森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

映画『ノストラダムスの大予言』の話の続き・・・実はこの作品は『日本沈没』のようなディザスター映画というわけではなくて、世界の滅亡を予言したノストラダムスの言葉を借りて、当時の世界で進行している環境問題に警鐘を鳴らすという社社会派映画で、公開時には「文部科学省推薦作品」にも指定されています。封切するや大人気となったものの、その内容について一部の団体から東宝に抗議が入り上映が中止となり、その後もビデオ化されることなく(またひと揉めあって)完全に封印される事に。

作品の中では、大量の森林伐採によるオゾン層の破壊や油田採掘による海洋汚染、食品に含まれる有害添加物などによって人類は危険に晒され、世界中で異常現象が起きているということで、突然変異した巨大なナメクジや大量の赤潮による魚の大量死、異常な身体能力を持つ人間が現れたり、広大な太平洋の海域が凍りつくなど、因果関係があるのかないにかも分からないような事柄がまことしやかにこれでもかと畳みかけられ世界の滅亡を暗示していきます。

その中に、オゾン層の破壊によって大量の放射線がニューギニアの山岳地帯に降り注ぎ、現地民たちが精神に異常をきたし食人鬼と化してしまい人間を食害するという描写があります。更に後半では世界中で人々が発狂し核ミサイルを撃ち合って世界は崩壊。その後の荒廃した世界に二足歩行の人間のような謎の生物が現れるという描写が問題となり、被爆者の方々を支援する公的団体などから、公開差し止めを求める強い抗議を受けることになります。その部分をカットしてその後もビデオ化なども検討されたモノの今に至るまでビデオ化もされることなく幻の作品となってしまっているのです。昔は胡散臭い映画が多かったし、丹波哲郎のようにそれが似合う胡散臭さが半端ない大仰な演技の似合う役者も沢山いました。もちろん私はそれが大好物!

しかしこの原作となった五島勉の『ノストラダムスの大予言』は当時大ブームになり、ピュアだった私も漠然と世界の滅亡に不安を抱いたものでしたが、オカルトに対する猜疑心を生み出してそれで大儲けしたという意味では罪深い本です。という事でもの凄く回りくどい話になりましたが、テレビドラマの「日本沈没」の話を聞いて、そういえば昔この映画が話題になった時に同じく東宝が製作した「ノストラダムスの予言」の中で、ニューギニアの人が食人鬼になるという無茶苦茶な設定の映画があったなという事を懐かしく思い出したというだけの話。何か大きな期待をされた方いたらすみません💦しかしこんな薄っすい関わりでもいつか何かと結びつくかもしれないので書き留めてみました。無理矢理引き寄せの法則(笑)




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Scroll Up