森のかけら | 大五木材

一日限りのイベントですが毎回楽しみにして来られる方もいてお馴染みさんの顔に出会えたりすると嬉しいものです。木の玉プールだけではなく、木のおもちゃやクラフト商品の販売、自由に木工体験ができるコーナーなども設けているので、時が経つのも忘れて親子で木工に没頭する親子の姿も。時間が限られていることもあって、金槌やノコギリを使ってトントンギコギコというわけにはいきませんので、木のコマに色付けしたりストラップにお絵かきしたり、ボンドで貼り付けしたりというシンプルなものでしたが結構人気。


まあこの場所で大きな木工作品を作っても持って帰るのだけでも大変ですので、これぐらいの方が後の憂いがありません。どちらかというと子供よりも親の方がはまってしまうパターンが多いのですが今回は、のめり込んでくれた子供たちが沢山いまして、中でもこちらの彼は、自前のキャラクターまでお持ちという事で、楽しそうにマグネットにキャラを描き込んでいました。阪神タイガースの帽子を被っている子に悪い子はいません、実に素直で爽やかな少年でした!

こちらは少年の数ある手持ちのキャラクターのひとつである『つつみなし』。本人の説明によれば、『包み紙の無い飴玉』ということです。弊社でも新たにオリジナルの新キャラの開発に余念がありませんが、オリジナルキャラを持っているというのは強いですね~。この写真に写っているのは『森のしるし』の台木で、通常はここに家紋をスタンプしていますが、ちょっと問題のあるB品をイベントに使わせてもらっています。子供たちにはA品もB品も関係ないようで、要はそこに何を描くか。

うまく書けたから持ってお帰りと言ったら、これはここで出会った記念に私にくれると。裏面には名前まで書いてくれて、「(ぼくの事を)覚えておいて欲しいから書いた(なので、あげる)。」なんて感動的な事を言ってくれました。ありがたく頂戴しましたが、いつもここで弊社がイベントしていると思ったようで、またやりたかったのに残念と名残惜しんで、どこに行けば会えるのかと。私が「松山」と答えると少年の住まいは新居浜だったようで、新居浜にはいつ来るのか?と聞いてきます。

残念ながら今のところ私自身は新居浜での仕事の目途はありませんが、家内は木育イベントで県内いろいろなことろを回っていて、近いうちに新居浜も行くらしいので日時や場所の確認をしていました。またの再会を約束して別れましたが、そのピュアな心に私も清められる思い。こういう子供がいつかモノづくりや目覚めたりするのかもしれませんが、木の事についても興味や関心のありそうな子供を見ていると、正しく導けたり話しの出来るおとなとの出会いがいかに大切なのかを考えずにはいられなくなってしまいます。少年よ大樹を抱け!




昨年初めて関わらせていただいた『俳句甲子園』ですが、20回記念となる今年も関わらせていただくことになりました。本家の甲子園球場では球児が熱闘を繰り広げていますが、ここ愛媛は松山でももうひとつの熱い高校生たちの闘いが繰り広げられます。今年は、8月19日(土)、20日(日)の2日間の開催で、19日は大街道商店街の特設会場で予選リーグ、20日は松山市総合コミニュティセンターで決勝リーグならびに表彰式という日程です。全国から地区予選を勝ち抜いてきた40校が出場、地元愛媛からは6校が出場します。

その俳句甲子園にちなんだ『俳句ストラップ』は、SENSE愛媛大学俳句研究会と大五木材によるコラボで、歴代の最優秀句と作者、学校名がレーザーで彫字されています。昨年が初めての試みでしたが、甲斐朋香准教授はじめ会場での学生たちの熱意で、歴代最優秀句の中で完売が出るほどの好評を得ることができました。早いものであれから1年、今年も大会期間中限定で販売させていただくのですが、昨年初めてということでいろいろと戸惑いやら手違いがありまして関係者の皆さんにご迷惑をおかけしました。

その反省を踏まえて、昨年はその場で俳句を注文用紙に書いていただいていたのですが、今年は申し込みフォームを作り、携帯電話から直接言葉を打ち込んでいただく形式に変更しました。これで大文字か小文字か分からないとか、達筆すぎて文字が読みとれない、お届け先の住所の記載ミスなどが解消できると考えています。合わせて、昨年トライアルということで、超サービスで¥500/枚に設定した価格も、わずかながらでも利益の出る¥1,000/枚に変更させていただきました。やる事も大事ですが、やり続ける事も大事ですから。

今年は大会会場に『木の玉プール』も置いていただくことになり、甲斐先生とSENSEの玉井さんがご来店いただきました。俳句甲子園でのつながりは昨年からですが、甲斐先生とはそれ以前からいろいろな形で関わらせていただいていて、SENSEだけではなくいろいろな学生たちとも出会ってきましたが、下級生だった学生が上級生になり成長していく姿を見るのもここ数年の恒例行事となりました。それにしても甲斐先生はいつも学生たちと楽しそうで、自分の学生時代にもこんな先生いたら学生生活も随分変わっていたかも?!

また新たな問題が発生するかもしれませんが、まずは目先の問題をひとつずつ解決していくことが肝要かと。昨年大会後には、来年はこうすればとか、ああすればとかのアイデアもあったものの、こういうものって差し迫ってこないとついほったらかしにしてしまって、大会が目前に迫ってきた頃に慌てるの繰り返しで、とりあえず今年も台木は『クスノキ』で頑張らせていただきます!子規・漱石の生誕150年となる今年、俳句甲子園でどんな素晴らしい俳句が詠まれるのか、楽しみにしています!




この歳で何を今さら青臭いことをと思われるかもしれませんが、先日のB家のパーティーに集まったさまざまな分野の方々とお話をして、それぞれの商品の後ろにしっかりと作り手の顔が見えていることを改めて痛感しました。特に近しい『おとなの部活動』の面々ですが、こうして異分野の方々の中に紛れても、その個性はやはり強烈。杉浦綾の作った器、杉浦史典の作った人形、帽子千秋の手がける服、大塚加奈子の薦める台所用品、玉井大蔵の作るパン豆などなど、いずれも商品と一緒に作り手の顔がしっかり見えている。

材木屋という仕事は、素材を大工さんや工務店さんに届けて加工して使ってもらう中間の流通業であるため、なかなか消費者に自分の商品を届けるという感覚が持ちにくく、『作り手の顔の見える商品』というものに漠然としてあこがれを抱いていました。それがやがて消費者にまで直接届く最終商品を作りたいという欲求を生み、遂に【森のかけら】によってその願いは成就することになるのです。販売を始めて約10年、今では県外からの注文が圧倒的に多くなったのですが、その多くがこのホームページを通じてというものです。

最近では、教材・標本として学校関係者の方からのご注文も増えていますが、一般の方はどういう感覚で購入されているのか多少気になっています。木工愛好家や木の仕事に携わる方が樹種サンプルとして、またはインテリアとして購入してくださっていると思うのですが、それは純粋に商品に対する評価としての事。あまたある木工商品の中でたまたま巡り合ったワン・オブ・ゼロであって、大五木材や森のかけらという看板で売れているものではありません。まあ自社商品といっても弊社の場合は直接的なものづくりとは少しスタンスが違います。

材こそ自社のものを使っていますが、それからどういうものを作るか企画・検討し、実際に加工してむらうのはそれぞれの工場ということなので、ものづくりといってもプロデュース的役割が強いので、顔の見える商品というにはちょっと違和感があるかもしれません。自分の中に作家や職人に対するあこがれが強く、自分の手で何かを生み出す行為への執着が強いのですが、その才能が無いのは早々に気づいていたので、今の形に移行してものの、やはりその思い断ち切りがたく、やっぱり私流の『顔の見える商品』に着手してみます。




招かれざる客』から転じて生き物→家紋『森のしるし』の話の続きです。台木にはなるべく触感の滑らかな木を、しっかり磨いて使うようにしているのですが、いくら磨いても相手が紙ではなくて木なので全体に強く圧をかけて押す必要があります。治具を使うとどうしても力が均等に入らずに紋がかすれたり滲んでしまうので、結局最後は自分の「感覚頼り」。最初の頃はなかなかセンターが出せれなくて随分失敗しましたが、人間の感覚の素晴らしいところは微妙なズレを修正していく学習能力、体が覚えるというヤツ

『森のしるし』も販売を始めた当時は、「家紋のマグネットなんか売れるものか・・・」と周囲はかなり冷淡で懐疑的でしたが、蓋を開けてみると多少時間はかかったものの、企業ノベルティなどに採用していただいたりして、お陰で販売開始以来累計で販売個数はあと少しで20,000個にを達します。つまり在庫も含めると今までに20,000個以上の家紋を押してきたことになります。えらいものでそこまで繰り返して同じ作業をしていると、精度も上がり失敗も少なくなって今では「スタンプ職人」と自負できる域に近づきつつあります。

こちらは、いつもお世話になっているミセスホーム㈱さんの30周年記念品として作らせていただいたシンボルキャラクター『ミセルン』のマグネット。オンラインショップで販売している『家紋シリーズ』に比べるとひと回り小さい台木(直径40㎜)を使用しています。明るめで年輪のくっきりしている方が『モミ(樅)』で、やや灰褐色で年輪が不明瞭なのが『ヨーロッパビーチ』です。今回はレーザーでのご指定でしたが、味わいや緻密さなど、レーザーとスタンプにはそれぞれの良さがあるのでうまく使い分けていただきたいです。

台木についてはあらかじめ数種類のストックがありますので、デザインを決めていただければこうして企業ストラップの制作のさせていただいております。当初試験的にいろいろな樹種で台木を作ってみたものの、スタンプとの相性(いくら磨いても油分の多い樹種はスタンプのノリが悪い)や色目の問題(濃い色の木肌だとスタンプと色がかぶる)などがあって、ほとんど世に出なかったブビンガシラカシなどもあります。これからサイズの見直しやマグネットの変更などを行うため旧仕様のものを店頭で廉価で販売する予定




蛇が事務所に迷い込んだ話の続編。とりあえず事務所からは出てくれたので、夜に事務所で独りデスクワークをしていて、足元がムズムズすると思って足元を見るとそこに大きな蛇がとぐろを巻いていたっ~!なんて映画『スネークフライト』みたいな事は回避できたようです。二度と事務所に迷い込まないことを願うばかりですが、へたれな恐怖心が蛇の大きさを異常に増幅させ、私の脳内ではアナコンダ並みの大きさに成長してしまっています。実際は長さ1m前後で、大きさもOKサインの輪ぐらいの青大将・・・

私の田舎では、家に現れた蛇は縁起がいいとか、家の主だからいじめたり追い払ってはいけない(何もしなければ向こうから噛みつくこともない)と言われていましたが、そうは思っていてもリアルな蛇を見るとどうしても気持ち悪さが勝ってしまいます。ところでリアルな蛇はNGですが、これが映画だったり図形化されたりするとまったく問題なくて、興味すら湧いてくるので自分でも呆れるほど。そんな蛇ですが、うちの商品ともわずかな接点があります。それが、日本の家紋を使った『森のしるし』です。

これは家紋をスタンプした木製のマグネットですが、人気が高いのは戦国大名シリーズ。現在のところ戦国大名シリーズは第三弾まで出来ています。勇猛な武将の家紋は、少年・歴女に人気です。その中に「肥後の虎」として知られる勇猛果敢な武将・加藤清正がいます。加藤清正が使っていたのが、蛇の目をデザインしたその名も『蛇の目紋』。同じ加藤姓でわが松山城を築いた加藤嘉明も同じ蛇の目紋を使っていたらしいのですが、当時は武将はいくつかの紋を使い分けていたらしく、悩んだ末に加藤清正はもうひとつに『桔梗紋』に。

蛇の目紋を使わなかったのは蛇が嫌いだからというわけではなくて、そのデザインに拠るもの。というのも、『森のしるし』はゴム印を手押しでスタンプしているのですが、丸い台木に丸いデザインの家紋印を押すというのは想像以上に難しいものなのです。家紋には紋を丸く囲んであるデザインが多いのですが、台木の丸と紋の丸のふたつが重なると、わずかなズレでも非常に目立ちます。最初は台木のセンターが出るように治具も作ってみたのですが、これが思いのほか具合が悪くて早々にフリーハンドに切り替えました。




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up