森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

どんな木でも掘り下げてみると実は思いがけないところとつながっていたり、こんなところとも関わりがあるのかと驚かされることがよくあります。それぐらいわれわれの日常生活において木は切っても切れない密接な関係にあるということの証明でもあります。近所からいただいたオリーブですが、伐採して欲しいという話は昨年の年末からあって、こちらの都合で年明けとなったのですが、その頃からオリーブの事が少し気になっていました。縞柄の木自体が好きなので以前からオリーブは好きな木のひとつだったので、伐採させてもらったらまたブログで取り上げよう程度の漠然とした気持ちでした。

引き寄せの法則』というものがありまして、その事について強く念じ思い続けていると、それに関わるひと・ものが引き寄せられるように出会ったり、集まってくるというものです私の場合は、特定の樹種というより、木のモノ全般について何か面白い話はなかろうかと、「そのあたりに落ちている話」も拾うように心がけているのですが、最近は引き寄せられる事が多くなってきているように感じます。先日まで引っ張っていてラ・コリーナさんでもオリーブを見つけていて、独り勝手にゾクッとしたりしていたのです。このタイミングで出会うってもしや・・・?!なんて。

それがこちらの『オリーブ大福』。グルメブログではないので商品説明をする気はありません。樹になったのは、和菓子にオリーブという組み合わせです。その時はレジもお客さんが一杯いたのと、ダイエットの最中でもあったので手は出さなかったので、実は味は知らないのですが(笑)、後で読んだ山本社長の著書でその背景を知りました。数年前に知人とイタリアに行かれた際にあるワイナリーで、環境への負荷を考えながら経営をされているオーナーに出会われます。「自然に学ぶ」というその考えに共感した山本社長がとった行動が凄い。

そのワイナリーではワインの他にオリーブオイルも作っていたのですが、そのオリーブオイルが絶品だったそうで、「こういう人と長く商売がしたいと思った山本社長は、つい発作的に「ここにあるオリーブオイル全部買います!」と言ってしまったのです。結果的に20フィートコンテナで1台分のオリーブオイルを仕入れられました(個人で飲むと10年かかる量!)。しかもその時にはそれをどう使うか明確なプランはなかったというのです。その点は、市場で面白い木を見つけたら後先考えずに衝動的に買ってしまうので気持ちはよく分かりますがスケールが違いすぎる。

それでも本当にいいものは必ず売れるという信念のもと、和菓子にオリーブという奇抜な発想の『オリーブ大福』を商品化して大ヒット。コンテナ1台分のオリーブオイルは半年もたたずになくなったというのです。たまたま偶然そういう結果になったという話ではなく、常に感覚を研ぎ澄ましておけばこういう出会いがあって(会っても気づかない事が多い)、日々の修練に裏打ちされたモノが作れるという事。なるべくしてなった、会うべくして会った、と言えるまでにどれほどの時間が費やされてきたことか。ものづくりの深淵を垣間見た思いです。今回はたまたまオリーブでしたが、木はいろいろな事を示唆してくれます。日々発見、日々勉強。知らない事ばかり。驕るなかれ、臆するなかれ。だから木は面白い!

 




やり方はいろいろあるんでしょうが、私は曲がりのある小枝は片手で強く固定してスライド丸鋸で送り出しながらカットしています。そうすると当山大量のが屑(う~ん、やはり屑という言葉にはもの凄く抵抗あるので、この後は〔おが〕にします)が発生します。普通であれば集めて捨てるのでしょうが、折角のオリーブなのでおがとて無駄にはしたくない。オリーブの実は食用(塩漬け、大好物!)やオリーブオイルの原料にもなるし、葉は工作などにも利用できますが、おがを使うという話はあまり聞いたことがありません。

以前に、オリーブの葉と枝を煮出して草木染に使ったことがあるという話を聞いていたのですが、おがはどうなのかしら?どういう形で利用できるか分かりませんが、『森の砂』という出口も作ったことださし、ちょっと黄色味を帯びた触り心地のいいおがを捨てるなんて出来ない。という事でしっかり採集しました。しかし生材から発生したおがなので、これをこのまま瓶などに入れて密閉しておくとカビてしまうので、段ボールの上に薄く広げて天日で干して乾燥させることにしました。1週間も乾かせるとかなりサラサラした状態になってきました。

以前に採集したホルトノキのおがにまだ水分が残っていて、折角採集したおががカビてしまい台無しにしてしまった経験があるので、今回は念には念を入れてしっかり乾かせます。完全に水気が抜けたら瓶に詰めて『森の砂・オリーブ』として販売するつもりです。匂いはほとんど感じません。これが草木染に使えるのかどうかは分かりませんが、『森の砂』としてサンドアートならぬ、ソウダストアート(SawdustArt)という使い道だってあるはず。出口は常に自分の身近なところにあるとは限らない。それは、世界の裏側にあるかもしれないのです!!

まあそういう事で、幹、小枝に続いておがも捨てるとこなく『出口』の末席のほうに並ぶこととなりました。小枝をカットしていくのですが、最後の方は弾けて危ないので、どうしてもこれぐらいの身近なとこが残ってしまいます。怪我をしてしまっては元も子もないので無理はしませんが、残ったからといってこれを捨ててしまうのも忍びない。まだ彼らにも相応の出口はあります。何に使うの?と思われるでしょうが、家内がやっている子供たちの木工では、こういう個性のかたまりこそが人気で、子どもたちは上手に作品に仕上げてくれるのです。

という事で、ほとんど余すとことなくオリーブは活用させていただく目途が立ったのですが、まだ細い枝と葉が大量に残っています。これこそ煮出して草木染に使いたいのですが、さすがにそこまで時間がありません。利用できる方がいれば使っていただきたい。『森の砂』の方は、まだまだ安定していませんが、少しずつ草木染に使いたいという話を伺うようになりました。熱しやすく冷めやすい私としては、『森の砂』で染めた数10種のTシャツを日ごと着分けしてみたいと思ったりもするのですが、道はまだまだ遠い・・・。輪切りのオリーブも少しずつ乾いてきました。

 




さて今回伐採させていただいた『オリーブ』の主たる出口は勿論【森のかけら】と『森のりんご』(あと現在企画中の小物)ですが、幹だけでなく小さな枝葉までまるまるいただきましたので、そちらも手早く調理しちゃいます!これぐらい鮮度がいい時で、しかも寒い季節であれば皮付きでもかなりいい状態のものが取れます。【森のかけら】だと、芯を外して最低でも荒サイズで40~45㎜角は必要になってきます(乾燥中の収縮やねじれなども考慮するとこれぐらいは最低必要)。

芯を外して45㎜というと、直径でいうと最低でも150㎜以上は必要になります。灌木だとその条件を満たすのはせいぜい根元の方のごく一部。このオリーブも結構大きな木でしたが、曲がりなどもあって、【森のかけら】に使えるのは全体のほんの数%。まあ、それで十分なのですが、残りをどう生かすかが肝心。それで今回は残った小さな枝部分はすべて薄い輪切りにすることにしました。手元に注意しながら小さな枝までスライド丸鋸でカットしていきます。かなりの量が取れました♪

今までにもこういう小枝の輪切りはいくつも作って来ましたが、しばらく置いていた小枝を使ったりしていたので樹皮が剥げたり汚れていたり、あるいは時期が悪くて虫が入っていたりして、こんな感じに皮の状態がいいものはなかなか作れていませんでした。輪切りの小枝ってやはり綺麗な樹皮がついているものが求められるので、オリーブの小枝は理想的。ただし生材なのでこれをちゃんと乾かさないとカビてしまい台無しになるので、同じ轍を踏まないように全部広げて乾かせます。

こうして並べてみると大きさも形もさまざま。枝が曲がっているので固定できないので感覚でカットするため、厚みも不揃いですがこれでいいんです。以前なら厚みも揃ってないとおかしいとか、お客さんはそういうものを求めているみたいな頭でしたが、自分でもそのあたりは随分やわらかく考えられるようになりました。無理せず自分の出来る範囲でもったいないをなくす。ハードルを上げてコストをかけて高いモノを無理して作って在庫になるぐらいなら、売りやすい価格で作れるモノを全部売り尽くすほうが、もったいなくない。そう考えるようになってきました。

だからといって手間をかけないという意味ではなくて、外注に出して加工賃をかけてまで作らなければならないか自社でで切る範囲のものづくりにするかの見極めをするという事です。なのでこのオリーブの輪切りも、この後何度もひっくり返して乾燥させていったり、乾燥後はサンダーで磨いて、植物性オイルを塗ったりして、自社の中で出来る手間をかけて仕上げるつもりです。よく見てみるとその中に、偶然小さな芽がついているものがありました。独りで妙ににやけてしまうのです、何かいいことありそう!

 




ご近所の方からのご依頼で、畑を造成して家を建てるのだが、畑の一角に植えているオリーブを伐採して廃棄するのはあまりに可哀想なので、何かに使ってもらえないでしょうかという事で、大五木材伐採班が「救出」に向かわせていただきました。伐採班というのは、私とスタッフの井部君との二人なんですが、この伐採班が何とも心もとなくて、ろくにチェーンソー経験もないので大木などは到底無理。可愛いサイズの灌木限定の伐採班です。今回は、オリーブと聞いていたので、「オリーブぐらいなら」と気軽な気持ちで畑に向かったのですが、実際に見てみると結構な大きさ!

最近は新築された際に庭にオリーブの苗木を植える方も多くて、つい先入観で「オリーブ=小さくて華奢な灌木」と思っていたら、かなりのサイズでした。畑に持ち主のご両親もいらして、「ここまで立派なオリーブだと相当昔に植えられたんでしょうね?」と訊ねたら、10年前ぐらいに植えられたものだとか。野菜を育てられるような土地だから栄養もあったのだと思うのですが、「みるみるうちに大きくなって、どんどん根が張り出して野菜を育てるのにも支障が出るようになった」と笑って仰ってました。見た目にはとても10年生ぐらいのオリーブとは思えませんでしたが、意外。

チェーンソーを使うのも数年ぶりという事で、エンジンをかけるのにも手間取りながらどうにか無事に伐採終了。ありがたく小枝までしっかりいただき会社に持って帰ることに。最近こういう話が県内から舞い込むようになってきていて、遠くは関東や東海あたりからも、庭に大きな雑木があってどうしても伐採しなければならない事情があるのだが、愛着のある木がそのまま焼却処分されるのは忍びないので、差し上げるから伐ってくれないだろうかというもの。そのお気持ち充分理解できるのですが、やはり距離がネック。弊社の伐採班の活動範囲はせいぜい松山市周辺です。

それでも珍しい木だったりすると、「プロの救出隊・ビーバー隊長」に相談することもあります。ビーバー隊長こと、三重県の武田製材武田誠さんは、広葉樹の救出に強い使命感を持っていて、今までにも数々の廃棄されてしまう広葉樹の救出に成功されています。フットワークが軽くて、関東ぐらいまでなら独り軽トラでドラマチックな救出に向かわれます。我々はそういう作業を「救出」と呼んで、日々その活動に熱心な隊長を誇りに思っているところなのです。隊長、どうか怪我だけはなさらなぬように!

本来ならそれぞれの地域にそういう「救出隊」がいて、そういう木もうまく活用できればいいのですが、現実的にはなかなか難しい。作業そのものよりも、そうやって手に入れた木をどうするのかという「出口」を持っていない業者が多いからです。私もすべての木に最適の「出口」を持っているわけではありませんが、考えるのは大好き。それも目の前に実物があって、必要が差し迫らないと発想も湧かないモノ。私の場合は、あえて自らを死地に追い込み、その中から活路を見出す『猪木戦法』!という事で、いただいたオリーブをこれからどう調理しようかと考えるだけで心がソワソワ、楽しみ~(^^♪




ラ・コリーナ近江八幡で出会った『気になる木のモノ』は木型以外にもいろいろありましたが、そのひとつが、こちらのロンドンバスをシンボルにバイクなどを展示してあるギフトショップにあります。この建物も面白くて、外見は半円形のガレージで、全体の空間の中に違和感なく溶け込んでいます。中もアメリカの映画に出てきそうなほどオシャレ。神はディテールに宿るといいますが、細部に至るまで計算して作り込まれていて、手を抜かない本物志向が垣間見えます。こういうセンスの無い私からすると羨ましい限り・・・。

そのショップにはさまざまなオリジナル商品が販売されているのですが、商品の企画開発から包装のデザインまですべて自社でされているそうです。先代の頃から包装紙などもご自分でデザインされていたそうで、やはりものづくりには『絵心』は大切な素養のひとつだと思いました。私も子供の頃から絵を描くのは好きでしたが、若い頃のきちんとデザインとかの勉強をしておかなかった事が今でも心残りです。さて、そのガレージショップには2階があって、その階段を上がるとそこには、気になる木のモノがあります。

それがこのウィスキー樽。ウィスキー樽と言えば、京都は伏見の有明産業㈱さんのところの商品です。ポンポンといくつか並べて置いてあったのですが、何も説明が無かったので単にインテリアとして設置されていたのか、イベントでもされる時のテーブルか何かに使われるのか分かりませんが、ただそこに置いてあるだけでも存在感充分!有明産業さんのこの樽はちょっとオシャレな店舗などでは最近よく見かけます。やっぱりこちらも本物。本物はただそこに置いておくだけでも画になります

恐らく『ホワイトオーク』製だと思われます。ホワイトオークにはチロースという成分が含まれいていて、非透水性が高く木樽の中に水を入れても水漏れしません。更に内部から抽出成分が溶け出してまろやかなウィスキーに仕上げてくれます。これが他の木だとうまくいかないようで、やはりウィスキー樽はオークでなければなりません。初めて有明産業さんのこの樽を見た時は、樽に打ち付けられたラベルがいかにも外国風なデザインだったので、てっきり海外から輸入された樽だとばかり思っていました。やっぱりデザインって商品の顔だし、大事。

ちなみに有明産業さんではホワイトオークの他にヨーロピアンオーク、コモンオーク、国産のミズナラ(水楢)の木を樽の素材として使われているそうです。更に他の地域のオークや、オーク以外の木(スギ、ヒノキ、メープル、クルミなど)も樽の一部に使用されたりしているみたいで、『森の出口』作りにもご熱心!この樽に特別な意味はないのかもしれませんが、旅先で木のモノに出会うだけで、旧友に会ったようなような気分になってしまいます。すっかり木のモノを探す習慣が身についてしまって・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Scroll Up