森のかけら | 大五木材

早めに起きたので混雑を避けるべくさっさと電車で移動。難波を出た時には乗客も少なかったものの、次第に人も増えてきて松阪に着く頃には満席に近い状態。お伊勢さんの影響かしらと思っていたら、どうやらこの時期にちょうど三重で全国菓子博覧会お伊勢さん菓子博2017』が開催されているらしく、それ目当てのか人もいらしたようです。まあそれでも無事松阪に到着。随分久しぶりの松阪です。実は昔はよくここに来ていました。松阪木材がウッドピアとなって移転する前(平成13年に移転)のことですからもう15年以上も前。

初めて来たのは前社長の親父と一緒でした。松阪木材が、岡山の木材市場に浜問屋として出店されたのがきっかけで松阪の尾鷲材を知ることとなり、その後岡山の市場からは撤退されたものの、繋がりを頼りに松阪まで仕入れに来るようになったのです。それまで尾鷲材にはほとんどご縁がなかったのですが、製材所数日本一を誇る三重県の中でも特に製材所が集中する尾鷲からは、多種多様なサイズのスギ・ヒノキの造作材が大量に生み出されていて、乾燥に関して後塵を拝した愛媛にとっては実に羨ましく頼もしい存在でした。

メーカーが多すぎて最初のうちはどれもが同じに見えて、一体どこのを買えばいいのかも分かりませんでした。父親に相場をよく見ておけと言われるも、同じようなサイズの商品がズラリと並んでいて、それぞれが微妙に価格がずれているので、一体何を基準に相場をみればいいのやらも分からないほどに私も未熟でしたが、それほど大量の製品で溢れていました。まだ移転する前の小さな場所が市の舞台でしたので、人が押し合いへし合う中でセリが行われていて、木材市場の活気を身をもって経験させてもらいました。

松阪木材に行くようになって10年ぐらいは、尾鷲ヒノキには随分とお世話になりました。赤みが淡いピンク色で目のよく詰まった尾鷲材は、鴨居や敷居、廻縁、畳寄せ、額縁などの造作材から化粧の柱まで非常に有用でいて、しかも価格的にもリーズナブルで、わざわざ運賃をかけてでも仕入れてくるだけの価値がありました。その価値は恐らく今でも変わっていないと思いますが、弊社の方が変わってしまい、その後徐々にヒノキの造作材離れが進み、新たに松阪にまで仕入れに行くことは少なくなってしまったのです。




 魔物が住んでいた登ってきた者を喰うと恐れられた大台ケ原、行ってみたいではないですか。それで今回、行けるものならば行ってみたいとタイト過ぎる行程に入れ込もうとしていたものの、さすがに魔物の棲む山を甘く見すぎ。今でこそドライブウェイで車で頂上まで行けるものの、生きたいのはそんなところではなく、魔物が棲む樹海のごとき森の中。寄り道で行こうなどとは魔物にも失礼な話でありました。いずれまたトレッキングシューズなど万全の装備にて魔物には会いにきたいと思っております。さて、魔物の話には続きがありまして・・・

多くの修験者を阻んできた大台ケ原でしたが、明治24年に古川嵩(かさむ)という修験の行者が大台ケ原にこもって100日の行を終えて無事下山しました。麓の村人から、「魔物はおらんかったか?と聞かれた古川行者は、「魔物の正体見たり」と答えた。人々が魔物と恐れたその正体とは、鬱蒼とした森、急峻な山腹、そして常識破りの雨だったという。大台ケ原は日本有数の多雨地帯だそうで、年間の平均降水量5000㎜近くあって、日本の年間降水量1700㎜と比べると圧倒的だ。それら自然環境こそが魔物だったのです。

いつものように前置きが長くなりましたが、そんな大台ケ原を背後に控えた大台町にわれらがビーバーハウスこと武田製材はあります。ちょいとついでに大台ケ原がいかに無謀なことであったかを思い知らされた私は行程を練り直し、そんな欲張りで詰め詰めなスケジュールを一新。ビーバーハウスに限定して旅に変更。2日の最終便で大阪(関空)に飛んで、夜のうちに難波周辺にまで移動。翌朝から松阪に移動して、そこからビーバーハウスへ向かい、その日いちにち丸々ビーバーハウスに入り浸るというマニア垂涎のプラン!

以前から計画的に練った旅ではなく、つい2週間ほど前から急ごしらえで作った行程でしかもゴールデンウイークのど真ん中で果たしてチケットが取れるのか心配でしたが、一人ということもあってどうにか飛行機は往復とも入手。しかし大阪のホテルはいずこも満室。仕方がないので人生初めてのカプセルホテルへ。それぞれにテレビもついていて想像していたよりは広めだったものの、夜はさすがに隣の物音と、自分のいびきが気になって熟睡できず。それでもサウナ&スパのカプセルホテルでしたので、お陰で早朝より温泉でリラックス。さあ、松阪へ!




さて、出張の機会が少なかった言い訳に一日を費やしておきながらなんですが、今回の旅は仕入れではありません。会いたいひとに会い、行きたい場所に行くという趣味と実益を兼ねた、休みの日だからこそ出来る旅。出先で注文の電話に怯えることもなく、自分だけ遊びに行ってと家族から白い目で見られることもないという、実に都合のいい旅なのです。目的地の『ビーバーハウス』があるのは三重県。松阪牛で有名な松阪市から車で40分ほど南にある多気郡大台町。名前から分かる通り、その先にあるのは『大台ヶ原』。

今回、ゴールデンウイークの最中に訪問するという暴挙にも関わらず、快く訪問を受け入れてくださった武田製材ビーバー隊長こと『武田誠』さん(以後、ビーバー隊長、または隊長)に今回の旅の行程をご相談しました。いつものごとく詰め詰めのスケジュールで、その中でビーバーハウスまで行くのならついでに大台ケ原も行ってみたいのですがなんて、軽~い気持ちで含めていたものの、隊長によればそんな生ぬるい気持ちで行けるような場所ではないとあっさり却下。地図でみればすごそこのように見えても山道なのでそう甘くなはい。

なぜ大台ケ原に行きたかったのかというと、【森のかけら】を作りはじめた7、8年前に参考資料として木の本を読み漁っていたのですが、その中に学研研究社が出版した『週刊 日本の樹木』がありました。タイトル通り、日本のさまざまな樹木を30回に分けて詳しく紹介していくという「学研グラフィック百科」で、ひと月に1冊で足掛け3年で完成するという壮大な樹木図鑑で、【森のかけら】のリスト選定や解説書作成にはとっても役に立ちました。各号でそれぞれに特定樹種を特集し、その木に会える有名な森を紹介しています。

そのNO.26が『タブノキ』特集で、タブノキの群生する森として紹介されていたのが『大台ケ原』だったのです。そこにはブナの森やトウヒの群れの写真に添えられた以下のような文章がありました・・・「かつて吉野の大峰山から大台ケ原を目にした修験の行者の中には、大台ケ原を開山しようと何人もが試みたが、ほとんど失敗して帰ってこなかったという。大台ケ原には魔物の巣窟があって登ってきた者をとって喰うと、麓の村人たちにいい伝えられてきたそうだ。」そう、大台ケ原は『魔物の棲む山』なのである!この話、明日に続く・・・




およそ1年がかりでようやく『北信越大紀行』が終了しました。あくまでもブログの中での日数で、実質4日間の旅だったのですが、これだけ日数をかけてしまい、しかもいろいろと事情がありまして、その中身を紹介するのに1年もかかってしまいさすがに反省しているところです。それだからというわけではありませんが、その後1年間は県外への出張というのはほとんどありませんでした。なので飛行機に乗るのも久しぶり。ゴールデンウイーク真っただ中に、独りで久しぶりの木の旅に出ることになりました。目的地は、われら広葉樹大好き人間の聖地『ビーバーハウス』!!

仕事で県外に出る機会が少なかったというのは、ブログの反省からというわけではなく、今の仕事を見つめ直した時に、弊社も材木屋としての分岐点に立っていて、今まで通りの商品アイテムでは立ちいかなくなるという問題点から、在庫の見直しが急務となったためです。従来は建築材と家具材に立脚した品揃えをしてきましたが、この1,2年で弊社周辺での住宅材の動きが大きく変わってきて、「売れる商品と売れない商品」から「使う商品と使わない商品」へとハッキリ区別されるようになりました。

まあ、今は確かに売れないければいつかは売れるだろうと思って仕入れていた用材が、値段が高い安いという問題ではなくて、根本的にその材を使うステージが無くなってしまったのです。そうであれば、いくらチャンスを待っていても売れるわけがありません。ならば早いうちに別の用途に加工するなり、再割りするなりして使っていかねば、倉庫のスペースを奪うだけのデッドストックになるばかり。また、膨張する在庫を減らすという命題もあり、極力(出口の見えていない)新たな在庫を増やさないということを心掛けました。少し前の言い方で言えば、在庫の仕分け

本来は、市場で木を買うのが大好きなので、市場に行きたくてたまらなかったのですが、欲しい木を買ってきても置く場所すらない状態ではどうしようもないし、好きな木を変えるための資金繰りも重要な問題。それで日々少しずつながらも、出口を失った材に新たな出口を用意して、衣替えさせてきました。まだまだその成果は見えにくいのですが、もうあと半年から1年も続ければ、倉庫の中のアイテムにも目に見える変化が現れると期待しています。そういう背景が、県外出張(仕入れ)を控えていた理由のひとつでもありました。続く・・・




はじめての『チームくまさん』のイベントがいきなり巨大ショッピングモールの100坪のステージということで、それぞれにかなり戸惑いもありました。どういうイベントにするのか、何を販売するのか、なにより果たして客は来るのか。まあ、考えても答えの出ないことは当たって砕けろということで、いろいろな木のモノを詰め込んでみました。結果からいうと、思っていたよりはお客さんが少なかったです(何をどう設置してどういう流れにするのか打ち出しきれずにイベントのテーマを絞り切れなかったという反省)。    

何をしているのだろうかと興味を示す人は多かったものの、なにしろ縦長の100坪もあるスペースなので、奥の方で何をしているのかすらも分からない状態。こちらも慣れぬ環境で手のうちようもないままに終わってしまった感はありますが、何事も経験!どういう環境だろうと、出来ることはあるはずで、この経験を次に生かさねばなりません。家内の木のおもちゃについては、ほぼどんな環境だろうと無敵なのですが、私の方はこういう状況でも販売が伸びる商品を作りこめてなくて頭を悩ますこともしばしばあります。

しかしそこが偏屈材木屋の偏屈たる所以で、喉元過ぎれば熱さを忘れる。所詮万人受けする商品など作れるはずもありませんし、自分の色を捨ててまでそんなものに手を出したとて本末転倒。一時期、女子力の勢いにひれ伏しそうになったものの、やっぱり我が道を往くべきと初心に帰り、今後もバタ臭い木の物語性に立脚した商品を作っていこうと思っています。こういう場所でのイベントであっても、中には嗅覚鋭く木のモノを探し出してくるお方はいらっしゃるはずで、そういう出会いこそ自分が待ち望んでいたもののはず。

そういう中で、【森のかけら】のB品である『夢のかけら』から家内が作り出したのが、こちらのだるま落としならぬ『かけら落とし(仮称』。2つの三角の台座の間に積み上げられたかけらの上に一匹の鳥が乗っています。この状態からかけらを棒で突っついて1個ずつ落としていって、最後まで鳥を落とさずにアーチ状のかけらを残そうというゲーム。単純な仕掛けながら子供たちが悪戦苦闘。確かひとりだけ成功した子供がいたような。かけらそのものがベーシックなキューブ状なのでこういう遊び方も出来たりします。


何か新しいことをすれば新しい課題や問題が生まれるもの。『森のくまさん(久万産)ランド』は動き出したばかり。井部健太郎君の作る『スマホスタンド』は絶好調のようで、わざわざ遠方からFM愛媛にまでお買い求めに来る方もいらっしゃるとか。出来ないことで心を悩ませるよりも、できることで頭を使おう!折角ラジオ局と組むことが出来たのですから、今まで活用できていなかった『木の音』の商品化に(喉元すぎないように早めに!)取り組みたいと思っています。写真左より井部健太郎君。FM愛媛の倉渕常務、パーソナリティの増原安希子さん。

※「えひめまるごと15分 森の久万産らじお」はFM愛媛で毎週木曜日 11:40〜11:55 放送中




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up