森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

さて『七飯町の一本栗ですが、様々な伝説・伝承に彩られた木でもあります。この木に刃物を入れると赤い血が出ると信じられてきたそうです。またこのクリの実を食べると不吉な事が起こるとされてきました。それを裏付ける話として語り継がれているのが、「コシャマインの戦いの悲劇」。1450年代半ばにこの地で、和人とアイヌの首領・コシャマインとの間で起きた争いで、口論をきっかけにアイヌが武装蜂起し、一本栗周辺が激戦地となり多くの血が流されました。争いが終結したのち、クリの木の傍らに沢山の遺体が埋葬されました。

その中に河野加賀右衛門政通(河野加賀守)という武将がいました。河野政通をはじめ亡くなられた多くの人の魂がクリの木に宿り、その無念をクリの木を通して世に伝えるためさまざまな怪異現象を起こしてきたとされています。更にこの地は函館戦争の激戦地でもあり、引き取り手のない戦死者がここに埋没されたも。後年、台風で折れたクリの枝から血が流れなかったことから、迷信を信じない若者が焚き火をして後に亡くなったとかで、伝説はますますまことしあやかに語り継がれていくことに。

またこのクリの周辺では何を植えても育たないとされてきましたが、昭和43(1968)年に北海道開拓の基礎となった英魂を顕彰しこの土地を鎮めるために一本栗地主神社を建立。それ以来怪異現象は収まったそうです。しかしそれとともにクリの樹勢は衰えはじめ、それと入れ替わるようにハリギリとクワの木が伸びて、それはまるで弱ったクリの木を守り支えるかのようでもあるとか。函館産のクリが入荷したことで、そんな伝説のある『七飯町の一本栗』の事を思い出しました。この七飯町のクリに限らず、老木になるとそういう鎮魂にまつわる話はつきものでよく耳にします。

こういう話をすると、怖いとか薄気味悪いという方もいますが、人の数倍も生きて、その周辺で生まれ死んでいった人々を見守り続けた高齢の木には魂が宿り、死者の霊を鎮めてきたというのは、自然に対する畏怖から生まれた日本人的な発想で先祖代々受け継がれてきた死生観だと思います。それは高齢木だからというわけではなく、木に限らず命あるのモノを利用する際にはそれなりの敬意と感謝をするべきで、こういう巨木伝説はつい忘れがちになるそういう戒めを思い起こさせてくれます。ところがその一本栗に悲劇が!?




造作に国産の『クリ(栗』を使いたいというご要望があり、北海道産のクリの耳付板を仕入れました。今までクリといえば、主に東北からいただいていたので、北海道産のクリは久し振りでした。私の中では、若い頃に出会った福島会津栗(クリ材でフローリングが作れるのかという衝撃)、岩手で見た圧倒的スケールのクリの丸太(カメラのファインダーに収まりきらない膨大な量に対するたじろぎ)、整然と管理され極めて製品精度の高い角館クリ(ものづくりの姿勢に対する尊敬)のイメージが強くありました。

北海道産のクリは昔、一枚板の板材などで仕入れていましたがそこまで印象は強くありませんでした。実物が入荷して見てみると、想像以上に大きなモノもあり大満足。木取りに苦労する事もありませんでした。そのクリから、特厚のフローリングをはじめいろいろなモノを作らせてもらったのですが、それはいずれご紹介させていただくとして、今回は北海道のクリという事で、以前から気になっていた話について。入荷したクリは北海道は函館産のものでしたが、函館のクリというと、その隣町にある『七飯町の一本栗』が有名。

存在は知っていてもまだ行ったことはないのですが、パワースポットや都市伝説好きな人には有名な不思議な巨木伝説が残っています。七飯町(ななえちょう)は函館市に隣接する人口3万人足らずの小さな町です。明治3年にプロシア(現ドイツ)人、R.ガルトネルが 洋種農作物の栽培を行ったことが、当町農業の契機となり、日本における洋式農法を基盤とした近代農業発祥の歴史を持つ町なのですが、その町に一本栗地主神社という神社があり、その境内に生えている巨木の御神木こそが七飯町の一本栗

樹高約15m、胸高直径1.5mあまりの巨木。クリとしてはかなりの巨木、のようですが実はこれ2本の木が支え合うように絡み合っていて、もう1本の木はハリギリ(センノキ:栓)。専門家の鑑定によるとクリの樹齢は1000年(!?)だそうですが、数年前に枯れてしまったそうです。果たしてクリの木が1000年も育つものなのか分かりませんが。ちなみに記録によると、山形県の西川町にある『大井沢の大栗』が樹高15m、目通り幹囲8.5m、推定樹齢800年で日本一のクリの巨木とされています。七飯町のクリは北海道の中では最大と言われています。明日に続く・・・




双子の子どもたちも高校生になって部活も忙しくなり、なかなか家族五人で揃ってどこかに行くことが難しくなりました。子供たちが幼い頃は泊りがけでよく出掛けたものですが、なかなかみんなの都合が合いません。それが今年のお盆は珍しく数日間家族全員のスケジュールが合って、久し振りに日帰りで近くに遊びに行こうということに。お盆休みは弊社としては珍しく長期でしたが、仕事がかなり残っておりましたので休日出勤で仕事を片付けて、混雑を避けるために14日の早朝から車を走らせて岡山に向かいました。


私は知らなかったのですが、家内が岡山の児島に瀬戸内海が一望できる景色のいい場所があるというので、そこに向かうことに。岡山の南部の児島半島にあり、瀬戸内海国立公園にも指定されている『王子が岳』。朝早く到着したのでほとんど人もいない中、駐車場から数分歩くと噂通り瀬戸内海が一望できる場所に出ました。天気が良かったのと、朝早かったこともあってまだ涼しい中で、彼方に瀬戸大橋が眺められる絶景を堪能!ところで気になっていたのが、『王子が岳』という、いかにもいわくのありそうなこの地名。

説明の看板を読み下すと、昔この地に百済の王女が生んだ8人の王子が住んでいたという伝承に由来するという事です。なぜ百済の王女が・・・?歴史好きな私ですが、この時代の歴史って昔から苦手です。朝鮮半島で満州に高句麗、百済、新羅の三国が鼎立した時代、4世紀から7世紀あたりの朝鮮半島との歴史って(当然のことながら)やたら漢字が多いうえに、登場人物も地味で不思議と興味が湧きません。ということで歴史書を覗いてみると、神功皇后が朝鮮半島へ出兵し、新羅、百済及び高句麗を降伏させた。


その結果、百済の王族は倭によってその婚姻が決められており、基本的に百済王の后は倭人の中から選ばれ、その王子が王位に付くまでは人質として倭国に来ていたそうなので、王子が岳のあるこの地にも王子がやって来ていたのかも。八人の王子とは、柴坂の王子,坂手の王子,筈割の王子,峰の王子,日の王子,錫投げ王子,谷の王子,瓶割王子の八人。次第にディテールが分かってくると少しずつ興味が湧いてきましたぞ~。ただ家内や子供たちは興味も関心もないようで、王子の謎に足を踏み入れることなく次の地へ移動・・・




全国いろいろなところに行ってみておくもんだなあとつくづく思った事がありました。もうすっかり前の事(6/1)になるのですが、倉庫の中で作業をしていたら、事務所に一台のタクシーが停まりました。中から人が降りられた気配はしたものの、私の位置からはよく確認出来ませんでした。実は最近、お客さんがタクシーで乗り付けられるということも増えてきているのです。というのもうちの会社は県道(県道347号平田北条線)に面しているものの、空港や港から来県された場合、弊社に来るにはバスか乗用車しかないのです

バスは近くにバス停があるものの、自分では乗ったこともないので利便性もよく分からないうえにどこからどこまで乗り継ぎなしにいけるのかもよく分かっていないので、仕事で来られる方には不向き。ということで空港付近でレンタカーを借りるか、タクシーでご来店されるという事も多いのです。なので遠方からご来店される方は、交通手段をよくご確認下さい。話が逸れてしまいましたが、そのタクシーから降りられたのは、西島木材㈱の3代目・西島和之社長の奥様で、福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵さん。

実は西島さんとは面識もなかったのですが、弊社につなげていただいたのは三重県のビーバー隊長こと武田誠さん。たまたま用事で愛媛に来られていた西島さんがその様子をフェイスブックにアップしたところ、ちょうどそれを見ていた隊長が、「松山に来ているのならぜひ大五木材へ」とコメントされたことで、素直な西島さんは何かに操られるようにタクシーに乗り込んだのでした。突然の訪問でしたが、隊長のご紹介とあらば全力でおもてなししなければ、との思うあまりこちらから一方的にベラベラと喋り捲ってしまいました。

西島材木店さんは、昭和23年に福井県あわら市で創業された歴史ある材木屋さんで、今ではリフォーム事業にまで手掛けられるなど幅広い活動されていますが、一方でこどもたちの木工教室や木育にも熱心で、由紀恵さんも多方面で活躍されていらっしゃいます。その西島材木店さんのあるあわら市こそは、昨年の木青連の全国会員福井大会の際に、私がお邪魔させていただいた『エンドウ建材店』(圓道忠雄社長)のある市なのです。西島さんに尋ねると会社の存在は勿論知っていたものの圓道君との面識はないとの事でした。

こういうご縁がつながれば楽しいです。西島さんとお話ししていたら、一瞬涙ぐまれたように見えたので、二階のクーラーが壊れていたので暑くて気分でも悪くなったのかと心配したのですが、後でブログを拝見したらそうではなかったようだったので安心しましたが、暑い日に熱い話で胸焼けさせてしまったのではと反省。この後、香川の山一木材さんのところまで走るつもりだということで、リフェームママはとってもアグレッシブ!後日【森のかけら】までご購入いただいたのですが、思わぬ福井とのご縁に頬も緩んだ一日でした。




三重県大台原のビーバーハウスこと武田製材をめぐる冒険譚ブログのまとめ

 遅ればせながら少しずつ更新しています。もし読んでやろうなんて奇特な方がいましたら、こちらからどうぞ!!

ビーバーハウス遥かなり・・・・・①  2017年5月2日5月18日分まで

ビーバーハウスに溢れる思い・・・②  2017年5月22日2017年5月29日


 

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up