森のかけら | 大五木材

弊社で制作している『モザイクボード』の納品先は、圧倒的に県外が多いのですが(主に関東、東海、近畿方面)、県内からも時々お声がかかります。その場合は工務店さんからの注文というよりも、施主さんからの直接の問い合わせがほとんどです。今回も市内の方からご注文をいただき、出荷準備の作業をしています。モザイクボードは、10数種の樹種が混在する多樹種積層フリーボードで、基本サイズは3000✕600✕30㎜と2000✕500✕30㎜の2種類で、無塗装品の状態で弊社に保管してあります。

ご注文をいただいて商品出荷時に、#180でサンダー磨きして仕上げます。ご要望に応じてこちらで植物性オイル塗装をすることも可能です。今までの実績でみると、その後自分でいろいろカットして加工するケースが多いため、無塗装での出荷が圧倒的多数。今回は必要サイズがはっきり分かっているので、長さをカットして角も糸面加工して、オイル塗装してからの納品となりました。私的にはオイルを塗らせてもらえると、仕上がり状態の色合いを自分の目で確認できるので、心配性の私としては不安の種がひとつ消せます。

併せて、最終的に塗装をしてどんな感じに「変化」したのかを見てみたいという願望もあります。大体の予想はつくとはいえ、その組み合わせはそれぞれ1枚きりなので、明るめの樹種を多めに入れた場合、全体の色調がこんな感じになるとか、濃いめの樹種だとこうなるといった、ザックリしたイメージを見ておいて、次にどういう樹種を混ぜ合わせるかの参考にするのです。無塗装の状態で見るのと、オイルが染み込んで眠っていた本来の木の色が呼び起されて現れた表情とでは随分と印象が変わってきます

左の写真の上半分は無塗装の状態。下半分はオイルを塗った状態。黒っぽく見えるのは、ブラック・ウォールナットサーモアッシュ。赤っぽく見えるのはブビンガケンパス、ブラック・チェリーなど。黄色く見えるのはケヤキなど、緑っぽく見えるのはイエローポプラなど。同じぐらいの比率で作ったとしても、その配置や量によって随分と雰囲気が変わってきます。最近は、樹種の指定や完成後のイメージまで細かく指定される事もあったりしますが、丁重にお断りさせていただいています。どうなるか、それは端材の神のみぞ知るところ




以前にご紹介させていただいたされた、東京は目黒区祐天寺のペルー料理店EL CEBICHERO(エルセビチェロ』さんが、anan(No.2039)に掲載されました。私には縁遠い女性誌ではありますが、娘たちに訊くと「それは凄い!」と。開店間もないのに有名雑誌に取り上げられたり、ペルー大使も来店されるなどご商売繁盛のご様子。少しでも関わらせていただいたお店が話題になって人気が出ると、わずかなご縁でもわが事のように嬉しく思ってしまいます。

そんな様子をネットなどで拝見させていただいていると、ひと足も早く直接お店にお邪魔させていただかねばと焦っているのですが、こういう時に限ってなかなか東京出張が決まらずモヤモヤが募ります。ananに掲載されているのは、フードライターの犬養裕美子さん連載の「犬養裕美子の今日、どこで何、食べる?」のコーナー。東京のFMラジオ放送局・JWAVEさんの取材も受けられたそうで、13日の週の岡田マリアさんの昼前のコーナーPOP UP!で登場のご予定だそうです。

嫌らしい話ですが、美味しそうなペルー料理とともにモザイクボードが映りこませていただけるのは本当にありがたい事!モザイクボードをテーブルやカウンターにお使いいただいた現場写真は沢山あるのですが、施工直後とか引っ越し前とかに撮影することが多いので、どうしても生活感が薄かったり、そこだけ浮いた感じになってしまうことが多いのですが(私のカメラの腕の問題とも言いますが)、こういう形で(カウンターですから当然ながら)必然的に映り込ませていただけると違和感がありません。

まあ、ほとんどの方はモザイクのカウンターに意識はなく、その上に置かれたペルー料理に目は釘付けなんでしょうが、それでいいんです。私だけが満足していればいいだけの話。こういう雑誌や写真の隅とかに映ったりするモザイクボードの姿を見ながら、よくぞここまで出世したもんだな~と、ひとりで悦に入っているのです。松山市内とかもっと身近なところでそういうお店があれば通い詰めるのですすが、残念ながらまだ松山市内では飲食店でテーブルとかカウンターにお使いいただいた事例がなく、個人住宅ばかりです(しかも施主さんと直接取引が驚くほど多い)。逆に市外、県外では商業店舗とかの方が圧倒的に多いのは不思議なんですが、何かの相性かしら・・・?

TYPE1 3000X600X30mm 57,500円(税抜)

TYPE2 2000X500X30mm 36,500円(税抜)




昨日、東京でモザイクボードを使っていただいたお店の話を書かせていただきましたが、その先駆けとなったのが三軒茶屋の『トラットリアカフェミシン』さん。まだモザイクボードが『ミックス・カラーボード』という旧名だった頃、地元ではほとんど誰にも相手にされなかった時に、新店舗のオープンに伴いテーブル材としてお声をかけていただき嬉し涙を流したのは、もう5年も前のことになります。という事で『ミシン』さんも開業5周年を迎えられることになります。

 今ではすっかり三軒茶屋のお洒落な人気店として不動の地位を築かれて、芸能人なども足繁く通うお店となられています。世田谷の閑静な住宅街の中でひときわ目を引く、ログハウスのような外観やセンスのいい内装は、現役の衣装デザイナーでもあるオーナーの屋島裕樹さんの手によるものです。お店の看板通り、昔懐かしい足踏みミシンの脚がテーブルの脚としても使われていますが、店内を貫くコンセプトは、別々の色合いの布を縫い合わせて生まれる新たな調和。そんなイメージにモザイクボードがマッチすると、テーブルなどに採用していただきました。木柄が多過ぎてバランスが取りにくい、地元ではとなかなか理解を得られませんでしたが、多彩な布やオブじゃが埋め尽くすミシンさんの店内では、以前からそこにあったかのような見事溶け込み具合。

お店の外観や内装もさることながら、横浜の超人気イタリ料理店の総料理長を務められていた、オーナーのお父様のシェフの手による本格的イタリアンがお客さんを惹きつけてやみません。私も以前に一度お邪魔させていただき、食べさせていただきました。味の美味しさをうまく伝える語彙を持ち合わせておらず恐縮ですが絶品でした!料理がテーブルの上に並べられて感じたことは、モザイクボードが映えるのはこういう場面だということ。特に色彩豊かな料理とは合います。

今回、ミシンさんが5周年ということで気づいたのですが、モザイクボードも作り始めて5年が経ったということ。試行錯誤を繰り返していたあの日々からもう5年。今ではすっかり製作工程も確立されて作る方は軌道に乗りました。その後、モザイクボード以外にも端材を使った商品が出来たことで、まさかの原料不足に陥りかけた事もありましたが、大掛かりな倉庫の整理で新たな「端材、休眠材」が発見されそれも解消。今ではストックも充実し過ぎて、販売を頑張らねければないらないほど。

陽の目を浴びることのなかった端材が生まれ変わり、スポットライトを浴びるような舞台に立たせていただき、多くの方の目に触れて楽しんだり面白がっていただけるのは材木屋としての本懐であります。個人の住宅でカウンターやテーブルとして使っていただく機会を増えていますが、是非飲食店などの店舗で、より多くの人に見ていただきたい。山の木はこんなにも色彩豊かで美しく、国や地域や種類が違っていようとも、他者と結びつくことで新たな価値や魅力が生まれるということを




本日は北海道からぐっと南下して東京でのご縁の話。昨年末にモザイクボードをご購入いただき、年明けにオープンされた、目黒区祐天寺のペルー料理店『EL CEBICHERO(エルセビチェロ』さんですが、完成後にお店のオーナーから店内の写真もいただいて喜んでいたら、フットワークの軽い『関東地区かけら特命大使』である㈲高梨木材の高梨悟君が早速お店に行って食&モザイクボードレポを自分のブログにアップしていただきましたので、そちらからの引用です。

大のビール好きである高梨君はお約束どおりまずはペルーのビールを注文。ボトルで『CUSQUENA(クスケーニャ)』というペルーを代表すると言われるビールをご堪能。このビールは南米ペルーの街・クスコで作られていて、地元ではとても人気のビールだそうで、名前のクスケーニャというのもその地名から命名されていて、日本語に訳すると『クスコ娘』という意味があるそうです。ボトルの下部にある凹凸は、世界遺産にも登録されているクスコの石垣のイメージなのだとか。

毎晩の晩酌を欠かさないビールキングの喉も満足させる味だったようで、これは私も探して飲んでみねばなりません。その後もシェフご自慢のペルー料理を楽しまれたようですが、さすがに『かけら大使』だけあって仕事も忘れません。鮮やかな色彩のペルー料理を引き立てるモザイクボードのテーブル、といった趣きでバッチリ写真も撮影いただいたのでこちらでお借りしました。私はまだお店に伺ったことがないのですが、これでお店全体の雰囲気やレイアウトもよく分かりました。

カウンターだけではなくて、テーブルにもモザイクボードをご利用いただいて、すっかりメインの場所を独占させていただき恐縮です。その分、お客様の目に留まり、オーナーとの会話のきっかけにでもなったり、色彩豊かなペルー料理に少しでも花を添えられるような「仕事」をしろよと、生みの親の心配は尽きません。今回、すぐにお店に行って食&モザイクレポをしてもらった高梨君ですが、何度かこのブログにも登場してもらっていますが、『森のかけらフレーム289』を所有する真正かけらフェチ!(念のためですが賛辞!)

前にも東京でご縁のあったお店に出向いて、大量の写真を撮ってきてくれたりと、その仕事ぶりには定評があります(私にとってだけかも・・・)。東京でこうして新しいお店にモザイクボード使っていただいたり、そのお店を『森のかけらコレクター』が訪ねて、そこで知らない二人が遥か愛媛の名もなき材木屋の話をするなんて、私にとって本当に夢のような話。そんな素敵なご縁が少しずつ広がっていって、東京出張の際には訪ねる店が多くて悩んでしまう・・・という妄想で今日も夜が更ける。




さて、昨日『モザイクボード』の現状をアップしましたが、そのモザイクボードを使っていただいたお店がまた一軒東京でオープンされるのでご紹介させていただきます。1月6日にグランドオープンされるのは、東京都は目黒のペルー料理店『EL CEBICHERO(エルセビチェロ』さん。私は東京の地理に詳しくないのですが、東京の方には東急東横線の祐天寺駅から歩いて5分の場所といえば、おおよそイメージ出来るのでしょうか。正確な住所は、東京都目黒区五本木2−15−3

 

 

 

ご縁は、お店のオーナーが弊社のホームページでモザイクボードをご覧になって気に入っていただいたこと。地方都市の松山市でもイタリア料理店は沢山増えてきましたが、ペルー料理専門店は東京でも珍しいそうです。ペルーというと、絶壁にたたずむ天空の要塞都市、世界遺産『マチュピチュぐらいしか思い浮かばず、ペルー料理というと穀物系しか想像できていなかったのですが、調べてみると実に移民が多いことから世界各地の食文化の影響を受けて個性的な味を生み出しているとか。

 

 

 

東京に行った際にはお邪魔させていただくつもりです。オーナーのご厚意で、施工中の写真や完成時の写真を送っていただき、拙ブログでご紹介させていただくことにもご了承いただけました。3000☓600☓30㎜のモザイクボードを2枚お使いいただきました。モザイクボードのカラフルな色彩感が、素敵なペルー料理に花を添えることが出来れば幸いです。中南米の服のイメージって結構色鮮やかなものが多いように思いますが、モザイクボードって中南米との相性がいいのかも

 

 

 

まあ考えてみれば、パープルハートムイラカチアラモンキーポッドなどもともと中南米材産の木なので、相性が悪いはずはないんですね。勿論日本産や北米産、アフリカ産などの多国籍軍の集合体ではあるのですが、世界各地の料理の影響を受けて生まれたのがペルー料理ということですから、まさにテーマ的にもピッタリなのかもしれません。そんな事を考えると、アフリカ産限定とか日本産限定のモザイクボードとか作ると、それなりの用途が見えてくるのかもなんて・・・。 

 

 

材木屋としての自分の感覚だけだとどうしても視野も狭くなるし固定概念から抜け出しにくくなるので、異分野の方から使い方や演出方法を教えていただけるのは本当にありがたいことですし、そうやってモザイクボードに光を当てていただけるのは至福の喜びでもあります。2月15日からプレオープンされているということですので、東京近郊にお住いの皆さん、ぜひご自分の目でお確かめください。東京などの大都市で結構使っていただくケースが増えていて、モザイクボードをカウンターやテーブルなどにお使いいただいたお店を、SNSで東京の友人に紹介するなんて日が来るなんて夢にも思いませんでしたので何だか不思議な感覚ですが、実物を見ていただける「素敵で美味しい現場」が全国各地にあるって、なんて贅沢なことなんだろうと感謝、感激♪

EL CEBICHERO(エルセビチェロ東京都目黒区五本木2-15-3  ☎03-6873-4081 http://www.facebook.com/elcebichero/




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up