森のかけら | 大五木材

南海放送テレビの『えひめ情熱人』に取り上げていただいたのですが、あちこちで「番組観たよ」と声をかけていただき、反響の大きさに驚いています。正直、21時54分から放送という遅い時間の5分足らずの番組で、どれだけの人が観ていただけるのかと思っていたのですが、テレビメディアの影響力の大きさを実感しました。放送が4回予定されているのと、再放送もあったりするので、予告も含めて近所や取引先、友人、知人から「テレビ出てたね」と、拙い話っぷりで本当に恐縮ですが、何らかの爪痕は残せたようです。


こんな私にスポットを当てていただいた伊藤英朗ディレクターに感謝するばかりですが、木を扱う人がメディアで取り上げられる場合、林業家とか木工作家がほとんどで、その中間に位置する木材人に注目が集まることってほとんどないと思います。自分で何かを生み出すという生産的な仕事ではないのと、消費者から遠いためメディアとしてもインパクトが弱いということもありますが、自分のお客さんが工務店やハウスメーカーだと割り切っていて、一般の方に発信する気概も言葉も少ないというのが大きな原因でしょう。

私の場合も、従来の流通を担う材木屋としてではなく、そんな本業から逸脱して変わった「木のモノ屋」という立ち位置での取材だったと思っています。それは私も望んだところで、そういう方向に会社の舵取りもしてきたつもりなので、我が意を得たりという心境なのですが、逆に考えれば本来の材木屋という仕事では、こうしてメディアに取り上げられる機会も無いのではないかと思うのです。テレビやラジオに出ることだけがいいわけではありませんが、人が興味を抱くような情報を発信する力があればメディアも放ってはおかないでしょう。


世間で注目されるだけが仕事の評価ではないことは勿論ですが、一般消費者に近い方向に舵をきった以上は目立つことは重要で、まずはその存在を知っていただくことが肝心。本来の材木屋という仕事だって十分に魅力的な部分はあるのに、うまく表現できていないのは材木屋の殿様商売的な体質?いや、慎み深さ?職種は違えど、さかなクンの登場で魚や漁業についてのイメージが随分変わったように、発信力のある人の存在は重要。その責を負うのはもの言わぬゆるキャラではなく、血の通った生身の人間の言葉力だと思うのです




昨日、『えひめ情熱人』の取材を受けた話をアップしましたが、その後同番組の担当ディレクター・伊東英朗さんからご連絡があって、なんと当番組史上初の4週連続放送に決定したと!なんという無謀!伊東ディレクターのご乱心!としか思えませんが、下駄を預けた身としてはまな板の上の鯛、いや『まな板の上の雑魚』の心境ですので、いかようにもおさばき下さい。ご乱心といえば思い出すのは、映画『柳生一族の陰謀』の衝撃的なラストシーン。萬屋錦之介が歌舞伎口調で叫ぶ「夢でござ〜る!」の言葉、まさに悪夢?!

現在の放送予定日程は、各回とも火曜日の21時54分からの放送で、第1回が7月25日第2回が8月1日、第3回が8月8日、第4回が8月15日。第2回から第4回はあくまで予定なので変更の可能性ありとの事。弊社の月間通信『適材適所』からこのブログまで20数年にわたり、日々自分を見つめ直す作業を繰り返してきたお陰で、木の仕事に対する自分のスタンスとか、取り組む気持ち、ものづくりの姿勢などについては自分なりに固めてきたつもりなのですが、伊東さんの意地悪な質問(笑)で改めて考えさせられる事がありました。

不惑の歳はとっくに過ぎているのにまだまだ邪心が多くて心が定まりません。まあ定まらないからこそ面白いのではありますが。それで質問に答える形で自問自答しながら延々と喋ってしまったことが、4週連続放送につながったわけですから万事塞翁が馬。植林美談など枝葉の表層だけでなく「幹」の部分もしっかり取り上げて下さいね、なんてメディア批判のような失礼な事をのたまってしまったのですが、好意的に受け止めていただいた模様。もはや伊東ディレクター、底なし沼に片足を突っ込んでしまった様子。

それについてはご本人も「望むところだ」ということだったので、どうやら同族のようです。今回は短い番組だと分かっていたので、具体的な商品については説明できていないのですが、それぞれの商品の背景の物語についても伊東さんは興味を示していただいたので、そういう秘められたエピソード(秘めているわけではないが)などについてもメディアでご紹介できる機会があればありがたいです。マニアックなマイノリティも一定数いればそこに市場が生まれます。けもの道も極めればそこに拾う神あり!




私の場合は、山の川上(林業)というよりも川下の加工や出口の話だったのですが、メディアで木の事が取り上げられるととかくいつどこで誰々がどれだけの木を植えたという「植林美談」ばかりが切り取れらる紋切り型の話になりがちなのですが、あくまでそこは入口。そこから始まる木材界の話がそこで終わってしまっている事が多く感じます。メディアとしては取り上げやすい切り口なのだと思うし、業界話には深入りしたくも興味もないのかもしれませんが、それじゃあ木を見て森を見ないと同じこと。


林業従事者が減っただの、台風等の災害で山林災害が増えただの表層だけを切り取られるけど、なぜそういう事になっているのか、なぜ林業が衰退しつつあるのか、森の出口(建築資材や木工製品)は都会の入口(消費地、消費者)につながっているのに、どうすれば新たな需要が作れるのか、それに対する行政の取り組みなど,決して華のあるような楽しい話ばかりではありませんが、そういうまさに根っこの部分をしっかり取材してこそ、目に見える幹や葉の事もよく理解できるのではないかと思うのです。

日頃から感じていて鬱積していた思いが、『受け止めてくださる人(伊東さん)』現れたことで噴出して、伊東さんの問いに対する答えを越えてあれこれ言いたいことを喋ってしまったのですが、伊東さんにはいつか是非木材について深く掘り下げた番組も作っていただきたいと思います。木の仕事に携わる人間はつい、「世の中に本質的に木が嫌いな人はいない」という言葉に逃げてしまいがちというか、私もそうですが拠り所にしている部分があると思います。それは悪いとは思わないものの、そこにすがっていても仕方がない。


嫌いでこそないものの好きでもない。無理矢理に好きになって欲しいとは思わないものの、今まで知らなかったことや考えたこともなかった木の凄みや能力、背景のエピソード、暮らしの中にいきづく木の文化などを知ってもらって、少しでも木の事が好きになってもらって、身近なところで木のものを使っていただけたら嬉しいし、それこそが材木屋の使命であり本懐だと思うのです。当日はまだまだ言葉足らずで(!)本意が伝わったか心配ですが、ご興味ある方は725日の21時54分からの放送ご覧下さい。怖いもの見たさ・・・

お知らせ
南海放送テレビで放映中の『えひめ情熱人』番組ディレクター伊東英朗さんが番組出演者の中から改めて話を聞いてみたいゲストをお招きしての公開対談 「Theトークショー」の記念すべき第一回のゲストは津軽三味線奏者の堀尾泰磨さん。日時:7月28日(金)開場19:00 開演19:30 料金:¥1,000(別途ドリンク代 ¥500) 会場:B家 松山市春日町13-9 春日ビル3F 定員30名:予約先着順となります。
ご予約は→http://reserva.be/kasgab




地元ローカルの南海放送で、毎週火曜日の21時54分から放送の『えひめ情熱人』という番組があります。『毎週、愛媛の情熱人が登場!情熱人の言葉から元気をもらおう!』という番組で、文字通りえひめで情熱を持ってひたむきに頑張っている人たちが、それぞれの人生観を語るという内容です。ギャラクシー賞 報道活動部門大賞など数々の賞に輝く、映画「放射線を浴びたX年後」の監督で知られる伊東英朗さんがディレクターを務められている番組ですが、伊東さんの目が曇ったのか(?)こんな私にもお声がかかりました。

私のようなけもの道を歩むような人間がおこがましい・・・なんて思慮深さなんて到底あるはずもなく二つ返事でお引き受けいたしました。杉浦綾帽子千秋林豊など『えひめのあるくらし』の仲間たちや友人たちも多く出演している番組です。5分程度の短い番組なのでと、聞いてはいたものの、彼らに負けてなるものかと喋りと倒して撮影は3時間近くにも及びました。伊東さんは既におなか一杯だったと思いますが、こちらとしてはあと2,3時間はいけました。

伊東さんが久万高原町出身で、身内の方にも林業で生計を立てていらっしゃる方がいるとかで、現在の愛媛の林業の事もよく分かっていらっしゃったこともあり、話がいろいろ脱線したり飛躍もしたのですが、こういう取材などでも山の事の知識がある方とお話しすると話が広がります。中には、「木の事や山の事はまったくの素人なんですが・・・」と挨拶されて取材に来る方もいらっしゃいます。あまりその部分を深く掘り下げてもらっても困るのでという社交辞令の意味合いもあるのかもしれませんが、いい気はしません。

嘘でも少しは山の事や森の事を調べたり勉強したりして来ないと、言葉が響かないし、言葉の意図するところさえ分からないじゃないかと思うのです。そんなもん表面だけの浅い話にしかならないじゃないかと初めから気持ちが折れることもあったりするのですが、伊東さんは山の事もよくご存じで、その状況にも憂いて危機感をお持ちだったので、こちらとしてもとっても気持ちよく(もしかしてこちらだけなのかもしれませんが)お話しさせていただきました。また伊東さんも聞き上手で色々引き出し開けていただきました。続く・・・




酒飲みの多い高知で、キリンビールが打ち出したCMのキャッチコピーが「高知がいちばん」。この言葉が高知の人々の琴線に触れて、高知におけるキリンのシェアを押し上げていきました。なにしろ離婚率が1位から2位になっても悔しがるという県民性ですから、「いちばん」が大好き。更にキリンのCMの快進撃は続きます。ラジオCMでは「電車が高知に入りましたので、ビールはラガーに切り替えさせていただきま~す」、飛行機バージョンでは「高知上空に入りましたのでビールはラガーに切り替えさせていただきま~す」!

このあたりはマーケティングの本としても非常に面白いのですが、それらの根底にあるのは著者のキリン愛。著者は決断を迫られる際にその基準としているのは、「この会社は自分がリスクを背負ってまで立て直さなくてはならない価値のある会社なのかどうか」。高知では劇的なシェア回復をする一方、アサヒのスーパードライに対抗すべく飲みやすい味に変更したキリンは全国的には大苦戦が続きます。濃い味が好みの高知でも、味の変更は総じて不評で、「こんなたっすいビールは飲めんぜよ」と不評だったのです。

たっすい」とは、高知弁でみずっぽくて飲みごたえがないという意味。その後この言葉はキリンのポスターにも使われ話題にもなりました、「たっすいがいかん!」。著者はダメもとで本社に味の変更を相談します。しかし味の変更は本社マターのことなので受け入れられるはずもありません。ところが、その頃に視察に高知を訪れたキリンビールの社長との間で「事件」が起こります。営業マンたちの日々の頑張りに刺激を受けた内勤の女性スタッフが、「社長はお客様に対して卑怯です」と詰め寄ったのです。

そしてありえない陳情が結果的にキリンの味を元に戻してしまうのです!このあたりのいきさつについては是非本を買って読んでいただきたい。いやむしろ鉄矢さんのラジオを聴いていただきたい。その経緯を聴いたとき、私は鳥肌が立つような感動を覚えました。ひとつの目的のために働くということのチームワークと醍醐味。読み終わった後には、無性にキリンビールを飲みたくなります。このラジオを聴いて、本を読んで以来、そんな支店長のいたキリンビールという会社の社風が好きになり、その後はずっとキリンビール贔屓です。

この後、愛媛支店の話も出るのですが、そこでは激しいアサヒとの営業合戦が繰り広げられます。業界も規模を違えど、自分の信じるものを売る、信念を届けるという志は相通じるものがあります。モーレツぶりは今の時代にはそぐわないかもしれませんが、『人間の能力は無限である』、『現場に本質がある』はいつの時代も変わりなし。そして私が肝に銘じているのは、「戦力の逐次投入は必ず失敗する」と、「ブランドはメーカーのものではなく、お客様のものである」ということ。経営は実行力、言ったことはやる!〔完〕




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up