森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

私はあってが弊社にやって来た木材は骨までしゃぶりたいという強欲な人間なものですから、どうしても材の足が遅いというか回転が悪いのです。入ってきた材が、そのまま全部すぐに右から左へと売れる、なんていうのは材木屋の理想といえるありがたい商いなんでしょうが、私の場合はそれだとモッタイナク思えて・・・。それがまだスギやヒノキのように日頃からよく目にしている木であれば、そこまでは思わないものの、変わったりした木だと「自分を素通りして売れてしまうなんて口惜しい!」完全にアウト!

梱包をさばいて1本ずつなめ回すように見て、写真を撮って、自分の肩に乗せて重さや質感を確かめながら倉庫に立て掛けて、値札をつけて、しばらくの間ひとりでニヤニヤしながら眺めては悦に入り、少しぐらい加工をして刃物切れや塗装のノリを確かめて、また写真を撮って、図鑑とかで情報を集めて、たっぷりブログに書いて、それから少しずつ売れてく、というのが私の望むべき姿。経営者としては完全に失格。自分でも分かっているのですが、こればかりはどうしようもない。その木と少しでも関わりあいたいッ!

そんな青臭いことを言い続けた結果が今の倉庫に反映されていて、さすがに私も猛省して、かけら70,000個突破記念という事もあってロングセールである程度昔から眠っている材を回転させようという事にしたのです。そんな思いが神様に通じたのかどうかは分かりませんが、いつもは全部売切れるまでに半年ぐらいかかっている『カランタス』の梱包が、珍しく入荷後およそ1週間で完売!商売としては滅茶苦茶ありがたい事なのですが、そうなると私の中のビリー・ミリガンが目を覚ますのです!

まあ今回はギリギリのところで覚醒させなかったのですが、今回ばかりは一度ブログで書いた材については、『泣いて馬謖を切る』覚悟で売り切ろうと思っています。カランタスは細幅に加工して、天井や壁材としてよく使っていただいているのですが、今回は材に印刷してある文字とかが面白いと気に入っていただきまとめてのおとな買いをしていただきました。市場ではいまひとつ知名度が低く、存在感も希薄なカランタスですが、オイルを塗ればチークと見間違うほどに重厚さと落ち着きが出てきます。モノは使いよう。




新しいモノをいろいろ企画して考えることは大好きで、時間も忘れるほど没頭するのですが、それが完成した途端に急激にテンションが下がりはじめ、その商品のリーフレットが出来上がる頃には完全に「やり切って真っ白に燃え尽きた」状態に陥る事が多々あります。そうやって販売に力が入らずにほとんど日の目を浴びぬまま倉庫の棚で埃をかぶってしまった商品も数知れず。そういう意味では、もう10年以上も売り続けていていまだに興味が尽きない【森のかけら】は私の中では特別な存在。

ただ木を35㎜角のキューブ状に加工してオイルを塗って、ネームシールを貼っただけという極めてシンプルなモノだけに、「飽き代(しろ)」が無いというか、これ以上足したり引いたりしようが無いので、放置せざるを得ないのと、常に在庫を補充し続けていかないといけないので、興味を失くす暇が無いというのがその理由かもしれません。それと、一応現在は240種という事にしていますが、まだまだ新たな種類が増えていますので、追加で続編を作らなければならないという「勝手な使命感」もあります。

30年の間にいろいろ作ってようやく気がついたのは、熱しやすくさ飽きっぽく私には【森のかけら】のようにシンプルなスペックで、新たに樹種を増やし続けられ、低い状態でテンションを持続できる商品が(しか)向いていないという事。今思えば、もし【森のかけら】を作り上げていなかったら永遠に私の好奇心は、安住の地を見つけられることなく彷徨い続けて、倉庫にはその亡骸で埋め尽くされていたことだと思います。今でさえかなりの商品が眠っているのに、考えただけで戦慄が走ります。

傷や加工ミス、虫穴、欠損などは『夢のかけら』という別の出口商品(30個で¥4,000+消費税。ただし専用桐箱ナシのビニール梱包)を作ったことで、【森のかけら】に関しては、70,000個という販売総数に対してはほとんどデッドがありません。そういう意味でもまさに理想的な商品。ただし240種の樹種それぞれの在庫の事を考えると、1つの樹種が10個でも2,400個、100個だと24,000個、1,000個だと240,000個・・・いやまあそんなに在庫しているわけではないのですが、掛け算なので油断するとすぐに在庫が膨らんでいってしまい、大な数になるので70,000が消し飛んでいきそうなのです・・・。そういう意味でも、今後もこのまま少しずつでもいいのでジワジワと末永く売れ続けていくロングセラー商品になっていってもらわねばなりません。浜の真砂は尽きるとも、世にかけらの種は尽きまじ




NCなどを使うような特殊な加工を必要とする仕事の場合は、県外の取引先へこちらから材料を送って加工してもらったりしています。NC加工だけでなく、地元では職人さんが忙しくて出来ないとか、物量的に大きな工場の大型機械を使わないと間に合わないという場合も県外の取引先に手伝っていただくのですが、そういう時に限って納期が無いッ!作ってこちらへ送ってもらって検品して、ダメなモノが出たから作り直そうなんてしてたら絶対に間に合わないというようなケースではこちらも保険をかけるしかありません。

多少ハネ品が出るのを見越したうえで少し多めに材料を送ります。その材料がスギヒノキのような一般的な材料であれば、失敗したらそちらの在庫品で対応して、とも言えるのですが、弊社が請け負わせていただくような仕事は特殊な材料で作らせていただくことも多く、どこでも在庫してあるような汎用性高い素材であることの方が稀。キッチリ数通り揃うのが理想なのですが、相手が『生きている素材・木』だけにいつもうまくいくとは限りません。削ってみたら節が出た、虫穴出た、反った、問題山積!

加工は問題なく出来たとしても、、木目の具合や逆目、ヘアークラックなど、細かな事を言い出したらキリがなくなるのですが、素材にもこだわっている方が多いのでどうしてもこちらも慎重にならざるを得ません。そういうわけで毎回いろいろなモノを作るたびに少しずつ「おまけ」が残っていきます。勿論何かしら問題がある「おまけ」の場合もあれば、ただ単に作りすぎただけの「おまけ」もあります。それは次に別の方から依頼を受けた時の見本になったり、質感を確かめるにも役に立つこともあります。

たま~にそうやって役に立つことがあったりするものですからついつい調子に乗ってどんどんストックしていたのですが、気がついたらそれを収納するケースが無数に!中にはもう二度と同じ物作らんだろうというような形のモノから、一体どういう用途で作ったのかも忘れてしまって、存在に意味も無くなってしまったものなど多数。そういうモノをオンラインショップで、少しずつ販売しておりますが、こちらも何のためにつくったのか失念してしまった一品。何かを斜めに掛けるための台座だった?

すべて同じ形状で、素材はケヤキトサツガヨーロッパ・ビーチカツラの4種類。オンラインショップの中の『自由工作・発想無限 』(我ながらなかなかいいネーミングだったと独り悦に入っております)というカテゴリーで販売させていただきます。シンプルな形状ですが、これでもわざわざ注文したら結構な値段になると思います。多少誤差はありますが、長さは75㎜、厚みが12㎜、端から32㎜いったところに32㎜の幅の溝があります。何か斜めに掲げる台座にでも利用していただければありがたいです。合計57本




来るべき10月10日からの『森のかけら累積販売個数70,000個突破記念・感謝特別ロングセール』(←くどいがPRのためあえて書く!)ために、今準備すべきは倉庫の抜本的な整理。という事で、今回は本気で整理してます!まずは一般の方向けの端材の棚ですが、今までその一部だけを活用していただけでしたがスペースを拡大して、価格帯ごとに分けて陳列すべく大掃除&片づけ。今まで上の方だけちょいちょいといじってごまかしてきましたが、今回はいったん全部棚から降ろして選別します!

小さなモノについては、分かる限り樹種名を書いてキャリーにひとまとめ。こうしてモノをまた重ねるだけでは、片付いたようで結局片付かないので、ここは腹をくくって『端材の端材・激安どれでも50円!』という事で、裏の小屋で販売します!来週の25日から販売開始しようかと思っていたのですが、休みの日でない来られないとという人もいらっしゃるので、片づけながら整理できたものを小屋に移しながら今日からでも販売を始めさせていただこうと思っています。とりあえずこんな感じ。

本当に『端材の端材』ですが、小さなモノづくりをされている方には、松山ではなかなか手に入りにくいいろいろな広葉樹の端材が揃っています。今片づけ作業の真っ最中ですが、全部片づけ終わるころには恐らく何10個ものキャリーが出てくるはず。そうなるとまたそれを置く場所に困るので、ドンドン買ってもらって空っぽのキャリーを作っていかねばなりません。これよりももう少し大きな材もありますので、そちらはまた後から『どれでも500円』、『どれでも1000円』として売り出す予定です。

広葉樹の端材を使う方って、その木が何の木なのか知りたがる方が多いので、なるべく樹種名は書くようにしていますが、もっと樹種が偏るかなと思っていたら意外にさまざまな樹種がありました。ああ、あの頃はこの木で何を作ろう、こうやって販売しようと夢描いていたんだろうなと思いながらも、未練と思い出を断ち切ってキャリーの中へ・・・。中には「これが50円!」というような超お買い得品もありますので、興味のある方はなるべくお早めにご来店されることをお勧めします

23日の日曜日は片づけがてら、10時から13時頃まではお店開けようと思います




平成18年の秋に正式にはつばい販売を始めた【森のかけら】ですが、それから10数間細々と販売を続けて来て、気が付けば販売累計で『70,000かけら』を突破しました。あくまでも『70,000かけら』で70000セットではありません(笑)。わずか35×35㎜のキューブですから70,000と言ったところで、材としてみればたいした量ではありません。材木屋だけにしか理解できない魔法の単位(?)㎥〔立方メートル〕に換算すればたかだか3㎥に過ぎません。3mの105角の柱でいえば90本程度。

量を売るという点では微々たる話ですが、付加価値をつけて売るという点では弊社に中ではもっとも優等生。今までにいろいろな木のモノを作ってきましたが、生来の飽きっぽい性格が災いして途中で投げ出したり、短期間で生産を止めてしまったものが多いのですが、その中で発売以来ほとんど形も変えることなく、(超せっかちな私の気持ちの中では)シーラカンスのように(!?)作り続け、売れ続けてくれたのが【森のかけら】です。シンプルな商品だったことが幸いしました。

下手に手を入れれたりする要素があると、手間をかけすぎて作るのが面倒になったり、手を入れすぎて自己満足の世界に入ってしまってここまで原型をとどめていなかったかもしれません。70,000個という数字は、「森のかけら36、100、プレミア36、森の5かけら、夢のかけら」すべての販売個数を足したものです。もっとも多いのは【森のかけら100】で、それだけで累積販売数500セットを超えました。全国から、少しだけ海外から、木を愛する沢山の方からお声をかけていただいた結果です。

100,000個あたりがキリのいい数字なんでしょうが、そんな事を言ったいたらいつの事になるやら分かりませんので、70,000個を超えたという事で、その気持ちを形をすべく、『特別感謝セール』を開催させていただきます。期間は10月10日(水)~12月28日(金)までのロングセールです!耳付きの一枚板やカウンター材、国内外の挽板、モザイクボード、木工クラフト品などいろいろなモノが対象です。20~30%OFFの特別価格にて販売させていただきます。商品が多岐にわたるため、一律〇%というのは難しいので個別に単価をつけていくつもりです。中にはあっと驚く特別価格の商品もご用意します!なお一般的な羽柄材の野縁や下地板、根太などは対象外となりますのでご了承ください。ぜひ期間中にご来店いただき、掘り出し物を探してみて下さい!(オンラインショップ商品は個別対応で検討中です)※追って詳しい譲歩をアップしていきます。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up