森のかけら | 大五木材

えひめのあるうれしい日』で作った『愛媛県産スモモの木で作ったスモモのスプーン&スモモのジャム』の『スモモ(李)』の木については、昨年の3月頃に角材に挽いて上から重しを載せて乾燥させています。ご覧いただけば分かるように、径が小さいためこれぐらいのサイズで挽いても、オール赤身というわけにはいかず白太も含まれます。なるべく艶や光沢も保ちたいので天然乾燥させているところですが、実際に削ってみると『ヤマザクラ』というよりは『シウリザクラ』に似たような、ややくすんだ赤身を帯びています。

スプーンの加工そのものは職人さんにお願いしたのですが、最後の磨き部分は私も関わりました。写真では分かりづらいかもしれませんが、柄の部分がわずかに湾曲していて、スプーンの先端にくぼみがあるのため最終的な仕上げ磨きは手作業になります。昨日も書いたように皮膚感覚だと『ヤマザクラ』よりやや軟らかくしなやかに感じます。磨き始めると、磨けば磨くほどに彫り面がツルツルに滑らかになる感覚がたまらなず、どこで止めればいいのか終わりが見えなくなります。

柄の部分は結構細いのでどんどん磨いていると、そのまま無くなってしまうのではないかなんて考えてしまうほど磨きが癖になります。通常よりも柄が細い分、固まったバターなどを救うには強度の点で不安が残りますが、ジャムであれば問題ないのではないと思います。最後は木製食器専用のオイルを塗って仕上がり。そうして完成したのがこちら㊨。このスモモのスプーンは、『朗-Rou』さんのお店で美味しいスモモのジャムと一緒に販売していただいています。木製スプーンそのものは珍しくもないでしょうが、愛媛県産のスモモのジャムと一緒にすることで新たな価値を作り出そうというもの。

お陰で出口を思案していたスモモにも1つの出口が生まれました。今までほとんど関わりの無かった『食』の分野で木を使うことで、いろいろな発見もありましたし、これから作り始めようと思っていた『フルーツウッド』(果実系の木)についても、出口のヒントになりそうです。フルーツウッドの特徴として、木は小さいけれど材が非常に緻密で滑らかということがあり、触ってその肌触りを楽しめる小モノに仕上げたいという考えがあったのですが、まさにスプーンなどの食器はうってつけの組み合わせ。こちらは『桜のシロップジュレ』。

この黄金の輝きは『金木犀と柊木犀のシロップジュレ』。もはや食べてしまうのはモッタイナイと感じてしまうほどの美しさ!今まで「材」としてしか見えていなかったフルーツウッドの、「実」の部分と繋がることで途端に発想が豊かになります。更に物語性も付加されるとなると、フルーツウッドの出口としては理想的。どうにも『かけら』だけに留めておくにはモッタイナイ、けれども『森のりんご』にするには大きさが足りないなど、いまひとつ活かしきれてなかったフルーツウッドの出口に光明が差してきた思いです。




すっかり遅くなってしまいましたが、『えひめのあるうれしい日』で、道後のBRIDGEさんと四国中央市のまなべ商店とのコラボ商品『イチョウとホオのまな板』に続く第二弾は、松山市内で季節の美味しい手作りジャムのお店・『朗-Rou』(和田美砂さん)とのコラボ商品『愛媛県産スモモの木で作ったスモモのスプーン&スモモのジャム』です。Rouさんは、季節の様々な果樹をそのまま閉じ込めたようなジャムを作られていいらっしゃいます。味は勿論なのですが、見た目もカラフルでとっても美しいのです。

以前に『おとなの部活動』の京都遠征(京都:恵文社・一乗寺店)で初めてRouさんのジャムがズラリと並んだ姿を拝見したのですが、小さなガラスの容器の中で赤や黄色のジャムがキラキラと眩く輝いて見えたのです。【森のかけら】や『森のりんご』など弊社のオリジナル商品のラインナップをご覧になれば分かるように、1つのスペックでさまざまな種類が揃うというのが大好きで、いや大好きというより種類フェチと言ってもいいのですが、そういう私にとっては垂涎の的のジャムシリーズ!

そんな素敵なジャムとコラボさせていただくのは、以前にこのブログでも紹介した近所の農家の方からいただいた『スモモ(李)』の木から作ったスプーンです。そもそもは、【森のかけら】用にいただいていたのですが、かなり大量にいただいたので、とても『かけら』だけでは使い切れず、何か別の形に加工しようと考えていたのでまさにうってつけの出口となりました。それまでスモモで何か作ったことがなかったので、スプーンとしての適性がどうなのか試行錯誤ではありましたが、何度か修正して完成。

樹皮のついた状態だと同じバラ科サクラ属の『ヤマザクラ』に似た雰囲気があります。いただいたスモモは樹齢30年前後ということで、芯を外すとあまり大きなものは取れないのですが、スプーンを作るには十分な大きさ。見た目だけでなく中身もヤマザクラによく似た赤身を帯びていますが、ヤマザクラほどの粘りや強度はないように感じました。最後までしっかりとジャムを掬い取りたいということで、美砂さんの方から形状のご指定があり、全体的にほっそりとして柄の部分が通常よりやや細めのシンプルなスプーンを作らせていただきました。『丸いまな板』の時もそうでしたが、勝手にこちらで作るとつい余計ないらない装飾を施しがちなのですが、最前線で求められる声が反映されると最終的に実用的でシンプルな形に落ち着きます。シンプルはやっぱ強い!明日に続く・・・




 

昨日に続いて松山市内のイタリアンレストラン&ワインショップ『UGGLA(ウグーラ) 』さんにテーブルを納めさせていただいた話。ご希望に合わせて、丈夫でかつシンプルに、木の表情が楽しめる『ホワイトオーク』材を使わせていただきました。『キング・オブ・フォレスト(森の王様)』の異名を持つホワイトオークは、力強く雄々しい木目が魅力で、この木なら北欧風なお店の雰囲気にもうまく溶け込んでくれそうです。ちょうどホワイトオークの板材が入荷したところでしたので、木目のしっかりした板で幅剥ぎ加工。

機能性を重視したシンプルなデザインですが、木そのものに力のある木の場合は、下手な小細工をするよりも木の力を信じてシンプルに仕上げるほうが絶対にいいと思っています。今回は製作から納品まで時間的な余裕があったので、油を使われる飲食店でのご使用ということもあり、丹念に植物性オイルを3回塗り。植物性オイルは、ウレタン塗装に比べるとどうしても耐水性で劣るものの、そこは事前に重ね塗り(塗装後に時間をかけてしっかり乾燥させて、研磨してまた塗装の繰り返し)することと、定期的にオイルを塗るという日頃のメンテナンスで補えると考えています。そこで大切なのがオーナーやスタッフの方々のご理解ということになりますが、そもそも弊社に直接お越しになられるよう方は、木大好き人間ばかりなのでその心配もご無用。

いくら「森の王様」であろうと、オイルを重ね塗りしようとも、触れば温もりを感じる自然素材『木』ですから、傷にも汚れにも無縁の存在ではありません。そこに、これからこのテーブルの「育ての親」となられるオーナーの「子育て感」ならぬ『木育て感』が反映されていくのです。どんな育て方をされるのか、どんな風に育ったのかを見させていただくのも『生みの親』の隠れた楽しみ!『育ての親』たる岡田オーナー㊨、シェフ、スタッフの皆さんに座っていただき記念写真。


最近このように直接お店のオーナーからお問い合わせをいただき、お仕事をさせていただく機会が増えてきました。私の怠慢でほとんど営業らしい営業もしていないのですが、過去に納めさせていただいた家具や内装材たちなどが、代わりに無言の営業をしてくれているのではないかと勝手に解釈・・・。素敵なご縁をいただきましたので、美味との評判のイタリア料理とワインを堪能させていただくべく今度は改めて客としてお邪魔させていただこうと思っています。カウンターも、クスノキで作られた席も十分に魅力的なのですが、やはりそこはホワイトオークのテーブルで。

UGGLA(ウグーラ)

〒790-0003 松山市三番町4 丁目1-9 城南ビル1F Tel/Fax 089-993-6331
営業時間 ワインショップ/ 立ち飲みワインバー 12:00~24:00  レストラン/ ワイン酒場 18:00~24:00(23:30 L.O.)




 

先日、松山市三番町4丁目にある愛媛県松山市にあるイタリアンレストラン&ワインショップ『UGGLA(ウグーラ) 』さんに、お店で使われるテーブルを納品させていただきました。UGGLAのオーナーの岡田圭太さんは京都の高級イタリアンレストランで8年間働かれたのちに、2014年1月にこの地でお店をオープンされました。店名のUGGLAとは、スウェーデン語でフクロウを意味していますが、瀟洒なレンガの外壁のお店の正面玄関には、マスコットの木彫りのフクロウが迎えてくれます。


土地勘のある方だと、松山中央郵便局から千舟通りに向かう通りの二つ目の角というと大体、位置が分かると思います。実はこの辺りは『IL Banco(イル・バンコ)』さん、『Funny’s waffle(ファニーズ・ワッフル)』さん、『pastosita(パストジータ)』さん、『Sol et luna(ソール・エト・ルーナ)』さん、などお店の内装やカウンター、テーブルなどで関わらせていただいたお店が集中していて、自分で勝手もの凄く縁起のいい通りにしているのですが、またひとつ新たなご縁が加わりました。

もともとはオーナーのお住まいが弊社のある松山北部で、弊社が通勤路だったことがご縁でお店にお立ち寄りいただき、店内のリニューアルに伴い増設する席のテーブルをご注文をいただきました。ご注文いただいておきながら恐縮なんですが、私自身はワインよりも日本酒党なもので、今まで何度のお店の前を通っているはずなのに、まったく気づきませんでしたが、こうしてご縁が出来てからは、車でお店の前を通るだけでも気になるようになり、なぜにこんなに目立つ建物なのに目に入らなかったのか不思議なくらい。現金なものです。

テーブル納品時に初めてお邪魔して、お店の中を拝見させていただきました。それまでのオーナーとの打ち合わせ等で、凄く木が好きなんだろうなというのはヒシヒシと伝わっていましたが、店内にもたっぷりと木が使われていました。お店のコンセプトについては、『まだ高校生の頃に父親から「酒を飲むのは時間の無駄、酒を飲まないのは人生の無駄」という言葉を聞いたことがあります・・・という書き出しで始まるオーナーの素敵な言葉にその思いが凝縮されています

肝心のテーブルについては、明日ご紹介させていただきますが、こうやって地元の飲食店に家具などを納めさせていただけるのは、商売としてありがたいのは当然のことながら、オーナーやスタッフの方と知り合いになって人のご縁が更に広がることが嬉しい!そこからまら商売に繋がれば尚嬉しいですが、それ以上に街の中に知り合いが増えるというのは純粋にワクワクします。今まで知らなかった世界が広がって楽しい!この先の人生でどれぐらいの出会いがあるのかなんて事気にするような歳になりました。明日に続く・・・




以前にご紹介させていただいたされた、東京は目黒区祐天寺のペルー料理店EL CEBICHERO(エルセビチェロ』さんが、anan(No.2039)に掲載されました。私には縁遠い女性誌ではありますが、娘たちに訊くと「それは凄い!」と。開店間もないのに有名雑誌に取り上げられたり、ペルー大使も来店されるなどご商売繁盛のご様子。少しでも関わらせていただいたお店が話題になって人気が出ると、わずかなご縁でもわが事のように嬉しく思ってしまいます。

そんな様子をネットなどで拝見させていただいていると、ひと足も早く直接お店にお邪魔させていただかねばと焦っているのですが、こういう時に限ってなかなか東京出張が決まらずモヤモヤが募ります。ananに掲載されているのは、フードライターの犬養裕美子さん連載の「犬養裕美子の今日、どこで何、食べる?」のコーナー。東京のFMラジオ放送局・JWAVEさんの取材も受けられたそうで、13日の週の岡田マリアさんの昼前のコーナーPOP UP!で登場のご予定だそうです。

嫌らしい話ですが、美味しそうなペルー料理とともにモザイクボードが映りこませていただけるのは本当にありがたい事!モザイクボードをテーブルやカウンターにお使いいただいた現場写真は沢山あるのですが、施工直後とか引っ越し前とかに撮影することが多いので、どうしても生活感が薄かったり、そこだけ浮いた感じになってしまうことが多いのですが(私のカメラの腕の問題とも言いますが)、こういう形で(カウンターですから当然ながら)必然的に映り込ませていただけると違和感がありません。

まあ、ほとんどの方はモザイクのカウンターに意識はなく、その上に置かれたペルー料理に目は釘付けなんでしょうが、それでいいんです。私だけが満足していればいいだけの話。こういう雑誌や写真の隅とかに映ったりするモザイクボードの姿を見ながら、よくぞここまで出世したもんだな~と、ひとりで悦に入っているのです。松山市内とかもっと身近なところでそういうお店があれば通い詰めるのですすが、残念ながらまだ松山市内では飲食店でテーブルとかカウンターにお使いいただいた事例がなく、個人住宅ばかりです(しかも施主さんと直接取引が驚くほど多い)。逆に市外、県外では商業店舗とかの方が圧倒的に多いのは不思議なんですが、何かの相性かしら・・・?

TYPE1 3000X600X30mm 57,500円(税抜)

TYPE2 2000X500X30mm 36,500円(税抜)




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up