかけたようにみえる」という意味の句があり、その当時から道後温泉の周囲には多くのツバキが茂り、小鳥がさえずり、あたかも仙境のような光景が広がっていたことが伺えます。という事で現在でも道後のあちこちでは本物のツバキはもとより、デザインとしてのツバキが溢れています。

市の木という事もあって松山市内にもツバキをモチーフにしたデザインは多くて、材木としてもツバキは見る事が少ないものの、デザインや花としてツバキに触れる機会は沢山あります。なのでツバキを使った商品も作りたいのですが、なかなか材が入手しづらい。その思いがもっとも強くなるのがこの時期。というのも松山市の初春の風物詩というのが、その名も『椿祭り』。伊豫豆比古命神社で、毎年旧暦の1月7日~9日の3日間にわたって開催される祭りの事で、地元では親しみを込めて『椿さん』と呼ばれています。参道に800件もの露店が並び、3日間で40万とも50万とも言われる参拝者が訪れます。

この『椿まつり』の頃がもっとも寒くなるとか、『椿まつり』が終わると温かくなるとか、松山市民にとっては特別な祭りというか、ビッグイベント。祭りの開催期間中、周辺のお店は駐車場に様変わりします。狭い参道に人が溢れて文字通り鮨詰め状態になるのもいつもの事で、押し合いへし合いしながら参道を歩くことから、地元では混雑している状態を「まるで椿さんみたい」と形容するほど。そういう意味でもツバキは松山市民にとって特別な木です。そんな特別な木を今まで取り上げてこなかった事を大いに反省。とりあえず今日から数日間はツバキの話。明日に続く・・・

 




文字通り根こそぎ幹から小枝までオリーブをいただきました。折角のご縁ですので、使えるところは骨の髄までしゃぶり尽くして味わわせていただくのがビーバー隊の礼儀作法だと心得ております。しかしこのオリーブ、かなり根が張り出していました。よく、枝ぶりと同じぐらい根も張っているといいますが、持ち主の方にお聞きすると、枝よりもかなり先の方まで根が伸びていて、野菜を育てる障壁になっていたそうです。よほど土地の栄養価が高かったのか、この土地に合ったんでしょう。そんなオリーブですからみすみす尚更灰となるのは残念だったのだと思われます。

通常は造園業者さんが伐採してもらった後で、伐採された丸太を取りに行くのですが、今回は自分で伐採するのでその時点から、ここはあれに使えるぞ、この細いところはああしようとかイメージが膨らんで伐採中もニヤニヤしていました。造園屋さんに伐ってもらう場合は、立ち会えない事がほとんどなので、ある程度の希望(長さや大きさ)を伝えておいて、採集に行ってご対面となります。それはそれで楽しみでもあったりしますが、立木の段階から見ていると身が引き締まります。そこにあるのはマテリアル(原料)などではなく、命ですから。大切に使わせていただこう!

無駄なく大切に使うために大切な事は速やかに「荒さばき」をしておくこと。伐採直後であればどんな硬いでも水分をたっぷり含んでいて容易に製材できます。勿論硬い軟らかいの差はありますが、日が経つほどに水分が抜けて硬くなり製材も難しくなります。特に弊社のように小さなバンドソーしかないところで、小さなものを挽く場合は新鮮さが何より大事。という事で、持ち帰った足ですぐに長さを整えて荒割り。途中の作業工程を取り忘れるぐらい急いだので、製材後の写真しかありませんが、いいサイスのものが取れました!

オリーブの木自体は枝も伸びて大きく見えましたが、いくつかの幹が合わさっていて、1つ1つはそれほど大きなものではありません。それが曲がりくねっているので、普通の材木屋であれば恐らく見向きもしないサイズだと思われます。しかし弊社にとっては、『オリーブ』というだけでまずとヨダレが出ますし、更にこれぐらいのサイズが取れれば言う事なし!【森のかけら】と『森のりんご』にするには十分なサイスです。それよりも小さなモノもとりあえず板に挽いて乾かせます。他にも出口の構想はいくつかあります。

【森のかけら】で言えば、『オリーブウッド』としてスペイン産のものを『プレミア36』の中に入れています。【森のかけら】のリストを確定させた当時(10数年前)は、オリーブが身近で手に入るとは考えてもいなかったので、プレミア扱いしたのですが、こうなるとやはり【新・森のかけら】として「愛媛県産オリーブ」も加える必要がありそうです。スペイン産のような独特の縞柄はありません(なにせまだ10年生ですから)が、これはこれでこの子の個性。以前いただいた小豆島のオリーブも縞柄がほとんどありませんでしたので若木には出ないのかも。いずれにしても出番はまだ当分先の事。




以前に久万高原町で挽いてもらっていた愛媛県産の広葉樹の丸太(一部針葉樹あり)が、乾燥期間を経て続々と弊社の土場にやって来ました。決して銘木と呼べるような立派な木でも大木でもありませんが、多樹種愛好材木屋としてはいろいろな種類の広葉樹が、しかも身近で手に入った事が嬉しいのです。これぐらいのボリュームで少しずつ、本当に少しずつでも集めていけば、近場でも結構な種類を集める事が出来ます。これで即住宅資材とか家具なんて大物を考えずに、身の丈に合った出口を考えてやれば十分に活かせます

しっかり乾燥した分、すっかり表面が汚れて元の表情が分かりませんし小口もガタガタ。これですぐに売れるわけでもないし、すぐに売れるとも思っていませんので、この後で1枚ずつ小口をカットして寸検して番号を付けて台帳に記載します。それから桟を敷いて板を並べていくのですが、その間にもどういう板になったか、この木がどういう用途に向いているのかを考えながら並べていきます。こういう時が妄想大爆発で、木を触っていても一番楽しい時かもしれません。形が変わっていれば変わっているほど萌える~!

今回入荷したのは、クスノキ、ケヤキ、ヤマザクラ、ミズメザクラ、カゴノキ、サワグルミ、キハダの広葉樹とカヤツガの針葉樹の9種類。よく樹種が混じりませんかと質問されたりしますが、製材した時に小口に番号を打ってもらっているのと、小口をカットすれば生地の色が分かるのでそれで判断できます。小口を鋸でカットすれば滑らかなおニューの面が現れますが、直後にマジックで樹種名と整理番号を書くのですが、その瞬間なんだか自分が親になったような気分になります。

よし、これからは俺が責任もって世に出すぞ~!という意気込み。そうやって検品もナンバーも書いた後は一枚ずつ桟積みしてこれからまたしばらく眠りについてもらいます。これは乾燥させるというよりも、「こういう材が入ってきました。使ってみませんか?」とその存在をアナウンスして知っていただく出荷待ちの時間。弊社の場合はここからが長いので、乾燥した材が更に不本意(?)に乾燥していくことになるのです。細かな材の特徴については、また改めてご紹介します。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Scroll Up