森のかけら | 大五木材

荻原神社には気になる木がもう1本ありました。それがこちらのニレ科の広葉樹『ムクノキ(椋木』。この後、話がややこしくなりそうなので先に説明しておきますが、樹種としてのムクノキとは別に木材業界でよく使われる『ムク』という言葉があります。漢字で表すと、『無垢』。直訳すれば文字通り手垢が無い、混じりの無い純粋なものという意味です。これが木材業界では何を意味しているかというと、ベニヤや突板などのいわゆる『貼り物』ではない純粋な木材(立木を伐採して製材して板や角材に挽いたもの)の事

つまり「無垢のテーブル」というと、べニアや突板などを一切使用していないすべて本物の木材だけで出来たものということになります。ちょっとややこしいのは、カウンターなどに使われる『積層フリーボード』。小さくカットした材をフィンガージョイントで接合して、500㎜幅や600㎜幅などに成形したものですが、この解釈についてはいろいろ意見が分かれていて、そこにはベニヤや合板が含まれていないのだから当然それも無垢材だと言う方と、元は無垢だったけど積層加工した時点で無垢材とは呼べないという意見

弊社としては、積層フリーボードを純粋な意味での『無垢材』と呼ぶには少しだけ抵抗があります。耳付きの一枚板の魅力を伝える際によく「無垢の一枚板」という表現を使うので、私の気持ちの中では「無垢」という言葉には「ベニヤや合板では無い純粋な木材」というスペックを表す記号的な意味以上の響きがあるのです。そこには材木屋こそが扱う材としての矜持であったり、ベニヤや貼り物は扱わないという信念が込められたりしていて、そう軽々しく使っていい言葉ではないような思いがあったりと、面倒な材木屋でございます

では、そこまで小さな集合体でなく、例えば長さ2m、幅200㎜の板を4~5枚幅剥ぎして作られたテーブル板のような場合はどうなのか?「無垢の幅剥ぎ」とか呼び方はいろいろですが、このあたりが無垢材と呼ぶかどうかのボーダーラインだと思います。このように「無垢材の概念」も人それぞれ、材木屋それぞれだと思います。さて前置きが長くなりましたが、そういう意味の『ムク(無垢)』とは別の樹種としての『ムクノキ(椋木』の話をさせていただきます。地域によっては『ムク』(あるいはムクエノキ、クイムクなど)と呼ばれる場合もありますが、【森のかけら】では『椋木(ムクノキ)』と表示していますので、ここでは『ムクノキ』として話を進めさせていただきます。では明日からは、ムクノキ(椋木)の話。

 ※内容に一部誤りがありましたので、訂正・加筆させていただきました。



さあ、瀧原宮の次はビーバーハウスに行きましょうかと勇んで車に乗り込んだものの、ビーバー隊長(武田誠さん)が、「折角なのでうちの近くに大きなイチイガシをご神木としてしている神社があるので、是非そこにも寄りましょう」と誘っていただき、隊長が氏子でもある大台町の荻原神社に行くことになりました。小さな神社でしたが、そこにあった石碑には『旧満蒙双龍開拓団』の文字が刻まれていました。調べてみると昭和61年秋季大祭に旧満蒙双龍開拓団の氏神神社であった双龍神社の御霊を中国政府の特別な計らいにより返還を受け、合祀したのだとか。

決して大きな神社ではなかったものの、以前は境内に大きな木が数本あったらしいのですが数年前に伐採されたため妙に境内の広さが目につきました。社殿の裏側に案内していただくとそこには噂通り大きなイチイガシが鎮座ましましていらっしゃいました。数あるカシ(樫)の木の中でも、もっとも材質が良いことからイチイガシ(一位樫)と呼ばれる(あるいはよく燃えるから一火樫が語源との説もあり)イチイガシですが、全国的にみると神社のご神木となっている例は多くあります。

わが愛媛県でも、南予の広見町の広見川のほとりにある蔵王神社には、樹齢700年といわれる夫婦のイチイガシがあって、県の天然記念物にも指定されています。また道後温泉本館の南側にある湯神社の駐車場には、樹齢400年のイチイガシの巨木があります。以前からその光景に違和感を感じていましたが、どうやらもともとはその周辺にはクスノキの巨木などとともに豊かな広葉樹の森があったそうで、時代とともに周辺の整備事業で徐々に伐採され、最後に残ったのがこのイチイガシ(もうい1本、樹齢300年のクスノキも)らしいです。

こういう大きな木を見ると、材木屋魂に火がついて伐って加工したくなりませんか?なんて訊かれることがありますが、とんでもない。畏れ多いことです。縁あってそういう巨木が私の元に来ることもありますが、自分の身の丈の何倍もある自分の大先輩を見上げた時に感じる感情は別のもの。長寿なるものへの畏怖の念があるからこそ、理由があって伐採されたにも関わらずそのまま放置されてしまう木に対して救済の手を差し伸べずにはいられなくなるのが我らビーバー隊員なのです




このブログで三重県の話が始まって今日で10日目。しかしながらいまだ最初の地・瀧原宮を抜けられず、まさに北信越の旅と同じ轍を踏んでいるわけですが、明日にはビーバーハウスに到着できると思います。ということで、瀧原宮の話も今日で最後になります。瀧原宮にはここまで紹介したように多彩な樹種が生育されているのですが、中でも多いのが『イチイガシ』ということです。『イチイガシ』といえば、このブログではかなり早い段階で取り上げさせていただきました。いつ頃だったのかしらと、調べてみると2009年の7月10日に書いていましたので、もう8年も前の事。読み返してみれば、まだブログのフォーマットも定まっていない頃でかなり苦心しながらキーを叩いていた事が思い起こされました。

瀧原宮のイチイガシは、エイリアンの触手のような根板(ばんこん)が広く伸びていました。根板は、何らかの理由で土中に根が伸ばせなくなった場合に根の上側が板状に突出するものなのですが、土中に硬い岩盤があったり赤土だったりこの瀧原宮の土中に深い根を拒む何かしらの理由があるのでしょうか。熱帯で50~60mにも育つ巨木の場合は、その巨体を支えるために大きな根板が形成されるとも言われています。根板の話は詳しくないのですが、根板を見るといつも生きることへの『執着』を感じるのです。

瀧原宮の門前には、キツツキの名前を冠した「木つつき館」という名前の道の駅があるのですが、そこにもビーバー隊長が木材を出品されているということでしたので、立ち寄らせていただきました。隊長は、別に大したことないと謙遜されていたものの、県内各地から取り寄せられた手作りの木工品の数々が多数展示販売されていました。三重は製材工場数日本一でありながら、川下である木工関係は数も少なく広葉樹の出口が小さいと嘆かれていましたがどうしてなかなかの充実っぷりでした。

その中の一部にしっかりと「ビーバーコーナー」があり、ビーバーハウスで製材されたさまざまな種類の板が所狭しと置かれていました。ヒノキやスギの板もありますが、レアな広葉樹も沢山。木工愛好家が購入されるということでしたが、ここに来られる方はこのスペースがいかに内容(樹種)の充実したものであるのかという事をどれぐらい自覚されているのでしょうか。灯台下暗し、いろいろな種類の広葉樹の板なんてそう簡単に手に入るものではなくなっているんです。

ビーバーコーナーの板には一枚一枚丁寧に木の説明が貼り付けられていて、ビーバー隊長の木材愛、端材への『執着』がひしひしと伝わってきます!木工マニアってこういうところのコメントとかも読み漏らさないので、購入されるときの大切なポイントになったりします。もし私がビーバー隊長の事を知らなくてここに来て、これを見たとしたら、嗚呼どうしようもないくらいに木が好きで好きでたまらない製材所の社長がいるわ~なんて思ったことでしょう。ディティールにこそ端材の神宿る。いよいよ明日はビーバーハウス!




★今日のかけら番外篇・E029ナナミノキ/七実の木】 モチノキ科モチノキ属・広葉樹・三重産

昨日は瑠璃色の実を持つ『ルリミノキ(瑠璃実木』の話をしましたが、瀧原宮には他にも聞きなれない名前の木がありまして、こちらは赤い色の実をつける木『ナナミノ』。こちらも実が赤いというのは後から知ったのですが、秋になると瀧原宮では青や赤の実が見られるということなので、是非その季節にも参拝させていただきたいものです。ところでこのナナミノキは常緑の高木で、工具の柄や器具、印判などに使われるそうです。モチノキ科ということで、モチノキ同様に樹皮からトリモチも採られたり染料としての利用もあります。


成長すると10mにもなるそうですが、実際に扱ったことはないのですが、モチノキ科の仲間ということなのでもしかしたら『モチノキ』と一緒くたにされてうちにも入って来ているのかも・・・。図鑑で葉を見比べても樹皮や葉だけでは判断を迷いそうです。その差がよく分かるのが実の形ということで、モチノキやクロガネモチに比べるとナナミノキの実の方が長楕円形で、そのことが名前の由来になったとも言われています(長い実の木→ナガイミノキ→ナナミノキ)。果実の形が判断基準になるほど酷似していることのあらわれ。

名前の由来については他にも諸説あって、「美しい果実が枝上に沢山なることから、七実(ナナミ)の意味ではないか」という説(そこから漢字で七実の木と表す場合もあり)や、深津正先生によれば「ナナメノキの実の美しさは定評があることから、これを名高いとか評判の意味のナノミ(名の実)といい、その木を「名の実の木」と称したが、それがいつしか訛ってナナメノキとかナナミノキと呼ばれるようになったのではないか」と推論されています。ナナメノキって、樹形の形から「斜めの木」ではないかと思ってました。


そう思う人も多いようで、この木を庭に植えると斜めになって家が傾くとされ庭木としては嫌われているとか。愛媛のある一部では、この木のことを『アオキ』とか『アオギ』と呼んだりするらしいのですが、それは若木の幹や枝の樹皮の色が緑色を帯びて青く、葉も常緑樹で裏表ともに青い事に由来しているのだそうですが、これは前日書いた『日本における青と緑の混用』によるもので、ミズキ科の『アオキ』と同じ理由。こうして識別してくださる方が私の身近にもいたら、きっと【森のかけら】も240どころか300にもなっていたのではなかろうかと。




★今日のかけら番外篇・E028ルリミノキ/瑠璃実木】 アカネ科ルリミノキ属・広葉樹・三重産

瀧原宮の宮内にはスギをはじめいろいろな木々があって、ビーバー隊はそれを見るだけでも楽しいのですが、何の変哲も無い木にカメラを向けて熱く話をしている我々を、すれ違う数少ない参拝者はさぞかし奇異の目でみていたことでしょう。しかし独りならいざ知らずビーバーが3人も集まれば他人の目など意にも介さず。ただひたすらにビーバー隊の本能に従い樹種観察を続けるのでありました。こういう状況でありがたいのは『識別ビーバー』。

そう、『熊鷹』こと柳田国男さんです。柳田さんは熊鷹のような鋭い眼光で立木の識別をするプロフェッショナル。後から詳しく説明しますがビーバー隊にはいろいろなタイプがいて、集めたがりビーバーや挽きたがりビーバー、削りたがりビーバーなどそれぞれの特性を生かして活動をしていますが、製材・材木関係者にとって苦手な立木での樹種識別にとって、それが得意なビーバーの存在は非常にありがたく話も一層盛り上がるのです。毛利元就の3本の矢の教えではありませんが、ビーバーも3匹集まれば熊をも倒す・・・

それはそうと、武田さんと柳田さんにしてみれば自分の庭のような場所。これが何の木、あれが何の木と丁寧に説明いただいた中に聞きなれない名前の木がありました。それがこちらの『ルリミノキ』。恥ずかしながらその存在も知りませんでした。アカネ科の常緑で高さは1.5m程度の低木。文字通り瑠璃色の実をつけるのが名前の由来となっているそうです。まるでブルーベリーのような鮮やかな瑠璃色の実がつくのは秋頃らしいので、その時は葉っぱだけでしたが、帰ってから青い実の写真を見てビックリしました。

静岡県以西の本州から四国、九州などに分布しているらしいのですが、不勉強でまったく知りませんでした。【森のかけら】で赤や黄色、黒色、縞柄など様々な色合いの木を見ていますが、いつもあったらいいのにと思っているのが『青い木』。まさにそのものが名前になっている『アオキ』という木はあるのですが、それは青い(ブルー)なわけではなくて、いわゆる『日本人の青と緑の混用』(平安時代以前の日本人は青と緑を混用していた)で、1年通して葉や枝が青い(緑色)であることが名前の由来となっています。

なので残念ながら木の中身がが青いわけではありません。ルリノキも同様に実が青いだけで材が青いわけではありません。『モザイクボード』や『モザイクタイル』などを作る際に、ああここに青色の木が混じればどんなに面白いだろうといつも思っています。青というには多少無理がありますが、材にとってはありがたくない青染み(アイ、アオ)がいい感じに入ったものやスポルテッド、青味がかった神代木などがそれっぽい雰囲気を醸し出しています。しかし瑠璃色の実なんて、その言葉だけで心惹かれてしまいます。




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up