森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

端材を使う事に情熱を燃やすケチケチ材木屋として、このブログでもよく『骨までしゃぶって使い切る』という言い回しを使っていますが、実際にどれぐらいまで使っているの?本当は結構無駄にしているんじゃないの?と思われている方もいると思うので、どれぐらいどケチな使い方をしているのか、実際の事例を使ってご紹介させていただきます。右の写真は愛媛県産の『ユリノキ』。もともと植栽されていたのをいただいたもので、耳付きの板に挽いたものから、小さな棚板を木取りして残った耳の部分です。普通の材木屋ならこの時点で確実に廃棄してしまうレベル。

長さは500~600㎜程度で、多少まだ身は残っているもののとても建築や家具材などに使えるようなレベルのものではありません。弊社とて昔なら確実に焼却炉行きでした。幅は40~50㎜程度ですが耳付きなのでテーパーになっているので厚みが薄すぎて、『森のかけら』も『モザイクボード』も『森のこだま』すら取れません。しかしこれからまだTOLOTさんの『カードスタンドがギリギリこれから数枚取り出せます(50☓40☓12㎜)。そしてそれを取った残りが左の写真。本当に首の皮一枚残しという感じになりました。

さすがにこれで終わりだろうと思ったら甘い!まだ使えます。更にそのペラペラになった端材を厚み10㎜ぐらいに割っていきます。中には節や割れたりした部分も含まれていますが意に介しません。『誕生木ストラップ』を作るのでは!?と思われた方はかなりの『かけら通』の方ですが、残念ながら『ユリノキ』は12ヶ月の誕生木には含まれていません。誕生木に関係なく、あらゆる木でストラップ作ればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、あれは誕生木というストーリーあってこその商品です。

サイズの条件さえ合致すれば何でもかんでもいいというつもりで商品を作っているわけではありません。一応私なりのコンセプトと戦略を持って作っているつもり(結果が伴っていないのもありますが、まだ諦めているわけではないので)。そして製材したものがこんな板。これをプレーナー加工して幅40㎜、厚み8㎜に仕上げていきます。それが何に生まれ変わるのは、完成後のお楽しみ♪と、まあこれぐらいまでは普通に使っています。

木の種類にもよりますが、色のある木の場は、こういう作業に過程で発生する『おが屑』だってきちんと収集して瓶詰して『森の砂』になります。これぐらい使ってやっと『骨までしゃぶり尽くす』と言えるのではないでしょうか。こうして残った本当の『使えない部分』、冬場だと焚火に欲しいという人が来られるので、文字通り骨まで使い切る事になります。なぜそこまでするのか?手間が合わないのでは?その答えはシンプルです。「だってモッタイナイじゃない。材木屋が木を見捨ててどうするの。」

文章挿入 右写真挿入

<!–☆右に画像/




来るべき10月10日からの『森のかけら累積販売個数70,000個突破記念・感謝特別ロングセール』(←くどいがPRのためあえて書く!)ために、今準備すべきは倉庫の抜本的な整理。という事で、今回は本気で整理してます!まずは一般の方向けの端材の棚ですが、今までその一部だけを活用していただけでしたがスペースを拡大して、価格帯ごとに分けて陳列すべく大掃除&片づけ。今まで上の方だけちょいちょいといじってごまかしてきましたが、今回はいったん全部棚から降ろして選別します!

小さなモノについては、分かる限り樹種名を書いてキャリーにひとまとめ。こうしてモノをまた重ねるだけでは、片付いたようで結局片付かないので、ここは腹をくくって『端材の端材・激安どれでも50円!』という事で、裏の小屋で販売します!来週の25日から販売開始しようかと思っていたのですが、休みの日でない来られないとという人もいらっしゃるので、片づけながら整理できたものを小屋に移しながら今日からでも販売を始めさせていただこうと思っています。とりあえずこんな感じ。

本当に『端材の端材』ですが、小さなモノづくりをされている方には、松山ではなかなか手に入りにくいいろいろな広葉樹の端材が揃っています。今片づけ作業の真っ最中ですが、全部片づけ終わるころには恐らく何10個ものキャリーが出てくるはず。そうなるとまたそれを置く場所に困るので、ドンドン買ってもらって空っぽのキャリーを作っていかねばなりません。これよりももう少し大きな材もありますので、そちらはまた後から『どれでも500円』、『どれでも1000円』として売り出す予定です。

広葉樹の端材を使う方って、その木が何の木なのか知りたがる方が多いので、なるべく樹種名は書くようにしていますが、もっと樹種が偏るかなと思っていたら意外にさまざまな樹種がありました。ああ、あの頃はこの木で何を作ろう、こうやって販売しようと夢描いていたんだろうなと思いながらも、未練と思い出を断ち切ってキャリーの中へ・・・。中には「これが50円!」というような超お買い得品もありますので、興味のある方はなるべくお早めにご来店されることをお勧めします

23日の日曜日は片づけがてら、10時から13時頃まではお店開けようと思います




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Scroll Up