森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今日のかけら番外篇・E045ウダイカンバ/鵜松明樺】 カバノキ科・カバノキ属・広葉樹

昨日に続いて『カバ』の話です。北海道の市場でカバの木の種類の多さを実感して、その後なるべくそれぞれの木の出所についても訊いて仕入れるようになりました。現在【森のかけら】の追加版も企画しているので、もしかしたカバの仲間も少し増えるかもしれません。その候補の1つともいえるのが、この『ウダイカンバ』。日本固有の木で英語名では、『ジャパニーズレッドバーチ(Japanese Red birth)』。樹皮に特徴があってそこに惹かれて買ったのですが、この不思議な名前の由来もそこにあります。

この樹皮がリング状に剥げて火をつけるとよく燃えて、雨が降っても燃えにくいために鵜飼の時の松明(たいまつ)として利用されていたことが、名前の由来とされています。なので漢字では『鵜松明樺』と書いて『ウダイカンバ』と表わします。明るく火を灯すことから『トモシカンバ』の別名もあります。鵜飼といってもあまり実感が無いかもしれませんが、愛媛では夏の風物詩として親しまれています。愛媛県の大洲市肱川流域で行われる大洲の鵜飼は『日本三大鵜飼』のひとつに数えられるほど有名で、私も3,4度経験したことがあります。

 

その際に松明が使われているかどうか(ましてウダイカンバが)は記憶していませんが、こういうつながりが『森の5かけら』の大切な情報になります。松明にしようと思って仕入れたわけではないのですが、材そのものよりもその特徴的な樹皮が面白そうで、このまま何かのディスプレイや装飾などに使えるのではなかろうかという下心で仕入れてみました。とりあえずは乾燥させないといけないので、桟を積んで並べて乾かせていました。それから数か月が経過。夜中倉庫で残業していると闇に中から聞こえてくる不気味な音・・・

カリカリカリ・・・ええ、その正体は分っています。カミキリムシが樹皮を齧っている音です。仕方ないんです、彼らだって生きていかないといけないんですから。いわばこちらが彼らの終の棲家を奪ってきたんですから。それは諦めているのですが、できれば私の耳に入らないところで齧ってほしい。それならばこちらも見て見ぬふりをして自主退去するまで待たないこともないのです。しかし目の前でカリカリされて、木くずのピラミッドをいくつも建立されてしまっては、さすがに見て見ぬふりはできません。

ウダイカンバの個性的な樹皮を何かに使ってもらえないかと思って、これみよがしに倉庫の事務所の入口近くにも数枚立て掛けていましたが、女性スタッフからそこを通るたびに不気味な音が聞こえますと言われてしまっては、こちらとしてもお咎めなしとスルーするわけにもいかず。カリカリの音の響きからすると、自主退去はまだまだ先のようです。こちらとしても、何かに使えるはずだった樹皮を諦めるので、申し訳ないですが強制撤去していただくことに。こうしてウダイカンバの樹皮は焼却炉の灰となってしまったのです(涙)。

 




一般の方はほとんど馴染みがないと思われるチャンチンですが、私は割と若いうちからよくその名前を耳にしていました。当時、宮崎県あたりから銘木を売りに来ていた業者の方たちがチャンチンを持って来ていて、鮮やかなオレンジ色の硬質な木があるという事で、チャンチンを見せてもらいました。ただし、薄い板ものとか、細い角材などで、コンディションも決していいものではなかったため、まだ当時は建築以外にこれほど多くの木の出口があることすら知りませんでしたのであえて積極的に購入するには至りませんでした。

 

今して思えばもっと買っておくんだったなあと思いますが、木との出会いも一期一会です。チャンチンという変わった名前の由来については昨日説明しましたが、【森のかけら】に加える際に悩んだのがこの木を世界か日本のどちらに加えるべきかという事。そもそもが一介の材木屋の趣味嗜好から生まれた商品なので、独断と偏見で判断すればいいものなのですが、購入していただく方もそれなりの木フェチなので、こういう分類にはそれなりの理由が必要になるぞと勝手に思い悩みました。私の基準としては原産地とかではなく、その材がどこに生えていてどこから来たかという点。

チャンチンは中国原産で、既に室町時代には日本に渡来してきた言われています。それだけ古くから日本にあったのであればもはや日本の木と言っても差し支えないほどで、その存在がもっと浸透していてもいいはずだと思うのですが、その歴史に反比例するほどに認知度が低いのです。なぜなんだろうか?こういう場合よくあるのは、全然別の和名で親しまれていたパターン、あるいは材質が日本人好みではなくて市場で用材として利用されなかった。そして最後が、ただ私の認識不足で、世間の常識と乖離していただけという世間知らず。

最後のパターンだとただただ私が恥ずかしいということになるのですが、少なくとも愛媛では「チャンチン」は大工さんと話していて普通に出てくる言葉ではありません。雷電木や雲破りの別名が現わすように、まっすぐに高く伸びるので日本の狭い土地事情にそぐわないので好んで植えられなかったのかも。まあ実例も少ないのでその辺りはもう少し調べてみようと思います。そういう事からこの木を日本産とする事に抵抗があったのと、今でも【森のかけら・お任せ】セットには進んでは入れてはいないのですが、そろそろこちらの意識を変えていかねば、室町時代からの先人に失礼。




★今日のかけら・#072【チャンチン/香椿】 センダン科チャンチン属・広葉樹・宮崎産

緊張感のあった打ち合わせが済んだので、後は帰るだけなのですが折角広島まで来たのだから、少し気に関する場所や店に行ってみようということになりました。広島市廿日市にある素材からパーツ、工具までそろうDIY専門店WOODPROBASEさんへ。今までに何度か来たのですが、商品構成の豊富さや、商品陳列のユニークさなどがとても参考になったので善家君も誘ったのですが、残念ながらリサーチ不足で当日はお休み!そこで、その次の候補地であった、海と島の博覧会 跡地に2017年にオープンしたばかりの『レクト(LECT』へ。

 


こういう大型商業施設に行って人混みのもまれるのは苦手なのですが、私には買い物とは別の楽しみがあって、それは建物の周辺に植栽されている木々。近くの山では見れないような木や、植物園に行って探さないとないような木が植えてあって、いろいろな木の写真の立木を撮影するには絶好の環境なのです。それで今回、LECTの駐車場で見つけたのが、こちらの『チャンチンフラミンゴ』。『チャンチン』は中国原産ですが、日本でも古くから日本でも植栽されたりして、日本で産された丸太も多く出材されていることから、【森のかけら】では、日本の木に分類しています。

チャンチンは、センダン科チャンチン属の木で、英名はchinese cedarですが、cedar(スギ)の名前は付いていますがスギの仲間ではありません。多分、削るとスギに似たような匂いがするという事だと思うのですが、そういう意味では『スパニッシュシーダー』の別名を持つ『セドロ』と似ています。そもそもcedarの匂いを、日本のスギのそれと思っていること自体が間違いなのかも。漢字だと『香椿』と表しますが、こちらも決して椿の仲間というわけではありません。中国でいう椿(チン)は日本の椿とは別物で日本の椿は中国では『山茶花』。

ではチャンチンという変わった名前の由来は何かというと、中国名の『香椿』(中国語の読み方だと「シャンチュン」。それを無理矢理日本語読みしたのが『チャンチン』となりました。そのチャンチンにはいくつかの別名があって、その中でも有名なのが『ライデンボク(雷電木』。これは周辺より高く成長するので、雷を受けることが多いことに由来しているとされています。実際にどれぐらい落雷を受けているのかは分かりませんが、それぐらい通直に雲を突き破るほどに成長することから『クモヤブリ(雲破り)』の別名もあります。

冬になって落葉すると樹形がまるで電柱のようにスッキリした形になって、天に向かってまっすぐに伸びることからそう呼ばれるようで、名前だけ聞くと非常に勇ましいのですが、そういう木だからこそ植栽するのに場所を選ぶ木でもあるようです。ここで見たのは『チャンチンフラミンゴ』という園芸品種でしたが、その名は通り、新緑の頃だと葉はフラミンゴのようにピンクに染まるようです。その後、クリーム色、緑色にと変化していくようです。チャンチンの木は割ると鮮やかな赤身をしていますが、果たしてフラミンゴの中身はいかなるものか?

 




ウズラ卵業界。食文化に欠かせない卵という分野でありながらも、ウズラという嗜好性の高いマニアックな存在ゆえに、景気が悪くなると原料費の高騰や後継者問題で業界が疲弊して業者数が激減するという流れは、まさに銘木業界のそれと同じ。なのでとても他人事とは思えずつい感情的になって大きく脱線してしまったのですが、無くなっても困りはしなけれど、あればいろどりとしてはいいよね~的な存在としては銘木業界も共通。分野は違えどもマニアックなファンを育てて市場を確立させていかなければならないという点では一致しています

ウズラの卵生産日本一の会社では、今までウズラの卵を使っていなかった飲食店にウズラの卵を使った料理の提案をしたり、卵の回収の自動化などに取り組むまれたりもしている様子。一方、小学校などへの出前授業による啓蒙活動は人材不足などもありなかなか進んでいないみたいで、そういう事情も含めて一層シンパシーを感じます。実は豊橋市の周辺には木材の取引先がいくつかあって、よく通過していましたが、今度は豊橋にも寄ってウズラの卵関連の商品を購入したいと思っています。がんばれ豊橋!がんばれウズラの卵!

という事で、ここから改めてパートリッジウッド』こと『アンゲリン』、あるいは『ダリナの話です。弊社でも取り扱い経験がなかったので、最初は小さくカットして端材を削ったり加工したししてみておそるおそる使ってみました。マメ科の木らしく硬質で、削ると滑らか。木目はウズラの羽に例えられるのも納得がいく美しさ。オイルを塗ると更に濡れ色になって光沢が増します。木目があまりに緻密すぎて、少し離れてしまうと濃い目の赤身の中に埋没して木理が分からなくなってしまうほど。右の写真はオイル塗装を施した状態のもの。

塗装する前はかなり地味な色合い。今回アンゲリンで作らせていただいたのは、2850×900×40㎜サイズのテーブル。幅が広いので裏面には反り止めの金物を座彫りして入れています。左の写真はオイル塗装工程の途中ですが、写真の奥はオイルを塗ったので濡れ色になって濃いオレンジ色になっていますが着色しているわけではありません。幅広なので3枚の板を幅剥ぎにしていますが、片面に黒い筋があったので、そちらを裏面にして使わせていただきました。さすがにこのサイズになると一人でひっくり返すのは無理。明日に続く・・・

 




今日のかけら プレミアム020 【バーズアイメープル】 Bird’s eye maple   カエデ科カエデ属・広葉樹・北米産

今まで何度となくこのブログにも登場してきながら、「今更説明するまでもなく皆さんご存知の」的な感じで詳しく触れることなくスルーを繰り返してきたのが、この『バーズアイメープル(以下BEM』です。学生とかが木の事に興味を持つようになって、杢という分野を調べた時に一番最初に登場するのがこのBEMだと思います。個性的な杢の代表格としてそれぐらい有名で、弊社に木を求めて来られる一般のお客さんでも、この名前が出ると「名前は聞いたことがある」と言われる方がいらっしゃるほど認知度は高い木です。

なので、そんな有名な木をあえて説明するのはなんだか腰が引けるというか恥ずかしくもあって、ついついここまで引っ張ってきてしまいました。今月の端材コーナーで取り上げましたので、この機会に『今日のかけら』として取り上げます。このBEM、名前は知っていても実際に使ったことがあるという方は少ないと思います。なぜなら高額だからです。メープルの森があったとして、良質なBEMが採れるのは1万本に1本ともいわれるぐらいその希少性は高いのです。勿論この話にも諸説あります。尾ひれ背ひれがつくのも高級材ならではのある意味名誉。

BEMという種類の木があるわけではなくて、ハードメープルの中に小鳥の目玉のような小さな杢が無数に現われたものを、『バーズアイメープル(鳥眼杢』と呼んで分類しています。なのでその特徴はハードメールなのですが、加工する際に杢目で欠けたり、弾けたりすることがあるので、注意しないと高額な材が使い物にならなくなるのでご注意ください。当然その鳥眼杢が沢山広い面積に出れば出るほど価値は高まるのですが、弊社はそんな超高級銘木とは無縁の材木屋でして、大きなサイズのBEMは持ってもいませんしあまり興味もありません。

そんな立派な超高級銘木であれば、それに相応しい場所とそれを扱うに相応しいひとがいると思っているので、あまり高いレベルになってしまうと、嘘と思うぐらい急激に興味が無くなってしまうのです。なのでうちにあるのはBEMのミニミニサイズばかり。具体的には、320×105~120×24㎜程度の短くて薄くて狭い板。私が愛でるにはちょうどいいサイズ。何も大きいばかりが銘木ではありません。高いばかりが銘木でもありません。いかに人の眼を楽しませて愛でてもらえるかというのも、銘木の要素であり、ひとによって銘木の基準も変わるのです

ハードメープルには面白い杢が出やすく、BEM以外にもカーリーなど個性的な杢が出て眼を楽しませてくれます。絹糸光沢と呼ばれる独特の触感も滑らかで、品質の良さが比較的分かりやすい木だと思います。銘木なんて聞くと、お高いんでしょうとつい腰が引けがちですが、サイズが小さければ決して手が届かないようなものではありません。木工愛好家の方にはぜひ一度使っていただきたい。【森のかけら】の中ではプレミア36に分類していますが、さすがに35㎜角になると鳥眼杢がなかなかうまく取り込めなくて苦心しています。

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up