森のかけら | 大五木材

昨日から伊織 道後湯之町店さん2Fで始まった『えひめのあるうれしい日展』には沢山のお客さんがご来場いただきました。イベント初日となった17日の一日限定でしたが、『えひめのあるくらし』の10店の店主全員が勢揃いして、それぞれの商品の制作秘話やモノづくりの熱い思いを語り売りしました。今まで、京都新潟、三重など各地でイベントを行ってきましたが、全員集合は今回は初めて。それぞれお喋り好きの面々ですから、会場のあちらこちらで笑い声の絶えない賑やかで楽しい一日となりました。


それぞれのお店の常連さんも次々にやって来られたのですが、観光の方よりも地元の方のほうが多かったのは予想外でした。会場が2Fということもあったので、観光客には少し敷居が高かったのかもしれません。それでも弊社としては、普段接点の少なそうな層の方にも商品をご覧いただける貴重な機会でした。店主が勢揃いするのは昨日一日だけでしたが、イベントそのものは7/2(日)まで2週間続きます。本日の愛媛新聞で記事にしてもらったので(即売会となっていたのは苦笑ですが)地元の方のご来場も増えそうです。

どこどこのお店の常連さんが別のお店の店主と友達だったりと、南予から東予まで全県域にわたって幅広いネットワークを持っている店主が勢揃いすると、友人・知人の輪が連鎖的に繋がっていきます。店主のキャラクターが常連さんにも反映されていて、それを眺めているだけでも面白い。そんな店主の多くと繋がりの深い「上得意様」がご来店(というか無理矢理引っ張り出しました)。松山大学の甲斐朋香先生です。Sa-RahBRIDGEで購入された商品を身に纏い、歩く広告塔としてご登場、更にお約束のおとな買い!


恐らくこの機会を逃せば二度となさそうなので、全員で集合写真を撮影。1Fの入口傍らでかき氷を販売していた田中戸夫婦は客足が絶えず、残念ながら集合写真に参加出来ませんでしたが、地元の方であればかなり濃いキャラの面々の集まりだとご理解いただけると思います。船頭多くして船山を登るとも言いますが、そもそもひとつにまとまろうなんて気持ちはサラサラありませんし、ひとの言うことを聞くようなタマならここには名を連ねていません。ゴールへ向かうルートや手段はそれぞれながらも、見ている景色はきっと同じ・・・はず




すっかり告知が遅れてしまいましたが、本日から始まるイベントですので・・・本日6/17(土)より7/2(日)までの2週間、伊織 道後湯之町店さん2Fでえひめのあるうれしい日展が開催されます昨年までは県外でのイベントが中心でしたが、活動の総決算となる今年度は久しぶりの地元でも開催です。結成当時(3企業)に比べるとすっかり大所帯(10企業)になった『えひめのあるくらしチーム』、顔ぶれも取り扱い商品もバラエティ豊かで、やたら元気な地方商社的な趣すら漂っております。


弊社は、『森のかけら』、『モザイクスツールM』、『誕生木ストラップ』、『森のしるし』、『木言葉書』、『波栗膳』、『カッティングボード』、『森のりんご』、『円き箱』、『木の器』、『モミジバフウの小さな耳付き板』などを展示販売させていただきます。スペースの都合上、樹種・数量には限りがありますが、この機会にお手にとって実物をご確認いただければと思っています。なお、17日はすべての店主が一堂に会して、『えひめのあるうれしいカフェ』が開催されます。私も日中会場に居る予定です。

えひめのあるうれしい日 展
2017年6月17日(土)~7月2日(日)
場所/伊織 道後湯之町店2F愛媛で大事に育てられた素材をつかって、愛媛の作り手が丁寧につくったおいしいものや良い道具など、日々のくらしがちょっぴりうれしくなるような「愛媛のもの」を集めました。6月17日(土)は、えひめのあるうれしいカフェを開催。愛媛の夏の風物詩、三津の喫茶店、田中戸の出張かき氷をおたのしみいただけます。各店舗の店主も大集合。直接質問したりお話したりできる良い機会です。ぜひご来場くださいませ。

海sora&花結び
http://hanamusubi.bizSa-Rah
http://sa-rah.netスギウラ工房
http://sugiurakoubow.blogspot.jp

田中戸

パン豆 ひなのや
http://hinanoya.co.jp

BRIDGE
http://www.bridge-dogo.com

まなべ商店

森のかけら [大五木材]
www.morinokakera.jp

yaetoco [無茶々園]
http://yaetoco.jp

朗-Rou-
http://rou-cheerful.blogspot.jp

伊織 道後湯之町店
https://www.i-ori.jp/user_data/iori_yunomachi.php
790-0842 愛媛県松山市道後湯之町20-21
TEL.089-913-8122 FAX.089-913-8133
営業時間:9:00-22:00(年中無休)
駐車場:無し(道後公園にコインパーキング有)
伊予鉄道市内路面電車・道後温泉駅より徒歩5分




 魔物が住んでいた登ってきた者を喰うと恐れられた大台ケ原、行ってみたいではないですか。それで今回、行けるものならば行ってみたいとタイト過ぎる行程に入れ込もうとしていたものの、さすがに魔物の棲む山を甘く見すぎ。今でこそドライブウェイで車で頂上まで行けるものの、生きたいのはそんなところではなく、魔物が棲む樹海のごとき森の中。寄り道で行こうなどとは魔物にも失礼な話でありました。いずれまたトレッキングシューズなど万全の装備にて魔物には会いにきたいと思っております。さて、魔物の話には続きがありまして・・・

多くの修験者を阻んできた大台ケ原でしたが、明治24年に古川嵩(かさむ)という修験の行者が大台ケ原にこもって100日の行を終えて無事下山しました。麓の村人から、「魔物はおらんかったか?と聞かれた古川行者は、「魔物の正体見たり」と答えた。人々が魔物と恐れたその正体とは、鬱蒼とした森、急峻な山腹、そして常識破りの雨だったという。大台ケ原は日本有数の多雨地帯だそうで、年間の平均降水量5000㎜近くあって、日本の年間降水量1700㎜と比べると圧倒的だ。それら自然環境こそが魔物だったのです。

いつものように前置きが長くなりましたが、そんな大台ケ原を背後に控えた大台町にわれらがビーバーハウスこと武田製材はあります。ちょいとついでに大台ケ原がいかに無謀なことであったかを思い知らされた私は行程を練り直し、そんな欲張りで詰め詰めなスケジュールを一新。ビーバーハウスに限定して旅に変更。2日の最終便で大阪(関空)に飛んで、夜のうちに難波周辺にまで移動。翌朝から松阪に移動して、そこからビーバーハウスへ向かい、その日いちにち丸々ビーバーハウスに入り浸るというマニア垂涎のプラン!

以前から計画的に練った旅ではなく、つい2週間ほど前から急ごしらえで作った行程でしかもゴールデンウイークのど真ん中で果たしてチケットが取れるのか心配でしたが、一人ということもあってどうにか飛行機は往復とも入手。しかし大阪のホテルはいずこも満室。仕方がないので人生初めてのカプセルホテルへ。それぞれにテレビもついていて想像していたよりは広めだったものの、夜はさすがに隣の物音と、自分のいびきが気になって熟睡できず。それでもサウナ&スパのカプセルホテルでしたので、お陰で早朝より温泉でリラックス。さあ、松阪へ!




はじめての『チームくまさん』のイベントがいきなり巨大ショッピングモールの100坪のステージということで、それぞれにかなり戸惑いもありました。どういうイベントにするのか、何を販売するのか、なにより果たして客は来るのか。まあ、考えても答えの出ないことは当たって砕けろということで、いろいろな木のモノを詰め込んでみました。結果からいうと、思っていたよりはお客さんが少なかったです(何をどう設置してどういう流れにするのか打ち出しきれずにイベントのテーマを絞り切れなかったという反省)。    

何をしているのだろうかと興味を示す人は多かったものの、なにしろ縦長の100坪もあるスペースなので、奥の方で何をしているのかすらも分からない状態。こちらも慣れぬ環境で手のうちようもないままに終わってしまった感はありますが、何事も経験!どういう環境だろうと、出来ることはあるはずで、この経験を次に生かさねばなりません。家内の木のおもちゃについては、ほぼどんな環境だろうと無敵なのですが、私の方はこういう状況でも販売が伸びる商品を作りこめてなくて頭を悩ますこともしばしばあります。

しかしそこが偏屈材木屋の偏屈たる所以で、喉元過ぎれば熱さを忘れる。所詮万人受けする商品など作れるはずもありませんし、自分の色を捨ててまでそんなものに手を出したとて本末転倒。一時期、女子力の勢いにひれ伏しそうになったものの、やっぱり我が道を往くべきと初心に帰り、今後もバタ臭い木の物語性に立脚した商品を作っていこうと思っています。こういう場所でのイベントであっても、中には嗅覚鋭く木のモノを探し出してくるお方はいらっしゃるはずで、そういう出会いこそ自分が待ち望んでいたもののはず。

そういう中で、【森のかけら】のB品である『夢のかけら』から家内が作り出したのが、こちらのだるま落としならぬ『かけら落とし(仮称』。2つの三角の台座の間に積み上げられたかけらの上に一匹の鳥が乗っています。この状態からかけらを棒で突っついて1個ずつ落としていって、最後まで鳥を落とさずにアーチ状のかけらを残そうというゲーム。単純な仕掛けながら子供たちが悪戦苦闘。確かひとりだけ成功した子供がいたような。かけらそのものがベーシックなキューブ状なのでこういう遊び方も出来たりします。


何か新しいことをすれば新しい課題や問題が生まれるもの。『森のくまさん(久万産)ランド』は動き出したばかり。井部健太郎君の作る『スマホスタンド』は絶好調のようで、わざわざ遠方からFM愛媛にまでお買い求めに来る方もいらっしゃるとか。出来ないことで心を悩ませるよりも、できることで頭を使おう!折角ラジオ局と組むことが出来たのですから、今まで活用できていなかった『木の音』の商品化に(喉元すぎないように早めに!)取り組みたいと思っています。写真左より井部健太郎君。FM愛媛の倉渕常務、パーソナリティの増原安希子さん。

※「えひめまるごと15分 森の久万産らじお」はFM愛媛で毎週木曜日 11:40〜11:55 放送中




けもの道』・・・「山野においてが通るのことを言う。 獣道とも表記する。 大型の哺乳類が日常的に使用している経路のことである。 森林内にヒトが作った林道などがある場合、これをほかの動物が利用することも多い。」考えてみると私の場合、けもの道を歩くきっかけになったのは、【森のかけら】を作り始めた事だと思います。それは大きな意思があってその道を選んだというのではなく、自分が好きなことを、自分の身の丈に合うレベルで出来ることをしたいと考えたら、結果けもの道しかなかったという事。   

それから日々手探りで薄暗いけもの道を進んできたものの、けもの道にはけもの道なりの楽しみもあって私は後悔もしていませんし、今日ここまで会社を継続できたのもそのお陰でもあったと思っています。弊社の場合は、綺麗さっぱり非建築宣言をして形態を変えたとかいうものではありませんが、競争力のない零細企業が隙間を探りながら進んできたら結果、非建築のウェートが増えてきたというものです。なのでこれからも脱建築材をするわけではないものの、増える非建築材、減る建築材という構図になりそうな気配

その流れの中でこうした出会いもあって、FM愛媛さんと一緒に仕事をさせていただくことにもなったわけですから人生万事塞翁が馬。さて、話を『森の久万産(くまさん)ランド』に戻します。エミフルMASAKIは、中四国でスーパーマーケットを展開する㈱フジが誇る巨大ショッピングセンターで、敷地面積 約200,000m²(およそ60,500坪)。オープンした初日は10万人が足を運んだ愛媛でも有数の商業施設です。その中のエミモール1Fにエミフルコートというイベントスペースがあるのですが、そこだけでも100坪

そのスペースをくまさんチームで埋めようということになり大五木材も久々に本気モード!3トントラックに満載の木のモノを持ち込むことに。日曜日だったので長女にも手伝ってもらい、おはなし屋えっちゃんも応援に来てくれました。大きなイベントになればどうしても人手が必要になりますが、昔はその人手も確保できず家内と二人+幼子3人でよくあちこちに出かけたものです。メインには金看板の『木の玉プール』を据えて、周辺にはさまざまな木の玩具を配置。これらはすべて家内の手によるもの。そしてイベント開幕。




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up