森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

天板が仕上がったら最後は植物性オイル+蜜蝋ワックス拭き仕上げ。鉄脚が付いて仕上がったのがこちら。中央に走った大きな割れも、豪快な流れ節も、このミズナラに力強さと唯一絶対の個性を与えてくれています。中には節や割れが許せないとか、許容出来ないという方もいらっしゃいますが、弊社の倉庫にあるのはそういう木ばかり。私自身がそういう木の表情が好きだし、それを個性だと感じているので、あえてそういう木ばかりを選んで仕入れています。なので自然とご来店される方にも感染。

もちろん欠点の無い無節の木も嫌いではありませんし、ある意味でよくぞそこまで綺麗に成長したなと感心するものの、生来のひねくれ者ゆえ万人が認める絶対的な価値に対する反発心みたいなものがありまして、節ひとつ無い優等生のような木には何か物足りなさを感じてしまうのです。欠点の無い事、それこそがある意味欠点でもあります。自身の人生を投影した、完璧なモノに対するひがみ、ねたみなのかもしれませんが、やはり私は節や割れ、傷のあるような板にこそ木の魅力を感じてしまうのです

ぬくぬくと育った優等生の無節の板からは発することのない、ワビサビのような味わい深さは、森で雨風や小動物、昆虫たちと格闘して刻まれた節や割れ、傷などの爪痕からこちらの想像力を大いに掻き立てながら滲み出してくるのです。酸いも甘いも嚙み分けたような老獪な味わい深さがたまりません。映画でも完全無欠のスーパーヒーローよりも、心に闇のあるような脇役に惹かれたりするのです。古い例えで恐縮ながら、アーネスト・ボーグナインとか ウォーレン・オーツ、ロバート・デュヴァル等々。

話が映画の方に逸れそうなので戻します。きっとそういう自分自身の中の反骨心というか反発心みたいなものが、木の節や割れなどがあって『欠点』とか『B品』なんていう表面だけしか見ない薄っぺらい世間の評価に対する怒りのメタファーとなっているのだと思います。人は誰も理想通りには生きられませんが木とて同じこと。そこに芽吹いてしまえば、いかに過酷な環境だろうがそこで生きていくしかない木。その木たちが必死にもがいて刻まれたしるしの中こそかえがたい魅力があると思うのです




旭川産のキングサイズのミズナラの一枚板、恐らく100年はゆうに超えていると思われる巨木から伐りだされた一枚です。兄弟であるもう一枚の体には、伐採時についたであろうチェンソーの跡も生々しく残っています。これだけのサイズとなると愛媛の森では太刀打ちできません。やはりそこは北海道のスケールの大きな大自然からの産物。そんなミズナラの名前の由来ですが、落葉広葉樹でありながら葉っぱが落ちにくいことから、枝先に残った枯葉が寒風に揺られて擦れ合って鳴る(ナル→ナラ)様子から命名されたとの説があります。

他にも「日本書紀」によると、崇神天皇の時代に官軍が草木を踏みならしたところを「なら山」と名付けたとあるように、ナラという語源には「平ら」という意味があり、葉が広くて平らなナラの名前となったという説もあります。ミズナラのミズは、文字通り「水」の意味で、この木が多量の水分を含んでいて、簡単には燃やせないということから命名されたとされています。ナラの仲間にはコナラナラガシワなどもありますが、一般的にナラというと、このあたりではミズナラの事を指しています。

そんなミズナラですが、木目がくっきりしていて力強く雄々しいことから男性に好まれる傾向にあります。キングサイズともなるとかなりの重さですが、15年間の乾燥を経てかなり軽くなりました。それでもこの大きさですから動かすには当然ふたりがかり。ほぼこのサイズのままで脚をつけてダイニングテーブルにすることになったので、裏面から脚の位置を確認。弊社ではテーブル一台ずつオーダーメイドで作っていくため、こうやって脚の位置や大きさなども一枚ずつ天板に合わせてバランスを考えます。

脚の位置や大きさが決まったら早速加工に入ります。加工してくれるのは弊社の懐刀である『ZEN FURNITURE』の善家雅智君。おおよその見立てが出来たら後は阿吽の呼吸で仕上げていきます。今回のミズナラは中央部に大きな割れが入っていましたが、敢えてそこを埋めたりせずに豪快にそのまま取り入れた仕上げとなりました。森の履歴書でもある割れの部分がこのミズナラに味わい深い表情を与えてくれています。その醍醐味部分をしっかり触ってもらえるように鑿で丁寧に整えます。明日に続く・・・




昨日の続きですが、積雪そのものは20センチ足らずだったのですが、道路の一部が凍結していて、何度かタイヤが取られそうになりながらも交通量も少なかったのでノロノロ運転でどうにか新居に無事到着。最後に少し角度のある登り坂があるのですが、さすがにはそこはタイヤが滑って上り切れず車は断念。そこからテーブルとベンチを手運びで納品することに。結構大きなサイズではあったものの、素材がよく乾燥したイチョウヒノキであったのでふたりでどうにか搬入出来てほっとひと安心。

今回は施主さんが、自分の山で伐採されたイチョウとヒノキをずっと保管されていて、新居の建築の機会にぜひ家具に使いたいという事で、それらを使って製作させていただきました。弊社は材木屋なので、自社の木を売ってなんぼですので、通常は材の持ち込みによる家具製作はお受けしておりませんが、今回は新居の建築材、内装材等も納めさせていただきましたので、お引き受けさせていただきました。最近、材はあるので加工だけして欲しいという話も多いのですが基本的には材・工込みでお受けしております

イチョウには少しアオ(青い染み)が入っていたものの、立派な耳付きの板で、2枚幅剥ぎで天板に。脚はヒノキですが、なるべく素材を有効に生かすために箱脚にさせていただきました。大きな節はあるものの、赤身の張った生き節です。仕上げはいつもの植物性オイル蜜蝋ワックス拭き。雪で何度か納品のタイミングがずれたにも関わらず、寛容にお待ちいただき感謝!こういう風に自分のとこの山の木を使って家具を作りたいという方は多いものの、実際にこうして最後まで辿り着ける方はごくわずか

そのためのハードルは意外と高いのですが、今回のようにすぐに加工にかかれるほどいいコンディションでうまく乾燥させた材を持っている例は稀有で、その多くが保存状態が劣悪でカビが発生していたり腐食していたり、あるいは暴れたりねじれたり虫害を受けていたりと、材そのものに問題があるケース。また、賃加工のみで引き受けてくれる家具屋とつながるかどうか、甘く考えている加工賃等の問題もあって、いくら材があってもそう簡単には家具製作のスタートラインに着けないことも多々あります。

そんなにもったいぶらずに材の持ち込みでも何でも受ければいいのにと思われるかもしれませんが、そこはそれぞれの店の考え方。中には持ち込みOKのところもあるのでそういうところを探しいただくしかありません。私の場合は、自分が目利きした材を使って、信頼できる職人と一緒に家具を作るというのが基本的な考え方です。持ち込み材って、こちらのリスクが無い反面、材の対する愛着や思いが湧きおこらない。雪の轍を見ながら、いつもわざわざぬかるみに足を突っ込むような偏屈な人生だと思うものの、後悔は無い。




今冬の大寒波はさまざまなところに影響を与えています。松山市内は雪が舞うことはあっても積もるようなことはないのですが、南予は豪雪地帯を思わせる大雪。今年は南予や久万高原町など雪の多い場所への納品が多いので、天気予報とにらめっこしながら配達の段取りをしています。降雪そのものよりも道路の凍結が怖いので、なるべく早朝の配達は避けていますが、遠方だとそれなりに時間もかかるので計画が組みにくい・・・。それでもいつまでも引っ張れるわけもなにので、月末に雪の久万高原町へ。

久万高原町で新居を建築されたお客様からダイニングテーブルとベンチのご注文をいただいていて、1月中頃には完成していたものの、あいにく雪が続いていてなかなか納品に行けませんでした。どうやらその日は降雪は無いという事だったので、3t車に積み込んで納品へ向かいました。松山市内は快晴だったのですが、三坂道路を登っていくと少しずつ周辺の景色が変わってきます。山々の頂が白く染まっていく中、風雪に耐えかねてなぎ倒されてしまった木々の姿があちこちに・・・

たとえ倒れなくとも激しい風で木同士が激しくぶつかりこすれ合うと、「もめ」といって内部で圧縮破壊が起きているため、材質が劣化し丸太の価値は極端に低下します。どこでポキンと折れてしまうかも分からないため、建築用材としては利用する事もできないのです。大切に育てた木が伐採時期間近になってなぎ倒されている光景は無残で胸が締めつけられます。大雪が降ると全国各地で麻痺した交通網のことばかりが話題になって、山のことなどほとんど顧みられませんが山にも深い傷跡を残します。

そんな事を考えながら走っていると久万高原町に到着。道路の端にわずかに雪が残ってはいるものの、走行にはなんら問題はなくて、杞憂に終わったかと思い、更に奥に進んでいくと、突然雪が舞い始め道路も徐々に白くなっていきます。チェーン規制も出ていませんでしたが、大きな道路と脇にそれた道では状況は大違い。次第に雪も横殴りに降ってきて道路は真っ白に!あれほど頼もしく見えたお日様はすっかり姿をお隠しあそばれ、あたりの風景は豪雪地帯へと一変。無事に辿り着けるのか!?続く・・・




完成したモザイクボードのカウンターテーブルとパソコンデスクをお届けに宇和島へ。一昨年、昨年は不思議なぐらい宇和島とご縁が多くて、しょっちゅう宇和島まで走っていましたが、今年はご縁が少なく久しぶりの宇和島でした。オールモザイクボード仕様なので、2000✕500✕30㎜と3000✕600✕30㎜の2種類のモザイクボードを贅沢に使っております。その分、目方も結構なものになって、大の男二人がかりでも、室内に取り込むのにひと苦労するほどでした。設置しするとこんな感じです!


オフィスで使うカウンター&テーブルですが、仕上がりは質感重視で植物性オイル塗装+蜜蝋ワックス拭きです。テーブルの角は、(もともとのボードの長さの関係で片方だけですが)よく見ないと分かりにくいですが留め加工したピースがつながっています。こういうこだわりがどれぐらい施主に通じるのかと疑問に思う時があります。作り手が側の勝手な自己満足なのではなかろうかと。それが今回みたいに施主が木の事を分かっていただいている方の場合はこちらもやり甲斐があるというもの。

そしてこちらがデスクテーブル。キッチリ採寸していただいておりましたので綺麗に収まりました。早速電話やらパソコンを並べていただき臨場感ある感じで撮影させていただきました。こういう風にモザイクボードの家具を作らせて納品させていただくパターンとボード状態のそのままでご購入されるパターンがあって、家具の場合は納品先が遠方であっても(結構東京などの関東方面が多い)出荷前に写真を撮れるのですが、先方で加工される場合はどう風に仕上がったか気になります。

少し前にも東京からのご注文で、モザイクボードでオフィステーブルを10数枚製作させていただいたのですが、脚の取り付けは先方でされたので完成した姿は見れませんでした。生みの親としては、どういう姿に生まれ変わったのはとても気になるところで、完成写真も送っていただけませんかとお願いしています。さてアカマツハウジングさんの話に戻ります。納品当日は赤松社長は残念ながら不在でしたが、スタッフの藤本洋さんにモデルになっていただきましたが、オフィスをほぼモザイクボードが占有することに!続く・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Scroll Up