森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

まだまだ今年一年を総括するのは早いのですが。今年はこれまでの材木屋稼業の中で一番『クリ(栗)』材を使わせていただきました。今までクリといえば、ほとんどがフローリングでした。主に岩手産のクリのユニFJのフローリングを使ってきましたが、今年はフローリングではなく造作材やデッキなど無垢の一枚板のクリを沢山扱わせていただきました。多いといってもクリを専門にしている店からすれば微々たる量だと思うのですが、弊社的には短時間のうちにクリの挽板が何梱包も次々に入ってくるというのは初めての体験。

それを右から左に売るわけではなくて、梱包をばらして一枚一枚サイズや素性、木目などを確認しながら木取りしていくのですが、私の段取りが悪い事もあって、一時期は毎日毎日クリと格闘していました。割ってみると反りが出て使えないので、また次の板を出したり、削ってみたら虫穴(ピンホール)出たので交換、これをそっちに回したら、こっちが後OOぐらい足りなくなるので、もう一度やり直し。タンニンが滲み出して黄色みが強いもはバランスを損なうのでNGなんてやってたら、やってもやっても終わらない・・・。

そうして木取りしたクリは、弊社で荒加工して現場に入れたり、木工所で仕上げ加工までしたり、建具屋さんの作業場に送り込んだり、そうやって数か月の間、クリ材と関わらせていただきどうにかやり遂げる事出来ました。その結果をすべてカメラに収める事は出来なかったのですが、そのうちの1つがこちらの厚み28㎜、乱幅(最大200㎜)の豪奢なソリッドのフローリング。エントランスホールの床材としてクリを使っていただきました。こうして見ると、クリって完全な国産材なのに、洋風の使い方も出来る貴重な木だと思います。

他にも長い濡れ縁にも、クリを使っていただきました。濡れ縁といっても長さが10mを越えていて、一枚の厚みが30㎜、幅も最大で280㎜の乱幅という特殊仕様だったので、かなりのクリ材を割らせていただきました。たまたま他からのクリの注文が入ってきたりして、一時期は「あとどれぐらい割ったら取れるのだろうか・・・」とクリの事で頭が一杯になっていた事もありました。しかしそんなにクリを使っていただけるなんて本当にありがたい事。その際に使ったのは北海道は函館産のクリ。そして現場は無事竣工しました。

戦い終わって倉庫を見れば、そこは兵(つわもの)どもが夢の跡。残った幅広のクリの板がまだ20数枚。あの時には祈るような思いで探し求めた幅広のクリも出番が終わってしまえばただの在庫(←申し訳ない、言い過ぎた!)。それで、そのクリを使った幅剥ぎのダイニングテーブル作りませんか?とアナウンスするものの、あの一時期のクリ騒動が嘘のように打てども響かず・・・。まあこういうものって焦っても仕方ないので、気長に待つことにしますが、売り切った頃に注文が入るような気がして仕方ない。クリなら今ですぞ!




大きな梱包で仕入れたモノがそのままの状態で売れていく。いわゆる『右から左』ってやつで、手離れはいいし、効率的で金額も増すし言う事のない、商売人にとっては非常にありがたい話なのですが・・・端材に情熱をかける偏屈貧乏性材木屋とししましては、この流れはベターであって、ベストではないのです。弊社の理想としては①梱包で仕入れる→②梱包をバラシて倉庫に立て掛けながらニヤニヤ→③個別に少量ずつ注文が入る→④木目を見ながら木取りしてニヤニヤ→③と④が何度となく繰り返されていく(下に続く)

 

→⑤その繰り返しの中で、長さを必要サイズでカットして欲しいの神注文入る→⑥カットする、残りはゴミになるから要らないの神回答得る→⑥と⑦繰り返す→⑧『森のかけら』や『モザイクボード』に使えそうな端材が適度に溜まった頃、「じゃあ残りの全部もらうわ」の神注文入る→ありがとうございました~!これが弊社にとっての理想とするベストな流れなのです。そこで大切となってくるのが⑤、⑧あたりのまさに神がかった男気に溢れる注文と⑧ドバイの大富豪並みの気前のいいお客さんの登場、ここが肝心!

 

とはいえ、ばらして倉庫に立て掛けていたモノがなかなか売れていかないと、もしかして年度末までこのまま売れ残るんじゃなかろうかと不安になり、底が見えてくると仕入れるタイミング次第では売り時に在庫切れを起こしてしまうんじゃなかろうかとヤキモキ。結局、私が大五木材に入社した当時から現在までそのまま倉庫の牢名主になっている材はありませんので、いずれ形あるものは売れていくという妙な確信はあるので、まあ遅いか早いかの違いだとは思っていた・・・のは昨年まで。今年は大幅に方針転換しています。

 

梱包をバラシて売っていくスタイルはそのままですが、一定期間を過ぎた材については、積極的に本来の出口以外の出口(本来の用途とは違う用途)から速やかに出て行ってもらい、若手への切り替えに舵を切ることにしました。勿論その際に、『森のかけら』などに使うための『かけらの分け前』は残していってもらうものの、ベテランだからといって狭い倉庫の定位置を確約させない事にしたのです。残念ながら金本監督は志半ばで辞任(とりあえずここでは)してしまいましたが、奇しくも金本知憲前監督と同じ誕生日の私は志、貫けるか?!(※ちなみに情報としては、こちらも今年辞任した巨人の高橋由伸前監督も、自由契約となっている上原浩治投手もみんな同じ4月3日生まれなんですが、みんな辞めてているのが不吉・・・💦)

 




セコイア』ってその一族に超有名なものがいるので(世界一高い、世界一大きな木)、名前だけやたらと知られているものの、実物の木を見たことが無い人が多いと思います。その木が木材となって木材市場ではあまり流通していないから、材木屋といえども実物を見た事の無い人も多いと思います。ではなぜ取引量が少ないのかというと、その材の特性にあります。世界一高いと言われるセコイアは100mを超えていますが、そこまでグングン成長するという事は、成長スピードが年輪に反映されるのでかなり目荒です

しかも材質はスギのように軟らかい(私の感覚だとスギよりも軟らかい)ので、目の粗い軽軟材に対して評価の厳しい日本の建築・家具材市場では歓迎されていません。アメリカでは建築から家具などに幅広く利用されているのに対して、日本での評価が極端に低いのは不思議なのですが、同じ北米出身でセコイアのように赤身で軽軟な木『ウエスタン・レッドシーダー(米杉)』に比べても評価が低いのは、材質そのもののせいというよりも、使った事が無いからではないだろうかと勘ぐってしまいたくなります。

油分をたっぷり含んでいるため赤身部分の対水性や耐朽性は高く、白蟻にも対する対抗性もあるので、外部などにも利用されているので、日本では構造部材としてではなく、壁材や屋根材などで多少流通していたりします。そんなセコイアですが、しばらくの間弊社でも欠品状態が続いていたのですが、少し前にある程度まとめて手に入るという幸運に恵まれました。私的には大喜びだったのですが、恐らく普通の材木屋だったら、その特徴ゆえに『使えない木』の烙印を押されていたと思います。

その木を求めていた材木屋の元にそんな木がやって来たというのはまさに運命としか思えません。板に製材してもうすぐ1年が経過しますが、目が粗い事もあって、45㎜前後の板に挽いたセコイアはすっかりいい感じに乾燥しました。白太部分はダメージがあるものの、赤身部分は艶やか。これから徐々に削って倉庫に立て掛けてお披露目させていただきます。一族に世界一高い木があるとはいえ、手に入ったのはそんな巨木ではありません。直径も大きいモノでも500~600㎜程度で、一枚板のテーブルとかになるサイズではありませんが、板に挽いたので枚数はそれなりに揃っています。詳しくは後日アップします。ところで「普通の材木屋が相手にしないそんな軽軟な木、買う人おるんか?」と言われる人がいます。「無ければ需要を作ればいい!大火で荒野となった地に種を残すセコイアに相応しい舞台ではないかっ!」←超強気!




昨日に続いて、『日本で一番軽い木・キリ(桐)』の話。厚めに削ってすっかり綺麗になったキリですが、今回は耳を活かして使う用途なのでディスクグラインダーで耳を削ります。きちんと勉強をしていないので鉋のような精緻な木工道具は苦手ですが、こういうワイルドな道具は大好きです。気分だけでも木工家になったようで、作業中は妄想爆発です!こういう作業をしながら、もともと自分はひとを使うような立場の仕事じゃなくて、こうして独りで黙々と創作活動をする仕事の方が向いていたし、そこを目指していたのですが・・・

作業自体は楽しいのですが、素材が軽いキリで、しかも20年以上も乾かしてカラカラになっていたという事もあって、大量に噴出するグラインダー屑を全身に浴びるので、気がつくと腕も作業着も真っ白。私は眼鏡をかけているのですが、もちろん眼鏡の内にも外にも木粉がビッシリ。マスクは必需品ですが、眼鏡が曇るので、面倒でマスク無しで挑んで撃沈することもたびたび。気管支にも木粉が入ってゲホゲホなのですが、綺麗になった耳を見れば疲れも吹っ飛びます。さあこれから耳を仕上げていきます。

グラインダーでザックリ仕上げた部分を今度はサンダーで耳を磨いていきます。長年使い続けたサンダーは、(自分のイメージの中では)自分の腕と同化したように動いてくれます(あくまで脳内イメージ)、のはずなんですが、なかなか実際にはそうはならなくて、こっちを磨けばあっちが凹み、あっちを磨けばこっちが飛び出しを繰り返しながらどうにか仕上がり。その頃にはすっかり腕は痺れているのですが、デスクワークよりもこちらが向いているなあと思うのは、たまにやるお父さんの日曜大工の感想レベル・・・。

ま、どうにかそうして完成。片耳付きで、室内の踏み台となります。キリは軟らかい素材ですが、使い方の作法さえ守ってやれば、繊細な素材で、内部に空気を沢山取り込んでいるので、触ると木の温もりがほどよく感じられます。スリッパなどではなくて、靴下も履いてない素足で触れてほしいところです。素材の特徴に合わせて、それぞれの木が活躍できる場面は沢山あるはずなのに、価格や手間、利便性、供給安定性などいろいろな事情で木が表舞台に出れないなかで、木の出番を増やすためには、まず木を知ることからですね




実際にその木を触った事が無い人でも(触った事はあってもそれがそうだとは認識していない事も含めて)『日本で一番軽い木』といえば、大抵の人はその答えが『キリ(桐』だと知っているのではないかと思います。それぐらい認知度のあるのが、キリという木です。しかもその出口といえば、これも実際にそのものに触れたことがなくとも、『桐箪笥(たんす』とか『下駄』とか『』とか、その用途までも答えられるほど、『使われて親しまれている木』というよりも、『語られて親しまれている木』だと思います。

そんなキリの木ですが、生命力は逞しくて、すぐに太くなります。なので一般的に、『お手頃で少し大きめの板』の基準となる直径300㎜(あくまでも私の独断)ぐらいのサイズは容易に手に入ります。成長のスピードが速いので、非常にエコロジカルな木でもあるのですが、成長が速い分材としては軟らかく、箪笥や下駄といった有名な使い方以外では案外お声がかからないというのも皮肉な話。なにしろ軟らかくて軽いので、300㎜を越えるサイズでも簡単に肩に担げます。しかしそれゆえに用途が限定され意外と足が遅い。

キリには灰汁(あく)があるので、昔は水に浸して灰汁抜きを行っていたところもありましたが、弊社にはそういうスペースはないので、天日で時間をかけて乾燥させます。すると灰汁が表面ににじみ出て来て、表面は濃い灰褐色になります。これをプレーナーで強めに削っていきます。通常の木材であれば2,3mmも削れば瑞々しい木目が顔を出してくれますが、キリの場合はなかなかその表情には出会えません。今回はそれも見越して15~20㎜以上削れるぐらい厚みのあるサイズのキリがあったのでそれを使います。これは削る前の写真。

これをプレーナーで削っていきます。幅は450㎜ぐらいありますが、こういう時に軽い素材だと助かります。しかしその分、傷もつきやすいので加工中も細心の注意を払わないと、すぐに傷ついたり凹みが出来たりするので油断は出来ません。熱く削れるといっても一度に5㎜も10㎜も削れるわけではないので、根気よく1,2mmずつ削っていきます。ひと削りすれば表面の汚れは取れるものの、やはりまだ染み出してきた灰汁が残っています。これを時間をかけながら削っていくと、次第に木の色が変わってくるのが分かります。続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up