森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

前に来た時にも見ていたはずでしたが、人が多くて写真に撮らなかったのか、目には映っていながら気に留めていなかったのか、天守閣から降りたところに1本の大きな『エノキ(榎)』がありました。「榎 定年齢100年」と書いた紙が取って付けたように掲げられていましたが、もしかしたら以前はそれがなくて、エノキかどうか自信が無くて撮影しなかったのかも?もしかしたら私と同じような人間がいて、樹種名が分かるようにして欲しいとの投書でもあった結果なのかしら?

ところで、なぜに姫路城にエノキがあるということで興奮しているのかというと、ニレ科の広葉樹エノキの学名はCeltisといって「甘い果実をつける木」という意味があります。私は実際にその実を食したことはありませんが、昔飢饉の時にはエノキの実を食べて飢えを凌いだそうです。そのため非常食として全国各地に植えられ、人の命を救ってくれる救荒植物として重宝され、信仰の対象ともなっていきました。そのため城造りの名人と謳われた加藤清正公は城の中にエノキを植えたといわれています。

籠城して食料の調達が困難になった時には、エノキの実を食べてでも生き抜く、またその樹皮は燃えやすいので薪として燃料にも使えるということで、築城の際には城内にエノキムクノキを植えたというのです。まあ城内にはいろいろな種類に樹が植えてあるので、もしかしたらこの話も後付けかもしれませんが、エノキという木の特性をしっかり捉えて彩りを与えている話だと思います。そういう事もあっていろいろな城に行って、城内にエノキを見つけるとひとりで勝手に納得してしまうのです。

まあしかし推定年齢100年という事ですから、既に時代は大正。まあ推定年齢ですからザックリですが、救荒植物としてというよりも植栽の一部として樹形のいい樹として植えられたのかもしれませんが、そういってしまっては身も蓋もない。やっぱりそこは戦に備えた植えたのであって欲しい。立派な枝ぶりのエノは、観光客に大きな日陰を与えてくれていました。大木あるところに人は集まる。さまざまなに思いを馳せながら、ミスター会の研修旅行はこれにて終了。バスは一路、松山へと向かうのでした。




研修旅行の次の目的地は『国宝・姫路城』。2009年から5年半の歳月をかけて行われた『平成の大改修』によって美しい白鷺城の姿が蘇りました。工事が終わってから行くのは初めて。総工費は24億円、関わった職人は延べ1万5000人以上。工事中の姿も一般公開され、それに合わせたツアーも沢山企画されたこともあって、町内会の旅行から工務店の業者会まで含めて、この6,7年で4回も姫路城に足を運ぶことになりました。4年前にはミスター会の研修旅行でも工事中の姫路城を訪れました。

特別『城』に興味があったというわけではないのですが、木材の大口の『出口』のひとつとしての城を見るようになってから、城があれば立ち寄るようになって数年。建築としての城に対してはそれほどではないものの(というのも使われている部材のどれひとつを取ってみても、あまりにも通常の仕事で扱う木材とはサイズ、品質、価格ともかけ離れすぎていて仕事としての対象にすらならない)、なぜこの場所にこの木が使われているのかといった事を知るには格好の教材。

いろいろなお城に行ったことで、少しはお城の知識も増えましたが、それでも相変わらず興味が湧くのは建築物としてのそれではなくて、歴史や逸話など。姫路城もさすがに4度目ともなると、写真もたっぷりストックがありあすので、撮るポイントも少しずつ変わってきているような・・・。『森のしるし』で戦国武将の家紋を作ったこともあって、城の家紋にも強く惹かれていた時期がありましたが、最近は家紋造りもひと段落したので家紋熱も少しは冷めてきました。

到着したのが昼前でしたが、既に沢山の観光客で大賑わい。中でも外国人の数は半端ではありません。天守閣の階段は狭くて勾配も急なのですが、大柄な外国の方が身を屈めながら数珠繋ぎ。愛媛にいると、いわゆるインバウンド効果というものが実感できませんが、ここにいるとそれが肌で感じられます。これだけ外国から人が来れば、日本の木のモノに興味のある人だってそれなりにいるはず。それ向けの木の出口商品(キャッスル・ウッド)も本気で考えたくなってしまいます。




これもたまたま兵庫県ですが、数年前に明石市の住空間設計Labo渡辺喜夫社長と一緒に『誕生木・12の樹の物語』を作った際にも、これからのモノづくりは即物的なモノだけでなく、エッセンスとしての物語が大事だと話し合いました。家やら木、家具やらと目に見えるものを作って来たふたりが、目には見えないけれど言葉の中や頭や心の中にあって、いろいろな事象に味付けできて、姿かたちを自由自在に変えながら存在できる物語(ストーリー)の骨格づくりに取り組みました

それまで形の無いものを売るなんて考えてみたことも無かった、という事は無くて、肩に跡が残るような重たい木材を運びながらも、いつかは木の話を本にして、こうやって木を売るのとは別のステージで木を売ってみたいとはずっと考えていました。そのひとつがこのブログであり、ライフワークと決めている『今日のかけら』をいつの日にか本にまとめたいと考えています。話が少しずれましたが、材木屋だからと言って目に見える木だけを売るのが仕事ではないと考えています

親父が生きていたら、きっと「何の戯言を言っているのか!」と怒られたというより呆れられたと思いますが、私がこの業界に入って約30年。材木屋の仕事は劇的に変化していますし、恐らくあと数年でこのままの業態としての材木屋は必要とされなくなると思います。そういう中で木が好きで多ならない材木馬鹿野郎達はどうやって生き残っていくか?こういう時代だからこそ輝けるのが変わり身の早い身軽な零細店の真骨頂!いよいよモノを売る店から物語を売る店への本格的転換期か!?

今、モノ生み出す工場見学が人気で賑わっています。勿論ビール工場の試飲などのお楽しみはありますが、何もそれは洗練された近代工場だからというわけではなく、モノづくりというドラマに興味を覚える人も多くいるのです。そのモノがどういうところで、どういう過程を経て、どうやって生まれていくのか。溢れるモノそのもの以上に、その背景やモノづくりに人の興味が移っているように感じます。地方の零細材木屋の倉庫の中には少しの木材しかありませんが、木の物語なら無限にある!

キリンビールのロゴには伝説上の聖獣・麒麟が描かれていますが、そんなところから物語は紡がれています。振り返ればわが倉庫にも物語のある木は多い!悠久の時代を生きた神代木、ルイ16世が愛した木、世界で一番重たい木、人の顔のようなものが現れる奇妙な杢を持つ木、森の精霊が住む木、戦艦大和の甲板にも使われた木、キリストが磔になった十字架の木、エトセトラ・・・。そうだ、材木屋の倉庫は大人の知的好奇心を揺さぶるワンダーランドなのだ~!




研修旅行の次の目的地は、『キリンビール神戸工場』。生来の貧乏性なので、こういう旅行に行く場合でも、折角遠くまで行くのなら何か持って帰りたい、何か知って帰りたいと、事前に自分なりにいろいろ調べたり、繋がりや木との関連性がないかと情報を集めたりしています。帰った後で、あそこにはこういう施設があったとか、こういう逸話があったなんて事を知るのが非常に悔しいので。常にそういう意識を持っていると、ご縁は向こうからやって来るというか、必ず何かの関連性は見えてくるもの。

今回も旅行の行程表をいただいた時にそういう関連性が感じられて楽しみにしていたのです。竹中大工道具館は本命なので勿論ですが、神戸海洋博物館では私の名前と同じ照国丸北前船、キリンビールではこのブログでもご紹介した、元キリンビールの代表取締役副社長田村潤さんがお書きになられた『キリンビール高知支店の奇跡』の話。武田鉄矢氏の朝のラジオで聞いて感銘を受けて読んだ一冊の本から、高知や愛媛など四国を舞台にしたビール戦争の醍醐味を堪能しました。

その後の姫路城はもう5度か6度目ですが、来るたびにいろいろと発見があって面白い。そうやってまるで『取材』のような気持で臨むと、あれもこれも見たい、聞きたい、撮りた、知りたいとなって時間がいくらあっても足りません。キリンビール神戸工場では、工場見学や試飲などもさせていただきました。我々はその日一番早くの見学でしたが、後から後から見学者が増えてみるみるうちに工場は観光客で溢れかえりました。モノ(ビール)を売るだけでなく、モノづくりという物語を売る。

業界は違えども、勉強になることばかり。そりゃあ天下のキリンビールさんと田舎の弱小零細材木店では比べようもありませんが、洗練された最新設備の工場にしか出来ないわけではないと思うのです。夏は蒸し風呂、冬は冷蔵庫のような過酷で埃まみれの材木屋の倉庫の中にだってモノづくりの矜持は潜んでいるはず!以前にも『おとなの社会勉強・謎の材木屋の倉庫巡り』というような企画を考えたことがありますが、世の中にはそんなキワモノ企画に飛びつきもの好きだって必ずいるはず!続く・・・




その知名度の低さをカバーするためか、最近は『アフリカン・チェリー』と呼ばれることも多いのですが、さすがにチェリーと呼ぶには違和感がある、と思っていました。竹中大工道具館の巨大なボセの一枚板を見るまでは!その木には何も表記が無かったので、これは一体なにかしらと思ってなめ回すように観察していたら、断片的に『ミズメザクラ』の面影も感じたので(あくまで個人的見解)、チェリーまんざらでもないかなんて思ったりもしたのです!まあこれは特別な一枚だとは思いますが。

心材と辺材の差が明瞭でその赤と白のコントラストもチェリーと例えられる一因かもしれません。この木の特徴として挙げられるのが、樹皮の小口より乳白色の濃いラテックス(油脂状のゴム)が滲出(しんしゅつ)することがある、少量であるもののシリカを含んでいるので刃物を痛めやすい、樹脂分が小さな染みを作りやすい、細かい木粉が皮膚あるいは粘膜に炎症を起こすことがあるなどがあります。自分で使った経験がほとんど無いので書いていても距離感を感じてしまうのが寂しいところ。

チェリーどころか海外ではホンジュラス・マホガニーによく似ているので、その代用材ともされるという事です。いまや希少材となったセドロや世界三大銘木のひとつでもあるホンジュラス・マホガニーの代用にもされると聞くとにわかにこの地味に思えたボセが途端に特別な輝きを持って見えてくるのですから人間身勝手なものです。今はまだほとんど盛り上がっていませんが、ケヤキの代替材としてトチが急激に人気が出て価格が高騰したように、もしかしたら次はボセの時代が来るかも!?

という事で今度少しボセの板も仕入れてみようかと考えています。やはりこういうものは実体験を踏まえて語らないと言葉に説得力も重みもありませんから。そしたらその場にいらした大先輩の成瀬製材所成瀬社長が、「ボセだったら数年前にミセスホームさんの近くのカフェに大きなボセの一枚板のカウンターを納品したことがある」と言われて、これは灯台下暗し!記憶が曖昧でしたがそれでもかなりの長さ、幅を有する上質材だったそうです。そもそも樹高30~46m、直径1.2mにもなるような巨木ですから、大きな板が取りやすい木なのですが、まさかそんな近くで、ボセの一枚板のカウンターに出会えようとは!なるべく早めにお店に伺おうと思っています。ボセのリポートはまたいずれ日を改めてご報告させていただきます。研修旅行はまだまだ続きます・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Scroll Up