森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

私が言うところの『変人・偏屈・変態材木屋』というのは、人間的に性格に問題があるとか、挙動不審とか頑固一徹とかいうわけではなく、木に対してそのひとなりのモノサシを持っていて、信念を持っている人のこと。学者先生みたいに木の知識があるという事も、それはそれで職業的材木屋としては持っておくべく大切な素養の一つだとは思いますが、それではただの木に詳しい材木屋に過ぎません。そういう人は堂々と明るい王道を歩かれた方がいいのです。木材業界のためにも。まあ、私にはほとんど興味の無いどうでもいい話なのですが・・・

私たちは高度な木材の学術的知識も持ち合わせていませんし、高級銘木を倉庫に溢れるほど持っているわけでもありません。月に何棟のプレカット材を運んだという長けた営業力もありません。しかしそれでも、私たちには常人では考えもつかないような(呆れて真似などしようとも思わない)木に対する偏執的な変態的な愛情があります。私の場合は、より多くの木を見たい、触りたい、削りたい、揃えたい、そしてその木の事を喋りたいという多樹種異常偏愛があります。若い頃は隠れてコソコソしていたものの、もう今は隠すどころか公言しています。そう、病気なんです。

だから今までは無理して明るく大きな道を歩いてきましたが、どうにも息苦しくて落ち着かず馴染めませんでした。なにより仕事が楽しくない。どうせ一回きりの人生、後で後悔するぐらいなら自分が本当にやりたいことをしようと思って、選んだ外道・邪道はまさに私にピッタリの場所でした。そこには同じ症状の仲間もいるし、面白い木が沢山あって、なによりも仕事が楽しい!自分が持っている道具はまさにこの道を往くためにあったのだと気づかされるほど。なにより素晴らしいのは、そこにある木の多くがほとんど手をつけられてなくて出口がまだ未開だということ。

これから自分たちの手で出口を切り開けるということは、たとえそれがどんなに小さなものでも嬉しいし、それこそが変態材木屋にとっての冥利。そんな世界には王道のルールや決まりごとは不向きだし、それを持ち出すのは無粋というもの。自らの手を汚した者だけが、出口の扉を開く資格があるというのに、この世界に来てまで誰かを頼って己は高みの見物をする気とは片腹痛い。ちょっと思うところあったので、抽象的な話になって一般の方には分りづらい内容となってしまいました。明日からは具体的に、そんな変態材木屋に集まる変態なお客さんの話・・・




市場や木材商社から買った私の木材仕入れリストやトラックで運ばれてきたそれら現物を見て、「こんなモノ買ってきてどうするの?こんなモノ誰に売るのか?」などと呆れたり、好奇の目で見る同業者は多いのですが、そんな事は慣れっこ。いちいちそれを誰にどう売るのか、説明するのも阿保らしいのでまともに相手にする気にもなりません。自らあえてそういう外道・邪道の道を選んで進んでいる偏屈人なので、なんと言われようと信念は揺らがないし、むしろ変人フラッグを立ててもらってありがたいぐらいなのです。

わざわざ自分から変人ぶりを説明する手間も省けて、それを覚悟でご来店いただくので、変な誤解も減りました(ここには柱や梁桁などのまともな木材も置いていないのか!というお叱りやら呆れ)。それはまさにわが意を得たりの状況なのですが、最近そんな外道・邪道の道に興味本位で飛び込んでくる「まともな人」が増えてきてちょっと困っています。今後の新築の住宅が減るのを危惧して、「まともな材木屋」が住宅以外の出口探しに奔走されていて、こちらの世界に足を踏み入れて来られる。来られるのは構わないのですが、それがあまりにも無防備で覚悟が無いのが問題。

少し前まで、私の仕入れリストに見て「まともな材木屋が買うものではない」なんて仰っておられた「まともな材木屋」ですから、こんな外道・邪道の世界を通るのも不本意なのでしょうが、それにしても郷に入っては郷に従うべし。本気で山に木を見に行くのに革靴で山に入る人はいないでしょう。本気でこの道を往こうと思うならば、せめてその心構えぐらいしておくべきだし、最終出口だって人任せにせずに自分の手で切り拓くべき。木を測るモノサシだってこちらの尺度にあったそれに変えておくべき。なにしろこちらは鬼が出るか蛇が出るか分らぬ外道・邪道の世界

もしも、そんな世界に快適な夢の出口があるとでも思っているのならば即刻もとの明るくて大きな道に戻ったほうがいい。灯りもないような暗闇の中で手探りで出口を探っていて、同じ血族の仲間たちとも多く出会いました。そしていま彼らと共により多くの出口を探しているところですが、そこで感じた事は、この仕事がとんでもなく面白くて、とんでもなく木が好きな連中だということ。そこで木材業界が危機的状況にある最大の原因に気づく。それは、木が好きではない人が木の仕事をしているから。木に愛想をつかされたのだ!続く・・・




数日前の事ですが、とあるご縁から香川県高松市川西木工所さんご一行がご来店いただきました。今回初めてお会いしたのですが、川西木工所さんは、社長の川西明祥さんが、1981年にコタツの製造を主とした木工所として創業。2000年には手作り家具製作開始され、現在ではふたりの息子さんとともにオーダーの手作り家具を手掛けられています。お会いするのは今回が初めてだったのですが、聞くと岐阜の木材市場にまで仕入れに行かれているということで、もしかしたら今までに市場でお会いしたことがあったかもしれません。

木の世界って広いようで狭いですから、辿っていけば共通の取引先に行き当たるなんてことは少しも珍しくはありません。特に広葉樹の世界はさらに狭いので、特殊な見積もりだとその図面が全国を飛び交うなんてこともしばしば。なので面識はなくとも、名前ぐらいは聞いたことがあるっていうぐらい数も少なくて特殊な業界なのです。だからそういう世界にこだわって生きてこられた方というのは腹に一家言持っておられて、話を聴くだけでも面白いし勿論とても勉強にもなります。こういうご縁は本当にありがたい。

とはいえ、弊社の場合はここで家具を作ったりしているわけではなくて、あくまでも家具職人さんたちとチームを組んでの取り組みなので、技術的なモノは何もお見せできるものはありません。在庫と言っても樹種数こそ多いものの、たいして量があるわけでもないので、プロの人から見れば食指が動くなんてもののないと思われます。まあ、マニアックな路線ならばいくらかお見せするものはありますが・・・。ただし技術はなくとも、木のことを喋れる口はあるので、木のお話ぐらいはできます。武器はそれしかありませんが(笑)

【森のかけら】の事や、都市林業や端材の事などこちらが一方的に話してばっかりで、すっかり時間も経ってしまい川西さんのところのお仕事の事をほとんど伺えませんでした💦なので今度は香川に行った際に工房を訪問させていただこうと思います。若い頃は私も全国各地の工場や会社を訪ね歩いて勉強させていただいたのに、最近すっかり出不精になってしまっていて猛省中。見たり聞いたりして学んだことが生かせれるうちに、行きたいところには早めに行っておかねば。油もささないと心が錆びついてしまう。

 




この秋、松山市二番町にオープンした居酒屋『蔵と炉』さんに先日お邪魔させていただきました。飲食店のカウンターやテーブル、内装材など少しでも関わらせていただいてお店には、完成後なるだけ客として伺わせていただくようにしています。弊社が木材を現場に届けさせていただくのは、工事の初期から中盤なので、それからどういう風に仕上げられたのかを見ておきたいという興味もありますが、わずかながらでもご縁があったお店は繁盛していただきたいものです。わずか一人でもファンが増えて悪い事はないでしょうから。


工事を請け負ったのは『すずかけ商会』さん。東京で飲食店で修業をされたオーナーが、松山市内でお店を出されることになり、お店の顔でもあるカウンターやテーブルなどの材を求めて弊社にやって来られたのは数か月前のこと。住宅と違って商業店舗の仕事はとにかく速いので、この間材料を持っていったと思ったらもうオープンしてたなんてことはよくある事。今回もオープンしたらすぐに行こうと思っていて、少し油断してたらもうオープンして1週間以上も経っていました。ちょうど会議があって町に出たのでとりあえずご挨拶だけでも。

開店直後の時間帯だったのでまだお客さんが少なかったので、了解を得て店内の写真を撮らせていただきました。カウンターには私が削って仕上げさせていただいた3mモノの一枚板の『ユリノキ』がL型に組まれてお出迎え。大五木材を出たときはまだ無塗装の白肌のままでしたので、どのようになるのだろうと思っていましたが、キッチリお化粧を施してもらって麗しい姿に変身しておりました。大きな流れ節のある木で、少し心配していましたが、それがかえっていい感じにアクセントとなって、ナチュラルな雰囲気を醸し出していました。

材木屋ゆえ、地の色を引き出すオイルのクリア塗装をに執着することが多いのですが、こういう事例を見るとケースバイケースだなと思います。どの材もカウンターに十分な硬度や質感が備わっているというわけではありませんから、それに少し色を足すとか、硬度を高めるとかの工夫は必要かなと思います。そうすることで、そのままでは使い切れなかった場面にも使えるようになるという意味では店舗屋さんは発想が臨機応変で合理的。意固地になって木の出口を閉ざしてしまっては本末転倒。ビールの蒲色がカウンターに溶け込んでいました。

写真では分りづらいですが、棚などにはスギ米栂中国栂などが使われています。弊社に来られた際に、オーナーが長野県のご出身という事を耳にしたので、ここは『長野県の木』をご提案したかったのですが、生憎長野の木はカラマツのパネリングぐらいしかなかったので私の方が勝手に断念(笑)。不思議なものでちょうどその頃に、別の現場で長野のカラマツのフローリングのご注文が入っていたり、長野の方から板材のご注文をいただいて材料の段取りをしていたりと大五木材が長野県と縁づいていました。これも引き寄せの法則かも?!


そういえば、お店の棚には、先日ブログでご紹介した日本酒『城川郷』も並んでいて、ますますご縁を感じました。お店の売りは炭火でじっくりと焼き揚げる原始焼き!本当はそれを味わいたかったのですが、その日は後の予定があったので原始焼きは次回のお楽しみとさせていただくことに。それでもからし焼きは絶品でそれだけでビール2杯いけました。炭火の温もりが恋しい季節になって来ましたのでまた近々、お邪魔させていただこうと思います。木でつながったご縁からひともつながることができるのも材木屋の特権

原始焼き酒場 蔵と炉 KURATORO

定休日 :




今年の中学生の職業体験は、地元の鴨川中学校、内宮中学校、津田中学校の3校から延べ9人の生徒を受け入れさせてもらったのですが、そのうち1日は初めて顔を合わせた2つの学校の生徒が共同で作業に取り組んでくれました。ほとんどの中学生にとって馴染みがないであろう材木屋という職業に触れて、世の中にはこういう仕事もあるという事を知ってもらう事はとても意義があることだし、木のファンを増やすという弊社の命題に沿っても広義の意味での木のファンの種まき』になるとは思いますが、さすがにこのあたりが限界。

これ以上受け入れていると、何か別の組織でも立ち上げなくてはならなくなります(笑)。なので受け入れ数も、このあたりが限界かとは思いますがお礼の手紙とかもらうとついつい・・・。ところで、この職業体験については数年にわた受けさせていただいている事もあって、弊社の中である程度内容をマニュアル化しています。まずは早い段階で私の方から材木屋の仕事とか、大五木材が考えている事、そして大五木材という材木屋が業界の中でも特別で、この体験が決して材木屋のスタンダードの仕事ではない等の注意事項など説明します。

その後で彼らがどれぐらい木に興味があるのかを知るために、「今思い浮かぶ木の名前を挙げてごらん」という質問をするのが定番。今までの経験でいうと、スギ、ヒノキ、サクラ、マツ・・多くて7~8種類。まあ普通の中学生だとそんなものだと思います。一応、材木屋を選んで来てはいるものの、決して数ある職業の中からピンスポットで材木屋という職業を選んで来ているわけではなくて、建築とかものづくりに関する仕事というよな漠然としたイメージがあれば=何か関わりありそうだから大五木材に、という程度の理由なので特別木に対して興味があるというわけではありません。

ですから10種も出ればたいしたものだと思っていたのですが、今年の子どもたちにも同じ質問をしたら、意外や意外に木の名前が次々に!しかも『米ヒバ』だの『シラカバ』だの。えッ、もしや『さかなクン』的な人材の登場なのか?!一瞬驚きを覚えましたが、15種ぐらいで名前が出なくなりました。それでも十分凄いですが。よく知っているけど木が好きなのかと尋ねてみると、木が好きというわけではなくて、「ゲームで覚えた」との回答。詳しくは分かりませんが、木の素材を集めて家などを作るゲームアプリがあって、それで木の名前を自然と覚えたという事でした。

どうもそういうゲームが流行っているらしく、他の学校の生徒も同じような木の名前を出していました。バツが悪そうにゲームで覚えたんでと言ってましたが、それで十分!木に興味を持つ入口なんてなんだっていいのです!いろいろな種類の木があって面白いと思えば、もうそれで木の世界に入口に立っているのです。私もアカデミックな話は苦手で、桐は鳳凰の止まり木だと、お月様には500丈の巨大な桂の木が生えているとかいった伝説・伝承が大好き。面白そうと思った時、木の世界の扉は開かれる。そして一歩足を踏み出すのだ。気がついた時には、もう抜け出せない底なし沼に落ちている!

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up