森のかけら | 大五木材

今日のかけら・#048【皀莢/サイカチ】 マメ科ジャケツイバラ亜科サイカチ属・広葉樹・宮城産

木の授業をさせていただく時に、漢字で表した木の名前が読めるかどうかのクイズを出題するのですが(本来植物学的にはカタカナ表記が正しいのでしょうが、漢字から木の名前を読み解いていくのは、木を知るための入口として親近感があるので)、その際最初は『』、『』、『』、『梅』など日頃から目にして慣れ親しんでいる漢字から入ります。そしてだんだん読みにくい漢字、『柊(ひいらぎ)』とか『黄檗(きはだ)』に入っていくわけですが、難読漢字の代表といっていいのがこちらの『皀莢』。

これで『サイカチ』と(あるいは、これを原料とする生薬からソウキョウとも)読みます。私も【森のかけら】を作るまでは読めませんでしたし、恥ずかしながらその存在すらも知りませんでした。【森のかけら】を作ってよかったと思う事は、自分自身の中の木に対する興味の幅が大きく広がったことです。それまでは、市場に出回る「使える木」にしか興味・関心が向きませんでしたが、【森のかけら】を作り始めてからは『世の中にあるすべての木を知りたい、見たい、触りたい』へ。

さてサイカチを【森のかけら】に加えようと思ったのは、そのオモシロイ特徴にあります。サイカチの莢(さや)にはサポニンが含まれていて、水に浸して揉むと泡立ち、天然に界面活性物質が溶け出して石鹸のような作用をして汚れを落としてくれることから、昔から各家庭で使われていて、特に物資が不足した戦時中には石鹸の代用品として広く利用されていたという記述を読んだからです。特に岩手の盛岡あたりでは、ごく最近まで実際に利用されていたと聞き及びました。

皮膚病などで石鹸が使えない場合にも利用されたとかで、最近そのエコロジカルな特性が見直されているそうです。そのサイカチですが、盛岡出身の宮沢賢治の作品にもその名前が登場(さいかち縁)するなど、てっきり東北地方に広く分布している木なのかと思っていたのですが、改めて調べてみると、その分布域は本州(中南部)、四国、九州、朝鮮、中国の暖帯・温帯で、日当たりのよい山野や河原などに自生しており、岩手など東北には自生していないとの事!あら・・・?

伏して葛西の復権を誓うサイカチ*

サイカチの分布の謎について調べてみると面白い事が分かりました。いくつかの文献、書物に書かれていた話を要約しますと・・・平安時代の末期から鎌倉、室町、戦国時代とおよそ400年の長きにわたり宮城県の北部から岩手県の南部一帯を葛西一族が統治してきました。それが1591年に豊臣秀吉奥州仕置によって、伊達正宗の手により滅ぼされてしまいます。悔しさに涙する家臣は、葛西家復興を祈願して、屋敷の門口にサイカチの木を植えたというのです

サイカチ、つまり『葛西勝(カサイカチ)』という語呂合わせなのだそうです。家臣たちの痛切な心の叫びとしてサイカチがメッセージツリーの役を担ったのでしょう。サイカチは成長力旺盛で、その子孫たちが東北に広がったのだろうと推論されています。またサイカチには鋭い棘がありますが、それゆえに築城時には入口周辺にサイカチを植え、その鋭い棘で天然の防御壁を築いたとも言われています。公園などに植えられ、大きくなるとその鋭利な棘に困惑してしまう事も。

そういうサイカチですが、【森のかけら】では小さな端材から作っていたので、大きな材のサイカチを見たことがなかったのですが、先の岐阜の銘木市で大きなサイカチを幾つか購入。多少割れも入っていていずれは【森のかけら】用にと思える小さなものから、キングベッドサイズはあろうかという変形の1枚板まで数種類のサイズを仕入れてみました。販売予定があるのかなんて無粋な事を訊いてはなりません。欲しいものに出会えば買う!』これが正しい材木屋のスタンス

現在乾燥中ですので、実際に使えるのはまだまだ先の事になりますが、想像していた以上に大きな材もあるようでちょっと驚きました。乾燥が進む前の表情も見ておこうと、端をカットして表面を軽くサンディング。まだ小さな材は表面が淡い桃色、辺材はニガキのような黄色色でした。無塗装の状態ですが、【森のかけら】に使っているサイカチのイメージはこれに近いと思います。オイル塗装しても淡い桃色の名残があるような色合いで、木目はやや不明瞭といったところ。

それがこちらの大きく成長した1枚板になると印象も随分変わります。色合いも少し濃くなって褐色がかり、幾つか大き目の節が絡んでいる事もあって杢目も複雑で重厚。特に二股の変形ですので、圧のかかり方も半端なく、腹に一物持っていそうな風格あるサイカチです。さすがに独りでは持てないほどの重さがあり、天然乾燥して使えるのに4、5年はかかるるとみています。それまでたっぷりと葛西家復興を望まれたサイカチの魅力を味あわせていただくつもりです。




Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031