森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

先日開催した第8回大五木材青空市は、天候にも恵まれ大勢の方がお越しいただき大盛況でした。今回は初の試みで、入場料を設けて会場に入る際に受付にておひとり様¥100をいただくことにしました。そのかわりに「100遊券」をお渡しします。100遊券は、当日限り有効の金券となるので、会場内であればどのブースでも100円として使えます。実質入場料無料ということなのですが、来場者数の把握が出来ることと、賑わいに花を添える目的で実施しました。それによると来場者数は400名を超えました。

受付は会場入り口に設けたのですが、反対側からの入場者が受付に気づかない人もいたようで、後半から慌ててそちら側にも張り紙をしたものの、午前中結構な数のカウントが漏れてしまいました。イベントの出店者と、漏れた方の分も含めるとおよそ500名の方がイベントに参加していただきました。いつもどれぐらいの人が来ていただいているのか気になっていたのですが、遠方からも含めて沢山の方が関心・興味を持っていただいていた事に、今後の大五木材の進むべき道に明かりが灯ったような心境です。

完成した小屋の中では、いつものan acornさんやOYUKIのかご屋さん、nico*iroさん、lune・工房itomakoさんなどのクラフト雑貨やカフェダイニングメルシーさんがローストビーフ丼などを販売していただきました。小屋自体が以前のモノに比べるとかなり大きくなったので、それなりの日陰も作ってくれました。ルーフバルコニーは自分の力で登り下りできる子供のみという事にしていましたが、やはり登ってみたいという子供たちが大勢で、梯子にビビりながらも小さな手足で梯子を掴みながら挑んでいきました。

近所の方々からも何が建ったのだろうかと気になっていた方も多かったようで、その正体を確かめにイベントに来られた方もいたりと、併せて小屋のお披露目にもなりました。よくこういうイベントをすると、すぐに売上がどうとか、費用対効果がどうだの言いだす輩がいますが、売上を狙って開催しているわけではありません。大五木材がどういう会社が知っていただき、どんなモノを扱っているかを知っていただき、木のモノの面白さ、楽しさに触れてもらうという終わりのない種まきです。果たしてその種から芽は出たか?心配いりません、芽が出るまで続くのですから




端材となっても人気が高いのは色目の濃い木と柄のある木、総じて弊社では広葉樹の端材が圧倒的に支持されています。特にパープルハートやサッチーネ、ウェンジ、ブラック・ウォールナットなどのように特徴的な色目の木は、小さくても存在感があるので問い合わせも多いです。またゼブラウッドレースウッド、ベリなどの強い縞柄のある木なども象嵌細工などにも利用できるため常に人気です。中でも縞柄が魅力的なゼブラウッドは、柾目でも板目でも個性的で「使える木」として圧倒的に人気があります。

とはいえ、カウンターやテーブルにするような大きなゼブラウッドだと値段もそれなりになるのでとてもそれを割り返して小さな細工物を木取りするわけにはいきません。端材が出たら教えてくださいという問い合わせも多く、是非オンラインショップでアップしてほしいとのご要望もあるのですが、弊社とてゼブラウッドのいい端材が出れば、『森のかけら』、『森のりんご』、『森のたまご』など出口が沢山あるので自社で活用してしまいます。それでコンディションがいまひとつというゼブラの端材が久々に出ました。

乾燥こそしているモノのねじれやあちこちに大きな割れが!形も台形になっていたり、元と末が結構テーパーです。まあこれでも『かけら』や『りんご』は十分に取れるものの、安価なものがいいからというご要望が多いので、これをお薦めしてみたら、形が・・・、割れが・・・、ねじれが・・・。安ければ安いなりに断る理由は何かとあります。オンラインショップに上げてもいいのですが、形や割れの状態が複雑なので数枚の写真だときちんと伝わらないのではないかとの心配があり、ご来店できる方のみにご紹介してます

形や節、割れ、虫喰い、腐りなど説明が難しいものについては、値段はお手頃でもオンラインショップへのアップには二の足を踏んでしまいます。「値段が安ければ、商品もそれ相応だと思って買うのだから心配すすぎですよ、それよりそういう端材をドンドンアップしてほしい」というお声もあるものの、ひとの受け止め方はそれぞれですからどうしても慎重になってしまうのです。そういう材については建築中の小屋が出来たら、そちらの方で現品を見て触って確認していただける方向けに販売しようかと検討中。




会社の裏では重機の音が響いているのですが、その隣、つまり私の土地でも小さな変化が起こっています。隣の大規模な造成工事に比べるとあまりにも小さな工事ですが、アスファルトを砕いて杭打ちをして工事開始。何をしようかとしているのかというと、ここに『小屋』を建てるのです。小屋といっても人が住むようなものではなくて、屋根はあるものの壁面が無いオープンハウスというかテント小屋(テントではないのですが)みたいなモノ。

今までは借りていた土地の一角に同じようなモノを建てていましたが、土地を返すに際して小屋は撤去しました。小屋では木育などの各種イベントなどを開催したり、木の玉プールなどを保管してきました。春休みや夏休みともなれば近所の子供たちが勝手に集まって来て、セルフでミニ木工広場が繰り広げられていました。小屋を建てた時に比べると木育の環境も整備され、そこに集まるひと・モノもすっかり増えました。

それで小屋の撤去に伴い、自分の敷地に新たに小屋を建築することを決意。小屋を管理・運営する家内がイメージを作り、我が家を建ててもらった河野住建さんに建築を依頼。以前の小屋に比べるとかなり大きなモノになる予定です。あくまでもイベントなどのための小屋であり、木材を保管するための資材置き場ではありません。しかしそれは紛れもなく木の魅力を味わい、体感し、楽しむための『入口』なのです。

少子化で住宅着工数減少が叫ばれる一方で、木を使う環境は年々拡大しているように思います。弊社でも医療、ジュエリー、飲食店、陶芸、学校など様々な業態とのお取引が広がっています。その要望や使い方に驚かされることも多く、多様な樹種の出口も少しづつながら徐々に広がりつつあります。外に出向いての「種蒔き」はほぼやり終えた感はありますが、次のステージとしての「種蒔き」はこれからこの場所で始まります!




一時は置き場所に頭を悩ませていた例の『モミジバフウ』ですが、一年の天然乾燥を経ていろいろな所へ旅立っていきました。小さめのカウンターから花台、飲食店のプレート、まな板、木工クラフト等々、いろいろな用途でいろいろな場所で使っていただき、ようやく残りが1/3ぐらいになりました。そうなったらそうなったで、全部売り切ってしまうのが惜しくなるという『モッタイナイ病』が顔を覗かせてきそうになるのが怖いところです。あってもなくても結局心配・・・

ところで、このモミジバフウはたまたま丸太の状態で入手したので、丸太をすべて板に挽いてもらいました。ですので必然的に芯を含んだ板もあるわけです。一般的に芯を含んだ板は、そのままだとねじれたり暴れたり芯から大きく割れてしまうので使い物になりません。しかし必ず木には芯があるので、どうしても芯が含まれます。柱の場合は強度のある芯を生かして使いますが、その際には背割りを入れるなど割れにくい工夫が施されています。

板ものの場合は、芯を外して木取りしたり、最初から芯部分のロスを計算して製材するなどそれぞれに対応されていますが、小さなモノも作っている弊社としては、ねじれ曲がろうが大きく割れてしまおうが、割り返して小さくすれば使える『小さきモノのための出口』が揃っていますので、芯持ちの板材でも問題ありません。例えばこれぐらい反っていたら、通常は「使えない木」の烙印を押されてしまいますが、弊社では許容範囲内。

昔であれば「使えない木」が山のように溜まっていましたが、今はこれらの木も数日後には小さく加工され、商品としてパッケージに入れられてパリッとした姿で商品棚に並んでいたりします。今はほとんど捨てる部分が無くなっているわけですが、もしそういう出口がなかったらと思うとゾッとします。しかしそれならこういう丸太も仕入れていないわけで、必要は発明の母というか因果因縁。世の中に「使えない木」なんて1本も無い




自社の倉庫の中にある木材ならなんでも分かると思ったら大間違い!さすがに自分が仕入れた木材は分かっているものの、中にはいろいろな事情で弊社の倉庫に流れ着いて木材もありまして、事情が複雑なものほど原型や元の色をとどめていないもの。長年の経年変化や汚れなどで、一体この木は何なの?というモノもあったりします。同業者が廃業するので処分してほしいと持ち込まれたもの、代金が支払いできなくなった代償にと差し出されたもの、長く仕事をしていればいろいろな事情で『ワケアリの木材』たちも流れ着いてくるのです。

そういう木って売ろうにも正体が分からねばどうすることも出来ないので、時間が空いた時にまずはひと削りして正体を見極めねばなりません。ごく稀に、十把一絡げで辿り着いた正体不明の木材の中から「お宝」が出てくることはあるものの、ほとんどの場合が期待外れ。それでも住宅部材以外の用途で考えれば弊社としては十分に活用できるものが多いので、不遇だった彼らにも住宅とは別の舞台で活躍してもらっています。先日も汚れで真っ黒になった正体不明の木があったのですが、その重さは期待を抱かせるに十分なもの。

そして削ってみると、汚れの中から現れたのは『クールビューティー』の異名を持つアフリカ産の『ウェンジ』でした!テーブルサイズのウェンジの耳付きの一枚板はいくつか持っているモノの、さすがにそれを割って使うことは出来ないので、こういうサイズのものがあると助かります。塗装無しで地の色が黒い木ってそんなに多くないので、遠慮なく細かく割って使える黒色の木の存在はとてもありがたい!原木から挽けばそういう端材はいくらでも発生するのでしょうが、板で買っているのでこういうサイズのものは実は貴重。

なるべく大きなモノを無理に小さくして使わない、それぞれのサイズに合った出口を考えるというのがモッタイナイ材木屋の真骨頂ですから、途中に割れが入っていたり、虫穴があったりすと、自分の中ではある種の「免罪符」を得たような気持になるのです。結局、サイズがバラバラのウェンジが数枚出てきて、早速それぞれのサイズに合わせた出口を設定。汚れの中に隠れていた分、乾燥はバッチリで、そのうちの数枚は早々に弊社を旅立って行きました。そうなると、もう少しうちの倉庫に馴染ませてやってもよかったかななんて・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up