森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

 

先日、弊社の木材置き場の中でクマバチがわがもの顔で巣穴を作っている事をアップしました。その後もしばらくは見て見ぬふりをしていたのですが、先日の夕方にあまりにも巨大なピラミッドを見つけてしまいました!まさしくこれはクフの大ピラミッド。前日には存在していなかったと思うのですが、気づかなかっただけかもしれません。これに比べると今までのピラミッドは可愛いレベル。さすがにここまでの傍若無人ぶりは看過できません。その日は既にクマバチは活動を終えていたようでしたので、翌日強制退去を実行することを決意。

ところが翌日になってみると、前日まであれほどせわしく飛び回ってクマバチの姿が見当たりません。どうしたものかと巣穴のある木材のところに近づいてみると、その材の桟木の小口にピタリと張り付いて動かない1匹のクマバチを発見。どうせすぐ逃げるだろうとカメラを近づけてみたのですが全然動かない。それで調子に乗って携帯カメラではピントが合わないほど超接写してみたのですがそれでも動かない。お陰でいい写真が撮れたモノの元気が無い様子でこちらも拍子抜け。どうしたものかと思ってその下の方を見たら、絶命している2匹の姿が!

その様子から誰かに抹殺されたというよりも、そこで静かに息絶えたという感じ。クマバチの生態については素人ですが、先日は雨でしたがその日は松山市でも30度を超える真夏日で外に出ているだけでも汗ばむほどの猛暑だったので、もしかしてこの急激な温度差にやられてしまったのかも?!桟木にへばりついて動かない1匹も体力を温存させているのかもと思う少し不憫に思えてきました。しかし強制退去は免ずるとしても、この暑さで何匹も命を落としてしまっているので巣の存続は難しく、このまま自動消滅してしまうのかもしれません。

こうなると先日までの怒りもどこへやら。一気に気持ちがトーンダウン。そういえばいつもならば耳が痛くなるほど大合唱をしていたセミたちも今のところはまだ姿を現わしていません。四国は梅雨明けが遅かったので本格的な猛暑はこれからだと思うのですが、何かいつもとは違う感じの夏の始まり。まあそのうち、あの時の淡い感傷はなんだったのだろと後悔するような、強烈な暑さがやって来ると思いますが・・・。今はまだ蝉の抜け殻にも季節の変わり目を感じる日々。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Scroll Up