森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今更の話で恐縮ですが・・・先日、『和牛甲子園』の事に触れましたが、愛媛においてはもっと親しみのあるもうひとつの甲子園が、今年で20回目の開催となる『俳句甲子園』です。以前にその裏方の状況についてはこのブログでの紹介させていただきました。文学の町ともいわれる愛媛の象徴でもある正岡子規と、自身の松山赴任をモチーフに名作『坊ちゃん』を書いた夏目漱石の「子規・漱石生誕150年」でもある今年は、例年以上の盛り上がりだったそうですが、残念ながら今年は会場に行くことができなかったので様子はテレビで拝見。

今年も出場高校に大会前日のウェルカムパーティの場で、それぞれ明日に賭ける思いを言葉にして綴ってもらおうという『ことばの森』は昨年評判がよかったので、今年も甲斐明香先生にお願いして持ち込んでいただきました。そこには全国から集った高校生たちの熱い覚悟と力強いメッセージが刻まれています。私は直接高校生たちと話す機会はありませんが、『ことばの森』に茂った言葉を見るだけで俳句甲子園の熱気が伝わってくるようで、一枚一枚の言葉を読ませていただくのも密かな楽しみ!

昨年は大会会場で生の熱気に触れて、来年の20回記念大会では何か新しいものを打ち出せたらなどと考えてはいたものの、のど元過ぎれば熱さを忘れる雑な性格が災いして、結局実行できた新たな取り組みは、携帯電話から申し込みが出来る登録方法のみ。それでも申し込みフォームによる方法に切り替えたことで、誤字や旧字づかい、名前や住所などの書き文字の確認などの作業が大幅に軽減され、昨年に比べると短期間で申し込みいただいた方に発送させていただく事が出来たことはなによりでした。

会場で販売全般を受け持っていただいた甲斐先生と大学生たちにはただただ感謝なのですが、甲斐先生からは昨年ご購入いただいた方が今年もお求めいただいたとのお話も伺いました。そういうことがものづくりの推進力になったりするもの、ありがたいことです。まだ2年目ですが続けていくことで、一人でも多くの『俳句甲子園ファン』が増えるお手伝いが出来ればと思っています。歴代最優秀句については、弊社のHPのオンラインショップでも販売していくつもりですので、ご興味のある方は是非どうぞ!




以前に出演させていただいた南海放送さんの『えひめ情熱人』、木について喋りたいことは山ほどあれど(文字通り)論点をまとめきれないという性格が露呈して、だらだらと長時間喋り倒してしまった事が結果的に番組史上初の4回に分けての放送という事になってしまったのですから人生何が幸いするやら分かりません。そのお陰で多くの人の方の目に触れることとなり、思わぬ形でPRもさせていただきました。それから数か月、今度はなんとそのスピンオフ企画が持ち上がり、再びスポットを当てていただくことになりました。

番組プロデューサーの伊東英明さんの念願であった企画、愛媛情熱人出演者によるトークライブ、情熱人ショー!実は7月末に津軽三味線奏者の堀尾泰磨さんを招いて、試験的に第0回のトークショーは開催されていたのですが、今回満を持して第1回のトークショー開催となったのですが、そんな栄えある場に私でいいのかしら・・・と戸惑いは感じながらも、偏屈であろうが変人であろうが材木業界に向かって当たったスポットライトにひるんでなるものかとふたつ返事でお引き受けさせていただいた無謀者です。

えひめ情熱人の出演は私で157人目。そんな私が第1回の情熱人トークショーのふさわしい人間とは思えませんが、伊東さんが用意してくださった舞台は、伊東さんの故郷でもある久万高原町面河の面河茶屋・渓泉亭。その店主である中田直美さんも『えひめ情熱人』の出演者でもあり、伊東さんが久万で幼稚園の先生をされていた頃、同じ敷地内の小学校で先生をされていたという仲。その中田さんは、盟友・井部健太郎と、現在弊社で働いてもらっている井部勇治と幼き日に机を共にした同級生という繋がり。

これはもうそこで話させていただく事が運命づけられていたとしか思えないご縁の連鎖。そういうことで、10月28日(土)に風光明媚な面河茶屋・渓泉亭にて、『情熱人トークショー』が開催されることとなりました。午後2時からスタートで、3時20分頃まで好き勝手に、木の事を話させていただきます。後半は、ご来場いただいた方を交えてのフリートークの流れです。面河の深い山は秋には錦秋に染まる広葉樹の森、広葉樹に尋常ならぬ愛着を抱く偏屈材木屋の戯言を聞いてやろうという奇特な方のご来場をお待ちしています!




甲子園といえば、誰もが知る高校球児の聖地であり、愛する阪神タイガースの本拠地ですが、「全国で競い合って日本一を目指す大会」という比喩としてOO甲子園という言葉がジャンルを超えて使われています。『俳句甲子園』しかり『マンガ甲子園』しかり『ダンス甲子園』しかり。そんな巷に溢れるOO甲子園の中に、『和牛甲子園』というものがあります。正式名称は、『全国和牛能力共進会最終比較審査会』というもので、和牛日本一を決める共進会の中の、高校の部の俗称ということで、球児ならぬ牛児が日本一を競います。


ほぼ5年ごとに開かれている和牛の改良成果を競いあって日本一を決める大会で、「高校の部」を含め39道府県527頭が出品される和牛業界最大規模のビッグイベントなのだそうです。その中の一部門である『和牛甲子園』という言葉がどこまで浸透しているのかは分かりませんが、私は夏季休暇で家内の実家に帰省していた際に、テーブルの上に置いてあって何気に手にした『日本農業新聞』の活字に目が留まり、そこで初めて知りました。記事によると全国から15校が出場するのですが、残念ながら四国からの出場はなし。

北は岩手から南は鹿児島まで全国の畜産科のある高校から14校が出場しています。他の甲子園と違うのは、主役が牛児だけではないということ。競馬はその血統が非常に重要視されるブラッドスポーツですが、牛も同様に血統が大切で、出場校と並んで出品牛名、出品牛の父の名、母の父の名なども明記されています。和牛らしい体型や品位などを競う種牛の部や、肉質や肉量を競う肉牛の部などがあり、全国から500頭あまりの牛が集結し、その様は『和牛のオリンピック』とも称されるのだとか。


なぜそんなに和牛の共進会が気になっているのかというと、家内の実家が畜産業を営んでいて、和牛を400頭ほど肥育しているので、ついこういう話題に目がいってしまうのです。以前にもこのブログでもご紹介しましたが、その黒毛和牛に『山の響』というブランド名をつけるお手伝いをさせていただきました。木と牛、ジャンルこそ違えど自社の商品の魅力をいかに消費者に伝えていくのかという点では非常に勉強になりました。その美味しさが画像からでは伝わらないのが残念ですが、それは木も同じ。




一日限りのイベントですが毎回楽しみにして来られる方もいてお馴染みさんの顔に出会えたりすると嬉しいものです。木の玉プールだけではなく、木のおもちゃやクラフト商品の販売、自由に木工体験ができるコーナーなども設けているので、時が経つのも忘れて親子で木工に没頭する親子の姿も。時間が限られていることもあって、金槌やノコギリを使ってトントンギコギコというわけにはいきませんので、木のコマに色付けしたりストラップにお絵かきしたり、ボンドで貼り付けしたりというシンプルなものでしたが結構人気。


まあこの場所で大きな木工作品を作っても持って帰るのだけでも大変ですので、これぐらいの方が後の憂いがありません。どちらかというと子供よりも親の方がはまってしまうパターンが多いのですが今回は、のめり込んでくれた子供たちが沢山いまして、中でもこちらの彼は、自前のキャラクターまでお持ちという事で、楽しそうにマグネットにキャラを描き込んでいました。阪神タイガースの帽子を被っている子に悪い子はいません、実に素直で爽やかな少年でした!

こちらは少年の数ある手持ちのキャラクターのひとつである『つつみなし』。本人の説明によれば、『包み紙の無い飴玉』ということです。弊社でも新たにオリジナルの新キャラの開発に余念がありませんが、オリジナルキャラを持っているというのは強いですね~。この写真に写っているのは『森のしるし』の台木で、通常はここに家紋をスタンプしていますが、ちょっと問題のあるB品をイベントに使わせてもらっています。子供たちにはA品もB品も関係ないようで、要はそこに何を描くか。

うまく書けたから持ってお帰りと言ったら、これはここで出会った記念に私にくれると。裏面には名前まで書いてくれて、「(ぼくの事を)覚えておいて欲しいから書いた(なので、あげる)。」なんて感動的な事を言ってくれました。ありがたく頂戴しましたが、いつもここで弊社がイベントしていると思ったようで、またやりたかったのに残念と名残惜しんで、どこに行けば会えるのかと。私が「松山」と答えると少年の住まいは新居浜だったようで、新居浜にはいつ来るのか?と聞いてきます。

残念ながら今のところ私自身は新居浜での仕事の目途はありませんが、家内は木育イベントで県内いろいろなことろを回っていて、近いうちに新居浜も行くらしいので日時や場所の確認をしていました。またの再会を約束して別れましたが、そのピュアな心に私も清められる思い。こういう子供がいつかモノづくりや目覚めたりするのかもしれませんが、木の事についても興味や関心のありそうな子供を見ていると、正しく導けたり話しの出来るおとなとの出会いがいかに大切なのかを考えずにはいられなくなってしまいます。少年よ大樹を抱け!




今年も石鎚登山ロープウェイ株式会社さんにお声をかけていただき、石鎚山成就社駅から歩いて2,3分ほどのピクニック園地にて『木の玉プール&木のおもちゃイベント』を開催。もう何度来させていただいたかも分からないほどになって、お陰で信仰心薄き私も石鎚山のパワーを感じられる体質になってきました。当日松山を出発した時は車の温度計で37℃ありましたが、山を登っていくに従ってみるみる温度が下がり、ロープウェイで成就社駅に到着した時には26℃!実に温度差11℃で、風が吹くと肌寒く感じられるほど。


最初に来た頃は、子供がそんなに登山しに来るものかなと思っていましたが、予想以上に幼い子供たちもやって来るのと、ここに来る誰もが頂上を目指して来るわけではなくて、ピクニック園地等で開催されるさまざまなイベント目当てに来られる方も多いのです。この地域において石鎚山は信仰の山であり、パワースポットであり、ある種のテーマパーク的な存在なのだと思います。うち以外にも子供向けのイベントもあって、孫とおじいちゃん、おばあちゃんなど幅広い層の方がお越しいただきました。

強い風が吹けば肌寒いものの、雲から太陽が顔を出せばやはり暑い!ここで標高1,300mありますので下界よりも太陽に近い分、日差しも強い。気持ち的には太陽が少し大きく見えてしまう感覚・・・。今まで何度も繰り返し失敗したにも関わらず学習能力がないため、毎回強い日焼け(軽い火傷並みの)で首とか腕がヒリヒリして寝れなくなるパターン。タオルでカバーはしていたつもりでしたが、帰ってみるとやっぱりがっつり日焼けしていて、案の定夜になると皮膚が熱を持ってなかなか寝つけませんでした。


日頃から外で作業はしているものの、もともと色白なもので肌が弱いなだ思うのですが、日焼けするとマッカッカになって大変なんです。そんな太陽の強い日差しをものともせずに屋外で設置した木の玉プールには子供たちが群がり遊びます。現在、こういうイベント向けのレンタル用の木の玉プールセットもいくらか用意していて、規模に合わせて球の数も調整していますが、今回は針葉樹のヒノキ玉のプールでした。滑らかさでは広葉樹に劣るものの、香りはヒノキが強く、そのヒノキの香りに惹かれたのかトンボも羽休め。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up