森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

最近よくご来店いただく若いカップル。いずれ大好きな木工の世界で生きていきたいという事で、おふたりで仲良く楽しそうに端材を物色されます。少し硬めで色味の濃い材を探していたようで、それで何を作られるつもりなのかと訊ねたら、ナイフの柄にしたいとの事。それならばとお薦めしたのが、弊社の誇る強烈個性軍団サッチーネパープルハートレースウッド。こんなの見たことない~!と、期待通りの反応を示して喜んで買っていただきました。最近、こんな感じで新規の一般の木工愛好家の方のご来店が増えております。

それから数日して再びそのカップルがご来店。前回買った材でこんなのが出来ましたよと見せていただいたのがこちら。これだけだと刃がついていないので分かりにくいかもしれませんが、ボルトを外して刃を中に仕込みます。かっちょいい~!ナイフやら刃物に疎いので詳しい事は分からないのですが、シルヴェスター・スタローンが『ランボー』で使っていたようなサバイバルナイフであることは分かります。実際に握らせてもらいましたが、これなら私でも『怒りの脱出』が出来そう!いつもの銘木も、こうして見ると別物のように見えます。

日頃から『新しい森の出口を探す!』なんて大仰な事を言っているのですが、悠久の歴史の中で試行錯誤を繰り返し、それぞれの分野の中で最適材を見出してきた先人たちの「見落とし」なんて、なかなかあるものではありません。まったく新しい出口というよりは、小さな出口を少しだけ広げる(流通や価格等の問題であまり試されていなかった材を試すとか)ことに自分がいかに関われるかという事が現実的だと思います。ナイフだっていろいろな木で作られていて、こういう銘木ナイフだって存在していると思います。要はいかにそこに大五木材が関わっていけるか。

今後建築材料としての木材が飛躍的に伸びていくことは考えにくいし、もしそうなったとしてもそこは魑魅魍魎のレッドオーシャン。スーパーニッチの材木屋が進む道はそこではなく、小さな離れ小島のブルーオーシャン。小さいながらもキラリト個性が光る木のものづくり世界こそが、スーパーニッチの生きる道。人も踏み込まないような世界だからこそ、まだ見ぬ恐ろしい獣たちと戦うためにもこんな切れ味鋭いサバイバルナイフが必需品となるのです。スタローン、銘木ナイフでもう一回老骨に鞭打って戦場に赴いてもらえないかしら。

 




弊社の小さな倉庫ですが、その倉庫には溢れんばかりの木材が詰まっています。既に溢れているという指摘もありますが、私的にはまだ隙間はある!なのですが。ところで、右の写真の中で、並べてある木材に青色や緑色の小さな紙切れが貼りつけられているのが分かると思いますが、これは弊社の値札です。いままでにいろいろな方法で値札を付けてきましたが、風で飛んだり、動かしたら擦れて破れたり、外の差し掛け屋根だと紫外線で文字が読めなくなったり、試行錯誤の末、色紙に書いて水糊で貼りつけるという現在のアナログスタイルに落ち着きました。

木材の場合というか弊社の場合位、木材が「増殖」してしまうので、在庫のすべての木に値札を付けるとなるととんでもない事になってしまいます。どういうことかというと、耳付きに一枚板があったとして、現場からの注文に応じて必要サイスにカットしたとします。それで残った分が在庫になったり、数本で束になっていたものが、束をバラシて売った場合、残りが在庫になったり、そうやって1つの木が数個にも分かれていくのです。小さなものは「端材コーナー」に移籍するものもあります。価格も大切ですが、多樹種を扱っているので樹種名を明確にしておくというのも大事なことなのです。

特に最近、個人の方のご来増えているので、私が会社に居ない時の事も考えて、なるべく値札を付けておくようにしています。この1,2年でかなり値札を付けたつもりです。あまり細かい分類をすると面倒くさくなって続けられなさそうなので、シンプルに国産材は緑色外国産材は青色集成材などの加工品は黄色売約品品はピンクとしました。端材コーナーは白シール。全部の木に値札をつける!と宣言したら、今までを知るスタッフには出来っこないと笑われましたが、今回はどうにか継続出来ていて、自分の感覚だと在庫の70%ぐらいには値札は付けられたのではないかと思っています。

それでも、飛び込みでやって来られる一般の方は倉庫の奥の方から値札の付いていない木を引っ張り出して来て値段を尋ねられる。そういう木って、古くて台帳で番号が確認できてなっかり、値段の付け方が難しいから後回しにしようと思ったもので、決してお薦め品でも無いので、他の木の陰に隠すように置いていたものです。もうわざわざそういう値札の付いていない木を狙って探してるとしか思えない(笑)。いや、後回しにしようという私の心の隙間に落ちた木が、悔しくて、そういう時に目立つようなオーラを発しているのかもしれません。名前があるってもの凄く大事なことだと改めて感じるます

 




結構前に倉庫の中に端材コーナーのスペース作った話を書きましたが、その後なかなか時間がとれずそのまま未完成のまま放置しておりました。一応販売スペースは確保しているものの、思い描いた完成予想図からいえば1/3ぐらいしか出来ていません。一般のお客さんが端材を求めてご来店されるたびに気にはなっていたのですが私の怠慢。それで先日少しでも整理しておこうとそのスペースを見てみると、結構減っているではありませんか!これだけではどこがどう減っているのか分からないかもしれませんが、最初と比較してみると、

う~ん、写真だといろいろなモノが映り込んで分かりにくいかもしれませんが、実際にはかなり減っています。そういえば途中で何度か補充もしたので、それを考えればそこそこ無くなっている。1個¥500とか¥1000の端材なのでいくら売れてもたかが知れている、無論それはそうなのですが、こうやって一か所にまとめて陳列していなかった頃は、お客さんが来られるたびに仕事の手を止めて、『倉庫の中の大捜索』が行われていてもの凄く非効率的な事を行っていました。それから比べれば弊社にとってはこれだけでも月面を歩くぐらいの価値ある一歩

ザックリと¥200、¥500、¥1000ぐらいの設定にして樹種名だけ書いておくという緩い設定で充分いけると分かりました。これで満足しないようなコアなお客さんは個別に対応させていただきますので、まずは木工を始めたいとか、初心者の方向けの入口としてはこれでも機能する事が分かりました。うちのベテラン事務員さんが趣味で糸鋸の教室に通われていて、その仲間の方も結構ご来店いただくようになり、アユースなどの軽軟で加工しやすい木をよく買っていただいています。

それが小さな出口であろうとも、その先と繋がりさえすれば道は出来る。多品種をもの凄く浅く広く扱う弊社にしてみれば、出口は細くて数が多いほど好ましいのです。特定の樹種が大量に欲しいとなると、競争相手も多いし、価格勝負になってしまうので弊社の出る幕がなくなります。ここにしか無いような木がほんの少しだけあるってのがうちの売り。偏屈材木屋体験初級者の方にとっては入口となりますが、弊社にとっては迷宮の森へと誘い込むための入口です。もっとディープな木が欲しいって方はもう一歩足を踏み出しましょう!後戻りは出来なくなりますが。




端材を使う事に情熱を燃やすケチケチ材木屋として、このブログでもよく『骨までしゃぶって使い切る』という言い回しを使っていますが、実際にどれぐらいまで使っているの?本当は結構無駄にしているんじゃないの?と思われている方もいると思うので、どれぐらいどケチな使い方をしているのか、実際の事例を使ってご紹介させていただきます。右の写真は愛媛県産の『ユリノキ』。もともと植栽されていたのをいただいたもので、耳付きの板に挽いたものから、小さな棚板を木取りして残った耳の部分です。普通の材木屋ならこの時点で確実に廃棄してしまうレベル。

長さは500~600㎜程度で、多少まだ身は残っているもののとても建築や家具材などに使えるようなレベルのものではありません。弊社とて昔なら確実に焼却炉行きでした。幅は40~50㎜程度ですが耳付きなのでテーパーになっているので厚みが薄すぎて、『森のかけら』も『モザイクボード』も『森のこだま』すら取れません。しかしこれからまだTOLOTさんの『カードスタンドがギリギリこれから数枚取り出せます(50☓40☓12㎜)。そしてそれを取った残りが左の写真。本当に首の皮一枚残しという感じになりました。

さすがにこれで終わりだろうと思ったら甘い!まだ使えます。更にそのペラペラになった端材を厚み10㎜ぐらいに割っていきます。中には節や割れたりした部分も含まれていますが意に介しません。『誕生木ストラップ』を作るのでは!?と思われた方はかなりの『かけら通』の方ですが、残念ながら『ユリノキ』は12ヶ月の誕生木には含まれていません。誕生木に関係なく、あらゆる木でストラップ作ればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、あれは誕生木というストーリーあってこその商品です。

サイズの条件さえ合致すれば何でもかんでもいいというつもりで商品を作っているわけではありません。一応私なりのコンセプトと戦略を持って作っているつもり(結果が伴っていないのもありますが、まだ諦めているわけではないので)。そして製材したものがこんな板。これをプレーナー加工して幅40㎜、厚み8㎜に仕上げていきます。それが何に生まれ変わるのは、完成後のお楽しみ♪と、まあこれぐらいまでは普通に使っています。

木の種類にもよりますが、色のある木の場は、こういう作業に過程で発生する『おが屑』だってきちんと収集して瓶詰して『森の砂』になります。これぐらい使ってやっと『骨までしゃぶり尽くす』と言えるのではないでしょうか。こうして残った本当の『使えない部分』、冬場だと焚火に欲しいという人が来られるので、文字通り骨まで使い切る事になります。なぜそこまでするのか?手間が合わないのでは?その答えはシンプルです。「だってモッタイナイじゃない。材木屋が木を見捨ててどうするの。」

文章挿入 右写真挿入

<!–☆右に画像/




来るべき10月10日からの『森のかけら累積販売個数70,000個突破記念・感謝特別ロングセール』(←くどいがPRのためあえて書く!)ために、今準備すべきは倉庫の抜本的な整理。という事で、今回は本気で整理してます!まずは一般の方向けの端材の棚ですが、今までその一部だけを活用していただけでしたがスペースを拡大して、価格帯ごとに分けて陳列すべく大掃除&片づけ。今まで上の方だけちょいちょいといじってごまかしてきましたが、今回はいったん全部棚から降ろして選別します!

小さなモノについては、分かる限り樹種名を書いてキャリーにひとまとめ。こうしてモノをまた重ねるだけでは、片付いたようで結局片付かないので、ここは腹をくくって『端材の端材・激安どれでも50円!』という事で、裏の小屋で販売します!来週の25日から販売開始しようかと思っていたのですが、休みの日でない来られないとという人もいらっしゃるので、片づけながら整理できたものを小屋に移しながら今日からでも販売を始めさせていただこうと思っています。とりあえずこんな感じ。

本当に『端材の端材』ですが、小さなモノづくりをされている方には、松山ではなかなか手に入りにくいいろいろな広葉樹の端材が揃っています。今片づけ作業の真っ最中ですが、全部片づけ終わるころには恐らく何10個ものキャリーが出てくるはず。そうなるとまたそれを置く場所に困るので、ドンドン買ってもらって空っぽのキャリーを作っていかねばなりません。これよりももう少し大きな材もありますので、そちらはまた後から『どれでも500円』、『どれでも1000円』として売り出す予定です。

広葉樹の端材を使う方って、その木が何の木なのか知りたがる方が多いので、なるべく樹種名は書くようにしていますが、もっと樹種が偏るかなと思っていたら意外にさまざまな樹種がありました。ああ、あの頃はこの木で何を作ろう、こうやって販売しようと夢描いていたんだろうなと思いながらも、未練と思い出を断ち切ってキャリーの中へ・・・。中には「これが50円!」というような超お買い得品もありますので、興味のある方はなるべくお早めにご来店されることをお勧めします

23日の日曜日は片づけがてら、10時から13時頃まではお店開けようと思います




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up