森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今日のかけら プレミアム020 【バーズアイメープル】 Bird’s eye maple   カエデ科カエデ属・広葉樹・北米産

今まで何度となくこのブログにも登場してきながら、「今更説明するまでもなく皆さんご存知の」的な感じで詳しく触れることなくスルーを繰り返してきたのが、この『バーズアイメープル(以下BEM』です。学生とかが木の事に興味を持つようになって、杢という分野を調べた時に一番最初に登場するのがこのBEMだと思います。個性的な杢の代表格としてそれぐらい有名で、弊社に木を求めて来られる一般のお客さんでも、この名前が出ると「名前は聞いたことがある」と言われる方がいらっしゃるほど認知度は高い木です。

なので、そんな有名な木をあえて説明するのはなんだか腰が引けるというか恥ずかしくもあって、ついついここまで引っ張ってきてしまいました。今月の端材コーナーで取り上げましたので、この機会に『今日のかけら』として取り上げます。このBEM、名前は知っていても実際に使ったことがあるという方は少ないと思います。なぜなら高額だからです。メープルの森があったとして、良質なBEMが採れるのは1万本に1本ともいわれるぐらいその希少性は高いのです。勿論この話にも諸説あります。尾ひれ背ひれがつくのも高級材ならではのある意味名誉。

BEMという種類の木があるわけではなくて、ハードメープルの中に小鳥の目玉のような小さな杢が無数に現われたものを、『バーズアイメープル(鳥眼杢』と呼んで分類しています。なのでその特徴はハードメールなのですが、加工する際に杢目で欠けたり、弾けたりすることがあるので、注意しないと高額な材が使い物にならなくなるのでご注意ください。当然その鳥眼杢が沢山広い面積に出れば出るほど価値は高まるのですが、弊社はそんな超高級銘木とは無縁の材木屋でして、大きなサイズのBEMは持ってもいませんしあまり興味もありません。

そんな立派な超高級銘木であれば、それに相応しい場所とそれを扱うに相応しいひとがいると思っているので、あまり高いレベルになってしまうと、嘘と思うぐらい急激に興味が無くなってしまうのです。なのでうちにあるのはBEMのミニミニサイズばかり。具体的には、320×105~120×24㎜程度の短くて薄くて狭い板。私が愛でるにはちょうどいいサイズ。何も大きいばかりが銘木ではありません。高いばかりが銘木でもありません。いかに人の眼を楽しませて愛でてもらえるかというのも、銘木の要素であり、ひとによって銘木の基準も変わるのです

ハードメープルには面白い杢が出やすく、BEM以外にもカーリーなど個性的な杢が出て眼を楽しませてくれます。絹糸光沢と呼ばれる独特の触感も滑らかで、品質の良さが比較的分かりやすい木だと思います。銘木なんて聞くと、お高いんでしょうとつい腰が引けがちですが、サイズが小さければ決して手が届かないようなものではありません。木工愛好家の方にはぜひ一度使っていただきたい。【森のかけら】の中ではプレミア36に分類していますが、さすがに35㎜角になると鳥眼杢がなかなかうまく取り込めなくて苦心しています。

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年10月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up