森のかけら | 大五木材

材木屋という職業柄、『』とか『』というキーワードに非常に敏感になっていて、まったく木材とは関係のない言葉の中にでもその文字が入っていると無意識に反応してしまうのは材木屋の性です。例えば苗字でも「木村」とか「大森」とか妙に意識してしまいますし、名前にも木に関する言葉が使われていたりすると過剰反応!『桜子』だの『胡桃』、『梓』、『桂子』なんて、もうその木を使うことが運命づけられているとしか思えないので、そういう方と木の仕事で繋がると必ずその木をどこかに使うご提案をするのが礼儀。

ところで、先日映画『キングコング 髑髏島の巨神』を観た際にも、劇場での予告編に『木』が登場して目が釘付けになりました。それは、宇宙のはみ出し者たちの活躍を描いたアクション映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(残念ながら未見)の続編「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」に登場する、『歩く植物ベビー・グル―ト』。前作を観ていないのでその背景がよく分からないのですが、どうやら前作では巨木だったグルートが今回は可愛いキャラとして登場するということらしいのですが、

予告編ではそのベビー・グルートに(話せるのは「ボクはグルート」という設定)、銀河の運命が託されたにも関わらず、周りから「危ないから押すなよ、絶対押すなよ!」と言われながらも笑顔で起爆装置のボタンを押しそうになってどこかへ走り去るという、ダチョウ倶楽部的なノリでしたが、ポスターのキャッチコピーには、『最終兵(器)』の文字が!言葉遊びとしては面白いものの、材木屋としては『木』が『兵器』になってしまうというのは、ある意味で深いのですが、コピーそのものには深い意味はないと思います(笑)。

リサイクル可能な資源」としてはさまざまな用途で汎用的に利用されている木材ですが、時にそらは命をつなぐ希望ともなります。かのイースター島では先住民族であるポリネシア人による無計画な森林の乱伐(偶像モアイを製造・運搬するために大量の丸太が必要)によって深刻な環境破壊が起こり(土壌が流失して食物の栽培ができなくなる)、食料を争う争いによって滅んだとされています(現在ではこのエコサイド説に対して、ヨーロッパから到来した船によって島に疫病がもたらされたという説を唱える学者も現れていますが)。

そういう意味では、森林とそこから産される木材は『最終兵器』と言っても過言ではないかもしれません。日頃は、倉庫に中でなかなか売れない(売らない?)木材たちの前に仁王立ちになって、これを何に加工すれば売れるのだろうかと頭をひねっているものの、もし本当に森が消えてしまえば、イースター島のように釣り竿1本作れなくなってしまう(代替材があるという野暮な事は言いっこなしで)と思うと「何にしようか」ではなく「何にでもなる」という思考でいないとイメージも広がらないし、それこそ最終兵器にすらなりえない。




本日も針葉樹スプルース』の話。北米大陸を代表する木材のひとつで、木の素性がよくて軽軟なことから建具材として重宝される木ですが、愛媛では昔から建具材と建築材は供給ルートはきっちり分かれていて、弊社ではほとんど取り扱いがありませんでした。それでも時々はスプルース指定の注文もあったりして、携わってきたのですが、少し前にたまたまご縁があって少量のスプルースの板を在庫することになりました。家具や造作では声がかからなかったものの、別の用途から声がかかり久し振りにスプルースを加工しました。

柾目が緻密過ぎて写真では照明の当たり具合ではテカってしまって分かりづらいと思うのですが、接写するとこんな感じです。硬めの広葉樹の加工が続いていたので、スプルースだとサクサク加工出来て張り合いがないぐらい。むしろ仕上げ磨きしている時に、何気にサンダーとかをその上に置いてしまったりすると、それだけで傷がついたりしてしまって針葉樹の繊細さに自分のガサツさが際立つことも。ホワイトオークなどの感覚で作業をしていたらとんでもない事になってしまいます。

針葉樹は作業そのものはやりやすいものの、折角仕上げたものを運んでいる時に落として駄目にしてしまったり、夏だと日焼けさせてしまったりするので、自分の性格から考えれば針葉樹よりも広葉樹向きなのかと思います。特にスプルースはすぐに日焼けするので、迂闊に夏場に日の当たる場所に板ものを置いておくと、きちんと重ねとかないと速攻でうっすらと褐色に日焼けしてしまうので、そそっかしい私には本質的に向いていません。だからといって広葉樹は適当に扱っていいというわけではありませんが。

ホワイトオークホワイトアッシュなどやや硬めの広葉樹を磨く力加減でスプルースにサンダーをかけると、ザクッと表面を削り取ってしまうので体感スイッチを切り替えるつもりでやらないと、何度も加工直しになります。頭では分かっているものの、つい力の制御が乱れてパワー全開で磨いてしまい、今回も何度も加工直しをしてしまいました。年輪が詰まって整然と並んだ柾目の様子がまるで「細い糸を垂らした」ように見えることから糸柾』と表現することがありますが、綺麗な言葉だと思います、ただし上品な糸柾とガサツな材木屋との相性悪し・・・




先日、『センダン(栴檀』の板の賃加工で磨き直しさせていただきました。看板に使われていたらしいのですが、結構反っていて、反りはそのままでいいので、表面だけ綺麗に削って欲しいということでしたので、それなら私でもどうにか出来るので削らせていただきました。電動ガンナで表面を削ってから、サンダーで徐々に目を細かくさせながら磨き上げて仕上げました。ほぼ仕上がりに近付いた頃に、加工前の姿を撮っておかなかったことに気が付いたのですが後の祭り。ビフォー&アフターが無いのが残念ですが、レベル(水平)を出さなくてもいいということであれば、どうにか自分で鉋削りとサンダーで磨くぐらいはできるので、徐々に仕上がっていく工程が見えるのは楽しいところです。

センダンは、センダン科センダン属の広葉樹です。弊社にもいくつか在庫がありますが、ケヤキの代用品としてよく利用されます。そうはいっても、センダンとして樹種の指定が入ることは滅多になくて、数か月に一度ぐらいセンダンの板に触ることがあるかどうかという頻度です。私はなんでも運命づけて物事を考えてしまうタチなのですが、このセンダンの板の加工の注文が入った頃に、県外の方から松山で美味しいお店を紹介して欲しいという依頼があり、思いついたのが道後石手の『栴檀』さんという高級老舗

そんなもの自分のさじ加減ひとつやと思われるかもしれませんが、いいんです。自分の脳内でのことなので。センダンの板を削っていたから、栴檀という名前のお店が思い浮かんだというわけでもないのですが、四六時中木の事でアンテナを張り巡らせていると、こういう関連づけに運命的なものを感じてしまうのです。そんな事を考えながら磨いていると、それだけでも何となくやり甲斐や動機づけが出来るというもの。センダンは見た目こそケヤキに似た木目で代替材とされますが、硬さは随分差があります。

かなり軟らかくてこれぐらいのサイズ(およそ1.5m)でも、見た目より随分と軽いです。軟らかすぎて、気をつけていないと鉋で削り過ぎてしまうほど。もともと着色されていたので、ケヤキかと思っていたぐらいなんですが、削ればセンダンらしい木肌が現れました。私の仕事はここまでなので、仕上がりまで見届けられないのが残念でした。軟らかさゆえ建築の場面では用途が限定されますが、木目は面白いし、このような二股のように形も面白いものも多いので、掲げて使う看板などにはおススメの木の一つです




恐らく地元では大きな話題となっているのだと思いますが、ここ愛媛ではほとんど話題になることもありません。ただ私は個人的に、以前に『小豆島のオリーブ』の事を取り上げた時に、北海道のニシン(鰊)漁の事をしつこいまでに取り上げさせていただきましたので、大変興味を持ってこのニュースを拝見しました。そのニュースの内容とは、2月の末に北海道江差町で、ニシンの産卵活動で沿岸部の海が白く濁る群来(くき)」という現象が104年ぶりに発生し、海藻についた卵も確認されたというものです。

あまり興味の無い方にとっては、ニシンが久しぶりに大量に押し寄せて来ただけの和やかなローカルニュースだと思われるかもしれませんが、前回「オリーブとニシンの関連性」についてのブログを書くにあたって、当時『北のウォール街』とも呼ばれたニシン漁についての状況を調べると、それが単に一地方都市のの漁業の栄枯盛衰の話ではなく、そこに日本が近代化する歴史の悲哀が凝縮されていたことを知ったのです。そういうこともあって、今回のニシンの群来については他人事ながら非常に嬉しく思いました

104年ぶりというのは江差町での話であって、小樽などでは継続的なニシンの稚魚放流などの活動の結果、10年前から群来が確認されているようです。改めてニシンと木(オリーブ)の関係について説明すると、100年前当時に大量のニシンが押し寄せ、ピークで100万トンもの水揚げ(個体数で換算すると30~40億匹!)があり、そのニシンをオイル漬けにして海外にも輸出する狙いもあって、国が国内3か所(香川、三重、鹿児島)にオリーブの試験栽培を始めました。それが香川の特産品・オリーブの発祥なのです。


その後、三重、鹿児島ではうまく生育が出来なかったものの、香川ではうまく根付いて特産品にまでなりました。しかし残念ながら、ニシンそのものが獲れなくなってしまったのは皮肉な話。しかしその後オリーブは当初の目的とは違う形で利活用され、島の特産品とまでなりました。100年を経た香川のオリーブですが、あるこころからお話もいただき、剪定される枝などを「材」として何か利用できないものかと考えているところです江差も小豆島も私にとっては無縁の地ですが、自分の中では既に繋がっています。




 昨日のブログで、六甲山のアセビ(馬酔木)の木で作った『森の毒りんご』の事に触れましたが、名前だけ聞くと毒という言葉におどろおどろしさを感じるかもしれません。敢えてパッケージのイラストにもちょっと不気味さ漂う白雪姫にしていますし、その上には『18歳禁 アダルトオンリー』のマークまでつけていますので、そりゃあさすがに木の事をよく知らない人は手を出そうとは思わないでしょう。まあ、そこが狙いなのですが、ちょっと脅しが強すぎたようで木のマニアにも尻込みされてます。

毒成分があるとはいえ、触って危険というほど強力な毒ではありません(そうであれば、りんごになるまでに死屍累々の惨劇が起きています)。まあ齧ったりすることはお薦めしません、普通にオブジェとかペーパーウェイトなどで使っていただく分には何も問題ないので安心してご購入下さい。現在、オンラインショップ¥3,000/個(消費税・送料別)で発売中です。毒の心配は無いとはいえ、折角なので見た目に毒々しい(入皮や傷,染み、割れなどちょっと癖のある)りんごの方がそれっぽくて面白いと思います。

森のりんご』について改めて説明しておきますと、触感の滑らかさと、見た目の美しさを重視し【森のかけらプレミア36】のレアで硬質な木を中心に作っています。一部、針葉樹も含まれますが基本は広葉樹です。価格帯は、¥5,000/個(消費税・送料別)のPREMIERE¥4,000/個(消費税・送料別)のSPECIAL¥3,000/個(消費税・送料別)のBASICの3タイプありますが、現在のところオンラインショップでは、プレミアクラスのりんごのみの販売とさせていただいています。

まるで着色したかのように見えるカラフルな色合いもプレミアウッドならではの特徴でもあります。価格の面からも【森のかけら】以上にマニアックな商品ではありますが、マニアの皆さんに支えられ、発売開始からもう少しで累計100個になります。これって買ってどうするの?なんて野暮な質問をするような人はまだまだ浅い、そんなことではマニア心を理解することは出来ないでしょう。1個買ったはいいが、1つでは物足りなくなって3つ、4つと並べないと気が済まなくなった、これが正しいマニアの姿!

『森のりんご』を作った動機のひとつに、「この木目を丸く削ったらどうなんるんだろう?」という純粋な疑問もありました。通常はほとんど、平面でしか杢を見ることがないので、普段見慣れている杢の別の顔を見たくなったのです。特に興味があったのが『ゼブラウッド』。一番好きな木(グループ)の1つでもある、美しい縞柄が名前の由来でもあるその縞を局面で見たかった。この縞はどうなる?この縞は?果てなき好奇心は、ゼブラのりんごを大量に生み出すこととなったのです。ゼブラの悲劇?いやいやゼブラの喜劇




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up