森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

弊社のわずかな神代木の中で、ひときわ異彩を放つ木があります。それがこちらの『神代朴』。言わずもがなですが、長らく地下で眠っていて掘り出されたホオ(朴)の木です。九州の宮崎県で出土したもので、手に入れたのは10数年前のこと。ご披露しようしようと思っていたのですが、モノがモノだけに何かいいタイミングがないかしらと探っていたらすっかり遅くなってしまい今頃になってしまいました。満を持してのご披露です!実は同時期に同じ『神代朴』を数枚仕入れししましたが、あまり状態がよくありません。

辺材部分はほとんど朽ち果てていて『神代』なんて形容するには申し訳ないような品質ではあるのですが、その中にとんでもないお宝が潜んでおりました!それほど大きくなかったと思われるサイズの朴の樹皮に近い部分ですが、辺材が朽ちてすっかり小さくなってしまっています。それを板に製材してみたのがこちら。普通に考えたらとても使い物にはならないような凸凹の端材・・・だと思われるでしょう。ところがこれをひっくり返してみると!なんということでしょう~!

なんと、この形は~!そうです、本州なのです!北は北海道から西は山口県までが見事に表現された『神代朴の本州』なのです!決して人工的に加工したわけではなく自然だけが造り出した奇跡の造形美。北海道から東北にかけては信じられないくらいの仕上がり!ちょっと琵琶湖が思い切り東北にずれてはおりますが、ちゃんと湖となっています。関西から中国あたりがやや未完成っぽいのですが、もしかしたら地下で神々が作成中だったものを途中で掘り出してしまったのかもしれません。もう少し掘り出すのを待てば見事な日本全体が完成していたのかも?!

とりわけ私が気に入っているのは日本海から北海道にかけての造形。このアングルから撮影したら、これは誰がどう見ても日本でしょう!!朽ちて生まれた凸凹が入り組んだ海岸線を見事に表現!能登半島もあります。綺麗に磨いて額にでも入れて飾ろうかなとも思っていましたが、ここに眠らせてしまってはモッタイナイので、『森のかけら累計70,000個突破記念セール』の目玉のひとつとして思いきって販売することにしました。本当は、四国、九州の神代朴も見つけて『神代朴全国地図』を完成させようと無謀な事も考えていたのですが・・・

自然が造り出した奇跡の産物だけに、全部集め終わるまでにはこちらが化石化しかねません。このまま磨いて飾っていただいてもいいのですが、楽しみ方のひとつとして高級ジオラマという手もあるので、ご参考までに「北海道で(苫小牧あたり?)、下北半島を背に怪獣ガヴァドンと戦うウルトラマン」を設えてみました。数百年かけて自然が造りたもうた産物に不遜?いやいや、これは日本地図として表現してこそ意味があるのです。オンラインショップ〔かわりものカテゴリー〕にて絶賛発売中ですので、物好きな方是非どうぞ!!

http://shop.morinokakera.jp/?pid=135530700




★今日のかけら #063【神代朴/ジンダイホオ】 モクレン科モクレン属・広葉樹・宮崎産

土中に数百年もの間埋まっていて、道路工事などで偶然掘り出された木、土埋木(どまいぼく)。「埋もれ木」とも呼んだりしますが、あまりにも長く地中にいたため、地下水や土中の成分、圧などによって元の木とはまったく異質なものに変成し、色合いも風合いもすっかり元の木とは違うモノに化けてしまうものもあります。愛媛でも稀に出土するものの、訊こうが温暖なこともあってか、コンディションのよい状態で出てくることはほとんどありません。

弊社にある土埋木もそのほとんどが東日本で掘り出されたものです。経年変化によって独特の風合いを醸し出していて、ものすごく雰囲気があるのですが、中に炭化しかかっているようなものもあり、本来の木の性質は既に損なわれてしまっています。なので乾燥に伴いどういう風に変化していくかが分からないので、精度が求められる用途には使いにくく用途も絞られます。若い頃にその面白さに惹かれて土埋木で建具を作って痛い目に遭いました。

何事も経験です。ところでそんな土埋木の中でも、とりわけ保存状態がよくて、木目や色合いなど総合的に判断して銘木的な価値のあるものについては、特別に「神の代(みよ)から土中に眠り続けられた木」として、『神代(ジンダイ』という冠が授けられるという話は以前にも書いた通りです。銘木の世界では神代と呼ぶには、最低でも500年~1000年ぐらいは土の中でお眠りいただいていないと、ふさわしくないとも言われていたりします。

そういう意味では弊社はあまりに気軽に神代を使いすぎていて大変不遜ではあるのですが、500~1000年ものの歴史的価値のあるような高級銘木とは縁の無い零細材木屋ゆえ、どうかご容赦いただきたい。そんな弊社にある神代木といえば、秋田富士とも呼ばれる名峰・鳥海山から出土した『神代杉』や『神代欅』。旭川から出土した『神代楢』や『神代楡』、『神代タモ』。珍しいところでは『神代胡桃』なんてものもありますが、銘木屋からは笑われるレベル。明日に続く・・・




お取引先のミセスホーム㈱さんの協力業者会・ミスター会の研修旅行があり、今回は神戸・姫路方面に。行程では前後しますが、まずは神戸の『神戸海洋博物館・カワサキワールド』を見学。工務店さんの業者会ということで、職種は違えどもモノ造りのプロフェッショナル集団ですので、船やバイクにも興味のある方が多数いらっしゃいます。まあ建築関係では無くとも、男の子ならば船や車は大好物のはずなのですが、生憎私はなぜだかそちら方面への関心が信じられないくらいに希薄・・・。

車の免許が取れる歳になって同級生が車やバイクの話で盛り上がっている輪にも入れず(興味が無さ過ぎて輪に入る気もないのですが)。ということで船の構造やらバイクのデザインにも興味はないものの、その歴史や素材にはいささか興味があります。神戸海洋博物館に入ると、まず目に飛び込んでくるのはイギリス軍艦ロドニー号!縮尺1/8スケールの巨大模型という事ですが大迫力。船の構造の知識はなくとも、木造船のそのボディラインの美しさぐらいは分かります。

以前にこれと同じようなシチュエーションで巨大な船に圧倒された覚えがあると思っていたら、広島の呉の大和ミュージアムで観た全長26mの縮尺1/10スケールの戦艦大和以来。船に限らず、巨大構造物に対峙するとわけもなく気分が高揚するのは万国共通。戦艦大和の甲板には、水や腐朽にもよく耐え、優れた耐候性を持つチークが使われていたのは有名な話ですが、ネルソン級戦艦であるロドニー号には、軽量化させるためにチークよりも軽いモミ(樅)が使われていたという記述もありました。

奥には、日本の木造船の模型も展示してありました。その中には江戸時代から明治期にかけて日本海の海運の主役として活躍した『北前船』がありました。学校の授業で北前船の名前は教わっていたものの、その後北前船で胸がときめくことがあろうとは夢にも思いませんでした。今でこそ『能登の至宝』とも呼ばれる『能登ヒバ』が隠密の手によって青森から運んだのも北前船(諸説あり)。過去にもその模型は何度か見たものの、ここで見たのが最大。続く・・・




昨日までテーブルの一枚板としてもミズナラについての話でしたが、粘りがあって逞しいミズナラはフローリングや家具以外でもいろいろな用途で活躍しています。以前は厚み30㎜前後の耳を断った平板としても仕入れていたので、造作材なども利用していましたが、品質の良いものは価格が高騰したのと安定供給の問題で、そのポジションは北米産の『ホワイトオーク』に取って替わられました。大きな一枚板が必要な場合は、やはり北海道や東北、岐阜の市場などから仕入れることになります。

小さなものでよければ、地元の久万の山からも少しは出てきますので、製材所に丸太で仕入れてもらい耳付きの板に挽いて使っています。曲がり木も多く、家具などに使うには難しいものの、小さくカットして使うには十分。小さくとも曲がり木であろうともミズナラに違いはなく、例えばこういう『木の球』に加工すれば、ヒノキとは比べものにならないズシリとした重みが感じられます。木同士がふれあった時の力強い音もミズナラならでは。前述した『カラコロ木琴』をはじめ音色も楽しめます。

昔は床材、家具材としてしか見ていなかったため気づいていなかったのですが、ミズナラの魅力は小さくしてもその特性が失われにくいことにあります。小さなモノにも虎斑(トラフ)が現れたりと表情豊かで、子供たちにも「木らしさ」がよく伝わります。ヒノキやスギの針葉樹の切り取った柾目部分だと、木とは感じない子供もいたりしますが、ミズナラだとさすがに子供にも「木感」は理解できるようです。またそのしっかりした重さからも掌で木を感じているのだと思います。

節や割れだけでなく、虫に喰われる事も多いミズナラですが、最近はその虫穴も含めて『木の醍醐味』と理解して、それらも自然体で受け入れたいただく寛容な人も増えてきています。むしろそういう部分を取り込んだものが欲しいというリクエストもあったりして、木に対して求められるものは随分広がってきたと実感しています。だからこそそれを供給するこちら側が、いつまでも古臭い昔のままの物差しで木をはかっていてはいけないのです。新しき価値は新しい木の中にあるのではなく頭の中、心の中にある




若い頃に北海道に連れて行ってもらって初めて北海道産のミズナラを見ましたが、その圧倒的なボリュームに感動しました。当時はまだ『道産楢』というブランドは相当に魅力的でしたが、その後高齢木のロシア産、中国産のナラに市場を凌駕されてしまいました。愛媛にもロシア産、中国産のナラの挽き板が入ってくるようになるに合わせて、弊社にもナラ指定の家具の注文が入ってくるようになり、沢山の家具などを作ってきました。まだまだ300㎜を越えるような幅広の材も容易にはいっていたため木取りしやすいという使いよさもありました。

その後、輸入ナラの供給が不安定な時期もありましたが、やはり家具の世界では看板選手として業界を引っ張っていきました。ロシアや中国からナラが入りにくくなると、北米産の『ホワイトオーク』がその代替材として使われるようになりました。ホワイトオークの方が重く硬いものの雰囲気がとても似ているので、その時期にナラからホワイトオークに移行された工務店さんも沢山いらっしゃいました。価格も問題もあり、弊社ではかつてミズナラが占めていたポジションはすっかりホワイトオークに譲ってしまいました。

それでもやっぱりナラが好きというナラファンも多いので、地元愛媛の山元にもお願いして、ミズナラの原木が出た場合に分けていただくようにしています。手に入ったとしても乾燥までにかなりの時間を要するために、材として使えるようになるまでには天然乾燥だと2,3年ぐらいは覚悟しています。こちらは8年ほど前に挽いた久万高原町産のミズナラ。直径500㎜程度の丸太を50~60㎜ぐらいの厚みに挽いてジワジワ乾かせてきました。割れやピンホールもあったので、このまま一枚板としてというよりも脚材などに小割して使います。

愛媛の森から出てきたミズナラ。そのまま一枚でテーブルになるような巨木は望むべくもありませんが、身の丈に合った用途に使っています。まあまあ大きいものでねじれの少ないものは、奥行きのあまり必要でないカウンターなどに、ねじれや反りがあるものは小さく割り返してテーブルや座卓の脚材に、さらにもっと小さなクラフト細工などに。こちらの『カラコロ木琴』は、愛媛産のミズナラで出来ています。中にビー玉を入れたり、マレットで内部を回すように叩くとカラコロと優しい音色が響き渡ります。硬いミズナラならではの音色。明日に続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up