森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

相変わらずの告知忘れですが、まだ8月中に何回か再放送があるということで今更ですが告知というかテレビでの同級生トーク。愛媛県西予市のケーブルテレビでの話ですが、『そら豆のきもち』という番組で、その番組のパーソナリティを務めているのが、同郷で中学・高校と同級生だった清家ユカリさん。清家ユカリさんは学生時代からギターを弾き語る才媛でした。音痴でまったく楽器など演奏できない私にとっては羨ましい限りでしたが、まさか学校を卒業して数十年後にこういう形でつながる事になろうとは。

ユカリさんとは以前にも、愛媛県伊予市双海町の喫茶『Ledru  Rollin378(ルドリュロラン)』さんにて、『森のかけら 音のかけら』と題したコラボ・イベントを開催させていただきましたし、今回撮影場所となった宇和町のギャラリー喫茶・池田屋さんでも2013年にデザイナーの上田球乃さんと一緒に展示会を開催させていただきました。ユカリさんは、『FMがいや』でも『yukariのon time cafe』という番組のパーソナリティを務めていて、歌った喋れるスーパー主婦!何かに打ち込んでいる人はいつまでも若い!

30分番組という事だったので、ガッツリ商品PRしようと思っていたら、番組の趣旨は「ひととなり」なので、商売っ気の強いPRはダメと釘を刺されました。しかも専門的な木の話も趣旨にそぐわないという事で、自社商品もダメ、木や森の話もダメとなると、戦う前から必殺の武器を封じられてしまいました。今までいろいろなメディアの取材を受けてきましたが、それらはすべて『ちょっと変わった無謀な材木屋』という部分にスポットライトを当ててもらった企画だったので戦い方も心得たものでしたが今回は勝手が違う!

しかしそこは相手が同級生という事で、リラックスしてお話させていただきました。どういう話からでも最終的に木か山の話に導いていくという『材木屋の悲しい性(さが)の話術がどっぷりと身についていて、もう少し話していたら木に繋がりそうでしてが、ユカリちゃんにうまく誘導され、信じられないくらいの脱ビジネストークになってしまい、果たしてそれが面白いのかどうかは甚だ疑問ですが・・・。リクエスト曲に選んだのは谷村新司の『青年の樹』とサイモン & ガーファンクルの『スカボロー・フェア』。

トークと音楽番組という事でしたので、自分の趣味と結びついた曲がいいかなと思い選んだ2曲。『スカボロー・フェア』は初めて買った洋楽のレコード。映画『卒業』でこの曲を知って本格的に映画が好きになりました。『青年の樹』は社会人になって右も左も分からない若い頃に何度も何度も聴いてサビの言葉を心に刻んで魂を震わせていました。「今をのがせば夢などに若さをかける時は二度とない若かったあの頃よりも今の方がこの言葉が心に沁みてきます。今でも「今をのがせば夢などにすべてをかける時は二度とない」心境。お陰で久しぶりに懐かしい日々の事を思い出しました。夢は未だ醒めず。

 

 

 

 




例え話の説明が抽象的になり過ぎているかもしれませんが・・・仕事(例え話でいうところの高速道路を猛スピードで走っている状況)は辛いものだが、それに耐えることに意味があるという禁欲的な意識に縛られて、両肩にバキバキに力が入っていてアクセルペダルを踏み込んで走っていた私にとって、同乗者たちと笑顔で話しながら楽しそうに、何の気負いもなく軽快に大型車の間をすり抜けて、高速道路から降りていく車を見て衝撃でした。最初は、何をヘラヘラ運転しやがってという敵対心でしたが、そのうち不思議に思えてきました。

そんなに楽しそうに笑いながら高速道路を降りていくその先には田んぼしか広がっていないのに何を目指しているのだろうか?それまで隣の大型トラックに巻き込まれないように必死で前方だけ凝視していたので見えませんでしたが、少しスピードを緩めると、今まで見えていなかっただけでそういう車は結構走っていたのです。それでよくよく観察してみれば、それらの車はうちの車のように積載量一杯でフラフラすることもなく、わずかな荷物を積みながら派手なボディペイントをして音楽を流しながら軽快に走っているのです

同じような車と何台もすれ違ううちにこういう仕事の仕方もあるのだなあと初めて気が付きました。それまで大型車と争って走ること、いちはやく荷物を目的地にまで届ける事しか考えていませんでした。それは、もうこのままのスピードで無理していたら小さなオンボロ車のエンジンが焼き切れてしまう少し前の事。しかし同業者はわき目もふらずにひたすらスピードとボリュームを競っていて、そんなわき道には目もやらず。やはり材木屋の進むべき道はこちらかと戸惑う私の横を並走していた車が一台近づいてきて、


運転席の窓ガラスが開いて、「こっちの道も面白いですよ♪」と話しかけてくるではありませんか。最初は気味悪がって抜き去っても、また近づいてきて微笑みながらあぜ道の魅力を説いてくるのです。あまりにも熱心なので、多少の疑念はあったもののその車について高速道路を降りてみることに。するとそこには今まで猛スピードで走っていて見えていなかった素晴らしい世界が広がっていた・・・というのが、「高速道路を降りて田んぼのあぜ道を行く」という話の例えですが、むしろ世界観が深まってしまい意味不明になったかも・・・




昨日に続いて、『えひめ情熱人』での例え話の説明です。私が就職した頃と比べると木材の流通は大きく変貌しました。それまでは木材屋が木材市場などから木材を仕入れてストックし、必要な量を大工さんや工務店さんの作業場に収めていました。そうすることで材木屋のダム機能や細かなデリバリーという存在意義が発揮できたのです。また倉庫に材を見にきて、棟梁が気に入った木を選ぶという「目利き」をする場所でもあったのです。当然そういう感じですから、仕事のペースものんびりしたものでした。

それから20数年、四国にも本州とつながる3本の橋が架かり、物流も飛躍的にスムーズになり、全国各地からさまざまなブランドの木材が流れ込んでくるようになりました。プレカット化も急激に進み、住宅に関する考え方も大きく変わっていきました。今まで手の届かなかった商材が大量に流入し、選択肢が増えたりデリバリーが便利になると、それまであまり走っていなかった道路にも荷物も満載した大型トラックが猛スピードで時間を競うように走るようになりました。早く大量に届ける事がサービスとして強く求められるようになったのです。

そんな中、パワステもナビもついていないオンボロの弊社のトラックも、猛スピードで行き交う大型トラックの風圧に耐えながら、負けてなるものかとアクセル全開でその隙間を走っておりました。その道を走るしか他に目的地に辿り着く道を知らなかったからです。苦しくても、車が壊れそうでもそうするしかないと思っていたからです。車も体も悲鳴をあげていましたが、留まることは死を意味します。そのうちますますスピードは増していつの間にか高速道路に!もはや弊社のような小型車はいつ事故をしてもおかしくないような状況。

そんな苦しい状況の中で、ふと目に入ったのが高速道路の下に見える小さな田んぼのあぜ道。そこにはまるでストップモーションのような光景がありました。のんびりとリヤカーを引きながら雑談をする人々、季節を彩る野花、小川のせせらぎ、風の音・・・。すると、並走していた同じような規模の車が降り口へ向かうのですが、その時に見えるドライバーや同乗者のなんと楽しそうなこと!それまで仕事は苦しいものだ、だからこそやり甲斐があるのだという『労働は美徳』という昭和意識の強かった私には衝撃的!続く・・・




何かに例えた話の意味を説明するって非常に恥ずかしいことなんですが、よく分からないという友人がいるので、敢えて説明するのですが、冒頭から一体何の話をしているのかというと、南海放送テレビで放送された『えひめ情熱人』の事。約3分の番組にも関わらず、調子に乗って取材で2時間ほど喋り捲って、結果番組史上初の4回放送になってしまったわけですが、ディレクターの伊東英朗さんが林業の町・久万高原町出身で木の事に精通されていらしたので、細かな説明なしについ踏み込んだ話になってしまいました。

木材とはまったく無縁の仕事をしている同郷の友人達が意味がよく分からんと言っていたのは、2回目の放送で、「高速道路を降りて田んぼのあぜ道を行く」というフレーズ。それぐらい分かれよっ!って思うのですが、この収録は伊藤さんと受け答えをする形で、ずっと気の仕事の話をしていてその流れの中で出てきた言葉です。伊東さんが木の事をよくご存じだったので、目の前にいる伊東さんに話しかけるつもりで喋っちゃったので、木材業界の状況を分からない方にはちょっと説明足らずだったかもしれません。

と言いながら例え話を解説するもの恥ずかしいのですが・・・現状の木材業界は、住宅に関していえばプレカットといって、木材を工場で全自動の機械で加工するというのが全国的な主流です。勿論手刻みといって昔ながらに大工さんが手で加工するケースもありますが、職人不足や工期短縮等の理由によりかなりレアなケースとなっています。工場で機械が加工するため、木材の精度が厳しき求められるようになり、曲がった木を曲がったなりに使うとか、木味を活かして使うなんて職人技は必要なくなりました。

そういうプレカット工場が求めるのはいかに製品精度が高くて(寸法がキッチリ揃っている乾燥材)必要数量を適時に必要量だけ供給し、しかも価格がリーズナブルである木材。つまり大型工場で大量に作られた木材をいかにスピーディに廉価で供給できるかということ。そうなれば我々のような零細材木屋の存在意義はなくなります。それでもプレカット黎明期は、まだ流通形態が安定しないかで、走り回っていたものの、パイが大きくなるにつれ流通は大型製材工場とプレカット工場がダイレクトでするようになっていきます。続く・・・




昨日、『えひめ情熱人』の取材を受けた話をアップしましたが、その後同番組の担当ディレクター・伊東英朗さんからご連絡があって、なんと当番組史上初の4週連続放送に決定したと!なんという無謀!伊東ディレクターのご乱心!としか思えませんが、下駄を預けた身としてはまな板の上の鯛、いや『まな板の上の雑魚』の心境ですので、いかようにもおさばき下さい。ご乱心といえば思い出すのは、映画『柳生一族の陰謀』の衝撃的なラストシーン。萬屋錦之介が歌舞伎口調で叫ぶ「夢でござ〜る!」の言葉、まさに悪夢?!

現在の放送予定日程は、各回とも火曜日の21時54分からの放送で、第1回が7月25日第2回が8月1日、第3回が8月8日、第4回が8月15日。第2回から第4回はあくまで予定なので変更の可能性ありとの事。弊社の月間通信『適材適所』からこのブログまで20数年にわたり、日々自分を見つめ直す作業を繰り返してきたお陰で、木の仕事に対する自分のスタンスとか、取り組む気持ち、ものづくりの姿勢などについては自分なりに固めてきたつもりなのですが、伊東さんの意地悪な質問(笑)で改めて考えさせられる事がありました。

不惑の歳はとっくに過ぎているのにまだまだ邪心が多くて心が定まりません。まあ定まらないからこそ面白いのではありますが。それで質問に答える形で自問自答しながら延々と喋ってしまったことが、4週連続放送につながったわけですから万事塞翁が馬。植林美談など枝葉の表層だけでなく「幹」の部分もしっかり取り上げて下さいね、なんてメディア批判のような失礼な事をのたまってしまったのですが、好意的に受け止めていただいた模様。もはや伊東ディレクター、底なし沼に片足を突っ込んでしまった様子。

それについてはご本人も「望むところだ」ということだったので、どうやら同族のようです。今回は短い番組だと分かっていたので、具体的な商品については説明できていないのですが、それぞれの商品の背景の物語についても伊東さんは興味を示していただいたので、そういう秘められたエピソード(秘めているわけではないが)などについてもメディアでご紹介できる機会があればありがたいです。マニアックなマイノリティも一定数いればそこに市場が生まれます。けもの道も極めればそこに拾う神あり!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up