森のかけら | 大五木材

 ★今日のかけら・#011 【山桜/ヤマザクラ】 バラ科・広樹・日本産(奈良産)

20090131e38080e5b1b1e6a19c

 

 

 

 

 

 

昨日テレビで読売テレビ制作のドラマ『さくら道』を観ました。岐阜県の荘川桜が舞台です。以前に『適材適所』でも書きましたが、数年前に実際にこの荘川桜を見に行きました。その場所に、不可能といわれた「400年生の荘川桜」の移植に尽力した電源開発㈱の高橋総裁が語った言葉が石碑に刻まれていました。その言葉は、其のとき以来、「巨きな木」に接する私の考え方の骨格となりました。

「進歩の名のもとに、古き姿は次第に失われていく。だが、人力で救えるかぎりのものは、なんとかして残していきたい。古きものは古きがゆえに尊いのだから。」

ダムを作ろうという会社のトップの言葉だとは思えません。昔の方は本当に気概と哲学があったのだと思います。特に「古きものは古きがゆえに尊い」というくだりに感銘を受け、自分なりに「(木も)巨きものは巨きがゆえに尊い」とアレンジして、その後の巨木に対する畏敬と感謝の念の指針とさせていただいています。

cal4hvhu

そもそもこの「400年生の荘川桜」の移植話は有名で、本や雑誌にも取り上げられ映画にもなっています。私は、中村儀朋「さくら道」(風媒社)を読んでいて、是非一度直接「400年生の荘川桜」を見てみたいものだと思っていました。桜の季節ではありませんでしたので、ドラマのような桜吹雪という訳にはいきませんでしたが、それは堂々として太古の昔からそこに鎮座していたかのような風格と威厳がありました。

 

 

 

仕事柄、大きな木を見ると「これで座卓が何枚取れる」とか考えてしまいがちですが、この木はとてもそんな気分にはなれませんでした。「材料」などと考えることが物凄く粗野で失礼に思えます。ドラマでも言っていましたが、桜の木はとても「力」のある木です。それは、強度運云々ではなく「霊的」というか、人を惹きつけてやまない魔力のような力があります。

部屋に桜のテーブルをひとつ置いただけでも、全ての雰囲気を持って行ってしまうくらい「木力」とでもいうべきオーラを発する木です。それゆえに、あまり考えなしに使うと全体のイメージを壊しかねません。赤身の中身に、緑や黒の淡い縞の入った山桜の美しさは、いつまで付き合っても飽きることがなく、材としても別格だと思います。

 ドラマの中でもこういうセリフがありました。「長い時間かかって分かることもある。何に意味があって何に意味がないかなど神様にしか分からない。」

「世の中にはいい事を言う奴もくだらない事をいう奴もいる。いい事だけ受け入れて後は聞き流してしまえ」

正確ではありませんが、確かこういう内容だったと思います。どれも考えさせられる言葉です。【森のかけら】を作り始めた当時、いろいろ言われました。道楽とか遊びごととか、そんな物が売れるわけがない、ゴミを拾ってきて儲けていいななどとも言われ口惜しい思いもしました人の噂を気にせずに生きられるほど卓見していませんが、自分には信念があったので迷いはありませんでした。

ドラマの緒方直人も信念の人・良二さんを熱演していましたが、個人的には僅かな出番の大滝〔武者小路実篤〕秀治のほとんど動かない静の演技は、笠 智衆を彷彿させる枯れの境地で素晴らしかったです。世間の評価の渦の中、長年戦った末にたどり着いた文豪の境地のようでもありました。その姿は、パッと咲いて散る桜のいさぎよさに通じるものがあるのかもしれません。日本人が愛してやまない桜は、かつての日本人そのものの生き方でもあったのだと思います。なにものにも屈しない高潔な信念のような桜の姿が、佐藤良二さんや高橋総裁の心の琴線に触れたのではないでしょうか。我々凡人には、なかなかそういう域には達せませんが、桜の季節を迎えるにあたり、ただ愛でるだけではなく桜という木についてもう少し考えてみようと思います。

catozyyw

 

 

 

 

 

 

 

春を告げる木

2. 木のはなし

20090324e38080e6a19c14月に入りいよいよ本格的な花見のシーズンが到来しました。今年は例年よりも桜の開花が早くて、4月になれば葉桜になってしまっているのではと思いましたが、すっかり杞憂に終わりました。市内を走ってみても満開の桜が至る所で、我が世の春を謳歌するがごとく咲き誇っています。市内の道後公園は、この時期になると花見の席取りうやら昼間からの宴会やらで、日中でも人が溢れかえっています。不況の今だからこそ、こういう時ぐらいはパーッとやりたいという衝動にかられるのでしょうか。今年もお誘いが多かったのですが、残念ながら行事が重なり参加できません。今年は静かに、「花見飲み」ではなく「花見」を楽しみたいと思います。

 

 

昨日も繁華街の店舗の納品に行くと、大量の桜の花びらが風に乗って乱舞し、ドラマのようなシチュエーションに遭遇しましたが、パッと咲きパッと散るこの潔さが日本人にはたまらなく郷愁を誘うのではないでしょうか。なぜだが感傷的な気持ちになってしまいます。その後、行く場所行く場所でいい花見をさせていただきました。こうしてみると、改めて桜は春の訪れを知らせ『季節木』だなと実感します。コブシの花なども白く咲き、かつて農村では「春の訪れを示す季節木」としてよく植えられていました。

ca2fh47k

 

最近では食べ物もビニールハウス栽培が進み、いつでも何でも食べられるようになり、すっかり食の旬が分からなくなってきました。日常の生活の中でも『』や『季節感』が喪失しつつある昨今、桜は『これから春!』をはっきり意識づける貴重な存在かもしれません。散る桜を物悲しく思うか、咲く桜に心の高揚を感じるかはひとそれぞれでしょう。桜はその両面を表裏一体で合わせ持つアンビバレントな木でもあります。どからこそ人の心深くにまで入ってくるのでしょう。

 

 

最近、桜の大きな板が手に入りにくくなってきていますが、大きく見える満開の桜でも幹そのものは200~300㎜もあれば大きい方です。桜は大きく枝を広げる木なので、ついつい見た目よりも大きく思われがちですが、実際には小ぶりな物が多いです。そう考えると、板幅が800とか900㎜もある桜は、地に根を張っていた時の姿はどれほどの物かと恐れ多くなります。桜だからという訳ではありませんが、巨きな木の『行く末』については、やはりそれ相応の覚悟を持って臨みたい物です。

木は咲く場所を選べず、枝を折られることも拒めず、愚痴も文句も言わずひたすら寡黙に、寒い季節をじっと耐え、時の訪れに合わせて花を咲かせます。それはかつての日本人が手本とした、勤勉質素な生き方だったと思います。満開の桜も、厳しい寒さを経験せねば美しく咲くことはありません。桜を見ていて、耐えることも力を蓄えることだと強く感じました。

cad0tgns




Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930