森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今ではほとんど見かけなくなりましたが、ひと昔前なら和風の家の玄関には欠かせなかった磨き丸太。愛媛の久万高原町はこの磨き丸太の製造が盛んで、冬場になると搬出された丸太の樹皮を剥いて、表面が割れないように背割りを入れて乾かせるのですが、生木なので気持ちいいぐらいにツルンと樹皮が剥けます。荒々しい樹皮の下から清々しい滑らかな丸太が現れる瞬間を見るのが好きでした。玄関ポーチの磨き丸太と和室の床の絞り丸太といえば和風住宅のお約束でしたが、今ではほとんど見かけなくなりました。

それも時代の変化で、それに対して嘆いてみても仕方ないのですが問題は残ってしまった丸太たち。鴨居や敷居のようなものであれば再割り加工して削り直して磨くなり塗装すればいかようにも転用できるのですが、背割りがガッツリ入った丸太となると、加工し直して使うというのも簡単ではなく、丸い形にこだわればこだわるほど用途が限定されてしまいます。なるべくならばこの形を活かしたままで別の出口をみつけたいところなのですが、今のところこれといった出口が見当たらず思案投げ首・・・。

直径がある程度小さければまだ用途も広がるのですが、残っているものが末口で直径5~6寸あってそこそこ大きくて逆に使いづらい・・・。だから結局売れ残ってしまったということなのですが、それにしてもこのままで置いておいても仕方ないので、何かしらの出口をひねり出さねばなりません。なんて考えている時が実は一番楽しかったりするのですが!そうこう言っていたら珍しく磨き丸太の注文が入ってきて1本売れてしまったのですが、こういう事があると「非情の決断」にも迷いが生じてしまうのです。

そういう予定外の注文とかに対する何の根拠もない甘えが結局この結果を招いているので、ここは迷ってはいけない。だからといって和建築の伝統である磨き丸太、絞り丸太に希望を持っていないわけではありません。数は減ったといえどもそれを使った現場もあるし、やっぱり家には丸太の1本も欲しいという方もいらっしゃいます。ただしこういう嗜好品は実際に見てみないとその良さが伝わりにくく、手に取って木肌に触れて体感してもらう場所が必要なのですが、松山だとそういう環境はほとんどありません。

高いものになれば数十万もする世界ですから、モノを近くで見る場所がなければ、写真だけとか電話のやりとりだけでは売るのが難しく、見れない→良さが分からない→だから使わないの悪循環に陥ってしまっています。そうなって初めて「今すぐに見せることが出来るモノがそこにある」という在庫のありがたさを実感しました。時すでに遅しですが、考え方を変えれば、これからここで作るものであれば、実際に見たり触ったりしていただく事も可能ということ。アイデアの調味料さえ見つかれば素材はそこにある




和風住宅にはなくてはならない大切なパーツであった敷居鴨居、廻縁、台輪、長押などの造作材ですが、ひと昔前まではそれらをどれぐらい在庫しているかというのが、いっぱしの材木屋かどうかのひとつの基準とされていました。今から30年ほど昔の話。弊社も高知や岡山、三重の木材市場に出向いて梱包で仕入れていました。倉庫にはさまざまなサイズの造作材が所狭しと並べられ、それが飛ぶように売れていたそんな夢のようだった時代から時は流れ、今では倉庫の中に当時の名残りはほとんどありません。

売れてなくなってしまったわけではなく、時期を逸してヒノキスギの無垢の造作材が求められなくなって売れ残ってしまったモノを、別の「出口」で販売したという事。その判断に踏み切るまでには長い時間がかかりました。またきっといつか需要が戻って来る、無くなってしまうと後で困ることがある・・・一度無くなってしまった需要は戻ってきませんでした。最初こそ泣く泣く鴨居や敷居を割り返して別の形に加工していたものの、結果的にはそうして売ったほうが、造作材として売るようにはるかに儲かったのです。

大きなものは大きく使うというのは材木屋としての矜持だとは思っていますが、それはある程度のサイズの巨木に対する考え方で、なんでもかんでもその言葉を持ち出すのはただの怠慢。本気で木の価値を高めて売る努力をしなければと気づいたのは【森のかけら】を作り初めてですから、相当に遅かったのですが、そこからは火がついてあれほどあった鴨居や敷居、廻縁は別のモノに形を変えて、みるみるうちに姿を消していったのです。今、稀にそういう注文が入ると、わざわざ1本とかを仕入れに行くような状態。

サイズによってまだ少しだけ残っているモノもありますが、それらも最終的に倉庫から出ていくときの名前は「造作材」ではないとでしょう。リタイアされた年配の大工さんがたまに遊びに来られて、倉庫を覗かれるとその品揃えの変化に驚かれます。しみじみと時代は変わったなあ~なんて仰いますが、30年前の私が見ても「これで何をどう商売するのか?」と驚くに違いありません。そう言う流れに取り残された形で「原型をとどめている」のがこの丸太たち。玄関のポーチ柱などに使われていた磨き丸太。続く・・・




何か面白い木って無いですか?」若い設計士さんからそんな問い合わせがよくあります。そんな時に、「それではこんな木がありますがいかがでしょうか。その木は1826年にバンクーバー島の西海岸で、イギリスの王立園芸協会会員の植物学者ダグラス博士によって再発見されました。その木は、鎖国中の江戸時代に浦賀にやって来た黒船にも積まれていて、かのペリー提督が幕府に献上した数々の品の中にも含まれていました。そんな歴史的な背景のある木ですがどうですか?」

「それは面白い!何という木?」大抵の場合は食いついてこられます。それから更に丁寧に説明します。「今やその木は北米大陸を代表するような木になりました。中でも200年を超えるような高齢の原木を『オールドグロス(Old Growth)』、植林した2次林の事を『セカンドグロス(Second Growth)』と呼んでいます。正式な名前は『ダグラスファー』、正確な和名は『アメリカトガサワラ』です。いかがですか?」「ダグラスファー?聞いたことも無い名前だけどサンプルってありますか?」

待ってましたと、ここでようやくサンプルをお見せします。先方の反応は大抵「・・・これって米松じゃないですか?」「ええそうですよ。英名ダグラスファー、和名アメリカトガサワラ、商業名米松です。」「米松かよ~(ガッカリ)!」ペリーの黒船や200歳以上のオールドグロスの話にはあれほど食いついていたのに。あまりに身近にあり過ぎると、逆にその本来の価値が見えなくなる事があります。ベイマツと聞くだけで途端にそれが安っぽく見えてしまうのはその典型でしょう。

とはいえ最近は、スギ並に目の粗いベイマツも出回っているので、ベイマツ自体の評価が低くなるのも致し方ありません。もはや『ピーラー』も死語に近い。なので若い設計士さんにとってベイマツは、人工乾燥機ですっかり油っ気の抜けてしまったパサパサの目の粗い木という印象しかないのかもしれません。先日、そんな印象を一変させるような迫力あるベイマツ、いやダグラスファーに出会いました。デンマークのスカンジナビアンリビング社の幅広・長尺の一枚板のダグラスファーのフローリング

弊社が取り扱ったわけではなく、現場に収められたモノを拝見したのですが、長さ3m、幅300㎜、厚み28㎜の一枚板の豪快な商品。ほとんど木裏使いで、裏面に浅めのバックシールが3本入っていましたが、反り止めというよりはほぼ気休め程度。しかしこれぐらいの商品になると、節がどうのこうの言ったり、多少の反りやねじれなんて野暮な話。それらも本物の木の魅力のひとつじゃないかと言われれば納得してしまうほどの圧倒的な存在感!もしも黒船にもこういう木が積まれていたならば徳川幕府の心もさぞかし揺れたのでは?!




今から四年ほど前に仕入れた『愛媛県産のカラマツ』、板に挽いてずっと天乾させてきました。これぞカラマツの出口!という明確な用途は未だ定めきれていないものの(あくまで私の中での出口)、耳付きの小棚などとして少しずつ倉庫から巣立っていきました。このカラマツが手に入るまで私自身も愛媛でカラマツが採れるとは思ってもいませんでしたが、恐らく愛媛の人の認識も同じようなもので、カラマツの認知度は東日本に比べると圧倒的に低く、実物を見たことがあるという人も少ないという状況。

今は長野や東北などの国産カラマツをはじめロシアや中国産のカラマツのフローリング製品なども自在に入ってくるので、かなりその名前も知られるようになりましたが、それでも愛媛でマツと言えば『アカマツ』の事を指します。そういう環境ですから、カラマツを薦めようにもまずはカラマツがどういうものなのかを説明するところから始まるため、商談成立までに結構時間がかかります。カラマツ最大の魅力である(私はそう信じています)経年変化によって飴色のような艶と光沢が生まれるというストロングポイントの実例も愛媛では少ないのです。

経年変化の実態を知ることの出来る実例としては、この近くだと我が家のリビングに貼ったカラマツ(長野産)のフローリングぐらいしかありません。さすがにその床を剥がして持っていくわけにはいかないので、共感を得にくい点はありますが、それでも今までに愛媛県内の住宅に国産カラマツを広めてきた自負はあります。なので、この愛媛県産のカラマツもどうにか使ってもらえないかと薦めてきたものの、少しだけ不安もありました、それはカラマツにとっては避けることの出来ない宿命である、『ヤニとねじれ』。

カラマツ王国長野県では、圧締乾燥脱脂技術の確立によって、その障壁を乗り越えて、カラマツを世に出すことに成功しましたが、生憎ここにはそのどちらの設備もありません。幸いにも板にしたカラマツからはほとんどヤニが出ていなかったので、とりあえず綺麗に桟を揃えて、超重たいアマゾンジャラのデッキ材の梱包などをカラマツの上に乗せて重しとしてひたすら乾かし続けました。すっかり水分も抜けていい感じに仕上がってきました。そんな愛媛県産のカラマツにも光が当たる時がやって来たのです!続く・・・




前に来た時にも見ていたはずでしたが、人が多くて写真に撮らなかったのか、目には映っていながら気に留めていなかったのか、天守閣から降りたところに1本の大きな『エノキ(榎)』がありました。「榎 定年齢100年」と書いた紙が取って付けたように掲げられていましたが、もしかしたら以前はそれがなくて、エノキかどうか自信が無くて撮影しなかったのかも?もしかしたら私と同じような人間がいて、樹種名が分かるようにして欲しいとの投書でもあった結果なのかしら?

ところで、なぜに姫路城にエノキがあるということで興奮しているのかというと、ニレ科の広葉樹エノキの学名はCeltisといって「甘い果実をつける木」という意味があります。私は実際にその実を食したことはありませんが、昔飢饉の時にはエノキの実を食べて飢えを凌いだそうです。そのため非常食として全国各地に植えられ、人の命を救ってくれる救荒植物として重宝され、信仰の対象ともなっていきました。そのため城造りの名人と謳われた加藤清正公は城の中にエノキを植えたといわれています。

籠城して食料の調達が困難になった時には、エノキの実を食べてでも生き抜く、またその樹皮は燃えやすいので薪として燃料にも使えるということで、築城の際には城内にエノキムクノキを植えたというのです。まあ城内にはいろいろな種類に樹が植えてあるので、もしかしたらこの話も後付けかもしれませんが、エノキという木の特性をしっかり捉えて彩りを与えている話だと思います。そういう事もあっていろいろな城に行って、城内にエノキを見つけるとひとりで勝手に納得してしまうのです。

まあしかし推定年齢100年という事ですから、既に時代は大正。まあ推定年齢ですからザックリですが、救荒植物としてというよりも植栽の一部として樹形のいい樹として植えられたのかもしれませんが、そういってしまっては身も蓋もない。やっぱりそこは戦に備えた植えたのであって欲しい。立派な枝ぶりのエノは、観光客に大きな日陰を与えてくれていました。大木あるところに人は集まる。さまざまなに思いを馳せながら、ミスター会の研修旅行はこれにて終了。バスは一路、松山へと向かうのでした。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Scroll Up