森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

木は山だけにあるのではない』そんな事を言った10数年前、同業者からは「何を戯言を!」と相手にもされませんでした。材木屋は、木材市場か製材所から木を買うモノという固定観念があって、その道から外れるものは負け犬、アウトサイダーと思われていました。当時はまだ街路樹などを入手するルートも分からず、またルートがあったとしてもそれからどうするかという事が自分の中で定まっていなかったので、街路樹の伐採現場に遭遇すると、「あれが全部廃棄されるのか・・・モッタイナイなあ」と唇を噛んでいました。

それから月日は流れ、【森のかけら】や『モザイクボード』、『森のたまご』、『森のしるし』などさまざまな樹種の多様な出口が定まり受け入れ態勢が確立。するとそれまでどうやって繋がればいいのか分からなかった造園屋さんとの関係が、向こうからやって来るという幸運にも恵まれ、造園屋から材木屋へのパイプラインが出来ました。その後はどうやって繋がったのかも分からないぐらい自然な流れで次々と複数の造園業者とも繋がり、受け入れの条件を厳しめにしないとダムが崩壊しそうな勢い。

街路樹や公園だけでなく個人の庭から出てくる庭木の話もあるのですが、愛媛の山から産出するのを待っていたらいつのことになるのかわからないような樹が、不意に持ち込まれてきたりと、庭木の多彩なバリエーションはとてもありがたい。とはいえ、木であればなんでもかんでもというわけではなく、ある程度の大きさ以上という事にしてもらっています。大きさだけの条件だと、それを軽々と乗り越えてドンドン集まってくるのが『クスノキ』。庭木や街路樹の中でも圧倒的なボリューム!

全国の巨樹ランキングの上位を独占するクスノキですから、その一族も大きく、受け入れのひとつの基準である尺上(約300㎜オーバー)もクスノキに限っては低いハードル。以前は特定の樹種ばかり集まっても仕方がないと考えて制限していましたが、今では新たな出口も出来て、それはそれでどうにか使える目途も立ちました。しかしあまり入口を緩めすぎると『楠専門店』みたいな事になってしまいます。キャパオーバーにならないように入口と出口のバランスを操ることが庭木・街路樹材を扱う者にとっての命題




随分前の話になるので恐縮なのですが、「平成30年度福祉・介護関係事業所 合同入職式」がひめぎんホールで開催され、愛媛社会福祉協議会さんから新たにその仕事に従事される方に配られる記念のコースターを作らせていただきました。関係者の方が弊社で作っている木のものづくりに興味を持っていただき、愛媛県産の木を使いたいというご要望でしたので、いろいろな福祉・介護の職場で働かれる皆さんがこれから連携して協力出来たらという思い込めて、「友情」の木言葉を持つ『ホオ(朴)の木を選んでいただきました。

ホオのコースターの中央に描かれた「」の文字は、愛媛県今治市出身で、歌いながら書道をする日本唯一のシンガーソングライター友近890(ともちか やっくん)さんが描いたもらったものをレーザーで彫字しています。入職式でも「被災地ライブを経て笑顔を届ける」と題して講演ライブが開催されました。恥ずかしながらそれまで存じ上げていなかったのですが、歌いながら書道をするというスタイルで全国各地の福祉施設などを回られ、その距離は既に地球6周目に入っているとか!

家を建てられるのは仕事も年齢も千差万別なので、昔ながらの材木屋の仕事だけをしていても、施主さんとしていろいろな方とつながってはいるのでしょうが、木材の納材業者としてはどうしても間接的な立場となるためなかなかその先の施主さん、お客さんと接することがありませんでした。それが【森のかけら】を作り始めて直接に最終購買者につながるようになってからは、一気に世界が広がりました。それまで無縁だった業界ともこうして結びつくようになったのはありがたい事です。

直接話ができるという事で、いろいろな提案も出来るようになりました。誰かが間に入ってしまうと、私が煎れたかなり癖はあるけどそれなりに深みのあるブラックコーヒーのような提案にも、間の方がボトボトとクリームを入れられて甘ったるくして癖も深みも無くした口当たりだけがいいコーヒーにしてお客さんに出してしまうので、折角の深みも毒もなくなってしまい、弊社の介在する意味そのものが薄れてしまっていました。なのでこういう距離感で思いが届けられるチャンスはありがたい!

ホオノキは、日本の広葉樹の中でも軽軟な木に分類されます。木の中でもひときわ目立つ緑色。触るとツルンとした滑らかな触感というよりは、カツラみたいに木綿のような温かみのある触感です。そのほどよい軟らかさが刃物との相性がよいということで、昔からまな板の材料として使われてきました。また刃物を傷めないという事で、刀の鞘としても重宝されました。下駄の歯としても有名です。大きな葉っぱは朴葉味噌などにも利用されるなど、目立たないところで活躍する縁の下の力持ちなのです




そこでやっぱり気になるのが、地方球場で試合が予定されていたとして、例えば大型台風がその地方を直撃予定で、2日間とも開催がほぼ絶望視されていても関係者は移動せねばならないものか!?ちょっとして雨なら当然移動して試合に備えるでしょうが、関東の球団が四国や九州の地方球場で予定して場合、試合の可能性がゼロの場合、地方にまで行って(雨天練習場もなければ)ただ大人数で移動して食事してホテルに泊まって帰るということになってしまうでしょうが、それでも一応は行くのかどうか!?

そのあたりのリスクについてはちゃんと取り決めがあるのでしょうが、天候が微妙な場合は球団関係者も気が気でない事でしょう。なぜそれほど試合中止の経費云々の話が気になるのかというと、私も今までに木材関係をはじめいろいろな会の運営に携わらせていただきましたが、その中でも一番気をもむのが、講演などでお呼びしたゲストのアテンド。その昔、結構な人数の規模の大会で、関西の人気芸能人に講演をお願いしることにしたのですが、当日天気が荒れていてもしかしたら飛行機が飛ばないかも・・・!

もしも飛行機が離陸後、天候不良で引き返して会場に行けなかった場合でも当方の不可抗力なので、講演代の返金は出来ませんなんて言われて青ざめたりしました。結局飛行機は無事飛んで講演にも間に合って事なきをえましたが、講演料も結構な金額だったので冷や冷やしていました。それでも関係者数名が同行されていました。結局その人たちの時間も買っているわけですから、それなりの人を呼べばそれなりの経費は発生するもの。なので野球チームがひとつ動くとなるとそれに関わるひとの数も相当になります。

何の仕事にしろ、多くの人が関わる、多くの人に影響が出る仕事というのは気を使うもの。試合が中止なって、数か月前からチケットを買っていてファンはガッカリしたものの、貴重なビジネスの機会を喪失した業者も沢山いたはず。もしも自社が何かしらの立場でこういう場面で関わっていたとしたら。試合開催が決定した1年前あたりからソワソワしながらも万全を期すために何度も何度も入念に打ち合わせをし、その日のために備えていたものがパーになる。考えただけでもゾッとします。観る側でよかった・・・




随分前の話で恐縮ですが、今年は松山坊ちゃんスタジアム阪神VSヤクルト戦が開催(4/24,25)。2年ぶりに愛媛で阪神戦が観られるということで、当然2連戦分のチケットは手配していたものの、雨で1試合を流してしまいました。それでも1試合は観れたので満足。試合が観れなかったのは残念だったものの、零細弱小ながらも会社を経営している身として気になるのは、中止の際の経費。愛媛に限らず地方で試合を予定していて、例えば雨で2試合とも流したとなると主催球団側としてはかなりの痛手となるはず。

本拠地のゲームと違い、地方球場の場合は中止となってもその場所で後日振替試合を行うということはありません。貧乏性の私としては気になるのは、2連戦を予定していて、その2日間とも台風等でほぼ100%試合が無理だろうという状況の場合。普通であれば松山など地方球場の場合は、前日に当地に移動して翌日の試合に備えることになると思います。2試合ともナイトゲームの場合だと、試合終了後その日のうちに移動するのは難しいでしょうから、選手、監督はじめ関係者は3日間ホテルに宿泊することになります。

華やかな舞台の裏のしみったれた話だとは思いますが、プロ野球のチームが動く(地方球場で開催する)となると、それに関わるひと・モノはかなりの規模になります。まず主催球団は球場使用料を払わねばなりません。選手、監督、コーチ、同行スタッフだけで70~80人が動くそうなので、その移動費、宿泊費だけでもかなりの額。随分昔でしたが、仮にヤフオクドームでプロ野球を開催した場合の試算をしている記事を見ました。球場使用料が1日1300万円。証明費や空調費、駐車場などの費用がざっと500万円

他にも演出や食費などもろもろ合わせると、1試合開催するにに必要な費用はおよそ3500万円だそうです。これはあくまでも「ヤフオクドームでプロ野球を開催したら」という試算でしたので、実際はホームグラウンドの場合は球場使用料等は必要ないし、地方球場の場合は使用料も格安だとは思いますが、その分球場のキャパも小さくなるので観客動員数もかなり減ることになります。飛行機などで移動する場合は移動費はかさみます。ですので3日間といえどもかなりの金額が動くことになります。続く・・・




3月に四国中央市のまなべ商店さんで開催したイベントでファイナルを迎えた『おとなの部活動/えひめのあるうれしい日』ですが、本日はその打ち上げ。どちらが目的かすらも分からないほどに、会場をどこでするかということだけで大いに盛り上がり、あちこち候補地が上がったものの最終的に松山市内のホテルに決定。3月で5年間続いたこの活動にもひと区切りがつきました。なのであくまでもお題目としては『おとなの卒業式』。こういう際には誰一人欠けることなく必ず全員が揃うというのがおとなのおとなたる所以。

普段の打ち上げでは途中で帰るメンバーも、腹をくくって飲めるようにそのままホテルに宿を取るなど準備も万端。さあ飲むぞと勢い勇んで会場に赴くと、驚きのオープンスペースのホール。ただでさえ、地声が大きく、我れが我れがと他人の話にかぶせていくことが持ち味のわれらおとなメンバーにとってこのオープンスペースはかなり忍耐を強いられることになるのでは!いやいや我々も良識のあるおとなとして最後ぐらいはシックに料理を楽しみながら、静かに思い出を振り返りましょう・・・化けの皮が剥がれるのにそう時間は必要なかった!

他のお客さんが引き上げるのに呼応するかのように徐々にわれわれのボルテージもあがり、いつもの豪快な笑い声に包まれました。おとなの部活動、こうでなくっちゃ!当然そこだけでは飲み足らず、その後はみんなで道後の町に繰り出すことに。4月の平日の夜という事もあって、道後の夜はひと気もまばら。観光にやって来た一団という体で、地元とおぼしき方に撮影を依頼し、閉店前の道後伊織店にも乗り込み店頭で大騒ぎ。さあ夜の道後で飲みなおそうぜと酔った一団が町を徘徊。周囲からはさぞ異様な集団に見えたことでしょう。

三澤厚彦さんの巨大なクマの前でこれが木彫りで無いのだこうだとグダグダ、昨年夏にオープンした道後温泉別館 飛鳥乃湯泉の前でふろに入るわけでもないのに料金がどうだのお湯の質はどうだのグダグダ、初めて愛媛にやって来た観光客という設定のコントが長引きすぎて、辿り着いた頃には目的の店は閉まっておりました。それでは泊まっているホテルの一室に持ち込もうということになってコンビニで飲み物、食べ物を文字通りのおとな買い。破れんばかりにパンパンに詰め込んだビニール袋を持って部屋に。

するとその部屋の鍵が見当たらないというお約束のコントをひと通りやり終わってようやく2次会が開催。宿泊者は浴衣に着替えていて、気分はおとなの修学旅行。もうすぐ枕投げでも始まらんばかりのノリで、ほとんど過去の思い出を振り返ることもなく、話題が次から次へと移ってあっという間に1時間、2時間・・・。そもそもは、ものづくり中小企業者の団体が、中長期的な戦略を描き、異分野の業界と連携し新たな需要開拓に取り組む事業というファンドでしたが、このチームワークは恐らく今後末永く語り継がれていくであろう、阿吽の呼吸で結び付いた奇跡の連携!卒業後もすぐに再会(再開)しそうで怖いほど!楽しすぎるご縁と素晴らしき仲間に感謝。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up