森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

例え話の説明が抽象的になり過ぎているかもしれませんが・・・仕事(例え話でいうところの高速道路を猛スピードで走っている状況)は辛いものだが、それに耐えることに意味があるという禁欲的な意識に縛られて、両肩にバキバキに力が入っていてアクセルペダルを踏み込んで走っていた私にとって、同乗者たちと笑顔で話しながら楽しそうに、何の気負いもなく軽快に大型車の間をすり抜けて、高速道路から降りていく車を見て衝撃でした。最初は、何をヘラヘラ運転しやがってという敵対心でしたが、そのうち不思議に思えてきました。

そんなに楽しそうに笑いながら高速道路を降りていくその先には田んぼしか広がっていないのに何を目指しているのだろうか?それまで隣の大型トラックに巻き込まれないように必死で前方だけ凝視していたので見えませんでしたが、少しスピードを緩めると、今まで見えていなかっただけでそういう車は結構走っていたのです。それでよくよく観察してみれば、それらの車はうちの車のように積載量一杯でフラフラすることもなく、わずかな荷物を積みながら派手なボディペイントをして音楽を流しながら軽快に走っているのです

同じような車と何台もすれ違ううちにこういう仕事の仕方もあるのだなあと初めて気が付きました。それまで大型車と争って走ること、いちはやく荷物を目的地にまで届ける事しか考えていませんでした。それは、もうこのままのスピードで無理していたら小さなオンボロ車のエンジンが焼き切れてしまう少し前の事。しかし同業者はわき目もふらずにひたすらスピードとボリュームを競っていて、そんなわき道には目もやらず。やはり材木屋の進むべき道はこちらかと戸惑う私の横を並走していた車が一台近づいてきて、


運転席の窓ガラスが開いて、「こっちの道も面白いですよ♪」と話しかけてくるではありませんか。最初は気味悪がって抜き去っても、また近づいてきて微笑みながらあぜ道の魅力を説いてくるのです。あまりにも熱心なので、多少の疑念はあったもののその車について高速道路を降りてみることに。するとそこには今まで猛スピードで走っていて見えていなかった素晴らしい世界が広がっていた・・・というのが、「高速道路を降りて田んぼのあぜ道を行く」という話の例えですが、むしろ世界観が深まってしまい意味不明になったかも・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up