森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

NCなどを使うような特殊な加工を必要とする仕事の場合は、県外の取引先へこちらから材料を送って加工してもらったりしています。NC加工だけでなく、地元では職人さんが忙しくて出来ないとか、物量的に大きな工場の大型機械を使わないと間に合わないという場合も県外の取引先に手伝っていただくのですが、そういう時に限って納期が無いッ!作ってこちらへ送ってもらって検品して、ダメなモノが出たから作り直そうなんてしてたら絶対に間に合わないというようなケースではこちらも保険をかけるしかありません。

多少ハネ品が出るのを見越したうえで少し多めに材料を送ります。その材料がスギヒノキのような一般的な材料であれば、失敗したらそちらの在庫品で対応して、とも言えるのですが、弊社が請け負わせていただくような仕事は特殊な材料で作らせていただくことも多く、どこでも在庫してあるような汎用性高い素材であることの方が稀。キッチリ数通り揃うのが理想なのですが、相手が『生きている素材・木』だけにいつもうまくいくとは限りません。削ってみたら節が出た、虫穴出た、反った、問題山積!

加工は問題なく出来たとしても、、木目の具合や逆目、ヘアークラックなど、細かな事を言い出したらキリがなくなるのですが、素材にもこだわっている方が多いのでどうしてもこちらも慎重にならざるを得ません。そういうわけで毎回いろいろなモノを作るたびに少しずつ「おまけ」が残っていきます。勿論何かしら問題がある「おまけ」の場合もあれば、ただ単に作りすぎただけの「おまけ」もあります。それは次に別の方から依頼を受けた時の見本になったり、質感を確かめるにも役に立つこともあります。

たま~にそうやって役に立つことがあったりするものですからついつい調子に乗ってどんどんストックしていたのですが、気がついたらそれを収納するケースが無数に!中にはもう二度と同じ物作らんだろうというような形のモノから、一体どういう用途で作ったのかも忘れてしまって、存在に意味も無くなってしまったものなど多数。そういうモノをオンラインショップで、少しずつ販売しておりますが、こちらも何のためにつくったのか失念してしまった一品。何かを斜めに掛けるための台座だった?

すべて同じ形状で、素材はケヤキトサツガヨーロッパ・ビーチカツラの4種類。オンラインショップの中の『自由工作・発想無限 』(我ながらなかなかいいネーミングだったと独り悦に入っております)というカテゴリーで販売させていただきます。シンプルな形状ですが、これでもわざわざ注文したら結構な値段になると思います。多少誤差はありますが、長さは75㎜、厚みが12㎜、端から32㎜いったところに32㎜の幅の溝があります。何か斜めに掲げる台座にでも利用していただければありがたいです。合計57本




随分前の話になるので恐縮なのですが、「平成30年度福祉・介護関係事業所 合同入職式」がひめぎんホールで開催され、愛媛社会福祉協議会さんから新たにその仕事に従事される方に配られる記念のコースターを作らせていただきました。関係者の方が弊社で作っている木のものづくりに興味を持っていただき、愛媛県産の木を使いたいというご要望でしたので、いろいろな福祉・介護の職場で働かれる皆さんがこれから連携して協力出来たらという思い込めて、「友情」の木言葉を持つ『ホオ(朴)の木を選んでいただきました。

ホオのコースターの中央に描かれた「」の文字は、愛媛県今治市出身で、歌いながら書道をする日本唯一のシンガーソングライター友近890(ともちか やっくん)さんが描いたもらったものをレーザーで彫字しています。入職式でも「被災地ライブを経て笑顔を届ける」と題して講演ライブが開催されました。恥ずかしながらそれまで存じ上げていなかったのですが、歌いながら書道をするというスタイルで全国各地の福祉施設などを回られ、その距離は既に地球6周目に入っているとか!

家を建てられるのは仕事も年齢も千差万別なので、昔ながらの材木屋の仕事だけをしていても、施主さんとしていろいろな方とつながってはいるのでしょうが、木材の納材業者としてはどうしても間接的な立場となるためなかなかその先の施主さん、お客さんと接することがありませんでした。それが【森のかけら】を作り始めて直接に最終購買者につながるようになってからは、一気に世界が広がりました。それまで無縁だった業界ともこうして結びつくようになったのはありがたい事です。

直接話ができるという事で、いろいろな提案も出来るようになりました。誰かが間に入ってしまうと、私が煎れたかなり癖はあるけどそれなりに深みのあるブラックコーヒーのような提案にも、間の方がボトボトとクリームを入れられて甘ったるくして癖も深みも無くした口当たりだけがいいコーヒーにしてお客さんに出してしまうので、折角の深みも毒もなくなってしまい、弊社の介在する意味そのものが薄れてしまっていました。なのでこういう距離感で思いが届けられるチャンスはありがたい!

ホオノキは、日本の広葉樹の中でも軽軟な木に分類されます。木の中でもひときわ目立つ緑色。触るとツルンとした滑らかな触感というよりは、カツラみたいに木綿のような温かみのある触感です。そのほどよい軟らかさが刃物との相性がよいということで、昔からまな板の材料として使われてきました。また刃物を傷めないという事で、刀の鞘としても重宝されました。下駄の歯としても有名です。大きな葉っぱは朴葉味噌などにも利用されるなど、目立たないところで活躍する縁の下の力持ちなのです




昨日に続いて『森のたまご』の話です。『プレミアな端材』(あくまでも私の独断と偏見ですが)の出口として『森のりんご・プレミアム』を作りましたが、あんまりに幾つもあちこちにプレミアムの出口を作りすぎると折角のプレミアム感が薄くなってしまうので、ここではあまりプレミアさにはこだわっていません。スギヒノなどの汎用性の高い針葉樹とは差を明確にするため一応、ベーシックとスペシャルとプレミアの分類はしています。

今後も『プレミアのたまご』はあまり増やしていく予定はありません。現在プレミアとして在庫があるのは、『ウェンジ』、『ゼブラウッド』のみ。最初は『チューリップウッド』や『キングウッド』、『リグナムバイタ』なども作ったりしましたが、人気・販売の両面でも『森のりんご』とは大きく差がついたので、プレミナな木材の出口は今後は『森のりんご』に集中していく方向です。それ以外の新しい出口が見つかれば方向転換の可能性はありですが・・・。

『森のかけら』や『森のりんご』に比べると商品としての立ち位置が弱いこともあって、作ってはみたものの販売的には苦戦しているのですが、それでも直角が多い弊社の商品の中では貴重な曲線を持つ商品なので、普段見ることの少ない曲面が見れるというだけで自分的には満足しているのです。まあそれでは商売にはなりませんので、少しでも多くの方にその存在を知っていただこうということで、オンラインショップでも販売させていただくことにしました。

スギクスノキオニグルミなどの身近な木でも作っているので、『森のりんご』よりはリーズナブルな価格でいろいろな種類の木の曲面と触り心地を楽しみたいという方は是非どうぞ!自立できるので、集めてただただひたすらに眺めていたいというコレクターにはうってつけの商品かもしれません。たまごの裏面には3ケタの数字がレーザーで彫ってありますが、『森のかけら240リスト』の番号です。なおプレミアの木は『プレミア36』のリストに準じています。




商品が揃っていないからというわけでなくて、ただただ私の怠慢でオンラインショップにアップできていなかった『森のたまご』ですが、ようやくオンラインショップでもお買い求めいただけるようになりました。今頃?って感じで大変恐縮なのですが・・・ここで改めて商品の説明もさせていただきます。端材の出口の基本である【森のかけら】ですが、当初から50や60㎜もあるものを小さく削る事に抵抗がありまして、わずか数㎜の差(かけらは仕上がり35㎜)なのですが、その数㎜が焼却炉の塵となるのはどうしても許せない・・・という『モッタイナイ』から生まれたのが『森のたまご』。

同時期に『森のこだま』という商品も作っているので話をややこしくしているかしれません。Lサイズのニワトリの卵ぐらいの大きさで、自立するのが『森のたまご』で、それよりふたまわりぐらい小さくて自立できないのが『森のこだま』です。似たような商品が同時期に出来た理由は上述通りなのですが、商品名をつける時に大いに悩みました。私の中では先に『森のたまご』があって、後から『森のこだま』が出来ました。自立するのにたまごってどうなの?と思われるかもしれませんが『たまご』という言葉を使いたかったというのが本音。

 

問題はそれより小さな楕円形の商品の名前。形だけで考えればこちらの方がより『たまご』らしいものの、卵型のものをうまく言い表して分かりやすい言葉が『たまご』と『こだま』ぐらいしか思い浮かびませんでした。もちろんそれぞれの頭にはシリーズ商品としての『森の』という言葉が付きますので、それを付けた上での言葉の響きも大切にしたかったのです。より小さな玉ということで、『小さい玉木(こ)の玉(木の葉などの〔こ〕)のダブルミーミングから『森のこだま』に決定しました。

そういう命名の裏話もありますが、大きさが違うのと自立するかぐらいの違いしかないため、混同される方も多くて、イメージ的には小さな方を『森のたまご』だと思い込まれているケースも多々あり。せめてしっかり用途が分かれていればまだ区別しやすいかもしれませんが、そこは弊社の『森のかけらシリーズ』の共通コンセプト『楽しみ方も自分で考えてね、そこを考えられるのも木の魅力』なんて、ハナッから「作り手側が放棄」してしまっているので余計に混乱するのだと思います(笑)・・・続く




この数日間『TOLOT』さんからご注文をいただいて作らせてもらっている卓上カレンダーの木製スタンドの事を書いてきましたが、もう少しだけ補足とお願いを。スポット的に企業ノベルティなど、非建築分野からの木製品の仕事は今までもいろいろしてきたものの、年間通じて10万個単位のボリュームの仕事をさせていただいたのは今回が初めててでした。当初戸惑いもあったもののようやく生産の流れが確立してリズムも生まれてきました。しかし相手は100万を超える会員数を持つ巨大なモンスター!(笑)

作れども作れども売れていく現状に、不特定多数向けの消費者を相手にするマーケットの器のでかさにたじろいでおります。どうしてそんなに売れているのかと思ったら、おひとりで何個も注文される方や、企業が販促グッズとしてまとめて購入されるケースなどもあって、市場はまだまだ伸びそう。機関車トーマスハローキティとのコラボもしていて出口戦略も充実!つでも誰でもお気に入りの写真が撮れる時代にあって、フォルダに溜まりに溜まったの写真の出口商品としては最高の形かもしれません。

木の仕事も従来の形にこだわらず、柔軟な発想が大事になっています。購入されたお客さんのコメントを見てたら、「高級感がある」とか「オシャレ」とか「インテリアにもいい」などと好評。木の仕事に携わる者からすれば、名刺半分程度の小さな小さな木片ですが、写真と相まってこちらが思う以上に木の魅力を届けるメッセンジャーとして活躍してくれていて本当に嬉しい!加工の質や制度を上げることに躍起になっていたものの、これからはどういう切り口でどんな味付けをするかということの方が重要だと思い知らされました

ということで日々せっせとスタンドを作らせてもらっています。どうにか基本の加工ラインは確立され、少しながらストックも出来るようになってきたのですが、その先の「仕上げ磨き」と「塗装」の作業が、生産量の増加スピードに追い付かず苦戦をしています。以前にもSNSで呼びかけたところ、いくつかの施設が加わっていただいたものの、まだまだ手数が足りません。どちらかといえば塗装作業をしていただける松山近隣の施設の方、いらっしゃいましたら是非一緒に『小さな森の出口』を大きく育てましょう!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up