森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

私が陰陽師を意識するようになったのは大学生の時にある小説を読んでからです。その存在そのものが妖怪とも言われる知の巨人・荒俣宏が持てる知識を結集させ渾身の思いを込めて描いた小説デビュー作『帝都物語』。平将門の怨霊により帝都破壊を目論む魔人・加藤保憲とその野望を阻止すべく立ち向う人々との攻防を描いた壮大な物語です。昭和時代の最後に出てきたトンデモ小説に私の心は鷲掴みにされました。全巻揃えると背表紙に『帝都物語』という言葉が現れるのが楽しみで、勿論外伝も含めて全巻揃えて何度も何度も読み返しました。

私の周囲のSF好きはみんな読んでいました。男の子がはまる要素が至る所に散りばめられていて、陰陽師という言葉も、風水師水虎、式神なんて言葉もこれで覚えました。魔人・加藤保憲と戦うのが、スーパーマンみたいな超能力者ではなく渋沢栄一、寺田寅彦、幸田露伴といった実在した人物という設定も面白かったです。小説は大ヒットして、しばらくしたら映画化されることになりました。それがまた更に私の心を揺さぶることになるのです。話があまりに壮大なため、映画化されたの前半部分だけでしたが、脚本を手掛けたのは当時新進気鋭の映像作家、林海象。

『夢見るように眠りたい』というモノクロのサイレントムービー(部分的には台詞あり)を作った新世代の映像作家。イラストレーターの和田誠さんが描かれたチラシも素敵でした。さらに監督は、かの実相寺昭雄!子供向け番組のウルトラマン、ウルトラセブンに斬新なカメラアングルと哲学を持ち込んで当時の少年たちを理解不能なワールドに迷い込ませた張本人(賛辞です!)。キャストも勝新太郎、嶋田久作、原田美枝子、坂東玉三郎、平幹二朗、宍戸錠、中村嘉葎雄、大滝秀治、西村晃など豪華!製作費も当時破格の10億円。これは一体どんな作品になるのだろうか?!と観る前から否が応にも期待感のハードルが上がります!唯一不安だったのは魔人・加藤保憲を演じる嶋田久作という俳優がこの作品が映画デビューだったということ。ところが映画を観たら、その独特の風貌はもうこの役のために生まれてきたのではないかと思うほどのはまり役でした。

その後もしばらくはその印象が強すぎて何の役をしても加藤保憲にしか見えませんでした。映画では平幹二朗が雰囲気のある陰陽師を演じていましたが、他にもオカルティスト大集合の忘れらない異色作品となりました。このあたりから、全体的にバランスのいい映画よりも、何か一点突破で突き抜けたような映画に惹かれるようになりました。おお、ここにも今の変態材木屋の種があったか!学生時代の思い出をこんな形で綴れるなんて、材木屋は素敵な商売(^^♪ これも陰陽師のお導きかもしれません!?

 




昼休みを紫電改展示館で過ごしたので、少し遅めの昼食を、県道沿いの飲食店に入ったところ、たまたま隣の席に座った二人連れのうち、年配の方が話しかけてこられました。「おたくら材木屋さん?」私たちが大五木材の社名の入った3t車から降りて来るところを見られたので、木工好きで話好きな人かなと思って、こちらも軽い気持ちで受け答えしていると、この人が実はとんでもない方だったのです。ご自身は高知県の大工さんで以前は松山にもよく仕入れや現場で来ていたとのこと。今日は体調がすぐれないので病院に行った帰りだという事。そんななんでもない話が続いていました。


まあ、この辺りの方だとご縁もなさそうだけど折角なんで名刺でも交換させていただこうとしたら、その人が「大工とは別にこういうこともやってるんよ」とある名刺を差し出されました。その名刺に書かれていて肩書は、「陰陽師」!知らない人がいらっしゃるかもしれないので軽く説明すると、陰陽師(おんみょうじ)とは、古代日本の律令時代に陰陽道に基づいた呪術や占術を行い、国の祭祀を執り行ったり、未来を占ったり、願望成就や厄災祓いを行ったりする職に就いていた人を指します。後には陰陽道に関する行事をつかさどる職の人後に、民間にあって加持祈禱(じきとう)を行う者もそう呼ばれるようになります。平安時代の陰陽師・安倍晴明は、映画や小説にもなっていてよく知られた存在です。

小説や映画では陰陽師が、呪文を唱えれば超人的な能力を発揮能力者として描かれることが多いので、こういう話ってどうしても眉唾な話として語られることが多いのですが、私はそういう話が大好きなので名刺を見て一気にテンションが上がりました!現代においても陰陽師の肩書を持つ人がいらっしゃる人がいるのは知っていたものの、実際にこうしてお会いするのは初めてだったので、木の話の時以上に興奮しながら、矢継ぎ早に質問を浴びせ続けました。その方の家がもともと高知で由緒ある神社で、跡継ぎになり修行をして陰陽師になられたのだとか。

それで大工にもなりたかったので、大工兼陰陽師となり、その関係で神社などの建築にも数多く携わってこられたそうです。それほど信仰心が無いような人でも、家を建てる時には風水や鬼門を気にされるように、昔から日本人はここ一番という大切な時は見えざる神力に頼ってきました。なので陰陽師が大工さんで家を建てるというのは理に叶っているし最強の組み合わせだと思います。にも関わらずどこか怪しげに聞こえてしまうのは、やはり小説や映画の超人的能力を持つ陰陽師というイメージのせいだと思われます。いろいろと実に興味深いお話を聞かせていただきました。続く・・・




私たちが紫電改展示館を訪れたのが平日の昼間だったので誰もいないのではないかと思ったら、駐車場に九州ナンバーの車が停まっていて、中に入ると老夫婦が展示されている資料を食い入るようにご覧になって、奥さんに何か説明をされていたので、もしかしたら関係者の方だったのかもしれません。現在、紫電改は世界に4機しか残っていないといわれていますが、日本では唯一ここ愛南町に「平和のシンボル」として永久保存されているこの1機のみということで、非常に貴重なものなのです(残りの3機はアメリカにあります)。

兵庫県の加西市の鶉野(うずらの)飛行場跡地には紫電改の実物大模型が展示されているそうですが(一般公開は日時限定)、大戦中はそこに川西航空機姫路製作所鶉野工場(現・新明和工業)があり、「紫電改」など500機余りの戦闘機が組み立てられ、試験飛行を同飛行場で行っていた事から、実物大の紫電改の模型が制作されたようです。一度そちらも見てみたいのですが、現在、滑走路跡地は加西市で管理され、他の一部は神戸大学農学部の敷地として利用しているとのことで、余計にご縁を感じてなりません。

この紫電改と零戦がよく混同されますが2機は別物です。先に作られたのが零戦で、設計したのはジブリの映画『風立ちぬ』ですっかり有名になった三菱重工業堀越二郎。1940年(皇紀2600年/神武天皇即位を紀元とするする日本独自の紀年法)日本)に零戦が制式採用となったため、皇紀の末尾数字を取って零式と呼ばれるようになりました。アメリカでは「ゼロファイター」と呼ばれたことから、「ゼロ戦」の呼び名が有名になりましたが、正式名称は『零式艦上戦闘機』。

太平洋戦争初期には世界最高水準の戦闘機で,戦闘能力に優れた零戦は連合国空軍を震え上がらせたが、徐々に日本が劣勢になってくると零戦に変わる機体が必要となり、本土決戦の切り札として製作されたのが紫電改です。開発を受け持ったのは川西航空機(現・新明和)。つまり三菱重工が作ったのが零戦、川西航空機が作ったのが紫電改ということになります。私にとっての紫電改と言えばちばてつやの漫画『紫電改のタカ』。主人公の滝城太郎は松山市出身で、この343空剣部隊に編入して撃墜王となってゆく話ですが、当時はそんな背景も分らず、ただ戦争漫画としてしか読んでいませんでした。 展示館でも販売されていていましたが、この歳になって読んだら感じるものが随分違うと思います。心から合掌。更に続く・・・

展示館からは、紫電改が引き揚げられた久良湾が一望できます。今は気持ちのいい風が吹いて、鳥のさえずりが聞こえるこんなのどかな場所の上空でも激しい戦闘が繰り広げられていたと思うとやりきれない気持ちになります。紫電改の碑の隣には、元343剣部隊隊員の方が無き戦友を偲んで献上された『陽光桜』が植樹されていました。春には美しい花を咲かせるそうです。陽光桜というのは、『伯方の塩!』で有名な伯方塩業の初代社長・高岡正明さんが作出された日本原産のサクラの交雑種です。

 




新長田の街には、巨大な鉄のロボット『鉄人28号』と、まったく毛色の違う中国の壮大な歴史書『三国志』の登場人物たちが混在しています。最初、この奇妙な組み合わせは何だろうか?と思ったものの、そのキャラクターを見て理解できました。こちらも『鉄人28号』の作者である横山光輝先生がかつて漫画で描かれた作品という事で、ともに復興のシンボルとして街中の至る所に『三国志』の物語や登場人物が配置されているのでした。少し商店街を歩いてみたのですが、あそこにもここにも三国志。その徹底ぶりには驚かされました。

横山光輝先生は、史実の連記漫画も沢山描かれていて、私も横山版『三国志』は何度も読みました。最初に読んだのは中学生の頃でしたが、その当時は、劉備関羽、張飛と兄弟盃を酌み交わす『桃園の契り』あたりまではスラスラ読めるものの、次第に登場人物が増えてくると何が何やら分からなくなって途中で読むのを止めました。それからしばらくほったらかしていたものの、またぞろ興味が湧いてきて高校生や大学生の頃にも読み返しましたが、かなりの長編ですので最後の方は読んでいるというよりも文字を眼で追っている感じで物語が頭に入ってきませんでした。

横山先生の『伊賀の影丸』あたりだと、登場人物が創作の忍者ですから、キャラクター造形もデフォルメされていて子供にも分かりやすかったのですが、さすがに歴史ものだとあまり極端に正義と悪者なんて描きわけは出来ないうえに、多くが髭を生やしていて似たり寄ったり。名前だって、張やら袁やら郭やら似たようなものばかりで徳川の歴代将軍以上に関係性が分かりづらくて、時々人物相関図を見直さないと誰が誰だか分からなくなる。そもそも三国志が知略謀略うずまく世界ですから、誰が誰を裏切り誰と手を結ぶか、大人になってそういう事が身に染みる歳になってようやく理解できました。

そんな三国志の多士済々な登場人物たちが商店街の至る所に配置されていて、これは写真に収めようかと思ったらその数は100以上もあるとかで今回は断念。これはもしかして街中がとんでもない事になっているのではと、近くにあったマップで確認してみたら想像以上に新長田の街が本気でした!鉄人だけ見たいと思って来てみた新長田でしたが、これは次も来て三国志巡りをせねばなりません。実は、以前に三国志にちなんで『三国志のかけら』を作ろうと思っていたのですが、これをきっかけに仕上げてみたいと思います。まずは『桃園の契り』で『』。赤壁の戦いで、『サッチーネ(ブラッドウッド』とか、劉備の生家に生えていた『』、孫権のにちなんで『呉茱萸(ごしゅゆ』、いかん!これは【森のかけら】に入れてなかった。もう少しひねって考えてみます。あ、『横山光輝の5かけら』も出来るかも?!

 




童心に戻ってリアル鉄人28号と戯れていましたが、なぜここにこんな巨大ロボがあるのかというと、この地が作者の横山光輝先生が神戸市出身で、震災後10年の節目に震災復興と地域活性化のシンボルとして、構想から7年の歳月をかけて作られたそうです。どうやら神戸に実物大の鉄人28号が出来るという話は、このプロジェクトが公表された頃から話題になっていたので知っていていつか見に行きたいと思っていたのですが、詳しい製作の背景までは知らなくて、今回ブログを書くにあたっていろいろ調べて初めてそのあたりの経緯を知りました。

新長田の駅に降り立った時から、街中にやたらと『鉄人』のポスターやらオブジェが目立つと思っていたら、街全体で鉄人を盛り上げようという気運だったわけです。という事で、新長田の街ではこの鉄人に関していろいろな催しも開催されていて、夏には「鉄人ビアガーデン」なども開かれているそうです。暗闇の中に立ち上げる鉄の巨大ロボを誰も気に留めることなくビールを楽しんでいるという何ともシュールな風景が、いかにも鉄人がここに居て当たり前感が出ていて素晴らしい!

その他にも、鉄人のボディの塗り替えをするリペアイベントがあったり、鉄人オリジナルグッズがあったりと鉄人フル活動!金田少年はおらずとも新長田の街の皆さんが巧みに鉄人を操っていらっしゃる。巨大ロボというと、お台場のガンダムも有名でした。こちらは期間限定のイベントということで、イベント終了後に解体されてしまいましたが、私は世代的にはガンダム世代ど真ん中で、中学生の頃には同級生男子はガンダムで盛り上がっていましたが、なぜか私は全然そそられず作品もほとんど観ていません。今年はタイガースもガンダムとコラボしていて、ガンダムのオリジナルフィギュア付きのチケットも販売していましたが、まったく興味が湧かず。あれがもし鉄人フィギュアだったら間違いなく先行予約で買っていましたが。ちなみにこのリアル鉄人は、フィギュア作家として有名な速水仁司さんの作品だそうです。次は鉄人グッズ買います。

右腕を振り上げたポーズも最高!しかし、高さ18mの巨大構造物をこの格好で自立させるのってかなり難しい工事のように思われますが、鉄人を生み出したぐらいですから日本のものづくり技術があればこれぐらいは朝飯前か。木を扱う者として、こういう鉄の造形物を見るとなんだか無いものねだりで羨ましく感じることがあります。勿論鉄だって日頃のメンテナンスは大切でしょうが、木ほどに経年変化は早くないでしょうから、『変わらない美しさ』に少しだけ嫉妬します。

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up