森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

最近心を入れ替えて、まじめに少しずつですがオンラインショップの商品をアップしているのですが、その際に気になっていることがあります。それは『ちょこっと端材』など、本当に小さな板材や角材をセットにする時。現在のオンラインショップを開設する前は、樹種別でセットすることが多かったのです。例えば、サイズはバラバラだけどブラック・ウォールナット1樹種だけのセットとか、ホワイトオークのみとか。ご来店される一般の木工愛好家の方々もそういうセットをご希望される事が多かったので。

ただそれだと、セット出来る樹種が極端に偏るということがありまして(通常あまり動かない木は、当然端材の発生率も悪いから)、なかなか倉庫が片付かないという事情もあって、サイズいろいろの多樹種でセットにした商品なども作っています。世の中には私たちのような『樹種異常溺愛症候群』のキャリアの方も沢山いらっしゃるようで、いろいろな木で同じスペックのモノを作りたいという人に受け入れられてきました。それで今も何点か、樹種ミックスの端材セットをオンランショップにはアップしています。

一方でココボロパープルハート、レースウッドなどレア感のある材については、セットにするとどうしても高額になるので、1枚ずつバラでアップしてほしいとの要望があり、『ちょこっと銘木端材』についてはなるべくバラ売り(または2,3枚の小さなセット)を心がけています。ただしあまり調子に乗ってオンラインショップ用の商品を作りすぎると、それを保管しておく棚があっという間に一杯になってしまうので、売れ行きを見ながら少しずつ追加していくことになると思います。

今こうして木が普通にネットで取引される時代ですが、ネットの黎明期には取引先の大工さんから「いろいろなモノがネットで売られるだろうが、自然素材である木だけは絶対無理!」と言われたものです。木目や触感、木味などを重要視する手刻みの大工さんの気概もあったと思うのですが、現実にはそんな問題をヒョイと飛び越えて、今やフローリングもパネリングも銘木だってネットで取引される時代。ネットの信頼性云々というより、木に対する期待値や価値観も随分と変わってきているんだと思います




このブログでは日本の木、世界の木、分け隔てなし、贔屓なしに取り上げているつもりですが、物語性や民間伝承のネタが多いのと立ち木を目にする機会が多い分、結果的に日本の木の方が比率的には多くなっているかもしれません。それに対して針葉樹広葉樹については、ついつい広葉樹に肩入れをしてしまいがち。これは私の、野球なら巨人よりも阪神、相撲なら千代の富士より大乃国、プロレスならジャイアント馬場よりジャンボ鶴田という反骨精神の現れでもあるのですが。という日頃の反省も含めて、少しの間針葉樹の話。

まずは、フローリングとして一時代を築いた(私の中ではやや過去形になりつつありますが、それはあくまでも個人的な意見ですので)『パイン』こと、北欧産の『レッドウッド』。そうは言いながらも最近でも問い合わせは少なくはないのですが、性格がひねくれているのでつい遠ざけてしまうのです。市民権を得たジャーな木は、私ごときが出る幕もないと思いながらも、現実的には倉庫の目につくところにあるので避けて通っていても仕方がないので、レッドウッドの出口を考えてみました。

 レッドウッドのフローリングは、北欧の現地工場で加工されたものが輸入されていて、弊社もそれを扱わせていただいているのですが、国内の商品視点で見ると、かなり基準が甘いというか、そもそも現地ではそういうものだと思うのですが、欠け節や割れ節、反り、ねじれなど結構ユルユルなものも混在しています。直せるものは直して出荷していますが、欠損していたり、ねじれの酷いものは弊社基準でハネます。そうしてハネ材、いわゆるB品がこれでもかというぐらい発生してしまうのですが、それを短くカットしました。

いわば『レッドウッド版モザイクタイル』なのですが、一応自分の中で(今のところは)『モザイクタイル』は『広葉樹の出口』という勝手なきまりを決めてしまっているので(針葉樹に比べて光の少ない広葉樹に思いっきり判官贔屓なので!)、同じ仕様にはしたくない!という悪あがきで、少し大き目なサイズに加工。節が大きいので、ハーフサイズはさすがに難しいので90✕90㎜、90✕180㎜の2サイズにしたもののやはり二番煎じ感は拭えません。ならばもっと手垢にまみれようとコースターに。

弊社のキャラクターマーク『だいごちゃん』をスタンプしてみました。一応オンラインショップにもあげてみますが、ここからまだ先に進化できるかもう少し悩んでみます。こうして小さなものに加工してみるとやはり針葉樹の軟らかさで、傷の洗礼を受けます。だから駄目なんて言う気は毛頭ないのですが、その軟らかさに特徴を持たすためにも、タイルやコースター以外のもうひとひねりエッジの効いた出口が必要。しかしこの軟らかい木で磨き作業していると、広葉樹に戻りづらくなってしまいそう・・・




2月の下旬頃にはオンラインショップで販売を始めますと言っていた『モザイクタイル』ですが、とりあえずようやく販売始まりました。改めて説明しますと、モザイクタイルは(かなり恰好よく言えば)通常ではB品扱いされる、いわゆる『欠点』部分を何とかスポットライトの当たる舞台に立たせたいという思いから作ったものです。実際はフローリングなどで、「除外」されてしまう欠点部分が含まれた材をまるまる廃棄してしまうなんてあまりに忍びなくてどうにか、別の形で商品化できないかという思いで作り出した苦肉の策だったのです。

節や入皮、ピンホール(虫穴)、色ムラ、フィンガージョイントの継ぎ手など、いろいろな 「木の個性」を持った端材が原料で、ダブルサイズ80㎜×160㎜・シングルサイズ80㎜×80㎜・ハーフサイズ40㎜×160㎜の3つのサイズがあって、それぞれにノーマル(欠点の無い部分)、ユニ(継手がある部分)、キャラクター(欠点部分)、ビンテージ(それっぽく経年変化したように作りこんだもの)の4タイプがあります。オンラインショップでは、それらを希望枚数だけ注文出来るようにしようと考えていました。

オンラインショップでの販売こそ少し遅れたものの、店頭では結構売れていて、当初の狙い通り『欠点』部分(キャラクター)から売れていき、欠点の価値化に成功したものの、そればかりが売れてしまい不足するような事態に!またオンライン販売前ながら、個人的な問い合わせもあって、県外のお客さんにも少しずつ試験販売させてもらったいたのですが、やはりそこでも圧倒的にキャラクターが人気!これはこのままオンラインショップで、欲しいものだけ買えるようにするととんでもないことになってしまうのでは?!

という危機感から、オーダーでの注文は断念して、50枚と100枚のお任せセットとすることにしました。どれを何枚頼もうかと手ぐすね引いておられた方には大変申し訳ないのですが、弊社のお客さんのマニア度を考えると、もの凄く偏ったオーダー(例えばハーフのキャラクターのみ100枚とか!?)が入りそうなので予防線を張らせていただきました。これが杞憂にならないところがマニアのマニアたるゆえんです。どうしてもこだわりたいという方は個別にメール下さい。対応できる範囲は限られますが・・・。

ということで、販売始まっているのに『泥縄』式に慌ててキャラクタータイプの加工をしているところです。皮肉なものでそうなると、欠点材が見当たらくなって、これぐらいの欠点じゃ物足りないとか、もっと節が大きかったり、虫穴があるものないかと、倉庫の中で欠点探しが始まっています。加工終了後にオイル塗装して乾燥させているところですが、色目の強い木も人気ですぐになくなってしまいます。もうこうなると欠点なんて呼ぶのは失礼な話で、今では「キャラクター様いずこ~」。現金なものです・・・




先日、『モザイクタイル』の事をアップしましたが、以前から「モザイクタイルはネットで通販はしないのか?」という問い合わせを沢山受けていて、その都度「いま準備中なのでもうしばらくお待ちください」と、販売を先送りしていました(事情は先日書いたように、音板で40✕80㎜など特定サイズが不足したことと、別の加工が大量に入ってきて完全にキャパオーバーとなり、モザイクタイルを作る間が無くなってしまったことに拠る)のですが、先日のブログで更にその声が一気に急増!

そこで、まだ準備は完ぺきに整ってはおりませんが、モザイクタイルのネット販売に踏み切ることに致しました!とりあえず不足しているサイズを補充すべく、急ぎでそのサイズのみ加工に取り掛かっておりますので、2月下旬頃から商品発送も出来ると思います。ということで、本日よりネットでのご注文もお受けすることに致しました。ネット販売するうえで問題だったのは、どういう組み合わせで販売するかということでしたが、あまり細かなオーダーを受けると自分の首を絞めてしまいかねないので。

ネット販売に関しては、シングル、ダブル、ハーフサイズのみの『単品セット3タイプがランダムに入ったお任せセット』(50枚セットと100枚セット)のみとさせていただきます。ビンテージに関しては、含めてほしいというご依頼があった場合のみとし、通常は除外することにしましたシングル単体の場合は100枚、ダブル単体の場合は50枚、ハーフ単体の場合は100枚で1セットとなります。価格は近日中にオンラインショップ内でご提示させていただきます。

以前に中学生が職場体験で作ってくれた、約半坪分(コンパネ1枚)が、シングル80枚、ダブル44枚、ハーフ90枚でしたので、これを『お任せセット』の基準で考えました。その時はユニやビンテージも含まれていましたが,単純にもっとも安いノーマルだけで計算したとしても総額で1万円以上にはなりますので、ユニやキャラクターが含まれてお買い得感のある設定にする予定です。勿論お任せセットにはノーマル、ユニ、キャラクターが含まれますが、どれがどれぐらい入るかなどは『お任せ』ということになります。指定は一切出来ませんのであしからず!

恐らく、こういうものを買おうなんて方は、赤っぽいのを多めにとか、キャラクターが少しでも多いと嬉しい、縞柄も加えて、なんて注文を付けたいというのは十分承知(なぜなら私もその立場ならそう言いたいから!)ですが、それを受けていると『端材から生まれる』という商品特性上どうにもならなくなるので、そこは涙を呑んで『完全お任せ』にします。何が入っているか、お楽しみ要素とお考えください。また、必ずこれも求められそうですが樹種名の明記はしておりません(そこまで手が回りません、ご勘弁ください)。

オンラインショップのセット内容については一部変更がありました。詳しくはオンラインショップページをご覧下さい。




20161125-4先日オープンさせたオンラインショップですが、早速ご注文をいただきありがたい限りです。【森のかけら】や『モザイクボード』といった弊社オリジナル商品のクリーンアップについては配置住みですが、残りの分も徐々に整理してアップしていくつもりです。それ以外に、一時中断していた『ちょこっと端材』についても、1日1アイテムをアップしていくつもりで(いつまでその気持ちが続くかどうか分からないのですが・・・)張り切って写真撮影しているところです。

 

 

 

20161125-2ちょこっと端材』は、文字通り本当に小さな(1m以内ぐらいの)端材を倉庫の中で見つけてきてはアップしているものですが、今回オンラインショップが出来て商品管理がスムーズになったことで、今までは店頭でしか販売出来ていなかった『アウトレット商品』についても、積極的にアップしていくつもりです。ここでいうアウトレット商品とは、仕様が変更になった旧仕様の商品(具体的にはサイズ変更、レーザー彫りなどデザインの変更、樹種の変更、軽微な汚れや傷等)などです。

 

 

 

20161125-1『ちょこっと端材』を販売していた時に問題になったのは、アップする手間よりもその後の商品管理の方で、商品数が増えてくるにつれてそれを保管しておくスペースが必要になります。いつ売れるやら分からないので、あまり積み重ねたり奥の方に押し込んでおくと、探すのが大変だったり、動かしている間に傷がついたりと、その大きさゆえに取扱いに苦心しました。その反省も含めて、倉庫内に専用スペースを作って店頭販売も兼ねてできるように、倉庫内ミニリフォームを計画中。

 

 

 

20161125-3ただ問題なのは、そこにもいろいろなモノが置いており、それらが無くなってスペースが空いたところに新たに保管棚とかを作ろうというもので、まずは今そこにあるものを売るというのが前提。そのためにその片付けるべきものをオンラインショップの『ちょこっと端材』で販売していこうということで、たまごが先かニワトリが先かという出口が見えにくい状況ではありますが、単なる在庫処分的な意味合い以上に、加工や塗装などひと手間ふた手間加えながら、表に出していければと考えています。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Scroll Up