森のかけら | 大五木材

近くのミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)で開催されている『愛媛大学教育学部卒業制作展』に家内と二人で出掛けてきました。私の家から車で4,5分の所に位置するミウラート・ヴィレッジは、小型貫流式蒸気ボイラーのシェアで日本国内トップを誇る東証一部上場の三浦工業グループ創業者・三浦保氏が生前に造られた美術館です。地方の企業が運営する美術館として、地域の埋もれた芸術家の作品展示や、ワークショップなどにも熱心で、私も今までに2,3度行ったことがあります。そこで開催されているが、愛媛大学の学生たちの卒業制作展なのですが、教育学部の学校教育教員養成課程美術教育専修・芸術文化課程造形芸術コースの生徒たち、つまり将来学校の美術の教諭のたまごたちの作品。

そこで教鞭を執られる福井一真先生とは、木材教材繋がりでいつもお世話になっているのですが、その関係で福井先生が指導されている学生・関家美絋さんの卒業制作の材料を納めさせていただいたご縁で、今回卒業制作展に来させていただきました。木を曲げて作品を作るということで、選ばれたのが北欧産の『ヨーロッパビーチ』。日本で言うところの『』ですが、世界でもっとも売れた椅子として知られる『Yチェアー』などでも知られるように、弾力性があって「曲げる」ということに適性のある木材のひとつです

木材を納めに大学を訪れた際に、その工程は目にしていたものの、果たしてそれがどういう作品に生まれ変わるのか、正直さっぱり見当もつきませんでしたが、実際に完成品を見てビックリ!ビーチを煮沸し軟らかくしてから、鉄の曲型に合わせて曲げてクランプで押さえつけて形を作り上げるのだそうです。理屈としては分かっているのですが、日頃は重たいビーチを担いでいて、その重さは文字通り肩身しみて分かっているので、会社の倉庫にあったビーチがこうして曲げられている姿を見ると不思議な感覚になります。

ビーチの気乾比重は資料によれば0.6~0.72ぐらいまでばらつきがありますが、弊社の倉庫にあるのは全部重たい方ではなかろうかと思うぐらい、自分の中ではビーチは重たい木という印象しかありません。弊社では板材など直線的な加工しかしないので、しなやかな木ということは分かっていても、それを実感する機会はないのですが、こうして今にも踊りだしそうな形に曲げられたビーチの姿を見ると軽い感動すら覚えます。『群生』と名付けられた作品ですが、私的には作りかけの梯子がある日突然に意思を持って動き出したのだが、それを作者が瞬間的に固めてしまった、『梯子の反逆』あるいは『意思を持った梯子』みたいでとっても面白く感じました

これってちょっとアレンジして手を加えれば家具とかの装飾にも活用できそうな匂いがします。私も昔(中学~高校生頃)絵を描くのが大好きで、将来美術関係の大学に行って、そういう世界で生きていけたらいいのになんて甘い夢を抱いていましたが、それは素敵な美術の先生との出会いがあったから。私の場合は絵画のほうで、このような立体造形ではなかったものの、もしもその当時にこういうモノづくりに触れていたら、道を踏み外して(?)材木屋にならずに、そちらの世界に行ったかも?!作品展は今月21日まで




ホームページリニューアルの話の後半です。『今日のかけら』のリストには、【森のかけら】の祭神在庫状況を加えましたので、購入ご希望の方はこちらのリストから在庫のある樹種をお選びください。今までは在庫状況をJPEGで作って張り付けていたので、更新がかなり遅れておりましたが、これでかなりリアルタイムの状況がお届けできるようになりました(なると思います)。合わせて『森のりんご』の樹種もご覧いただけます。☠マークを付けているのは、いずれ『毒りんご』をシリーズ化させるための布石!


この『有毒植物』マークについてはまだまだ不完全で、今後少しずつ時間をかけて掘り下げていくつもりです。『毒りんご』だけでなく、樹の持つ毒性をポジティブに考えた商品の開発を進めたいと思っています。次に新たに各商品ごとに追加した『ものがたり』と『ご購入』のボタンについて。それぞれの商品はオンラインショップで購入できるようになりましたが、商品づくりの背景や思いについて知りたいというリクエストに応えたもので、個別商品ごとにブログ等から抜粋して取りまとめます。

最後に新たに加わった『オリジナルグッズ・ノベルティ』と『木のもの屋・森羅(しんら)』のアイコン。まだそれぞれ準備中ですが、今まで電話かメールで個別対応してきましたが、その詳しい中身などについてある程度まとめてご覧いただけるようにします。実際、企業や行政などから木製のノベルティグッズを作りたいという要望は非常に多くなっていて、その都度サンプルなどを送らせていただいたりしていましたが、価格や個数を含めて弊社でご用意できるものを提示させていただくようにします。


特に『木の玉プール』については最近問い合わせが急増していることもあって、木の玉のサイズや樹種、価格、また実際にイベントなどで使われている様子などについてもある程度示アップできればと思っています。なお『木の玉プール』を含めた木製玩具や『木のもの屋・森羅』については私の家内(高橋佐智子)が担当しております。これでほぼ全体の器が出来上がりましたので、後はその器に中身を入れる作業。いくら立派な器を作っていただいても、中身が伴わなくては意味がないので、ここからが本番!




リニューアルしたホームページですが、更に少しずつ手を加えて見やすく、使いやすく改良しているところです。理屈は全く理解していないものの、日々更新していく基本的なマニュアルの手順だけは(さすがに9年もやっていると)指先が覚えているので、形式の定まったブログなどについては何とか自分の手で更新しています。ただ新しくカテゴリーを増やしたり、形式を変える際はこちら側の意図を伝えてパルスデザインさんにお任せしています。それで今回もトップページが少し変わりました。

なにぶん私が機械全般に弱いので、専門用語もよく分からず、擬音や効果音を含んだザックリしたイメージでしか意図を伝えれないにも関わらず、長い付き合いからこちらの深意を汲み取っていただき、かゆいところに手が届くパルスさんの気配りにいつも感謝です。それで今回新たに手を加えたのは、「今日のかけらのリストの充実」、「個別商品に背景となるものがたりと販売のアイコンを追加」、「オリジナルグッズ・ノベルティのカテゴリーを追加」、「木のもの屋・森羅カテゴリーの追加」など。

ここで、その改良点について少し説明させていただきます。まずは『今日のかけら』について。まだまだ240種+プレミア36+番外篇の完成には遠いのですが、【森のかけら】を購入する際に少しでも樹種の選択をしやすいように、今まで個別に分かれていた「かけらの在庫状況」、「森のりんご(毒りんご)の在庫状況」、「誕生木」などを1つのリストで確認できるようにこちらのページにまとめました。【森のかけら】の最新在庫状況は、O(在庫あり)△(在庫わずか)☓(在庫無し)で表わし、更新もスピーディに出来るようになりました。

このブログは、WordPressで記事を書いていますが、今までずっとビジュアルエディタで作成していまして、超アナログ人間の私は改行やスペースに苦心していました。それでこのたび今まで食わず嫌いであったテキストエディタの基礎の基礎的使い方も教わり、相当時間を費やしていた『今日のかけら』の各樹種ごとの「まとめページ」も少しは簡単に作れるようになりました。これで過去にアップしていた「まとめページ」も、関連記事を含めるなどして少しでも読みやすいように修正していきたいのですが、結構なボリュームがありますので、時間を見つけておいおい修正していきたいと思っています。




これも縁というのかもしれませんが、この数日間『小豆島のオリーブ』の話から、『北海道の鰊漁』の話に広がっていたのですが、たまたまなのですがその間に香川県小豆島からと北海道旭川からのお客様が弊社にご来店いただきました。日時はずれていましたし、その2組に関連性はないのですが、ブログの中での展開と同時並行的に2つの地域とが繋がったのが、パラレルワールド的な不思議な気分でした。本日は、遥か北海道の地より車でお越しになられた木工家親子のお話です。

北海道旭川市で寄せ木象嵌商品などを作っておられる『工房ペッカー』の河石さん親子。昨年に象嵌で使うためのある変わった木を探しておられて、それがたまたま弊社にあったことからご縁が出来たのですが、手に入れたい木を求めて車で全国各地の材木屋や製材所を廻られているとのこと。今回は九州へ渡ってからの戻りルートで弊社にもお立ち寄りいただきました。何のアポも無しに、突然旭川ナンバーの車が入って来られたので、一体何事かと驚きました。凄まじい行動力!

喋りだすとお話が止まらないことが社名の由来だという、大阪生まれで関西弁の河石さんは、30代の頃に縁あって北海道に移り住まれて、独学で象嵌細工を覚えられて、その後は家族でこちらのようなメルヘンチックな寄せ木額絵を制作されています。実に多様な樹種を使われていて、北海道産で手に入る材だけでは色が足りないのも頷けます。しかし象嵌に使えるような色調の強い木って限られているうえに、年々その入手が難しくなってきている現実があります。

ペッカーさんもそこに苦労されていらっしゃるようで、木の色を求めて全国各地へ出向かれていいるようですが、行き先を聞くと知った社名がゾロゾロ。やはり蛇の道はヘビということか!そんなマニアックな木を扱う材木屋(といっても弊社以外は、材木屋であれば誰でも知っているような一流の大手ばかりですが)のリストの末席にでも弊社も加えていただいたかと思うとなんだか感慨深いものがあります。しかもわざわざ旭川から愛媛までやって来られるのですから・・・。

電話やメールだけでは絶対に伝わらないものがあるとの信念で、私も若い頃全国の材木屋、製材所を訪ね歩きましたが、それが今となっては私の血であり肉となっています。しばらく出不精になっていましたが、またぞろ『尋ね歩き(木)』の虫が騒ぎ出しそうです。ところでそのペッかー工房さんが新たに取り組まれているのが、こちらのUSBメモリーケース。3層にすることで木の収縮やねじれを抑え精度を高められていますが、木のキャップの滑るような閉まり具合は快感!  

相当苦労を重ねて現在の形状に辿り着かれたということでしたが、これほどスムーズにしかもピッタリと閉まる木製のUSBメモリーケースは初めて見ました。記念にということで、1つプレゼントいただいたのですが、それは紫紺の『パープルハート』を『コーヒーツリー』でサンドしたもの。このUSBメモリーケースを様々な木で数十種類作るという野望をお持ちのようで、【森のかけら】のライバル登場!これは集めたくなります!端材の神様は小さなモノを作る者の上に降臨す




北陸に向かい愛媛を飛び出して2日目の午後ようやく福井市に到着。このブログでは既に足掛け62日が費やされていますが、いよいよこの旅も佳境に入ってきました。福井駅に降り立った私を待ち受けていたのは、『福井の巨人』!2007年の第三次恐竜化石発掘調査で発見された大型の恐竜化石で、「日本産の福井巨人」という意味のフクイティタン・ニッポネンシス(Fukuititan nipponensis)という学名が付けられた首長竜です。そう、福井県は日本一の恐竜化石の産出地なのです!

今回福井に来た理由のひとつに、翌日に行く予定の恐竜博物館があります。まあどうしてこうも恐竜は男の中にある少年の心を刺激するのでしょうか!福井県ではさまざまなことに対して恐竜というモチーフが使われていますが、実のところか細いご縁でしかない「坊ちゃん」を何かと使いまくる愛媛の人間としては羨ましい限り(著者の夏目漱石は東京生まれ。英語教師として赴任してきた松山での経験を元に描いた小説が「坊ちゃん」)。坊ちゃん電車、坊ちゃんスタジアム、坊ちゃん文学賞、坊ちゃん団子・・・

それが悪いとは思わないものの、夏目漱石が愛媛に赴任してきたのは明治28年(1895年)のこと、そして小説「坊ちゃん」が明治39年(1906年)ですから、もう110年以上も昔の話。恐竜はそれよりも遥かに昔のことですが、福井県から産されたものだという『トレーサビリティのしっかりしたコンテンツ』であるのに対して、江戸っ子の漱石が愛媛を舞台にして書いた小説という点に何か借り物的な印象が拭いきれないと感じている人って結構多いのではないかと思うのですが、強力な地元産コンテンツを持たない県民のコンプレックス?


まあそれはともかく福井駅前にはこのフクイティタンの他にも複数の恐竜モニュメントがあって、それらは定期的に動く仕掛けになっていたりするので、記念写真を撮ろうとする親子連れなどで賑わっていました。この写真には人影が写っていないじゃないかと思われるかもしれませんが、それは人がはけた隙をじっと待っていて撮ったものだからなのですが、ずっと恐竜の傍らでその瞬間を待っていたので、よほどの恐竜おたくのおっさんと思われたかもしれません。いいです、何と思われようとも。

今までの経験上、若い頃にやって後悔したことよりもやらずに後悔したことの方が多かったので、やってみたいと思うことがあって、それが出来る機会があれば迷わずやるということにしています。こうやって人ってドンドン年をとると図々しくなっていくんだなと実感していますが・・・。恐竜のことに関しては、この後の木青連の大会の翌日に、恐竜博物館に行きますのでそこで改めて触れることにして、さあいよいよ大会へ!とは言っても厳密には大会の後の懇親会に顔を出しただけなのですが・・・。




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up