森のかけら | 大五木材

【日本のかけら120】

在庫状況 〇・・・在庫有 ☓・・・在庫無し △・・・在庫わずか

☠・・・有毒植物(使い方次第では薬にもなる) 🍎・・・森のりんご(B/S/P)

🎂❶~⓬・・・誕生木(1月~12月)※1月の誕生木マツは、アカマツ&クロマツ共通

001 アオモリヒバ 041 クリ    🎂 081 ナシ
002 アカエゾマツ 042 クロガネモチ 082 ナナカマド
003 アカガシ 043 ケヤキ 🍎B 🎂 083 ニガキ
004 アカタブ 044 ケンポナシ 084 ニッケイ
005 アカマツ 🎂 045 コウヤマキ 085 ニレ*
006 アキタスギ 046 コシアブラ 086 ネズコ
007 アサダ 047 コブシ 087 ネムノキ
008 アズキナシ 048 サイカチ 088 ノトヒバ
009 アスナロ 049 サワグルミ 089 ハゼノキ ☠
010 アベマキ 050 サワラ 090 バッコウヤナギ
011 イスノキ 🍎P 051 シイ 091 ハマセンダン
012 イタヤカエデ 052 シウリザクラ 092 ハリエンジュ/ニセアカシア ☠
013 イチイ ☠ 053 シオジ 093 ハンノキ
014 イチイガシ 054 シデ 094 ヒメコマツ*
015 イチョウ ☠ 🎂 055 シナノキ 095 フジキ
016 イブキ 056 シラカシ 096 ブナ
017 イヌマキ 057 シラカバ 097 ホオ* ☠ 🎂
018 ウメ ☠ 058 ジンダイケヤキ🍎P 098 ポプラ
019 ウリハダカエデ 059 ジンダイスギ 099 ミカン
020 エゾマツ 060 ジンダイタモ 100 ミズキ
021 エノキ 061 ジンダイナラ 101 ミズナラ★
022 エンジュ 062 ジンダイニレ 102 ミズメザクラ/アズサ
023 オキノクロマツ 🎂 063 ジンダイホオ* 103 ムクノキ
024 オニグルミ 🎂 064 スギ 🎂❺ 104 ムクロジ
025 オノオレカンバ 065 スズカケノキ/プラタナス🍎S 105 メタセコイア
026 オヒョウ 066 スモモ★ 106 モチノキ
027 カキ 067 セイヨウナシ 107 モッコク
028 カゴノキ 068 セン 108 モミ 🎂
029 カシワ★ 069 センダン/サツマケヤキ ☠ 109 モミジバフウ
030 カツラ 070 タモ 110 モモ
031 カバ 071 チシャノキ/カキダマシ 111 ヤクスギ
032 カヤ 072 チャンチン 112 ヤクヒノキ
033 カラマツ 073 ツバキ 113 ヤナセスギ
034 キソヒノキ 🎂 074 トウネズミモチ 114 ヤマグワ
035 キハダ 075 トガサワラ 115 ヤマザクラ 🍎S 🎂
036 キリ 076 トサツガ 116 ヤマボウシ
037 キリシマアカマツ 077 トチ ☠ 🎂 117 ユズリハ ☠
038 キリシマツガ 078 トドマツ 118 ユリノキ
039 クスノキ 🎂 079 トネリコ 119 リュウキュウマメガキ
040 クヌギ 080 ドロノキ 120 リョウブ

【世界のかけら120】

121 アガチス 161 シタン 201 ブラック ウォールナット★ 🍎S
122 アサメラ/アフロルモシア 162 シポ 202 ブラック チェリー
123 アスペン 163 ジャトバ 203 ブラックバット
124 アパ/リングワ 164 ジョンコン 204 プランチョネラ
125 アピトン 165 スプルース 205 フレンチチェリー
126 アユース★ 166 スポッティドガム 206 ペアーウッド
127 アルダー 167 スリアン/カランタス 207 ベニマツ
128 イエローシーダー 168 セコイア 208 ヘリチエラ
129 イエローハードウッド 169 セドロ 209 ペルポック
130 イエローバーチ 170 セプター 210 ポートオーフォードシーダー
131 エローポプラ 171 ゼブラウッド * 🍎P 211 ボセ
132 イタウバ 172 セランガンバツ 212 ホワイトアッシュ
133 イペ 173 ソフトメープル 213 ホワイトウッド
134 イロコ 174 タイワンヒノキ★ 214 ホワイトオーク
135 ウエスタン ヘムロック 175 タウキャン 215 ホワイトシカモア
136 ウエスタン レッドシーダー 176 タウン 216 ホワイトセラヤ
137 ウェンジ 🍎P 177 ダグラスファー 217 ボンゴシ
138 ウリン 178 タリ 218 ポンデロッサパイン
139 オーストラリアジャラ 179 チーク 219 マコーレ/ドゥカ
140 オウシュウアカマツ 180 チャイニーズ メープル 220 マニルカラ
141 オカン 181 チャンパカ 221 マラス
142 オクメ 182 テチガイシタン 222 ムイラカチアラ/ゴンサロアルベス★
143 オジゴ 183 トリスタニア 223 メラピー
144 オバンコール 184 ナーラ 224 メルサワ
145 カポール 185 ニヤトー/ペンシルシーダー 225 メルバオ
146 カリン 186 バーケラ 226 メンピサン
147 クマル 187 ハードサイプレス 227 モアビ
148 クモスギ 188 ハードメープル 228 モビンギ
149 グリーンハート 189 パープルハート★ 🍎P 229 モンキーポッド
150 ゲッケイジュ 190 バズウッド 230 ヤニマツ
151 ケンパス★ 191 ハックベリー 231 ヨーロピアンウォールナット
152 コイグエ 192 パドック 🍎S 232 ヨーロピアンビーチ
153 コーヒーツリー 193 バルサ 233 ラオスヒノキ
154 コクタン 194 バルサムファー 234 ラオスマツ
155 コットンウッド 195 ヒッコリー 235 リンバ
156 ササフラス 196 ビリンガ 236 レースウッド★🍎P
157 サザンイエローパイン 197 ピンカド 237 レッドエルム
158 サッチーネ 198 ファルカタ 238 レッドオーク
159 サペリ 199 ブビンガ★🍎S 239 ロシアンラーチ
160 ジェルトン 200 フラケ 240 ロンギ

【プレミアムのかけら/Premium 】一覧 ※一部240との重複あり

P001 アマゾンローズ P016 ソノケリン 🍎P P031 ペロパローザ
P002 アマレロ🍎P P017 ダオ P032 ボコーテ 🍎P
P003 ウェンジ 🍎P P018 タガヤサン P033 ホンジュラスローズ*
P004 オリーブウッド★ P019 チューリップウッド★🍎P P034 マホガニー
P005 カステロ P020 バーズアイメープル P035 リグナムバイタ 🍎P
P006 キングウッド P021 ヴァイオレットウッド P036 レースウッド★🍎P
P007 グラナディロ P022 パープルハート★🍎P
P008 クロガキ★ P023 パオローズ
P009 コクタン P024 パオロッサ
P010 ココボロ P025 パリサンダー
P011 サントスローズ P026 パロサント
P012 シタン P027 パンガパンガ
P013 シャムガキ P028 ピンクアイボリー
P014 スネークウッド P029 フランスツゲ
P015 ゼブラウッド 🍎P P030 ベリ

【番外篇/Extra 】一覧

E001 ラミン E021 アカシア E000
E002 カナリウム E022 バオバブ
E003 ナツメ E023 マンソニア
E004 ドラゴンツリー E024 キンモクセイ 🍎P
E005 アカギ E025 アセビ ☠🍎
E006 夾竹桃(キョウチクトウ)☠ E026 アンゲリン
E007 アッサム E027 タイサンボク
E008 ヤツデ E028 トウヒ
E009 ソヨゴ E029 ルリミノキ
E010 マロニエ E030 マユミ
E011 蘇鉄(ソテツ) E031 ナナミノキ
E012 杉の黒味 E032 シャリンバイ
E013 柊(ヒイラギ) E033 ジャカランダ
E014 広葉杉(コウヨウザン) E034 ホルトノキ★
E015 棕櫚(シュロ) E035 アコウ
E016 ネズミサシ E036
E017 ラボア E037
E018 シキミ ☠ E038
E019 ヤマナラシ E039
E020 サーモポプラ E040

今日のかけら222

ムイラカチアラ/ゴンサロアルベス

 Muiracatiara/Goncalo Alves 

ウルシ科・広葉樹・中南米産

学名:Astronium lecointei

別名:ウルンダイurunday

気乾比重:0.95

 

ムイラカチアラとの邂逅①*

★今日のかけら・#222【ムイラカチアラ/ゴンサロアルベス】 Muiracatiara/Goncalo Alves ウルシ科・広葉樹・中南米産 

地域によって木の名前もさまざまですが、中にはとんでもなく覚えにくかったり言いにくい名前の木もあります。例えば中南米原産のこの『ムイラカチアラ』もそんな木のひとつ。Muiracatiaraを強引に日本語読みしているので、「ムイラカティアラ」とか「ムイラクアテイアラ」など本によって表記もさまざま。あまりに言いにくいので別名とかないのか調べると、別名もゴンサロアルベスGoncalo-Alvezというこれまたなかなか覚えにくいし発音しにくい名前。他にもいくつかの別名があるものの一般的なのはこの2つ。

材木屋の人間でも、そんな木なんて実物どころか名前も聞いたことが無いぞ!って言われる人が多いかもしれませんが、それは日本に入ってくるこの木の用途がほぼウッドデッキに限られているため、硬質のウッドデッキ材を扱われていないと縁の無い木だと思います。最初に私がこの木に出会ったのは今から15年ぐらい前の話。たまたまこの木に出会って、売り先も無いのにとりあえず興味本位で買ったのですが、その時はウッドデッキ材ではなくて厚み25㎜の板材でした。買ったはいいが情報も乏しく売るに売れず。

それから永い間倉庫の奥で埃をかぶることになるのですが、それから数年後にムイラカチアラとの思わぬ出会いがありました。弊社では外部のウッドデッキには硬質の高耐久性木材を提案しているのですが、その供給元は愛知の㈱ランバージャックさん。ランバージャックの社長の渡邊健太とは、日本木青連時代に出向していた頃からのつき合いですが、中南米産の硬質木材のオーソリティで私が絶大な信頼を寄せるプロフェッショナルの材木人のひとりです。こういうその道の専門家がいると本当に心強いのです。

そこで数年ぶりに出会ったのが、ウッドデッキ材になったムイラカチアラ。出会った時がご縁という信念で、少しだけ仕入れさせていただきました。元々持っていたムイラカチアラの板は、かなり経年変化が進んでいたのと、出番もなかったので削りもしなかったので意識もしてなかったのですが、この木には『タイガーウッド』という別名もあるように、鮮やかな代赭色(たいしゃいろ)の中にかすれたような淡い黒の縞柄が現れます。すべての木に縞が現れるわけではないのですが、倉庫に眠る木がこんな木だったとは!?

*******************************************************************************************

ムイラカチアラとの邂逅②*

慌てて倉庫の中で眠っていたムイラカチアラの板材も削ってみたのですが、こちらには縞柄がほとんど出ませんでした。120☓30㎜のウッドデッキを見ても、すべての木に縞柄が出るわけではないので、ゼブラウッドみたいにどれでもガッツリ縞が出るわけではないのかもしれません。木取りによっても出る出ないはあると思いますが、縞柄はなくとも表面をロウでコーティングしたような滑るような独特の質感は共通です。そのため加工した直後に重ねて運んだりすると、滑り抜けたりするので注意が必要です

本来はウッドデッキに使うつもりで仕入れたモノの、その縞柄に魅了され、これをウッドデッキに使って色褪せさせるのはモッタイナイと思い、何かしら別の出口がないかしらと思案。滑らかさも生かそうと、丸く削って『円い森』にしたこともあります。色合いも縞柄も(全部に現れるわけではないですが)個性的なのですが、残念ながら知名度が無いのと覚えにくい名前が災いしてなかなか売れず・・・。他にもいろいろムイラカチアラの出口を探ってみたものの、やはり名前が知られていないというのは厳しい

まあ逆の立場になって考えてみれば、同じモノを買うにしても見たことも聞いたことも無い木よりは、自分が知ってる木や少しでも関わりのある木を買いたいと思うのはひとの心情。私のように、むしろ知らない木だからこそ萌える!っていうひねくれ者でも現れないとなかなか売るのは難しい。普通にウッドデッキで売れば売れるのでしょうが、ひとたび目をつけたからには、何とか自分なりにこの木が生きる(この木でなければならないような)出口を見つけてあげるのが、うちに来てくれたこの木に対するせめてもの礼儀。

そしたら、そんなムイラカチアラに対してネットである問い合わせが!木の大好きな友人がいていろいろな種類の木を収集しているらいしのですが、その彼がムイラカチアラはまだ持っていなくて、是非プレゼントしたいという事。コレクターにプレゼントされるという事で、購入されたの少量でしたが、量など問題ではありません。そういう方に繋がってご縁が生まれた事がありがたい!世の中、思っている以上に変人・奇人・変わり者(失礼)は多いもの。きっとムイラカチアラじゃなければ!っていう人がいるはず。

*******************************************************************************************

ムイラカチアラと伊鶏家ハットリ*

ムイラカチアラでなければ~!というわけではないですが、面白そうだから使ってみようかというご縁もありがたいものです。数か月前の話になりますが、飲食店のテーブルにムイラカチアラを使っていただきました。ウッドデッキではなくて、以前から倉庫に眠っていたムイラカチアラの板材をサワグルミで挟んだテーブルに仕上げていただきました。ウッドデッキ仕様で仕入れたムイラカチアラは、鮮やかな代赭色(たいしゃいろ)に黒い縞柄が特徴的ですが、こちらはもっと濃くてムイラカチアラだと言われても分からないほど。

堅牢で、ロウでコーティングしたように滑らかで光沢もあることから現地では、ナイフなどの柄やバターナイフなどにも使われているぐらいなので、厚みは薄くとも頑丈。こんな舌を噛みそうな名前の木に興味を示して使ってくれたのは、いろいろな意味で個性的な店舗屋・すずかけ商会さん!ありきたりの木を使ったってつまらないという点でつながっているのですが、多品種を扱う材木屋としてはこういうお客さんとどれぐらい繋がっているかという事がなによりも大事。誰も使った事がない、そんな木に萌えるという!

他に誰も使っていないという優位性の裏には、実際に使ってどうだったかという経験値が無いという不安もあるにはありますが、そんな事考えていたら世界中の木なんて相手に出来ません!そこは思いを共有できる仲間と地雷原を駆け抜けるしかないのですっ!(とはいえ最低限の武装はしておきます。例えば念入りに乾燥させるとか。先に自分で小物を作って触感を確かめるとか。調べられる限りの情報は集めておくとか)まあ、それは少々大袈裟ですが、冒険心溢れる店舗屋さんと寛容なオーナーさんに恵まれています♪

という事で、今回テーブルにムイラカチアラの板をご利用いただいたのが、松山市二番町に今年の夏にオープンした『鉄板焼鳥バイキング 伊鶏家(いこや)ハットリ』さん。オーダーバイキングのお店です。ムイラカチアラ以外にも、カウンターにはサぺリの一枚板やキハダやらいろいろと使っていただきました。ムイラカチアラのようなネームバリューの無い木だと、設計から工務、営業、お施主さんまで越えなければならないハードル多過ぎて、途中で思いが途切れる事も。まずは名前を知っていただくことから始めます!

*******************************************************************************************

ムイラカチアラの円い森*

森のかけらプレミア36】に含まれている木の中に、鮮やかな黄色が特徴の『アマレロ』という木があります。中南米産の木なのですが、ブラジルでは時にアマレロの事を『ムイラカチアラ』と呼ぶこともあるらしいのでややこしいのですが、本来はこの鮮やかな代赭色(たいしゃいろ)の中にかすれたような淡い黒の縞柄が現れるウルシ科のこちらの木に対する名前。いろいろ調べてみたのですが、今のところこの口がカクカクしそうになるこの名前の語源や由来は不明なのですが、情報が入り次第ごアップしたいと思います。

本来はこうやってある特定の木にスポットライトを当てた時に、その木で作った商品をオンラインショップでも販売するというのが営業戦略だと思うのですが、そういう事が全く出来ていなかった(アップしたことで真っ白に燃え尽きてしまって、そこから先の展開までは気力が保てないという←ただのヘタレの言い訳ですが)ので、今回からは(だけは)心を入れ替えて、『今日のかけら』と『オンラインショップ』を連動させます。販売するのは、ムイラカチアラで作った『円(まる)い森』、ただし数量限定です

その特徴でも触れたように表面にロウを塗ったような手触りが特徴で、初めて触ると何かをコーティングしてあるのではと思うような独特の触感があります。そのため磨いても磨いてもサンダーが滑るような感覚があって、磨き甲斐が無い木でもあります。こうやって加工すれば縞柄も一層際立ち、とてもこの木をウッドデッキにするなんてモッタイナイと思ってしまうのです。その特徴から命名された『タイガーウッド』の方でもっと押せそうではあるのですが、いかんせんゼブラみたいにすべてに縞柄が出るわけでないのが惜しいところ。

とりあえあず、コースター的なモノに使っていただければと思います(コースターというと用途限定されるので決してはそうは言わない!)。サイズは直径100㎜、厚さ8㎜。森のかけらと樹種の名前がレーザーで入っています。植物性オイル塗装品。昔に作ったのでストックホルダーに通すための穴が開いています。なるべく縞柄が出ている部位を使ってつくりましたので、これだと『タイガーウッド』の名前でもいけそうです。今のところ追加で作る予定はないので、残っている7枚限定品となります。縞柄フェチの方、是非どうぞ!

Archive

Calendar

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930