森のかけら | 大五木材

招かれざる客』から転じて生き物→家紋『森のしるし』の話の続きです。台木にはなるべく触感の滑らかな木を、しっかり磨いて使うようにしているのですが、いくら磨いても相手が紙ではなくて木なので全体に強く圧をかけて押す必要があります。治具を使うとどうしても力が均等に入らずに紋がかすれたり滲んでしまうので、結局最後は自分の「感覚頼り」。最初の頃はなかなかセンターが出せれなくて随分失敗しましたが、人間の感覚の素晴らしいところは微妙なズレを修正していく学習能力、体が覚えるというヤツ

『森のしるし』も販売を始めた当時は、「家紋のマグネットなんか売れるものか・・・」と周囲はかなり冷淡で懐疑的でしたが、蓋を開けてみると多少時間はかかったものの、企業ノベルティなどに採用していただいたりして、お陰で販売開始以来累計で販売個数はあと少しで20,000個にを達します。つまり在庫も含めると今までに20,000個以上の家紋を押してきたことになります。えらいものでそこまで繰り返して同じ作業をしていると、精度も上がり失敗も少なくなって今では「スタンプ職人」と自負できる域に近づきつつあります。

こちらは、いつもお世話になっているミセスホーム㈱さんの30周年記念品として作らせていただいたシンボルキャラクター『ミセルン』のマグネット。オンラインショップで販売している『家紋シリーズ』に比べるとひと回り小さい台木(直径40㎜)を使用しています。明るめで年輪のくっきりしている方が『モミ(樅)』で、やや灰褐色で年輪が不明瞭なのが『ヨーロッパビーチ』です。今回はレーザーでのご指定でしたが、味わいや緻密さなど、レーザーとスタンプにはそれぞれの良さがあるのでうまく使い分けていただきたいです。

台木についてはあらかじめ数種類のストックがありますので、デザインを決めていただければこうして企業ストラップの制作のさせていただいております。当初試験的にいろいろな樹種で台木を作ってみたものの、スタンプとの相性(いくら磨いても油分の多い樹種はスタンプのノリが悪い)や色目の問題(濃い色の木肌だとスタンプと色がかぶる)などがあって、ほとんど世に出なかったブビンガシラカシなどもあります。これからサイズの見直しやマグネットの変更などを行うため旧仕様のものを店頭で廉価で販売する予定




蛇が事務所に迷い込んだ話の続編。とりあえず事務所からは出てくれたので、夜に事務所で独りデスクワークをしていて、足元がムズムズすると思って足元を見るとそこに大きな蛇がとぐろを巻いていたっ~!なんて映画『スネークフライト』みたいな事は回避できたようです。二度と事務所に迷い込まないことを願うばかりですが、へたれな恐怖心が蛇の大きさを異常に増幅させ、私の脳内ではアナコンダ並みの大きさに成長してしまっています。実際は長さ1m前後で、大きさもOKサインの輪ぐらいの青大将・・・

私の田舎では、家に現れた蛇は縁起がいいとか、家の主だからいじめたり追い払ってはいけない(何もしなければ向こうから噛みつくこともない)と言われていましたが、そうは思っていてもリアルな蛇を見るとどうしても気持ち悪さが勝ってしまいます。ところでリアルな蛇はNGですが、これが映画だったり図形化されたりするとまったく問題なくて、興味すら湧いてくるので自分でも呆れるほど。そんな蛇ですが、うちの商品ともわずかな接点があります。それが、日本の家紋を使った『森のしるし』です。

これは家紋をスタンプした木製のマグネットですが、人気が高いのは戦国大名シリーズ。現在のところ戦国大名シリーズは第三弾まで出来ています。勇猛な武将の家紋は、少年・歴女に人気です。その中に「肥後の虎」として知られる勇猛果敢な武将・加藤清正がいます。加藤清正が使っていたのが、蛇の目をデザインしたその名も『蛇の目紋』。同じ加藤姓でわが松山城を築いた加藤嘉明も同じ蛇の目紋を使っていたらしいのですが、当時は武将はいくつかの紋を使い分けていたらしく、悩んだ末に加藤清正はもうひとつに『桔梗紋』に。

蛇の目紋を使わなかったのは蛇が嫌いだからというわけではなくて、そのデザインに拠るもの。というのも、『森のしるし』はゴム印を手押しでスタンプしているのですが、丸い台木に丸いデザインの家紋印を押すというのは想像以上に難しいものなのです。家紋には紋を丸く囲んであるデザインが多いのですが、台木の丸と紋の丸のふたつが重なると、わずかなズレでも非常に目立ちます。最初は台木のセンターが出るように治具も作ってみたのですが、これが思いのほか具合が悪くて早々にフリーハンドに切り替えました。




今日のかけら・#103 【ムクノキ/椋木】 ニレ科ムクノキ属・広葉樹・愛媛産

 

本日こそは純粋無垢に椋の木の話。実は三重に来るひと月まえぐらいにたまたまムクノキ(椋木)はないかという問い合わせがありまして、ちょうど倉庫の奥の方からムクノキの板の山を引っ張り出した。2年ほど前にご縁があって入手したムクノキでしたが、なかなか出番が無くてずっと倉庫の中で眠っていたのですが、声がかかったついでに一部を削って写真も撮って近々『今日のかけら』で取り上げようかと思っていました。立木の写真が撮れたタイミングで書こうと思っていたら、三重で思わずそのチャンスが巡ってきました。

ムクノキはニレ科なのですが、同じニレ科の『エノキ』と特徴がよく似ていてよく混同されるので、『椋はなっても木は榎』あるいは、『椋の実は成れば成れ、木は椋の木』という諺があるほど。意味は、「椋の実がなっているにも関わらず、この木は榎だと自分の主張を絶対に曲げない強情な様子」の例えです。嗚呼、偏屈材木屋としては耳が痛い!そこまで似ていると言われるにも関わらず、地域性の問題なのかもしれませんが、そこそこ知名度のあるエノキに比べ愛媛ではほとんど話題にもならないムクノキ。

材木屋の中には、その存在すら知らずムクノキの事を尋ねると、「ムクノキって樹種名じゃなくて無垢のことでしょ?」なんて怪訝な顔をする人もいるぐらいで、私の周辺に限っては樹種としてのムクは非常にマイナーな存在です。私自身もムクノキはたまたま入手できただけで、四半世紀を超える材木屋人生でも「ムクノキ」の注文が入ったのは2,3度しかありません。その用途としてもっとも有名なのは、靭性(じんせい)が大きく避けにくい特性を生かした天秤棒。他にもショベルや工具の柄などがあります。

ただし言葉としてのムク(椋)には昔から親しみを覚えています。それはこの漢字のつく苗字・小椋(おぐら)姓がたまたま愛媛に多いということと、子どもの頃から本を読むのが好きだった私は『椋鳩十(むくはとじゅう』の動物ものをよく読んでいたから。当時はその意味も分からなかったもののインパクトのあるその変わった名前が妙に目と耳に残りました。それで今回この事を書くにあたって、子どもの頃の疑問が気になって、どうしてこんなペンネームを用いたのかを調べてみたくなりました。明日に続く・・・




荻原神社には気になる木がもう1本ありました。それがこちらのニレ科の広葉樹『ムクノキ(椋木』。この後、話がややこしくなりそうなので先に説明しておきますが、樹種としてのムクノキとは別に木材業界でよく使われる『ムク』という言葉があります。漢字で表すと、『無垢』。直訳すれば文字通り手垢が無い、混じりの無い純粋なものという意味です。これが木材業界では何を意味しているかというと、ベニヤや突板などのいわゆる『貼り物』ではない純粋な木材(立木を伐採して製材して板や角材に挽いたもの)の事

つまり「無垢のテーブル」というと、べニアや突板などを一切使用していないすべて本物の木材だけで出来たものということになります。ちょっとややこしいのは、カウンターなどに使われる『積層フリーボード』。小さくカットした材をフィンガージョイントで接合して、500㎜幅や600㎜幅などに成形したものですが、この解釈についてはいろいろ意見が分かれていて、そこにはベニヤや合板が含まれていないのだから当然それも無垢材だと言う方と、元は無垢だったけど積層加工した時点で無垢材とは呼べないという意見

弊社としては、積層フリーボードを純粋な意味での『無垢材』と呼ぶには少しだけ抵抗があります。耳付きの一枚板の魅力を伝える際によく「無垢の一枚板」という表現を使うので、私の気持ちの中では「無垢」という言葉には「ベニヤや合板では無い純粋な木材」というスペックを表す記号的な意味以上の響きがあるのです。そこには材木屋こそが扱う材としての矜持であったり、ベニヤや貼り物は扱わないという信念が込められたりしていて、そう軽々しく使っていい言葉ではないような思いがあったりと、面倒な材木屋でございます

では、そこまで小さな集合体でなく、例えば長さ2m、幅200㎜の板を4~5枚幅剥ぎして作られたテーブル板のような場合はどうなのか?「無垢の幅剥ぎ」とか呼び方はいろいろですが、このあたりが無垢材と呼ぶかどうかのボーダーラインだと思います。このように「無垢材の概念」も人それぞれ、材木屋それぞれだと思います。さて前置きが長くなりましたが、そういう意味の『ムク(無垢)』とは別の樹種としての『ムクノキ(椋木』の話をさせていただきます。地域によっては『ムク』(あるいはムクエノキ、クイムクなど)と呼ばれる場合もありますが、【森のかけら】では『椋木(ムクノキ)』と表示していますので、ここでは『ムクノキ』として話を進めさせていただきます。では明日からは、ムクノキ(椋木)の話。

 ※内容に一部誤りがありましたので、訂正・加筆させていただきました。



このブログで三重県の話が始まって今日で10日目。しかしながらいまだ最初の地・瀧原宮を抜けられず、まさに北信越の旅と同じ轍を踏んでいるわけですが、明日にはビーバーハウスに到着できると思います。ということで、瀧原宮の話も今日で最後になります。瀧原宮にはここまで紹介したように多彩な樹種が生育されているのですが、中でも多いのが『イチイガシ』ということです。『イチイガシ』といえば、このブログではかなり早い段階で取り上げさせていただきました。いつ頃だったのかしらと、調べてみると2009年の7月10日に書いていましたので、もう8年も前の事。読み返してみれば、まだブログのフォーマットも定まっていない頃でかなり苦心しながらキーを叩いていた事が思い起こされました。

瀧原宮のイチイガシは、エイリアンの触手のような根板(ばんこん)が広く伸びていました。根板は、何らかの理由で土中に根が伸ばせなくなった場合に根の上側が板状に突出するものなのですが、土中に硬い岩盤があったり赤土だったりこの瀧原宮の土中に深い根を拒む何かしらの理由があるのでしょうか。熱帯で50~60mにも育つ巨木の場合は、その巨体を支えるために大きな根板が形成されるとも言われています。根板の話は詳しくないのですが、根板を見るといつも生きることへの『執着』を感じるのです。

瀧原宮の門前には、キツツキの名前を冠した「木つつき館」という名前の道の駅があるのですが、そこにもビーバー隊長が木材を出品されているということでしたので、立ち寄らせていただきました。隊長は、別に大したことないと謙遜されていたものの、県内各地から取り寄せられた手作りの木工品の数々が多数展示販売されていました。三重は製材工場数日本一でありながら、川下である木工関係は数も少なく広葉樹の出口が小さいと嘆かれていましたがどうしてなかなかの充実っぷりでした。

その中の一部にしっかりと「ビーバーコーナー」があり、ビーバーハウスで製材されたさまざまな種類の板が所狭しと置かれていました。ヒノキやスギの板もありますが、レアな広葉樹も沢山。木工愛好家が購入されるということでしたが、ここに来られる方はこのスペースがいかに内容(樹種)の充実したものであるのかという事をどれぐらい自覚されているのでしょうか。灯台下暗し、いろいろな種類の広葉樹の板なんてそう簡単に手に入るものではなくなっているんです。

ビーバーコーナーの板には一枚一枚丁寧に木の説明が貼り付けられていて、ビーバー隊長の木材愛、端材への『執着』がひしひしと伝わってきます!木工マニアってこういうところのコメントとかも読み漏らさないので、購入されるときの大切なポイントになったりします。もし私がビーバー隊長の事を知らなくてここに来て、これを見たとしたら、嗚呼どうしようもないくらいに木が好きで好きでたまらない製材所の社長がいるわ~なんて思ったことでしょう。ディティールにこそ端材の神宿る。いよいよ明日はビーバーハウス!




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up