森のかけら | 大五木材

20110225 風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・1①普通の平地で作業しているように見えるかもしれませんが、この奥は急斜面になっていてそのすぐ下には池があります。傾斜地にへばりつくように木々が生えています。弊社は製材所ではありませんので、大きな原木を仕入れして製材しているわけでもありません。ましてや立ち木を伐採したりする事もないので、今回も遠巻きに眺めるばかりですが、伐採作業はそれだけでも値打ちがあります。マルカーノ・郁生君は馴れた手つきで次々に伐採した丸太を短くカットしていきます。

 

20110225 風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・1②何の木でも伐採直後の丸太は、短くても恐ろしく重たいものです。特に薪ストーブに使うようなクヌギカシ、ナラなどの堅木になると、大人が両手で抱えられるサイズでも想像を絶するような重量になります。足元もおぼつかない所からそれを抱きかかえて車両に積み込む作業だけでもかなりのハードワークなのです。この急斜面にへばりつくように生えている木の中に、幾つか分けていただける木があります。そのうちの1本がこちらの木、結構な大きさの『ソヨゴ』です。ソヨゴは、モチノキ科モチノキ属の常緑樹で、その変わった名前の由来は、その葉が風にそよいでサヤサヤと音を立てるという意味の「戦(そよ)ぐ」が語源だとされています。以前に愛媛大学の樹木博士講座で実際の木を見て教えていただきましたが、これほど大きなソヨゴは初めて見ました。とても立派な木です。

 

 

20110225 風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・1③ソヨゴを漢字で書くと、「」とか「冬青」、「具柄冬青」と現われます。「戦」は随分物騒なイメージですが、前述の「風が戦(そよ)ぐ」に由来しています。葉縁が波状になっているので余計に風にそよぐようです。冬でも葉が青々と茂っている植物を『冬青』と表現しますので、ソヨゴだけでなく、他の常緑樹でも当てはまるのですが、ソヨゴの葉の革質で逞しい様子がそう呼ばせたのかもしれません。他にもモチノキナナメノキネズミモチなどモチノキ科の仲間の木たちも『冬青』の異名で呼ばれる事があります。また、材質は緻密で堅く、櫛(くし)や算盤珠(そろばんだま)、などの細工物や工具、手斧(ちょうな)の柄などに使われることから、「具柄冬青」とも現わされるようです。まさに名は体を現わす通り。モチノキ同様、樹皮から鳥もちが採れます。

 

 

20110225 風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・1④私は立ち木はさっぱりで、この木を見て『ソヨゴ』だとは判別出来ませんでしたが。大成君の知り合いの造園屋さんから教えていただきました。やはり餅は餅屋です!小口の断面を触ると、ちょっと粘り気があってトウネズミモチのような触感でした。さすがは鳥もちを採る木ならではです。伐採直後はどの木もたっぷりと水分を含んでいるので、瑞々しい色合いをしていますが乾燥するとその色合いもかなり変わってきます。大木の傍の小ぶりなソヨゴを分けていただきました。更に明日へ・・・!

 

 

風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・2

1. 今日のかけら

20110226 風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・2①伐採された『ソヨゴ』の丸太を短くカットしてもらい、たっぷりと分けていただきました。【森のかけら240】を最終的に決定する時に、日本の木を120種に絞り込む作業をしなければならないのですが、さすがに日本の木で120種類ともなると建築や家具で使う有用材だけでは数が足りません。一般的な用材として流通していない樹種は、「あれば」安く手に入る訳ですが、縁がなければ入手するのも容易な事ではありません。立ち木としてよく見かける木でも、それが材になって手元に来るかという事はまったくの別問題。

20110225 風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・2②揃うようでもいろいろな条件がうまく揃わなければ縁遠い事も多いのです。このソヨゴにしても、森で見かける事はあっても手に入るとは思っていませんでした。木である事と、材である事は大きな違いなのです。いずれどこかで入手出来るかもしれませんが、解説書を製本化して印刷するにあたって、樹種の取捨選択をしなければなりません。その時点では入手の見込みの薄かった樹種は泣く泣く省きました。それは辛い決断でしたがやむを得ません。そのひとつにこのソヨゴもありました。木工クラフトなどにいろいろな端材をカットして、加工してネットで販売されている会社も多いのですが、珍しい樹種を扱っているショップでも、多くて40、50種類あたり。実際に、国産の木を(特定のサイズで)120種類集めようとすると、木は身近でも、材はそれほど身近ではない事に改めて気づかされました。

 

20110226 風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・2③ああ、もしもあの時このソヨゴがあれば、ソヨゴも【森のかけら240】の中に入っていたのですが・・・残念!以前に別の丸太を大量に分けてもらったのですが、あまりの多さに加工が追いつかず、しばらく放置していました。木は丸太の状態で置いておくと痛みが早く、樹皮に虫の幼虫がいれば、材も穿孔されますし、腐朽菌に侵されたり、放射状に大きな割れが走ったりして、折角の素材を無駄にしてしまった経験があります。そこで今回は持って帰ってすぐに加工することにしました。綺麗な美白の削り節です。

 

20110226 風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・2④たっぷり水分を含んでいるのでこの状態だとどの木もとても瑞々しくフレッシュです。これが乾燥すると、水分が抜けてビックリするぐらい色が変わる木もあります。植物図鑑などに掲載されているのは、葉や実、樹皮ばかりで、製材直後の材面の色合いや乾燥後の色合いの変化などは見受けられません。建築家向けの、世界の有用木材の材面を掲載した図鑑もありますが、それも樹種に限りがあります。材になると個体差が出過てしまうので、材の表情を選択するのも難しいかもしれません。

 

20110226 風に戦(そよ)ぐ冬青(ソヨゴ)・・・2⑤乾燥後の収縮を考慮して、45㎜角ぐらいの大きさに製材します。この状態で桟積みして半年ぐらい天然乾燥させます。芯をはずして小割りしていますが、乾燥中にねじれや反り、割れなどが発生するので、全部が全部【森のかけら】になれる訳ではありません。ひとつでも多くの【森のかけら】が取れる事を祈って、ここから先はひたすら「待つ」ばかり。ただ、ソヨゴを新たにリストに加えるつもりではありません。リストに無い日本の木を少しずつ集めて、『日本の森の多様性を知る36(仮称)』の新商品を作ろうと考えているのです!果たして揃うか?!

 




Archive

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930