森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

材木屋万流といいまして、材木屋にも得手不得手があります。弊社は王道から外れたキワモノ的な木材の取り扱いは得意ですが、いわゆるウッドショックで品不足となっている柱や土台、梁や桁などの横架材、つまり家を建てる際の重要な構造材などは不得手です。まあそのお陰で影響も最小限ではあるのですが。多種多様な材を扱っているので、その端材から商品を作る(モザイクボードなど)のが骨身に染み込んでいるので、単一樹種でモノを作るのが苦手というか性分に合わない・・・

しかし実際の現場では、多樹種で個性が強いモザイクボードを使ってしまうと、全体のバランスが取れなくなってしまうので使えないという事も多いのです。モザイクボードにはモザイクボードに相応しい舞台を用意するから、ここは全体のバランス重視で収まりのいい、かつどこにでもあるものではないオリジナルティがあって、テーブルトップに使えるようなものはないのか?というご相談にお応えするために仕入れたのが、こちらの単一樹種による長手方向継手なしの幅剥ぎ合わせボード

回りくどい言い方をしましたが、要は小幅の一枚板を幅剥ぎしたボード。長さに対してのジョイントはありません。例えば2000×500×25㎜だとしたら、100~120程度の小幅の板を5枚ぐらい幅剥ぎ合わせしています。メープルとかシカモアとかそれぞれ1つの樹種で作っていますが、あえて節やブルースティン(青染み)、入皮など表情のある部分を取り込んでいますので、幅剥ぎボードとはいえ結構個性的です。商品名が無いのですが、呼びにくいので、縦方向の継手が無いという意味で『ソリッドボード』と命名しました。これで意味通じるかな・・・?

 

とりあえず今回お試しという事で、メープル、シカモア、ハンノキなど数種類を仕入れてみました。このソリッドボードを製造販売しているのは、北陸地区『森のかけら』総代理店でもある、石川県金沢市の㈱ムラモトさん。社長の村本義喜さんは私の兄貴分で、SNSや電話でやり取りしない日がないくらい日頃から情報交換をさせてもらってます。村本さんはかけらコレクターでありながらも商売のスタイルは弊社とは対照的。お互いが作る商品にも個性が出ます。金沢生まれのソリッドボード、モザイクボードと共に定番商品として愛媛でも根づかせていきたいと思っています。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Scroll Up