森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨日の続きですが、積雪そのものは20センチ足らずだったのですが、道路の一部が凍結していて、何度かタイヤが取られそうになりながらも交通量も少なかったのでノロノロ運転でどうにか新居に無事到着。最後に少し角度のある登り坂があるのですが、さすがにはそこはタイヤが滑って上り切れず車は断念。そこからテーブルとベンチを手運びで納品することに。結構大きなサイズではあったものの、素材がよく乾燥したイチョウヒノキであったのでふたりでどうにか搬入出来てほっとひと安心。

今回は施主さんが、自分の山で伐採されたイチョウとヒノキをずっと保管されていて、新居の建築の機会にぜひ家具に使いたいという事で、それらを使って製作させていただきました。弊社は材木屋なので、自社の木を売ってなんぼですので、通常は材の持ち込みによる家具製作はお受けしておりませんが、今回は新居の建築材、内装材等も納めさせていただきましたので、お引き受けさせていただきました。最近、材はあるので加工だけして欲しいという話も多いのですが基本的には材・工込みでお受けしております

イチョウには少しアオ(青い染み)が入っていたものの、立派な耳付きの板で、2枚幅剥ぎで天板に。脚はヒノキですが、なるべく素材を有効に生かすために箱脚にさせていただきました。大きな節はあるものの、赤身の張った生き節です。仕上げはいつもの植物性オイル蜜蝋ワックス拭き。雪で何度か納品のタイミングがずれたにも関わらず、寛容にお待ちいただき感謝!こういう風に自分のとこの山の木を使って家具を作りたいという方は多いものの、実際にこうして最後まで辿り着ける方はごくわずか

そのためのハードルは意外と高いのですが、今回のようにすぐに加工にかかれるほどいいコンディションでうまく乾燥させた材を持っている例は稀有で、その多くが保存状態が劣悪でカビが発生していたり腐食していたり、あるいは暴れたりねじれたり虫害を受けていたりと、材そのものに問題があるケース。また、賃加工のみで引き受けてくれる家具屋とつながるかどうか、甘く考えている加工賃等の問題もあって、いくら材があってもそう簡単には家具製作のスタートラインに着けないことも多々あります。

そんなにもったいぶらずに材の持ち込みでも何でも受ければいいのにと思われるかもしれませんが、そこはそれぞれの店の考え方。中には持ち込みOKのところもあるのでそういうところを探しいただくしかありません。私の場合は、自分が目利きした材を使って、信頼できる職人と一緒に家具を作るというのが基本的な考え方です。持ち込み材って、こちらのリスクが無い反面、材の対する愛着や思いが湧きおこらない。雪の轍を見ながら、いつもわざわざぬかるみに足を突っ込むような偏屈な人生だと思うものの、後悔は無い。




今冬の大寒波はさまざまなところに影響を与えています。松山市内は雪が舞うことはあっても積もるようなことはないのですが、南予は豪雪地帯を思わせる大雪。今年は南予や久万高原町など雪の多い場所への納品が多いので、天気予報とにらめっこしながら配達の段取りをしています。降雪そのものよりも道路の凍結が怖いので、なるべく早朝の配達は避けていますが、遠方だとそれなりに時間もかかるので計画が組みにくい・・・。それでもいつまでも引っ張れるわけもなにので、月末に雪の久万高原町へ。

久万高原町で新居を建築されたお客様からダイニングテーブルとベンチのご注文をいただいていて、1月中頃には完成していたものの、あいにく雪が続いていてなかなか納品に行けませんでした。どうやらその日は降雪は無いという事だったので、3t車に積み込んで納品へ向かいました。松山市内は快晴だったのですが、三坂道路を登っていくと少しずつ周辺の景色が変わってきます。山々の頂が白く染まっていく中、風雪に耐えかねてなぎ倒されてしまった木々の姿があちこちに・・・

たとえ倒れなくとも激しい風で木同士が激しくぶつかりこすれ合うと、「もめ」といって内部で圧縮破壊が起きているため、材質が劣化し丸太の価値は極端に低下します。どこでポキンと折れてしまうかも分からないため、建築用材としては利用する事もできないのです。大切に育てた木が伐採時期間近になってなぎ倒されている光景は無残で胸が締めつけられます。大雪が降ると全国各地で麻痺した交通網のことばかりが話題になって、山のことなどほとんど顧みられませんが山にも深い傷跡を残します。

そんな事を考えながら走っていると久万高原町に到着。道路の端にわずかに雪が残ってはいるものの、走行にはなんら問題はなくて、杞憂に終わったかと思い、更に奥に進んでいくと、突然雪が舞い始め道路も徐々に白くなっていきます。チェーン規制も出ていませんでしたが、大きな道路と脇にそれた道では状況は大違い。次第に雪も横殴りに降ってきて道路は真っ白に!あれほど頼もしく見えたお日様はすっかり姿をお隠しあそばれ、あたりの風景は豪雪地帯へと一変。無事に辿り着けるのか!?続く・・・




私と家内は二人とも愛媛県西予市野村町出身で、それぞれの実家も車で4,5分の距離にあります。家内の実家は肥育農家で、およそ400頭もの牛を飼っています。義父はJAに頼ることなく自力で販売ルートを開拓し、育てた肉牛を京都の市場に出荷していて、現在は義弟(長男)も一緒に仕事をしています。いつも肉を送っていただくのですが、味は最高で、肉の苦手な長女すらも「この肉だけは別」といってペロリと平らげるので品質は間違いありません!ただ悲しいかな認知度がいまひとつ・・・

大手と違い多額の広告費を使えるわけではないので、味は最高でもネームバリューが無いため訴求力が弱いというのが悩みでした。それで一昨年、独自のブランドを作ろうということになって、私も微力ながらお手伝いさせてもらい、『吟醸牛・山の響』というブランドを立ち上げました。命名の詳しい経緯については以前にブログで書きましたのでそちらをご覧ください。それから京都の市場でも『山の響』という名前が少しずつですが浸透してきたということで、関わった者としては嬉しい限りです。また地元でも認知度が上がってきて、その肉を取り扱っていただけるお店も増え、地域ブランドということで行政も応援していただいています。その名前にちなんだイベントも開催されます。

それが2月25日(日)に、故郷の西予市野村町横林の『里山カフェ イソップ物語』で開催される「山の響き音楽会」です。『山の響』というブランドにかけて、山の響や地元産の野菜を使った料理の立食会と木管五重奏「Ensembul des Apaches(アンサンブル・デ・アパッシュ)」によるコンサートが開催されます。それに合わせて、前日の24日には横林公民館にて、家内が講師となり小学生以下を対象とした「木工教室」が開催され、木で笛などを作って木の音色を楽しむ予定です。

これらのイベントは、「地域づくり手上げ型交付金事業」の一環として企画されているのですが、3月にはステップアップセミナーとして島根県から専門家を招き農と食を通じた地域づくりに関する講習会を計画されているということです。担当者の方が、山の響という言葉から、演奏会→木の楽器作りへと関連付けて企画されたらしいのですが、あえて「OO牛」とせずにイメージを膨らませるために『山の響』というネーミングとした狙いが功を奏しました。『森の出口』もいろいろな方面に少しずつ広がってきているようです。

木工教室2/24(土)15:00~横林公民館にて(小学生以下対象)、山の響音楽会2/25(日)12:30~ 里山カフェ・イソップ物語にて(定員40名 参加費¥2,000 問い合わせは横林公民館(tel 0894-77-0111)。




それは2013年11月に始動しました。当時のブログを読み返してみると、「秋晴れの空のもと、波光きらめく肱川沿いの某所で「清須会議」ならぬ現代版の『肱川会議』が開催された」とありますが、それがモンスターたちとの最初の出会いでした。松山から同行した初代・猛獣使い/藤田雅彦氏から、大洲に向かう道中こんこんと女傑・帽子千秋の伝説を聞かされて、このあと煮られるのか焼かれるのか、我が身に訪れるであろう事態に恐怖し、ハンドルが汗でジトッと濡れた懐かしい思い出はもう5年も前の事。

帽子千秋は噂通り、いやそれ以上の女傑でありましたが、また違った異能の持ち主・『無茶々園』から柑橘類ベースのコスメブランド『yaetoco(ヤエトコ)』を立ち上げた高瀬英明君を加えた3人でスタート。『おとなの部活動』という名前や参加メンバーの個性ばかりが目立って、そもそもの活動母体が分かりにくくなっているようですが、主体えひめ産業振興財団のライフサポート産業支援事業、正式な名称は「愛媛の宝の育て方!磨き方!届け方!研究部会」というものでした(というか、今も)。

集めて異能なる暴れ馬たちのぶつかり合い、化学反応を楽しもうともくろんだ藤田氏の思惑は、その後アメーバ的な増殖を遂げて最終的には日本を飛び出して海外(台湾)まで行ってしまうのですから、大成功だったと言っていいのではないでしょうか。2期(2年+3年)にわたって展開されたこおとなの部活動もいよいよこの3月で終了ということになります。2期ではメンバーも増えてイベントも沢山開催できていろいろ刺激を受けました。振り返りは最後にまた改めてさせていただきますが、なにはともあれ新年会。

杉浦夫妻のB家に開催された新年会には参加企業全社が集まるという貴重な瞬間であったにも関わらず、集合写真を撮ろうなどと言い出す者は皆無で、場の雰囲気に流されていくただ飲みたいだけのおとなたち・・・。ひとより少しでも大きな声を出して、いかに話を盛るか、いかにひとの話にかぶせられるか、そうでなければこの饗宴では生き残れません。貴重な20代の恋バナに異常なほどにくらいつき燃えあがる30~50代の紳士淑女。何度も何度も繰り返されほぼ原形は無くなったイベントの失敗話、痛快無比。

楽しくて楽しくてたまらないおとなの部活動。それは、まったく違う仕事に生きるその道のプロフェッショナルが集まり、「真剣に遊んだ」からこそ味わえる成果でもあります。しかし何事にも必ず終わりはやって来るもの。その最後の「真剣なる遊びの時間」は、愛媛の四国中央市で開催されることとなりました。3/10(土)~3/11(日)の2日間、場所は四国のおいしいものセレクトショッピングの『まなべ商店』さん。モンスターたちが勢揃いする最後の機会となります。怖いもの見たさの皆さんのご来店を待つ!


日のキーワード】  #森のかけら #えひめのあるくらし #おとなの部活動 #まなべ商店 #愛媛産業振興財団 #yaetoco #高瀬英明 #帽子千秋




この行事が来ないと新しい年が動き出してきた気分にならないほど新年の仕事始めとして恒常化しているミセスホーム㈱さんの協力業者会・ミスター会の総会&新年会。毎年、道後の老舗ホテル・古湧園で開催されてきましたが、今年はホテルの建て替え工事の最中ということもあって、天皇陛下はじめ皇室御用達のホテル・ふなやに場所を移しての開催となりました。ここでかつて卒業式を開いていただき、無事に愛媛木材青年協議会を卒業させていただきました。早いものであれからもう6年、時は確実に流れています。


80数名の新年会はいつものように賑やかに盛り上がり、会終了後は町に繰り出す者、そそくさと家路に向かう者と三々五々夜の道後に消えていかれました。今週、来週お酒を飲む機会も多いのと、翌日の仕事もあったので、私も大人しく家に帰ることにしていました。皆さんホテルのフロントでタクシーを呼んでもらっていますが、折角の新年の雰囲気の残る道後の夜を素通りしてしまうなんて勿体なくて、私はいつもホテルからトコトコ歩いて道後の商店街を潜り抜けて、道後駅まで歩くのも恒例行事です。

とても寒い夜で、県内各地で大雪となり混乱もありましたが、松山では雪が舞った程度。きっと星空も綺麗だったことでしょうが、ほろ酔い気分でそこまで気が回らず。遅い時間ではなかったものの、さすがに正月明けで観光客の姿も少なく、道後温泉本館周辺も人影まばら。愛媛国体も終わり、いよいよ今年の秋からは、7~9年もかかるといわれている道後温泉本館の大規模な耐震改修工事が始まります。そのこともあり、昨年は県外から弊社を訪ねて来られた方々の多くが道後温泉へ立ち寄られました。

国体なども重なり、昨年は道後温泉の利用者数も増えたようですが、工事中の客足が落ちることが心配されています。その対策として昨年の秋に、飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋をコンセプトとした道後温泉の別館『飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)』が造られましたが、関係者の不安や心配は尽きないと思われます。今年も工事開始までの間に駆け込みで行かれる方のご案内が増えそうなので、早めに飛鳥乃湯泉にも行ってみて、情報をお伝えせねばと考えています。この話、明日に続きます。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
Scroll Up