森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

弊社ではウッドデッキを作りたいという方には、非常に硬質で耐久性に優れている南米ブラジル産の高耐久性木材『マ二ルカラ』を提案しています。マ二ルカラにはアマゾンジャラ』の別名もありますが、ブラジルでの一般名は『マサランデューバ(Macaranduba)』。マ二ルカラというのは、 学名:のManilkaraからきています。 国内に入って来るサイズは限定されているので、フェンスなどに使う場合は小割して利用します。あまりに硬いため製材すると挽き反りが出ることも多く、失敗した端材の活用を模索していました。

加工直後の材面は赤褐色ですが、経年変化でこげ茶色に変わっていきます。加工した際の大鋸屑が鮮やかなので色留め出来ればなあと思う木のひとつです。いつもここの色をウッドデッキ以外にも活かせないかなんと思うのですが、加工が始まるとその粉塵が粘膜を刺激して鼻がムズかゆくなるので、それどころではなくなってしまいます。加工する際には必ずマスクの着用が必要です。それで、『森の砂』用の木粉を収集するのも気おくれしていたのですが、先日それも兼ねてマ二ルカラの端材を少しカットしていたら・・・

その断面が、まるで焼いた肉のミディアムのように見えました。加工した時は全面赤褐色でしたが、そのまま倉庫に放置しておいたので酸化して表面が濃い茶色になっていたのですが、切断すると中央部は変色してなくて赤味が残っています。何個かカットしていたらだんだん肉に見えて来ました。右の写真は室内の蛍光灯の下で撮ったものですが、このままではただの端材。マ二ルカラは水に濡れると驚くぐらい赤くなります。やがて経年変化で落ち着いていくのですが、最初はビックルリされる方も多いほどの変身ぶり!

それで、この端材も水に濡らしてみると、中心部が真っ赤になってまさにミディアム!乾くとまた色が褪せますが、しばらくすると馴染んできてここまでの鮮やかさは損なわれますが、じっと見ていたら肉というよりチョコに見えてきました!そうだこれは木のチョコだ~!ということで、これに面をとってパッケージして、来たるべき2月14日のバレンタイデーに向けて、食べれないけどしばらく色味が楽しめる『チョコルカラ』として商品化することを決意!開封後は水に濡らして色の変化をお楽しみください。賞味期限は飽きる頃(笑)。




輪切りにした『センダン(栴檀)』ですが、私の経験上割れにくい木だとは思っていますが、それでも輪切りにしてそのまま放置しておくと、芯から放射状に割れが走ってきます。それを抑えるために製材直後に芯部分の裏表にボンドを塗ります。ポイントはボンドを塗り過ぎないこと。そして位置を揃えて桟を入れて積み上げます。上から重しを乗せてほどほど風通しのいい日陰で保管します。自己流なのでこれがベストな輪切りの天乾方法なのか分りませんが、とりあえず軽軟な木についてはこの方法でうまくいってます。

そうして2週間もすれば結構乾燥が進んで、濡れ色だった材面から水っ気が抜けて乾燥しているのが見た目にも分ります。それからも数ヶ月放置して更に乾燥させます。完全に乾燥したと思ったら、両面と外周をサンダーで磨いて仕上げます。これがセンダンでなくて、ケヤキやミズナラなどの硬めで芯割れしやすい木の場合は、芯にボンドではなく、芯そのものをドリルで小さく抜いてしまうこともあります。ただそれもケースバイケースで、芯も含めて木の雰囲気を楽しみたいという場合にはその方法は不適です。

例えばこうして花台や飾り台などの台木として使う場合にはやはり芯に穴が開いていないほうがいい。とはいえ、自然のものですから完璧にコントロール出来ませんので、基本的には木に合わせるがモットーです。台木以外の出口としては、その形を活かしたお店の看板なども人気です。そういう場合は綺麗なまん丸よりは形が崩れて味わいのある木が求められますが、なかなか望む形があるわけではありません。ご覧の通り、今回輪切りにしたセンダンはブクブク成長した目の粗い木ですが、それも用途次第。目の詰まったものが良材というセオリーも絶対ではない。

年輪も輪切り丸太の「画」の構成要素として捉えるならば、年輪が数えられないぐらい目が詰まった緻密なものよりも、いわゆる『パラ目』ぐらいの粗い木の方が飾って絵になる場合もあります。こちらは結婚式で使っていただいたウェルカムツリー。乾燥したセンダンの丸太に木の姿をレーザーで彫り込んでいます。結婚式に出席された方がスタンプでこの木の枝に押捺して、「指紋の花」を咲かせてもらいます。こういう用途だと冬目の硬い目込みの木よりも、年輪幅の粗い木の方がスタンプが乗りやすい。

よく見ないと木が印刷しているようにも見えますが、実際にはレーザーで少し深めに彫っています。彫った部分が焦げてちょうどいい感じに木のシルエットみたいになっています。ウェルツリーというオシャレな出口は、お客さまからのご要望ですが目から鱗が落ちる発想でした。出口探しの旅は、周りから『木でこういう事が出来ませんか?』というシンプルでピュアな問いから生まれることが多いのですが、それは過去の経験則からいかに離れられるかというのが鍵になります「それは無理」が出口を閉じる呪文。




材木屋として恥ずかしい話なんですが、日頃は製材所で板や角に挽かれた材を扱っているので、そもそも丸太を目にする機会が少なくて(言い訳)立木の見分けがまったく出来なません。その反省から今頃になってようやく森に入る時には「葉っぱで見分けるポケット図鑑」を持ち歩くようにしています。せめて身近にある樹木が何の木なのかぐらいは分りたいと思うのですが、答え合わせをしてくれる人が傍にいないので手探り状態。そんな私ですらすぐに分るのが、この季節になると沢山の黄金色の実が鈴なりにつく『センダン(栴檀)』。さすがにこれは分る!

この辺りでは、ケヤキの代用品として使われることもあるセンダンですが、見た目と違って実はかなり軽軟な木です。ケヤキのような杢をしているので、その感覚で力を入れて削ったり磨いたりする、拍子抜けするぐらい抵抗が無いので、ザクッと削り過ぎたり磨き過ぎたりしてしまいます。ケヤキの代用品と言いましたが、最近ではその本家となるケヤキそのものが住宅現場では使われなくなってしまい、代用品はすっかり出る幕が無くなってしまっています。それでも愛媛の公園や庭にはセンダンが植えられていて、次々に集まって来ます。

さて、どうしたものか。普通であれば汎用性の高い45㎜程度の板に挽いてしまうのですが、軟らかいセンダンの場合はテーブルやカウンターには不向きなのでちょっと迷ってしまうところ。とはいえ、大黒柱にも使えるような6寸角や7寸角のセンダンの柱も売り余している現状なので柱にも挽きづらい。そしたら賃挽きをしてもらっている瀬村製材所の瀬村さんから、「輪切りにしてはどうか」との提案があり、直径が300に満たない小ぶりな丸太を厚み45㎜の輪切りに挽いてもらいました。

私の手と比べてもこの程度。ほぼまん丸に近いものから楕円のものまで形もさまざま。生材なのでたっぷり水分を含んでいるので心材部分がかなり濃い赤身ですが、これから乾燥していくと水分が抜けて色も薄くなります。輪切りっていうだけで『出口』が広がるので面白いのですが、挽くのに手間がかかるので、こういう事を面白がって進んでやってもらえる製材所さんがいてこそ!ここから先、心配なのは芯割れ乾燥するにつれて芯から放射状に割れが発生します。センダンは比較的芯割れしにくい木だと思うのですが、これをうまく乾かせるのが腕の見せ所。




マガジンハウス社が発行している『月刊COSA BRUTUS』という日頃は私が手にすることも無いオシャレな雑誌があります。いつも特殊加工でお世話になっている広島の冨田徳明君からメールが来なければそのページをめくることもなかったでしょう。その1月号の特集は、『ライフスタイルホテル2020』。甲子園観戦にはカプセルホテルを定宿とする我々には無縁の世界のはず。しかしなんとそこに我々の仕事の爪痕が載っていることを冨田君がコンビニで立ち読みしている最中に(買えよっ!)偶然発見して通報してくれたのです。

このブログでもその特殊加工の奮戦記については書きましたが、現場は京都の『MAJA HOTEL KYUTO(マヤホテルキョウト』。うちの懐刀、善家雅智君(ZEN FURNITURE)が請けて来た物件で、弊社はその材料を供給させてもらいました。依頼を受けたのは写真の梯子と框、テーブル。写真で見ると普通の梯子に見えると思いますが、実は支柱も横桟もすべて丸棒になっています。それが30数台あって現場での金具の取り付け調整があるので、わずか数日の現場施工に合わせて完璧な下準備を施して現地に持ち込まなければならないというタイトな日程勝負!

その中の丸棒と丸棒が接合する部分の特殊な加工を受け持ってもらったのが、広島の特殊加工専門(有)トミタの冨田君でした。厳しい条件の中でしたが、そこは条件が厳しくなればなるほど奮起する「納期の鬼」冨田君が頑張ってもらい無事納期までに収めることが出来ました。私は現場には行きませんでしたが、善家君からは無事に仕上がりましたとの報告を受けてひと安心したのは、確か11月の上旬の事だったと思います。なのでその時の事はすっかり忘れてしまっていたので、雑誌に掲載されていると聞いてビックリしたくらいです。

最初にこの仕事の話を善家君から聞いた時、京都に新しいカプセルホテルが出来るのだけれど、それがフィンランド人のひとが設計したオシャレなデザイナーズホテルだという事は伺っていました。何度かその人の名前を聞いたのですがなかなか覚えれず、ホテルの全体像やその経緯も分らなかったので、なんでまたフィンランド人がわざわざカプセルホテルの設計するのかよく分っていませんでした。このCOSAを読んで全国各地にこれほど数多くの洗練されたデザイナーズホテルが建てられていることに驚きました。まあいくらデザインがよくとも、1泊30,000円もするような高級ホテルは私には無縁ですが、ハッリ・コスキネンさんが手掛けたこの『マヤホテル』であれば1泊7,000円~という事なので、これならどうにか泊まれそうです。

ホテルの名前になっている「マヤ」というのはフィンランド語で小屋を意味しているそうで、そう言われれば一般的なカプセルホテルでは見ることのない三角屋根が小屋のよう。機能性や効率性を重視するカプセルホテルにおいては異質な感覚を受けます。木の国・フィンランドの設計士らしくふんだんに木が取り込まれていますが、木を多用しても日本人の木の使い方とはどこか違っていて「これでもか感」がなくてスマートに感じました。次は宿泊リポートをさせていただく予定です(空いてたら)

 

MAJA HOTEL KYOTO(マヤホテル京都)

 




1年ほど前からボツボツ集め続けて来た街路樹や自社林としてのクスノキの丸太。意識してクスノキばかりを集めていたわけではないのですが、こういう集材にもバイオリズムみたいなものがあって、ある特定の木にご縁があると、そればかりが妙に集まり続けたりします。ビーバー的には、『モッタイナイ神の見えざる力』とでも呼ぶべき引き寄せの法則。いろいろな種類の木を、置き場が満杯にならないように少しずつ集めたいなんて自分勝手な構想を立てている時に限って、神の雷(いかづち)のごとく法則が発動されます。

これは、自然界はそんなに自分に都合のいいように動くものではないという戒めが込められていると思っています。その証拠に一時のクスノキ嵐が終息するとそれからは嘘のようにクスノキの話はピタッと止まってしまいました。モッタイナイ神、恐るべし!まあそういう事で、クスノキがこれでもかと集まったのですが、うちには大きな丸太を挽くような製材機は無いので、三津浜の瀬村兄貴の元へ持ち込みます。つまり瀬村さんの土場がうちのクスノキで埋め尽くされてしまっていたわけです。

そういう状態でありながら、その間隙を突いて他の丸太も投入していくわけですから、最初の頃に持ち込んだクスノキはなかなか挽いてもらえません。まあこれがエノキとかならヤバい事になっていたでしょうが、そこは水質にも強いクスノキですから(その見込みもあって放置されたのでもありますが)これぐらいでは何の問題もありません。そのごく一部をやっと挽き始めてもらうことになり、少しずつ挽けた板を持ち帰っています。中にはおよそ1年ぶりに再会したクスノキもあって、そういえばこんな形の丸太だったかなと記憶の糸を手繰り寄せたり。

挽けたといっても、これですぐに売るというわけではなく、ここからは弊社で桟積みしてじっくり天然乾燥させていきます。その後は乾燥を見極めてからの販売となります。長さも短くカットして厚みも45㎜程度なので、早ければ1年後ぐらいには陽の目を浴びることになるかなと考えています。恐らく若い頃の私ならゴミにしか見えなかったでしょうが、今はこの先に明確な出口が見えていて、1万円札が貼り付いているように見えます(笑)。恐らくこれからもっともっと早いスピードで木の価値基準が変わっていくと思います。振り落とされないようにしがみついとかないと!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Scroll Up