森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

以前に製材所からもらって来たマツの木の端っこの切り落とし。形がいびつで割れてねじれてそのまま廃棄されてしまうはずだったもの。誰が見たって「ゴミ」にしか映らないでしょう。そんなものもらって来てどうすんの?と思われるでしょうが、うちは製材所ではないのでこういう丸太の形のままの引き落としやいわゆる端材は自社では発生しないので、『丸太状の端材』に対する妙な欲求があるのです。いや、もうあこがれに近いようなものかもしれません。自分でもよく分りませんがきっとただの無いものねだりなのだと思います。

前に職業体験で地元の中学生を受け入れた時に、そのマツの輪切りの年輪を数えてもらいましたが、几帳面に年輪を数える彼らにとってはその輪切り丸太が割れていたり反っていることは関係ありません。彼らにとっての興味は、年輪幅が広くなっていたり細くなっていたりして、どうして年輪幅にこんなに違いがあるのかなあという事や、数えた年輪が80以上もあって自分の祖父や祖母よりも長く生きてきたという事実に向かいます。木は長生きするということを耳で聞くのと、実物を見ながら数えて感じるのとでは受け取り方も随分と違うはず。

木の仕事をしているとどうしても、まっすぐな木、ねじれていない木、節の少ない木など、人間の都合で『使いやすい木』が「いい木、良い木」で、そうではないものは「使えない木、悪い木」と考えてしまいがちです。事実この割れて反って歪な輪切りのマツだって、材木屋なら誰も見向きもしないことでしょう。これには価値が無いと思っているから。でもこのマツの年輪を数える彼らにとっては、初めて見る木の輪切りだったのです。彼らがそこに「いきものの足跡」を感じたとしたら、それだけでこの輪切りには充分な存在意義はあったのです。

『木の価値』を考えるとき、今までのものさしだけでは測れない魅力や楽しさや驚き、可能性なども基準にしようと意識はしているつもりですが、ついつい日頃の仕事に流されて、古いものさしで木を見てしまいがち。店にやって来る子どもたちのピュアな「この木、超かっこいい~!」とか「やべえ~」という言葉にハッとさせられることしばしば。そのたびに、また古いものさし出してたことに気づいて、ものさしを取り換えています。世の中に使えない木などなくて、あるのはそこに使えない脳があるばかり、猛省の日々。




いよいよ捜査は佳境に入ってきました。北海道芦別市の黄金水松公園ですが、これは「黄金水松」という木の名前ということではなくて黄金というのは地名です。豊穣の地という意味で、黄金町の水松という意。1939(昭和14)年10月に部落字名改正により黄金町となったようです。この木のある一帯はかつて上班渓御料林と呼ばれ、昭和7年には帝室林野局が保存木に指定されましたが、戦後になって開拓の対象となり、土地が払い下げられようとしたため、地元の農家が水松保存会を結成して水松を守ってきたという歴史がありました。

ということは北海道ではイチイは水松と呼ばれていた?木の図鑑や辞典では、「イチイを水松とするのは誤用」という記述がありますが、どうやら北海道芦別市では古くからイチイは水松と呼ばれて親しまれていたようです。その理由について、北海道においては、スギやヒノキといった針葉樹が少なく、針葉樹といえばトドマツやエゾマツ、アカエゾマツなど圧倒的にマツが多いので、針葉樹全般をザックリと「マツ」と呼ぶ習慣があって、そのためイチイもマツと呼ばれたのではなかろうかというのが核心のようです

ここからは私の推論ですが、その中でもイチイは日陰を好む陰樹なので、じめじめしたような日陰に育つイチイに対して「水」というイメージがついて水+松=水松になったのではないでしょうか。なので、中国原産のスイショウ(水松)と誤用しているのではなくて、水気のあるところに育つマツ(北海道での針葉樹全般の呼称)という意味の『水松』ではないかというのが私の結論です。もちろんこれは材木屋探偵の推理ですので間違っていたらごめんなさいですが。しかし、これでもまだ残る疑問が、水松がイチイだったとしてもなぜイチイを巡査の棒にしたのか?

イチイといえば、赤身と白身のコントラストを巧みに活かした飛騨の一刀彫が有名です。昔、飛騨に行った頃私もイチイのタイピンを買いました。彫刻に適するぐらいですから決して硬い木ではありません。警察の警棒と言えば硬くて折れにくいカシ(樫)の木と相場が決まっているのですが、なぜあえて折れやすいようなイチイを使ったのか。人間の世界よりも進んだ河童の世界では、言葉こそ高圧的でも力でひとを押さえつけようとする国家権力の強行は行わないのだよという皮肉としてイチイを用いたのでしょうか。

あるいは芥川龍之介も『森の出口』を探している材木フェチ野郎で、河童の国だからそこに生えていそうな水にまつわる木として水松(イチイ)をわざわざ引っ張り出してきて、暴力的ではないが地位が高いことを暗に示すために「イチイのやさしい警棒」という出口を考えていたのだとしたら・・・。最後に彼が残した言葉、「橋の上ゆ胡瓜なくれは水ひびきすなはち見ゆる禿の頭」(二つの世界を結ぶ「橋」という空間の上で、わたしは日常的な食べ物である胡瓜を、橋の外に放り投げた。水音というこの世の事象は、私の耳にも響いてきたのだが、それを求める異界の者の姿もまた見えたのだ。)合掌。

 




青森ヒバだと信じて買って植えたこの木はなんとサワラだったのです!どこで取り間違えたのか、そもそも最初からサワラだったのか、あるいは店の親父がだましたのか?もしや親父が私を試すために仕掛けた長いフリで、「青森ヒバじゃなかったぞ!」の連絡を首を長くして待っているとしたら?!まあそれはともあれ、サワラで間違いないようなので、思わぬ形で立ち木のサワラを見ることになったのです。まあ正確に言えば、それがサワラの木だと思わずに毎日サワラの木を見続けてきたわけですが。これぞ材木屋の立木知らず、お恥ずかしい

現場で木を扱う人間ですからこうやって恥をかきながら経験を重ねていくしかないのです。身近なところに無い木とか、海外のマイナーな木って、情報はあれども実際に自分で触って加工して肌感覚で体感してみないと、その特徴などをまた聞きとか他人の言葉でしか伝えられません。なるべく紋切り型ではない、材木屋ならではの言葉で伝えたいと思っているものの、どの木にも『クスノキ』のように匂いを嗅げばすぐ分るような強い特徴があるわけではありません。特に白系の常緑針葉樹って特徴もよく似ています。

それをさらに35㎜のキューブにして、多数の樹種名の書いていないキューブの中に混ぜたとしたら、その中からこれがサワラ!なんて特定するのは至難の技。いったん混ざってしまったらどうしようもないと思っていたら、怪我の功名というか、小口の油分の滲出によってサワラが特定できそう。オイルを塗ってない状態のものでは油分の滲出が見られなかったので、オイルを塗ったことが原因っぽいです。まあそれも木の個性ですからだからダメだなんて否定したりなんかしません。木は人間のために生まれてきたわけではない。

そしたら先日たまたま、サワラが水によく耐えるという特徴を活かした現場に偶然遭遇。何気なく入ったうどん屋さんのうどん桶が、洗うためにひっくり返されていたのですがその底には「200年サワラ」の刻印が!今まで何度も通った店ですが、そうかこれもサワラだったか!身の回りのモノの多くに木が使われていますなんて言いながら、庭のサワラといい、うどん桶といい、日々何度も見ていながら見えていなかった。あまりに馴染みすぎていて無意識になっていたと反省『森の出口』は何も新たに作らなくとも身近に沢山溢れています。強い自戒の念を込めて見逃し注意!

これは補足ですが、調べてみるとサワラはサワラでも園芸品種用に改良されたものようです。関東方面では、園芸品種のサワラを庭に植えたり、生け垣に植栽されているらしいのですが、その際に『ヒヨクヒバ(比翼檜葉)』とか『イトヒバ』m『シノブヒバ』、『オウゴンヒヨクヒバ』など名前になぜか『ヒバ』の名前が付くことが多いみたいです。という事は私が買った苗木も、『青森ヒバ』ではなくて、『青森(産のヒヨク)ヒバ』という意味で、店の親父は言ったのかも?!木を扱う人に悪人なし!そう思おう。




ちょっと用事があって久しぶりに久万高原町井部健太郎君のところへ。さすがに松山市内よりは少し涼しく感じましたが、今年は久万でもかなり暑かったようです。打ち合わせをするために建物の中に入ると、何やら動物の鳴き声が・・・近づいてみると段ボール箱の中に野鳩が二羽。もっと小さな時に巣から落ちてしまっていた雛を健太郎君が救出してここで育ててて、まだ飛べないもののかなり大きくなってらしい。昨日までブログでヒッチコックの『』の事を書いていたので、見た瞬間ギョッとしてしまいましたが、敵意はなさそう(笑)。

情けない話ですが、私は生の動物全般苦手でして、これぐらいの小鳩ですら気軽に触ったりは出来ません。恐らくかなり小さな幼少期に犬に噛まれたことがトラウマになっているのだと思うのですが、もしかしたら子どもの頃に見まくっていた映画の中の、『』や『黒い絨緞(蟻の大群)』、『グリズリー(熊)』、『ジョーズ(鮫)』、『テンタクルズ(蛸)』、『キラービー(毒蜂)』、『燃える昆虫軍団』などの影響で動物への恐怖心が増幅され刷り込まれていってしまったからなのかもしれません。それならそれで本望なのですが・・・

おそるおそる鳩と接していたら、その脇に色々と面白そうなものを発見。健太郎君も本業は林業ながら、早い時期から非建築分野の出口も探っていて、いろいろな商品開発を行ってきています。その中には、以前にご紹介したスマートフォンスタンド『杣響音(SOMA-BEAT)』もあります。他にも自社以外のお付き合いのある企業の商品なども展示されていましたが。その中に気になるもモノが。以前に、久万高原町産のヒノキの板を薄く削って天然木極薄突板シートにしてもらった事は知っていましたが早速製品になっていました。

それがこの天然木極薄突板シートを使ったブックカバーと栞。突板といっても裏地にもシートが貼ってあって少々曲げても割れたりしないようです。ブックカバーは切り株や木の形にレーザーでくり抜いて柄のある布を当てています。栞もレーザーで精緻な言葉が彫られています。ちょっと時間がなかったので詳しい話が聞かなかったので、こちらの商品についてはまた改めてご紹介しますが、着々と非建築分野への出口商品が整いつつあります。いずれこれらの商品群をまとめたプラットフォームを作れればと構想しています。もうあまり時間がない、急がねば・・・!

 




山の日恒例の石鎚山のイベントは、ロープウェイ乗り場から少し離れたピクニック園地というところで開催されます。最初の数年は、あちこちどの場所がいいのか試していましたが、最近はここに定着しました。このスペースは石鎚登山道とは完全に離れていて、家族連れでバーキューをしたり、冬にはスキー、夏にはグラススキーやウォータースライダー、スラックラインなどが楽しめる場所として整備されています。なのでここに来られる方たちは登山目的ではなくてここが目的でやって来てのんびり過ごそうと思われているので在時間も長い。

そのためしばらくは芝生で楽しく遊んでいた子供たちも休憩がてら集まってきて、木の玉プールに入ったり、木工をしてくれます。端材などを用意しての木工体験では、毎年ここで夏休みの工作をこなしくいくつわものもいれば、どうやって家まで持って帰るのかと親を困惑させるような巨大オブジェを作り上げる子もいます。最初は遠巻きにみていた親御さんも、こうしたほうがいいとかボンドが多いとか遠隔操作していたのに、そのうち我慢できなくなって参戦し、子ども以上に熱くなって自分の作品を作り上げるのも恒例。

毎年その日にここでバーベキューをされる家族連れや友達グループもいて、そんなところの子供たちは常連さんで、道具の使い方も手慣れたもの。「今年はこんなもの作ったよ」と見せてくれますが、他人様のお子さんながら、去年に比べて急に背が伸びたりしていたり、おとなびていたりして驚かれることも。子どもって今までは出来なかった事が、ある年齢から急に出来るようになったりしますが、そういう成長の過程の中にも木のモノがあるといいなあと、こういう姿を見ていて感じます。森のかけら」20段積みも続々とクリア!

少し前にこのブログでも紹介した木製バランス遊具『Wobbel(ウォーベル)』をこの日も持ってきましたが、こどもたちに大人気!こどもたちに下手な説明は要りません。めいめいが楽しく遊び方を考えて楽しんでいました。自分でもいろいろ商品を考えたりしますが、多くが素材中心の物語性を帯びた感性商品のため、使い方を訊ねられるのが苦痛でして(自分で考えろよ~!なんて腹の中で思ったり)、そんな事をヒラリと乗り越えてこどものハートをわしづかみにしているWobbelを見るたびに、これぞ『本物の木の出口』と感服します。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up