森のかけら | 大五木材

★今日のかけら・090 【バッコウヤナギ/跋扈柳】ヤナギ科ヤナギ属・広葉樹・北海道産

 

20090821お盆は過ぎたものの、これから残暑が厳しくなりそうです。まだまだ去り行かない『熱い夏』ですが、少しでも暑さがしのげるように願いを込めて、今日は少しでも涼しくなる話です。涼を誘う夏の風物詩といえば『風に揺れる川辺の柳』でしょう。そこで、今日はそのヤナギの話です。私の実家はダムの湖畔沿いでしたので、昔から柳がたくさん植えてありました。ヒョロヒョロとして細長い葉がユラユラと揺れる姿は、いまでもよく覚えている懐かしい風景です。私がまだ幼き昭和40年代の田舎は、本当に車も少なくのんびりしていて、夜には近所の大人も子どもも橋の電灯の下に集まって夕涼みをしていました。今から考えると、別の国のような光景でした。子どもの感覚ですが、当時は街灯も、家の灯りそのものも少なく、闇は底なしに暗く、夜は怖さや恐怖の対象でした。柳といえば幽霊と相場が出来あがっていますが、夜の闇は怖くても柳に恐怖を感じた事はありません。むしろ、昼間風にそよぐ柳のイメージが刷り込まれていて、私にとっては『柳=涼』の象徴であって、マイナスイメージはありません。

 

その湖畔沿いで風にそよいでいた柳というのは、【シダレヤナギ】で、それを見て育ったものですから、柳といえば【シダレヤナギ】しか想像できません。ヤナギには実に多くの種類があります。残念ながら【シダレヤナギ】は、【森のかけら】には含まれていません。子供のころの目線ですからいい加減なものですが、昔見ていたヤナギは結構大きな木だったと思います。しかし、この稼業を始めて20数年、市場に【シダレヤナギ】の材が出材されたのを見たことがありません。ほとんどが【バッコウヤナギ】か【ドロノキ】だと思います。ただ、木材市場では学術的な分類は求められませんので、何ヤナギかまでは表示もしませんし、買う方もそこまで求めません。私の知らないところで【シダレヤナギ】も木材市場に出ていたのかもしれませんが・・・。

 

20090821堀のヤナギ5『柳=幽霊』という構図もいつから出来たのか分かりませんが、昔の足のない幽霊画の背景に書き添えられていたイメージでしょうか。シダレヤナギは、太陽の光りを充分に浴びれるように柄がねじれていついていて、細長く枝垂れています。それが名前の由来でもあります。その姿からも、いかにも日本の木のように思われがちですが、実は中国の中南部が原産とされ、日本には奈良時代頃に伝わったとされています。木の伝来と合わせて、『柳=幽霊』のイメージも伝わったかと思ったら大間違いで、実は中国ではシダレヤナギは縁起のよい木とされています。ヤナギそのものがとても長命な木ということもあり、子宝を授かるとか、旅人の無事を願う『結びヤナギ』などの言い伝えも残っています。

 

この項、長くなりそうなので続きは明日に・・・

 

柳の下に幽霊はいるか?②

2. 木のはなし

昨日の続きです。

20090821 太田道灌日本でも、その枝を繭玉に刺して正月飾りに使う習慣が残っており、別名『マユダマヤナギ』とも呼ぶ地域もあるようです。その姿形から『イトヤナ』の別名もあります。また、太田道灌(おおたどうかん)が江戸城を築城した際に、鬼門にあたる場所に魔よけとしてヤナギの木を植えたのは有名な話です。そのことからも、ヤナギには神聖な力が秘められていると思われていたのではないでしょうか。う~ん、このあたりの『鬼門』、『魔よけ』、『護岸工事』あたりの言葉が『幽霊』に結びつきそうな匂いはしますが、定かではありません。

 

さらにヨーロッパでもヤナギは神聖な木とされています。古来より、ヤナギは月と女性に結び付けられてきました。月の女神の巫女たちが住んでいた場所がヤナギの精霊の名前に由来しているとか、愛知月と冥界の女神がヤナギの木の中に棲んでいたとか多くの神話に登場してきます。また、アイルランドの伝統では、ハーブの材料に使われてきました。中世のケルト人の吟遊詩人は、歴史の語り部でもあり、彼らが弾き語りに使ったハーブも神聖な楽器であったという事です。しかし面白いことに、全く逆の誤ったイメージもあります。

20090821堀のヤナギヤナギの英名は『ウィーピング・ウィロー』といいますが、これも枝垂れを意味しています。また、他にも『バビロニア・ウィロー』という別名もあり、かつてバビロンにあったという事が命名の根拠だとされていますが、実はこれは誤りで、研究では別の種類だとされています。旧約聖書には、バビロンの川のほとりのヤナギに竪琴を掛けて泣いたというエピソードがあり、そのことから長らくヨーロッパではヤナギは悲嘆と絶望の象徴と思い込んでいたという迷信もあるようです。木に対すイメージも国や地域によっていろいろ違いがあります。

全般的には、ヤナギのイメージは良いのですが、何故に日本では『柳=幽霊』のイメージが出来たのでしょうか。昔は水辺の整備が脆弱で、水の事故や事件も多かったようです。ただでさえ灯りの乏しい時代、夜更けの闇に包まれた頃、その辺りに多く植えられた柳の細長い葉が風でユラユラと揺れると、あたかも人影のように見えたのでしょうか。ただ単なる観賞用としてだけでなく、河川の土手を安定させる役目も果たしてくれているのに、全く迷惑なイメージだと思います。刷り込まれたイメージというのは簡単には変えられませんから、『柳=幽霊』の印象が先にありきの方にとっては、あくまでも背筋の凍る涼感を誘う木に映るのでしょう。

 

20090821「柳のうた」影絵 藤城清治右の画は、以前に愛媛県美術館で開催された世界的な影絵作家・藤城清治さんの展示会で購入した影絵のポストカード『柳のうた』です。誰でも一度は目にした事のある、藤城さんの影絵はどれも優しさに満ち溢れメルヘンチックです。この、池の傍に寝転ぶ蛙は何を思うのでしょうか。小野道風の「柳にとびつく蛙がモチーフでしょうか?いい具合に柳の枝が風に枝垂れるのをのんびりと待っているように見えます。鳥獣戯画のようなユーモラスな1枚で、数あるポストカードからこの1枚を選んで購入しました。幽霊のイメージを払拭させてくれます。ヤナギはイマジネーションを膨らましてくれる素材です。

 

 

 まあ今時ですから、幽霊というよりはゴーストと言うのかもしれませんが、ゴーストでしたらヤナギはしっくりこないでしょう。『ゴーストにウィロー』?アメリカ映画では、登場したとしてもシダレヤナギのように垂れ下がる『柳』ではなく、天高くそびえるハコヤナギ系の『楊』の方でしょうから、シダレ派の私には馴染みがなく、判別出来ません。ちなみにヤナギを表わす漢字には『』と『』がありますが、中国ではその使い分けは、垂れ下がるシダレヤナギやネコヤナギなど『ヤナギ科ヤナギ属』のものが『柳』で、天高く伸びるセイヨウハコヤナギ、ポプラなど『ヤナギ科ヤマナラシ属』を『楊』として区別しています。

やはり私の中の原風景は、岸辺でユラユラと風にそよぐシダレヤナギ(枝垂れ柳)です。蛙が飛びつくヤナギの話も「ヤナギの幽霊」ももはや遥か遠く、思い出の中の昔々の古きよき日本の川岸の風景の中にしか居場所がないのかもしれません。

実は今回は、コメントのリクエストに応えさせていただきましたが、fujitaさん、こんなものでご満足いただけましたでしょうか?お粗末でしたが、これからも出来る範囲内でリクエストにもお応えさせていただきますが、くれぐれもあまり過剰な期待はなさらぬように・・・あくまで一介の材木屋風情でございますから・・・。




Archive

Calendar

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031