森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

 

国内外の多様な広葉樹を使ったモザイクボードですが、今まで単発の現場が主だったのですが、安定的に取り扱っていただけるお店が増えています。先日、石川県金沢市(株)ムラモトさんの『加賀百万石 絢爛モザイクボード』をご紹介させていただいたばかりですが、そこから少し西に下がって今回取り扱っていただけるようになったのは京都府京丹後市(株)福田工務店さん。福田工務店さんは創業昭和15年の老舗の工務店で、木にこだわり良質の木材を使った家造りをされてきました。

在庫されている木材の量・質ともに工務店のレベルを遥かに越えています。三代目の若い正吾社長は、数年前にわざわざ奥さんとご来店いただき、それからのお付き合い。伝統に胡坐をかくことなく、工務店という立場から新たな木の魅力の発掘にも取り組まれていて、倉庫の一部を展示場/販売スペースに改造し 木工雑貨から一枚板天板やDIYに使用する材に至るまで幅広く取り揃えて、KUKU』というブランド名で様々な商品展開をされています。いずれも工務店さんの技術力に裏付けされた商品ばかり。

テーブルやカウンターなどの展示スタイルや空間の使い方にもセンスが溢れていてとてもオシャレなのですが、その一角にモザイクボードも加えていただけることに。展示の仕方ひとつでうちの倉庫で見るよりも随分と上品に見えます。それを見ながら、今まで自社のオリジナル商品という事で、最後の『出口』まで自分で見届けたい(自社で最終商品まで作り込みたい)という気持ちが強かったのですが、これからは感度の高い人に違った視点で活用していただく事が必要だと痛感。

福田工務店さんのある丹後地方といえば撚糸技術を用いた後染め絹織物である『丹後ちりめん』が有名。それで今回のキャッチコピーは『丹後ちりめん 優美モザイクボード』。先の『加賀百万石モザイクボード』(金沢市)、今回の『丹後ちりめんモザイクボード』と移動してきたので、次は恐らく加古川の『播磨灘モザイクボード』か、大阪の『立売堀モザイクボード』あたりになりそうな予感が・・・。何はともあれ京都でもモザイクボード旋風巻き起こしていただきたいです!




自社のオリジナル商品作りたいという長年の夢が結実したのがおよそ10年前。山のように積みあがった端材を生かして、大五木材にだけしかなくて、大五木材しか作ろうとも思わない商品、それが広葉樹だけで作る積層フリーボードモザイクボード』です。当初はメルクシパインやタモの積層フリーボードで十分でそんな高いもの使えんわ、と商談の俎上にすらあげてもらえませんでしたが地道なPRを続け、ブログなどをご覧になった東京や名古屋などの都市圏で飲食店のオーナーから直接問い合わせをいただくようになり、少しずつ売れるように

その施工写真をサイトにアップしたら、またそれを見て少しずつ注文も入るようになり、やがて松山市内でも使っていただけるお店が増えてきました。製作当初はこういう商品は設計士さんにPRするものだと思い込んでいましたが、結果的にはオーナーや施主さん本人が気に入ってもらい現場や新築現場で採用していただきました。地元のハウスメーカーさんも、「ご自分で気に入ったものがあれば」というスタンスだったのが幸いしたんだと思います。この商品は、見た瞬間に「面白い!」と思っていただけるかどうかがカギで商品説明は後付けみたいなもの。

手前味噌ですが感性に訴える『感性商品』だと思っていて価格というハードルを面白さが越えられるかどうかの1点勝負です!そういう商品ですから、まあ通常の木材の流通ルートには馴染みません。だっていつ売れるかも分からない商品を誰も在庫なんかしてくれませんから。私もそのルートは諦めて興味を持って問い合わせしていただいお客さんを丁寧に底まで引きずり込んで差し上げる『蟻地獄商法』で販売してきました。そんな中に現れたのが、大量のモザイクボードを在庫しようという無謀で勇敢な材木屋。加賀百万石の石川県金沢にある(株)ムラモト

20210803 4 社長の村本喜義さんは幾度となくこのブログにも登場していただいている私の兄貴分。自分は安全地帯に身を置いて業界の批判を声高に叫ぶ腰抜けが多い中、自ら最前線に立って弾を浴びながらもひるむことなく涼しい顔で突き進む。理論と実践に長けたコマツのブルドーザーのようなお方(コマツは石川県本社)。その村本さんの所でモザイクボードを扱ってもらいたいという願望が遂に実現!新築されたばかりの倉庫で開催される今月の銘木市にお披露目と相成りました。という事で製作秘話などを盛りに盛ってお話しさせていただくべく今月の22日は金沢へ馳せ参じます!




弊社が作っている『モザイクボード』は、国内外の広葉樹20~30種類を使っったフリーボードです。基本スペックは、2000×500×30㎜、3000×600×30㎜で、ボード単体としても販売していますが、そのボードを使ってテーブルやベンチ、スツールなども製作して販売しています。具体的な活用事例があった方が分かりやすいかなと思い作ってみました。そのいくつかは、モザイクボードの販売初期段階から事務所2階にて展示してきましたが、今回の『ウルトラ夏木工セール』では、これらの家具も特別価格で販売します。

ただし配送の問題があるので、家具については今のところオンラインでの販売はなく店頭販売は予定です。モザイクボードは開発段階から試行錯誤を繰り返してきました。性質の異なる20数種もの木を混在させて作るなど無謀だとも言われましたし、ボード1枚ごとで雰囲気が変わり過ぎるので並べて使うには不適だとも言われました。それでも多様な木の出口商品としては有効だと思ったのと、作ってみたいという自分の好奇心追求から製造に踏み切りました。初期はこのような針葉樹のみのパイロット版なども作ったりしました。

その後本格的な生産を開始。危惧された、1枚ごとに雰囲気が異なり過ぎて統一感が得られないという点は、最初に購入してくださったお客さんからの「そこが面白いんじゃないですか!」という言葉で一気に不安払拭!それまで製材所で挽いた材を販売する「流通業」だった大五木材が、「製造業」としての喜びを知った瞬間でした。それからおよそ10年が経過。まだまだ微々たる量ですが、オリジナル商品としてどうにか定着してきました。ボード単体と家具との売上比率でいくと6:4ぐらいですが、近年家具も増えてきました。

 

20210729 4 こちらは先日納めさせていただいたモザイクボードのベンチ。これも初期段階で展示用に製作していたものですが、『大五の日』にスペシャル価格で販売させていただき、先日新築現場に納品させていただきました。ベンチと書きましたが、TVボードにもなります。久し振りにじっくりと眺めると、あの頃はこういう材が倉庫にあったなあと当時の倉庫の様子が思い出されて懐かしい気持ちになります。その時々の在庫状況によって、木の組み合わせも変わってきますが、そこには大五木材の在庫状況の変遷が刻まれていたりもするのです。

 




昨日のクリのダイニングテーブルの写真に見切って映っていましたが、テーブル、ベンチと合わせて『モザイクスツール』も3脚ご購入いただきました。もともとモザイクスツールは、モザイクボードでテーブルやカウンター、キャビネットなどのオーダーメイド家具の注文をもらった際に発生する切り落としの端材や製造工程において発生する短尺サイズのボードの有効的な活用を考えて作り始めたものです。当初はモザイクボードの活用方法の一例になればいいという程度の気持ちで作り始めたのですが息の長い人気者に!

高さに合わせてS、M、Lの3種類があって、基本スペックは、Sサイズが座面直径が300㎜、高さが250㎜、Mサイズが座面直径300㎜、高さが420㎜、Lサイスが座面直径300㎜、高さが650㎜となっています。座面がモザイクボードで、脚材には当初はブラック・ウォールナットやホワイトオークを使用していましたが、最近はブラック・ウォールナットを多用しています。座面のモザイク柄が賑やかなので、色合いを引き締める意味でもブラック・ウォールナットの黒茶色がいいバランスになっているのではないかと考えています。

Sサイズは子ども用とかインテリア向き、Lサイズはキッチンのハイカウンター向き、Mサイズがもっとも汎用性の高い実用性のある仕様として考えましたが、想定通りMサイズがもっとも人気が高くてよく売れます。当初はシンプルなデザインでもと思っていましたが、どうせ作るならきちんとデザイナーさんに考えてもらった方がいいと思いJune studio佐伯勇樹さんにデザインしてもらったのが正解でした。安価なモノを大量に作って売るというのは弊社には出来ません。素材を余すとこなく生かすコツコツしたものづくりで勝負です。

今回ご購入いただいたのもSサイズでしたが、お客様のキッチンカウンターにピッタリと収まりました。モザイクボードの出口としては定着してきたモザイクスツールですが、それが人気になってくるとそれにあやかろうとスピンオフ商品も考案。といっても座面をモザイクから無垢の一枚板に変えただけなのですが。現在鋭意製作中でまだお見せできませんが、試しに何種類かの木で作ってみたら段々面白くなって、いつもの悪い病気が発症。『森のかけら』みたいにこれを200種類ぐらいの木で作ってみたら面白いのでは・・・。もうそう考え始めたら止まりません。とりあえず座面に使えそうな樹種を少しずつ集めています。まだ本気度20%ぐらい(笑)




材木屋万流といいまして、材木屋にも得手不得手があります。弊社は王道から外れたキワモノ的な木材の取り扱いは得意ですが、いわゆるウッドショックで品不足となっている柱や土台、梁や桁などの横架材、つまり家を建てる際の重要な構造材などは不得手です。まあそのお陰で影響も最小限ではあるのですが。多種多様な材を扱っているので、その端材から商品を作る(モザイクボードなど)のが骨身に染み込んでいるので、単一樹種でモノを作るのが苦手というか性分に合わない・・・

しかし実際の現場では、多樹種で個性が強いモザイクボードを使ってしまうと、全体のバランスが取れなくなってしまうので使えないという事も多いのです。モザイクボードにはモザイクボードに相応しい舞台を用意するから、ここは全体のバランス重視で収まりのいい、かつどこにでもあるものではないオリジナルティがあって、テーブルトップに使えるようなものはないのか?というご相談にお応えするために仕入れたのが、こちらの単一樹種による長手方向継手なしの幅剥ぎ合わせボード

回りくどい言い方をしましたが、要は小幅の一枚板を幅剥ぎしたボード。長さに対してのジョイントはありません。例えば2000×500×25㎜だとしたら、100~120程度の小幅の板を5枚ぐらい幅剥ぎ合わせしています。メープルとかシカモアとかそれぞれ1つの樹種で作っていますが、あえて節やブルースティン(青染み)、入皮など表情のある部分を取り込んでいますので、幅剥ぎボードとはいえ結構個性的です。商品名が無いのですが、呼びにくいので、縦方向の継手が無いという意味で『ソリッドボード』と命名しました。これで意味通じるかな・・・?

 

とりあえず今回お試しという事で、メープル、シカモア、ハンノキなど数種類を仕入れてみました。このソリッドボードを製造販売しているのは、北陸地区『森のかけら』総代理店でもある、石川県金沢市の㈱ムラモトさん。社長の村本義喜さんは私の兄貴分で、SNSや電話でやり取りしない日がないくらい日頃から情報交換をさせてもらってます。村本さんはかけらコレクターでありながらも商売のスタイルは弊社とは対照的。お互いが作る商品にも個性が出ます。金沢生まれのソリッドボード、モザイクボードと共に定番商品として愛媛でも根づかせていきたいと思っています。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Scroll Up