森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

松山市堀の内の城山公園で開催された『ほろよいフェスタ2019』に町内の方々と参加してきました。愛媛県内の17の蔵元と20の店舗が出店していて、それぞれの蔵元が5~6銘柄の日本酒を陳列。参加者は¥5,000の参加費(前売り券は¥4,500)で、こころよくまで日本酒を楽しめます。こういうイベントが開催しされていた事は知っていたのですが、私は今年初参加。一緒に行った町内の方は昨年も参加したのですが、とてもよかったらしく今年は大幅に人数を増やして「チーム平田町」で多数参加させていただきました。

私は日本酒党なのですが、50歳を過ぎた頃からかなり酒量は減りました。あまり飲み過ぎると翌日も残るようになってきたのと、晩酌をするとブログを含めた夜のデスクワークが出来なくなってしまうので普段はほとんど飲みません。こういう時のためにたっぷり飲めるようにコンディションも整えていますが、普段からあまり飲まないといざという時も沢山飲めなくなるみたい・・・まあいい歳になってきましたので、若い頃みたいに量ではなく質で日本酒を楽しんでいきたいと、飲み始めるまでは思っていたのです(キリッ)。

それぞれの酒蔵が自慢の銘柄を持って来られていて、参加者は小さめのグラスを持って店店を巡り、好みの日本酒を注いでもらいます。グラスが小さいので三、四口で飲み切ってしまうので、わざわざ自分のテーブルまで戻って飲むのが次第にまどろっこしくなって(!)、そのうちテーブルを離れて、蔵元側のテーブルからテーブルを移動。純米酒やら吟醸酒などどれもこれも美味しいので調子に乗ってグイグイやっていたら、かなりアルコール度数の高い原酒などあって、量よりも質も思いはあえなく撃沈。質の高い酒を量飲んでしまい、ほろ酔いレベルを越えてしまいました。

「越える」というと避けて通れないのが、城川郷さんの『尾根越えて』。私の故郷の西予市野村町の隣の城川町で造られています。外で飲む時には外せません。以前は「城川郷置いて無いの?」と訊くことも多かったのですが、最近はメニューにその名前を見かけることも多くなって、頑張っているだなと思うとついおかわりを繰り返して飲み過ぎてしまうのが欠点といえば欠点。隣の町で造られているからという事もありますが、それ以上にスッキリした味わいで冷酒の好きな私にはピッタリのお酒です。よく美味しい日本酒って何かと訊かれることがありますが、酒も木も嗜好品ですから難しいところ。

酒については詳しくありませんが、木の場合はただ単にその木の材質だけでなく、その木が育った背景や、連綿と受け継がれてきたその木にまつわる伝承や逸話、そういった物語なども含めての魅力だと思っているので、その人が何を求めているかによって価値観は左右されます。私はお酒にもそういう部分も求めていて、利き酒マシーンでは無いので、聞いたり読んだりした作り手の思いも味わって飲みたいと思っています。城川郷の中城文吾君と奥さんの思いがしっかり詰まった『尾根越えて』、これからも愛飲させていただきます🍶

 




少し前に、地元の松山百店会発行の「松山百点」に、『森のかけら』など弊社の商品を掲載していただきましたが、その後冊子を読んだので来てみましたという方が結構ご来店いただきました。昨年、四国電力さんの広報誌『ライト&ライフ』に掲載していただいた後しばらくメディアの露出がなかったのですが、やっぱり時々はアウトプットして、木工ファンではない方へも「こんな事をしている会社がある」って事を知っていただかねばなりません。その「松山百点」のご縁で、株式会社えひめリビング新聞社大貝尚人社長からお声をかけていただき、久しぶりに講演をさせていただく事に。

全国に支店のあるような大手の大企や出先機関の支店長、所長の方々が愛媛に赴任期間中に親睦交流を深め、情報交換や人脈作りを目的として作られた愛媛県ふるさと会』という会があるのですが、そこで1時間程度『木の話』をさせていただく事になったのですが、その名簿を見せていただくと、誰でも知っているようなビッグネームがズラリ。こんな方々に対して、けもの道を往くような零細材木屋の話ってどうなんだろう・・・なんて事は微塵も感じません!そんな機会を与えていただいた事に喜びを感じながら、張り切って資料作り。

今まで学校などで木の話をさせていただきましたが、内容を既定の時間内でキッチリおさめて話すなどという芸当はとてもできない性分なので(というか原稿など書かない)、多めにネタを用意しておいていけるとこまでいくという無計画講演。パソコンやプロジェクターを使うと、操作に不慣れで気を取られてタイミングが変になるので、あまり使ってこなかったのですが、やはり木は五感で楽しむものですから、視覚からも知っていただかないと飽きるだろうと今回は写真を整理してスライドショーにして、レジュメもどきも作ってみました。

しかしながら結果的にはそのレジュメの半分もいかず途中で無念の降板となってしまいました。やっぱり脱線が多すぎて、考えてみればこの内容全部喋ろうと思うと2時間でも足りなかった!不慣れなスライドショーも手間取って話はガタガタでしたが、とっても熱心に耳を傾けていただき感謝しかありません。ほぼ笑いも反応も無かったのですが、それは真剣に聴いていただいていてのだと自分の中では理解。続く懇親会では一転して大いに盛り上がりまして、個人的にいろいろと木についてのご質問もいただきました。

こちらからしてみればこんな大企業の一支店だけでも何か木のモノを取り入れていただいたり、一緒に木のイベントをさせていただくだけでも反響は大きいと思うので、小さくてもいいので何か少しでも木に興味・関心を持っていただけないかと『誕生木ストラップ』をお配りしました。モノで釣るという嫌らしいおとなの作戦で少しは皆さんも木にご興味を持たれた様子(笑)。建築ではない木の出口に、そして吹けば飛ぶような例材材木屋にも少し風が吹き始めている気がします。本当に吹き飛ばされないように足を踏ん張っとかないと!!

 




初の試みであった材木屋での屋外上映会『ホシゾラシネマ』、午後からパラパラと雨が降ったりして、開催が危ぶまれたものの上映時間が近づく頃にはどうにか雨も止んで無事に開催することが出来ました。最初は雨の場合の事も考慮して、倉庫の中の材をはね出して倉庫の中での上映なども検討していましたが、やはり雰囲気的には星空のもと屋外で映画を観たいということで、多くの方のご協力を得て屋外上映という形になりました。今回のこの企画は大五木材女子部主催のもので、私ならこういう発想が出てきません。問題はどれぎらいの人がやって来てくれるのかという事。

そんな心配をよそに、かなり早い時間から近所のこどもたちがわらわらと集まって来ました。子どもの頃ってこういう非日常のイベントとかがあったりすると妙に心がワクワクして、用もないのに随分前から集まったりしていたものですが、きっとそんな感覚なんでしょう。裏の敷地の一角に建てた『小屋』が今回の上映舞台となりますが、近所の子どもたちにとっては、すっかり『遊び場』として定着していて、勝手知ったる場所で上映までの時間つぶし。そのうち辺りが暗くなってきたのでミニ花火大会が始まり子どもたちのテンションも上昇。

今回のイベントは、大五木材がどういう材木屋で日頃からどういい取り組みをしているか、普段ちょっと近づきにくい材木屋の倉庫にも入って、材木屋というものを知って利用してもらおうというのが趣旨で、利益を出すための映画上映会ではないのですが、そうはいってもあまり人が少ないと寂しい。子どもたちは沢山集まって来てくれましたが大人はどうかと心配もしていましたが、やがてひと組、ふた組とおとなの方々も集まって来始めました。近所の方とかも足を運んでいただき、上映が始まる頃には結構な人数が集まりイベントらしくなってきました。

今回上映するのは、宮沢賢治原作・高畑勲監督の『セロ弾きのゴーシュ』というアニメです。タイトルぐらいなら誰でも聞いたことのあろう名作ですが、肝心の話の中身は知らない人も多くて、恥ずかしながら私も今回初めて知りました。宮沢賢治がこの童話を書いたのは1934年(昭和9年)ということで、人物描写や台詞回し、時代背景や当時の価値観など結構個性的。それらを考慮したうえでの演出であろうと思われる、延々と音楽だけで展開されるシーンも私は面白かったのですが、これって今の子どもに理解できるのだろうか少し心配になりました。

子どもたちにとっては映画の内容云々よりも、普段は味わえないような暗闇の中で友達や家族とひと時を過ごすという時間のほうが楽しみだったようで、早速「次はいつするの?」なんて声を聞くと嬉しくなります。ライフスタイルもモノの流れも多様化して、何事もひとくくりでしばれない時代になって仕事そのものに対する考え方、価値観も多様化しています。そんな中で材木屋の仕事って果たしてなんだろうかと考えます。即物的な木そのものを売るだけが材木屋の仕事だろうか。ひとの暮らす空間の「気」を作る木の事を知ってもらう、木の楽しみ方を伝える、材木屋の仕事はまだまだ沢山ある

 




8月最後の土曜日である31日に大五木材の裏敷地において、映画の上映会を開催します。宮沢賢治の原作を、『火垂るの墓』や『おもひでぽろぽろ』、『平成狸合戦ぽんぽこなどで知られる高畑勲監督が1982年に監督された作品『セロ弾きのゴーシュ』というアニメ作品です。上映時間は63分。8月31日(土)19:30より受付開始、20:00より1回限りの上映となります。当日券は、1ファミリー¥1,000(前売り¥900)。前売り券は大五木材にて販売しています。屋外上映ですので、椅子や飲み物などの持ち込みも大丈夫です。

昔、倉庫の中を空っぽにして『どうぞのいす』のお芝居をさせていただいたこともありましたが、屋外映画の上映は初めての試み。弊社のスタッフの石川奈々さんは、自主上映団体「マネキネマ」の活動を通じて、その事務局長であるご主人の石川誠二君と結婚しました。その関係で自主映画などには精通しているので、そのご縁で今回の星空シネマの企画が実現しました。入場料はいただくものの、営利目的というよりは、木と人を通じて材木屋という空間を生かして何か面白いことが出来ないかの一環です

音漏れや光量、車の騒音、天候など、初めての試みなのでいろいろ問題は尽きませんが、まあなにはともあれ『出来ない理由』をグダグダ並べて何もやらない傍観者になるよりは、失敗覚悟でいろいろと思いついたことはやってみましょうという企画です。当日は大五木材は通常営業(8:00~17:00)しておりますので、お早めに来ていただいて、『木のもの屋・森羅』で木のおもちゃや木製クラフト、雑貨などをご覧いただいたり、倉庫の中の『端材コーナー』でさまざまな木の端材を探してみて下さい。

家でも建てたり、家具でも買うことにならないと、一般の方にとって材木屋ってなかなかご縁も無いし、入りにくいものかもしれません。こういう機会に是非、偏屈マニアック材木屋を覗いてみて下さい。材木屋のイメージが少し変わるかもしれません。スタジオジブリの中では、年々ストーリーが破綻していく宮崎駿監督よりも、高畑勲作品の方が分かりやすくて好きなのですが、高畑勲監督は昨年惜しまれつつお亡くなりになられて、新作を観る機会は永遠になくなりましたが、作品はこうして今後も残っていきます。ご家族でご来店いただき、夏休みの最後の週末を材木屋でごゆっくりお過ごし下さい。




山の日恒例の石鎚山のイベントは、ロープウェイ乗り場から少し離れたピクニック園地というところで開催されます。最初の数年は、あちこちどの場所がいいのか試していましたが、最近はここに定着しました。このスペースは石鎚登山道とは完全に離れていて、家族連れでバーキューをしたり、冬にはスキー、夏にはグラススキーやウォータースライダー、スラックラインなどが楽しめる場所として整備されています。なのでここに来られる方たちは登山目的ではなくてここが目的でやって来てのんびり過ごそうと思われているので在時間も長い。

そのためしばらくは芝生で楽しく遊んでいた子供たちも休憩がてら集まってきて、木の玉プールに入ったり、木工をしてくれます。端材などを用意しての木工体験では、毎年ここで夏休みの工作をこなしくいくつわものもいれば、どうやって家まで持って帰るのかと親を困惑させるような巨大オブジェを作り上げる子もいます。最初は遠巻きにみていた親御さんも、こうしたほうがいいとかボンドが多いとか遠隔操作していたのに、そのうち我慢できなくなって参戦し、子ども以上に熱くなって自分の作品を作り上げるのも恒例。

毎年その日にここでバーベキューをされる家族連れや友達グループもいて、そんなところの子供たちは常連さんで、道具の使い方も手慣れたもの。「今年はこんなもの作ったよ」と見せてくれますが、他人様のお子さんながら、去年に比べて急に背が伸びたりしていたり、おとなびていたりして驚かれることも。子どもって今までは出来なかった事が、ある年齢から急に出来るようになったりしますが、そういう成長の過程の中にも木のモノがあるといいなあと、こういう姿を見ていて感じます。森のかけら」20段積みも続々とクリア!

少し前にこのブログでも紹介した木製バランス遊具『Wobbel(ウォーベル)』をこの日も持ってきましたが、こどもたちに大人気!こどもたちに下手な説明は要りません。めいめいが楽しく遊び方を考えて楽しんでいました。自分でもいろいろ商品を考えたりしますが、多くが素材中心の物語性を帯びた感性商品のため、使い方を訊ねられるのが苦痛でして(自分で考えろよ~!なんて腹の中で思ったり)、そんな事をヒラリと乗り越えてこどものハートをわしづかみにしているWobbelを見るたびに、これぞ『本物の木の出口』と感服します。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up