森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

人が動けば我も動かんという流れが、旅行ブームや温泉ブームなど現在にも続く産業の基盤を作ったといっても過言ではないと思います。情報過多で選択肢が増えすぎた現代では日本国民がこぞって熱狂するような過剰ブーム望んでもなかなか叶わないですが、それはかつて木材業界にも大きな恩恵をもたらしてくれたのです。何千万もする屋久杉の家具や、何百万もする彫刻欄間、数十万もする床柱などが飛ぶように売れた時代が、この愛媛にだってあったのです。弊社ですら50万を超える欄間が月に数台売れた時代がありました。

弊社の倉庫の中にも「その頃の名残り」がいくつかあります。例えばこちらの鉄刀木のヒョウタン。これは20数年前に徳島の唐木専門の材木屋から買い求めたもの。営業でこちらまで来ることもあれば、徳島に買い付けに出向くこともありました。今はもう廃業しましたが、仏壇や家具だけでなく、こういう小さなモノも沢山製作して展示してありました。海外で作らせたものや国内で作ったもの、本当の銘木から眉唾物の出所不明のいかがわしいものまであれこれ。少々高く仕入れてもそれより高い値段でバンバン売れて、楽しい時代でした。

こちらのタガヤサンの木製グラスもその当時の売れ残り。三大唐木の中でも特にこのウェンジが私のお気入りでしたが、ある時期からその興味が一気に失われていきました。それは若い頃に銘木の関係者と徳島に買付に行った際タガヤサンの木工品に惹かれていた私に対して、先方の唐木屋が(若いだろうけどあなたも材木屋だから知っているだろうが)と、後から揉め事にならないように予防線を張ったのかもしれませんが、「それはタガヤサンではなく、アフリカ産のウェンジを漂泊して柄を鮮明にしたニセモノだから」と教えてくれてから。

阪神タイガースが好きだからということもあるのか、いやもしかしたら縞柄が好だからタイガースが好きなのかもしれませんが、ともかく生来縞柄が好きだったのでタガヤサンに惹かれていたのですが、それは別にウェンジであってもよかったのです。気持ちが引いたのはそれがウェンジを漂泊したからという事ではなく、その業者が「ニセモノ」と言った事。我々が材木屋と知っていたからそう言っただけで、相手が素人なら堂々と「タガヤサン」として売っていたわけです。そのようにニセモノ扱いされる木としてウェンジに対する興味がトーンダウン。明日に続く・・・




先日、埃をかぶって樹種が分からないほど汚れた木が『ウェンジ』だっという事でしたが、そのウェンジについてはかつてこのブログで『黒い縞を持つブラックビューティー』としてご紹介しました。かつて『適材適所』でも取り上げたのですが(右)、ブログで5回に分けて書いたのは、その原稿に加筆して詳しく解説したものでした。褐色の縞柄が美しいアフリカ産の褐色の広葉樹・ウェンジの特徴については『今日のかけら』をご覧いただければと思いますが、本日はそれ以外の事でウェンジに関する話。その際にもこのウェンジが、世界三大唐木と呼ばれる『紫檀・黒檀・鉄刀木(シタン・コクタン・タガヤサン)の鉄刀木(タガヤサン)に材質や色調、雰囲気がよく似ていることから、その鉄刀木の代用品に使われているという事に触れました。

四国の徳島県は昔から唐木仏壇の製作が盛んで、江戸時代からの歴史を有する大阪の唐木仏壇の技術が伝わり、元来より家具作りが地場産業であった徳島で更に発展したものだそうです。そのため徳島には唐木が集まっていて、昔から徳島の木材業者が唐木を積んで松山にも営業に来ていました。そのお陰で若い頃から唐木を目にする機会が多く、いろいろな『銘木』と呼ばれる唐木も拝見させていただきました。中でも私が個人的に好きだったのは鉄刀木。「タガヤサン」という不思議な名前とその複雑濃厚な木目に虜になりました。

今から30年、いや40年ほど前には唐木工芸の収集ブームがあって、どこの家にも『紫檀・黒檀・鉄刀木』製の坪やら器やら何かしらのオブジェが鎮座ましましていたものです。今の若い人からすれば、何がいいのか分からないと思われるかもしれませんが、私の父親の世代の嗜好品の選択肢のひとつとして「木のモノ」は確固たる地位を築いていたのです。高度経済成長を猛烈に駆け抜けたきた世代のひとにとって、嗜好品のチョイスすらも「ひとに負けてなるモノか」的な意識が働いて、競って唐木製品を買い求めたのです。

そういう流れを個性が無いとか、横並び意識が強すぎるとか、自分の価値観が無い、なんて批判する人もいますが、自分の父親を見ていてそんな気持ちにはなれません。高度経済成長期に脇目もふらずに働き続けてやっとひと息ついてみたら、趣味も無く、遊びの仕方も分からず、同世代の間で話題になったモノ、嗜好品、遊びに飛びついたのかもしれませんが、それの何が悪い。個性よりも強調性を求められる時代に生き、他社と同調することでマンパワーを生み出し、奇跡の発展を遂げた父の世代にとって必然的な選択肢だったと思います。明日に続く・・・




いよいよ『おとなの部活動』として公式の最終イベントが終わりました。四国中央市のまなべ商店さんで2日間にわたって開催された『えひめのあるうれしい日』が盛況のうちに終了。私は仕事の関係で最初の日にしか参加できませんでしたが、天気にも恵まれ沢山の方がご来店。次から次へと入れ代わり立ち代わりまなべ商店ファンがやって来られて、まなべ商店さんがどれほど地域に密着しているのかを強く感じる一日となりました。こうして参加メンバーが一堂に揃ってイベントを開くのも本当にこれが最後。

まさかここまで続くとは、ましてここまで大所帯になるとは思ってもいませんでしたが、縁とは不思議なものです。お陰で畑違いの異業種の方とも沢山知り合いになりましたし、そういう出口を得ることも出来ました。それぞれに情報発信力があって、異常なほどにキャラの立っているメンバーが集っていることもあって、それぞれの店のファンもかなりマニア度が高い!活動の後半は女性が急増したこともあり、弊社の客層とはまったく違うアウェイでのイベントでの戦い方も勉強させていただきました。成果は別として。

会場となるまなべ商店さんが、四国のおいしい食材を扱うお店という事で、まな板やカッティングボード、お箸、スプーンなどの木の食器もいろいろお持ちしていたのですが、一緒に出店されていた地元・四国中央市の『くう食堂』さんに耳付きの大きな木のまな板をお買い上げいただきました。恥ずかしいので顔出しはNGということですが、逆にそれで木の大きさが分かると思います。大量に入手したモミジバフウユリノキの丸太ですが、その一部は輪切りに製材してもらっていて、そのうちの数枚を磨いて仕上げたものです。

早い段階で芯に穴を開けて、割れが放射状に広がるのを阻止していたのに、展示会当日気を許した隙に直射日光を浴びてしまい少し干割れが出てしまいましたが、それでバックリ割れるようなことはありません。昔は材木業界でまな板といえば、ヒノキの長方形のモノが定番でしたが、最近では円いイチョウ,ホオをはじめ、樹種もキリ、カヤ、ヤナギ、カツラと樹種も広がり、形も輪切り、変形から厚みもさまざま。こんな身近な生活用品すらまだまだ出口は広がりそうで、いかに自分の頭が凝り固まっていたか思い知らされる。




円いものが二つ並んでいると人間の脳はそれを「目」と錯覚してしまい、さらにその下に丸か棒線でもあるとそれを「顔」と思ってしまうそうですが、仕事柄そういう事は多々あります。私の場合、円いものというのは節で、棒線はカスリであったり、虫穴だったり、傷や流れ節など。まあそれが顔に見えるかどうかというのはひとそれぞれの感覚だとは分かっているのですが、扱っているものが自然素材だけにそういう場面に出くわすと、これはもしかして何かしらのメッセージでは~?!と妄想増幅!

人面樹なんて言ってしまうとおどろどろしく聞こえますので、私はもっぱら『キャラクターマーク』と呼んでいます。先日も『オニグルミ』の木を加工していたら、不意に「そいつ」が現れました。今回、顔を作り出していたのは虫穴。あまり歓迎したくはないものの、クルミは虫に喰われることが多い木で、しかも結構大きめの穿孔穴が開いていてガッカリすることもあります。今回も本来ならばガッカリすることろでしたが、キャラクターマークの表情が少し怒っていたのでガッカリするよりも何だか恐れ入ってしまいました。

さかさまにして見ればなんてことない虫穴ですが、一端顔だと認識してしまうとどうやったって顔にしか見えなくなる。ひっくり返そうなななめにしようがもうこれは顔!そうなると、これを残しておきたくなるのが人情。そうだ、キャラクターマークの部分だけ切り取って、それを集めてみようかなどとも考えていたのですが、また本末転倒な事になりそうなので執着心が芽生える前に早々に断念しました。もともとは木の玉プールの中に、時々そういうものが紛れ込んでいるのが気になったのが発端でした。

加工したことで偶然顔が出てくる場合もあれば、切った断面とか、木材そのものが見る角度によって顔に見えることもあります。先日は製材所で検品中に、その様子を笑いながら眺めているこんな奴に遭遇。一見笑い顔っぽいのですが、よく見ると額の割れが青筋にも見えて、「いつまでほったらかしておくつもりじゃ!さっさと製材せんかいっ!」なんて、竹中直人の名人芸『笑いながら怒る人』のようにも見えて怖い。彼らとの出会いはこちらの深層心理が強く反映しているのかも・・・




松山市内の道後樋又にあった不思議なファンタジックなパン屋『雲珠(うず』さん。風の便りに東野方面に移転していたとは聞いていたものの、なかなか足を運ぶ機会がありませんでしたが、そんなファンタジックなパン屋のファンキーな夫婦の方からまさかこちらにやって来ようとは・・・!先日の昼前にあるひと組のご夫婦がご来店。たまたま勝岡の運転免許センターに免許の更新に行く途中、車窓から見えた耳付き板の山に惹かれて、吸い込まれるような勢いでハンドルを切られたのです。

最初は、木が見たいとにわか知識を振りかざしてやってくる冷やかし野郎かと思っていたら(失礼!)、これがとんでもない木材大好きフェチ夫婦でして、そこから昼飯もすっ飛ばして長くて熱い木トークが始まってのです。少し話せば本気がどうかはすぐ分かります。埃まみれの倉庫に案内すれば、オシャレな服が汚れるのもまったくお構いなしにズンズンと奥に入り、嘗め回すように木を選別。しかもむしろ奥さんの方が積極的なほどに!これこれ、こういう出会いがあるのが道路沿いの店の醍醐味!

聞けばご自分で加工もしたいとの事。それで道具はどれぐらいお持ちなのか、腕に覚えがあるのかなどと話していて、そこでようやく雲珠の店主夫婦であることが発覚!しかもお二人とも東京出身で、以前に松山に旅行した時の印象があまりによかったので、この地でパン屋を開こうと移住してきたという、やっぱり予想通りファンキーなご夫婦だったのです。奥さんの東京の実家の隣に材木屋があって、小さな頃からそこで遊んでいたので木の匂いや手触りが大好きなのだという、材木屋が泣かせの小ネタにも感激!


東京のひとだから木に触れる機会も少ないだろうなんて、私は自分の凝り固まった固定観念をハンマーで打ち砕きたい衝動に駆られたのです。あれもいい、これもいいということで結局その日は決められず、改めて後日再び店に来てもらい、ゼブラウッド楡(ニレの耳付き板をご購入いただきました!それで先日お店にお届けにいかせていただいたのですが、まじまじとお店を拝見・玄関には奈良の『徳田銘木』さんから買ったという変木が!まさかこういう形で徳田さんの商品と邂逅しようとは・・・!

移転前のお店も十分のファンタスティックでしたが、更にパワーアップ!パンの写真も撮らせてもらおうと思っていたのですが、社員のおやつのパンを買って帰るという使命も受けており、次々やって来られるお客さんに負けてなるかと買い漁っていたら肝心のパンを撮るのは忘れていました。店内至る所に木が使われていて、材木屋が始めたパン屋のようですらあったのですが、壁面に描かれた絵も自分たちで描いたということで、これはいずれコラボ商品開発の申し込みをせねばなるまい!年末の素敵な出会いに感謝!!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up