森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨日の続きで、永らくの間アンタッチャブルだった倉庫の奥(妄想の禁猟区)から、埃をかぶって出てきたもの第二弾。これって一応、ロングセールとも連動させているつもりなので、少しでも興味を抱いてくださった方がいらしたら是非、会社の方に実物をご覧になりに来られて下さい。実は今から25年ぐらい前(それからおよそ10年間ぐらい)、大五木材の売上の大きな幹のひとつは『集成材』でした。私は「集成材繁栄期」と勝手に呼んでいますが、集成材メーカーと組んで、オーダーメイドの造作材を作っていました。

地元の有力なハウスメーカーからの注文で、オリジナル仕様の集成の造作材を手掛けたことがきっかけとなりました。まだまだ地方にはバブルの余韻も残っていて、住宅着工も旺盛だったので、注文して作っていたので間に合わなくなってきたので、仕様形状を決めてリスト化して、1本ごとにナンバーを印字して箱に入れてある程度のボリュームで弊社が在庫するようになったのです。当時この辺りに流通していた集成材の単板の厚みは、0.3~0.5㎜程度でしたが、そのオリジナルは1.0㎜厚の高価な特注仕様品でした。

基本的に使っていた柱が4寸(およそ120㎜)だったので、すべてそれに合わせて4寸仕様の特注品でした。後々、そのことが「つぶしが効かない」という悲劇を迎える事になるのですが、当時は毎週トラック1車分が入荷するほどに注文が旺盛で、永遠にこの流れが続くような気持になっていました。そのハウスメーカーでは、二間続きの和室がほぼ100%近く設計されていたので、欄間鴨居・敷居をはじめ、3枚引違の建具仕様の鴨居・敷居など特別なサイズで、値段も相応に高いモノがリストにズラリと並んでいました。

50坪を越えるような大きな家も珍しくなくて、そういう家だと集成材だけで100万円を越える事も珍しくありませんでした。そのためそれなりに在庫も必要だったのですが、かつて地上の王であった恐竜が簡単に滅んだように、そんな栄華も永久のものではなかったのです。そのハウスメーカーが倒産!あれほど利益を生み出してくれたオリジナル仕様の高級集成材は主を失くして無用の長物となってしまったのです。4寸の特殊サイズというのが仇となり汎用性が低く、他には売れずにそれから永い永い眠りについたのです。

あれからもう10数年が経ってようやく落ち着いて当時の事を振り返られるようになりました。愛媛ではその頃に地元の中堅住宅会社の倒産が相次いで起こり、一時期誰に売ればいいのか、どこが安全なのかという不安感が漂っていました。私自身、入社以来最大の貸し倒れを経験し本当に青ざめました。まだ当時は親父も元気で、社員の協力もあってどうにか耐える事が出来たものの、人間不信にも陥りました。そんな哀しい記憶の集成材など処分してしまえとも言われたものの、彼らに罪はない。どうにか生かせる場所を探してやりたい・・・。




現在、年末までのロングセールを行っていますが、それに合わせて倉庫の奥で眠っていた材を引っ張り出したりと、倉庫の大規模整理も兼ねています。倉庫の奥の奥にあるような材は出すとなると、まずは手前のモノを片づけなければならないのですが、狭い倉庫に重なり合うように置いてあるため、そこに手をつけようと思うとえらいことになりそうなので、これをどこかに移動させるぐらいなら、売ってしまった方がいい!だったらそれが売れてから奥のモノを動かせばいい、などという都合のいい妄想で心をだましてきました。

しかしそれも限界という事で、思い切って手つかずだったエリア(縦横無尽に木材が重なりあっているので、フォークリフトが使えず、すべてが手作業・・・。こういう時、自分の妄想の中では禁猟区に足を踏み入れたハンター!をイメージして心を奮い立たせているのです。そしたら、昔見たことがあったであろう懐かしのモノたちが出るわ出るわ!出たついでに特価で販売しております。いろいろな「時代に乗り遅れてしまった遺物」のようなモノも出て来ているのですが、このタモの積層親柱もそんなモノのひとつ。

いや、もしかしたら私が知らないだけで、まだまだこういうタイプの親柱も現役でご活躍なのかもしれませんが。この数年、私が訪れた現場では見た記憶がありません。にもかかわらず親しみを感じるのは、20数年前に建てた自宅でガッツリ使っていて、毎日見ているから。昔はウレタン塗装にも何の抵抗も感じていませんでしたし、デザイナーズ住宅とは無縁だったので、階段の親柱といえばこういうモノぐらいの認識でしたので、こういうモノを普通に受け入れて普通に売っていました。そんな時代の名残です。

経緯はまったく覚えていないのですが、大目に注文してしまったのか、キャンセルをくらったのか何かしらの理由で在庫になってしまったのだと思います。しっかり段ボールに入っていたので、ほぼ新品同様。軽微なかすり傷が数か所あるぐらいで使用に問題はありません。この頃はまだタモとナラの違いもよく分かっていませんでした。当時はなんでもかんでもタモ、広葉樹といえばタモといわれるぐらいにタモ全盛時代でしたが、まさか後々タモが高騰して簡単には手に入りづらなくなる時代が到来しようとは・・・。このタモ積層親柱はオンラインショップにて(アウトレット)販売しています




弊社のわずかな神代木の中で、ひときわ異彩を放つ木があります。それがこちらの『神代朴』。言わずもがなですが、長らく地下で眠っていて掘り出されたホオ(朴)の木です。九州の宮崎県で出土したもので、手に入れたのは10数年前のこと。ご披露しようしようと思っていたのですが、モノがモノだけに何かいいタイミングがないかしらと探っていたらすっかり遅くなってしまい今頃になってしまいました。満を持してのご披露です!実は同時期に同じ『神代朴』を数枚仕入れししましたが、あまり状態がよくありません。

辺材部分はほとんど朽ち果てていて『神代』なんて形容するには申し訳ないような品質ではあるのですが、その中にとんでもないお宝が潜んでおりました!それほど大きくなかったと思われるサイズの朴の樹皮に近い部分ですが、辺材が朽ちてすっかり小さくなってしまっています。それを板に製材してみたのがこちら。普通に考えたらとても使い物にはならないような凸凹の端材・・・だと思われるでしょう。ところがこれをひっくり返してみると!なんということでしょう~!

なんと、この形は~!そうです、本州なのです!北は北海道から西は山口県までが見事に表現された『神代朴の本州』なのです!決して人工的に加工したわけではなく自然だけが造り出した奇跡の造形美。北海道から東北にかけては信じられないくらいの仕上がり!ちょっと琵琶湖が思い切り東北にずれてはおりますが、ちゃんと湖となっています。関西から中国あたりがやや未完成っぽいのですが、もしかしたら地下で神々が作成中だったものを途中で掘り出してしまったのかもしれません。もう少し掘り出すのを待てば見事な日本全体が完成していたのかも?!

とりわけ私が気に入っているのは日本海から北海道にかけての造形。このアングルから撮影したら、これは誰がどう見ても日本でしょう!!朽ちて生まれた凸凹が入り組んだ海岸線を見事に表現!能登半島もあります。綺麗に磨いて額にでも入れて飾ろうかなとも思っていましたが、ここに眠らせてしまってはモッタイナイので、『森のかけら累計70,000個突破記念セール』の目玉のひとつとして思いきって販売することにしました。本当は、四国、九州の神代朴も見つけて『神代朴全国地図』を完成させようと無謀な事も考えていたのですが・・・

自然が造り出した奇跡の産物だけに、全部集め終わるまでにはこちらが化石化しかねません。このまま磨いて飾っていただいてもいいのですが、楽しみ方のひとつとして高級ジオラマという手もあるので、ご参考までに「北海道で(苫小牧あたり?)、下北半島を背に怪獣ガヴァドンと戦うウルトラマン」を設えてみました。数百年かけて自然が造りたもうた産物に不遜?いやいや、これは日本地図として表現してこそ意味があるのです。オンラインショップ〔かわりものカテゴリー〕にて絶賛発売中ですので、物好きな方是非どうぞ!!

http://shop.morinokakera.jp/?pid=135530700




★今日のかけら #063【神代朴/ジンダイホオ】 モクレン科モクレン属・広葉樹・宮崎産

土中に数百年もの間埋まっていて、道路工事などで偶然掘り出された木、土埋木(どまいぼく)。「埋もれ木」とも呼んだりしますが、あまりにも長く地中にいたため、地下水や土中の成分、圧などによって元の木とはまったく異質なものに変成し、色合いも風合いもすっかり元の木とは違うモノに化けてしまうものもあります。愛媛でも稀に出土するものの、訊こうが温暖なこともあってか、コンディションのよい状態で出てくることはほとんどありません。

弊社にある土埋木もそのほとんどが東日本で掘り出されたものです。経年変化によって独特の風合いを醸し出していて、ものすごく雰囲気があるのですが、中に炭化しかかっているようなものもあり、本来の木の性質は既に損なわれてしまっています。なので乾燥に伴いどういう風に変化していくかが分からないので、精度が求められる用途には使いにくく用途も絞られます。若い頃にその面白さに惹かれて土埋木で建具を作って痛い目に遭いました。

何事も経験です。ところでそんな土埋木の中でも、とりわけ保存状態がよくて、木目や色合いなど総合的に判断して銘木的な価値のあるものについては、特別に「神の代(みよ)から土中に眠り続けられた木」として、『神代(ジンダイ』という冠が授けられるという話は以前にも書いた通りです。銘木の世界では神代と呼ぶには、最低でも500年~1000年ぐらいは土の中でお眠りいただいていないと、ふさわしくないとも言われていたりします。

そういう意味では弊社はあまりに気軽に神代を使いすぎていて大変不遜ではあるのですが、500~1000年ものの歴史的価値のあるような高級銘木とは縁の無い零細材木屋ゆえ、どうかご容赦いただきたい。そんな弊社にある神代木といえば、秋田富士とも呼ばれる名峰・鳥海山から出土した『神代杉』や『神代欅』。旭川から出土した『神代楢』や『神代楡』、『神代タモ』。珍しいところでは『神代胡桃』なんてものもありますが、銘木屋からは笑われるレベル。明日に続く・・・




お取引先のミセスホーム㈱さんの協力業者会・ミスター会の研修旅行があり、今回は神戸・姫路方面に。行程では前後しますが、まずは神戸の『神戸海洋博物館・カワサキワールド』を見学。工務店さんの業者会ということで、職種は違えどもモノ造りのプロフェッショナル集団ですので、船やバイクにも興味のある方が多数いらっしゃいます。まあ建築関係では無くとも、男の子ならば船や車は大好物のはずなのですが、生憎私はなぜだかそちら方面への関心が信じられないくらいに希薄・・・。

車の免許が取れる歳になって同級生が車やバイクの話で盛り上がっている輪にも入れず(興味が無さ過ぎて輪に入る気もないのですが)。ということで船の構造やらバイクのデザインにも興味はないものの、その歴史や素材にはいささか興味があります。神戸海洋博物館に入ると、まず目に飛び込んでくるのはイギリス軍艦ロドニー号!縮尺1/8スケールの巨大模型という事ですが大迫力。船の構造の知識はなくとも、木造船のそのボディラインの美しさぐらいは分かります。

以前にこれと同じようなシチュエーションで巨大な船に圧倒された覚えがあると思っていたら、広島の呉の大和ミュージアムで観た全長26mの縮尺1/10スケールの戦艦大和以来。船に限らず、巨大構造物に対峙するとわけもなく気分が高揚するのは万国共通。戦艦大和の甲板には、水や腐朽にもよく耐え、優れた耐候性を持つチークが使われていたのは有名な話ですが、ネルソン級戦艦であるロドニー号には、軽量化させるためにチークよりも軽いモミ(樅)が使われていたという記述もありました。

奥には、日本の木造船の模型も展示してありました。その中には江戸時代から明治期にかけて日本海の海運の主役として活躍した『北前船』がありました。学校の授業で北前船の名前は教わっていたものの、その後北前船で胸がときめくことがあろうとは夢にも思いませんでした。今でこそ『能登の至宝』とも呼ばれる『能登ヒバ』が隠密の手によって青森から運んだのも北前船(諸説あり)。過去にもその模型は何度か見たものの、ここで見たのが最大。続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up