森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

毎年この時期にブログを書く際に気にしていることがあって、それは日頃からあまり積極的に活用したり出口開拓をしていない『マツ』について。その誕生月である1月の『松の内』ぐらいは、マツの木の話に特化しようと思ってはいるのですが、なかなか続かない・・・というか早々に諦めてしまっています。ちなみに最近あまりその言葉も使わなくなりましたが『松の内』とは、元旦から7日、あるいは15日までの松飾を飾っておく期間の事です。まあそもそも門松すら飾っていない者が何を言わんやという話なのですが、そんな後ろめたさもあって少しだけマツの話。

マツはマツでも日本のマツではなく、北アメリカ産の『サザンイエローパイン』。今までブログにもほとんど登場していないのは、この木ががどうこうというよりも、弊社ではあまりマツの出口自体が定まっていないので縁が薄いのです。多少は在庫しているのですが、「何の木でもいいけどマツ以外で」と注釈が入るぐらい「ヤニの出る木」はどうしても敬遠されてしまいます。ただサザンイエローパインなどは、現地でしっかり乾燥機で乾燥処理されているので、この後からヤニが発生することはほとんど無いとは思うのですが、マツ=ヤニの印象が刷り込まれています。

しっかり乾燥させるとヤニっ気もすっかり失せてしまうのですが、表面にザラメ状のヤニが吹き出ることはあるし、触るとネチャットしてマツ独特の触感はあります。しかしこれはマツの個性ですので、それをどうこう言っても仕方ない。それまで否定するとマツの存在そのものを否定するのに等しい。それでも若い頃はマツが苦手で、朝から梁丸太など触らないといけない時は疎ましく感じたりしてました。今は製材品はほぼKD化されて丸太のような生材に触る機会は少なくなり、掌がヤニでネチャネチャ真っ黒なんてことはほとんどありません。

そうなったら妙なもので疎ましく思えたヤニすら懐かしく思えたりします。先日もサザンイエローパインを見ていたら、すっかりヤニが抜けきったヤニ壺がありましたが、こちらも年を重ねたせいか、その姿に若い頃とは違う感情を抱きました。乾燥機で強制的に脱脂されたのでしょうが、なんだかご苦労様とねぎらいの言葉でもかけたいような気分。木に対する見方も、木目が整っているか光沢がどうか色合いがどうかといった品質的な評価よりも、趣きや味わい、存在感といった情緒的なものを重視するようになってきました。

そういう観点から見るとマツは実に趣き深い木です。外国のマツは日本のマツとはひと味違った印象があります。その木理も通直で力強くダイナミック。サザンイエローパインは全体的に色味が均一で、板目部分には炎が立ちあがるような豪快な杢が現れます。その部分にクラックが入りやすいため装飾的に使う事が難しい木でもありますが強度は抜群。摩耗にも強いことからヨットやボートなど船舶の部品やウッドデッキ、公園の遊具などにも使われます。若い頃とは違う視点でマツの出口を探していきたいと思っています。




新年あけましておめでとうございます。いつもはこの時期実家に帰省して正月を迎えていましたが、今年はこどもの受験などもあって自宅で新年を迎えまして、リアルタイムでのブログ更新となりました。昨年は大変お世話になりましたが、本年も何卒よろしくお願いします。10年もブログを書いていると正月は毎年相も変わらず同じような内容を書いていて成長もありませんが、恒例ですの今年も干支・鼠にちなんだ話を少し。名前にネズミがつく木はいくつかあり【森のかけら】に含まれている木としては『トウネズミモチ(唐鼠黐』があります。

まさに今日のためにある木なのですが、間の悪い事に現在欠品しております・・・。ここで出さずにいつ出すんだ!と叱られそうですが、そうなることを恐れて随分前から探しているもののなかなかご縁がありません。ちなみに、ネズミモチの名前の由来は、この果実がネズミの糞によく似ていて、葉の形がモチノキに似ている事から。頭の唐は、中国大陸中が原産の名残。それに対してほぼ日本にしかない国産の準固有種『ネズモチ』は、400種版ではリストに加える予定です。

他にも、もろに鼠の文字が入っている木としては『ネズコ(鼠子』があります。これを書いていて今、しまったと思ったのは、年賀状にネズミの名前がつく木としてこのネズコの事を書き忘れしまった事に気づいたから。折角【森のかけら】にも含まれている木なのにとんだ失態💦  四国にも自生されているとされているもののほとんど材としては愛媛では流通していないので(かけらは岐阜から調達しています)、日頃ほとんど意識することが無いというのが苦しい言い訳。そのちょっと愛嬌のある名前は、材質が少し薄暗く鼠色をしている事に由来しているそうです。

この木については失念したお詫びも込めて後日改めて『今日のかけら』として書きます。他にも『ネズミサシ(鼠刺)』というちょっと物騒な名前の木もあります。怖い名前の由来は、文字どおり針葉が鋭く尖り、鼠の通り道にこの木の枝葉を置いておくと針葉が鼠を刺して進入防止になることに依ります。今思いつく『ネズミの木』はこれぐらいですが、いずれも在庫が切迫しているので何はともあれ、急いで在庫を補充しておかねば!という事で、今年もいっぱい木の話をしていきたいと思っています(^^♪




1年ほど前からボツボツ集め続けて来た街路樹や自社林としてのクスノキの丸太。意識してクスノキばかりを集めていたわけではないのですが、こういう集材にもバイオリズムみたいなものがあって、ある特定の木にご縁があると、そればかりが妙に集まり続けたりします。ビーバー的には、『モッタイナイ神の見えざる力』とでも呼ぶべき引き寄せの法則。いろいろな種類の木を、置き場が満杯にならないように少しずつ集めたいなんて自分勝手な構想を立てている時に限って、神の雷(いかづち)のごとく法則が発動されます。

これは、自然界はそんなに自分に都合のいいように動くものではないという戒めが込められていると思っています。その証拠に一時のクスノキ嵐が終息するとそれからは嘘のようにクスノキの話はピタッと止まってしまいました。モッタイナイ神、恐るべし!まあそういう事で、クスノキがこれでもかと集まったのですが、うちには大きな丸太を挽くような製材機は無いので、三津浜の瀬村兄貴の元へ持ち込みます。つまり瀬村さんの土場がうちのクスノキで埋め尽くされてしまっていたわけです。

そういう状態でありながら、その間隙を突いて他の丸太も投入していくわけですから、最初の頃に持ち込んだクスノキはなかなか挽いてもらえません。まあこれがエノキとかならヤバい事になっていたでしょうが、そこは水質にも強いクスノキですから(その見込みもあって放置されたのでもありますが)これぐらいでは何の問題もありません。そのごく一部をやっと挽き始めてもらうことになり、少しずつ挽けた板を持ち帰っています。中にはおよそ1年ぶりに再会したクスノキもあって、そういえばこんな形の丸太だったかなと記憶の糸を手繰り寄せたり。

挽けたといっても、これですぐに売るというわけではなく、ここからは弊社で桟積みしてじっくり天然乾燥させていきます。その後は乾燥を見極めてからの販売となります。長さも短くカットして厚みも45㎜程度なので、早ければ1年後ぐらいには陽の目を浴びることになるかなと考えています。恐らく若い頃の私ならゴミにしか見えなかったでしょうが、今はこの先に明確な出口が見えていて、1万円札が貼り付いているように見えます(笑)。恐らくこれからもっともっと早いスピードで木の価値基準が変わっていくと思います。振り落とされないようにしがみついとかないと!




国内外の240の木を集めた【森のかけら】について、初めて商品説明をすると、寄せられる反応の多くは、「こんなに多くの種類があるんですか~」と「よくこれだけの種類を集めましたね~」の2つ。種類だけで言えば日本国内には、灌木なども含めれば1,500種ぐらいの樹木があるとされているのでまだまだわずかです。それでもよく集めたなと感心してもらえるのは、これだけの木を集めることが容易ではないということの裏返し。そこで、弊社のものづくりの原点の話へと繋がっていくので、どうしても話が長くなってしまう💦

そうしてモクコレでは商品そのものというよりは、ものづくりのコンセプトやその背景などについてお話させていただきました。今後の展開も含めると外せないのが『都市林業』の話。それで、ホテルまでの道中に東京の街路樹も意識して観察してみました。というのも、少しでも宿泊費を浮かそうと安いホテルを探してたら、駅まで徒歩6分と車で6分(徒歩で20分!)を勘違いして予約してしまい、連泊の3日は毎日結構な距離を歩く羽目になってしまったため、嫌でも東京の街路樹をじっくり観察することになったのですが。

もともと東京は、どこまでも続く原野(いわゆる武蔵野)だったところに、人が暮らすようになり屋敷林や防風林、雑木林などの落葉広葉樹が植えられた歴史があるようで、中でもケヤキは多かったそうです。そのため東京都の木を決める際にもイチョウとケヤキで市民投票が行われ(結果はご承知の通りイチョウに軍配が上がりました)たりもしました。その名残というわけでもないのでしょうが、やはりイチョウはよく目につきましたし、他にもクスノキケヤキ、ソメイヨシノなどを見かけました。

本当は立ち止まってそれぞれ写真も撮りたかったのですが、東京の人並みの圧に負けてなかなかそれは出来ませんでした・・・。街路樹に写真を向けて撮影をしているという事への恥ずかしさはすぐに消え去ったのですが、田舎者には人の流れを遮ったり逆らうのがなかなかうまく出来ない💦それでも東京の街には思っている以上に緑が多い!それを考えると道路整備に伴い伐られる街路樹の数も半端ではないと思われます。それらをうまくコントロール出来れば、『都会の森』からかなりバリエーション豊かな材がかなりに量、産出出来ると思います。

田舎と違って制約も高そうなのと、ストックヤードやその後の製材から保管まで考えるとハードルは高そうですが、それらすべてを産業廃棄物扱いなどにしては罪です。既にそうやって都市林業に取り組まれているところも多いと思いますが、最大のポイントは『出口』。集めた元街路樹をどう使うかという青写真が描けていないと、『都市山林』の算出量はスケールが違うので、あっという間にダムは満杯になり崩壊してしまう。だからといってその出口をバイオマスなどに求めるのだけは避けたい。もっともっと輝ける場所があるはず!それを考えるのが木を植えた者の使命




宮城県の次は山梨県ブースにご挨拶。と思ったらお目当ての方のブースは大人気でお客さんが絶えなくてなかなかタイミングが合わず。そしたらちょうどその前が埼玉県のブースで、そちらの方がお声をかけてくださったので、それならばこの機会に、少し前に書いたばかりの『埼玉のサワラ』についてお話を伺わせていただくことに。その時に【森のかけら】用にサワラの端材を分けていただいていた製材所さんの名前を失念してしまい、「あの・・・飯能辺りでサワラを挽かれている」と言ったら「それなら岡部材木店さんだ」とすぐに名前が出ました。

飯能でサワラといったらすぐ分ると仰っていたので相当有名なんですね~さすがです。その岡部材木店さんは出展されていませんでしたが、埼玉県行田市の島崎木材さんが『秩父の大滝サワラ』を出展されていたのでそちらでお話を伺いました。関東の方は地理に疎くて大滝という地名も知らなかったのですが、大滝とはかつて埼玉県最西端にあった大滝村のことで、現在は平成の大合併で秩父市となっていますが、旧村域全体が秩父多摩国立公園に指定されていて埼玉の自治体の中では最も広い面積を誇った地域だったようです。

 

そんな大滝の森で育ったサワラが、『秩父の大滝サワラ』なのだそうです。島崎木材さんは、自社で直接原木を買い付けして加工されているそうで、当日もサワラのフローリングを展示されていました。サワラというとかなり軟らかい印象があって床材よりは壁材に提案することが多いのですが、愛媛だといくら軟らかくても問題なしとされる『ヒノキ信仰』があるように、埼玉でもサワラに対しては地元の方はかなり寛容なのでしょうか。サワラの場合は後からジワッとヤニが滲み出してくるので【森のかけら】でもその対応に手を焼いています。

それは地元でも同様らしく、縁の周りにヤニが滲み出た桶をサンプルとして展示されていました。サワラだけでなくヒノキも仕上げた後長期間放置しておくとヤニが滲み出すこともあります。お酢や消毒用のアルコールなどで拭き取れば表面のねとつきは取れるものの、黄色くなった変色は残ってしまいます。しかし油分が多いからこそ耐湿性が高いわけですからそれも甘んじて受け止めなければならないと思うのです。木は人間に都合のいいように出来ているわけではなくて、人間が利用させてもらっているのですから、否定から入らずに特性を理解するのが最低限の礼儀だと思います。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Scroll Up