森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

王子が岳』から車を走らせ、倉敷の美観地区へ移動。何度も来ているのですが、子供たちはまだ幼かったのであまり記憶にないようでした。混雑を避けるために朝早くに自宅を出たものの、明確な目的を持った小旅行ではなかったので、あちこち寄り道している間に昼近くになってしまい、結構な数の観光客が溢れていました。材木屋だから美観地区の古建築かと思われるかもしれませんが、実は誤解を恐れずに言うと、個人的には特別に古建築に興味・関心が強いというわけではないのです

今回もここに立ち寄ったのは家内のリクエストです。仕事がらまったく興味、関心が無いというわけではないですが、古建築をわざわざ訪ねて歩くようなマニアでもありません。その辺りは自分でも不思議なくらいなのですが、同様に古材に対してもそんなスタンスです。なぜかというと、人が何十年も住んだ家にはその人の思いというか御霊(みたま)のようなものも宿ると思っているので、解体した部材にもそれらは宿っていて、おいそれと商品として扱うには重た過ぎると感じてしまっているためです

だからといって古材を取り扱うことを否定しているわけではなくて、例えば自分の先祖の家など身元がはっきりしている分にはどうこう思わないのですが、他県でまったく縁もゆかりも無い所にあった築百数年の家などの場合、びびりの私としては気が引けるというか、進んで関わりたくはないのです。幽霊的なものとかの事を言っているのではなく、強い思いのこもったものってちょっと近寄りがたいというか、軽々しく関われないなあと感じてしまうのです。これはあくまで個人の感覚なので気にならない人は沢山いると思います。

そういう方は大切に古材を活用してあげてほしいと思っています。古建築には今では手に入らないような立派な部材を使われているケースも多いので、活かせるものであれば活かしてあげていただきたい。時々、弊社にも「古材は扱っていないのか?」という問い合わせがあったりするのですが、私はこういう感覚なので古材は扱うつもりはありません。それゆえ古建築に対しても興味、関心が薄いのだと思います。材木屋としての資質が問われる問題発言かもしれませんが、偏屈ゆえ木に対する畏怖が屈折しています。

古材ではありませんが、自然素材という意味ではも同様だと思っています。日本でお墓といえば御影石がほとんどですが、海外では大理石で墓石を作られるケースが多いようです。大理石は軟らかく加工が容易で、微細な彫刻に適していて、炭酸カルシウムが主成分なので酸性雨にも強いためとも言われますが、一方では人間の骨を構成するリン酸カルシウムと同じカルシウムなので、人の念が寄りやすいからだという説もあります。別に怖い意味ではなく、自然素材ってそいうものだと思うのです。




街中を走っていると、目の前に重機を運搬している車の後ろに付く事が時々ありますが、そういう時に気になるのは荷台の床板。完全に職業病です。通常は硬くて耐久性のある『アピトン』が使われることが多いのですが、松山においては南洋材の製材は年々減少して、南洋材の丸太そのものを扱うところが減っています。その代わりに、県外の工場で製材しフローリング加工されたものが入ってきたりしてその需要を補っています。そのほとんどがアピトンで、業者間でも「荷台の床板ならアピトン」というのが共通認識です。

しかし部分的な張替工事などで、オーダーサイズの床板が欲しい場合、アピトンの丸太がひっ迫しているとしばらく待っていただくことになり、やきもきすることになります。そんな時、アピトンでなくても別の木でもいいのでは?と思ったりもするのです。例えば同じように硬くて耐久性のある『イエローハードウッド』や『グリーンハート』などでもいいのではないかと、倉庫の中にある材を眺めながら思うのです。まあ現実的には、それらの丸太が松山にあれば、という話になるのですが、これもタイミング。

比較的丸太が入りやすい『カポール』なんかだと大丈夫だと思うのですが、納品後どの樹種がどれぐらいもったのか等のデータが無いので一抹の不安があったりします。まあこういものもウッドデッキと同じように、木そのものの強度や耐久性だけでなく使用頻度やメンテナンス等に左右されるケースが多いと思われるので一概に比較も難しいと思いますが、やっぱりアピトン最強なのかしら?紫外線に晒すだけの実験なら自分でするのも可能なんですが、キャタピラーの付いた重たい重機の積み下ろしなどにどこまで耐えるのか?


数トンもある巨大な重機の硬くて鋭い鉄のキャタピラーで日々ザクザク踏まれたりする姿を想像すると(床板の視点)、過酷な現場に送り出してなんて残酷な親なんだと申し訳ないような気持ちになったりもするのですが、もうそこは「お前の強靭なボディーであれば耐えられる!この過酷な仕事が出来るのは君たちだけなのだ!誰かがこれを やらねばならぬ、期待の人が君たちなのだ、どうか頑張ってやり遂げてくれ~! 」と、宇宙戦艦ヤマトの乗組員並みの使命感を委ねて見送るしかないのです。日々、断腸の思い・・・。

まあこれはネタ的な話で、実際にはカポールでも車輌の床板としては十分でよく利用もされています。他の木についても地域性というかその場にあるものの中のベストという意味では使われている地域もあると思いますし、適正は十分にあると考えています。以前に『今日のかけら/カポール』でも触れましたが、カポールはシリカを含んでいて刃こぼれしやすいのと、アピトンほどではないにしろヤニも発生するので注意が必要です。耐久性に優れていることから車輌の床板以外にも、住宅の外壁などにも利用されています




太陽に近い場所で行ったイベントで、肌の弱い私は軽度の火傷並みの日焼け。普段から屋外で半袖で仕事しているため、もともと二の腕あたりから白黒に分かれているのですが、輪をかけて黒味が一層濃くなりました。もともと色白なのでコントラストが凄くて、日焼けしていない部分と並べると違う国の人が並んでいるかのよう。そういえば名前をいただいた横綱・照國萬藏も色白のもち肌で、その巨体が徐々に赤身を増していく様子とリズミカルな取り口から『桜色の音楽』と呼ばれていましたから、色白な肌も受け継いだのかも。


ところで8月11日は『山の日』で、全国昨年から制定されましたが、今年も全国各地でそれに伴うイベントが開催されました。「山の日制定議員連盟」という超党派の議員連盟が、山を考える国民の祝日にしようと制定に動かれ新設されたそうですが、もともとは8月12日で考えられていたようです。それがなぜ11日に変更されたかというと、8月12日は日本国内で発生した最大の航空機事故で知られる日本航空123便墜落事故が起こった日であるため、8月12日になったということです。もうあれから32年・・・

先に制定された海の日に比べるとまだ世間での「認知」は低いようですが、8月12日が語呂合わせとかで山をイメージするものではないことからどうしても、8月12日=山の日がなかなかしっくりこないのかもしれません。むしろ、1977年(昭和52年)に我々の大先輩方である日本木材青壮年団体連合会などが提唱された10月8日の『木の日』の方が分かりやすいのではないでしょうか。10月8日を漢字で表すと、十月八日。「十」と「八」を組み合わせると「木」の字になることから、この日が選ばれました。


数ある記念日が「OOだからこの日がOOの日」という理由(語呂合わせや根拠)がある中で、その日でなければならない理由が弱い『山の日』は、一般の方にまで浸透するには時間がかかりそうです。ところで最近、愛媛新聞のスポーツ欄でスポーツ新聞のような『隠しメッセージ』をよく見かけるようになりました。編集方針に何かあったのか分かりませんが、山の日のプロ野球の欄には山に関する言葉が溢れていました。中にはかなり苦しいものもありますが、個人的にはこういうの好きです。どれだけの人に響いたか?!




ご紹介したウッドデッキの『マニルカラ(別名アマゾンジャラ)』ですが、最近お問い合わせも急増しています。このブログを見たいただいた遠方からのお問い合わせもあったりとありがたいのですが、その中には次のようなご相談もあります・・・「以前に軟らかい木(たぶんSPFとかスギ、ヒノキ)で作ったものが、数年で朽ちてしまったので、硬くて長持ちする木でウッドデッキを作りたいのですが、軟らかい木とあまり変わらないような値段で、腐りにくくて長持ちする木を探しているんですけど


正直、唖然とします。弊社の扱っているマニルカラだと、スギやヒノキに比べれば価格は(サイズ等にもよりますが)4、5倍はします。ただしスギやヒノキであれば床板の厚みが30㎜~40㎜程度必要であっても、マニルカラであれば20㎜で十分強度を保持できるなど一概にサイズだけでは単純比較できませんが、それでも相当な開きがあります。弊社としては『適材適所』の考え方で、硬くて長持ちする木はそういう場に使えばいいし、軟らかいが木目が美しい木は造作に使うなど、その木にはその木なりの使い道があると考えます。

なので、ウッドデッキには軟らかい木を防腐剤等で薬剤処理して使うのでなく、硬くて耐久性のある木を使うべきだと思って、マニルカラなどの高耐久木材を薦めているわけです。材質も緻密で比重が大きいため、水に沈むほど重たく、防腐剤などの塗装なしで十分に外部にも使えます。それまでいろいろな木で試してきて、強度、耐朽性、供給安定性、施工性などいろいろ比較して現在はマニルカラをメインで扱っています。今では多くの設計士さんや工務店さんの支持を得て安定的に使っていただいています。


そんな優れた特性を持つマニルカラですから、お値段はスギやヒノキの4、5倍もします。しかしそこは考え方で、ウッドデッキを長く楽しむためのランニングコストだと考えていただければ決して高くはないと思っています。現にそう考えていただいている方が沢山いらっしゃるからこうして安定して販売も出来ているのです。高いものには高いなりの理由があります。なのに価格はスギ、ヒノキ並みで同じ程度の品質を要求されても・・・もしそんな木があるのであれば、弊社とてマニルカラよりそちらを売っておりますって




あくまでもプライベートの話ですが、のちに『猛獣使い』の異名をとることとなる愛媛の異形の地方公務員・藤田雅彦さんがご自宅の庭にウッドデッキを造ることになりました。森のかけら】の育ての親のひとりでもある藤田さんにより、弊社のスキルも確実にアップしましたが、それは「毒を持って毒を制する行為」でもあったのです。つまり藤田さんも知らず知らずのうちに弊社の『かけらの洗脳』を受けて、すっかり『かけら脳』になっており、木のモノが無性に欲したくてたまらなくなる症状に侵されていたのです。


しかも、本人には洗脳されたという自覚はなく、あくまでも自分の嗜好で選択したと思い込ませる手の込んだ洗脳・・・の、はずなんですがもしかしたら逆に私がそう思い込まされている逆洗脳なのかも・・・?!と、真実は神のみぞ知るところなのですが、いずれにせよ楽しいお仕事に変わりはありません。勝手知ったる仲なので、いちいち素材の説明をするまでもありません。迂闊に説明でもしようとすれば、「そんな事はブログ読み込んでいるので当然知ってますよ」と鼻で笑われるに違いない。

さて、そんな藤田施主がウッドデッキでやってみたかった事、ベタですが大の字に寝っ転がる!本当はこちらからのカメラ的なリクエストだったのですが、そこは阿吽の呼吸で嬉々として演じていただきました!この写真でもお分かりいただけると思いますが、このウッドデッキってかなりの大きさなのです。座面と束、大引に『マニルカラ(アマゾンジャラ)』をお使いいただきましたが、座面だけで150枚以上(2100✕105✕20㎜)使っていますのでかなりのボリューム。これぐらい広いと大の字も絵になります!


施主がそうするなら俺だって、と同じ病に侵されている妄想の設計士も果敢に大の字ポーズ!言っておきますが誰に強要されたわけでもないのに、自らぽちゃりお腹を露わにするサービスポーズを取るほどの念の入れよう。妄想癖の材木屋と妄想壁の施主をつなぐ設計士としてはこうでなくっちゃなりません!まさに設計士の鑑!ここで急にまじめな話ですが、撮影ということもあって素足で寝転がったりしていますが、経年変化で表面にクラックが発生したり、ビスの周辺が毛羽立ちしたりするので、スリッパなどをおススメしております。続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up