森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨日に続きて地方の木育の話・・・こういう活動が広まれば広まるほど、形式化され全国どこでも同じような木育が実施されるというのは味気ないし、面白くもない。偏屈材木屋としてはそういったマニュアル施策が大嫌いなので、木育はこうあらねばならない、こうあるべだなんて意見を大上段から振り下ろされると引いてしまいます。商売も同様ですが、撒いた種から翌日芽が出るような即席栽培のモノなんてすぐに飽きられてしまう。そこは時間をかけて改善や改良をしてコツコツとファンを作っていくしかない。

西予市が木育に取り組まれる姿勢は素晴らしいと思うのですが、これってすぐに効果が現れたり、その成果が目に見えて分かるようなものではないだけに、やり始めたからには是非とも気長に粘り強くやっていただきたいと思います。この政策の肝は、ひとです。木の楽しさ、面白さ、素晴らしさを知っていただくためには、その魅力を伝えるひとがいてこそ。いわゆる「作り手」と「広め手」の関係。西予市には学生時代の同級生や先輩・後輩など頼もしい人材が沢山いますので、『木の語り部』の育成にもご尽力いただきたい。

里山カフェ イソップ物語』では木育の翌日に演奏会も開催されそちらの方も好評だったそうですが、その場では地元で採れた食材で作った料理も出されました。そこには『吟醸牛 山の響』の肉を使った料理も!家内の実家は牛の肥育農家で、独自路線で販路を広げており、一昨年作った新ブランド『吟醸牛 山の響』も地域の方々の後ろ支えもあり少しずつ認知度が広がっている様子です。大きな道には大きな明かりもありますが通る人も多くて、小さき者はその中に埋没してしまいます。

小さき道には小さな明かりしかないものの、通る人も少なく目を凝らしてゆっくり進めば歩けないわけではない。足元は決して暗くない。これだけ木育が認知され、広がってきたのなら、中には皆が驚くような規格外のアプローチの木育があってもいいのではないかと思うのです。日当たりの悪い山で細くて曲がりくねって育ってた木にだって、好事家に愛される『変木』という出口があるのです。マニュアルの木育よさらば!ぜひ振り切れたような、エッジのきいた、変木のような木育を期待しています!!




先月告知させていただいていた、西予市野村町横林の『里山カフェ イソップ物語』で開催された『木工教室』の様子(2月24日開催)がえひめ新聞に掲載されました(2月27日掲載)。私は参加出来ませんでしたが、家内によれば沢山の親子連れが参加してもらい大いに盛り上がったようです。私と家内の故郷でもある野村町は平成16年の市町村大合併で、旧東宇和郡の明浜町・宇和町・城川町と西宇和郡の三瓶町との五町が合併して西予市になりました。その西予市は、今年の4月1日に「ウッドスタート宣言」をしました。

ウッドスタートとは、日本グッド・トイ委員会が開催している『木育』の行動プランのことで、簡単に言うと、子育てや子供が育つ環境の中に『木』を置いて、市民がもっと木に親しめるように環境を整えようという取り組み。具体的には自治体が生まれた赤ちゃんに地元で作った木の玩具を誕生日の記念品として贈ったり、木に関するイベントや体験事業を行ったり、子供たちの集う建物の木質化などです。言葉は今風ですが、決して珍しいものではなく、生かし切れていない林業資源を抱える日本各地の地方で命題でもあります。

今回の出前木育もそういう取り組みの一環で、材木屋としては大変ありがたい話ではあるものの、こういうことって一朝一夕で出来るものではありません。結婚してから家内と取り組んできて、およそ20年あまり。いろいろと紆余曲折はありましたが、最近になってようやく撒き続けてきた種から芽が出始めて、これから少しずつ『収穫』出来そうな環境になりつつあるように感じていますが、その年月は相手を育てる以上にこちらが育つために必要な時間であったようにも感じています。特に偏屈な私にとって。

大きな木を育てるためには深いところに種を撒かねばなりません。今では当たり前のように『木育』という言葉がどこでも語られるようになりましたが、北海道で木育が提唱されて20余年、その手段や人材の育成プログラムなどが整いマニュアル化されてきましたが、本来はその地域地域の特性や事情、林業との関わり方や距離感に合わせた独自のスタイルがあるはずだと思います。北海道には北海道に適した樹が育ち、四国には四国に適した樹が育ち、その中に多様な種類の樹があってこそ健全な森の姿。明日に続く・・・




昨日の続きですが、積雪そのものは20センチ足らずだったのですが、道路の一部が凍結していて、何度かタイヤが取られそうになりながらも交通量も少なかったのでノロノロ運転でどうにか新居に無事到着。最後に少し角度のある登り坂があるのですが、さすがにはそこはタイヤが滑って上り切れず車は断念。そこからテーブルとベンチを手運びで納品することに。結構大きなサイズではあったものの、素材がよく乾燥したイチョウヒノキであったのでふたりでどうにか搬入出来てほっとひと安心。

今回は施主さんが、自分の山で伐採されたイチョウとヒノキをずっと保管されていて、新居の建築の機会にぜひ家具に使いたいという事で、それらを使って製作させていただきました。弊社は材木屋なので、自社の木を売ってなんぼですので、通常は材の持ち込みによる家具製作はお受けしておりませんが、今回は新居の建築材、内装材等も納めさせていただきましたので、お引き受けさせていただきました。最近、材はあるので加工だけして欲しいという話も多いのですが基本的には材・工込みでお受けしております

イチョウには少しアオ(青い染み)が入っていたものの、立派な耳付きの板で、2枚幅剥ぎで天板に。脚はヒノキですが、なるべく素材を有効に生かすために箱脚にさせていただきました。大きな節はあるものの、赤身の張った生き節です。仕上げはいつもの植物性オイル蜜蝋ワックス拭き。雪で何度か納品のタイミングがずれたにも関わらず、寛容にお待ちいただき感謝!こういう風に自分のとこの山の木を使って家具を作りたいという方は多いものの、実際にこうして最後まで辿り着ける方はごくわずか

そのためのハードルは意外と高いのですが、今回のようにすぐに加工にかかれるほどいいコンディションでうまく乾燥させた材を持っている例は稀有で、その多くが保存状態が劣悪でカビが発生していたり腐食していたり、あるいは暴れたりねじれたり虫害を受けていたりと、材そのものに問題があるケース。また、賃加工のみで引き受けてくれる家具屋とつながるかどうか、甘く考えている加工賃等の問題もあって、いくら材があってもそう簡単には家具製作のスタートラインに着けないことも多々あります。

そんなにもったいぶらずに材の持ち込みでも何でも受ければいいのにと思われるかもしれませんが、そこはそれぞれの店の考え方。中には持ち込みOKのところもあるのでそういうところを探しいただくしかありません。私の場合は、自分が目利きした材を使って、信頼できる職人と一緒に家具を作るというのが基本的な考え方です。持ち込み材って、こちらのリスクが無い反面、材の対する愛着や思いが湧きおこらない。雪の轍を見ながら、いつもわざわざぬかるみに足を突っ込むような偏屈な人生だと思うものの、後悔は無い。




今冬の大寒波はさまざまなところに影響を与えています。松山市内は雪が舞うことはあっても積もるようなことはないのですが、南予は豪雪地帯を思わせる大雪。今年は南予や久万高原町など雪の多い場所への納品が多いので、天気予報とにらめっこしながら配達の段取りをしています。降雪そのものよりも道路の凍結が怖いので、なるべく早朝の配達は避けていますが、遠方だとそれなりに時間もかかるので計画が組みにくい・・・。それでもいつまでも引っ張れるわけもなにので、月末に雪の久万高原町へ。

久万高原町で新居を建築されたお客様からダイニングテーブルとベンチのご注文をいただいていて、1月中頃には完成していたものの、あいにく雪が続いていてなかなか納品に行けませんでした。どうやらその日は降雪は無いという事だったので、3t車に積み込んで納品へ向かいました。松山市内は快晴だったのですが、三坂道路を登っていくと少しずつ周辺の景色が変わってきます。山々の頂が白く染まっていく中、風雪に耐えかねてなぎ倒されてしまった木々の姿があちこちに・・・

たとえ倒れなくとも激しい風で木同士が激しくぶつかりこすれ合うと、「もめ」といって内部で圧縮破壊が起きているため、材質が劣化し丸太の価値は極端に低下します。どこでポキンと折れてしまうかも分からないため、建築用材としては利用する事もできないのです。大切に育てた木が伐採時期間近になってなぎ倒されている光景は無残で胸が締めつけられます。大雪が降ると全国各地で麻痺した交通網のことばかりが話題になって、山のことなどほとんど顧みられませんが山にも深い傷跡を残します。

そんな事を考えながら走っていると久万高原町に到着。道路の端にわずかに雪が残ってはいるものの、走行にはなんら問題はなくて、杞憂に終わったかと思い、更に奥に進んでいくと、突然雪が舞い始め道路も徐々に白くなっていきます。チェーン規制も出ていませんでしたが、大きな道路と脇にそれた道では状況は大違い。次第に雪も横殴りに降ってきて道路は真っ白に!あれほど頼もしく見えたお日様はすっかり姿をお隠しあそばれ、あたりの風景は豪雪地帯へと一変。無事に辿り着けるのか!?続く・・・




私と家内は二人とも愛媛県西予市野村町出身で、それぞれの実家も車で4,5分の距離にあります。家内の実家は肥育農家で、およそ400頭もの牛を飼っています。義父はJAに頼ることなく自力で販売ルートを開拓し、育てた肉牛を京都の市場に出荷していて、現在は義弟(長男)も一緒に仕事をしています。いつも肉を送っていただくのですが、味は最高で、肉の苦手な長女すらも「この肉だけは別」といってペロリと平らげるので品質は間違いありません!ただ悲しいかな認知度がいまひとつ・・・

大手と違い多額の広告費を使えるわけではないので、味は最高でもネームバリューが無いため訴求力が弱いというのが悩みでした。それで一昨年、独自のブランドを作ろうということになって、私も微力ながらお手伝いさせてもらい、『吟醸牛・山の響』というブランドを立ち上げました。命名の詳しい経緯については以前にブログで書きましたのでそちらをご覧ください。それから京都の市場でも『山の響』という名前が少しずつですが浸透してきたということで、関わった者としては嬉しい限りです。また地元でも認知度が上がってきて、その肉を取り扱っていただけるお店も増え、地域ブランドということで行政も応援していただいています。その名前にちなんだイベントも開催されます。

それが2月25日(日)に、故郷の西予市野村町横林の『里山カフェ イソップ物語』で開催される「山の響き音楽会」です。『山の響』というブランドにかけて、山の響や地元産の野菜を使った料理の立食会と木管五重奏「Ensembul des Apaches(アンサンブル・デ・アパッシュ)」によるコンサートが開催されます。それに合わせて、前日の24日には横林公民館にて、家内が講師となり小学生以下を対象とした「木工教室」が開催され、木で笛などを作って木の音色を楽しむ予定です。

これらのイベントは、「地域づくり手上げ型交付金事業」の一環として企画されているのですが、3月にはステップアップセミナーとして島根県から専門家を招き農と食を通じた地域づくりに関する講習会を計画されているということです。担当者の方が、山の響という言葉から、演奏会→木の楽器作りへと関連付けて企画されたらしいのですが、あえて「OO牛」とせずにイメージを膨らませるために『山の響』というネーミングとした狙いが功を奏しました。『森の出口』もいろいろな方面に少しずつ広がってきているようです。

木工教室2/24(土)15:00~横林公民館にて(小学生以下対象)、山の響音楽会2/25(日)12:30~ 里山カフェ・イソップ物語にて(定員40名 参加費¥2,000 問い合わせは横林公民館(tel 0894-77-0111)。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up