森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

道後のホテルで行われた『おとなの部活動/えひめのあるくらしの卒業式』の際に、思わぬ邂逅がありました。食事をしたフロアにはテラスに出られるようになっていて、いい気分に酔ったおとなたちは照明に照らされていたいい雰囲気のテラスで記念写真を撮ろうということになったのはごく自然の流れ。それでテラスに出ると、なんとそこには今までに見たこともないサイズの1本の『オリーブの古木』が鎮座ましましていらっしゃるではないですか!辺りが暗かったので、はっきりは分かりませんでしたが身の丈は枝先まで含めると3m程度?

傍らの看板には、「スペインから来た樹齢約250年のオリーブの古木」と記されてありました。後から調べてみると、1760年頃にスペインで芽吹き、2014年に船で運ばれてきてこの地に根づいたものだそうです。スペインではオリーブの木は太陽の樹と呼ばれ、古代より人々の生活に密接にかかわってきました。イタリア料理店などではオリーブで作られたプレートやサラダボウルなどの食器がよく使われていますが、最近はアフリカのチュニジア産の比較的安価なオリーブがよく使われています。癖のある濃淡の縞柄は国を問わず魅力的!

オリーブの木については、以前に香川県小豆島のオリーブ絡みで触れていますのでこちらをご覧下さい『今日のかけら/オリーブ』。当日は夜でお酒も入っていたこともあって250年生のオリーブの古木の樹勢までよく分かりませんでしたが、そもそもオリーブの木そのものが長寿で、200年、300年なんてまだまだ若造の部類。本場のギリシャには2000年もののオリーブもあると聞きますが、あくまでも推定年齢なのでどれほど高齢なのかは怪しいところ。まあそれほどまでにギリシャでは古代からオリーブとの結びつきが深いという事なのでしょう。

ちなみに日本のオリーブの聖地・小豆島にもスペインから海を渡ってやってきた1000年のオリーブの木がありますし、大阪の枚方にある樹木葬専門の霊園には500年と1000年のオリーブがあります。ぜひ一度お会いしたものです。古代ギリシャではオリーブは聖なるものとされていて、オリーブに傷をつけたり破壊するのはご法度とされていました。そのためこのような高齢のオリーブが残ってきたのでしょう。高齢木が残るには木そのものの性質以上にその木を取り巻く環境と理解が大切だなあとつくづく感じた次第。




ところで話をオウシュウアカマツに戻します。先日も弊社にオウシュウアカマツの野縁が入ってきました。まあ、これも厳密に表わすなら、「ロシア産のオウシュウアカマツの野縁が入ってきました」という事になるのですが・・・。そんなにオウシュウアカマツにこだわらず、ロシアアカマツ、あるいはオウシュウアカマツと同類のロシアアカマツと言えばいいのでしょうが、弊社の場合【森のかけら】で樹種の名前をリスト化しているため、「いついつのブログに書いてあったOOの木はリストのどれなのか?」と質問されることもあるのです。

なので、なるべくリストに表わした名前でブログとかに書いた方がいいと考えているのですが、それがむしろ話をややこしくしてしまっているかもしれません。まあそれはともかくうちにやって来たロシア産のアカマツ、入ってきてまず最初にやるべきことは何かというと、小口に深く打ち込まれたガンタッカーのステープルを抜き取ること。これも言い方が分かりにくいかもしれませんが、業務用の強力ホッチキスで打った「コ」の字形の針を抜き取ること。木材が濡れないよう被せられたビニールシートの上から豪快にタッカーで打ち留められています。

実態は知りませんが、シュワルツェネッガーのような、いやロシアだから『ロシアの白熊』ことニコリ・ボルコフや『霊長類最強の男』と呼ばれたエメリヤーエンコ・ヒョードルみたいな大男たちが、針も折れよとばかりに鬼神の表情でガシガシに打ち込んだに違いない、と想像に手を震わせながらその針を1本1本引き抜いていくのです。私の脳内ではヒョードルが大雪の中で上半身裸になって、タッカーも使わずに掌でステープルを木に打ち込んでトレーニングをしている姿が浮かんでいるのです。それで針もこんなに曲がっているのか・・・

どうしてここまで深く打ち込む必要があるのかと思うような針もあって、ほじくり出して撤去。このままにしておくと運んだり施工するときするときにケガの原因にもなるし、なにより加工するときに加工機の刃を傷めてしまいます。弊社では建築用の野縁としてだけでなく、看板材などに自社でこれを削ることも多いです。抜き残した針で手をケガしたことがあったので念入りに針抜き。きっとヒョードルにもプーチンから強く打ち込んでトレーニングに励めとの鬼指令も出ているはずだから手も抜けないんだろうと、深く刺さった針にも妄想広がる。




ロシアアカマツ、スコッチパイン、オウシュウアカマツ、ポーランドパイン、レッドウッドなどさまざまな名前があるものの、弊社ではヨーロッパからフローリングやパネリング材として入荷して取り扱いを始めたのが最初のきっかけだったので、『オウシュウアカマツ』の名前で呼んできました。レッドウッドを使わなかったのは、公共物件等で『セコイア』の指定などもあったため混乱を避けるためでしたが、今でも時々設計図面上でレッドウッドの表示がある際には樹種の混乱があって、設計士さんに意図を確認することになります。

その多くがロシアアカマツあるいはオウシュウアカマツのいわゆる『パイン』を意図したケースですが、ときに外部のベンチやデッキなどにレッドウッドと書き込まれていることがあって、そういう場合はセコイアを意図しているのだと思われます。ただしこの辺りではレッドウッドというといわゆるパインの認識なので、工務店さんが勘違いされるケースがあります。そもそもセコイアそのものがほとんど流通していないので、その名前はおろか存在すら知らない人の方が多いため、説明しても「何、それ?」となることもしばしば。

設計士さんもよく理解されてなくて、レッドウッド(セコイア)が雨に強いとか耐朽性が高いと書いてあったから図面に落としてみたというケースもあったりします。商品流通そのものよりも情報の方が圧倒的に過剰なため、そういう木も普通に入ると思われている、あるいはよく耳にするレッドウッド(ロシアアカマツ)が外部にも使える木なんだったら使ってみよう、という誤解に拠るところが大きいと思われます。そういう誤解を避けるために最近では、セコイアを『カルフォルニア・レッドウッド』と原産地の名前を冠して呼ぶこともあります。

木の名前にまつわるトラブルは尽きることがありませんが、個人的にはなぜそう呼ばれるのか誤解の元を探る謎解きのような推理は好きなのと、そういう時こそルーツに精通している(精通しようとしている)材木屋の出番だと思っていたりもします。ローカルネームが多いというのは、それだけ木材が地域の文化や風俗、暮らしに深く関わりあっているということの証明でもあります。売らんかな的な商業名が氾濫するのは困りものではあるものの、色や性質をどのビッグネームに重ねようかという戦略を探ってみるもの一興であったりします。明日に続く・・・




★今日のかけら・♯140【オウシュウアカマツRed wood  マツ科・針葉樹・欧州産


弊社では野縁材として、ホワイトウッド、ロシアアカマツ(オウシュウアカマツ)、スギなどを使い分けていますが、それぞれに一長一短というか癖(特徴)があって、大工さんによって好みが分かれるためなかなか樹種の絞り込みが出来ません。羽柄材の一等材に関してはこだわりが薄いので、本当はアカマツ1本に統一したいところなのですが、こちらに関しては安定供給に一抹の不安もあって踏み切れないという事情もあります。既にこのアカマツの挽き板については、いくらオーダーをかけても入ってこない状況にあります。

このロシア産のアカマツですがいろいろと呼び名があって、ロシアアカマツ、スコッチパイン、オウシュウアカマツ、ポーランドパイン、レッドウッドなどなど。名前からも分かる通り各地の地域の名前が冠せられていて、ユーラシア大陸全域にわたって広く分布しています。市場では主にレッドウッド、あるいは単にアカマツと呼ばれています。ここで注意しないといけないのは、あの世界で一番高くなる木・セコイアにもレッドウッドの別名があること。そもそもセコイアとは学名のSequoia sempervirens(セコイア・センペルビレンズ)からきています。

そのセコイアにレッドウッドの別名があるのは恐らくその材の色目からだと思われます。セコイアの心材は鮮やかな赤褐色をしていて、なるほどレッドウッドの名前にふさわしい。一方でロシア産のアカマツがレッドウッドと呼ばれるのも同様に心材が赤褐色~黄赤色であるためです。ふたつを並べて比較すれば、セコイアの方がレッドウッドの名前にふさわしく、ロシアアカマツは赤いというよりもやや赤身を帯びた黄色といったところ。色の名前の呼び名については日本語はこと細かに分類していて語彙、表現力は素晴らしいと感じます。

例えば赤系に分類される色だけみても、(くれない、べに)、退紅(あめぞら、たいこう)、薄紅(うすべに、うすくれない)、韓紅(からくれない)、桜色、撫子色(なでしこいろ)、躑躅色(つつじいろ)、牡丹色(ぼたんいろ)、真朱(しんしゅ)、洗朱(あらいしゅ)、銀朱(ぎんしゅ)、鴇色(ときいろ)、緋色(あけいろ、ひいろ)、茜色(あかねいろ)、猩々緋(しょうじょうひ)、蘇芳色(すおういろ)、葡萄色(えびいろ)、臙脂色(えんじいろ)、小豆色(あずきいろ)、紅絹色(もみいろ)、桃色、一斤染(いっこんぞめ)等々。明日に続く・・・




推定1000年ともいわれる北海道は『七飯町の一本栗』ですが、数年前に枯れてしまっていたそうなのですが、2016年の10月に北海道を襲った台風10号によってとうとう倒壊してしまいました。その事実をリアルタイムでは知らなくて、この話について調べていた時にその事を知りました。その年に北海道を襲った台風10号が甚大な被害をもたらしたことはニュースでも報道していましたが、その影響はこんなところにも。最近、大規模な自然災害が多発していますが、その陰でこういった巨木も各地でひっそりと倒れているのだと思います。

老いた木が朽ちていくのも自然の摂理。そこに至るまでにどれほど激しい気象現象との格闘があったかた思うと胸が熱くなりそうです。思えば木は大きくなればなるほどに強風や豪雪に晒され、その巨体には日々戦いの跡が刻まれていきます。老木になりそれに耐えかねた時、それは木にとっての死を意味します。巨木には敬意を払っていて、その姿を仰ぎ見た時には命の逞しさに身が引き締まります。これを伐ったら大きな一枚板が何枚取れて、なんて無粋で野暮な事は考えもしませんし、それはまったく別次元の話。

普段丸太ではなく、丸太から板や角になったモノを扱っている材木屋としての感覚的な事なのかもしれませんが、立木を見ても「材」がイメージしにくいのです。例えば料理人は泳いでる魚を見て、どういう感覚で対象を見ているのかなあと考えることがあります。海で泳いでいる魚を見て、いきなり「これを刺身にしたら美味しそう!」とか「あの大きさだと何人前ぐらいになる」という感覚なのか、それとも釣りあげた瞬間、つまり魚にとって命の拠り所である海から出て、その後の運命が決したその時、生き物から食材に切り替わるのか。

同じ命あるものとはいえ、目や口があり自ら動くものと木は同じ感覚では捉えられないとは思いますが、木も同様に命の拠り所である土と切り離され根を絶たれてしまうと、私的には、「樹木」から「木材」に替わったという感覚になります。あれだけ命の脈動に感動していたものに対していきなり算盤勘定をしてしまう自分が随分身勝手だとは思いますが、そこは割り切って考えないと仕事になりません。私の役目としては次のステージでどれだけ輝いてもらえるようにするかという事。ここにある函館の栗にもきっと森でのドラマチックな人(樹)生があったはず!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up