森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

アカデミー賞といえば、今年は辻一弘さんがゲイリー・オールドマンをチャーチル化けさせて、見事に日本初の「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」を受賞(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)しましたが、特殊メイクも新素材の開発や技術の進歩とCGの多用で何がメイクで何が虚像なのか判断も出来ません。こういう技法はあくまでも物語を構築する補助的なものなので、裏事情は知らなくてもいいと思うのですが、『シェイプオブウォーター』の半魚人は着ぐるみで味わいがあります。

ところでアマゾンの半魚人といえば有名なのが、1950年代に作られたモノクロ映画『大アマゾンの半魚人』(Creature from the Black Lagoon)。私も作品そのものは観たことがありませんが、そのキャラクター造形は見事で、半魚人というもののイメージを決定付け、その後の半魚人キャラの造形に多大な影響を与えました。半魚人って実際に見たこともないけど、きっとこんなだよね。もうこれでいいんじゃね~と思わせるほどの説得力に満ちたデザイン。その後多少のアレンジはあれどほぼこれが半魚人のアイコンとなっています。

製作されてかれこれ60年以上経っても色あせないデザインというのは相当なもの。そのデザインについても、水の中で自由に泳げる手ヒレや足ヒレ、エラ呼吸できる大きなエラ、体全身を覆う鱗と、マストアイテムをしっかり取り込みかつ不要な装飾無しのシンプルさ。勿論着ぐるみですが、技術があるがゆえに下手にチャラチャラ余計なモノを足してしまって素材がぼけてしまう昨今のやり過ぎのモンスターデザインには見習って欲しい。ゴジラだって、着ぐるみだけど第一作のあの雰囲気が好きっていうファンは多いですしね。

キャラクターのデザインに限らず、弊社でも木の新商品を作る際にはなるべくシンプルなモノ、なるべく素材の良さを邪魔しない控えめなデザインになるように心がけているつもりなのですが、ついつい不安になって作り込んでしまうのでいつも反省しています。きっとあと一歩というところがくどくなっていて、付け足さないぐらいでちょうどいいんだと思います。ロゴも飾りっ気も一切ない丸いだけのイチョウのまな板を作らせていただいた時、あまりにシンプル過ぎて実はかなり不安がありました。

ところが蓋を開けてみれば、そのシンプルさが受けて大人気商品となり、短期間で累計で100枚を超えるヒット商品となりました。そこには勿論、商品そのものの力だけではなく食生活からライフスタイルまでを提案するBRIDGE大塚加奈子さん、まなべ商店真鍋久美さん、ご両人の魅力あってこそなのですが、まさかただのまるいだけのまな板がこれほど売れるとは驚き以外のなにものでもありません。あまりの販売力の凄まじさに弊社のイチョウも遂に底をついてしまい、素材の入荷待ちとなっている状況。シンプルというデザイン。




昨年末に異常な盛り上がりを見せた弊社の『パターンブロック』ですが、レーザーでヘキサゴンにくり抜くなど改良版が完成。またまた全国のパターンブロック愛好家から問い合わせが相次ぎ、商品発送に追われています。メーカーによって微妙に大きさが違うようで、それらに対応できるようにかなり試行錯誤を繰り返したようです。仕事が終わって帰宅すると、それで問題がないかどうか確認するために、我が家で双子の息子と娘がヘキサゴンの枠の中にうまく収まるかどうかを試していました。私自身はそれで遊んだ事がないのでいまひとつ魅力や遊び方を理解できていないのですが、そのうちにそれでいろいろな図形を作り始めました。

上が息子の作品で左が娘の作品。全国各地から注文が殺到して初めてパターンブロックがそこまで人気にある商品であると知りましたが、これってもしかすると単なる木育の知的玩具のカテゴリーを越えて、多彩な遊び方がある滅茶苦茶凄い洗練された商品なのかも?!。形も色も限られた中で何を作るのか?確かに作り手のセンスが問われる玩具で、好きなデザインで作っていいと言われると逆に行き詰ってしまうタイプの子もいたりしそう。こちらの作品のモチーフは『ツバキ』だそうです。なるほど、なるほど。一応こちらは綺麗に全部を枠に収めたパターンです。

今度は自由に好きなデザインで枠に作ってみてということで娘が作り上げたのがこちらの作品。わずか350㎜角足らずの小さなヘキサゴンという限られた世界ですが、それなりに自己表現も出来るようです。中のブロックそのものはメーカーのもので、もともと着色してあります。材木屋なのでどうしても木の素材感で勝負したいという気持ちが強すぎて、これぐらいベッタリと木目が見えなくなるまで着色するのにはどうしても抵抗があるのですが、こういう遊び方を見ると着色すてみるのもいかなあと思ったりも。

こちらは息子の自由演技作品ですが、なかなか大胆な発想で衝撃を受けました。我が子ながら耳が枠から飛び出す、上に重ねて立体的にするなど規格外の発想力に感心しきり。なるほどこういう使い方、遊び方もあるのか~。折角作った力作ですが、やがて壊されてしまう儚(はかな)さもこのパターンの魅力のひとつなのかも。こうしてスギの木目や色合いも背景のひとつだと考えると、粗目の年輪も赤身と白太のアンバランスさもそれなりにいい感じ。このパターンブロックの枠は、『木のもの屋・森羅』にて販売しています。気になる方はこのホームぺーの問い合わせ欄からご注文下さい。




弊社のオンラインショップに先日アップしてみたのが、ロマンスグレーの渋い『エイジングパネル』。恰好よさげな名前をつけていますが、要は日焼けして灰褐色になった杉板をカットして裏に桟を付けただけのもの。ひと昔前であれば、日焼けして灰褐色になった時点で商品価値は無くなり、焼却炉行きになっていましたが、今やこの質感が求められる時代。そういった材がありませんか?という問い合わせもあるぐらい。狙ってそうしているわけではないものの、材木屋にはどこにも少しはそういう材があります。

弊社でもかつては、『さっさと売らないから売り物にならなくなってしまった材』という残念と失望の材でありましたが、時代は変わりました。もともと商業店舗などでは、昔の古材を装飾的に使うことはあったものの、最近では個人の住宅などでも使いたいという要望が急増。そういうわけで、弊社でも意図せずそうなってしまった材の出口として商品化してみることにしました。それがこちらの『エイジングパネル』。まだ試作段階なので、今後仕様も根本的に変えるのかもしれませんがとりあえず。

試作サイズは430X430X24㎜、エイジング杉板が12㎜で裏の桟厚が12㎜。接着剤で止めているだけですが、反応を見てビスなり金物で接合するかもしれません。実は試しに作っている途中から、それを見て面白がって、本格生産するなら使いたいという人が数人いらして、エイジング材の人気を肌で感じています。試作と言わずにもっと作ってみたらとも言われたのですが、生憎というか幸いというか、そういう風な状態になったエイジング材が少ししかなかったため、パネルサイズで8枚のみの試作。

もしこれで評判がよかったからといっても、すぐにロマンシンググレーが作れるわけではなくて、そこは時間がかかります。ということで、調子に乗って早速エイジング材の製造に入ることに。つまり日焼けさせるわけですが、そこは『モッタイナイイズム』が背骨である弊社のこと、まっさらの新品をそんな事にはしません。ちょうど秋の台風で大雨に晒されて使い物にならなくなってしまった材があったので、それを裏の土場に並べて計画的生産を開始。これから数か月、何もしない仕事があります。




以前にこのブログでも紹介した『樹齢200年のホルトノキ』ですが、製材所で板に挽いてもらって弊社に戻ってきました。それがなかなか結構なボリュームでして、これはまた「ホルト祭り」開催の予感!?木材市場に並ぶことのないような木を扱ったりすると、同業者からよく「こんな木どう使うの?」なんて質問を受けますが、そんな質問をすること自体私には理解不能。明確な目的があるから仕入れたり、受け入れてるわけではなくて、いろいろな木を見てみたい、触れてみたいという一途な気持ちのみ

 


木との出会いも一期一会だと考えているので、とりあえず受け入れてから使い道を考えればいいと思っています。とはいえ、まったく出口も見えない中で勝負に出ているわけでは無くて、小さなところでは【森のかけら】や『モザイクボード』という小さな出口も持っていますし、別口に現在取り組んでいるノベルティなどにも使います。それこそ究極は『森の砂』という新たな出口も出来ました。大きなモノは、大きいなりにテーブルや座卓などの家具からカウンターなどにも利用します。

 

規格の建築材の枠の中で考えると、利用が難しい材もありますが、エンドユーザーに近いところで、建築以外の用途でも考えれば『使えない木』などありません。前例が無いからやらなかったり、造っても売れないからやらないというだけで、道を切り開けば新たな市場も生まれます。「どう使ったらいい?」なんて聞かれることもありますが、そんなの私とて試行錯誤中で、明確な答えなど持っていませんし、持っていないからこそやってみたいのです。逆に決まっていたらオモシロクナイ!

 

眠れる魅力を見つける楽しみこそが多種多様な木を扱う醍醐味であり特権だと思っています。そういう意味ではこの200歳のホルトノキなどは、板になって帰って来た姿を見るだけで胸が躍ります。さあ、どう使おうか!どう木取りしようか!どういう形で活かそうか!そんな一番美味しい部分を他人に委ねたりするなんてあまりにもモッタイナイ!失敗を繰り返しながら時間をかけて木と向き合って自分なりの答えを探していく・・・それは私にとって誰にも邪魔されたくない至福のひとときなのです




業界の先輩から分けていただいた『スプルース』の端材。丸太を板や角に挽いて、残った耳の部分ですが、魚の骨のまわりの身みたいなもので、そこが結構美味しかったりします。木なのでさすがに食べるわけにはいきませんが、そんな耳まわりにわずかに残った「身」までしっかり使ってこそ、文字通り『骨までしゃぶって味わう(使い切る)』。アップして撮影しているので大きく見えるかもしれませんが、実際には極端なテーパーの三角形で、建築材としては使い道が無く、通常ならばチップ材。

普通の材木屋であれば焼却炉行きのサイズですが、『小さな出口』を持っている(小さな出口しか持っていないとも言う)弊社にすれば、これも貴重な商売のタネ。写真だと分かりにくいかもしれませんが、実際のサイズは長さ300~400㎜程度。もともと長かったものを、肉づきのいいところで短くカットしています。これを手押して削って直角を出して、帯鋸で厚み40~45㎜に挽き割っていきます。まずこれが【森のかけら】となります。写真の左側にあるのが、挽き割った残り。まだ使えます!

【森のかけら】用に割った方はこの後1本ずつ桟を入れて時間をかけて乾燥させていきます。問題は残った方ですが、「かけら」にするには肉厚がたりませんが、もう少し薄いものなら取れます。残り具合を見ながら40☓20~30㎜程度に挽き割ります。これが『誕生木ストラップ』などになります。あるいはもう少し肉が残っていれば30☓30㎜にして別の商品の原料になります。とにかく肉(身)が残っている限りは、取れるギリギリのサイズまで使う、というのが基本的な考え方です。

それでいよいよ残った切れ端ですが、これはこれで焚き物で欲しいという方がいらっしゃるのでキャリーに溜めていきます。そこまでするか~!と思われるかもしれませんが、木を無駄なく使うということは綺麗ごとではありません。製材や加工を経て変わっていく姿かたちに合わせて、こちらが『出口』を考えて、無駄なく『出口』に合った形にしていく。そうすることで限りなく捨てる部分は無くなります。貧乏性と思われようがケチと思われようが平気、これぞ『骨までしゃぶって使う』の真骨頂!

とはいってもすべての樹種に対していつもいつもこういう事をしていたらいくら時間があっても足りません。特に毎日のように発生するスギやヒノキ、米松(ダグラスファー)などの樹種については、ここまで手をかけてやれないので申し訳ないなあと思っています。それでも【森のかけら】という多樹種の出口を見つけられた事で、多くの種類の端材が活用できるようになりました。焼却炉の灰となるはずだったこのスプルースにもまだまだ働いて(輝いて)いただきます。そこにある端材、灰とするもダイヤモンドとするも「ひと」次第!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up