森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今年の中学生の職業体験は、地元の鴨川中学校、内宮中学校、津田中学校の3校から延べ9人の生徒を受け入れさせてもらったのですが、そのうち1日は初めて顔を合わせた2つの学校の生徒が共同で作業に取り組んでくれました。ほとんどの中学生にとって馴染みがないであろう材木屋という職業に触れて、世の中にはこういう仕事もあるという事を知ってもらう事はとても意義があることだし、木のファンを増やすという弊社の命題に沿っても広義の意味での木のファンの種まき』になるとは思いますが、さすがにこのあたりが限界。

これ以上受け入れていると、何か別の組織でも立ち上げなくてはならなくなります(笑)。なので受け入れ数も、このあたりが限界かとは思いますがお礼の手紙とかもらうとついつい・・・。ところで、この職業体験については数年にわた受けさせていただいている事もあって、弊社の中である程度内容をマニュアル化しています。まずは早い段階で私の方から材木屋の仕事とか、大五木材が考えている事、そして大五木材という材木屋が業界の中でも特別で、この体験が決して材木屋のスタンダードの仕事ではない等の注意事項など説明します。

その後で彼らがどれぐらい木に興味があるのかを知るために、「今思い浮かぶ木の名前を挙げてごらん」という質問をするのが定番。今までの経験でいうと、スギ、ヒノキ、サクラ、マツ・・多くて7~8種類。まあ普通の中学生だとそんなものだと思います。一応、材木屋を選んで来てはいるものの、決して数ある職業の中からピンスポットで材木屋という職業を選んで来ているわけではなくて、建築とかものづくりに関する仕事というよな漠然としたイメージがあれば=何か関わりありそうだから大五木材に、という程度の理由なので特別木に対して興味があるというわけではありません。

ですから10種も出ればたいしたものだと思っていたのですが、今年の子どもたちにも同じ質問をしたら、意外や意外に木の名前が次々に!しかも『米ヒバ』だの『シラカバ』だの。えッ、もしや『さかなクン』的な人材の登場なのか?!一瞬驚きを覚えましたが、15種ぐらいで名前が出なくなりました。それでも十分凄いですが。よく知っているけど木が好きなのかと尋ねてみると、木が好きというわけではなくて、「ゲームで覚えた」との回答。詳しくは分かりませんが、木の素材を集めて家などを作るゲームアプリがあって、それで木の名前を自然と覚えたという事でした。

どうもそういうゲームが流行っているらしく、他の学校の生徒も同じような木の名前を出していました。バツが悪そうにゲームで覚えたんでと言ってましたが、それで十分!木に興味を持つ入口なんてなんだっていいのです!いろいろな種類の木があって面白いと思えば、もうそれで木の世界に入口に立っているのです。私もアカデミックな話は苦手で、桐は鳳凰の止まり木だと、お月様には500丈の巨大な桂の木が生えているとかいった伝説・伝承が大好き。面白そうと思った時、木の世界の扉は開かれる。そして一歩足を踏み出すのだ。気がついた時には、もう抜け出せない底なし沼に落ちている!

 




悪魔の爪* 

掌にそげらが刺さると痛い木のベスト3は何?なんていう話題で盛り上がるというのは、掌に切り傷や擦り傷だらけの材木屋のあるあるネタだと思います。何がもっとも痛いかというのは個人差があるのと、専門的な樹種を扱っているところだと頻度の問題でどうしてもそういう木になるもので、これこそ一番!(決して名誉な事ではありませんが)というのは決められないと思います。私の感覚ではアイアンウッドのような硬質な材のそげらは柔らかい皮膚の奥まで突き刺さるので半端なく痛いのですが、それゆえに注意して取り扱っています。

今までの数々の痛い経験から、気をつけるようになったので、最近は硬い木であまり酷い怪我をしたことはないのですが、むしろそういう意味で怖いのは油断していて不意をつかれたとき。例えばスギ。乾燥してしまえばかなり軽量で、住宅の下地から造作まで非常に汎用性の高い素材で、毎日触っていると言ってもいいほど、何かしらの形でスギには触れています。それゆえについ油断してしまうのです。しかもそれは、人工乾燥なり天然乾燥によってよく乾いたスギほど危険が潜んでいます。先日、カラカラに乾いたスギの板を加工していた時の事。

弊社の加工機は旧式なので、片方から材を送り込むと加工して自動で戻ってくるようなオートリターン機能などがついておりません。材を加工機の突っ込む人と受け取り送り戻す人の2人組で作業をします。その日は私が材を受け取る側で作業をしていました。何十枚ものスギの板をずっと削っていると注意も散漫になっていて、手元をよく見てなかってんでしょう。ザクッ!そげらとは違う別の感覚の激しい痛みに思わず手を払いました。色白の私の掌に赤い小さな穴。そこから滴る赤い血・・・何かが突き刺ささりました。

スギに限ったことではありませんが、乾燥すると粘りの無い節が加工などの衝撃によってポコンと抜け落ちてしまうことがよくあります。いわゆる抜け節、欠け節というやつです。これが材の変面部分で起こった場合はよく分るので、補修等もしやすいのですが、問題は材の端とか角で起きた場合。ちょうど角のところが鋭利な鳥のクチバシのような形状になるのですが、これが材の側面だと気づきにくいのでつい油断してしまうのです。私はこれを『悪魔の爪』と名付けていて、大きな怪我をしないための注意喚起だと思うようにしてます。

というもっともらしいことを言って自分のおっちょこちょいぶりを誤魔化しているだけなのですが(笑)。しかしこの『悪魔の爪』はやっかいもので、結束しようとするときも紐がここに引っかかったり、養生のビニールが裂けたりと、文字通り悪魔のごとき所業!補修しようにもここまで節そのものが欠落してしまうと補修も結構大変。下地でその必要もないとなるとそのままにしておくのでついさっきの事なのにまたその存在を忘れてまた「悪魔の爪」の餌食に!これも物言わぬ木のささやかな抵抗。木だって削られたら痛いもんね。

 




少し前に、今年も地元の中学生の職業体験の話を書きましたが、実は今年はその他に2つの中学校からも同様の依頼がありまして、内宮中学校津田中学校から中学生が材木屋に体験学習にやって来ます。いずれの学校とも職業体験を受け入れるのは初めてですが、内宮中学校は会社から数百mの所にあるもっとも近所の中学校。その間がちょうど校区の境なので、うちの子どもたちは数百m先の内宮中ではなく、校区の端っこにあたる数キロ先の鴨川中学校に通いました。遠いと随分と泣きも入りましたがお陰で足腰は鍛えられたみたい。

今回は中学二年の男子ふたり。鴨川中学の生徒はは、うちのこどもたちも卒業生であることや、住んでいるのが同じ校区ということもあってまったく緊張感もありませんでしたが(これは今年に限らず毎年)、内宮中のふたりはかなり緊張していてガチガチ。話を訊いてみたら、ふたりはクラスも違って、話をするのもこの職業体験が初めてという事でした。緊張感あるのも無理はない。鴨中の子たちは、同じクラスの仲の良い友達が来ることが多いのでリラックスしているもの当然なのですが、この緊張感溢れるふたりがとてもまじめに仕事に取り組んでくれて好感が持てました。

今まで沢山の子どもたちがやって来てくれましたが、まだ中学生ですから将来の仕事に対して漠然として思いしかなくて、材木屋になろうなんて思って大五木材を選んで来たのはわが愚息ぐらい。中には軽いイベントぐらいの感覚で来ている子もいますが、今回のふたりはそもそも互いが親しくないことや、材木屋という場所や環境に慣れていないこともあってか、終始無言で仕事に取り組んでいました。それでも最後は緊張感も解けて木の仕事を楽しんでくれてようです。この後数週間後にまた2日間来てくれます。

流通系の材木屋で一体何を体験させているのだと思われているかもしれません。実際に子供たちに訊いても、チェーンソーで木を伐るとか、家を建てると思っていたようだし、確認にやって来られた先生も作業風景を見て初めて大五木材の仕事を理解されます。子どもたちに体験してもらうのは、従来の『材木屋』としての仕事ではなく、『木のもの屋』としての仕事で、体験する子どもたちも戸惑いがあるかもしれません。きっと今の方向に向かっていなかったら、体験してもらう仕事もなかったし、そもそも職場体験をお受けできていなかったと思います。ここまで辿り着くのに随分遠回りしましたが、いま材木屋としてとても心地いい場所にいます

 




広島からの帰りは、久しぶりのフェリー。平日だった事もあり船内は人もまばら。子どもが小さかった頃は、船という日常とは違う異空間が楽しかったらしく、よくフェリーに乗ったものですが、最近はほとんど利用することがなくて本当に久しぶりでした。平日の遅い便という事あってさすがに船内に人影はまばらでゆっくり休むことが出来ました。四国が本州と繋がるひと昔前は、すべてこうしてフェリーで海を渡ってきたものです。逆に我々が本州に出る際もフェリーが必須。

到着時間の関係で夕方から深夜に船に乗って、翌朝早くに目的地に着くことが多かったため、おのずと船内では酒盛りが行われたりしたものです。展示会などだと、行き時は「全部売ってくるぞ~!」と威勢はいいのですが、帰りはションボリと意気消沈する事も多くて、行きはよいよい帰りは怖いを地で行くフェリー旅でした。まあそんなフェリーでの行商も仲間がいれば、気分転換のミニ旅行みたいなもので(まだまだ景気も良かったので)、売り上げ云々よりも道中の話の方が楽しくて、今ではいい思い出です。

久しぶりにフェリーで横になったと思ったらもう到着。当初はそのま帰るつもりでしたが、善家君の高校時代の友人がやっている寿司屋が近くにあるというのでそこで晩御飯を食べて帰ることに。看板はよく見かけていましたが、入るのは初めて。三津浜の「次男坊寿司」さん。フェリーの発着する港に近いこともあって外国の方が多いようで、その日の私の隣の席の方も中国の方のようでした。そういえば昔はよく遠洋漁業で愛媛に立ち寄った(当人たちがそう言っていました)外国人が動物の毛皮の敷物とかを買ってくれと会社に訪ねて来ていました。

もちろんそんな怪しいもの買ったりはしませんでしたが、丸太ん棒のようなでっかい腕にビッシリとタトゥーの入った髭もじゃの外国人が、熊やら虎やらの毛皮を担いでやって来たら腰が引けます。まあ当時は買いたくとも買えるようなお金も持っていなかったので、シドロモドロで本当にお金が無いと伝えたら、諦めて帰っていきました。もしかしたら彼らの国では材木屋はいずれもお金持ちで格好のお得意様だったので、日本でも材木屋を狙ったのかも(笑)。残念ながら材木屋にも大小いろいろありまして大きな見当違い。

久しぶりのフェリーに乗って、港の近くで外国の方にあって、そんな昔話を思い出したりして、折角美味しいお寿司をいただいたのに料理の事は疎くて、その美味しさをうまく伝える筆も持っていないため申し訳ないです。で、お店を出たらその前にたまたま、以前こちらに引っ越してきた際にテーブル用の木材を求めて弊社にやって来られた設計事務所さんの事務所でした。遅い時間でしたのでもうお店は閉められていましたが明かりがついていて中の様子は伺えました。最後の最後まで木にご縁のある広島の旅でした。

 

 




このところずっと工場に閉じこもって作業することが多くて、ほとんど外に出れていなかったのですが、その反動なのか県外に出る機会が続いています。という事で本日は、弊社の懐刀である家具職人の善家雅智君(ZEN FURNITURE)と一緒にステップワゴンに木材を積み込んで、道中の配達も兼ねて一路広島へ。その目的は、特殊加工の鬼こと『特鬼』の㈲トミタさんに特殊な加工をしてもらうための打ち合わせ。工場に着くやいなやズボンのポケットからノギスを取り出し厳しい目で木を測る冨田徳明社長。どやしつくられるのではと不安そうにそれを見つめる善家・・・

今回初めて直接会うことになる善家君には、道中の車の中で、会っても絶対に直接目を合わせるな(敵意があると思われるから)、無言で懐に手を入れるな(飛び道具を出すと思われて先制攻撃を受けるから)等の、基本的な危険動作についての説明はしておきましたが、何か粗相がないかとハラハラドキドキ。そんな私の心配をよそに、木の加工職人同士、平和的に私には理解不能な専門用語を繰り出しながら、サクサクと打ち合わせが進んでいきます。こうなってしまうと、リスクヘッジ要員の私としては出番がなくなり、おとなしくふたりの様子を見つめるのみ・・・。

善家君があまり無理なお願いをして、ブチ切れた冨田君が「おどれ、そないなもんが簡単に加工できるとでも思うとるか~!甘い事ばっかり言いよったら裏の木材港の海に沈めちゃろか~!」的な事を言い出す事態になってはと、一応シャツに下には厚い電話帳は入れておきましたが、その心配もすっかり杞憂に終わり少々拍子抜け。こうやって人のイメージが作られていくのは怖い事です(笑)。しかしこういう特殊加工のスペシャリストがいると本当に助かります!県外からの依頼も多いようで実に多彩な加工をされています(内容は極秘!)

今回の訪問の主目的である特殊加工の打ち合わせも無事終わりましたので、ようやく懐の弾除けの分厚い電話帳も取り出しリラックスして、工場の中を見学させていただくことに。正直私は機械にはとても弱くて、その機能やら精度とかは聞いてもチンプンカンプンなのですが、善家君は興味深く見入っていました。私の方はそれよりも、そんな特殊な機械から生み出されるモノに興味があって、目を引いたのは工場の片隅に作りかけて置いてあった『市松柄のりんご』。『森のりんごの市松柄』をいつオーダーしてたかと見まがうほど!

こういう加工がさりげなく出来るのがうらやましい。図面や建築の事を一切勉強せずに業界に入りここまで来てしまった私は、家具の制作についてもいつも善家君とボディランゲージ並みのやり取り。理屈や構造がちゃんと理解できていれば、自分の漠然としてイメージをもっと正確に伝えられるのにといつも悔やんでいますが、いやだからこそ誰かの助けが必要になって、その結果こういう素敵な仲間とチームプレーが出来るのだとポジティブシンキング!冨田君、忙しい中お付き合いありがとうございました。仕上がり楽しみにしています。

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up