森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

私たちが紫電改展示館を訪れたのが平日の昼間だったので誰もいないのではないかと思ったら、駐車場に九州ナンバーの車が停まっていて、中に入ると老夫婦が展示されている資料を食い入るようにご覧になって、奥さんに何か説明をされていたので、もしかしたら関係者の方だったのかもしれません。現在、紫電改は世界に4機しか残っていないといわれていますが、日本では唯一ここ愛南町に「平和のシンボル」として永久保存されているこの1機のみということで、非常に貴重なものなのです(残りの3機はアメリカにあります)。

兵庫県の加西市の鶉野(うずらの)飛行場跡地には紫電改の実物大模型が展示されているそうですが(一般公開は日時限定)、大戦中はそこに川西航空機姫路製作所鶉野工場(現・新明和工業)があり、「紫電改」など500機余りの戦闘機が組み立てられ、試験飛行を同飛行場で行っていた事から、実物大の紫電改の模型が制作されたようです。一度そちらも見てみたいのですが、現在、滑走路跡地は加西市で管理され、他の一部は神戸大学農学部の敷地として利用しているとのことで、余計にご縁を感じてなりません。

この紫電改と零戦がよく混同されますが2機は別物です。先に作られたのが零戦で、設計したのはジブリの映画『風立ちぬ』ですっかり有名になった三菱重工業堀越二郎。1940年(皇紀2600年/神武天皇即位を紀元とするする日本独自の紀年法)日本)に零戦が制式採用となったため、皇紀の末尾数字を取って零式と呼ばれるようになりました。アメリカでは「ゼロファイター」と呼ばれたことから、「ゼロ戦」の呼び名が有名になりましたが、正式名称は『零式艦上戦闘機』。

太平洋戦争初期には世界最高水準の戦闘機で,戦闘能力に優れた零戦は連合国空軍を震え上がらせたが、徐々に日本が劣勢になってくると零戦に変わる機体が必要となり、本土決戦の切り札として製作されたのが紫電改です。開発を受け持ったのは川西航空機(現・新明和)。つまり三菱重工が作ったのが零戦、川西航空機が作ったのが紫電改ということになります。私にとっての紫電改と言えばちばてつやの漫画『紫電改のタカ』。主人公の滝城太郎は松山市出身で、この343空剣部隊に編入して撃墜王となってゆく話ですが、当時はそんな背景も分らず、ただ戦争漫画としてしか読んでいませんでした。 展示館でも販売されていていましたが、この歳になって読んだら感じるものが随分違うと思います。心から合掌。更に続く・・・

展示館からは、紫電改が引き揚げられた久良湾が一望できます。今は気持ちのいい風が吹いて、鳥のさえずりが聞こえるこんなのどかな場所の上空でも激しい戦闘が繰り広げられていたと思うとやりきれない気持ちになります。紫電改の碑の隣には、元343剣部隊隊員の方が無き戦友を偲んで献上された『陽光桜』が植樹されていました。春には美しい花を咲かせるそうです。陽光桜というのは、『伯方の塩!』で有名な伯方塩業の初代社長・高岡正明さんが作出された日本原産のサクラの交雑種です。

 




今回の甲子園はナイトゲームということで、少し時間があったので、今までずっと気になっていた場所に立ち寄りました。そう、いつも電車の車窓からいつか行ってみたいと思っていた鉄人の居る神戸市新長田駅の若松公園。身長18mの実物大モニュメントの雄姿は、走る電車からもよく見えて、横山光輝ファンとしては羨望の的でした。漫画『鉄人28号』は、私が生まれるちょうど10年前の1956年(昭和31年)に連載が始まり、1963年(昭和38年)からテレビ放送が始まりましたが、私はもっぱら秋田書店のコミックで愛読していました。


私が鉄人28号を読んでいたのは小学生の頃。映画館も無い田舎に住んでいて、性根時代は漫画本を貪るように読んでいました。横山光輝先生に最初にはまったのは、『伊賀の忍者影丸』で、さまざまなタイプの忍者が現われ奇抜な忍法で戦うさまが面白くてコミックも全巻持っていました。それから『鉄人28号』にはまり、『バロム2世』など横山漫画にどっぷり浸りました。独特のタッチが好きで子どもの頃はよく真似をして描いていました。とにかくどのコマも手抜きがなくて丁寧に描き込まれていて、きっと真面目なひとなんだろうなと子ども心に思っていました。

当時の私の中では、『鉄人28号』と手塚治虫先生の『マグマ大使』が巨大ロボの2大巨頭で、どちらも大好きでした。その少し後から『マジンガーZ』などの巨大ロボが登場してくるので、そのはしりだった思います。今の時代であれば『鉄人28号』というネーミングは、ひと回りして逆に斬新に思えるかもしれませんが、舞台設定としては太平洋戦争末期に大日本帝国陸軍が起死回生の秘密兵器として開発していた巨大ロボットという事なので、こういう飾り気のないシンプルで即物的なネーミングになっているのです。当時はこういうひねりの無いストレートな表現が普通でした。


という鉄人28号にまつわる思いを胸に憧れの鉄人の元に降り立ちました。高さ18m(およそ5階建ビル)とは知っていたので、大きいとは思っていましたが、実際に傍に立ってみるとその巨大さに圧倒されます。このメタリックな感じが心をゾワゾワさせます。ちょうどお昼頃の時間帯だったので人通りも少なかったのですが、さすがに足元で同じポーズをする勇気はありませんでした。同世代とおぼしきご同輩も遠慮がちに写真を撮っていましたが、本当はきっと同じようにポーズをしたかったはず。今となっては少し後悔しています。鉄人盆に返らず




松山及び愛媛に関する、伝統、文化、歴史、風俗などをテーマにした雑誌『松山百点』は、昭和40年3月に創刊され長らく愛媛県民に親しまれているフリーペーパーです。今月1日に発刊された盛夏号vol.327の巻頭の特集記事が『暮らしを楽しくする木の作品と県産材の魅力というもので、その中で弊社の商品も取り上げていただきました。他にも盟友・井部健太郎久万造林)のスギの木のスマートフォン・スピーカースタンド『杣響音(SOMA-BEAT)』や、愛媛県森連産業のカスタネット『木ノネ(木の音)』なども取り上げられています。


『松山百点』は、百店会加盟店(飲食店、ホテル、銀行、小売店等)や松山市内の観光案内所、市役所などに置かれてあります。私は銀行の待ち時間などで時々手に取らせて読ませてもらっているのですが、発行部数はおよそ17,000部もあるのだとか。実はこの『松山百点』に載せていただいたのは2回目なのですが、最初はまだ私が大学生の時。今から30年以上も前のことになります。載ったといっても、面白そうな事をしている人紹介のようなコーナーのひとりとして小さな小さな顔写真と数行のコメントだけでしたが。

確か大学の先輩が出版社でアルバイトされていたか何かで、スペースを埋めないといけないのだけどだれか適当なひといないかなという人数揃えのような話だった思います。それでも私としては雑誌に載るなんて初めての経験だったので嬉しくて、掲載された号をしばらくは大切に保存していました。今でも探せばどこかにあるかもしれませんが・・・。大学では映画研究部に所属して8㎜で自主映画を制作するような映画青年でした。それから30数年経って、今度は材木屋の親父として堂々巻頭特集ページに掲載していただき感慨深いものがあります。


さて、今回の特集は『暮らしを楽しくする木の作品と県産材の魅力』ということで、弊社を取材していただいたのですが、こういう切り口だと大概『愛媛県産材のスギ・ヒノキ』が主役となるものです。しかし今回は、県産材でなくても暮らしに潤いを与えるような木のモノであれば構わないという事で弊社の商品にもスポットライトを当てていただきました。私は木が好きなのであって、県産材とか国産材とかいうくくりで考えているわけではありません。愛媛には愛媛の、アフリカにはアフリカの、南米には南米の木の魅力があって、それを自分でも楽しみたいしひとにも伝えたい

地元の雑誌や行政などが木に関するイベントや出版物を発行する際に、地元の『愛媛県産材』という視点を重視されるのは勿論理解できます。しかしそれらを見たり読んだりする消費者が実生活で使っている木のモノの多くは県産材では無いケースがほとんど。県産材だと利用できるのはほぼスギ・ヒノキという事になります。だからこそ地域材を活用しよう、見直そうという啓蒙としては意義があるとは思いますが、いつもいつも県産材という視点だと、木の魅力って十分に伝わっているのかしらと疑問に思うことがあります。

保水や環境のこと、地域経済のことや雇用のことなど地域材がもたらす恩恵は沢山ありますが、あまり地域材に限定した切り口ばかりで木を語ると、折角の面白い木を見逃すことになります。まずは大きく木の世界を知ってもらったうえで、日本の木、愛媛の木、地域の木など身近にある木のことも振り返ってもらえたら、木の世界をたっぷり堪能できるのではないかと思います。私自身いまだに木の世界の入口でワクワク・ウロウロするばかりで、どこに進んでいいのかも分かりません。木の世界は深淵、一生かけても木の魅力は味わい尽くせません

 




森のかけら】には、240種の木のそれぞれ樹木名・別名・解説などを書いたオールカラーの30ページの解説書が付いています。厳密には、いろいろな事情で240のリストに含める事が出来なかった数点の木も掲載されています。最初【森のかけら】は100種で販売を開始しました。当時はそれでも自分なりに頑張って集めたな~というつもりでしたが、その後どんどんと触ったことの無い木や図鑑でしか見た事のないような木とご縁が出来て、これは大幅に種類を増やすしかあるまいという事になって、日本120、世界120の合計240種としました。それに伴って解説書も改定(左:改定前、右:改定後)。

それぞれに木には100文字程度の解説文を書いていますが、この解説書を作った当時はまだパソコンがそれほど普及してなくて、必死で木材図鑑や専門書を読み漁って、何度も何度も文章を推敲してああでもこうでもない、あの事も書きたいと頭を悩ませていたことが懐かしく思い出されます。今ならこの木についてはもっと違った解説が出来たとか、似たような言い回しばかり使っていると反省する点も多いのですが、その当時の私の中では精一杯でした。修正したい気持ちもあるのですが、その時の気持ちも大切にしたいのであえて中身は変えていません。

解説書の裏面に書いているのですが、「この商品は学術書や図鑑のようなものではありません。木は地域の文化と深く関わっており、方言があるように地域によっては別の名前で呼ばれていたり、同じ名前のものがまったく違う木の事を指していることもあります。ここでは数ある名前の中から、(個人的な好みで)ごく一般的に流通している商業名で取り上げています。」ということで、あくまでも一材木屋が自分のものさしではかった好奇心のかたまり本みたいなものですので、そのあたりはご容赦下さい。

内容は本当に拙いのですが【森のかけら】は木の事に興味を持ってもらうための入口商品だと考えています。そのため【森のかけら】には必須アイテムで、36入りでも100入りでも解説書は必ず1冊付きますが、解説書単独では販売していません。その後【森のかけら】も240種になって、解説書も改定しましたが、改定前の版が少し残っていました。それでもいろいろな事情もあって、解説書単独での販売は見送っていましたが、そのまま埋もれさせてしまうのは、モッタイナイ精神に反するので、改定前版に限り在庫分を単独で販売させていただくことにしました

改定前版は、100種しか掲載していないのでページ数も14ページで、【森のかけら】のロゴも古いままです。果たしてこんなモノが売れるのかどうか分かりませんが、写真撮影にも印刷にもそれなりのお金をかけておりますので、少しでも回収すべく、人気芸能人が書いた本並みの超強気単価で販売させていただきます。まあこんなモノでも読んでやろうかという奇特な方の目に触れればと思っております。嗚呼、いつの日か商品の解説書ではなくて、ちゃんとした木の本として上梓するのが夢なのですが、この解説書が試金石となりそうです・・・

森のかけら解説書100(旧版)・・・オンラインショップで販売中¥1,000(税別)




観賞目的のツバキの栽培は、文字通り江戸時代に花を咲かせることになりますが、文献に初めて登場したのは『日本書紀』だと言われています。その中で、景行天皇土蜘蛛を征伐した際にツバキの木で出来た椎(ツチ)という武器を作って兵に授けて勝利したとされています。余談ながら土蜘蛛と聞くと、子供の頃に読んだ『伊賀の影丸』の影響で「土蜘蛛五人衆」を思い出してしまうのですが、土蜘蛛というのは本来は、天皇に恭順しなかった地方の土豪たちの事です。それが時代とともに蜘蛛の妖怪・土蜘蛛を指すようになりました。

中世になると絵物語や戯曲でも、ひとの世を魔界にしようとする恐ろしい妖怪として登場してくるようになります。有名なところでは、源頼光が家来の渡辺綱を連れて京都の洛外北山の蓮台野で空を飛ぶ髑髏に遭遇して見事に退治したという話。中学生の頃にそういう話をするのが好きな先生がいて、授業中に脱線してはよくそういう話をされていたのですが、その頃からでしょうか妖怪の話に興味を持つようになったのは。SNS無き時代、聴かされた妖怪のイメージは私の脳内で恐ろしいまでに膨張して、内なる妖怪を育て続けていたのです

話が逸れましたが、ツバキは『万葉集』や『古事記』などにも登場するなど、古くから日本では愛でる花の代表として親しまれてきました。雪に包まれた中で鮮やかな紅色の花を咲かせる凛とした美しい姿に昔の人々も魅了されてきたことでしょう。そんな紅色のツバキの花言葉は、『私の運命は貴方の手中にある』。一方、白いツバキの花言葉は『完成した愛らしさ』。なんとも優雅というか歯の浮くような台詞ですが、実はこの花言葉はある小説が評判になったので作られたらしいのです。その小説とは、アレクサンドル・・フィスが書いた『椿姫』。

そもそもツバキはアジア原産の木で、ヨーロッパに伝わったのは1700年頃だと言われています。それまでその地域や国には存在しなかった(存在しないと思われていた)植物が、どうやって伝わってきたかというのはハッキリしていないケースがほとんどですが、ツバキがヨーロッパに伝わったのは記録が残っています。中国の舟山列島に二年間滞在していたイギリス人のジェームス・カニンガムという医師が、母国に紹介し1739年に初めて英国に伝わったのだそうです。ツバキの深い紅色がヨーロッパの人々をも魅了し多数の品種が生まれました。

それからおよそ100年後にフランスの劇作家・デュマが小説『椿姫』を書きあげます。その後デュマ自身が書いた戯曲によって舞台化され、オペラともなり人気を博します。主人公である高級娼婦マルグリット・ゴーティエは、月の25日間は白い椿を身につけ、残り5日は赤い椿を身に付けて社社交界に現れたことから『椿姫』と呼ばれるのです。赤いツバキは、女性の生理を意味しているということもあって、前述の花言葉はこの作品が評判になった事から出来たものだとか。恥ずかしながらまだ『椿姫』は読んだことがないのですが、これを機会に読むことにします。明日に続く・・・

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up