森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

サルの話が出たら避けるわけにはいかないのが、サルの名前がつく木『モンキーポッド』について。最近テレビを観る機会が少なくなって、例の日立のCM「この木何の木、気になる木~♪」を観ないのですが、まだ放送はされているのでしょうか。相変わらずテーブルには人気のある木なのですが、やはり「あのCMの木」という事で知名度は圧倒的です。見た目にも辺材の白身と心材の黒茶のコントラスト人気で、ほとんど説明も不要。サイズさえ条件にあえば必ずと言っていいほど候補の1つにあがる木です。

ただし偏屈材木屋としましては、そこまで知名度があって人気があると、ちょっと複雑な心境になってくるのです。読売ジャイアンツが大嫌いで、そこに挑む阪神タイガースが好きなように、そこまで人気があって説明も要らないような木ならわざわざウチが扱うのもどうかなと、ひねくり曲がった性根が顔を覗かせます。私としてはもっとマイナーでスポットライトの当たらないような木を自分の手で彫り出して世に知らしめたいようなところがあって、マイナーな木ほど応援したくなるのです。

木には何の罪も無いのですが、昔からそういう性格なのでメジャーな木については勉強不足なところが多くて、それで更に距離を感じてしまっているのですが。まあそれぐらいモンキーポッドは世間に知られている木という事です。耳の具合とかもそれほど癖が無いわりにナチュルな雰囲気があってとにか分かりやすく、一枚板のテーブルとしては最適な素材なのです。そうするとほとんど欠点の無い木のように思われるかもしれませんが、心配な点もあります。それが辺材(白太)の虫による食害。

モンキーポッドの心材部分は虫害を受ける事は少ないのですが、辺材の白太部分に多数の虫穴がある事は珍しくありません。虫穴があっても既に穿孔して材中に居なくなっていてくれればいいのですが、時々まだ中に潜んでいる事があるのが怖いのです。あまりに虫穴が多い場合は、耳を落としたり、虫穴が無くなるまで削ったりしますが、正直どこまでがゴールなのか分らない事もあります。特にモンキーポッドにはその傾向が強いのですが、これほど虫にも好かれるという事は虫界でもあのCMが流れているのかも!?




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up