森のかけら | 大五木材

甲子園といえば、誰もが知る高校球児の聖地であり、愛する阪神タイガースの本拠地ですが、「全国で競い合って日本一を目指す大会」という比喩としてOO甲子園という言葉がジャンルを超えて使われています。『俳句甲子園』しかり『マンガ甲子園』しかり『ダンス甲子園』しかり。そんな巷に溢れるOO甲子園の中に、『和牛甲子園』というものがあります。正式名称は、『全国和牛能力共進会最終比較審査会』というもので、和牛日本一を決める共進会の中の、高校の部の俗称ということで、球児ならぬ牛児が日本一を競います。


ほぼ5年ごとに開かれている和牛の改良成果を競いあって日本一を決める大会で、「高校の部」を含め39道府県527頭が出品される和牛業界最大規模のビッグイベントなのだそうです。その中の一部門である『和牛甲子園』という言葉がどこまで浸透しているのかは分かりませんが、私は夏季休暇で家内の実家に帰省していた際に、テーブルの上に置いてあって何気に手にした『日本農業新聞』の活字に目が留まり、そこで初めて知りました。記事によると全国から15校が出場するのですが、残念ながら四国からの出場はなし。

北は岩手から南は鹿児島まで全国の畜産科のある高校から14校が出場しています。他の甲子園と違うのは、主役が牛児だけではないということ。競馬はその血統が非常に重要視されるブラッドスポーツですが、牛も同様に血統が大切で、出場校と並んで出品牛名、出品牛の父の名、母の父の名なども明記されています。和牛らしい体型や品位などを競う種牛の部や、肉質や肉量を競う肉牛の部などがあり、全国から500頭あまりの牛が集結し、その様は『和牛のオリンピック』とも称されるのだとか。


なぜそんなに和牛の共進会が気になっているのかというと、家内の実家が畜産業を営んでいて、和牛を400頭ほど肥育しているので、ついこういう話題に目がいってしまうのです。以前にもこのブログでもご紹介しましたが、その黒毛和牛に『山の響』というブランド名をつけるお手伝いをさせていただきました。木と牛、ジャンルこそ違えど自社の商品の魅力をいかに消費者に伝えていくのかという点では非常に勉強になりました。その美味しさが画像からでは伝わらないのが残念ですが、それは木も同じ。




蛇が事務所に迷い込んだ話の続編。とりあえず事務所からは出てくれたので、夜に事務所で独りデスクワークをしていて、足元がムズムズすると思って足元を見るとそこに大きな蛇がとぐろを巻いていたっ~!なんて映画『スネークフライト』みたいな事は回避できたようです。二度と事務所に迷い込まないことを願うばかりですが、へたれな恐怖心が蛇の大きさを異常に増幅させ、私の脳内ではアナコンダ並みの大きさに成長してしまっています。実際は長さ1m前後で、大きさもOKサインの輪ぐらいの青大将・・・

私の田舎では、家に現れた蛇は縁起がいいとか、家の主だからいじめたり追い払ってはいけない(何もしなければ向こうから噛みつくこともない)と言われていましたが、そうは思っていてもリアルな蛇を見るとどうしても気持ち悪さが勝ってしまいます。ところでリアルな蛇はNGですが、これが映画だったり図形化されたりするとまったく問題なくて、興味すら湧いてくるので自分でも呆れるほど。そんな蛇ですが、うちの商品ともわずかな接点があります。それが、日本の家紋を使った『森のしるし』です。

これは家紋をスタンプした木製のマグネットですが、人気が高いのは戦国大名シリーズ。現在のところ戦国大名シリーズは第三弾まで出来ています。勇猛な武将の家紋は、少年・歴女に人気です。その中に「肥後の虎」として知られる勇猛果敢な武将・加藤清正がいます。加藤清正が使っていたのが、蛇の目をデザインしたその名も『蛇の目紋』。同じ加藤姓でわが松山城を築いた加藤嘉明も同じ蛇の目紋を使っていたらしいのですが、当時は武将はいくつかの紋を使い分けていたらしく、悩んだ末に加藤清正はもうひとつに『桔梗紋』に。

蛇の目紋を使わなかったのは蛇が嫌いだからというわけではなくて、そのデザインに拠るもの。というのも、『森のしるし』はゴム印を手押しでスタンプしているのですが、丸い台木に丸いデザインの家紋印を押すというのは想像以上に難しいものなのです。家紋には紋を丸く囲んであるデザインが多いのですが、台木の丸と紋の丸のふたつが重なると、わずかなズレでも非常に目立ちます。最初は台木のセンターが出るように治具も作ってみたのですが、これが思いのほか具合が悪くて早々にフリーハンドに切り替えました。




最近、事務所に「ひと」以外の来訪者が増えております。先日は朝っぱらから一匹の雀が飛び込んできました。会社の裏の方で数匹の赤ちゃん雀の鳴き声が聞こえていたのですが、飛び方もまだぎこちないのでどうやらその一匹だと思われます。事務所の裏口から飛び込んできて、事務所内をしばらく迷走した後、勢いよく入口のガラスに激突!まだ親からカガミの存在を教えてもらっていなかったのでしょう。頭を強く打って脳震盪でも起こしたのか、その場でじっとして動かなくなってしまいました。

数分じっとしていましたが、やがて動き出したので事務員さんが棒でいざなってやって無事外へ飛び出していきました。裏では他の赤ちゃん雀が、きょうだいの安否を気遣うようにせわしく鳴いていましたが、それもしばらくするととさっきの雀と同じ方向に飛び立っていったので、合流できたと思います。鳥といえば数か月前には、朝事務所に行くと裏口の付近に鳥の羽が散乱していたことがありビックリ!少し離れたところに無残な姿になった鳥の亡骸がありました。激突事故というよりは鳥同士の争いのような惨劇でした。

そして数日前からは倉庫の中に一匹の蛇が侵入!倉庫の入口の付近でその尾が確認され、積み上げられた木材の下の方に隠れてしまいました。私は実際に見てなくて、見たスタッフの「かなり大きかった」という目撃談が社内に不気味な不安感を広げることに。その後しばらくその姿が見られることがなかったのですが、先日私が倉庫で作業を終えて事務所に入ってくると、入口付近に大きな黒いロープが放り出されていました。こんなとこに置いといたら躓くじゃないか、危ないなあと動かそうとよく見たら、ロープが動いている!

ひゃあ~、それが噂の蛇でした!以前から告白しているように、私はリアル生物が苦手なのですが、中でもとりわけ爬虫類、両生類はまったくNG。あのヌメヌメした皮膚とか触ることなど絶対無理という情けない男なのです。それでも社長という立場が私に勇気を奮い起こさせ、何とか事務所から追い出さねばと棒で突っつくもへっぴり腰・・・。それでも危険を察知した蛇は事務所から再び倉庫の方へ。そしてまた木材の下の方に潜り込んでいきました。そうなると手出しが出来なくなるのでそのまま様子をみることに・・・。




ちょうどいい時間になっていたので、工場を見せていただく前にお昼ご飯をご馳走になることになりました。工場の隅には既に焼き肉セットが用意されており、そこへビーバー隊長武田誠さんの奥さんが慣れた手つきで焼き肉を持って来ていただきました。恐らくこれは、ビーバーハウス流の「歓迎の儀式」!これぞ材木屋の醍醐味です。日本三大和牛のひとつである松阪牛のご当地松阪が近いということもあって、この辺りはすっかり牛肉文化圏かと思いきやこのあたりは鶏肉文化圏ということでした。


ちなみに『日本三大和牛』ですが、日本人はとかくこの『三大OO』というのが大好きで、ありとあらゆる分野で『三大OO』が謳われています。木材業界も類も漏れず、例えば『日本三大美林』(青森ヒバ、秋田杉木曽桧)や『日本三大人工美林』(天竜杉、尾鷲桧、吉野杉)、『世界三大銘木』(マホガニー、ブラック・ウォールナットチーク)などなど。昔から不思議に思っていたのは、これって一体誰が決めていつからそう呼ばれるようになったのかということ。時間をかけて収斂されたとしても始まりはあるはず。

そういう事が相当に気になる性格なので、機会があれば起源などについても調べてみたいと思います。木の場合は見た目や手触りが判断材料になったのかもしれませんが、肉の場合は何と言っても味覚が最大の基準要素でなおかつ嗜好品ということなので、判断の難しいところではないかと思うのです。多くの人の感想の最大公約数的なところから決まったのだとは思うものの、偏屈材木屋としては『材木屋万流』の旗を掲げているので、『肉屋万流』ちょっと味覚にへそ曲がりな肉屋があってもいいと思うのです。


『日本三大和牛』ですが、必ずしもその三種が固定化されていないらしく一応、松阪牛と神戸牛(神戸ビーフ)はほぼ決まっているものの、あとのひと枠は近江牛であったり米沢牛であったりするそうで、やはりそこが嗜好品の難しさか?まあ、こういうものは目安程度で考えておくぐらいがちょうどいいのだと思います。ところでご当地松阪でも一般的には牛肉ではなく鶏肉を甘辛の濃い味噌で食べるらしいのです。昔から養鶏農家が多かったためだそうですが、百聞は一見にしかず。三重の鶏肉とっても美味でした!満腹~(^^♪




本日もビーバーの話の続編。かつてはダム決壊時に洪水を引き起こすことから害獣として駆除の対象となったり、その毛皮が柔らかく肌触りがよいことから帽子の原料として乱獲が進むなど(その後、保護法の成立などを受けて個体数も増加)ビーバーにとっては冬時代がありました。その後、カナダではその毛皮交易が国の発展に寄与したということで国獣に指定されたり、流水の音に反応して巣を作っているという習性が解明されるなどして、共存の道が拓けたもののひとたび人間の手が入ってしまうと元の状態に戻すのは非常に困難

ビーバーはいろいろな樹を齧るようですが、齧るだけでなく草食なので樹皮も食します。その中で特にお好みなのが、ヤナギ、カエデ、ポプラ、ブナ、カバ、ハンノキなど(アメリカビーバーの場合)。この話を書くにあたって改めてビーバーの事を調べたり、画像を検索してみると、その前歯の鋭さに思わず引いてしまいました。ビーバーなどの齧歯(げっし)類は、一生伸び続ける歯を持っているので、硬いものを削って歯を摩耗させないと、最終的には自分で自分の突き破ってしまうという宿命を持っています。

それを思うとせっせと樹を削り運んでいるビーバーの姿は切なくすらもあります。水族館などでは、どうしても運動不足になったり、歯が伸びすぎるので、適度にビーバーが作った巣を壊して何度も作らせるそうなのですが、それもまた切ない・・・。また森の建築家、伐採屋たるビーバーですが、時には自分が削り倒した樹の下敷きになってしまうという悲劇も起きるようで、SNSでは無情にも下敷きになったビーバーの姿がいくつもアップされていました。ビーバーは樹がどちらに倒れるか察知できる能力があるのだそうですが


削っていた本人(ビーバー)が下敷きになったのか、見物していた別のビーバーが巻きこまれたのかもしれませんが、不覚としか言いようがありません。実際の伐採現場でも熟練の伐採士が木の下敷きになる事故がたびたび起きていますが、人間とビーバーの体の大きさから比較すると、伐採はビーバーにとってかなりリスクがある作業だと思われます。それも含めてビーバーにはどことなく哀愁が感じられるのです。これでビーバーの特性については大体分かっていただけたと思います。それを踏まえたうえで、いざビーバーハウスへ!




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up