森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨日、『えひめ情熱人』の2回目の放送で語った、「高速道路を降りて田んぼのあぜ道を行く」という話の解説(説明になっていなかったとの酷評もありつつ)で、登場した『並走して私をあぜ道に誘導してくれた車』の運転手こそが、のちに『猛獣使い』の異名をとることとなる愛媛の異形の地方公務員・藤田雅彦氏そのひとなのです。まさにその存在そのものが公務員の中において異質!しかし私にとってはその異質それこそが歓迎すべきもので、それまでアレルギーがあった(!?)公務員のイメージがガラリと変わったのです。


当時藤田さんは、愛媛県工業技術センター(現愛媛県産業技術研究所)に在籍していて、その時の上司であった岡田文明所長と共に、戸惑う小さな材木屋に救いの手を差し伸べていただいたのです。そのあたりの経緯は、こちらの過去のブログをご覧いただければと思います。その藤田さんはその後、私を『えひめのあるくらし』という新しいステージにも導いていただいたのですが、今は別の部署に異動されていて、その能力を知っている私としては非常にモッタイナイ、愛媛県にとっても宝の持ち腐れだと思うのです。

 一日も早く、その異能な能力を発揮できる元の職場に復帰されることを切望しています。そんな猛獣使いと一緒にオモシロイ仕事をする機会は減ったものの、相変わらず二人で妄想は続けております。いずれ妄想が形になればこのブログでもお披露目させていただきます。ところで、そんな猛獣使いと思わぬ形で「仕事」することに。それがこちらのウッドデッキ!以前から要望はあったものの、このたびようやく実現しました。同じく妄想好きの設計士・石村隆司ジューサンケンチクセッケイ)の手により具体化。


素材は勿論、鉄のような強度を誇るアイアンウッド『マニルカラ(別名:アマゾンジャラ)』。長い付き合いで弊社の事を知る尽くしている氏には、今更細かな木の説明は必要ありません。何の木でしますかの問いには一瞬の迷いもなく、「例のヤツで」、「了解」。施工してまだ雨の洗礼を受けていないのでかなり控えめな色合いですが、ひと雨降ればデッキは赤褐色に染まることでしょう。こちらは納品前に表面の汚れを落とすために水洗いして立てかけて乾かせている時の写真。ものの30分もすれば表面から水っ気もなくなります。続く・・・




例え話の説明が抽象的になり過ぎているかもしれませんが・・・仕事(例え話でいうところの高速道路を猛スピードで走っている状況)は辛いものだが、それに耐えることに意味があるという禁欲的な意識に縛られて、両肩にバキバキに力が入っていてアクセルペダルを踏み込んで走っていた私にとって、同乗者たちと笑顔で話しながら楽しそうに、何の気負いもなく軽快に大型車の間をすり抜けて、高速道路から降りていく車を見て衝撃でした。最初は、何をヘラヘラ運転しやがってという敵対心でしたが、そのうち不思議に思えてきました。

そんなに楽しそうに笑いながら高速道路を降りていくその先には田んぼしか広がっていないのに何を目指しているのだろうか?それまで隣の大型トラックに巻き込まれないように必死で前方だけ凝視していたので見えませんでしたが、少しスピードを緩めると、今まで見えていなかっただけでそういう車は結構走っていたのです。それでよくよく観察してみれば、それらの車はうちの車のように積載量一杯でフラフラすることもなく、わずかな荷物を積みながら派手なボディペイントをして音楽を流しながら軽快に走っているのです

同じような車と何台もすれ違ううちにこういう仕事の仕方もあるのだなあと初めて気が付きました。それまで大型車と争って走ること、いちはやく荷物を目的地にまで届ける事しか考えていませんでした。それは、もうこのままのスピードで無理していたら小さなオンボロ車のエンジンが焼き切れてしまう少し前の事。しかし同業者はわき目もふらずにひたすらスピードとボリュームを競っていて、そんなわき道には目もやらず。やはり材木屋の進むべき道はこちらかと戸惑う私の横を並走していた車が一台近づいてきて、


運転席の窓ガラスが開いて、「こっちの道も面白いですよ♪」と話しかけてくるではありませんか。最初は気味悪がって抜き去っても、また近づいてきて微笑みながらあぜ道の魅力を説いてくるのです。あまりにも熱心なので、多少の疑念はあったもののその車について高速道路を降りてみることに。するとそこには今まで猛スピードで走っていて見えていなかった素晴らしい世界が広がっていた・・・というのが、「高速道路を降りて田んぼのあぜ道を行く」という話の例えですが、むしろ世界観が深まってしまい意味不明になったかも・・・




地元の広葉樹については、製品としてはなかなか市場に出てこないこともあって、原木レベルで丸太を仕入れして賃挽きしてもらっていますが、在庫がかなり減ってきました。愛媛の広葉樹というと材木屋でも『ケヤキ』か『ヤマザクラ』ぐらいしか思い浮かばないと思われるほど、広葉樹後進県の愛媛ですが、サイズや品質をさておけば思っている以上に豊富な種類の広葉樹が揃います。ただ、これらを一般建築材という『出口』で考えると難しいので(サイズや品質面)、それ以外の出口を持っておく必要があります。


端材を利用した出口商品を多く抱える弊社にとっては、丸太は小さくてもキッチリ骨までしゃぶって使えるのでうってつけの素材なのです。とはいえ、製材所で賃挽してもらうレベルのものだと、例えばすべてを【森のかけら】や『モザイクボード』にしてしまうのはいくら何でも多過ぎるので、まずは幅剥ぎのカウンターや小さめの家具などを狙って板材に挽いてもらいます。板に挽いても丸みがつくような部分で【森のかけら】などの小物を作ります。1センチ単位で出口が決まっているので、最後の薄い部分までしっかりいただきます。

大きなサイズのものがあればそれにこしたことはないものの、やたらと価格が上がり過ぎると、針葉樹に比べると乾燥までのリスクが高く、足が遅いこともあって、弊社のストライクゾーンからは外れてしまうことも。最近よく庭に大きめの広葉樹があるのだけど、事情があって伐らないといけないので、引き取ってほしいという話がよく舞い込みます。しかしその多くがお断りすることになります。まずこちらもどんなサイズだろうとどんな種類だろうと広葉樹なら何でも欲しいかというと決してそういうわけではありません。


また伐採も併せてやって欲しいという相談も多いのですが、弊社では立木の伐採は行っていません。ゲテモノ喰いのほうではありますが、自分なりにその出口があるかどうかが基準です。庭木の場合、曲がりが強かったり枝が多かったり内部が空洞になっている場合が多く、こちらが探している樹種とかでなければ、うちとて手に余してしまいます。いくらでも保管できる巨大倉庫でもあれば別ですが、スペースにも限りがあるので有効に使わねばなりません。役に立たない木はないという信念と現実のはざまで、心は揺れます




先日、甲斐先生玉井さんが『木の玉プール』を取りにご来店された際に、お土産にとプラムを持って来ていただきました。実はここ平田町は宮内伊予柑発祥の地で知られる柑橘の町で、育てているのは伊予柑の他にレモンやキウイなどさまざま。その中にプラムもあって、弊社からすぐ近くでもプラム狩りをされている農園があります(ベニハナ農園さん)。甲斐先生と玉井さんは、弊社に来られる前にわざわざそちらに寄ってプラム狩りを満喫され、お土産にと袋一杯のプラムを持って来ていただいたのです。いつもいつもありがたいです。


いただいたプラムは美味しくいただきました。実はここに住むまでほとんど食べたこともなかったのですが、その味に魅せられてからは好物となりました。そのプラムですが、日本語で言うと『スモモ(李)』(西洋スモモ)。このブログでも以前に書きましたが、近所の農家さんで伐採されたスモモの木を分けていただきました。それは今も大切に保管されているものの、なかなかスモモらしい出口が見つけられていません。すっかり乾燥も進みましたので、これからスモモならではの出口探しをせねばなりません。

今まで唯一スモモらしい出口としては、『えひめのあるくらし』のメンバーで、季節の美味しい手作りジャムのお店・『朗-Rou』の和田美砂さんとコラボした『愛媛県産スモモの木で作ったスモモのスプーン&スモモのジャム』。見た目の印象としては、やや淡いヤマザクラのようで、緻密さはナシのようでもあるのですが、触ってみると分かりますが、サクラに比べても軟らかくそこまで強度はないようです。まあサクラのような大きな材は望めそうにもないので、身の丈に合ったような小さな出口が求められそうです。


折角のスモモの木なので、普通に輪切りにしてコースターにしてしまうにはモッタイないのですが、樹皮の感じがいいので、そういった注文も結構多かったりします。大きさが限られているのでどうしても出口もちいさくなりますが、貴重なフルーツウッドですので、来るべきその日に向けてしっかり保管していくつもりです。ここ最近加工の仕事が立て込んでいて、なかなか新商品の企画にまで頭が回りませんが、こういう機会(いただいたプラム)があるたびにハッとさせられます、やらねば!!




昨日、魚の種類と木の種類はどちらが多いのかについて書きましたが、日本における魚の種類と比べると決して木の数が膨大というわけではなかったものの、海外の種まで含めるとやはり木の数は多いようで、それでどうにか『プロが集まる木材市場でも名前の分からない(あるいは特定する決め手のない)木がある』という問題に対する言い訳ができたかもしれません。そもそも木を特定するのに決め手となる葉が失われているのと、表面が色ヤケしたりしていて削ってみないと分からないというのもあります。

また消費者と距離のある木材市場などでは樹種名などあまり重要視しないというか、材の特定は買う側の材木屋の目利きだろうという風潮があるのも事実で、皆が何の木なのか分からないという時に、「これは〇〇の木だ!」なんて断言する人がいれば、そのままそれが通ってしまうという事もあります。まだそうして不安定ながらも名前がついていれば、それは違うとか似ているなどなど樹種名を特定できるきっかけにはなるのですが、結局不明のまま「雑木」のままだと、買ったところで売りにくく非常に困るのです。

最近では廃業する材木屋から材が回ってくることも多いのですが、そいう場合はほとんど樹種名が記名されていないので、まずは樹種の特定が大きな仕事となります。広葉樹後進県の愛媛においては樹種をハッキリ断言できる人も少なく、特に昨今のように世界中からあらゆる種類の木が流通するようになると、針葉樹から広葉樹、日本から世界の木すべてに渡って知識のある材木屋さんなんて日本中で考えてみても何人もいないのではないかと思います。仕事が細分化されたことと、世代交代が進んだことで、今後ますます木の名前が分からなくなる状況が進行するのではないかと心配しています。

そういう意味からも国内外の240種を知ることのできる【森のかけら】は、継続していく意味があるのではなかろうかと自分を奮い立たせています。そういう業界の事情がある一方で、そんな我々をあざ笑うかのように、「木の名前なんてどうでもいいから形のいいものが好き!」という自由奔放に名もなき枝を使う現場に遭遇!それが先日道後の伊織さんで開催させていただいた『えひめのあるうれしい日』でのチッキーこと帽子千秋のブース。カメラを向ければすべてを理解したチッキーが完璧なポーズで応えてくれます。

日本どころか海外にまでフットワーク軽く飛び跳ねるチッキーの展示会では欠かせない謎の木。樹種名など何の意味もありませんけど何か?とばかりに素敵な洋服が掲げられた枝。名前は分からずともこういして晴れ舞台に立たせてもらえる木を見ると、樹種名に執着する自分が小さな人間のように思えてしまう。まあ用途次第ではあるものの、カタチにこだわり過ぎるのもどうなのかなと・・・。そんな事を考えている間にも「〇〇という木はありますか?」なんて問い合わせメールが。木の名前もいろいろ、使い方もいろいろ。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up