森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

時々ですが、幅が1mぐらいある大きなサイズの一枚板のテーブルが欲しいという方が現われます。さすがにこのサイズになると国産材だと樹種がある程度限定されますし、節も無いような立派な一枚板ともなると、価格もそれなりに立派なものになっていきます。こう言っては材木屋としてどうなの?と思われるかもしれませんが、1枚で50万円するような木があるとしたら、私は1万円の木をいろいろ50枚買いたいという性分なので、1mサイズの銘木はありませんがこういう割れのある木ならあります。

アフリカ生まれの大木,ラボア(学名 Lovoa trichilioide)学名がそのまま名前になっていますが、まだまだ認知度は高くありません。この木については以前にブログでアップしましたが、生乾きの匂いに特徴があります。生木が徐々に乾いていくときの生乾きの時に匂いってこの木に限らず刺激的なのですが、その中でもラボアはゼブラウッドと同じくらい強烈!それもあってしばらくは放置していましたが、しっかり乾いてしまえば匂いはすっかり無くなりました。

この写真のラボアで、サイズが2200×1000×80㎜。耳付ですがほぼ寸胴です。1枚目の写真が仕入れた時の状態。かなりこげ茶色に見えますが、少なくとも製材してから3年以上経過しています。割れ止めのボンドが全身に塗られているので、その影響も多少あると思いますが、経年変化では最終的にこれぐらいの色に落ち着くと考えられます。とりあえず一旦ボンドを剥がして素顔を拝見したのが2枚目の写真。真ん中に大きく『アフリカの森の履歴』が残っていますが、これもこの木の個性なので尊重します。この時点で割れをしっかり埋めて、オイル塗装を施しらのがこちら→

濡れ色になって本来のラボア表情が蘇ってきました。ラボアは『アフリカン・ウォールナット』とも呼ばれますが、他にも『ストライプ・ウォールナット』の別名もありますが、その由来となる黒褐色の縞が確認できます。この見た目でかなり重たい木だと思われるかもしれませんが、実は意外なほど軽くて、試しに持たれた方は皆驚かれます。これはどなたかの注文ではなくて、仕上がり具合を見てもらうために加工しているのですが、このまま仕上げますので受け入れ先も募集中です!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up