森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

 

以前にブログでチラ見せしたと思うのですが、地元で産された『クスノキ』の形のオモシロイトコロ。伐採後、製材してたまたま取れた気になるカタチを集めて、桟積みして上から圧をかけてじっくり乾燥させていましたが、どうやら無事に上手く乾いたみたいです。何に使うの?なんて野暮なことは訊きっこなしで、ファーストインプレッションでひらめいた方にご購入いただきたい。いつも悩むのはこういうモノをオンラインショップでアップするかどうかという事。

変わったモノほど多くのひとの目に触れるところに露出させて、想像力の豊かな変わり者(失礼、いい意味で)に見出してもらうのがいいと思うのですが、果たしてこの木の魅力を4枚程度の写真と私の拙い言葉で伝えられるのかが不安。いろいろ角度を変えたりして写真は撮ってみるものの、実物のインパクトが写真からはどうしても伝わらない。それと質感や凸凹のサイズを伝えるのも簡単ではなく、あまり言葉を盛りすぎて失望させるのも悪いかなと・・・。

それで店頭売りに回すことが多いのですが、来店されるひとも減退されるので『運命の出会い』には長い歳月を要することが多いのです。以前にも変わった形の木をオンラインショップでアップしたところすぐに売れたのですが、発送する段になって「これって部分的に朽ちてスポンジ状になってることとかちゃんと伝わってるんかしら?どの程度の解釈がずれていないかしら?」と不安になりました。その際は問題なかったのですが、常にそういう不安はあります。

とりわけ弊社のようなマニア度の強い店でわざわざ買っていただくものですから、商品が届いてガッカリさせることだけは極力避けたいと思っているので、なるべく実態が伝わる表現を使って説明したいと思っていますが、これが難しい!物語を語るだけなら盛りに盛って話せますが、木の実像を言葉で写実的に表現することの難しさよ。今のところこれらのクスノキの実像を上手く表現できる言葉が見つからないので店頭売りとします。そんなの気にしないというチャレンジャーも求めています!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up