森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

丸亀城の床に使われたツガ(栂)の出どころまでは分からないのですが、天守建築が今から300有余年も前の話となると、恐らく香川あるいは隣県から調達されたのだと思います。今やツガは幻の木となりつつあって、天然林としてのツガが群生しているのは、霧島、四国、和歌山、信州あたりしかないそうです。四国は高知の四万十川上流域から徳島の霊峰・剣山周辺など一帯に生育するそうですが、さすがにその辺りも用材として伐採できるようなツガはほぼ無くなってしまっているようです。

丸亀城に使われていたのは相当に目が込んだ板でしたので、恐らく100年を超える高齢木であることは間違いないと思われます。建築から350年という事は、私が踏んでいる床板は450年以上の前に地球上に生まれたツガという事になります。その悠久の時間が織りなす緻密な杢は惚れ惚れするほど美しい。そんな高齢木の濃密な杢の足元には及びもしませんが、愛媛でも少量ながらツガの木は自生していて、そのうちわずか数本ですが、運よく入手することが出来ました。

愛媛県産のツガ。モミなどに混じってたまたま生えていたので伐ってみました程度のモノで、とても床材や造作材に使えるようなものではありません。それでも35㎜角のキューブの【森のかけら】にすれば十分なサイズです。もともとそのために買ったようなもので、小さなカウンターとかでも取れれば儲けもの。愛媛の山にも多様な針葉樹・広葉樹が生えていますが、川下側がこういう小径木を使える出口を持っていなければ、こういう木が世に出る機会はなくなってしまいます

ツガは夏目と冬目の差がはっきりしていて、経年変化で更にそれが明瞭になってきます。風雪に耐えて枝を守ってきたであろう枝は石にように硬くて鋭いので、加工中に割れた節が飛んできて怪我をしそうになったこともあります。これはあくまでも私の感覚ですが、ツガを削ると乾いたそば粉のような匂いを感じます。この匂いを伝えるにはもっと適した例えがあると思うのですが、今のところそば粉以上に適切な例えが思いつきません。これはあくまでもジツガの例えでウエスタン・ヘムロック(米栂)からはその匂いを感じません。

 




松山及び愛媛に関する、伝統、文化、歴史、風俗などをテーマにした雑誌『松山百点』は、昭和40年3月に創刊され長らく愛媛県民に親しまれているフリーペーパーです。今月1日に発刊された盛夏号vol.327の巻頭の特集記事が『暮らしを楽しくする木の作品と県産材の魅力というもので、その中で弊社の商品も取り上げていただきました。他にも盟友・井部健太郎久万造林)のスギの木のスマートフォン・スピーカースタンド『杣響音(SOMA-BEAT)』や、愛媛県森連産業のカスタネット『木ノネ(木の音)』なども取り上げられています。


『松山百点』は、百店会加盟店(飲食店、ホテル、銀行、小売店等)や松山市内の観光案内所、市役所などに置かれてあります。私は銀行の待ち時間などで時々手に取らせて読ませてもらっているのですが、発行部数はおよそ17,000部もあるのだとか。実はこの『松山百点』に載せていただいたのは2回目なのですが、最初はまだ私が大学生の時。今から30年以上も前のことになります。載ったといっても、面白そうな事をしている人紹介のようなコーナーのひとりとして小さな小さな顔写真と数行のコメントだけでしたが。

確か大学の先輩が出版社でアルバイトされていたか何かで、スペースを埋めないといけないのだけどだれか適当なひといないかなという人数揃えのような話だった思います。それでも私としては雑誌に載るなんて初めての経験だったので嬉しくて、掲載された号をしばらくは大切に保存していました。今でも探せばどこかにあるかもしれませんが・・・。大学では映画研究部に所属して8㎜で自主映画を制作するような映画青年でした。それから30数年経って、今度は材木屋の親父として堂々巻頭特集ページに掲載していただき感慨深いものがあります。


さて、今回の特集は『暮らしを楽しくする木の作品と県産材の魅力』ということで、弊社を取材していただいたのですが、こういう切り口だと大概『愛媛県産材のスギ・ヒノキ』が主役となるものです。しかし今回は、県産材でなくても暮らしに潤いを与えるような木のモノであれば構わないという事で弊社の商品にもスポットライトを当てていただきました。私は木が好きなのであって、県産材とか国産材とかいうくくりで考えているわけではありません。愛媛には愛媛の、アフリカにはアフリカの、南米には南米の木の魅力があって、それを自分でも楽しみたいしひとにも伝えたい

地元の雑誌や行政などが木に関するイベントや出版物を発行する際に、地元の『愛媛県産材』という視点を重視されるのは勿論理解できます。しかしそれらを見たり読んだりする消費者が実生活で使っている木のモノの多くは県産材では無いケースがほとんど。県産材だと利用できるのはほぼスギ・ヒノキという事になります。だからこそ地域材を活用しよう、見直そうという啓蒙としては意義があるとは思いますが、いつもいつも県産材という視点だと、木の魅力って十分に伝わっているのかしらと疑問に思うことがあります。

保水や環境のこと、地域経済のことや雇用のことなど地域材がもたらす恩恵は沢山ありますが、あまり地域材に限定した切り口ばかりで木を語ると、折角の面白い木を見逃すことになります。まずは大きく木の世界を知ってもらったうえで、日本の木、愛媛の木、地域の木など身近にある木のことも振り返ってもらえたら、木の世界をたっぷり堪能できるのではないかと思います。私自身いまだに木の世界の入口でワクワク・ウロウロするばかりで、どこに進んでいいのかも分かりません。木の世界は深淵、一生かけても木の魅力は味わい尽くせません

 




話は阿沼美神社のクスノキに戻ります。サカキアラガシ、ナナミノキなど境内に続く階段の脇にあった木々を伐採。これらの木についてはまた日を改めてご紹介します。神社とかでまとめて木を伐ると、普段手に入りにくい木と出会えるころが嬉しい。アラガシは、直径も尺足らずの大きさですがとにかく重い!伐採直後だとそれぐらいのサイズでも長さが2mあれば、人力では軽トラックに積み込むのもやっと。さて問題はこの階段を上がったところにある大きなクスノキです。スケール持って行くの忘れましたが、直径は1ⅿ超え!

木材市場に並ぶような巨大なお化けクスとかではありませんが、それでも十分にそれだけで一枚板になるサイズ。ただし搬出の都合上、長い材は出せないのと運ぶのに問題があるので短めに伐ってもらわねばなりません。丸太運搬用の車両があるわけではないので、欲を出さず安全優先。ちなみにこちらが枝の部分。立ち上がった幹から3,4mのところから大きな幹が地面とほぼ水平に延びて絶妙のバランスを保っていたのですが、それゆえに枝でも折れようなら幹が社殿に倒れ掛かる危険性も孕んでおりました。まあよくぞこれでバランスを取っていたものと感心しきり。

伐採の瞬間も見たかったのですが仕事の都合で伐採日には立ち会えず。後日神社に行ってみるとすっかり境内の様子が変わっていました。それまで日差しを遮っていた大きなクスノキが無くなったため、境内には光が入り随分と広くなったような印象。こちらが一番大きなクスノキ。レッカーで吊り上げて伐ったのですが、大きすぎてチェーンソーの刃が届かずかなり苦労されたそうです。町の木を伐る場合、電線やら軒先やらいろいろと障害物が多いので気苦労も多いようです。まずは怪我もなく無事に伐採できてひと安心。

こちらが元口から伐りだしたもっとも大きなところ。最大直径で1200㎜ぐらいあります。山から出すのであれば長いままで伐ってもらうのですが、町の木の場合、自分のところの車で搬出・運搬することになるので、長さは1ⅿ程度につまえてもらいました。これぐらいでないとうちのユニックでは吊れない。普段は製品しか運んでいないので、大きな丸太の運搬が不慣れなのと、神社の木ですからお祓いしてあるとはいえ、何かあると怖いのでいつも以上に慎重になります。製材所に運び終わるまではまだまだ気が抜けません。続く・・・




果たしてビーバーと造園屋さんはいかにして巡りあえばいいのか?当時は私もまだ完全にビーバーにはなり切れていなかった(子ビーバー)ので、正直覚悟もありませんでした。覚悟というのは、「それが欲しい」と言って話がまとまってしまった場合に、集まった材をどうするのか?こちらの思惑以上にあれもこれも全部持って行って、と言われてしまったら、こちらから言い出しておきながらそんなに都合よく断れるのか?持って帰ったとして【森のかけら】以外にどう活用するのか?どこに保管するのか?社員はそれを見てどう思うのか?理解を得られるのだろうか?

いろいろ考えていたら、やっぱり止めとこうとなってなかなか手を出せない世界だったのですが、思いがけない形である日突然その垣根は取り外されることになります。造園屋さんの方から声が掛かってきたのです。「〇〇で結構大きめの木を伐るんですが、大五木材さんではこういう木は必要ないですか?」これを僥倖と言わずになんと言おう!その時はすぐに【森のかけら】で必要な木では無かったもののこのご縁を活かさねばと二つ返事で答えて現場に駆けつけました。大きさこそまあまあだったものの量が少なかったのでスムーズに搬出完了。

それで、その時今後もこれこれこれぐらい種類のこういうサイズであればいただきたいとにこちらの要望も伝えると、先方もそれはありがたいという事で簡単に話がまとまりました。更に、それなら同業者にも声をかけてくれると、思わぬ形で造園業界に波及。ただし気をつけないと、必要も無い木の処分場になってしまうので、こちらが求めている樹種やサイズはしっかりとお伝えしました。基本は広葉樹で、変わった木!こういう交渉の際には【森のかけら】という実例が非常に有効です。ああ、こういうモノを作りたいのね、と。

職種は違えど同じ木を扱っている人間同士、話してみればその人も珍しい木を伐ったりすると、このまま捨ててしまうのはモッタイナイと感じていたそうで、使ってやれるのなら木も喜ぶだろうと共感してもらいました。だったらこれぐらいのサイズでこういう風に伐っておくと、話がトントン拍子に進んで、それからは近隣で伐採された『町の木』が急速に集まるようになりました。町の木の神様が導いてくれたとしか思えません。そうして私はすっかり『町のビーバー』と化していったのです。という事で話は地元の神社の木の救出に戻ります。

 




まずは境内へと続く参道脇にある小さめの木から伐採が始まりました。例のサカキはこのあたりにありました。伐採にあたられた地元の門屋造園さんは、地域の消防団活動でも一緒でいつも懇意にさせていただいていて、面白い木を伐採されるといつも分けていただいています。町の中に在る木を活かす『都市林業』は、これから非常に大切になってくると思いますし、その必要性はいろいろなところで叫ばれていますが大切なのは実際にそれを伐採するひととの結びつき。誰かが伐って誰かが運んで誰かが製材して、ようやく流れが出来るのです。イメージするだけでは動きません

高邁な理念もグランドデザインもいいけれど、地を這う我らビーバー隊としては、まずは自分が動けというのが信条。自分は高みの見物で指揮だけして、木を集めないビーバーなんていないでしょう。やっぱビーバーは木に近いところにいないと話になりません。近くにいれば、仲間にも会えるし、そこから話も広がる。私自身、ビーバーになるまで(もはや例えもよく分かりませんが、笑)、地元にこんなに個人で活動されている造園屋さんが沢山いらっしゃるって知りませんでした。これが本当の井の中のビーバー。そういう方たちとの接点もありませんでした。

そもそも材木屋は木材市場か製材所から木を買う者と教わって来たし、事実そうだったので、同じ木を扱う職業とはいえ造園屋さんとは別フィールドだと思っていました。国道などで街路樹を剪定している場面に出くわしても、小さな枝では興味も湧きませんでした。それが廃棄されることに違和感を覚える事も無く。その意識が変化してきたのは、【森のかけら】を作るようになってからです。日本だけでも120種の樹種を集めようと思うと、建築家具用材だけではなかなか難しい。それで意識がいくようになったのが、街路樹や公園や学校などにある木。それを剪定、伐採するのは造園屋さん。

それでいろいろ調べてみると、近くにも造園屋さんは結構あるし、繋がりがなくもないので、話はできそうだったのですが気になる事がありました。剪定作業を見ていると、横付けしたトラックに枝葉を次々に放り込んでいます。そのまま処理場に廃棄するので、面白い形だろうが大きかろうが関係ないわけです。材の形状などで仕分けるという作業が不要というか必要ないのです。そんな中に分け入って、「これとこれと、直径〇O以上の木だけ下さい」なんて言えるだろうか。逆の立場だったら、何言ってんだ!って気持ちになると思うとなかなか声が掛けられませんでした。

伐採になれば、伐った後どうするなんて考えませんからいかに効率よく仕事をするかが最優先で、いちいち形や長さなんて気にしていられません。それこそ横にいて、その場で判断して自分で指示を出すなり積み込みまですればいいのかもしれませんが、本業をほったらかしてそんな事出来ません。自分が最前線にいるからこそ、そこで働く人の気持ちを理解できる。だからといってボランティアをするつもりは無い。あくまで材木屋としての仕事の範疇でやらなければ本末転倒。街路樹を「業」としていかに効率よく手に入れるか?自分で伐らないビーバーの悩み・・・

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up