森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

松山市内の道後樋又にあった不思議なファンタジックなパン屋『雲珠(うず』さん。風の便りに東野方面に移転していたとは聞いていたものの、なかなか足を運ぶ機会がありませんでしたが、そんなファンタジックなパン屋のファンキーな夫婦の方からまさかこちらにやって来ようとは・・・!先日の昼前にあるひと組のご夫婦がご来店。たまたま勝岡の運転免許センターに免許の更新に行く途中、車窓から見えた耳付き板の山に惹かれて、吸い込まれるような勢いでハンドルを切られたのです。

最初は、木が見たいとにわか知識を振りかざしてやってくる冷やかし野郎かと思っていたら(失礼!)、これがとんでもない木材大好きフェチ夫婦でして、そこから昼飯もすっ飛ばして長くて熱い木トークが始まってのです。少し話せば本気がどうかはすぐ分かります。埃まみれの倉庫に案内すれば、オシャレな服が汚れるのもまったくお構いなしにズンズンと奥に入り、嘗め回すように木を選別。しかもむしろ奥さんの方が積極的なほどに!これこれ、こういう出会いがあるのが道路沿いの店の醍醐味!

聞けばご自分で加工もしたいとの事。それで道具はどれぐらいお持ちなのか、腕に覚えがあるのかなどと話していて、そこでようやく雲珠の店主夫婦であることが発覚!しかもお二人とも東京出身で、以前に松山に旅行した時の印象があまりによかったので、この地でパン屋を開こうと移住してきたという、やっぱり予想通りファンキーなご夫婦だったのです。奥さんの東京の実家の隣に材木屋があって、小さな頃からそこで遊んでいたので木の匂いや手触りが大好きなのだという、材木屋が泣かせの小ネタにも感激!


東京のひとだから木に触れる機会も少ないだろうなんて、私は自分の凝り固まった固定観念をハンマーで打ち砕きたい衝動に駆られたのです。あれもいい、これもいいということで結局その日は決められず、改めて後日再び店に来てもらい、ゼブラウッド楡(ニレの耳付き板をご購入いただきました!それで先日お店にお届けにいかせていただいたのですが、まじまじとお店を拝見・玄関には奈良の『徳田銘木』さんから買ったという変木が!まさかこういう形で徳田さんの商品と邂逅しようとは・・・!

移転前のお店も十分のファンタスティックでしたが、更にパワーアップ!パンの写真も撮らせてもらおうと思っていたのですが、社員のおやつのパンを買って帰るという使命も受けており、次々やって来られるお客さんに負けてなるかと買い漁っていたら肝心のパンを撮るのは忘れていました。店内至る所に木が使われていて、材木屋が始めたパン屋のようですらあったのですが、壁面に描かれた絵も自分たちで描いたということで、これはいずれコラボ商品開発の申し込みをせねばなるまい!年末の素敵な出会いに感謝!!




王子が岳』から車を走らせ、倉敷の美観地区へ移動。何度も来ているのですが、子供たちはまだ幼かったのであまり記憶にないようでした。混雑を避けるために朝早くに自宅を出たものの、明確な目的を持った小旅行ではなかったので、あちこち寄り道している間に昼近くになってしまい、結構な数の観光客が溢れていました。材木屋だから美観地区の古建築かと思われるかもしれませんが、実は誤解を恐れずに言うと、個人的には特別に古建築に興味・関心が強いというわけではないのです

今回もここに立ち寄ったのは家内のリクエストです。仕事がらまったく興味、関心が無いというわけではないですが、古建築をわざわざ訪ねて歩くようなマニアでもありません。その辺りは自分でも不思議なくらいなのですが、同様に古材に対してもそんなスタンスです。なぜかというと、人が何十年も住んだ家にはその人の思いというか御霊(みたま)のようなものも宿ると思っているので、解体した部材にもそれらは宿っていて、おいそれと商品として扱うには重た過ぎると感じてしまっているためです

だからといって古材を取り扱うことを否定しているわけではなくて、例えば自分の先祖の家など身元がはっきりしている分にはどうこう思わないのですが、他県でまったく縁もゆかりも無い所にあった築百数年の家などの場合、びびりの私としては気が引けるというか、進んで関わりたくはないのです。幽霊的なものとかの事を言っているのではなく、強い思いのこもったものってちょっと近寄りがたいというか、軽々しく関われないなあと感じてしまうのです。これはあくまで個人の感覚なので気にならない人は沢山いると思います。

そういう方は大切に古材を活用してあげてほしいと思っています。古建築には今では手に入らないような立派な部材を使われているケースも多いので、活かせるものであれば活かしてあげていただきたい。時々、弊社にも「古材は扱っていないのか?」という問い合わせがあったりするのですが、私はこういう感覚なので古材は扱うつもりはありません。それゆえ古建築に対しても興味、関心が薄いのだと思います。材木屋としての資質が問われる問題発言かもしれませんが、偏屈ゆえ木に対する畏怖が屈折しています。

古材ではありませんが、自然素材という意味ではも同様だと思っています。日本でお墓といえば御影石がほとんどですが、海外では大理石で墓石を作られるケースが多いようです。大理石は軟らかく加工が容易で、微細な彫刻に適していて、炭酸カルシウムが主成分なので酸性雨にも強いためとも言われますが、一方では人間の骨を構成するリン酸カルシウムと同じカルシウムなので、人の念が寄りやすいからだという説もあります。別に怖い意味ではなく、自然素材ってそいうものだと思うのです。




今年も石鎚登山ロープウェイ株式会社さんにお声をかけていただき、石鎚山成就社駅から歩いて2,3分ほどのピクニック園地にて『木の玉プール&木のおもちゃイベント』を開催。もう何度来させていただいたかも分からないほどになって、お陰で信仰心薄き私も石鎚山のパワーを感じられる体質になってきました。当日松山を出発した時は車の温度計で37℃ありましたが、山を登っていくに従ってみるみる温度が下がり、ロープウェイで成就社駅に到着した時には26℃!実に温度差11℃で、風が吹くと肌寒く感じられるほど。


最初に来た頃は、子供がそんなに登山しに来るものかなと思っていましたが、予想以上に幼い子供たちもやって来るのと、ここに来る誰もが頂上を目指して来るわけではなくて、ピクニック園地等で開催されるさまざまなイベント目当てに来られる方も多いのです。この地域において石鎚山は信仰の山であり、パワースポットであり、ある種のテーマパーク的な存在なのだと思います。うち以外にも子供向けのイベントもあって、孫とおじいちゃん、おばあちゃんなど幅広い層の方がお越しいただきました。

強い風が吹けば肌寒いものの、雲から太陽が顔を出せばやはり暑い!ここで標高1,300mありますので下界よりも太陽に近い分、日差しも強い。気持ち的には太陽が少し大きく見えてしまう感覚・・・。今まで何度も繰り返し失敗したにも関わらず学習能力がないため、毎回強い日焼け(軽い火傷並みの)で首とか腕がヒリヒリして寝れなくなるパターン。タオルでカバーはしていたつもりでしたが、帰ってみるとやっぱりがっつり日焼けしていて、案の定夜になると皮膚が熱を持ってなかなか寝つけませんでした。


日頃から外で作業はしているものの、もともと色白なもので肌が弱いなだ思うのですが、日焼けするとマッカッカになって大変なんです。そんな太陽の強い日差しをものともせずに屋外で設置した木の玉プールには子供たちが群がり遊びます。現在、こういうイベント向けのレンタル用の木の玉プールセットもいくらか用意していて、規模に合わせて球の数も調整していますが、今回は針葉樹のヒノキ玉のプールでした。滑らかさでは広葉樹に劣るものの、香りはヒノキが強く、そのヒノキの香りに惹かれたのかトンボも羽休め。




ものを見る視点を変えな帰らばというのは勿論自分自身への自戒の念も込めてものことでああるのですが、それを強く感じたのは事務所の一角にあるクラフト商品などの展示スペースに置かれたこれを見て、やわらかいと思っていた自分の視点も凝り固まっていると感じたからです。これは【森のかけら】を作る際に生まれてしまうB品『夢のかけら』にただ線や色を描き込んだだけの「かけら小包」と「ルービックキューブ」ものですが、こういう発想もあるのか~と軽やかな発想に驚かされました。

実はこれ、うちの高校3年生の長女が、家内に頼まれて『森のかけら以外のかけら』の使い方を考えてみてと言われた考えたものだったのですが、後から誰が作者なのかを聞いても、それ自体が自分には無い発想だったので余計に驚きました。どうしても材木屋としても見えざる呪縛のようなものがあって、なるべく木の持つ力を信じるという点に傾倒しがちになります。つまり着色はせずに、本来の木の持っている色を引き出すためのオイルにこだわるとか、奇をてらうような細工はなるべく避けるとか

それを自分の中で『禁じ手』としているわけではないものの、木に対峙する時のひとつの指針としてそういう心構えでいるため、全部塗りつぶしてルービックキューブにするなんて発想は、いかに相手が『夢のかけら』であろうとも、私であればいくら時間をかけようとも思いつかない裏技。強いこだわりを持つことは大事だと思うのですが、あまりにそこに捉われすぎると視界が狭まってしなやかな発想が出来なくなります。こちらはご存知『木の玉プール』ですが、この中にも時々面白いものが紛れ込んでいます。

それがこちらの節や傷、虫穴などの跡が、顔のように見える玉!これをいわゆる『欠点、不良品』かもしれませんが、滅多にないことなので『当たり』と考えればちょっぴり心が豊かになります。イベントなどに持って行くときは、大体1万個の木の玉がはいるわけですが、まあ人間だって1万人もいれば少しは変わった奴も混じっているように、木の玉にだって変わった奴が混じっています。1個そういう球を見つけると、何かにとり憑かれたがごとくに一心不乱にそればかり探す子もいたりして面白いです。

『木の玉プール』には広葉樹と針葉樹がありますが、針葉樹の中でもヒノキの場合、玉の表面にうっすらとヤニが滲み出てくることがあります。『ダグラスファー(米松)』のような粒状のヤニではないのですが、触るとザラリとした触感があってあまり歓迎されません。それでもしばらく使っていれば、子供たちの油や汗やいろいろなものでそれなりに馴染んでくるのですが、それを逆手に取って目玉をつけた『木の玉ちゃん』的なものが出来上がっていいました・・・かけら、木の玉、どこまで自由になれるか!?




最近はすっかり『さかなブログ』となりつつありますが、寿司屋と見まがうほどに鰊(ニシン)のネタがありまして、本日もニシンはニシンでも今日はその名前に関する話。まずはその名前の由来についてですが、身をふたつに裂いて食用にする「二身」からきている説や、二つに身を割るからことから「妊身(ニンシン)」がニシンになったとか、両親が揃っている者は必ず食べなければならない魚だった、あるいは両親の長寿を祝って食べる魚だったことから「二親」が「ニシン」になったなど諸説あり。

 

 

 

漢字表記としては、今は『』と書き表しますが、かつて北海道の松前藩では米が取れなかったため、納税や俸禄などにニシンを収めたのですが、その際にこれは「魚に非ず、海の米なり」と言ったことから、魚偏に非と書いてニシンと読ました言われています。信憑性がどうのこうのというよりも、こういう伝承を大切にしたいと思うのです。それが真実ではなかったとしても、語り継がれ逸話の中にこそ、本質が隠れていたり、別の形で反映されていたりすることは多いから。

 

 

今は『鰊』の漢字が使われますが、魚偏の隣の『柬(カン)』は、束ねたものを選り分けたり、選抜するという意味があるそうで、魚偏とくっ付くことで、春になると産卵のために沿岸に押し寄せることから、「春に選ばれた魚」という意味で『鰊』の漢字になったのだとか。英語では Herring(へリング)。ファッションの世界でもこの言葉は使われていて、この後に「骨」を表す意味のbone(ボーン)をつけると、Herringbone(ヘリンボーン)となります。

 

 

 

直訳すると、『魚の骨』ですが、斜め線がV型に組み合わさった折り目が、魚の骨のように見えることからこの名前が使われます。日本語では、『杉綾織り』とも呼ばれます。ファッション業界では模様の名前ですが、住宅業界においてはフローリングの貼り方の技法として使われます。そのヘリンボーンに対応できるフローリングは、以前はチークカリンなど一部の樹種に限定されていたのですが、新たにナラカバ、ブラック・ウォールナットなども加わりました。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
Scroll Up