森のかけら | 大五木材

★今日のかけら番外篇・E027タイサンボク/泰山木モクレン科モクレン属・広葉樹・石川産

さて、兼六園の話に戻ります。兼六園は大まかに見たとしても1時間~1時間半はかかるといわれていますが、この後もスケジュールがビッシリ詰まっていますので、この辺りで出口の真弓坂に。真弓坂は兼六園が一般開放されるにあたって作られた坂だそうですが、当時は『マユミ(真弓)』の木があって、それが名前の由来となったとか。今はマユミはありません。その代わりクルミツバキ、サクラ、マンサク、など多数の木が植えられています。その中に『タイサンボク(泰山木)』の姿がありました。

この木は【森のかけら240】には含まれていないものの、庭木や街路樹などに植えられていて日常生活でよく見かける木です。成長すると樹高30mにもなる常緑高木ですが、建築用材として利用された話は聞いたことがありません。タイサンボクは漢字では、『泰山木』と表されるのですが、泰山とは中国の山東省中部にある標高1524mの山で、中国五岳のひとつとされ、地元では霊山として信仰の対象となっています。1987年に世界遺産(複合遺産)にも登録され、『岱宗』とも表わされます。

タイサンボクには純白で芳香のある大きな花が咲くのですが、その花の高貴で美しいさまを、霊山たる泰山に例えたのが名前の由来だとされています。また花は直径が150~300㎜にもなるほど大きく葉も同様に大きいことから、大山(タイサン)のようだという意味から『大山木(タイサンボク)』とか、花弁を盃に見立てて『大盞木』などと表わされることも。『ホオ(朴』と同じモクレン科モクレン属の木であることから、白蓮木(ハクレンボク)常盤木蓮(トキワモクレン)の別名もあります。

学名も、花の特徴を表したMagnolia grandiflora(マグノリア・グランディフロラ)。マグノリアは人名(18世紀のフランスの植物学者ピエール・マニョルの英語読み)で、グランディフロラは「大きな花の」という意味です。英名は、Southern magnolia(サザン・マグノリア)。「南部のマグノリア」という意味で、ミシシッピ州ルイジアナ州の州花であり、アメリカ南部を象徴する花木とも言われています。日本には、明治6年(1873)に北米南部原産のものが輸入されました。

特にミシシッピ州は、州内にタイサンボクが多いことから、Magnolia State(タイサンボクの州 )という愛称もあるほど。明治12年(1879)に、アメリカのグラント将軍(後の第18代アメリカ合衆国大統領、ユリシーズ・グラント)が来日した際に、夫人が上野公園に植えたことから、『グラント・ギョクラン(玉蘭)』とも呼ばれます(当時は綺麗な花にランの名を冠する習慣があった)。今では東北以南の各地で街路樹などに植えられ、すっかり日本の木の風情すら漂いますが出自は北アメリカ南部。

5~7月の初夏に花をつけ、季語にもなっているほど(泰山木の花は、夏の季語)、日本の風景に溶け込んでいて、和歌や俳句にも詠まれています。「がつちりと花を葉を持つて泰山木種田山頭火、「昂然と泰山木の花に立つ高浜虚子、「ゆふぐれの泰山木の白花はわれのなげきをおほふがごとし斉藤茂吉など俳人や歌人たちも泰山木のある風景を詠んでいます。まだこの木の材は手に入れたことがないものの、目をつけている樹はあって、どうにか入手できないものか思案しているところ。

話は戻って、兼六園のタイサンボク。ここまで書いていて間違っていたら恥ずかしいのですが、木の名札が付いてなかったのでその葉からの判断です。そのタイサンボクの根元に目をやると、根が気色悪いほどに瘤々に膨れ上がっていました。兼六園は前田斉泰(なりやす)が、万延元年(1860)に造ったのが元とされているので、明治12年(1879)に渡来したタイサンボクは、その後の整備工事で植えられたもののはず。外来樹なので、あまり重要視されていないのか、こんな奇怪な姿にも関わらず解説無し。

あるいはこれが何か特殊な状態の根なのか、病気なのか、もしかしたらこういう性質なのか、悲しいかな知識が無くてよく分かりませんが、かなりインパクトがあります。今まで見てきた整った美しい兼六園を表の顔とすると、長い歴史の中ではこういう奇特な木も育つという裏の顔もあるといえば、言い過ぎかもしれませんがこれも兼六園の懐の深さかと。もっと時間があればいろいろ探索できたのでしょうが、後の行程を考えてとりあえず兼六園はこれにて終了。明日からはお隣の金沢城に移動~。




Archive

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31