森のかけら | 大五木材

生前の椋鳩十氏本人から聞き書きしたという明治図書の『椋鳩十のすべて』によると、「山に住んで木製の日用器具をを作る木地屋を主題に書こうと思っていたから、木地屋にちなんで椋という姓をつけた。平安期以来、木地屋の総本家は小椋(おぐら)と名乗ってきたが、椋(くら)を「むく」と読ませたわけだ。名前の『鳩十』は、椋の木には鳩が十羽ぐらいとまるだろうという程度のいい加減なことで・・・」らしい。ただしそのペンネームをつけるのに一か月も悩んだともあるので、相当に思いの込められたもののようです。

子どもの頃はよく読んだものの、タイトルや中身まで覚えてなくてそのインパクトのある名前の方が記憶に残ったわけで、それはある意味のマーケティング戦略であったかもしれません。名前の由来は分かったものの、それでまたまた気になることが。「木地屋の総本家は小椋と名乗ってきた」という一節。それは木地師はムクノキ(椋木)を使っていたということを意味するのではないだろうか?木地=椋というのが、ピンとこなかったのですが、これまた調べてみなければ、と文献を紐解けば興味深い事実が分かりました。

まず『ムク』という和名は老木になると樹皮がパリパリと剥がれることに由来しているとされます。学名の種小名aspera(アスペラ)は「ザラザラした」とか「粗面」を意味しているように葉面がザラザラしているので、トクサの代用として木地などの仕上げ磨きに乾燥させたムクの葉が使われました。材を磨くの用いたので木工(もく)が転化してムクになったとも。材が緻密で粘りもあることから、木地の原料にもなってでしょうが、最終的な仕上げに使われていたことで木地師にとってはより重要な特別な木だったのでは。

そこから木地師は小椋と名乗るようになったのではないでしょうか。推論の域を出ていないので機会があればもっと調べてみたいと思います。それとは別にムクノキの名前の由来とされるのが、ムクドリがこの実を好んで食べるから。つまり『ムクドリの好きな木=ムクノキ』という説。しかしそうなると、ムクノキよりもムクドリの命名が先である必要があるのですが、鳥の名前の由来までとなるとさすがに畑違いなのでここでは「剥く説」を支持しておきます。使ったことはほとんどないムクノキですが、かなり興味が湧いてきましたぞ~!




今日のかけら・#103 【ムクノキ/椋木】 ニレ科ムクノキ属・広葉樹・愛媛産

 

本日こそは純粋無垢に椋の木の話。実は三重に来るひと月まえぐらいにたまたまムクノキ(椋木)はないかという問い合わせがありまして、ちょうど倉庫の奥の方からムクノキの板の山を引っ張り出した。2年ほど前にご縁があって入手したムクノキでしたが、なかなか出番が無くてずっと倉庫の中で眠っていたのですが、声がかかったついでに一部を削って写真も撮って近々『今日のかけら』で取り上げようかと思っていました。立木の写真が撮れたタイミングで書こうと思っていたら、三重で思わずそのチャンスが巡ってきました。

ムクノキはニレ科なのですが、同じニレ科の『エノキ』と特徴がよく似ていてよく混同されるので、『椋はなっても木は榎』あるいは、『椋の実は成れば成れ、木は椋の木』という諺があるほど。意味は、「椋の実がなっているにも関わらず、この木は榎だと自分の主張を絶対に曲げない強情な様子」の例えです。嗚呼、偏屈材木屋としては耳が痛い!そこまで似ていると言われるにも関わらず、地域性の問題なのかもしれませんが、そこそこ知名度のあるエノキに比べ愛媛ではほとんど話題にもならないムクノキ。

材木屋の中には、その存在すら知らずムクノキの事を尋ねると、「ムクノキって樹種名じゃなくて無垢のことでしょ?」なんて怪訝な顔をする人もいるぐらいで、私の周辺に限っては樹種としてのムクは非常にマイナーな存在です。私自身もムクノキはたまたま入手できただけで、四半世紀を超える材木屋人生でも「ムクノキ」の注文が入ったのは2,3度しかありません。その用途としてもっとも有名なのは、靭性(じんせい)が大きく避けにくい特性を生かした天秤棒。他にもショベルや工具の柄などがあります。

ただし言葉としてのムク(椋)には昔から親しみを覚えています。それはこの漢字のつく苗字・小椋(おぐら)姓がたまたま愛媛に多いということと、子どもの頃から本を読むのが好きだった私は『椋鳩十(むくはとじゅう』の動物ものをよく読んでいたから。当時はその意味も分からなかったもののインパクトのあるその変わった名前が妙に目と耳に残りました。それで今回この事を書くにあたって、子どもの頃の疑問が気になって、どうしてこんなペンネームを用いたのかを調べてみたくなりました。明日に続く・・・




★今日のかけら番外篇・E029ナナミノキ/七実の木】 モチノキ科モチノキ属・広葉樹・三重産

昨日は瑠璃色の実を持つ『ルリミノキ(瑠璃実木』の話をしましたが、瀧原宮には他にも聞きなれない名前の木がありまして、こちらは赤い色の実をつける木『ナナミノ』。こちらも実が赤いというのは後から知ったのですが、秋になると瀧原宮では青や赤の実が見られるということなので、是非その季節にも参拝させていただきたいものです。ところでこのナナミノキは常緑の高木で、工具の柄や器具、印判などに使われるそうです。モチノキ科ということで、モチノキ同様に樹皮からトリモチも採られたり染料としての利用もあります。


成長すると10mにもなるそうですが、実際に扱ったことはないのですが、モチノキ科の仲間ということなのでもしかしたら『モチノキ』と一緒くたにされてうちにも入って来ているのかも・・・。図鑑で葉を見比べても樹皮や葉だけでは判断を迷いそうです。その差がよく分かるのが実の形ということで、モチノキやクロガネモチに比べるとナナミノキの実の方が長楕円形で、そのことが名前の由来になったとも言われています(長い実の木→ナガイミノキ→ナナミノキ)。果実の形が判断基準になるほど酷似していることのあらわれ。

名前の由来については他にも諸説あって、「美しい果実が枝上に沢山なることから、七実(ナナミ)の意味ではないか」という説(そこから漢字で七実の木と表す場合もあり)や、深津正先生によれば「ナナメノキの実の美しさは定評があることから、これを名高いとか評判の意味のナノミ(名の実)といい、その木を「名の実の木」と称したが、それがいつしか訛ってナナメノキとかナナミノキと呼ばれるようになったのではないか」と推論されています。ナナメノキって、樹形の形から「斜めの木」ではないかと思ってました。


そう思う人も多いようで、この木を庭に植えると斜めになって家が傾くとされ庭木としては嫌われているとか。愛媛のある一部では、この木のことを『アオキ』とか『アオギ』と呼んだりするらしいのですが、それは若木の幹や枝の樹皮の色が緑色を帯びて青く、葉も常緑樹で裏表ともに青い事に由来しているのだそうですが、これは前日書いた『日本における青と緑の混用』によるもので、ミズキ科の『アオキ』と同じ理由。こうして識別してくださる方が私の身近にもいたら、きっと【森のかけら】も240どころか300にもなっていたのではなかろうかと。




★今日のかけら番外篇・E028ルリミノキ/瑠璃実木】 アカネ科ルリミノキ属・広葉樹・三重産

瀧原宮の宮内にはスギをはじめいろいろな木々があって、ビーバー隊はそれを見るだけでも楽しいのですが、何の変哲も無い木にカメラを向けて熱く話をしている我々を、すれ違う数少ない参拝者はさぞかし奇異の目でみていたことでしょう。しかし独りならいざ知らずビーバーが3人も集まれば他人の目など意にも介さず。ただひたすらにビーバー隊の本能に従い樹種観察を続けるのでありました。こういう状況でありがたいのは『識別ビーバー』。

そう、『熊鷹』こと柳田国男さんです。柳田さんは熊鷹のような鋭い眼光で立木の識別をするプロフェッショナル。後から詳しく説明しますがビーバー隊にはいろいろなタイプがいて、集めたがりビーバーや挽きたがりビーバー、削りたがりビーバーなどそれぞれの特性を生かして活動をしていますが、製材・材木関係者にとって苦手な立木での樹種識別にとって、それが得意なビーバーの存在は非常にありがたく話も一層盛り上がるのです。毛利元就の3本の矢の教えではありませんが、ビーバーも3匹集まれば熊をも倒す・・・

それはそうと、武田さんと柳田さんにしてみれば自分の庭のような場所。これが何の木、あれが何の木と丁寧に説明いただいた中に聞きなれない名前の木がありました。それがこちらの『ルリミノキ』。恥ずかしながらその存在も知りませんでした。アカネ科の常緑で高さは1.5m程度の低木。文字通り瑠璃色の実をつけるのが名前の由来となっているそうです。まるでブルーベリーのような鮮やかな瑠璃色の実がつくのは秋頃らしいので、その時は葉っぱだけでしたが、帰ってから青い実の写真を見てビックリしました。

静岡県以西の本州から四国、九州などに分布しているらしいのですが、不勉強でまったく知りませんでした。【森のかけら】で赤や黄色、黒色、縞柄など様々な色合いの木を見ていますが、いつもあったらいいのにと思っているのが『青い木』。まさにそのものが名前になっている『アオキ』という木はあるのですが、それは青い(ブルー)なわけではなくて、いわゆる『日本人の青と緑の混用』(平安時代以前の日本人は青と緑を混用していた)で、1年通して葉や枝が青い(緑色)であることが名前の由来となっています。

なので残念ながら木の中身がが青いわけではありません。ルリノキも同様に実が青いだけで材が青いわけではありません。『モザイクボード』や『モザイクタイル』などを作る際に、ああここに青色の木が混じればどんなに面白いだろうといつも思っています。青というには多少無理がありますが、材にとってはありがたくない青染み(アイ、アオ)がいい感じに入ったものやスポルテッド、青味がかった神代木などがそれっぽい雰囲気を醸し出しています。しかし瑠璃色の実なんて、その言葉だけで心惹かれてしまいます。




この数日間『’アユース』について虫とか青カビとか、ネガティブな事を書いてきましたが、アユースを貶める気など毛頭ありません。ただ、それぞれの木にはそれを扱うにあたっての注意事項があるので、理解して使っていただくためにも具体的な事例をあげたほうが分かやすいのではないかと考えています。また私の場合は、木が悪いのではなく、その扱い方や特性を理解していなかったがための失敗というのがほとんどですが、喉元過ぎれば熱さを忘れてしまう能天気な自分自身への戒めでもあります

軽軟であるため、ある程度用途は制限されるものの、今どき300㎜上の無節の材が比較的安価な価格で手軽に入手できるなんて実に贅沢な話です。もしアユースがもっと硬くて、しっかりした木目が現れるような木であったとしたら、テーブルにカウンターに、造作材と、様々な場面で引っ張りだこだったことでしょう。無い物ねだりをしても仕方がないので、その軟らかさを生かして『カランタス』のようなパネリングに加工するのも面白いと思います。こちらは先日ご注文いただいて加工した小幅の本実目透かし加工のパネリング

同じく軽軟な東南アジアの『カランタス』も小幅のパネリングに加工することで、弊社においては活用の幅がぐっと広がり、今ではオリジナリティのある壁面・天井材としてすっかり定着しました。アユースのについても同様の加工ができますが、アユースはカランタスと比べてもはるかに広い板が取れるので、あまり小幅板に挽き割るのもモッタイナイので幅広のアユースの出口についてももう少し考えてみようと思っています。軟らかいという事は決してマイナスな要素ではないことを証明せねばなりません。

最後に蛇足ながら、弊社の倉庫でユースの素材を見ていただく際によくある話です。材質が軟らかいため板に挽いた際に表面が豪快に毛羽立つ㊧のですが(私自身もどういう仕組みでこういう具合になるのかよく分からないのですが)、それが最近人気のキャタピラー加工のように「いい具合」に削られているように見えるらしく、このまま使いたいという要望もあるのですが、狙って加工しているわけではないのでそれは無理なのです。でもそういう要望は次第に増えてきているのでもしかしたらここに軽軟材の出口あるのかも?!




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up