森のかけら | 大五木材

トウヒ(唐桧)の話の続きです。某日、朝から掌にベッタリとヤニが付いてテンションが下がりつつも、これも『木の個性、自己主張』なんだと自分に言い聞かせ、他のトウヒはどうかと数枚めくってみると3、4枚に自己主張の証がありました。とりあえずヤニの出ているものと出ていないものとに仕分けをして、しっかり手を洗って気持ちを落ち着けました。朝からこういう事があると、その日のうちにもう一度くらい『脂の洗礼』を受けるものなので注意せねばなりません。

脂壺はどれもそれほど深くはなかったようです。脂壺が深くてその部分を切り落とせない場合は、脂壺部分だけを削り取るという外科手術を施さねばならない事もあって、以前はよく「米松(ダグラスファー)の化粧梁にヤニが出たんだけど何とかして~!」という相談があって、自己流で覚えた切除手術の腕を振るったものですが、最近は材の乾燥化に伴いほとんどそういう機会もなくなりました。このままだと近いうちに建築業界では『ヤニ(脂)』という言葉が死語になってしまうのかも・・・

さて、トウヒですが具体的どういう形で活用しているかというと、こちらの「ままごとキッチン」がトウヒ製です。造られたのは、「おもちゃ病院」の伊藤さん。コンロ部分にはスギの赤身を使われていますがその他の部材はすべてトウヒです。そもそもトウヒはエゾマツの変種で、地域によっては『白栂(シロツガ』とも呼ばれるので、一見するとモミ(樅)スプルースのようにも見えます。弊社で在庫しているトウヒはそれほど目が詰まっているわけではないので、用途によって柾目で年輪の詰まったスプルースと使い分けしています。

昔は白系の軽い木というともっぱらヒノキかスプルースしか選択肢がなかったので、まずはその存在を知っていただくことが先決なのですが、超保守的な地域性のため、大工さんや工務店は使い慣れていない材にはなかなか手が伸びません。むしろ一般の方やセミプロの方はチャレンジャーが多いので、お試し価格で使っていただいています。しかし足が遅い材の宿命で、認知されたころに在庫が切れてしまうという皮肉。そしてそういう時に限って仕入れが出来なかったりと世の中うまくはいかないもの。




★今日のかけら番外篇・E030トウヒ/唐桧】 マツ科トウヒ属・針葉樹・岐阜産

なかなか巡り合わせが悪くて、決して珍しいというわけでもないのになかなか手に入らないというかご縁が無い木というのがあって、この『トウヒ(唐桧)』もそのひとつです。マツ科トウヒ属の木で、印象としては目の粗いスプルースといったところ。軽軟で白身のスッキリした針葉樹なので、どうしてもこの木でなけらばならないという必然性もないため、意識して探してこなかったということもあり、長い間『私の中での幻の木』あるいは、『今後もご縁の無い木』リストの1つに入っていました。


それが数年前に意識したわけでもないのにふとしたことでまとめて手に入り(ご縁がある時はそんなもの)今ではクラフト材などに時々利用しています。トウヒは漢字で『唐桧』と書くことから、唐(中国)の木だと思われている方も多いのですが、れっきとした国産材です。本州、四国、九州の亜高山帯というかなり限られた地域の分布する木です。唐桧という漢字の由来は、「唐風のヒノキ」を意味する説もありますが定かではないようです。同じような由来を持つ木としてはカラマツ(唐松)があります。

カラマツは、漢字では『落葉松』とか『唐松』と表されますが、中国の絵画(唐絵)に描かれる松に似ているという事から『唐松』と書かれるようになったと言われています。話が少し脱線しますが、『唐』の漢字で言えば、『紫檀・黒檀・鉄刀木』などで知られる『唐木』があります。こちらも中国産ではないのですが、これらの銘木や高級家具・工芸品などが日本に輸入された当初は、中国からのルートに限られていました。当時は唐が統治していたことから、『唐から来た木』という意味合いで唐木と呼ばれるようになりました

話はトウヒに戻ります。白身で軽軟な事から一般の方もクラフト細工用でお求めになるのですが、先日も朝からお問い合わせがあり、倉庫に立て掛けてある20数枚の在庫のトウヒの中からご希望サイズを探していると、掌に嫌な感触が・・・!「嗚呼、朝からやってしまった」と掌をみると脂(ヤニ)がベッタリ。白っぽい木なので油断していましたが、やはりマツ科の木。検品した際にはあまり気にならなかったのですが、手にしていた板の側面を見ると黄金色のヤニが噴き出ていました。これもマツ科の木を扱う者の宿命・・・




ところで、これも『引き寄せの法則』なのかもしれませんが、その後思わぬところでシャリンバイに遭遇することになりました。それは、道後で日用品・台所用品・雑貨などを販売している『BRIDGE さんに行った時の事。店主の大塚加奈子さんは『えひめのあるくらし』のメンバーであり、人気商品『丸いまな板』をコラボしています。それを納品に行った際に思わずシャリンバイと遭遇!それがこちらのシャリンバイのドライフラワー・リースです。この美しいリースを制作されたのは二名良日(ふたなよしひ)さん。

このドライフラワーのリースは、『草輪 Wreath』という作品で、シャリンバイの他にもネコヤナギやロウバイ、タケ、モミなどが展示されていました。初めて拝見したのですが、その造形美に体全身に電気が走ったような衝撃を受けました。これは・・・素晴らしい!いろいろな小枝と葉と実で作られているのですが、これも『森の出』の1つのカタチ。今まで200種類を超える材を扱ってきたものの、その対象は幹であり、その先にある小枝や葉、実については、興味はあったもののモノづくりの対象とは考えていませんでした。

正直やられた~という気持ちと、発想の面白さから軽い嫉妬を覚えながらジックリと拝見させていただきました。その後、二名さんのホームページを拝見すると、四季ごとの美しい草輪がズラリと並んでいました。嗚呼、ダメなんです。こういうワンスペックの多品種にもの凄く弱いんです。BRIDGEさんに伺った時には、入荷した結構時間が経過していたらしく、いい感じのドライフラワーになっていて枯れた味がでていたのですが、入荷時はまだ葉も瑞々しくて美しい緑色、実も青かったようでその経年変化の様子も素晴らしい!

ビーバー隊長と出会ったから私の中のストライクゾーンも徐々に広がってきました。それまで反応もしなかった(私にとってのボールコース)にも体がピクッと動くようになり、時々手が出るようになりました。まだなかなかヒットゾーンには運べないものの、打てる球が増えたことは素直に嬉しいし、こちらの打ち方も進化しているような気がします。たぶんビーバーハウスでシャリンバイの木を見ていなかったら、BRIDGEさんで草輪のリースを見てもここまでの感動はなかったはず。見えなかったものが見えてくるって楽しい~!




★今日のかけら番外篇・E031シャリンバイ/車輪梅】 バラ科シャリンバイ属・広葉樹・三重産

Rhaphiolepis indica var. umbellata

ビーバー隊長の素晴らしいところは沢山ありますが、その中のひとつにストライクゾーンの広さがあります!それは恐ろしいほどに広くて、広葉樹中心に針葉樹、街路樹、低木、灌木何でも来いです。ビーバーメンバーの『熊鷹』こと柳田国男さんと日々材の捜索には余念がありません。『木に貴賤なし』がモットーのお二人は様々な木を『救出』されるのですが、中にはこういう木もあります。バラ科の『シャリンバイ(車輪梅』。私の中では製材する木という認識すらありませんでしたが、まさかこういう形で巡り合うとは!


名前こそ知っていたものの枝をまじまじと見るのは初めて。誤解を恐れずに言うならば、この木にどれほどの特徴があるのかというのはビーバーにとってはあまり意味がありません。シャリンバイという種類の木が今ここにあるということこそが肝心なのです。一体全国でどれだけの人間がシャリンバイの木を探してきて製材しようと思っているのか。日本植物学の父・牧野富太郎博士によると、「梅のような花が咲き、枝葉が密集して輪生状に(車輪のスポークのように)出るからである」と、その名前の由来を説明されています。

分布域は東北南部より以南ということで愛媛県にも分布しています。日本一細長い半島で知られる愛媛の佐田岬周辺では、『ハマモッコク』の名前でも親しまれているそうです。これは先に『モッコク(木斛』という木の説明をしておくべきなのですが、それは項を改めるとして、浜辺の山に生えるモッコクという意味です。どちらも常緑で、葉が厚くて表面に光沢があり、その特徴がモッコクに似ていることが名前の由来だそうですが、材質はどうなのでしょうか。まだ挽かれていなかったので、その中身が気になるところです。

乾燥や大気汚染にも強く、よく刈り込みに堪えることから道路脇の分離帯や街路樹にも植林されているそうですが、幹や根にはタンニンが含まれていて染色用の染料にも利用されます葉には消炎作用があり、潰瘍の腫を煎汁で洗浄する他、打撲傷に用いられたりもします。なるほど低木ながらいろいろ利用価値のある木のようですが、材としての用途については硬いので木槌に使われるというぐらいで、他にはほとんど記述が見当たりませんでした。やはりそうなると、【新・森のかけら】の1つに加えねばなりますまい!




生前の椋鳩十氏本人から聞き書きしたという明治図書の『椋鳩十のすべて』によると、「山に住んで木製の日用器具をを作る木地屋を主題に書こうと思っていたから、木地屋にちなんで椋という姓をつけた。平安期以来、木地屋の総本家は小椋(おぐら)と名乗ってきたが、椋(くら)を「むく」と読ませたわけだ。名前の『鳩十』は、椋の木には鳩が十羽ぐらいとまるだろうという程度のいい加減なことで・・・」らしい。ただしそのペンネームをつけるのに一か月も悩んだともあるので、相当に思いの込められたもののようです。

子どもの頃はよく読んだものの、タイトルや中身まで覚えてなくてそのインパクトのある名前の方が記憶に残ったわけで、それはある意味のマーケティング戦略であったかもしれません。名前の由来は分かったものの、それでまたまた気になることが。「木地屋の総本家は小椋と名乗ってきた」という一節。それは木地師はムクノキ(椋木)を使っていたということを意味するのではないだろうか?木地=椋というのが、ピンとこなかったのですが、これまた調べてみなければ、と文献を紐解けば興味深い事実が分かりました。

まず『ムク』という和名は老木になると樹皮がパリパリと剥がれることに由来しているとされます。学名の種小名aspera(アスペラ)は「ザラザラした」とか「粗面」を意味しているように葉面がザラザラしているので、トクサの代用として木地などの仕上げ磨きに乾燥させたムクの葉が使われました。材を磨くの用いたので木工(もく)が転化してムクになったとも。材が緻密で粘りもあることから、木地の原料にもなってでしょうが、最終的な仕上げに使われていたことで木地師にとってはより重要な特別な木だったのでは。

そこから木地師は小椋と名乗るようになったのではないでしょうか。推論の域を出ていないので機会があればもっと調べてみたいと思います。それとは別にムクノキの名前の由来とされるのが、ムクドリがこの実を好んで食べるから。つまり『ムクドリの好きな木=ムクノキ』という説。しかしそうなると、ムクノキよりもムクドリの命名が先である必要があるのですが、鳥の名前の由来までとなるとさすがに畑違いなのでここでは「剥く説」を支持しておきます。使ったことはほとんどないムクノキですが、かなり興味が湧いてきましたぞ~!




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up