森のかけら | 大五木材

小豆島のオリーブ物語② 選ばれし島*

★今日のかけら プレミアム004【オリーブOlive wood モクセイ科・広葉樹・スペイン産

さて本日は昨日に続いてオリーブの話ですが、ちなみに【森のかけらプレミアム36】に入っているオリーブはスペイン産のものですが、ここでお話しするのは小豆島で育った国産オリーブの話です。まずは小豆島とオリーブの歴史について。四国に来られたことのない方には小豆島がどこにあるのか分かりづらいかもしれませんが、瀬戸内海・播磨灘にある島で、香川県小豆郡に属し、小豆島町、土庄町の2町からなり、人口は3万弱。淡路島に次いで2番目に大きな島です。

こ の島がなぜオリーブの産地になったかというと、今から100年と少し前の明治41年(1908年)に、当時の農商務省がアメリカから輸入したオリーブの苗木の試作をするために日本で3か所が選定されました。なぜそれらの場所が選ばれたのかというと、オリーブの原産地のイタリア、スペイン、ギリシャなど地中海地方に似た温暖な気候の場所であるということと、小豆島については当時沢山獲れたニシン(鰊)をオイル漬けにして輸出する狙いもあったとか。小豆島以外の2ヶ所は鹿児島と三重。

その後、小豆島以外の地域ではオリーブがうまく育たず栽培を断念。小豆島の環境にはうまく適応したようで、順調に生育し、大正時代の初めの頃には搾油ができるほどに地域に定着したのだそうです。栽培農家の努力もあって、その後栽培面積も増えて、昭和29年には県花、昭和42年には県木にも指定されています。しかし昭和34年の農産物自由化以降は、スペインなど海外から安価なオリーブ製品が輸入されるようになって厳しい価格競争の波に飲み込まれることに。

当初考えていたニシンのオイル漬けも、漁獲環境が一変して激減します。ちなみに明治30年には国内の鰊の漁獲量はおよそ100万トンもあって、海藻なども含めたあらゆる漁業の総漁獲量が174万トンだったので、全体のおよそ6割をニシンが占めていた計算になります。個体数で換算すると、約30~40億匹という天文学的な数字!しかしその後ニシンは急速に獲れなくなり、「あれからニシンは どこへ行ったやら ~♪」と石狩挽歌で歌われたように激減の一途を辿ります。

小豆島のオリーブ物語③ 鰊は何処へ?*

オリーブの話からニシン(鰊)の話へ脱線。かつての100万トンから平成26年の全国の鰊の漁獲量合計は4600トンと、見る影もありません。なので小豆島におけるオリーブも新たな出口を求められるようになります。その結果、現在ではオリーブオイルだけでなく、オリーブの実を使った塩蔵や化粧品、オリーブの木を使ったクラフト、苗木など様々な用途に利用されています。しかし、子供だった私には北原ミレイ八代亜紀が「あれからニシンは どこへ行ったやら ~♪」と歌っているのを聞いても、鰊漁の哀感など分かろうはずもなく、おどろどろしい暗い歌としか思っていませんでした。

しかし今改めて、作詞のなかにし礼の幼少期の鰊漁にまつわる一家離散の実体験がベースになっていたことや、木材業界よりも更に激しい鰊漁の波乱万丈の変遷などを知るにつけ、その歌詞ひとことひとことに込められた思い、北海道の過酷な漁場の様子までもが浮かんでくるような、叙情溢れる言葉が心に染み入ります。このブログを書きながら何度も何度も石狩挽歌を聞き直し、北原ミレイ八代亜紀、石川さゆりなどの情感溢れる歌い方も相まって、聞いているうちに涙が溢れそうになるほど・・・。

昭和の歌って作詞者って、ひとつひとつの言葉や情景描写を大切にする人が多くて、1曲にちゃんと物語が出来上がっていて、歌謡曲がそのまま映画になることだって珍しくなかったほどでした。作詞者の人生観とかが込められていて、歌い手もそれを自分なりに表現しようとする凄みがあって、高いレベルでプロフェッショナル同士の技の凌ぎあいがあったんだと思います。そういえば、石狩挽歌は鰊漁の哀愁を歌っていますが、歌謡曲で魚の種類まで特定する歌も最近ではあまり聞きません。

それは樹についても同様で、サクラのように単なる樹種を超えて、言葉自体がいろいろなイメージを膨らませるようなケースは別にして、昨今の歌謡曲の中で特定樹種の名前が出る歌って、私が知らないだけかもしれませんがほとんど無いように思います。それって日常生活の中で樹の名前を使い分けて話す機会が減ったからということでしょうか。オリーブの事を書くつもりで話は脱線しましたが、1本の木は地下茎で多くの事象や世界と繋がっているという事の証明。明日こそオリーブの話。

小豆島のオリーブ物語④ 島だが縞は無し*

さて今日は本題である小豆島産オリーブの話に戻します。今では島全体で5万本ものオリーブが栽培されているほど、生育に適した環境だった小豆島ですが、材木屋である私にとって気になるのは、オイルの品質や実の味よりも材質のこと。今回いただいたのは、小豆島で育てられた正真正銘の国産オリーブの小枝と割とやや広めの板。オリーブは年輪が非常に分かりづらいので識別しにくいのですが、小枝でも20年、板は50年を越えているのではなかろうかとの見立て。

弊社で【森のかけら・プレミア36】に使っているオリーブはスペインから輸入されたもの。また最近、ピザのお店などでトレイや食器などに使われているのは、主にアフリカのチュニジア産のもの。それらの海外産のオリーブには、特徴的な不規則な縞柄が現われ、オリーブの特徴を形成しています。弊社でも依然に購入したチュニジア産のオリーブのスプーンにも魅力的な縞柄が入っていました。実はチュニジアは、世界第5位のオリーブオイルの生産国なのです。

それに対して小豆島産のオリーブは、根本的に生育の歴史が100年ちょっとなので、そこまで大きな材が得れないという事情もありますが、地中海産のオリーブなどにみられる独創的な縞柄があまり見られません。いただいた耳付きの板の端にわずかに縞柄が見えていますが、その方も小豆島産でガッツリ縞柄が出ているものは見かけないと仰っておられました。生育に適した環境であったとはいえ、土壌の性質なども違うので、国産オリーブでは縞柄は求めにくいものなのかもしれません。

それならそれで、ないものねだりをしても仕方がないので、縞柄の出ない小径木の国産オリーブの枝から何が作れるのかを考えることが大事。いただいた枝と板を眺めながら私なりの出口を探ってみたいと思っています。最近観賞用のオリーブはあちこちに植えられています。同じ1本のオリーブの木を見ても、その姿を愛でる人、その実を食すことを考える人、その実からオイルを摂ることを考える人、その木を加工して使おうと考える人。入口はひとつでも出口は多し。

たまたまの偶然ですが、今朝の愛媛新聞に小豆島のオリーブ農家が作ったオリーブオイルの一面広告がありました。たぶん今までにも何度か広告を出されていたと思うのですが、気に留めることもありませんでしたが、さすがにこのタイミングだったのでガッツリ広告を読み込んでしまいました。こういうのって日常的にはよくあることなのに、こちらが一方的に運命を感じてしまうタイプなので、オリーブの風が吹いていると勝手に自分の都合のいいように解釈しておきたいと思います。

小豆島のオリーブ物語⑤ かももと新漬け*

小豆島からやってきたオリーブの木ですが、実は私の子供たちの通っている地元の鴨川中学校の校歌・校章にもオリーブが(校歌の2番:清き香もオリーブの徽章に見ゆる真善美♪)。学校の校庭にはオリーブの木も植えてあります。オリーブの花言葉は、「平和」、「知恵」であることから、多くの学校でも校歌や校章に取り入れられているところが多いようです。鴨中には『かもも』という独自のゆるキャラがいますがその頭にもしっかりオリーブの葉が!

そのようにイメージの広がりと認知度いう点では非常に優れた木であるオリーブですが、国産のオリーブとなると通直な材が採りにくく、径級も小さいため、クラフト材としても、小さめのコースターや器、皿、スプーンなどに限定されています。なので私としては、得意の『物語の付加』という観点から出口を考えてみるつもりです。こうやって当初の目的であったニシンのオイル漬けから、ニシン漁の変遷などを調べてみるのも、物語を構築するために必要不可欠なこと。

今回オリーブの小枝と板と一緒に小豆島産の新漬けのオリーブもいただいたのですが、新漬けのオリーブって実は初めて食べたのです。新漬けオリーブは、オリーブ果実を収穫後に脱渋し、塩水に漬けこんだもので、化学調味料、防腐剤などは使用されていません。ビタミン、ミネラル、抗酸化作用のあるポリフェノールも含んでいるという特徴があります。鮮度抜群の新漬けオリーブですが、秋に収穫した時期限定のもので、賞味期間も開封前の状態で製造後90日という大変貴重なものなのです

塩っけが効いていてビールのつまみには最高でなかなかの美味でした。私の中ではオリーブというと、まず素材としての「材」、次にオリーブ畑の視覚的な「樹」、シンボルとして描かれることも多い「葉」、料理やアロマとしてのオリーブの「オイル」、そして最後に食用の「実」という位置づけでしたが、今回新漬けオリーブをいただいたことで多少順位の変動もありそうです。頭で考えてばかりいては見えないものが沢山あります。目にも口にもとってもありがたいご縁でした。

私にとっては小豆島産のオリーブも大切ながら、いま在庫しているスペイン産のオリーブの方も気になるところなのです。現在のところ、こちらのオリーブの方にも【森のかけらプレミア36】という出口しか作れていません(サイズの関係で、今の材だと『森のりんご』が取れません)ので、スペイン&小豆島産併せて出口を考えてみるつもりです。『かもも』に『新漬けオリーブ』と、材木屋の小さな視点で見ていては見えないことばかり。酉年だけに鳥瞰の視点でモノ語り造りに励みたいと思います!

 

★今日のかけら・#046 【フレンチチェリー】 French cherry  バラ科・広葉樹・フランス産

【フレンチチェリー】20100516 花咲け5月のさくらプロジェクト・・・①

 

 

 

 

 

 

20100516 花咲け5月のさくらプロジェクト・・・②木材以外のディティールにつきましては、イシムラトモコ建築設計のブログ『はたらく石』をご覧になっていただくとして、私はあくまで木のお話のみに徹します。玄関の扉にも重厚な雰囲気のウエスタンレッドシーダーが使われておりました。皆さん、重たそう~と言われるので、実際はとても軽量な材なのですが、見た目の色合いがかなり重さの印象も左右するのでしょう。その扉を開けると、めくるめくイシムラトモコ・ゾーン!玄関の傍らに無垢のカウンター・・・の上に燦然と輝きを放つこの照明!凄いです、これを選んで、これがマッチして、皆さんから素敵と言われるこのセンス、あのちっこい体のどこから湧き出てくるのでしょうか。この極彩色の照明が照らす先にあるのが、例のフレンチチェリーの耳付カウンターです。派手な照明に比べてやや印象が薄いですが・・・。

 

20100516 花咲け5月のさくらプロジェクト・・・③さくら不動産さんの建てられる家という事で、話を伺った時からどこかに使わせていただこうと思っていました。それほど大きな材ではないのですが、フランス産のチェリー(サクラ)は、日本の【山桜によく似ていて力強さがあります。山桜独特の緑色の縞や条も現れるので、部分的に見ると見分けがつかないほどよく似ています。同じ異国のサクラでも、ちょっと上品でスマートな感じの【ブラック・チェリー】に比べると、個人的には野趣溢れるフランス産の方が好みです。ただ個性がある分、幅剥ぎなどのテーブルに使うと全体の色合いまとめるのが難しいかもしれませんから、まさに適材適所でしょう。このカウンターもただの耳付では到底納得してもらえないので、奥の壁際には直線の残った変形耳付をグラインダーで削って、木目が切れないように厳選したものを持参して、ご理解をいただきました。

 

20100516 花咲け5月のさくらプロジェクト・・・④サクラの『木言葉』は「微笑」です。かつては、田舎で待つ両親に受験の合格を知らせる電報の定番といえば『サクラサク』でした。この家の新しいオーナー家族をいつも微笑みで迎えてくれますように、この分譲住宅にも早く合格(契約)の花が咲きますように、イシムラトモコ建築設計+もみじ建築+さくら不動産コラボプロジェクトがサクラの如き満開の花を咲かせますように、ともろもろの気持ちを込めてフレンチチェリーをセレクトさせていただきました。サクラの季節は少し過ぎましたが、こちらのサクラの見どころはこれからです。

20100516 花咲け5月のさくらプロジェクト・・・⑤そのカウンター越しに臨むのは、アカテツ科の【マコーレMakoreです。メープルとのコントラストを考えて、色目のくっきりした材を提案しました。マコーレはシリカを含んでいて、加工しにくい木でもあるのですが、色合いがはっきりしているのでワンポイントにときどき使っています。私は、マコーレとしてではなく【ドゥカDoukaとして、この木をインプットしていたので、後からマコーレと聞いても妙な違和感がありましたが、一般的にはマコーレでしょうね。ドゥカはアフリカのコンゴガボンあたりで使われる呼称のようです。ああ、でも私にはやっぱりドゥカの方が馴染む。

 

フレンチチェリーに吹く風

3. 木の仕事

20100907 フレンチチェリーに吹く風①先日、新居のお引渡しがあり、その際にローテーブルを納品させていただきました。この仕事に就いてからもう数百回も新居に携わらせていただきましたが、お引渡しの瞬間の独特の緊張感と施主さんの晴れ晴れした表情を拝見するのは、何度経験してもいいものです。これから新たな人生が始まるという初々しい気持ちがこちらにも伝わってきて、妙に得したような気分にさせられます。実は我々のような木材業者は、今回のように家具という最後の最後に納品させていただくような商品がない場合は、こういう場面に出会える事はほとんどありません。弊社の場合、家具のご注文をいただくお陰で、よくこういう場面に立ち合わせていただく事があります。無垢の内装材などを納材させていただいても、全てのお施主さんと直接お話が出来るわけではありません。直接お会い出来て説明などさせていただける機会があるというのはありがたい事です。

 

20100907 フレンチチェリーに吹く風②さて、今回納品させていただいたのは、フレンチチェリーの幅剥ぎのローテーブルと椅子です。当日ご覧のような晴天で、太陽の光が室内にも降り注ぎ、実際よりもやや発色して赤味が強くなってしまいましたが、実際にはもう少し淡い色合いで、フローリングのラスティック・メープルともうまく合ったのではないでしょうか。フランス産のフレンチ・チェリーは、北米産のブラック・チェリーに比べると、やや色合いが淡く、日本の山桜に近い印象です。触感はブラック・チェリー同様にツルツルしていてとても滑らかです。結構幅のある材が取れる事から最近よく活躍してくれています。お陰でフレンチ・チェリーの【森のかけら】ばかりがたくさん出来過ぎる事態に陥っていますが・・・。このフレンチ・チェリーは荒材で55㎜ぐらいの厚みがあるので、脚材も1本物で取れるのが嬉しいところです。

 

20100907 フレンチチェリーに吹く風③やはり木にもブームというか流行り廃りがあるもので、以前はやや淡色系(メープルとかビーチとか)の家具が人気だった時期もありますが、最近は色合いのしっかりした濃い目の色合いの家具に人気があるようです。またそれも繰り返すのですが、そんな中でもこのフレンチチェリーブラック・ウオールナットは浮き沈みのない安定した人気を誇っています。長く使っても飽きがこない落ち着いた雰囲気が理由でしょうか。このローテーブルにも少し節が絡んでいますが、節の周辺にこそ木のエッセンスがより濃密に凝縮されますので、私は敢えて節も取り入れさせていただいております。節は枝の名残ですが、雪や風に耐えながらそれでも折れずに生きよう生きようとした木の格闘の歴史が刻み込まれています。これを使わない手はないでしょう。節については、年配の方よりも若い方の方が寛容であるように感じます。

 

20100907 フレンチチェリーに吹く風④節が入る事で アクセントが生まれますし、木によっても節の形状は異なるので、材の個性を引き立てるキャラクターマークの役割もあると思います。節を取り入れることで、材もより無駄なく使えるようになっています。そもそも広葉樹の長い材で無節の板なんて、そんなに無いのです。材の特性を知ってうまく活用するという事も大切だと思います。こちらのお宅では、床の間の地板にもフレンチチェリーを使っていただきました。床の間といえばかつては『』の独壇場でしたが最近はかなり変わりつつあります。

 

20100907 フレンチチェリーに吹く風⑤こちらの新居は、ワンズ㈱さんの設計・施工ですが、ワンズさんではほとんど地板はこうして無垢の幅剥ぎで作らせていただいています。多くの建設会社で標準的に使われているのが、欅の付き板貼りですから、かなり贅沢な仕様といえると思いますが、家全体の造りがシャープなので、和室とはいっても欅の突き板よりもチェリーブラック・ウオールナットなどの無垢の幅剥ぎの方が合っていると思います。ただ単にここだけ使ってみても浮いてしまいますので、全体のバランスを考えてセンス良く使っていただくのが一番。ワンズさんでは、女性のコーディネーターの井村多希子さんが抜群のセンスできっちりまとめられるので安心です。床にはラスティック・メープルといろいろな樹種も使っていただいているのですが、素材が喧嘩することなくうまく互いを活かし合うようなバランスで使っていただきました。新居に吹き抜けた爽やかな一陣の風に背中を押された気分になりました。

Archive

Calendar

2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930